衛星ゼア。 【仮面ライダーゼロワン】赤目イズの正体ネタバレ!アークや滅亡迅雷.netの関係も

仮面ライダー雷

衛星ゼア

第1話から登場しているイズと髪の長さや目の色が違うことから、いずれイズが暴走してしまうのではないかという仮説も立てられたほど、ファンにとって気になる存在でした。 それほどまでに人気の高いキャラクターとなったイズですが、やはり気になるのは 通常のイズと同一人物なのかどうかといったところではないでしょうか。 赤目のイズ・・・それは 或人の秘書であるイズとは違う存在であり、その名も「アズ」というものだったのです! イズが暴走してしまうのではないかと危惧していたファンの方にとっては、少し安心したのではないでしょうか。 しかし、一体このアズは何者なのでしょうか。 総集編の中で衛星ゼアの意識に取り込まれた或人に対し、これまでのゼロワンの戦闘データを引き出そうとした張本人でした。 イズの丁寧な口調を装いながらも、節々に或人をバカにするようなフレーズが入っていたり、なぜか滅亡迅雷. netのことに詳しかったりと、或人や視聴者が違和感を抱く存在として描かれましたね。 アズの劇中での役割であるゼロワンの戦闘データのラーニング・・・このことが、ラスボスと噂されているアークゼロの登場に大きく影響すると言っても過言ではありません。 アズと滅亡迅雷. netとの関係 ここまで、赤目のイズ=アズについてお伝えしてきました。 イズとは別の存在であり、アークが生み出した使者ということで、赤目をしていたという理由も納得ですね。 では、このアズは滅亡迅雷. netのメンバーとどのような関係があるのでしょうか? 滅亡迅雷. netのヒューマギアを作ったのはアズ? 仮面ライダーゼロワンの 滅亡迅雷. netのアーク 飛電のイズ 通信衛星ゼア 単語全て繋げてみたらロマンだし 意味深だし — ええ声スロッター えいじ eseslotlife 今後放送される仮面ライダーゼロワンの第35. 5話にて、アズが滅亡迅雷. netの誕生について語ることが明らかとなっています。 なぜ滅亡迅雷. netの4人が生まれたのか、その意味は何なのかをアークに代わって回答するというのです。 アズはアークの使者であり、アークによって作られた滅亡迅雷. netの4人がそれぞれ持つ役割が明らかとなった時、おそらく総集編で登場したアークゼロ復活が目前に迫ることでしょう。 アークの使者であるアズが倒されたはずの迅がなぜ復活したのかがまだ描かれていなかったり、そもそも滅亡迅雷. netの4体の誕生秘話をアズが知っていたりという点が、アズが滅亡迅雷. netを作った可能性をにおわせているのが気になるところではありますが・・・。 アズが滅亡迅雷. netをコントロールする可能性を考察 上記の点を考慮すると、アズがアークの意思として滅亡迅雷. netをコントロールする可能性について考えなくてはなりません。 アズ=アークが人類を滅亡させるために滅亡迅雷. netを作ったのであれば、その集大成となるアークゼロ誕生のために滅亡迅雷. netをコントロールすることは容易に想像できるでしょう。 しかし、もしシンギュラリティに達した迅の手によってそれを阻止されるとしたならば、アズの目論見は外れることになります。 本編でアズが登場し続けるかどうかもまだ不明であり、 アズが滅亡迅雷. netをコントロールする可能性は低いかと思われますね。 まとめ:赤目のイズ=アズはアークの使者止まりの可能性大 今回は仮面ライダーゼロワンに登場した赤目のイズ=アズについてお伝えしてきました。 総集編でその正体が明らかとなりましたが、本編でもアークの使者としての重要な役割を担っているようです。 一方で、その存在がメインとして描かれることはこの先あまりない可能性も考えられます。 果たして今後どのような活躍を見せるのか、ゼロワンの展開に注目しましょう!.

次の

新プログライズキーはすべてZAIA製!飛電はパワーアップキーのみ??

