ヒンドゥー 教 豚。 【ヒンドゥー教の食事編】飲食店のための宗教別インバウンド対策・おもてなしポイントを解説

イスラム教徒が飲めない薬?

ヒンドゥー 教 豚

インドの人々と宗教 インド人の生活は宗教(など)なくしては語れない。 1日はまずお祈りから始まる。 もちろん起きたら自宅の神棚でお祈りするわけなんですが、 朝はあまり車も走っていない時間帯から、どこか近所にあるお寺で、 お坊さんがお祈りしているのか、鐘の音らしき音が鳴り響いている。 なぜかとてもホーリーな気持ちになります。 たくさんの神様がいるのはどうなんだろう、という気もしますが、どの神様もカラフルに描かれていて、生活の中に溶け込んでいる。 それと、いい意味で「細かいことは気にしない」。 何か悪いことがあっても、災い転じて福となすといいますか、 これも神様の決めたことだから仕方ないという感じで、ある意味とても潔い。 宗教的な行事、またそれに関連して日々の暮らしに関しても、性的役割分担が割合とキッチリ決まっているので、ジェンダーフリーが絶対譲れないという場合は、 暮らしにくいかもしれません。 でも、最近日本で失われつつある、「年長者に敬意をはらう」ということに関しては、見習うべき部分がものすごく多いと思います。 インドの挨拶 インドの挨拶はとっても便利で、朝でも昼でも夜でも「ナマステ」です。 語尾に「ジー」をつけて「ナマステジー」にすると、より丁寧です。 また、手を胸の前で合掌させるという動作も加えるとより丁寧です。 「ナマスカール」「ナマスカラム」というのもあります。 神様の名前が挨拶になる場合もあります。 ナマステにも神様をたたえるという意味があるようです。 実は、インド家庭料理ラニのの名前は、神様の名前です。 神様の名前を使った「ハリオーム」という挨拶もあります。 自分が呼ばれているようでなんだか妙な気分になるそうです。 また、インド独特の挨拶の作法があります。 自分より目上の人物に敬意を払う時には、両方の足の先に軽く触るような挨拶をします。 久しぶりに会った、家族など親密な関係の人とは、両方の頬をお互い軽くタッチさせるような、かわいい挨拶もあります。 挨拶で思い出したことがひとつ。 インドの新婦は、のときに、たくさんの新郎の親戚や友達、近所の人などと初めて会い、 挨拶するわけなのですが、この挨拶は「両方の足の先に軽く触るような挨拶」です。 いったい披露宴でこの挨拶を何回するのか数え切れないです。 「挨拶だけも疲れちゃうな~。 」とハタから見ていて思いました。 つくづくインドの結婚式は体力勝負です。 もちろん、新郎も新婦の親戚友人、ご近所に挨拶しまくりなのは新婦同様です。 インドの宗教と食生活 インドにに暮らす人々は、 とイスラム教徒が多いです。 ヒンドゥ教では、牛は神聖な動物として崇拝されているので、ヒンドゥ教徒は牛肉は食べません。 ヒンドゥ教徒にとっては、ビーフカレーはあり得ない食べ物なのです。 また、イスラム教徒は不浄であるという理由から、豚肉を食べません。 原則としてアルコールも口にしませんし、食材はハラルフード(お祈り済みの食材)に限られています。 そんなわけで、インドでは、食材としての牛肉、豚肉その両方をあまりみかけません。 料理に使う肉は、鶏肉、羊、ヤギ肉が多いです。 鶏肉は日本でも普通に食べていますし、羊も「マトン」「ラム」などを出すレストランもありますね。 ヤギは、日本ではなかなか見かけませんね。 ヤギはインドではごくごく、普通の食材です。 実際食べてみると、独特の臭みがあるので、日本人には…苦手な人が多いのではないかと思います。 、 おそらく、日本で食べている鶏肉、豚肉、牛肉にもすべて独特の臭みは存在し、食べ慣れているからわからないだけなのだと思います。 だからきっとヤギも慣れればおいしいと感じるはずです。 日本と大きく違う食文化としては、イスラム教にはラマダンと呼ばれる断食月があります。 ヒンドゥ教でも、断食や、肉を食べない日などの 行事があります。 などもあります。 関連リンク•

