ミニ トマト 二 本 仕立て。 ミニトマトの植え方と二本仕立てによる育て方

農家が教えるミニトマト栽培 最後まで鈴なりの実を付けさせる方法

ミニ トマト 二 本 仕立て

図らずも2本仕立てになったトマト トマトの仕立て方には、 1本仕立て、2本仕立て、3本仕立てなどがあります。 1本仕立てはその名前の通り、1本で仕立てるのですが、 2本仕立ては、主枝とわき芽の2本で仕立てます。 2本で仕立てるので、たくさん収穫できます。 じょうずに育てると、1本仕立ての1. 5倍の収穫量になります。 2本仕立てになると、主枝と、わき芽を使って2本に仕立てます。 もちろん、支柱も200cm以上のものが、2本必要になります。 主枝はそのままで良いのですが、どのわき芽を使うのでしょう? 2本仕立ての方法 大型プランターで2本仕立て ・第1花房すぐ下のわき芽を利用 トマトをよく観察していると気付くと思いますが、 どの段でも花房すぐ下のわき芽が、強く伸びやすいです。 2本仕立てにするときに伸ばすわき芽は、第1花房すぐ下のわき芽です。 このわき芽はよく伸びますし、太くて丈夫で、仕立てるのに最適です。 それより下のわき芽は全て摘み取ります。 特に根元のわき芽は、早い段階でもよく伸びますが、 接ぎ木苗だと台木のわき芽になってしまいますので、 気を付けてくださいね。 また、2本仕立てにした後、それより上のわき芽も全て摘み取ります。 2本仕立てにしたい! というときは、よく観察して、わき芽を伸ばしてください。 間違って摘み取っても、またわき芽は出てきますが、伸び方が偏ります。 運が悪いと、根元から折れてしまったり、取れてしまいます。 早い段階から残すようにしてください。 第一花房、直下のわき芽が強くて使いやすいです プランターでも良い実が採れますので、地植えだとびっくりするほどの美味しさと収量に ・誘引の仕方 花房すぐ下のわき芽はよく伸びるのですが、短い時だと、誘引がしにくいです。 無理をして誘引すると折れてしまうこともあります。 15cm~20cmくらいになるまでは無理に誘引せず、 仮誘引したり、軽く誘引する程度にしましょう。 2本目の支柱に届いてから、 誘引しても大丈夫な長さになったら本誘引をしましょう。 枝を折らないように気をつけてくださいね。

次の

トマトの2本仕立て

ミニ トマト 二 本 仕立て

わき芽を計画的に使うと収穫が増えます トマトの仕立て方には、1本から3本仕立てがあります。 2本仕立てについては、で説明しています。 こちらでは、主枝と側枝2本の、3本仕立てをご紹介します。 1本より2本、2本より3本のほうが多く収穫ができます。 一つの苗でたくさん収穫したい方は2本仕立て、 3本仕立てに挑戦してみてください。 2本仕立てをしたことがある方は、2本仕立ての応用なので、 3本仕立ても簡単にできまるでしょう。 どのわき芽を使うか理解できれば、初めての方でも容易にできます。 2本仕立ては主枝とわき芽の2本です。 3本仕立ては主枝と、わき芽2本の計3本になります。 3本で仕立てるので、支柱は3本必要になります。 つまり、3本仕立ては主枝とわき芽2本の、 計3本で仕立てる、ということです。 支柱は200cm以上のものが3本必要です。 支柱の位置ですが、真ん中に主枝がくるように 左右にわき芽用の支柱を立てます。 3本仕立ての方法 ・使うわき芽はどれ? 使うわき芽は第1花房すぐ下のわき芽と、その下のわき芽です。 どの段でも花房下のわき芽が伸びやすいので1本は第1花房直下わき芽を使います。 2本目は花房上でも下でもどちらでも構いませんが、 早めに決めたい方は、花房すぐ下、その下のわき芽を使ってください。 使うわき芽以外のわき芽は全て摘み取ります。 根元のわき芽は伸びやすいですが、接ぎ木苗だと台木のわき芽です。 伸びは良いですが、台木のわき芽ではトマトがならないので、 摘み取りましょう。 わき芽が小さいうちは、間違えて摘み取ってしまうこともあります。 もう一度わき芽が伸びてきますので、大切に育てます。 最初に軽く誘引し、わき芽が20cmほどでやや強く誘引します ・誘引の仕方 わき芽もはじめのうちは短いので誘引がしにくいです。 無理に誘引してしまうと、折れてしまったり、枝を傷めてしまいます。 15cm~20cmほどになるまでは、強く誘引せず、 軽く誘引するくらいにして、枝を傷つけないようにします。 各支柱に届く長さに生長したら、少しずつ誘引してあげましょう。

