キレ やすい 病気。 女性に多いすぐキレる病気がある?すぐにキレてしまう心理と対処法

キレやすい原因は何?キレやすいのを治す方法

キレ やすい 病気

自分の状態をまず分析、認識しよう 例えば、満員電車で揺られた瞬間に足を踏まれたとします。 わざとではないと分かっているのに、相手にキレてしまった……。 もしそんな経験があるのなら、 あなた自身が限界にきている可能性があります。 以下の項目に心当たりはないか確認をしてみましょう。 イライラが強い• 気が散りやすく、やるべき事にしっかり集中できない• 他人の言動に敏感、反応しやすくなっている• ネガティブな事が起きると、それに気がとらわれやすく、気持ちの切り替えができない• 予期せぬ事が起こるたびに普段ならやらない失敗をしがちになる• あせりや焦燥感が強い 該当した人は普段の自分を失いやすい状態にいるかもしれません。 短気は精神のコントロールが必要ですが、自分の今の状態に危機感を感じ、自分の衝動を認識する必要があります。 早速チェックしていきましょう。 極端にプライドが高い• 自分以外を愛せない• 他人への共感がもてない• 自分がいつも正しいと思っている• 他人を貶めることをしても自分が1番でありたいと思う 一つでも当てはまった人は自分の考え方を変えなければいけません。 なぜならば、これら全ての特徴が反社会的であるからです。 このような 特徴を持つ人は、その原因が精神的限界による過度なストレスである可能性も大いにあります。 ですが、人が社会で生きていくためには他者への敬意が必要であり、上記の項目は円滑な人間関係において邪魔な存在と言えます。 怒りの感情は理性を失わせます。 今いちど、肝に銘じましょう。 怒りの対象が身近ほど強くなる• 感情をむける矛先が変わることがある• 伝わり広がっていく• 高いところから低いところに流れていく 自分がここ最近でついキレてしまった時のことを思い出してみてください。 なんとなく、思い当たりませんか? 怒りには、一度怒り出すと止まらなかったり、根に持ったり、イライラしたり、最後には他人や自分を傷つけたり、物を壊したりと、エスカレートしていく場合もあります。 特に、怒りの対象が身近な場合に起こり得るのが「八つ当たり」です。 親しい相手ほど甘えてしまい、怒りを露わにする傾向があります。 ストレスに対して動じない心をもたらし、頭のさえた、冷静な状態を保つ。 【セロトニンが少ないとどうなる?】 ストレス刺激が加わったとき、すぐに平常心をなくします。 その結果、ちょっと嫌なことがあっても我慢ができず、すぐにパニックになってしまったり、落ち込んでしまったりします。 感情の容量がいっぱいいっぱい 仕事で疲れ切っているときに部下の些細な行動にイラッとして、つい怒鳴ってしまった経験はありませんか?基盤になる第一感情でいっぱいいっぱいになり、気持ちに余裕が持てず、怒りが出て怒鳴ってしまうというメカニズムです。 【第一次感情(ベースにある今の感情)】 「ヘトヘト」などの疲労感 「期待していたのに裏切られた」という失望感 「わかってもらえない」という悲しみや孤独感等 【第二感情】 怒りの感情。 第一感情が満たされないことで出てくる。 まだ馴染みが浅い言葉ですが、近年は日本でも広がりつつあります。 アンガーマネジメントとは 怒りの感情と上手に付き合うための心理トレーニング術です。 日常の中でアンガーマネジメントを繰り返しながら、 怒りの感情を自己でコントロールし、強いメンタルに鍛え、短気な性格とうまく共存できるようになるとされています。 日本でもアスリートがメンタル強化のために取り入れているだけではなく、厚生労働省が推奨をしており、多数の企業が協会の講座を受講しています。 アンガーマネジメント協会では、怒りの感情を失くすことはできないけれど、他者に怒らない自分になり、社会の中で延々と続く怒りの連鎖を止めるようと提唱しています。 この6秒の間にアドレナリンが強く出るため、この6秒さえぐっと堪えることができればやり過ごすことができます。 6秒の間に何か別のことを考えて、怒りから目を背けるようにしましょう。 深呼吸をして、呼吸を整える。 そのとき、特に長く吐くことを意識する。 「1、2、3…」と、心のなかで数字を10までゆっくり数える。 心のなかで「ストップ!」と言い、考えるのをやめる。 他にも、好きな物語の台詞を頭の中で唱える、一旦トイレに離れるなど、自分に合った方法を探してみましょう。 6秒耐えることができたら、「今 自分の怒り度は10点満点中何点か」点数をつけてみましょう。 採点をすることで冷静な感情を取り戻すことができます。 考え方を変え、「世の中はいろんな人がいる」「そういう方法もあるのか」と考えた方がポジティブです。 このような思考の変換はストレスをかかえることもなく、自分のモチベーションアップにも繋がり、人間関係も円滑にすることができます。 怒りのコントロール方法を知らなかっただけです。 自分で短気を短所として認め、治す方法を知りたいと思っていることが重要です。 明日からすぐに全部を変えることもできないので、焦ることなく少しづつ向き合っていきましょう。 そして、もう一つ重要な、 ストレスを溜め込まずに適度に発散できるリラックスする瞬間や方法を見つけることを心がけましょう。 また、セロトニンは規則的な生活をする、日光にあたる、運動をする等で増えます。 毎日は無理でも、休日や週に1日だけでも心がけるところから始めてみるといいでしょう。 自転車をこぐ、歩くなど、誰でもできることで十分です。

