ノン シリコン シャンプー と は。 ノンシリコンシャンプーとは?どんなシャンプーのこと?

ノンシリコンシャンプーとは何?メリットデメリットを理容師が解説!!

ノン シリコン シャンプー と は

ノンシリコンシャンプーって聞いたことありますか? シャンプーのCMなどでよく使われているので知っている方も多いんじゃないでしょうか。 ノンシリコンって髪に良いイメージないですか? 「シリコンはよくない」みたいな感じで思われているかもしれませんね。 でも実はシリコンは髪の毛にとって悪いものではないんです。 それどころかもともとは口に入れても良いぐらいの「安全」なものなんです。 じゃあ「シリコンシャンプー」が悪くて 「 ノンシリコンシャンプー」は良い。 なぜそう言われるのか? それは本当なのか? 今日はそんな ノンシリコンシャンプーが本当に髪の毛や頭皮にとって良くないのか?というのを、理容師として100種類以上のシャンプーを使用してきた目線から、検証していきたいと思います。 そもそもシリコンって何なの? シャンプーで使われるシリコンは豊胸で使うシリコンとは違います。 シリコンというのは作り方によってオイルのように使われたり、ゴムのように使われたり、様々な用途に使われているんですね。 シャンプーに入っているシリコンは、化粧品にもよく使われるタイプで、 髪の毛を洗う時に髪の毛をコーティングして指の通りをよくしたり、きしみやごわつきを軽減するものなんです。 そして シリコンはコーティング剤の一種で、髪に皮膜を作る性質があります。 まずここでシャンプーは何のためにするのか考えてみましょう。 シャンプーは何のためにするのか? シャンプーの役割は 頭皮と髪の毛の洗浄です。 特に頭皮の毛穴のまわりには、臭いや酸化の原因となる皮脂が分泌されるので、その皮脂を取り除いて頭皮をきれいにするという役割があります。 その シャンプーに、シリコンというコーティング剤を入れたら頭皮や髪に良くないんじゃないか?という発想でノンシリコンシャンプーが良いと言われているんですね。 でもなぜ コーティング剤をシャンプーに入れるのか?ってことです。 頭皮を洗浄するのに、シリコンが邪魔しそうな感じもしますね。 確かに洗浄する事だけを考えれば、シリコンはシャンプーに必要のない成分です。 シリコンをシャンプーに入れなければいけない理由は界面活性剤(洗浄成分)にあります ・高級アルコール系 ・せっけん系 ・アミノ酸系 ・ベタイン系 などたくさんの種類があります。 これらの界面活性剤を 、用途により組み合わせて使用するんですね。 その中でも高級アルコール系の 「ラウレス硫酸」やラウリル硫酸という成分は少量でも泡立ちがよく、とにかく安価で作れるので低価格のシャンプーには大量に配合されています。 硫酸と言ったらなにかこわい感じもしますが、劇薬をそのまま頭にかぶるというわけではないので安心してください。 でも硫酸というだけあって洗浄力は強く、 頭皮や髪の汚れは落ちるけど洗浄力が強すぎたり、髪の毛が絡みやすくなったり、ギシギシになったり、使用感が悪かったりという問題があります。 ラウレス硫酸などの洗浄成分が強すぎて、ギシギシになってしまうからシリコンを入れて指通りを良くしたり使用感をよくしたりするんですね。 だから値段は上がりますが、「アミノ酸系」や「ベタイン系」などの マイルドな洗浄成分(界面活性剤)を中心に作れば十分洗浄力があり指通りのよいシャンプーは作れます。 洗浄成分に何を使うか?というところが問題なんですね。 シリコンシャンプーは安全? 実は 「シリコン」と言うのはとても安全な性質を持っています。 シャンプーやリンス、トリートメントの他にも 良くない!? ここからはシリコンが良くないと言われている理由について説明していきますね。 元々シャンプーで頭を洗うと、髪に微弱な弱い電気が発生するんです。 シャンプーした後に髪の毛がごわついたりとか、いうことをきかなかったりするのはこの電気をもった毛髪が互いに反発し合うから。 そして、そのごわつきを解消するために「リンス」が作られたんですね。 でもシャンプーをした後にリンスをするのって2度手間だなと感じる人が多かった。 