カナダ トルドー 首相。 ジャスティン・トルドー(カナダの首相)の異色経歴もイケてる!

カナダ首相、G7へのロシア招待に反対

カナダ トルドー 首相

— 2014 9月 4 12:13午後 PDT ワイルドな少年時代? Is that Tom Cruise? Canada HelloCanada 2人の出会いは、なんと、モントリオールに住んでいた子供の頃…。 ソフィーさんとトルドー氏の一番下の弟ミシェルさんが同級生で、幼い頃から友達だったそうです。 最初はうまく連絡が取れなかったようですが、 最初のデートでトルドー氏も「この人と結婚する」と思ったんだとか…。 いつも自然な感じのソフィーさんがステキです~。 スポンサーリンク ソフィー・グレゴワ夫人はどんな人? プロフィール• 10代後半から20代前半まで過食症に苦しんでおり、家族のサポートや、セラピー、ヨガなどで回復したことを後に公表しています。 過去の職業は? ソフィーさんは、モントリオール大学でコミュニケーションを専攻。 卒業してから3年ほどは、広告・PR関連の仕事をしていたそうですが、ラジオ・テレビ業界に興味を持ち、学校に通います。 その後、ソフィーさんはレポーターやテレビ・ラジオ番組の司会者として活躍。 チャリティ活動にも熱心で、トルドー氏と結婚してからも、ファーストレディになってからも、チャリティやジェンダーイクオリティ活動などに取り組んでいます。 2007年10月生まれの 長男グザヴィエ Xavier くん• 2009年2月生まれの 長女エラ=グラース・マルグリット Ella-Grace Margaret ちゃん• 2014年2月生まれの 次男アドリアン Hadrien くん みんなとても可愛いです。

次の

新型コロナ:カナダ首相が自主隔離、夫人が新型コロナ陽性 (写真=ロイター) :日本経済新聞

カナダ トルドー 首相

カナダ首相府は3月12日、ジャスティン・トルドー首相の妻、ソフィー・グレゴワール夫人が新型コロナウイルス感染検査の結果、陽性となったことを発表した。 トルドー首相は医師からのアドバイスに従い、14日間の隔離を伴う健康観察を始める。 ソフィー夫人は講演先の英国から帰国して、11日夜に微熱などの症状が出ため、検査を受けていた。 トルドー首相は夫人の検査結果がわかるまで、念のため自宅にとどまって勤務することを選択していた。 首相は、11日は各国の指導者らと電話会議をしたり、内閣の新型コロナウイルス対策特別員会の議論にオンラインで参加したりするなど、自宅で仕事を行ったが、12~13日に予定されていた、連邦政府関係者、州・準州首相との会議は中止となった。 このほか、シームス・オリーガン天然資源相とメアリー・エング中小企業・輸出振興・国際貿易相が自宅に隔離状態にある。 なお、カナダ連邦政府は3月11日、新型コロナウイルスへの対応策として、10億カナダ・ドル(約750億円、Cドル、1Cドル=約75円)以上の基金設立と対応策を発表した。 このうち、半分の5億Cドルは、州・準州のニーズに応じ、感染検査へのアクセスや医療用物資の調達、感染者の経過観察を強化するために利用される。 また、抗ウイルス薬やワクチン開発、臨床試験などの研究開発費として、2億7,500万Cドルを割り振るとしている。 (酒井拓司、野口真緒).