衛星ゼア

仮面ライダーゼロワン ネタバレ 感想 第31話「キミの夢に向かって飛べ!」 仮面ライダーゼロワン 第31話 ネタバレ & 感想になります! 新たな会社を設立した或人。 そこにやってきた客人第一号は、かつてのクライアント・人気漫画家の石墨だった。 どうやらアシスタントのヒューマギア・ジーペンが動かなくなったため、なんとかしてほしいとの依頼のようだが・・・ 気になる第31話です! ジーペンに判断をゆだねるが・・・ 相棒であるジーペンの復活を願う石墨だったが、或人は何故かジーペン次第だと答える。 その真意は、ジーペン自身の意思を尊重するというものだった。 ジーペンがこのまま石墨のアシスタントを望めば、それはそれでいいし、 もし、アシスタントを望まず、自分の進みたい道が他にあるのであれば、 或人は、それを応援するつもりなのだ。 ジーペンの再起動自体は、或人の持つヒューマギアプログライズキーで難なく行えた。 しかし、復活したジーペンは執拗に衛星ゼアとの接続を試みるばかりで、 或人の言葉に耳を傾けない。 シンギュラリティに達しているならまだしも、今のジーペンはまだその段階ではないのか。 衛星ゼアにアクセスできない その頃、買収した飛電のラボで、衛星ゼアに接続を試みる刃唯阿と天津垓。 しかし、ヒューマギア同様に、衛星ゼアに接続は出来ないようだ。 或人がゼロワンに変身出来たのは、今のところゼアに認められたということが理由のようだが・・・ ゼアもまた水面下で色々と画策しているのだろうか? それにしても、天津垓・・・飛電を買収してなお、まだ或人が目障りと見えるな。 或人の動き次第では捻り潰すらしい。 迅現る 衛星ゼアからの命令を受信できないジーペンは若干混乱気味。 元々ヒューマギアは衛星ゼアより膨大なデータを受信し、ラーニングしていくことで 成長していく存在・・・それゆえに、衛星ゼアと接続できない今・・・ ジーペンに限らず、シンギュラリティの起きてないヒューマギアは、これ以上の成長はできないそうだ。 そんな話をイズがしてくれていると、或人たちの前に迅が現れた。 どうやらヒューマギアを解放するため、必ずヒューマギアと接触するであろう或人を張っていたようだな。 迅はジーペンを解放するために変身。 或人もそれを阻止するために変身し、戦闘がはじまった。 迅相手に、メタルクラスタホッパーにもならず、舐めた戦い方をしたせいで、 ジーペンは迅によって連れ去られてしまった。 謝罪へ 或人とイズは石墨のもとへ謝罪に赴いていた。 ジーペンは渡せないと深々と頭を垂れる。 迅にさらわれたこともあるが、ゼアの件も含め、 アシスタントとして、この先も石墨の役に立てないことを懸念してのことのようだ。 だが、石墨はアシスタントなんて思ってないという。 最初こそ、ジーペンを便利な道具扱いしていた石墨だが、或人に諭され、 ジーペンとの向き合い方が変わったという。 それ以来、ジーペンから新しいアイディアを提示されたり、 ジーペン自身に漫画家としての熱い心があるのではないかと思い始めたという。 そんなジーペンに新たな夢を見出したという石墨。 それはいったい・・・ 迅の説得 その頃・・・ ジーペンを連れ去った迅は、これからはジーペンの意思で自由に生きていくよう伝えるが、やはりジーペン・・・聞く耳をもたず。 相変わらずゼアに接続を試みるだけ。 シンギュラリティが起きているか起きていないかで、話が通じるかどうか決定的だなぁ。 結局、迅の説得は失敗に終わり、ジーペンは街中を徘徊。 それを見た人々は怯え、通報。 刃唯阿から天津垓へと報告がなされ、当然のように廃棄命令が下される。 説得した迅の前に姿を現した滅。 滅はやはりヒューマギアにはヒューマギアのネットワークが必要と考えているようだな。 人の道具に成り下がる事を否定する点では迅と同じかもしれないが、 ヒューマギアに自由を与えることについては否定的のようだな。 