なので、 リンスをしないでも髪をサラサラにできるように、シリコンインシャンプーができたんです。 そして多くのシャンプーにシリコンが入れられるようになりました。 今でもシリコンインシャンプーはありますが、体に害があるかと言えば特に問題はありません。 なぜならシリコンは安全だからです。 ノンシリコンシャンプーのデメリット しかしこのシリコンインシャンプーにもデメリットがあったんです。 それは髪の毛の外側をコーティングするため、 「カラーやパーマがかかりにくい」ということ。 これは事実で、多くの理美容師が体感していました。 そして、このシリコンインシャンプーのデメリットは、シャンプーを製造販売する会社にとって、ノンシリコンシャンプーを売り出しやすい状況を作りました。 シリコンが安全だということを忘れさせるぐらい、カラーやパーマがかかりにくいという小さなデメリットを誇張して宣伝することで、シリコンのイメージを悪く作り上げたんです。 そこで世間の皆様が知っているような、シリコンインシャンプーのイメージが出来上がります。 ・シリコンが髪に付着してとれなくなる ・毛穴に詰まって薄毛になったり髪の毛や頭皮にダメージを与える ・体にとって有毒である このようなデメリットがあるイメージがついてしまったんですね。 しかし、このようなイメージは事実ではありません。 売る側の戦略上、シリコンを悪者にする必要があったんです。 シリコンがかわいそうな気もしますねー シリコンは悪い? シリコンをとても悪いものであるように設定し、 シリコンが入っているシャンプーは「悪いシャンプー」だという宣伝の仕方は見事に当たり、世の中の多くの方は 「シリコン」が何なのかよくわからないけどシリコンが入っているシャンプーは良くないから「ノンシリコンシャンプー」を買おう。 みたいな大きい流れが出来上がりました。 シリコンを悪者にしてノンシリコンをより良いものに見せるという売り方、販売戦略はとてもうまいですね。 「シリコン」という単語も覚えやすくインパクトが強いというのも後押ししたかもしれません。 そして悪者に仕立て上げられたシリコンが入っていない「ノンシリコンシャンプー」が大人気になったんです。 ただ、このノンシリコンシャンプーには大きな問題があります。 もともとシリコンはシャンプーだけでは髪がきしんだりごわつくので、そのごわつきを取ったり、髪をサラサラにするために配合されたんですね。 で、そのシリコンをなくしてしまうとまた元通り使用感が悪くなってしまったんです。 本当に良いシャンプーとは? シリコンを入れずにごわつかない、きしまないこだわりの良いシャンプーを作ろうと思うと、良い界面活性剤や成分をタップリ配合しなければいけません。 そうなると、コストはハネ上がりシャンプーの販売価格も上がります。 これが一般的には販売されていないサロン専売品やネットでしか売っていないような種類のシャンプーなんですね。 ただ世の中の多くの人でシャンプー1本に3000円~5000円も使う人はごくわずかです。 よほどこだわりのある方か、美容師さんに勧められたかのどちらかの方じゃないでしょうか。 だからシャンプーを売る会社としては、多くの方に買ってもらおうと思うと、安くしないと売れないんです。 そういう理由で今スーパーやドラッグストアで販売されている1000円未満の「ノンシリコンシャンプー」は、コストを抑えなければいけないから、髪の毛や頭皮には刺激が強い安価な界面活性剤が使われていますし、成分的にも良いと言われている成分はあまり配合されていません。 そうなると、やはり髪がパサついたり、きしんだりと言う風になりますね。 ノンシリコンよりシリコンインシャンプーが良い!? だから 市販の安価な成分がメインで使われているノンシリコンシャンプーには、サラサラ感やツヤツヤ感はでは表現できないので使用感は良くない。 こうなると何のためのノンシリコンシャンプーなのかと言うのが分からなくなってきますね。 他の成分との兼ね合いもあるので一概には言えませんが、 ノンシリコンシャンプーより、シリコンインシャンプーの方が使用感が良いということも十分あるということです。 なので結局「ノンシリコンシャンプー」が良いかどうかと言われると一般的に スーパーやドラッグストアで販売されている値段が安い「ノンシリコンシャンプー」はおすすめできるものではないということなんです。 