次の

【キレやすい人の10の特徴】すぐキレる人の上手な扱い方とは?

キレ やすい 病気

些細な事でも、怒りの感情や高揚を自分では制御できず、大声を出したり、乱暴な言動を露わにする「キレる子供」が昨今増えてきています 子供がキレる原因とその心理状態、対応法について解説していきます。 最近、「すぐにキレる子供」「キレやすい子供」という表現をよく聞きますが、どういう状態のことでしょうか? それは、怒りや感情の高揚を自分では制御できず、乱暴な言動を露わにする衝動に駆られることを言います。 自分の気に入らないことがあったり、思い通りにいかないことがあると、大声を出したり、物を壊したり、暴れたり、時には暴力を振るったりするいわゆる「キレやすい子」が最近は増えてきているとの報告もあります(内閣府2015年度子ども若者白書より)。 <目次>• 「反抗期」は発達の一過程、「キレる」は感情のコントロール 気に入らにことがあると直ぐにキレたり、自分の思い通りにならないと些細なことでも激しく怒る子供に対し「反抗期」と思われることもありますが、第1次反抗期、いわゆるイヤイヤ期や、思春期の第2次反抗期と「キレる」ことは、違うものです。 「反抗期」は子どもの自我の芽生えであったり、アイデンティティの確立であったり、精神発達の一過程で、時期が過ぎれば治まってきます。 ですが、「キレる」ことは、ストレスや生活習慣などから生じ、感情のコントロールが上手く出来ない状態です。 もし子供がキレた場合、親はどのように対応すればよいのでしょうか? キレる子供の心理状態やその原因を詳しく説明し、改善する親の関わり方をお伝えしていきます。 感情や意志を抑圧されてきた子供はキレやすい 感情や意志を抑圧されてきた子供ほど、気に入らいことがあると激しく怒ったり、些細なことでもキレやすい 気に入らないことがあったり、自分の思い通りにならないと、些細なことでも攻撃的な言動を露わにする子供は、「何でも思い通りになるように、我慢を強いられずに育った子供」というイメージを持たれがちですが、実はそうではありません。 親に虐待を受けたり、家庭的に恵まれなかった子供は常に我慢を強いられ、思い通りにならない幼少期を送っています。 そのような子供たちはキレることが少ないかと言うと、反対に多いのが現実です。 それは何故なのでしょうか? キレる子供の心理とはどういう状態なのでしょうか? キレる子供の心理とは? 感情と言動のギャップが原因 子供がキレる原因は、さまざまな要因や背景が複雑に絡み合って起こるもので、ひとつに限定することはできません。 ですが特に大きな原因に「素直な感情と周囲に見せる言動のギャップ」があげられます。 そのギャップが大きければ大きいほど、心の抑圧も大きくなり、キレやすくなると言えるでしょう。 キレやすい子供は、乳幼児期に親に感情を否定された経験がある 乳幼児期に泣いたところ、親に怒鳴られたり受け入れてもらえなかった場合、赤ちゃんは生き延びるため、泣かないようにしようと、感情を抑えるようになる 赤ちゃんの頃、ママに抱っこしてもらえないことに寂しさを感じ、泣いて訴えたところ、すぐに親が駆け寄って笑顔で「寂しかったのね」と声をかけられ、抱っこされた経験をしてきた赤ちゃんは、寂しかったら泣く、という感情を素直に出せるようになってきます。 ですが、反対に泣くことによって、親が「うるさい!」と言って、怒りの感情を露わにし拒否された場合、赤ちゃんは寂しい時、泣くと親に受け入れらないと感じ、徐々に泣かないようになっていきます。 