トーマス ハーンズ。 トーマス・ハーンズ: キングオブスポーツ ボクシング

トーマス ヒットマン ハーンズ フリッカージャブ デトロイトスタイル

トーマス ハーンズ

トーマス・ハーンズ 基本情報 通称 トミー マシンガン ヒットマン モーターシティ・コブラ 階級 〜 身長 185cm リーチ 203cm 国籍 誕生日 1958-10-18 (61歳) 出身地 スタイル プロボクシング戦績 総試合数 67 勝ち 61 KO勝ち 48 敗け 5 引き分け 1 トーマス・ハーンズ( Thomas Hearns、 - )は、の。 初期のは マシンガン・トミー( Machine-gun Tommy)、後に ヒットマン( The Hit Man)、あるいは モーターシティ・コブラ( The Motor City Cobra)。 史上初の4階級制覇、さらには史上初の5階級制覇をも成し遂げた。 人物 [ ] 身長185cm、リーチ203cmという中量級選手としては非常に恵まれた体格を生かし、左腕をだらりと下げたデトロイトスタイル(ヒットマンスタイルとも呼ばれる)から放つフリッカージャブ と正確な強打、マシンガンのように繰り出すラッシュで1980年代のボクシング・シーンを席巻した。 、、らと共に「黄金の中量級」と称された時代を盛り上げた選手の一人。 息子の(Ronald Hearns、1978年12月27日 - )もプロボクサーになっており、2005年と2006年には親子で同じ興行に出場した。 来歴 [ ] 子供の頃はいわゆる「 もやしっ子」。 アメリカのテネシー州メンフィスで生まれ、5歳の時にに移住。 母親ロイスとの母子家庭で育つ。 8人兄弟の長男。 母親はハーンズがボクシングをすることに反対していた。 アマチュア時代は155勝8敗の好成績だがKOはわずかに12。 ワンツー主体の非力なだった。 しかし、にキング・ソロモンジムを離れ、クロンク・レクリエーション・センターでトレーナーを開始したばかりのと出会い、才能を開花させる。 だが最初はスチュワード曰くクロンクのワーストボクサーだったとのこと。 11月のプロデビュー後は強打者に変身。 いきなり17連続KO勝ちを収めた。 その後も、といった元世界王者・世界ランカーを倒し続けた。 近年ハーンズのスタッフの撮影による7戦目のレイフィールズ戦の発掘がされている。 3月2日、を4RKOで下し全米王座を獲得した。 同年8月2日、プロ3年目で世界ウェルター級王者、()への挑戦が実現。 既に11度 10KO の防衛を果たし、最強とまで言われた王者に2R右クロスでKO勝ちし、王座を獲得した。 その後3度防衛、3度目の防衛戦はで開催されに序盤KO勝ち。 9月16日、世界ウェルター級王者、との統一戦を迎える。 拮抗した実力を持った両者の、互いの持ち味を出し尽くした熱戦となったが、14Rにレナードの集中打を浴びTKO負け。 王座から陥落した。 12月3日、でを判定で下し、WBC世界王座を獲得。 2階級制覇に成功した。 6月15日には ラスベガス恐怖の一撃と呼ばれる破壊力抜群の右ストレートでを2RKOで下すなど、4度の防衛に成功した。 4月15日には3階級制覇を賭け、統一王者に挑戦。 初回から激しい打ち合いとなったが、3RTKOで敗れた。 3月10日の再起戦で、(WBC世界ミドル級1位にランクされハグラーへのを有していた22戦全勝)ジェームス・シュラーを1RKOと健在をアピール。 北米ミドル級王座を獲得。 6月23日、WBC世界スーパーウェルター級王座4度目の防衛戦で同級初代世界王者(前王者)に8RTKO勝ちで防衛成功後に同王座を返上した。 3月7日にはを破ってWBC世界王座を獲得。 3階級制覇に成功した。 1987年10月29日、王座決定戦でファン・ドミンゴ・ロルダンを4RKOに下し、WBC世界ミドル級王座を獲得。 史上初の4階級制覇に成功した。 6月6日、に3RTKOで敗れWBC世界ミドル級王座から陥落した。 1988年11月4日、ジェームス・キンチェンを下し世界王座を獲得。 史上初の5階級制覇を達成した。 6月12日、WBC・WBO世界スーパーミドル級タイトルマッチで、宿敵と王座統一戦で再戦、二度のダウンを奪うも、最終回にレナードの猛反撃を許したのが響いて引き分ける。 しかし全体的にハーンズ優勢と見る意見が多く、屋外特設会場を埋めた観衆はレナードにブーイングを浴びせ、ハーンズの勝利を支持した。 6月3日、を12R判定で下しWBA世界王座を獲得した。 3月20日、アイラン・バークレーに12R判定で敗れWBA世界ライトヘビー級王座から陥落した。 それ以降はマイナー王座に矛先を移し、1月29日に北米王座、3月31日に世界クルーザー級王座を獲得。 4月10日、を12R判定で下し世界クルーザー級王座を獲得した。 4月8日、に2RKOを喫し、IBO世界クルーザー級王座から陥落し、同時に現役引退を表明した。 7月30日、ジョン・ロングを8RTKOで下し5年ぶりの復帰を果たした。 1月1日、家庭内暴力(13歳の息子を殴打した)の容疑で逮捕されるも罪に問われず、2月4日には復帰2戦目で10RTKO勝ち。 4月3日、約50万ドル滞納した税金を返済するためにオークションを開催、数々の記念品や1957年製のシボレーやボートなどを売却した。 その他に現在居住しているの自宅にも50万ドルの負債が残っている。 脚注 [ ]• 通常のジャブとは異なり、腕全体をしならせることでスナップを効かせて放ち、ジャブとは違う距離感で相手ボクサーを翻弄する。 ハーンズの場合は特に上手く、高速のフリッカージャブを変幻自在に操り、更に時折オーソドックスなジャブも織り交ぜることで間合いを支配する技に長けていた。 USA TODAY. com 2010年4月1日. 2013年6月5日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - (英語) 前王者 世界王者 1980年8月2日 - 1981年9月16日 次王者 前王者 世界王者 1982年12月3日 - 1986年(返上) 空位 次タイトル獲得者 前王者 世界王者 1987年3月7日 - 1987年(返上) 空位 次タイトル獲得者 空位 前タイトル保持者 世界王者 1987年10月29日 - 1988年6月6日 次王者 前王者 世界王者 1988年11月4日 - 1991年(返上) 空位 次タイトル獲得者 前王者 世界王者 1991年6月1日 - 1992年3月20日 次王者.