ここまでのお話ではじゃあシリコンインシャンプーの方が良いんじゃないか? ということなんですが、それもシャンプーの難しいところで良いシャンプーの前提条件として最も大切なのは、シリコンが入っているとかいないとかではないんです。 シャンプーの質の良し悪しを決めるのはまず「界面活性剤」+他の成分が目的によってうまく配合されているかということです。 そして本当に良いノンシリコンシャンプーというのはまず 洗浄成分(界面活性剤)に良い成分が使われているということが大前提になってきます。 そのうえで補助成分などにも髪や頭皮に優しい成分が入っているシャンプーが良いということになります。 成分が良いからシリコンを使わなくてもきしみや、パサつきが出にくい。 それが本当の意味で良いノンシリコンシャンプーなんです。 シリコンシャンプーの成分 一応自分のシャンプーにシリコンが入っているかどうか気になる方へ成分を書いておきますね。 シャンプーには必ず入っている成分を全て書くというルールがあります。 ・ジメチコン ・シクロメチコン ・シロキ ・シリカ ・メチコン という言葉がつく成分が入っているのは全てシリコンシャンプーです。 良いシャンプーとは? 最後になりますがシャンプーの質も大事なんですが「良いシャンプーの定義」というのは人それぞれ違うということです。 カラーもパーマもしていない全くの健康毛の方や、男性の短髪の方、髪の毛に悩みのない方や、髪の傷みが気にならない方で「シャンプーにこだわらない」方は市販のシャンプーを使われても全く問題ないと思います。 質の良いシャンプーを使っても、効果が感じられないことも往々にしてあります。 シャンプー1本に5000円もかけるなら他のことに使いたい。 と思われる方もおられるでしょう。 それはそれで正解なんです。 無理に高いシャンプーを使う必要もないと思います。 なので皆さんそれぞれの髪の悩みや欲求、シャンプーに求める効果、価格も含めて 「良いシャンプー」は人によって違うということです。 ただ髪の毛や頭皮に何かしらの悩みがある方は、まず成分の良いシャンプーを使われることをおすすめします。 こういうことをいうとじゃあおすすめのシャンプーを教えてよ。 と言われるんですが、繰り返しになりますが、良いシャンプーの定義は人によって違います。 「Aさんにとっては髪にツヤが出て喜ばれる良いシャンプーがBさんが使うとかゆみが出て頭皮トラブルが起こってしまう」なんてことが実際によくあります。 同じシャンプーでも使う方によって良くも悪くもなるということなんです。 まとめ 以上今日はノンシリコンシャンプーについてお話させていただきました。 ノンシリコンシャンプーのことを少しでも理解していただき、ご自分に合うシャンプー選びのお手伝いができればなと思います。 シャンプーは何百種類もあり選ぶのが難しいと思います。 そして万人に合うシャンプーと言うのはないです。 みなさんそれぞれの髪の長さや質、頭皮の性質やその時々の状態によって使った方が良いシャンプーも変わってきます。 肌質や髪質を理解し、その上でご自分に合う良いシャンプーを見つけるお手伝いができれば嬉しいです。 今日も最後までご覧いただき本当にありがとうございました。 今後も皆さんの大切な髪の毛や頭皮の健康をを守るための情報を発信していきたいと思っております。 あなたが使っているシャンプー&トリートメントがベストか一緒に考えませんか? 京都のファミリーサロンセブンオーナー理容師として24年間お客様の髪に関わってきました。 男女共に30代後半~40代で髪質は変わってきます。 細毛や薄毛、繰り返すカラーによる傷み、髪のバサバサ感など。 20代はあんなにツヤツヤで張りのある髪だったのに… そして、「抜け毛・ボリュームダウン・ツヤ落ち」はシャンプーやトリートメントが髪質にあっていないと改善しにくいです。 髪型やヘアケアには人一倍取り組んできたつもりですし、あなたの髪質改善のサポートができると思いますので、LINE でお友達になりませんか? LINE@でお友達申請いただけた方は、髪質・肌質も考えながら 「あなたが使うべき適切なシャンプー」をマンツーマンでお答えします。