生活の全てを親に依存している赤ちゃんは、「寂しくても笑顔でいなければ、自分は生きていけない」という本能が働くのです。 そして生きていくために、真の感情を抑え、偽の感情や言動を表すようになっていくのです。 キレやすい子供は、自分の意思を抑圧された経験がある 最近の小学生は習い事の数が多く、毎日何かに通っているという子供もいるでしょう。 自分が意欲的に取り組みたい習い事であればよいのですが、気の進まないままに通い続ける子供もいると思います。 親に「辞めたい」とはっきり自分の意志を伝えたところ、親に叱咤され、激怒された、または親が悲しそうな顔をした、などの場合、子供は真の意志を抑え、気の進まない習い事を続けていることもあるでしょう。 そのため、本当の気持ちや意志は抑圧され、真意でない生活を送ることになっていきます。 抑圧された感情が爆発すると、子供はキレる そして、ずっと抑えていた感情や真意でない日常にストレスが蓄積され、ある時、耐えきれず、一気に爆発し、キレる子供になってしまうのです。 「すぐにキレる」「キレやすい」と言われる子供は、本当の感情や意志を出せなかった子供、自分の気持ちを抑え、親に従順に従っていた、従わざるを得なかった子供と言えるでしょう。 時にはスキンシップを取りながら、ゆっくり話を聴いてあげるのもよいでしょう キレる子供は、それまでに本当の自分の感情を出したところ、親に認められなかった、受け入れられなかった、拒否されたという記憶がファイルされています。 ですので、子供が素直な感情を出してきた時は、どのようなものでも、一旦は受け入れてあげてください。 時にはスキンシップを取りながら、ゆっくり話を聴いてあげるのもよいでしょう。 返答は、子供の心理状態によって、さまざまだと思います。 その時の思いや感情を落ち着いて話せる子もいれば、そうでない子もいるでしょう。 どのような言葉を発しても否定せず、「そう、悔しかったのね」「辛かったんだね」「それは、腹立つわね」という感じに子どもの言葉をオウム返ししながら、「今だったら、その時の自分になんて言葉をかける?」と尋ねてみましょう。 「そんなに腹を立てなくてもよかったのに」「落ち着いて言葉で説明すれば分かってもらえたかもしれない」などの言葉を引き出せるかもしれません。 これを繰り返すうちに、徐々にキレている自分を客観的に見る力が養われ、少しずつ、真の感情と表面に現れる感情や言動のギャップが小さくなり、キレる状態が改善されることが多いでしょう。 その他、カルシウムの吸収を助けるビタミンDなども含め、バランスよく栄養素が摂取できる食事を心がけましょう。 また生活が不規則になると、子供の精神状態が不安定になったりし、キレる原因になります。 睡眠時間や適度な運動も含め、規則正しい生活を心がけるようにしましょう。 キレる子供自身も辛い事を理解し、焦らず対応する 一概に「キレる子供」と言っても、その原因や表れ方はさまざまですが、幼い頃から蓄積された心の抑圧で、子供自身もセルフコントロールできず、辛いのです。 自分自身を制御できない苦しみや、周囲から益々受け入れられなくなる不安を抱きながら、葛藤している子供の心を理解してあげましょう。 少しずつ素直な感情が出せるように、縛られているモノから解き放たれるには、親や周囲の大人たちの努力と時間が必要です。 子供がキレる原因とその心理状態、対処法について解説しました。 親はゆっくり焦らずに、安心して本当の自分を表現できる環境を整え、子供の心を受け入れてあげましょう。 【関連記事】•