次の

イスラム教とヒンドゥー教が牛肉や豚肉を食べない本当の理由 ※地球の豆知識 Vol.2 : 真実倉庫 世界

ヒンドゥー 教 豚

インドを中心に、ネパール、スリランカ、バングラデシュなどで信仰されているヒンドゥー教。 信者のなかには、禁忌とされる牛肉や穢れとされる豚をはじめ、魚など動物性の食べ物全般を口に入れない人もいます。 ヒンドゥー教徒の食事制限と調理・おもてなしのポイントを解説します。 ヒンドゥー教徒の食事制限の基礎知識 ヒンドゥー教徒の食生活においては、個人の信仰や信条を重要視します。 食材や食べる時間・時期、いっしょに食べる人など、食事全般に気を遣うのが特徴です。 牛肉・豚肉をはじめ肉食全般を避ける傾向があり、とりわけカーストや社会的地位の高い人ほどその傾向は強くなります。 魚介類や卵、動物性の脂や出汁にも注意が必要です。 日本食では野菜の天ぷらや豆腐、日本食以外では野菜のみを具としたピザやパスタが好まれます。 ベジタリアンとノンベジタリアンの区別がはっきりしているため、食事提供の際には事前に確認しておきましょう。 人によって食べられるもの・食べられないものに差があるため、なるべく個別に対応するのが理想です。 穢れに対する意識が非常に強いため、他人と食器を共有することにも抵抗があります。 鍋料理など、複数人でとりわけて食べる料理はできるだけ避けましょう。 【食材別】ヒンドゥー教徒の食事制限 ・肉類(牛肉・豚肉) 牛は神聖な動物として崇拝されているため、タブーとされる食材です。 逆に不浄な動物とみなされている豚も食べません。 肉食をする人でも、食べられるのは鶏肉と羊肉、ヤギ肉に限られます。 動物の肉や骨を使ったエキスやブイヨン、ゼラチン、牛乳の脂肪であるバター、豚の脂肪であるラード、牛の脂肪であるヘットにも、調理時には注意が必要です。 肉食全般を忌避する人がいるときは、植物性の出汁や脂を使うようにしましょう。 ・魚介類全般 魚介類全般も、動物性の食べ物として忌避する人がいます。 鰹節を使った出汁も避ける対象になるため、昆布出汁など、野菜や海藻由来の出汁を使うようにすると安心です。 ・卵 卵も動物性の食べ物なので、忌避する場合があります。 なかには有精卵は食べられないものの無精卵は食べるという人もいます。 ・生もの ヒンドゥー教徒には生ものを食べる習慣がありません。 基本的に火を通したものを提供するようにしましょう。 ・五葷(ごくん:ニンニク、ニラ、ラッキョウ、玉ねぎ、アサツキ) 厳格なヒンドゥー教徒は、五葷(ごくん)と呼ばれるネギ科の植物も食べません。 その他野菜では根菜を食べない人もいるため、ベジタリアンの人には事前に確認しておくとよいでしょう。 ヒンドゥー教徒向けの食事内容と調理のポイント ・野菜は肉類・魚類と別の鍋やフライパンで調理する ヒンドゥー教徒のなかには、肉類や魚類を料理した調理器具が使われることに対して嫌悪感を抱く人もいます。 野菜天ぷらのようなヒンドゥー教徒に好まれやすいメニューであっても、エビや魚と同じ油で揚げないように心がけるのが望ましいです。 ・複数人で分けて食べる鍋料理や大皿料理は避ける 穢れの意識から、他の人と食べ物や飲み物、食器を共有することに対して強い抵抗を示す人もたくさんいます。 複数人で鍋や皿をつつきあって食べる料理は避け、なるべく個別の器で提供しましょう。 皿から取り分けて食べる料理を提供する際には、取り分け用のトングやスプーンを用意し、他人の使った食器が料理に触れないように配慮してください。 ・ベジタリアン向けの料理を多めに用意しておく もともとはノンベジタリアンでも、特定の日や期間だけ肉を食べない人や、旅行中だけ気分を変えてベジタリアンになる人もいます。 団体の旅行客の予約が入っているときには、余裕があればベジタリアン向けの料理を少し多めに用意しておくとよいでしょう。 ヒンドゥー教徒の接客とおもてなし ・食べられないものを事前に確認する 人によって食事制限の内容や程度が異なります。 肉や魚を中心に、事前に食べられないものを把握しておき、個別の対応ができるように準備しておくことが望ましいです。 ・ベジタリアンかノンベジタリアンかを事前に確認する ヒンドゥー教では肉食と菜食を明確に分ける傾向があります。 まずはベジタリアン・ノンベジタリアンのどちらにあてはまるか確認をとっておくとメニューを決めやすくなります。 ベジタリアンの場合は、根菜を食べられるかどうかも同時に確認しておくと安心です。 ・料理に含まれる食材・含まれない食材について説明しておく 厳格なヒンドゥー教徒ほど、料理に含まれる食材に敏感です。 安心して食べてもらえるように、オーダー時や食事の提供時には料理に含まれる食材・含まれない食材について説明しておきましょう。 牛肉・豚肉・魚類にはとくに注意してください。 ・食事は右手で提供する ヒンドゥー教では左手は不浄なものとされています。 食事や食器を運ぶときや提供するときには右手を使いましょう。 <関連記事> 食事制限をより簡単に伝えるために、把握するために。 飲食店と食べられないものがある人、両方の安心・安全のためには、正確で丁寧なコミュニケーションが不可欠です。 CAN EATでは、食べられないものなどの食事嗜好を事前に登録して友人や飲食店にシェアするサービス「」の開発・運営を行っています。 CAN EATを利用することにより、食べられないものがある方は、より安心して外食を楽しめるように、飲食店様は、食べられないものがあるお客様とのコミュニケーションを簡単に行えるようになります。 業界全体で安心安全な外食が提供される未来の実現をめざし、よりよいサービスを作ってまいります。 サービスURL: お問い合わせ:.