次の

石の拳ロベルト・デュランの半生を描く『ハンズ・オブ・ストーン』

トーマス ハーンズ

ざっくり60Kg前後から72Kg前後までのレンジのことだ(各階級の制限体重は団体によっても若干違うし、アマチュアとプロでも違う)。 ライト級を軽量級と考え、その上のクラスである(呼称自体も団体によって異なるが)スーパーライトorJr. そして石の拳と称されたパナマの英雄ロベルト・デュランの4人だ。 シュガー・レイ・レナードは、中量級のモハメド・アリとも言うべきボクサーで、超特急とも呼ばれたほどのスピードと、類稀なるボクシングセンスを持ち、ハンサムな容姿もあって、華麗でスマートな大スターだった。 ウェルター級からスーパーミドル級にわたり、世界チャンピオンを獲得した(初の5階級制覇)。 トーマス・ハーンズ(トミー・ハーンズとも呼ばれる)は中量級としては非常に長身(身長185cm、リーチ198cm)で、だらりと下げた左腕から放たれるムチのようなジャブと、それに続く強打でヒットマンの異名をとった。 レナードとの初戦は優勢に試合を進めながらも14Rで逆転KO負けを喫するが、80年代のベストバウトとも称される名勝負だった。 マービン・ハグラーは他の3人とは違って、ナチュラルボーンのミドル級の選手で、他の階級に変更したことがない。 今で言えばゴロフキンのような選手で、パワーとテクニック、そして堅実ながら勝負どころを抑えたクレバーな試合運びで、いまだに史上最強のミドル級王者と称されることも多いボクサーだ(実は僕は一番彼が好き)。 そして、ハーンズ、デュラン、を倒しながらも、一時は引退していたレナードの復帰戦の相手として戦い、僅差の判定負けでタイトルを失う。 そして、本作の主人公である石の拳(つまりハンズ・オブ・ストーン)ことロベルト・デュラン。 黄金の4人の中で唯一の白人であり、唯一の非米国民(パナマ人)である。 ストリートファイトで相手をぶちのめす殺戮本能を養い、十数人もの世界チャンプを生んだ名伯楽レイ・アーセルのコーチングにより得た戦略力とテクニックを駆使して世界中にその名を轟かせた、史上最強のボクサーの1人だ。 あらすじ:天才ボクサーの栄光と挫折 1903年から米国の支配下にあったパナマ。 長年の怨念は1964年には激しい学生運動を引き起こしていた。 貧困街でストリートファイトで糊口をしのいでいた少年ロベルト・デュランは、米国への激しい嫌悪を抱きつつも、米国のボクシング界で比類ない実績を残してきた名トレーナー、レイ・アーセルの指導を受けることになる。 天性の才能と一流の訓練の賜物で、デュランはほどなく世界ライト級チャンピオンの座を勝ち取るが、その頃米国ではモハメド・アリの後継者と称される華麗なボクサー、シュガー・レイ・レナードが古今東西で最高のボクサーとして台頭していた。 レナードを倒すことを、パナマ国民の米国への怨念を晴らすことと同一視したデュランは、レナードが持つ世界ウェルター級のベルトを狙って挑戦状を叩きつける。 一度は判定勝ちしたデュランだったが、再戦では足を使ったレナードのかく乱戦法に苛立ち、途中で試合を放棄してしまう(ノー・マス事件)。 パナマの英雄として得た名声を不名誉な試合放棄で台無しにしてしまった彼は酒や美食に溺れるが、やがて自らの天命はボクシングにあると悟り、再び世界タイトルに挑むため、トレーニングを再開する。 