次の

短気でキレやすいのは治る?共通する原因とコントロール法 [社会ニュース] All About

キレ やすい 病気

キレやすい人が身近にいると、困りますよね。 下手なことは言えないし、機嫌を損ねるようなこともできない…。 ちょっとでもあの人の気に障ると、ヒステリックに怒りだすからなぁ…。 そんな過剰に気を使わなければならない人間関係は、誰にとってもストレスフルです。 キレやすい人は、頭に血が上ったら理性がきかなくなる厄介者。 プライドが高く、せっかちなことに加えて、複雑な性格の持ち主でもあります。 そのような人とうまく付き合うためには、「キレるのは性格のせいだ」という前提を持ち、ほどほどに立てるか、適度な距離を保ちましょう。 今回は、キレやすい人の特徴と、すぐキレる人の上手な扱い方を紹介します。 キレやすいとは? キレるとは、突然怒ったり、見境がなくなったりすること。 つまりキレやすいとは、頭に血が上りやすい(短気)ということです。 「些細なことですぐキレる」というような言い方をします。 「キレる」と「怒る」は微妙に違う 「キレる」と「怒る」は、微妙に異なります。 以下に両者の違いまとめてみました。 怒る:コントロール可能• キレる:コントロール不能(衝動的) 「怒る」は、自分で感情を制御でき、周りの人がなだめることも可能な状態。 一方で「キレる」は、自分で感情を抑えられず、周りの人も手がつけられない状態です。 「キレたら手がつけられない」と言いますが、まさにそういう状態ですね。 キレやすい人の扱い方は難しい キレやすい人の扱い方は、本当に難しいですよね。 正しいか間違っているかに関係なくキレるのですから、周りからは「腫れ物」のように扱われているはず。 機嫌を損ねないように注意しつつ、気を使っていることがバレないようにしなければなりません。 このような人が身近にいると、ストレスが溜まるでしょう。 キレやすい人の10の特徴 では、キレやすい人には、具体的にどんな特徴があるのでしょうか? 主なポイントをまとめてみました。 頭に血が上ったら理性がきかなくなる キレやすい人は、頭に血が上ったら理性がきかなくなります。 怒りで我を忘れることは誰にでもありますが、その頻度が著しく多いのです。 「今日こそは大人しくしていよう…」と思っているのに、ふとした発言にイラッとしてしまう。 理性の鍵が外れてしまったら、もう手がつけられません。 熱しやすく冷めやすい キレやすい人は、熱しやすく冷めやすいところもあります。 親友と白熱した議論を交わしたあと、何事もなかったかのように肩を組んでいる。 部下を思いっきり罵倒した次の瞬間には、落ち込んだ部下をはげましている。 瞬間湯沸かし器のようにキレたらすぐに冷静になるので、二重人格のように映るでしょう。 プライドが高い キレやすい人は、プライドが高いところもあります。 プライドが高く、理想も高いからこそ、ちょっとしたことでイラッとするのです。 また、誰かに意見されることも極端に嫌います。 これも「自分の考えが絶対に正しい」というプライドからきているのでしょう。 複雑な性格の持ち主 キレやすい人は、複雑な性格の持ち主でもあります。 以下のような特性を、最低でも2つは持っているでしょう。 ナルシスト• 強いがある• が強い• 劣等感が強い• 支配欲がある• 主導権を握りたい• 正義感が強い 「ナルシストなのにコンプレックスが強い」とか、「自分に自身がないのに支配欲がある」といった相反する特性を持っている。 それゆえに現実を受け入れることができず、そのもやもやが「キレる」という形で表面化するのです。 キレやすい人に対して常識的な対応をしても、ほとんどはうまくいきません。 打たれ弱いから、過剰に防衛本能が働く 表面的にはそう見えませんが、すぐキレる人は打たれ弱いところがあります。 だからこそ過剰に防衛本能が働き、キレてしまうのです。 たとえば会議でプレゼンしている最中に、上司に指摘されたとしましょう。 その瞬間に「だったらあなたがやればいいじゃないですか!」とキレるのは、防衛本能の表れ。 言い負かされたくない、恥をかきたくない、失敗したくないという気持ちが、「キレる」という行為に集約されているのです。 すぐにキレるのは、自分を守るためなのかもしれませんよ。 性格が細かすぎるせいで、許せないことが多い すぐにキレる人は、非常に細かい性格をしています。 以下のようなことには、とくにこだわるでしょう。 モラル• 美意識 飲食店ですぐに文句を言ったり、店員さんに腹を立てるのは、自分の中に「かくあるべき」という理想があるから。 美意識も高いので、人の書類の作り方ひとつにもストレスを感じます。 そのストレスを自分で処理しきれないときに、キレてしまうのです。 怒ることで人よりも優位になろうとする すぐキレる人は、怒ることで人よりも優位になろうとします。 大きな声で言いたいことを言ったほうが得だと本能的にわかっているからです。 たとえば会社でも、物静かで真面目な人よりも、豪快で声の大きい人のほうに注目が集まりますよね。 