次の

ヒンドゥー教徒の食事制限〜食のタブーと調理・接客のポイント〜

ヒンドゥー 教 豚

ヒンドゥー教徒…約10億人• イスラム教徒…約1億7000万人• キリスト教徒…約3000万人• シク教徒…約2500万人• 仏教徒…約1000万人• ジャイナ教徒…約520万人 2位のイスラム教徒でも日本の人口を上回る約1億7000万人とは、すごい数ですね。 このように、インドではヒンドゥー教が最も信者の多い宗教であり ネパールに次いで第2位のヒンドゥー大国ということになります。 (参考: ) それでは、次にそれぞれの宗教の特徴や国内の人口分布を見てみましょう。 ヒンドゥー教【牛が神様】 概要と特徴 ヒンドゥー教(初期はバラモン教と呼ばれる)は、 紀元前1500年に大陸北西よりアーリア人という人種が侵攻しインドを支配するようになって誕生しました。 支配者となった アーリア人たちは、元々インドの土地に住んでいたドラヴィダ人との混血を避けるためにカースト制度(ヴァルナ)を作り、自らはブラフマンという最高階級に属したと言われています。 そのカースト制度を維持するためとして、 カーストを超えた婚姻を禁じたり、低いカーストに生まれたのは前世の行いが悪かったからだという輪廻転生という思想を信仰したとも言われます。 日本で馴染みの深い仏教は、実はインドの宗教ともつながりがあります。 仏教はバラモン教に対抗したブッダが興したものなので、梵天や弁財天、吉祥天などはインドの神様たちが元になっているんです。 インドの神様というと、 ヒンドゥー教は多神教で実に様々な神様がいます。 その中でも重要なのがこの3人。 宇宙を創造したブラフマー、世界が滅びそうになると化身となって世界を救うヴィシュヌ、そしてこの世の全てを破壊し消滅させるシヴァです。 また、 神様シヴァの乗り物であったり、他の神様の従者であったりと牛は神格化されているため牛肉は食べません。 近年ではリベラルな考えを持つ人も多く牛肉を食す人もいますが。 ヒンドゥー教については別途詳細な記事を御覧ください。 分布 引用: さすが国民の8割が信仰するだけあり地図上ではまんべんなく分布していますね。 ジャンム・カシミール州やミゾラム州はヒンドゥー教徒の割合が少ないです。 イスラム教【豚肉は食べれない】 概要と特徴 イスラム教は、 7世紀にムハンマドが創始した宗教でありコーランを聖典とします。 イスラム教はヒンドゥー教と違い 唯一神であるアッラーを崇拝します。 飲酒ができない、毎日礼拝をしないといけない、豚肉を食べてはいけない、特定の屠殺方法で処理された食べ物以外はタブーである(ハラール)など戒律の多いことはなんとなく知っていますが、イスラム教には5つの重要な義務があります。 信仰告白(シャハーダ)…「アッラーの他に神は無い。 ムハンマドは神の使徒である。 」と口に出して信仰すること。 礼拝(サラー)…一日5回は、メッカに向かって礼拝をすること。 喜捨(ザカート)…貧しい者へ施しをすること。 断食(サウム)…ラマダーンのことで、イスラム暦の9月の間日の出から日没まで飲食をしないこと。 貧しいものの気持ちを知るためとも言われている。 巡礼(ハッジ)…可能であればイスラム暦の12月に聖地メッカへの巡礼をすること。 参考: インドには8世紀以降に侵入したアラビア人によって伝えられ、ムガル帝国時代はインドのほとんどの地域を支配するほどの勢力となりました。 また、 ヒンドゥー教のカーストの下に虐げられた人々は特に、神の名の下に平等なイスラム教に自ら改宗した人も多かったといいます。 昨今のカシミール地方の暴動もありヒンドゥー教とイスラム教というと対立しているイメージがあるかもしれませんが、かつて16世紀頃のムガル帝国時代には両者が融和して共存してきたという歴史もあります。 