デュラン役はエドガー・ラミレス。 稀代の天才ボクサー、シュガー・レイ・レナードをアッシャーが演じる エリート育ちの天才とスラム街の天才の激突に絞った潔い作品 無駄にボクシングシーンを描かず、上手なカットワークでスリリングな試合展開を再現するなど、上手な撮影テクニックが目立つ。 脚本もシンプルで、余計な挿話を挟まないところが好感。 デュランのライバルを潔くレナードに絞ったおかげで、本作はよく締まり、力強い作品となっていると言えるだろう。 デュランは黄金の4人の他の3人全てと戦っており、全てに負けてはいるが(レナードとは1勝2敗、ハーンズ、ハグラーにはそれぞれ1戦1敗)、それぞれが色々な意味で歴史に残る名勝負をしている。 本作はそうした試合を割愛していることで、かえってデュランのボクサー人生を象徴的に表現することに成功している。 実際のところ、黄金の4人は4人全員が戦っているが、とりあえず全員に勝ったことがあるのはレナードだけで、そのレナードにーしかも全盛期の彼にー勝っているのはデュランだけである。 また、他の3人と違ってデュランは本来ライト級がベストの選手で、この階級であれば彼は史上最強のボクサーであると言っても過言ではないのだ。 (レナードとハーンズはウェルター級上がり、ハグラーはミドル級から出たことがない) レナードはオリンピックに出場して金メダルを獲得しているエリート。 ボクシングセンスさながらに生き方そのものもスマートそのもの。 対してデュランは貧民街の出身でろくに文字も読めなかったとされる。 そんな雑草のようなボクサーが、エリート中のエリートと言えるボクサーと死闘を演じて、人生を二転三転させていった様は、映画化するに足る、非常にスリリングでエキサイティングな生涯だ。 本作は、まるで『あしたのジョー』を見ているかのような、昭和の香り漂う青春ストーリー。 ボクシングファンなら絶対見るべき、いや、男なら絶対に外せない一本だと言えるだろう。

次の

トーマスハーンズ【ヒットマン】スタイルの技術と構造、クロスラインコンビネーションとその効果について|山口倫太郎 Ringrintaro|note

トーマス ハーンズ

僕にとって。 ワンパンチフィニッシャーというのは決めパンチがありますが、ハーンズの決めパンチはオーバーハンドライト。 ストレートというよりはフックですね。 腕を湾曲させてますから。 このオーバーハンドライトの威力、特にキレという点ではハーンズは僕の知るボクサーの中ではナンバーワンだと思います。 ハーンズのオフェンスというのは、ある意味ワンパターンで型に嵌った、相手にとっては読みやすいものだったのかもしれませんが、あのスピードと距離の長さ(長身、馬鹿長いリーチによる)でそんなデメリットを感じさせはしませんでした。 ハーンズが初めてメジャータイトルを獲得したクエバス戦の2R、得意のオーバーハンドライトが炸裂し試合を終わらせています。 フォローの右も入れてますが、実質最初のパンチでクエバスの意識を飛ばしていますね。 警戒されていても、確実に得意のパンチを叩き込む。 現代のトッルのボクシングの試合においては漫画チックでやや現実離れしていることかもしれませんが、がありますよね。 クエバス戦のハーンズを見ているとそう思いますし、こんな印象に残るシーンを見るためにボクシングファンをやっているとも言えるんですよね。 duran3616.

次の