次の

トマトの2本仕立ての方法【1粒で2度美味しいです】

ミニ トマト 二 本 仕立て

ミニトマトの栽培は2本仕立てで大量収穫を目指す! ミニトマトの栽培は今年で5年目に突入! この4年間でミニトマトに関してはだいぶ知識もコツもつかんできたような気がします。 今年も 2本仕立てでミニトマトの大量収穫を目指していきたいと思います。 2018年!! ミニトマトの栽培はこの品種。 『シュガープラム』 シュガープラムの特徴は糖度が高くフルーツのような甘さで皮が薄く、抗酸化作用のあるリコピンが通常のミニトマトよりも1. 5倍~2. 0倍くらい高いらしい。 いままでのミニトマトの栽培はアイコや千果が多かったのでシュガープラムという品種は初めてです。 こればっかりは育てて収穫してみないとどんなミニトマトなのか分からないですが新しい品種を育てるのは楽しみがありますね。 2018年5月16日 ミニトマトの苗の植え付け すでに花が咲いているミニトマトの苗。 ミニトマトの苗はだいたい購入時には花が咲いていますね。 植えつける前にはすでに畝を作ってマルチの準備も完了しておきます。 ミニトマト苗の植え付け完了。 植え付け後はミニトマト苗の根がしっかりと根付くように水をやります。 北海道ではまだまだ朝晩は冷えるのでミニトマトの苗を寒さから守るために風よけを設置。 ここから2018年のミニトマトの栽培のスタートです! 2018年5月20日 ミニトマト苗の植え付け後4日目 上からでは分かりづらいですが。。。 ミニトマトの苗にはあまり変化はなさそうです。 とりあえず順調には育っているようす。 2018年5月25日 ミニトマト苗の植え付け後9日目 きれいな黄色い花が咲いているのが見えます。 ミニトマトは花が咲くのが早い。。。 けど実がついて赤くなるまでがけっこう待たされます。 収穫まではまだまだ先ですが順調に育ってくれることを祈るばかりです。 2018年5月30日 ミニトマト苗の植え付け後14日目 どんどんと成長しているのが分かります。 ときどき本葉のつけ根から生えてくるわき芽を切り取っています。 わき芽を放置していると葉が多く茂りすぎ風通しが悪くなり病気の原因となってしまいます。 わき芽はの成長は早いので毎日のチェックはかかせません。 2018年6月2日 ミニトマト苗の植え付け後17日目 だいぶ温かくなってきたので今日は風よけを外しました。 支柱を立てていよいよこれから本格的に上へと成長を促します。 2018年6月7日 ミニトマト苗の植え付け後22日目 ウチの菜園ではミニトマトは2本仕立てで育てているので2本目のわき芽のほうにも支柱を立てて誘引します。 いまのところはまずまず順調に育っています。 たくさん収穫できるように育ってほしいですね! 2018年6月9日 ミニトマト苗の植え付け後24日目 ここ1週間ほど6月とは思えない暑さが続き一気に大きくなってきました。 今年のミニトマトの栽培は初めての品種『シュガープラム』を育てていますがよくよく説明書きを見てみると。。。 ポイントに『用土近くの花芽は切り落としましょう』と書いていました。 今ごろ気づいた。。。 汗 そこで1番下に付いていた花の茎を切り落とすことに。。。 花芽の切り落とし前 花芽の切り落とし後 なんとなくもったいない気がしますが。。。 花芽を切り落とすことで他に栄養が回り大きく育っていくことを信じます。 よくよくみるともうひとつ問題が発生! ミニトマトの茎に割れ目を発見! いままでのミニトマト栽培ではなかったんですが。。。 調べてみると 窒素肥料が多いときにミニトマトの茎が割れたりヒビが入ったりする ようです。 もしかしたら土づくりの時に元肥が多かったのかもしれません。 今後ようすを見ながら育てていきたいと思います。 へつづく。

次の