閉経 後 妊娠。 閉経後の妊娠可能性

高年齢の妊娠・出産はどこまで可能なのか。「リミット」について考える

閉経 後 妊娠

更年期にはいったとしても妊娠する可能性があるのでしょうか。 夫婦生活があるなら気になるところです。 更年期になると女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が急激に減少します。 そして生まれたときに「原始卵胞」として卵巣内に蓄えていた卵子がなくなると、閉経となります。 ということは「閉経したなら妊娠はない」はずですよね。 少し前に「美魔女」という言葉が流行したように、今は更年期世代といっても若くて美しく、いろいろな面で現役バリバリの女性が多い時代です。 ここでは「更年期」「閉経」と「妊娠」について詳しくご紹介しましょう。 更年期でも排卵があれば妊娠の可能性はあります 更年期というのは閉経の前後5年間です。 まだ閉経を迎えていない場合、月経不順や経血量が減っていても排卵している可能性はあります。 ですので、避妊せずに性行為をおこなえば妊娠の可能性も当然あるのです。 妊娠したら生みたいという場合は、妊娠検査薬だけに頼らず早めに受診した方が良いでしょう。 なぜなら、更年期には女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が減少するだけでなく、同じ女性ホルモンであるプロゲステロンの分泌も減少しているからです。 プロゲステロンは、女性の妊娠をサポートする役割を担っているホルモンです。 このホルモンが少ないのに妊娠を継続すると流産の可能性が高まるのです。 妊娠は避けたいという場合は、まだ避妊が必要です。 お話したように、プロゲステロンの分泌も減っている更年期の女性は流産しやすいため妊娠に気付かずにいると突然の腹痛とともに流産するということも。 そうなると、もう若くはないだけに身体への負担が大きいからです。 さらに、避妊せずに性行為をおこなうことで女性が妊娠しても、月経が止まったことを「閉経」と勘違いしてしまいやすいので注意が必要です。 妊娠の可能性はあるということをしっかり認識しておきましょう。 え?閉経後にまさかの妊娠? 人によっては「閉経後に妊娠した」ということもあります。 どういうことかといいますと、本人は更年期にはいり月経が不順になってやがてまったくなくなったため「閉経」だと思っていたところ、まだ閉経していなかったということです。 「閉経」は1年間月経がないことを指しますが、まれに1年間月経がなくてもまだ閉経していないということもあるのです。 卵巣の中に蓄えられている「原始卵胞」が育って卵胞となり排卵すれば、月経がなくても妊娠の可能性があるということです。 自分が閉経を迎えたのかどうか判断しかねるときには、病院で血液検査をすると閉経かどうかがわかります。 【FSH(卵胞刺激ホルモン)血液検査】 血液中の卵胞刺激ホルモン濃度を計測することで、閉経かどうかを判断します。 卵胞刺激ホルモンは卵巣の中に蓄えられている「原始卵胞」を刺激して成長を促すホルモンです。 卵巣の機能が弱まると卵子の成長を促そうとこの卵胞刺激ホルモンがたくさん分泌されて血中濃度が上がります。 【AMH(アンチミューラリアンホルモン)血液検査】 卵巣内に残っている原始卵胞の数を調べる方法です。 AMH(アンチミューラリアンホルモン)はこれから育つ可能性がある卵胞から分泌されます。 血液検査でこのホルモンの血中濃度を調べ、低くなっていると残りの卵子が少ないと判断されます。 アンチュリーミラーホルモンには基準値や正常値がないため、年齢によって平均値と比較して判断します。 こうした血液検査をすることで「閉経したかどうか」の判断ができますから、赤ちゃんを生むという要望がないなら更年期になったからと避妊をやめずに病院で検査してもらうと良いですね。 早発閉経と妊娠の可能性 結論から言いますと、早発閉経の人も治療することによって妊娠の可能性はあります。 「早発閉経」というのは40歳未満で閉経してしまうことを指します。 日本産婦人科学会の定義では43歳未満とされていて、治療の対象となります。 治療の対象となるというのは保険適応になるということで、通常なら自費となるホルモン療法などの治療を3割負担の保険で受けられるということです。 日本産婦人科学会では「早発閉経」といっても「卵巣機能不全」として治療の対象となる、としています。 卵巣の機能が低下しているということですから確かに「閉経」とは違いますよね。 「閉経」というのは、女性が生まれるときに体内に蓄えていた卵子(原始卵胞)がすべて卵巣からなくなったために永久的に月経が起こらないということをいいます。 だとするとやはり、「早発閉経」という言葉は少々違うように感じますね。 卵巣機能不全の場合、卵巣の中にはまだ育っていない「原始卵胞」があります。 適切な治療をすれば妊娠の可能性もあります。 ただし可能性はありますが年齢や原始卵胞の状態、卵巣機能や卵管の状態など、人によって妊娠の可能性は違います。 聖マリアンナ大学医学部准教授の河村和弘医師によると、40歳前の不妊症の女性の約100人に1人がこの「早発(早期)閉経」なのだそうです。 「早発閉経」と「続発性無月経」の関係 40歳になる前に月経がとまってしまうことを「続発性無月経」といいます。 「早発閉経」は何らかの原因によって卵巣内の原始卵胞が急激に減少し、残りの原始卵胞も卵巣の機能不全によって育たず(卵巣の機能が停止し)月経が止まることです。 一方、「続発性無月経」は、痩せ過ぎが原因の「体重減少性無月経」、過度な運動が原因の「運動性無月経」、プロラクチンというホルモンの増えすぎが原因の「高プロラクチン血症」、卵巣機能障害による排卵障害が原因となる「多嚢胞性卵巣症候群」、下垂体機能低下が原因の「シーハン症候群」などがあります。 「続発性無月経」の場合はホルモン療法などによる治療がおこなわれます。 体重が減りすぎている場合は体重を元に戻し健康になるところからはじめます。 「早発閉経」といわれるのは卵巣機能不全で下垂体を刺激しても完全に卵巣が機能していない状態です。 「続発性無月経」はその原因を取り除いたりホルモン治療をしたりすることで月経が再開する可能性がありますが、「早発閉経」の場合は難しいことから「閉経」という言葉を用いるようです。 本来であれば「閉経」という言葉は卵巣に卵子がなくなったことをいうのですが、日本産科婦人科学会の資料を見ると、治療により排卵、妊娠に至った報告があるそうです。 まとめ 更年期がはじまっても、排卵がある限りは妊娠の可能性があります。 また、1年以上月経がないために閉経だと思っていても排卵が起こっていて妊娠したという実例もありますから閉経したかどうかは病院で検査してもらうと良さそうです。 更年期になっても赤ちゃんを授かりたいという人なら避妊の必要はありませんが、今妊娠しては困るという人は性交渉を持つなら避妊する必要があるのですね。 また、日本産科婦人科学会の資料には早発閉経になった場合でもホルモン治療によって排卵、妊娠に至ったという報告がありますから、これから赤ちゃんを授かりたい人はすぐに治療をはじめるべきでしょう。 早発閉経については保険適応でできる治療が多いので、費用のことなどはあまり心配せずまずは婦人科を受診して医師に相談して治療をはじめましょう。