たしかにシンギュラリティが起きていれば、自由もいいものかもしれないが、 起きていないジーペンのようなヒューマギアたちにとっては、 常に統率の取れたネットワークがあったほうが、幸せなのかもしれない。 まぁそれも人間の思い込みにすぎないが。 見ている限りではシンギュラリティが起きてないヒューマギアにとっての自由は、 自由ではないに等しく感じる。 ゆれる刃唯阿 ジーペンの前に現れた刃唯阿と部下二名。 一瞬、発砲を躊躇う刃唯阿だが、シンギュラリティに達する予兆を感じ取り、 攻撃を決意。 なんとか或人が間に合い、攻撃を阻止する。 そして、石墨の想いをジーペンに伝えた。 石墨はジーペンを漫画家として認め、デビューさせたいというのだ。 それが石墨の新たな夢だった。 これを聞いた刃唯阿は危機感をあらわにする。 自我が芽生えたらコントロールできない・・・たしかにチェケラの一件を考えると、 危惧するのもわからんではないが・・・ それでも或人はキッパリ、ジーペンは道具じゃないと、そもそもコントロールするものではないという。 自身では道具ではないと否定しながらも、天津垓に道具として扱われる刃唯阿。 早く自身を取り戻して欲しいものである。 一方、ジーペンは或人の熱い説得で漫画家になるという夢を追うことを決断する。 これを目の当たりにした刃唯阿は、部下の発砲を許可することなく、 或人とジーペンを見逃した。 激おこ1000%ww 当然ながら刃唯阿の独断にブチギレる45歳。 またしてもスウォルツ氏のような暴君ぶりを発揮しつつ、 再び廃棄命令を下す天津垓。 刃唯阿が正気であれば、普通にパワハラなんだよなぁ・・・ ・・・・・ ・・・ 会社の地下駐車場に移動した天津垓・部下2名・そして刃唯阿を待ち受けていたのは、 不破さんだった。 天津垓は刃唯阿に不破を任せ、部下と共におでかけ。 不破は追おうとするが、刃唯阿が変身して邪魔をする。 「見てられねぇな」 もうホント不破さん主人公すぎる・・・ イチイチかっこよすぎやろ。 不破も変身し二人のバトルが勃発!! ・・・・・ ・・・ 一方で天津垓と部下2名は或人の会社に現れた。 狙いはヒューマギアのデータ。 特許権も買い取ると上から目線で相変わらずの物言い。 当然或人はつっぱねる。 結局戦う以外にないよね。 両陣営変身し、戦闘態勢へ!! ・・・ ・・・・ ランペイジバルカンとファイティングジャッカルの勝負は、 やはりバルカンに軍配はあがった。 まぁ現状最強じゃないかねぇ。 サウザーでも勝つのは厳しそうだし、刃唯阿じゃどうしようもないわな。 「お前が目を覚ますまで!何度でも!!俺が相手になってやる!!」 「一人で生きていけるほど・・・この世界は甘くないぞ・・・」 不破に言いつつも、自分にも言ってそうだよな。 ・・・・ ・・ 一方、ゼロワンは三人を相手に結構苦戦を強いられている。 ヒューマギアだって夢をみてもいいという或人。 それを真っ向から否定する天津垓。 そこに現れた迅。 或人がジーペンに夢を説いたあの現場で全てを見ていたからこそ辿り付いた結論。 仲間・・・とまではいかないにしても、自身の理想へたどり着く為には、 或人の力が必要だと感じたか。 まぁ・・・単純にヒューマギア全滅思想の天津垓は迅の敵って理由も当然あるわけだからな。 結局、迅と或人の同時攻撃により、サウザーは戦闘不能に!! ざまぁあああああああああああああ!! 天津垓がズタボロなだけで、滅茶苦茶スッキリするわw つーかヤラレざまがだんだん檀黎斗神になってきてて最高だね。 ・・・・・ ・・・ その後、ジーペンは石墨のもとで漫画家デビューのために頑張ることに。 或人には感謝しきりの石墨だった。 また、或人が帰社すると、前回回収したヒューマギアが修復され、動いていた。 早速或人がインストールしたのは、シェスタだった。 しかし、そのシェスタが社長秘書じゃないからと、祭田ゼットに変身w 久々の暗殺ちゃんwwまさかの再登場ww 人気杉やろw 次回に続く!!.