次の

頭皮が臭い!ノンシリコンシャンプーに潜むデメリットとは

ノン シリコン シャンプー と は

頭皮に必要な潤いは残し、いらない皮脂は落とす事で、頭皮環境を整えていきます。 シャンプーで、よごれを洗い流すと共に、ビタミンEを補給し、頭皮環境を整えます。 定期は送料無料。 黒の秘密は「クレイ(泥)」です。 頭皮マッサージで、毛穴の皮脂汚れをさっぱり落とし、天然植物成分で頭皮を元気にしていきます。 コンディショナーやトリートメントも必要ないので、経済的です。 シリコンシャンプーとは シリコンシャンプーのデメリット シリコンシャンプーですが肌や髪に吸着しやすいという特徴があるため、 しっかりと洗い流さないといけません。 頭皮や髪の毛に残ると炎症を起こしてしまう事もあり、髪の毛自体も痛んでしまうので注意しましょう。 特に大きなデメリットはシリコンが頭皮をコーティングしてしまう事です。 シリコンで頭皮をコーティングしてしまうと、毛穴にシリコンが詰まってしまい髪の毛が生えてこないようなこともあります。 その結果、頭皮にかゆみや抜け毛が出やすくなるといった症状が出ると考えられます。 シリコンシャンプーは育毛を考えている方にはあまり適さないと判断できます。 髪の毛自体に強力にコーティングしてしまうので、せっかくトリートメントを使っても意味がなくなります。 いわゆる、髪に栄養が入りにくくなるという結果を招いてしまうわけです。 髪の毛の痛みがそのままになり、補修されずに切れ毛となってしまう原因を作ります。 以上の事から、 シリコンシャンプーはあまり育毛には適さないという見解です。 ノンシリコンシャンプーとシリコンシャンプーの違いのまとめ 使用感と洗い上がりについては圧倒的にシリコンシャンプーのほうが気持ち良いものとなります。 シリコンのパワーにより、髪の毛のツヤなどもありますし指通りも滑らかです。 ただ、ノンシリコンシャンプーもリンスやコンディショナーで対応が可能です。 髪や頭皮への影響についてはノンシリコンシャンプーは痛みを与えません。 健康的な髪の毛を育ててくれる存在です。 シリコンでコーティングしてしまう、シリコンシャンプーはこちらについては低評価となります。 最後にお値段ですが、シリコンシャンプーのほうが安くノンシリコンシャンプーはまだまだお値段が高いです。 ただ、上記では紹介しませんでしたが、最近になりまして1,000円台のノンシリコンシャンプーも登場してきましたので値段的に解決する日はかなり近いかもしれません。 安上がりに済ませたい方、髪の毛を気持ちよく洗いたい方はシリコンシャンプーがおすすめです。 一方で、育毛関係に注目してシャンプーを利用したいならノンシリコンシャンプーがおすすめです。 それぞれの方が自分の状況に合わせてどちらを利用するか決定してください。 このサイトで調べた、育毛サプリメントの口コミや評判はこちらです。