次の

閉経はいつから?その年齢、兆候や前兆、閉経後の女性の体と更年期

閉経 後 妊娠

閉経後に妊娠する可能性はある? これはあり得ません。 完全に閉経した後でしたら、卵子が作られることはありませんので、妊娠することはありません。 しかし、この完全に閉経しているのかどうかというのは人によって非常にわかりにくいので、 実は閉経したと思っていたけどしていなかったために妊娠したというケースがあるわけです。 人によっては生理が1年以上遅れてやってくることだってあるのです。 更年期になってこれだけ遅くなってしまえば誰だって、閉経したと思ってしまうでしょう。 このように、閉経していたと思っていたけど実はまだだったというパターンで妊娠することはあるのです。 閉経したと思った後の性交渉でも子供ができてしまうことが稀にあるので、避妊は安全対策としてしたほうがいいでしょう。 閉経後は性交痛に悩みやすい? 更年期障害と性交に関する詳細なデータは存在しないので、具体的なことはわからないという意見も多いですが、更年期になって 閉経した女性というのは性交痛がきついというお話はネット上で確かに存在します。 この理由を推測している人も多いのですが、その意見は高確率で同じものです。 それは女性ホルモンのエストロゲンの分泌が一気に低下してしまったことで 子宮の筋肉が萎縮したり腟壁の乾燥が発生することで性行をすることでの痛みは格段にひどくなるというものです。 閉経後は女性ホルモンが一気に低下するので腟委縮や乾燥は防ぐことは非常に困難なのです。 そのため、どうしようもない部分とも言えるでしょう。 閉経後は性的欲求が弱くなる? 閉経後は女性ホルモン分泌量が一気に低下するので、 多くの方々は性欲が低下するようになります。 しかし、女性ホルモンが一気に低下すると言うことは男性ホルモンが増えることも意味しておりますので、 男性ホルモンが増えることでむしろ性欲が増してしまうという人もいるのです。 つまり、性欲が少なくなる人もいれば増える人もいると言うことで、 人によって違うとしか言えないということです。 しかし、性欲が弱まっている人はエストロゲン分泌量がかなり低下しているサインとも言われており、膣の乾燥や萎縮が高確率で発生しているとのことですので、避けた方がいいと言えるでしょう。 性交痛がひどくなると考えられます。 閉経後の女性ホルモンはどう変わる? 閉経後は女性ホルモンが一気に低下します。 まず、 女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2種類がありますが、これは両方とも卵巣から分泌されているのです。 このホルモンは脳からの指令によって分泌するのかどうかを判断しているのが特徴ですが、卵巣の中にある卵胞の数が急激に減少してしまうとそれに合わせて分泌される量も減少していきます。 基本的に女性ホルモンは卵胞を成熟させ排卵にいたる過程で分泌されるので、成熟させる卵胞がないのならば分泌されないのです。 このようにしてエストロゲンが分泌されなくなるのですが、脳の方はひたすらエストロゲンの分泌命令を出してきてしまい、混乱するようになって自律神経系の命令にも狂いが生じるようになってあらゆる不調症状が出やすくなってしまいます。 閉経後の出血で考えられる原因は?生理の復活も? 閉経後の出血は子宮体がんを含む子宮内膜病変や萎縮性膣炎といった病気の可能性があるのでなかなかに油断できません。 第一に考えられることが病気です。 Sponsored Link エストロゲンが減少してしまうと子宮内部の自浄作用も働かなくなってしまうので、 萎縮性膣炎になる可能性がかなり高くなり、不正出血してしまうケースがあるようです。 