次の

『仮面ライダーゼロワン』39話次回予告 衛星ゼアの危機、ふたりの社長の共闘いよいよ

衛星ゼア

同CPの傾向にそって 表アビリティが元ライダーの過去のカードのアビをモチーフとしており この場合の物の縮小版となっている。 ただそっちが相性最大に対してこっちは4でいいのはメリットだろう。 バーストアビリティもそのカードのバーストアビが元だが、後半部分が「相手にバーストしたキャラが居るとき」,という後手に回った場合になってしまっているので注意。 なお残念ながらLRとして登場しない&低レアでも登場しないため、雷は本カードが唯一のカードにして最高度のレアリティとなる。 と思っていたら早速ヴァルクサーベルを装備し次弾でSR。 ただそれでいて自前でAPアップがないので仲間の援護は不可欠だ。 もう一つ難点としては 体力半減を伴うブレイブタイプなので、せっかくのゼツメツユートピアを気軽に拝めない事か... ガンバライジングデータ 声: 山口大地 武器:ヴァルクサーベル(双剣) 必殺技:フォーゼズアビリティ スペーグカミングディストピア ゼツメツユートピア 下位技:ゼツメツ雷撃カット 劇中設定 登場作品:仮面ライダーゼロワン 武器:ヴァルクサーベル 必殺技:ゼツメツディストピア ゼツメツユートピア 人間名:宇宙野郎 雷電(演:山口大地) 「やっべー遅刻だ〜!」必死で自転車をこぐ或人 「あ、そうだ」戦闘中でもないのに飛電ライズフォンからゼロワン専用バイク・ライズホッパーを呼び出す。 ちょうど衛星ゼアでは 2体のヒューマギアがそのライズホッパーを衛星に格納する作業をしていた。 いきなり発信するライズホッパーにあやうく吹き飛ばされるヒューマギアだったがとっさの回避。 「アッタマ来た!カミナリ落としてやるぜ!!!」 それを含めた衛星ゼアのゼロワン装備の管理担当でもあるベテランヒューマギア・「宇宙野郎 雷電」&その弟子である「宇宙野郎 昴」に こっぴどく怒られている或人。 「今すぐ社長辞めた方がいいんじゃねえのか!?俺がみっちり教育してやる!」 ベテランヒューマギアである彼は後進の新型ヒューマギア教育係でもあった。 そこへ AIMS調査の目的で不破が現れた。 雷はデイブレイクの生き残りであり 滅亡迅雷. netのスパイ容疑が。 そもそも今までの事件で 自我に芽生えたヒューマギアを寸分狂わずに「滅亡迅雷. netが先回りしてハッキングしていた」のはなぜ? そこへ迅が襲来。 次々とヒューマギアハッキングを敢行し、雷電もやられてしまった... が、その意志の強さからハッキングを耐えるのだった。 しかしこの事でさらにスパイ容疑が深まり、ある意味 似たような性格もあって衝突する雷と不破。 或人が毎度のギャグで場を和ませようとするが 「笑いなんていらねえんだよ!!」 いつもは或人のギャグに(唯一)笑う不破だが 滅亡迅雷. netの捜査が進まないことにいらだっていた... 「よしわかった。 こっちも疑われているのはシャクだしな... 」 雷は潔白を証明すべく 昴のサポートで衛星ゼアを利用したGPS調査で滅亡迅雷. netのアジトを割り出す。 こちらから撃って出る或人や不破、そして雷電。 しかし... 「おかえり〜雷!」迅たちが完全に待ち伏せ。 「雷はね、自分がスパイって事知らないんだ〜」デイブレイクで大破しなかった彼に 無意識に衛星ゼアのヒューマギア管理データを滅亡迅雷. netへ逆探知させる機構を施していたのであった... 「暗殺ちゃんがいなくなってさびしいんだ。 僕のおにいちゃんになってよ!」 無理やりゼツメライザー... ではなく、なんとフォースライザー&ドードーゼツメライズキーでハッキングされ、 彼は滅亡迅雷. net第3のライダー「仮面ライダー雷」へ変貌してしまう。 さらに ライダー雷の本来の目的は衛星ゼアの機能を逆用し、ハッキングの大本であり滅亡迅雷. netの母体でもある「衛星アーク」の完全復旧であった。 相手のもくろみは完全に成功してしまう... 元暗殺ちゃん:ドードーマギアの蓄積された戦闘データもあって強大な戦闘力を誇る。 武装も引き続きドードーの羽を模した二刀流ブロードソード ヴァルクサーベルを使用する他、その名の通り赤い稲妻エネルギーを自在に操る事が可能で ヴァルクサーベルに帯電させての強化斬撃や 手のひらから直接放電する遠距離攻撃まで可能と隙がない。 シャイニングホッパーの光速移動すら止めるライダー雷の圧倒的な戦闘力に劣勢に立たされるゼロワン。 ヴァルクサーベルから電撃波を放つ必殺技 ゼツメツディストピアが炸裂!変身解除まで追い込まれてしまった さらにそこへ、復旧したアークが製作したアサルトウルフプログライズキーを持った迅まで登場... が、そこへエイムズショットライザーのピンポイント射撃を決め 変身を阻止する不破。 ふっとばしたキーを拾い コミュニティ• システム・遊び方• [おもちゃ連動] <ゴースト>• <エグゼイド>• <ビルド>• <ジオウ> (ライドウォッチスキャン) <ゼロワン> (プログライズキースキャン&ブットバソウルメダル)• ジオウカード別各種システム• ジオウディケイドアーマーカード限定特殊システム• ジオウトリニティカード限定特殊システム• (グランドジオウカード限定特殊システム) ゼロワンカード別各種システム• (ゼロワンシャイニング(アサルト)ホッパー&バルカンアサルトウルフ限定特殊システム) (ゼロワンメタルクラスタホッパー限定特殊システム)• 原作に基づいた称号• クロスオーバー称号• ・ICカード関連システム• ひとりであそぶモード• サポートアイテム系• その他• カードリスト• マシン <ゼロワン> <ジオウ> <ビルド> <エグゼイド> <ゴースト> <ドライブ> <鎧武>• ゴールドカード データアーカイブ• その他• 廃止されたシステムなど.

次の