テレビ局もたった数件のクレームを気にして、番組の方向性を変えると言います。 それが正しいかどうか、その人が優秀かどうかに関係なく、人は声の大きい方に注目してしまうものなのです。 人を選んでキレる小心者 キレやすい人は、実は人を選んでキレています。 前述しましたが、実は打たれ弱い性格であるため、言い負かされそうな人には絶対に手を出しません。 選ぶのは、簡単に言い負かせる人か、実力が同等くらいの人。 このような選別をしている時点で、実は小心者と言えるでしょう。 (この特徴は、とも共通しています。 ) 実は自己嫌悪に苛まれている キレやすい人は、実は自己嫌悪に苛まれています。 あたりまえですが、事あるごとに怒りを爆発させ、周囲の人から疎まれるのが好きな人などいません。 心の中では、以下のように考えているのです。 もうキレたくない• 相手の言い分のほうが正しい• みんなに煙たがられているのはわかっている• 人のアドバイスを素直に聞きたい• もっと優しくなりたい• 嫌われたくない 本当はキレたくないのに、感情を抑えることができない。 人のアドバイスに耳を傾けたいのに、いざその時になると拒絶してしまう。 それこそがキレやすい人が抱える苦悩です。 キレやすい人の上手な扱い方 キレやすい人は気難しいので、できれば近づきたくないですよね。 でも、会社の上司や家族がそうだった場合、縁を切るわけにもいかないでしょう。 ということでここからは、キレやすい人の上手な扱い方を紹介します。 「キレるのは性格のせいだ」という前提を持つ まずは、「キレるのは性格のせいだ」という前提を持ちましょう。 つまり、「あの人がキレるのは自分のせいではない」と考えることです。 そうしなければ、怒られるたびに自己嫌悪に陥り、自信をなくしてしまいますよ。 気持ちを楽にするためにも、相手にこっそりレッテルを貼ってください。 決して否定せず、ほどほどに立てる キレやすい人とうまく付き合うためには、決して否定せず、ほどほどに立てること。 キレやすい人は否定されることを何よりも嫌いますし、かと言って肯定しすぎると増長します。 ですから、「ん?」と思っても笑顔で受け流し、「すごいですね」「さすがです」のような言葉でかるく肯定しましょう。 否定語を使わないだけで、キレやすい人の反応はグンと変わりますよ。 揉めそうになったら、冷静に、丁寧語で、事実関係を整理する キレやすい人と揉めそうになったら、冷静に、丁寧語で、事実関係を整理しましょう。 「言った、言わない」の議論は、たいてい声の大きいほうが勝つもの。 モラルや正義のような答えのない議論に関しても同様です。 ですから、トラブルがあったときは、どんなことを言われても冷静でいてください。 「まずは最初から整理しましょう」 「ここでAさんがこう指示しました。 それにBさんはこう対処しました。 間違いないですね?」 こんな具合で対処していけば、キレやすい人もすぐにクールダウンするでしょう。 適度な距離を保つ キレやすい人の存在がストレスになっているなら、適度な距離を保つのも手ですよ。 縁を切れるならそうするのが理想ですが、無理ならせめて心のシャッターだけでも下ろしてください。 人間関係のストレスは少しずつ心を蝕みますので、早めに対処しましょう。 適度な距離感で接していれば、攻撃されることはなくなります。 精神腫瘍科の医師が語る、キレやすい原因とは? 「キレやすい人が増えている」ということが盛んに言われるようになりました。 若者をはじめ、中高年世代にもすぐキレる人が一定数いるとのこと。 その原因は、どうやら「脳」にあるみたいですよ。 聖路加国際病院・精神腫瘍科の保坂隆氏は、「(脳の)前頭前野が未発達であること」がキレる原因だと語っています。 そのメカニズムを以下に引用しますね。 人間の脳には前頭前野という部位があり、ここが物事全体を把握して、欲望や感情を抑える働きをしている。 腹が立つことがあっても、ここは大人の対応をしよう、というような判断を下すのがこの部分。 (*中略) 脳は使えば使うほど発達するが、使わなければ発達しない。 したがって、子供の頃、我慢や抑制をせずに育つと、この部分の発育が弱くなる。 引用元: 上記を要約すると、我慢することを知らずに育った人は、感情を抑制する力が乏しいということですね。 もっとわかりやすく言うと、になるということです。 キレやすい原因が脳にあるなら、周りの人がどうにかするのは難しいでしょう。 まずは自分の身を守りつつ、その人が成長するよう根気強く接することが重要です。 キレやすい人には決して対抗しないこと! キレやすい人への対処法として、最も大切なのは決して対抗しないことです。 「やられたらやり返す」の精神では、一向に解決しませんよ。 キレやすい人に対抗したところで、さらに激しく罵倒されるだけ。 万が一逆恨みでもされたら、事あるごとにターゲットにされるでしょう。 ですから、ほどほどに立てるか、適度な距離を保つこと。 揉めそうになったら、冷静に対処してくださいね! *空気が読めない人の特徴は、以下の記事をご覧ください。

次の