しかし、その一方で実は 閉経していなかったというケースもあります。 閉経時の生理周期というのはかなり人によって異なるので、年単位でずれ込んで生理が来て出血するケースも存在します。 閉経後の下腹部痛の原因は? 閉経後の下腹部痛や腹痛に悩まされる人もかなりの割合でいます。 まず、閉経前後は女性ホルモンが急激に減少することでホルモンバランスが乱れ、 自律神経にも狂いが生じるようになるので腹痛・便秘・下痢といった症状に悩まされる人が増えます。 特に自律神経が乱れるようになると腸の蠕動運動能力がかなり低下するようになるため、便秘になる割合が高まります。 こうなると 長時間便が腸内にとどまるようになるので腹痛が発生しやすくなるのです。 また、胃酸の分泌が多くなりすぎてしまうことで胃壁にダメージが入るようになるので、痛みが発生するという人もいます。 それ以外には女性ホルモンが低下したことで 子宮以外の部分に子宮内膜ができてしまい、出血や下腹部痛に苦しめられてしまう人もいます。 その他には、子宮筋腫のような腫瘍ができてしまう病気で痛みが発生することもありますし、卵巣癌のように癌が発生して痛みが発生するケースもあるようです。 閉経後に胸が張る場合に考えられる原因は? 閉経前後に乳房の張りや痛みを感じる方もいます。 この場合 真っ先に疑われるのが乳がんです。 乳がんは痛みや張りはないと言われておりましたが、人によっては痛みや張りが出てしまうケースもありますので、可能性として考えておくといいでしょう。 それ以外に考えられるのが、女性ホルモン分泌量が大きく変わることの影響を受けているという考え方です。 ホルモンバランスの乱れがひどいと、乳痛や胸の張りが発生すると言われておりますので、要注意です。 閉経前後はエストロゲンの分泌が減り、プロゲステロンの分泌が増えるようになるので、乳腺の中にある血管が拡張しやすい状況にあります。 そうなると、痛みや張りが発生するのです。 閉経後の子宮筋腫は小さくなる?大きくならない? 子宮筋腫は子宮関係のトラブルの中でもかなり一般的なものなので心配することはないとすら言われております。 この子宮筋腫は女性ホルモンが多く分泌されている期間は増大する可能性がありますが、 基本的に閉経を迎ええる時期になると縮小していくのです。 しかし、それが子宮筋腫ではなく 子宮肉腫だった場合は、閉経後でも増大する可能性がありますので、しっかりと確認することは必須と言えるでしょう。 閉経後に太る女性は多い? 更年期になった女性は体重が増えやすい傾向にあります。 この最大の理由もエストロゲン分泌量の減少にあるのです。 エストロゲンは脂肪合成を盛んにする働きがありますので、これが減少すればするほど同じ量を食べていたら太るようになってしまいます。 しかし、閉経した直後でもまだエストロゲンは少量ながら出ておりますので比較的抑えられますが、閉経してから5年程度経過するとほとんど出なくなってしまうので急激に太ってしまうことがあるのです。 閉経や更年期に関連する書籍として次のようなものがございます。 常喜 眞理 著 閉経後の性的欲求や妊娠の可能性!不正出血や胸が張る原因は?のまとめ 以上、いかがだったでしょうか。 今回は閉経後の様々な疑問に答えて参りました。 閉経は女性ならば避けられないものではありますが、このように色々な違いが発生するようになる時期ですので、知識が無いと必要以上に不安を抱いてしまったりします。 特に、女性ホルモン分泌量が減少することで体重が減りにくくなることを知らないとそのままの食事量をキープし続けてしまうことになりますので、太ってしまうでしょう。 体重が気になる方は注意してくださいね。 カテゴリー•