観光スポットとしても有名なタージマハルはこのときにできたものです。 分布 引用: 地図上のインド北部の濃い緑の地域は、ジャンム・カシミール州でインドの中では唯一イスラム教が多数派の州となっています。 しかし、この地域ではインドとパキスタンの間で領地を巡り度々紛争になっています。 キリスト教【ナザレのイエス】 Photo by on 概要と特徴 水をぶどう酒に変えてしまう ナザレのイエスをキリスト(救世主)として信じる宗教で、新約聖書・旧約聖書の聖書を聖典とし、神を信じることで救われると唱えます。 プロテスタントとカトリックの2種類がありますが、ややこしくて非クリスチャンの私には難しいです。 笑 インドへのキリスト教の伝播は古いと伝えられていて、紀元52年に聖トマスという人がインドへ来てキリスト教を伝えたとされています。 その後、ヨーロッパで宗教改革が始まった16世紀になると インド南部のゴアやケララを中心として低カーストの人々への布教が盛んになりました。 日本でも有名なあのフランシスコ・ザビエルもその時にゴアに入国したとされています。 イスラム教しかり、カースト制度の元に虐げられていた人々は他の宗教へ改宗する人も多かったのですね。 分布 引用: キリスト教徒は、宣教師のやってきたゴア、ケララ州を始めとした南部と、イギリス政府が布教に成功したインド東部に多く存在しています。 シク教【ターバン着用】 概要と特徴 16世紀にパンジャブでグル・ナーナクという人が興した宗教です。 16世紀というとヒンドゥー教とイスラム教の融和がはかられていた時代で、 シク教はイスラム教とヒンドゥー教両方の影響を受けて成立しました。 絶対的真理として神を崇拝し、カースト制度や輪廻転生を否定、人間の平等を唱えています。 シク教の最終目標は輪廻転生を繰り返した後に神と合一するムクティであり、 日常では常に神の存在を頭に置き他人へ奉仕をすること、また自分の仕事に真摯に励むことに重きを置いています。 著名なところでは、前インド首相のマンモハン・シンもシク教徒ですね。 彼らは、髭や髪の毛を切らない掟を持っており、ターバンの中には長い髪が束ねられているはずです。 比較的裕福な層がシク教徒に帰依したということもあり、軍や官吏に登用されることが多かったそうです。 確かに、今でも街中や公共交通機関で軍人を見ると、ターバンを巻いている人の割合が高い気もします。 シク教の聖地はアムリトサルで、総本山のゴールデンテンプル(ハリマンディル)は観光スポットとしても有名です。 参考: 分布 引用: シク教徒は、インドの中でもパンジャブ州に集中して居住しておりその数はインド国内のシク教徒の4分の3と言われています。 仏教【インド発祥】 Photo by on 概要と特徴 日本人にも馴染みの深い仏教。 実は インドは仏教発祥の地でもあるんですね。 紀元前5世紀、現在のネパールに生まれたブッダ(ゴータマ・シッダールタ)が出家をし修行を重ねブッダガヤーで悟りを開き、それを弟子に伝えていったことが始まりです。 仏教発祥の地にも関わらず、インドでは仏教徒の数はわずか0. 13世紀にイスラム教により仏教の拠点が破壊されてしまったことが原因でそのほとんどが滅んだという説もあります。 しかしその後、 わずかながらに存在した弟子がそれを伝えていったり、またスリランカやチベット、日本から逆に仏教を取り入れる動きなどがあり仏教徒の数は回復したと言われています。 また、インドの仏教といえば、 ヒンドゥー教のカースト制度に反対していたアンベードカルは、多くのダリット(不可触民)と呼ばれた人々を仏教に改宗させました。 