次の

【元美容師が選ぶ】市販のノンシリコンシャンプー人気ランキング8

ノン シリコン シャンプー と は

~当ブログを訪ねて頂いたあなたへ~ 当ブログでは完全匿名性、元美容師の知識、経験を活かして、本当に正しい知識をガチで発信しています。 あまりにも正直に書いているので、業界側に潰される可能性もありますが、それでも純粋に美を追究するあなたには絶っっ対に読んで欲しい5つの記事をまとめてみました。 合わない人1、ノンシリコンできしむ ノンシリコンシャンプーを使うと、シリコン入りのシャンプーに比べてきしむという人は多く見られます。 シリコンは髪の表面をコーティングして、髪の毛の手触り感、静電気防止効果があるのでシリコンの手触り感に慣れていると「あれ?なんかきしむ・・・」と感じる人もいるかもしれません。 市販のシャンプーはの安価なノンシリコンシャンプーはめちゃくちゃ強力な洗浄成分 ラウレス硫酸Na、スルホン酸)などが配合されているケースが多いです。 ただ、そのまま販売してしまうと、軋みまくるのでシリコンを配合して、「表面的な手触り感だけアップさせている」というのが安価な市販シャンプーの黄金パターンなんです。 もし、このメチャ強力な洗浄成分を配合したまま、シリコンだけ抜き取れば間違いなく軋むのは当然の事。 もし、あなたがノンシリコンシャンプーを使って軋む!ということであればシャンプーのパッケージをくるっと返して洗浄成分を見てみてください。 恐らく、ラウレス硫酸~や、オレフィンスルホン~という表記がある可能性が高いです。 ノンシリコンシャンプーを選択するのであれば、ぜっったい「洗浄成分のマイルドな、アミノ酸系の洗浄成分が配合されたものを選ぶべき」というのが私の考えです。 合わない人2、ノンシリコンでべたつく ノンシリコンを使うとべたつくという人もTwitterなどで見かけられました。 一人一人の髪質診断をしないと明確な答えこそ出せないものの、私の考えうるに2つの原因がべたつく要因かと思われます。 べたつく原因1 すすぎ不足 今まで洗浄成分の強力なシャンプーを使っていた人が、今まで通りのシャンプーの方法をしてしまうと、すすぎ不足になる可能性があります。 というのも、アミノ酸系の優しい洗浄成分は保湿力、補修力も優れているので、今まで使っていた脱脂力MAXのシャンプーと同じようにすすいでいたのでは、完全にすすぎきれていない可能性が考えられますね。 「すすぎを制するものは、シャンプーを制す。 」 という言葉があるのか、無いのかはわかりませんが、今日から超すすいでください。 べたつく原因2 頭皮の油分量が多い 体質的に頭皮の油分量が多いと言う人もいると思われます。 私の考えでは油分=悪!ではないので、頭皮の油分を抹消するほどの洗浄力は必要では無いと思います。 油分が多いからと言って、強力な洗浄分で脱脂すれば「油分が足りないぞッ!もっと油分を分泌、分泌!」といった感じに、基本的な分泌量が増えてしまうので悪循環になります。 ではどうすればいいか?「優しい洗浄分で2シャンプーする!」というのが私から言える最善の策です。 もし、あなたの頭皮の分泌量が100だとすれば、それを脱脂するために強力な洗浄分の120の脱脂力のシャンプーを使えば「油分が足りないぞぉぉ」と分泌量が増える可能性が高いです。 これを1シャンプー40の脱脂力のシャンプーで2度シャンプーすれば40+40で80脱脂力。 油分量が100だとすれば、20程度の適度な油分を残す事ができ、必要以上に分泌量を増やさなくて済むというわけです。 詳しいシャンプーの成分解説はここでは割愛させていただきますが、「脂漏性向けシャンプー!」と謳っておきながらメチャ強力な洗浄分で無慈悲に脱脂するものが殆どですが、こちらは完全にアミノ酸系で、+グリチルリチン酸など炎症を抑えるような成分も配合されています。 ただし!もし油分量がかなり多く、重い脂漏性の疑いがあるのであれば、シャンプーでどうこうするよりも、一度専門医相談することを強く、強くオススメします。 シャンプーは万能の薬ではないので、シャンプー1つでどうにかしようと思っても限界はありますからね。 合わない人3、ノンシリコンで痒くなる ノンシリコンだから痒くなる。 と言うよりは、コチラに関しても上記のべたつくと言う人同様、すすぎ不足が原因かと思われます。 むしろ、シリコンで誤魔化しているような、洗浄力が高いシャンプーを使い続ける方が、頭皮の乾燥を招いてかゆみに繋がる可能性の方が高いです。 アミノ酸系のノンシリコンシャンプーで、かゆみが出ると言う場合は「2度シャンプーする&すすぎを2分くらいしっかり流す!」を徹底することでほぼ解決するはず。 もしあなたが、それでもかゆみが止まらない、フケがでるなど症状が出る場合はやはり、専門医に相談しに行くべきです。 何度も言うように、シャンプーはあくまでも洗浄するものであり、医薬品ではないですからね・・・ 【結論】ノンシリコンの有無はどっちでも良い! 冒頭でもお伝えしたとおり、ノンシリコンが入っているかいないか?はほぼ関係無いです。 いまだに「シリコンは毛穴に詰まる」とか「カラー、パーマがかかりにくくなる」という事を言っている人もいますが、これらの情報は数年前から実証実験で否定されています。 ・アミノ酸系の洗浄分で必要以上に脱脂しない ・正しい、シャンプーの方法で頭皮を洗浄する ・それでも改善しない場合、シャンプーだけでどうにかしようとせず、専門医に相談する もし、あなたに「ノンシリコンシャンプーが合わなかった」という経験があれば、ぜひ当記事を参考にしてみてくださいね! また、ノンシリコンについて正しい知識をつけるためにも、以下の記事も参照して頂ければと思います。

次の