次の

ピエール・トルドー

カナダ トルドー 首相

素敵な男性がいれば、どんな女性があの人のハートを射止めたのだろうと気になってしまう。 ソフィー・トルドーはまさにその人。 女性の羨望を一身に集める存在だ。 それもそのはず、彼女の夫にうっとり見とれた写真を取られてしまった、女性のセレブリティーはイヴァンカ・トランプをはじめ数知れず。 その男性とは、カナダ第29代首相、ジャスティン・トルドーである。 政治とファッションを牽引する、カナダ最強の「広報夫婦」とは? 45歳にして首相。 その若さと好感度の高いルックスで「イケメン」「イクメン」として名高く、政治姿勢もLGBTへの積極的支持、米国の難民排除の政策に対して、レバノン、ヨルダンなどでキャンプ中の難民をツイッターで「 WelcomeToCanada」と発信し、カナダへ迎え入れた。 「迫害、テロ、戦争から逃れてきた人たちへ。 カナダはみなさんを歓迎します。 多様性は私たちの力です」と述べ、世界の拍手喝采を浴びた。 また首相になった2015年に内閣の男女比を同じにし、ゲイやハンディキャップを持つ人を大臣とするなど、バランスのとれたリベラルな政策を次々に実行し、政治的手腕の高さにも評価が高まっている。 ダイバシティーの時代とともに歩むジャスティン・トルドーのもうひとつの側面は、フェミニストであるという点だ。 伊勢志摩サミットに来日していた折には、公務を1日休み、妻ソフィーとともに、近隣の山登りや散策を楽しみ、結婚記念日に合わせた休暇を楽しんだ。 伊勢志摩来訪時のソフィー・トルドー(写真左) 新しい時代を、水を得た魚のように泳ぎ渡るジャスティン・トルドーに常に寄り添う妻ソフィー・トルドー。 ふたりの仲むつまじさは有名で、3人の子どもを授かった幸せそうな家庭は、彼のエネルギーの源となっているようだ。 ソフィー・グレゴアール・トルドー。 1975年にカナダのケベック州に生まれ、英語、フランス語、スペイン語を操る。 彼女も現代の活動するフォーストレディーの例にもれず、元はモデルでそれに飽き足らずヨガのインストラクターやニュースキャスターを務めていた。 「ソフィー効果」でファッション業界に好景気が! 現在はジャスティンをサポートすべく、チャリティー活動に従事。 アメリカやフランスのファーストレディーに比べると、控えめな存在に見られがちだが、彼女の立ち振る舞いはカナダでは「ソフィー効果」と呼ばれるほど絶大な人気を誇っている。 特にファッション産業に多大な貢献をしているところから、ファッション関係者は感謝を込めて、ソフィーを「ファッションアイコン」と呼んでいる。 ファーストレディが自国のファッションをまとい、公の席に登場するのは、ミシェル・オバマ元アメリカ大統領夫人を始め、今や当然のことだが、これまで国際的な知名度のなかったカナダのデザイナーやブランド、特に新進デザイナーなどの知名度がソフィーが着て登場することで劇的にアップしているのだ。 ソフィー自身も「カナダのスタイルを世界にPRしていきたい」と宣言しているが、その効果はまず国内で現れている。 新しい政権の誕生とともに、首相の就任式に向かうトルドー首相と手を繋いだ真っ白の長いコート姿は記憶に残っている方も多いだろう。 トルドー首相就任時、セントルーラーのコートを着たソフィー・トルドー ブランドの売り上げが5倍になった例も! 世界中に配信されたこの写真のコートは、アルパカ製でカナダのコートメーカー「セントルーラー」のもの。 デザイナーはベオグラード出身のボアナ・セントルーラー31歳。 カナダの多様性を体現するデザイナーだ。 この瞬間までカナダでもあまり知られていず、ましてや世界的な知名度など無いに等しかったブランドだった。 だが、その後もバッキンガムでの英女王との謁見、パリで開催された気候変動会議など、ひときわ注目度の高い場所で着用したことで、海外メディアでも取り上げられ、大きな宣伝効果となった。 セントルーラーの売り上げが、あっという間に5倍になったというのも頷ける。 そのうえ、このアルパカには背景があった。 アレルギーを起こさない材質で、アルパカの毛を刈るときに、動物虐待にならないように厳しく定められている基準をクリアした「アニマルフレンドリー」で「エコフレンドリー」という、時代の価値基準にあった素材であったのだ。 夫の政治姿勢と同調するファッションのチョイスで、しかも宣伝効果も抜群。 カナダのアパレル関係は中小規模が多く、ヨーロッパやアメリカの有名ブランドやデザイナーに比べ、広告宣伝費も豊かではない。 だが、首相夫人が身に付けて表舞台に立ち、認知度が上がれば、どれほど彼らの支援になることだろうか。 1987年、ザ・ウールマーク・カンパニー婦人服ディレクターとしてジャパンウールコレクションをプロデュース。 退任後パリ、ミラノ、ロンドン、マドリードなど世界のコレクションを取材開始。 朝日、毎日、日経など新聞でコレクション情報を掲載。 女性誌にもソーシャライツやブランドストーリーなどを連載。 毎シーズン2回開催するコレクショントレンドセミナーは、日本最大の来場者数を誇る。

次の