彼は、インド憲法の草案を作成したことでも知られています。 個人的には、手塚治虫のブッダを読むとより仏教に興味が湧いたのでおすすめです。 分布 引用: インド国内では、チベット仏教の影響を受けるヒマーチャル・プラデーシュ州やジャンム・カシミール州、シッキム州などで仏教徒の数が多くなっています。 wikipedia. マハーヴィーラというクシャトリア(王族)出身の人を祖師と仰いでいます。 アヒンサー(非暴力)と無所有を厳守する苦行・禁欲的な宗教です。 今日のジャイナ教徒がどれほど厳守をしているかはわかりませんが、極端な例を挙げてみましょう。 空気中の小さな虫を殺さないよう白い布で口を覆う• 無所有を守るために全裸で生活する• アヒンサーを守るために断食する• 理想の死に方は断食をして死んでいくこと (ただし段階的な修行を終えたものに限られる) また、アヒンサーに関しては 身体的なものだけではなく、心理的・言語的なものも含んでおり心の中でさえ人に対して暴力的な気持ちにならないよう守ったといいます。 アヒンサーのために、 完全なる菜食主義者であり生物や植物を傷つけてしまうとして農業や漁業をしている人はほとんどおらず、ジャイナ教徒のほとんどが商人としての才を発揮して生きているということです。 (参考:) 分布 引用: 最初に見たとおり、ジャイナ教は人口にするとわずか520万人ほどでした。 彼らのほとんどがインド西部に居住しています。 によると、南部には保守的な裸行派(無所有を守るために裸で生きる)がいるそうですが、このマップには載っていなそうですね… ゾロアスター教【炎を礼拝】 概要と特徴 2011年に行われた国勢調査の中では、「その他」の中に含まれる宗教ですがゾロアスター教は取り上げられることも多いので今回は載せてみました。 2018年に日本でも話題になった映画、ボヘミアン・ラプソディ。 そこに出てくる クイーンのフレディ・マーキュリーの父親も、実はゾロアスター教徒です。 紀元前6世紀には既に存在していたと言われ、発祥は古代ペルシャ、その後10世紀頃に立場が弱くなってきたことから活動の中心をインドに移しました。 インドのグジャラートにたどり着き、インドではパールシー(ペルシャ人)と呼ばれています。 彼らは、 偶像崇拝をせず火を神聖なものとして祀るため、拝火教とも呼ばれます。 また葬法も特徴的で、 火は神聖なものなので遺体で汚してはいけないとして鳥葬(もしくは風葬)を行っています。 ムンバイには、鳥葬用の施設である「沈黙の塔」が存在しています。 近親婚を良しとし、父親が信者の場合のみ入信することができる、女性は異教徒と結婚した場合信仰を捨てなければならないなど閉鎖的な宗教であることから人口は少ないく、インドは最大のゾロアスター教徒を擁するがその数は、約7万5000人と言われています。 (参考:、、) 分布 2011年の国勢調査時には、その他に含まれる宗教のため分布図は見当たりませんでした。 上でお伝えしたように、グジャラートに移住してきたゾロアスター教徒でしたが、現在は活動の中心はムンバイになっており、ムンバイやプネー、グジャラートに寺院が存在します。 まとめ さて、今回はインドにおける宗教についてまとめてきました。 ヒンドゥー教徒の占める割合が8割というヒンドゥー大国でありながら、いくつもの宗教が共存する多宗教の国ということがわかりました。 しかし、最近ではキリスト教迫害、イスラム教殺害、など宗教間の悲しいニュースが聞かれます。 私個人としては、インドに関わる者としてさらに各宗教に対して理解を深めていきたいところです。 今まで読んだ宗教関連の本で面白かったものを載せておきます。 興味がある方はぜひ。

次の