次の

閉経後の妊娠可能性

閉経 後 妊娠

卵子のできるまでと、最新医療技術(イラスト=Takayo Akiyama) 「この患者さんは、30代にもかかわらず月経が終わるという早発閉経の方でしたが、50歳頃に生理が止まる一般的な閉経でも、同じ手法で妊娠に導くことは可能です。 閉経直後であれば、原始卵胞はまだ1000個近く残っている人が多いのです。 それが、だんだんと体に吸収され、ある程度の期間でゼロとなってしまう。 その前の、閉経後比較的早い時期であれば、かなり高い確率で、この方法は使えるはずです」 先生の手がけた症例数から見ると、原始卵胞がしっかり残っているケースでは5割が採卵に成功しているそうです。 河村先生に詳しく聞いてみました。 「この方法は、卵巣の中の原始卵胞に刺激を与えて、成熟した卵子へと成長するように活性化したあと、小さな断片にした卵巣を卵管のしょう膜という薄い膜と卵管の隙間に移植して戻します。 そのあと卵子まで発育させるのは卵管なのですね。 「いいえ。 卵管や子宮は女性ホルモン=エストロゲンを適量与えれば機能します。 「理論的にはそうでしょうね。 ただ、移植した卵巣から採卵を行い、体外受精をします。 卵子の老化により体外受精から出産に至る確率はご存じのとおり加齢で下がっていきますので、当然、出産できる確率は下がります。 また、妊娠に関係する深刻な合併症も高齢の方では起こりやすくなります。 そしてもうひとつは、60歳で出産して本当に幸せか、たとえば、その子の成長を見守れるか、などの問題が残りますが」.

次の