医療 保険 おすすめ 30 代 女性。 40代の生命保険 保険料・保険金額の平均ってどれくらい?

生命保険の加入時期のおすすめは?20代女性が考えること

医療 保険 おすすめ 30 代 女性

20代のときは若いから医療保険なんて加入しなくてもいいじゃないかと思っていた方も、30代になると段々と医療保険くらい加入しておかないとまずいのかな?と思うようになる方は多いようです。 しかし、医療保険にはどのような種類があるのか、自分にはどのようなタイプの医療保険が良いのか、もっと言えば医療保険に加入する必要があるのか。 よくわからなくて考えるのも嫌になってしまうときがありますよね。 本日は、医療保険に加入すべきか悩んでいる30代の方に、 「30代は医療保険が必要なのか?そして、もし加入するとしたらどのような医療保険がオススメなのか」をお伝えいたしますので、是非今後の保険の考え方の参考にしてみてください。 はじめに 30代では、20代よりも疾病のリスクが高まる時期です。 よって、20代で医療保険に加入するよりも保険料は高くなりますし、病気になってしまってからでは医療保険に加入するのは非常に難しいです。 以下は年齢別の主な死亡原因をまとめた表です。 厚生労働省の「」のデータを参照しています。 【主な死亡原因(男性)】 【主な死亡原因(女性)】 この表からわかるように、年齢が高くなるに従い自殺や不慮の事故でなく、悪性新生物や心疾患・脳血管疾患といった疾病による死亡が多くなっています。 特に女性は、乳がん・子宮がん・卵巣がんなどの女性が罹患しやすいがんにかかるリスクが30代で上がるため、30代では死亡原因の1位です。 このデータからわかるように、30代からは疾病のリスクが高まるため、医療費への備えは真剣に考えたほうがよいでしょう。 特に女性は、30代は女性特有の病気になりやすくなる時期ですので、これからお伝えする30代の医療保険についての情報を得てほしいと思います。 医療保険は30代で必要か 30代で医療保険が必要な人と不要な人の違い 結論からお伝えすると私が考える医療保険が必要な人と不要な人の例は以下のようになります。 医療保険が必要な人• 現在貯蓄があまりできていない人• 小さなお子様がいる人• 入院したときのことが不安な人• 自営業の人 医療保険が不要な人• 貯蓄が十分ある人• 払込保険料よりも高い額の給付を受け取りたいと思っている人• 会社の福利厚生により保障が十分な人 ここからは上記の医療保険が必要な理由と不要な理由をそれぞれ解説していきます。 下記に、病気別の平均入院日数を挙げてみます。 (治療法・差額ベッド代の有無によって金額は変わってきます。 月々積立をしてお金を貯めても入院したらそこから支払わなければいけません。 医療保険に加入をすることで貯蓄を守ることができます。 家族に迷惑も掛けないで済む。 入院をしたとき病気がいつ治るかわからない。 それによって治療費がどれくらい掛かるかわからない。 病気が長引くと仕事ができなくなるのではないかと不安になるなど多くの不安が生まれます。 そこで医療保険から給付金が支払われると全額医療費を補うことができなかったとしても精神的には楽になります。 また、30代の方の親は60代になり定年退職も迎えている場合が多いとは思います。 結婚して、配偶者も子供もいる方も多いでしょう。 入院をしたときに家族に迷惑を掛けなくて済むという意識は気持ちを楽にさせるはずですし、周りの人も「保険はちゃんと入っているのよね?」ということもあると思いますので、データや分析では判断できないメリットを実際に入院などをすると感じることがあるかもしれません。 そうした場合に現在のように窓口自己負担3割、高額療養費制度など公的医療保険制度が今のまま続いていくでしょうか?30代では、平均余命は50年以上あるでしょうから、制度がこれからどんどん変わっていく可能性は十分にあります。 協会けんぽの財政は、現状のままでは平成28年度には収支が1,900億円の赤字に、平成30年度には、赤字が5,300億円にまで拡大し、積立金も使い果たして1,700億円の累積赤字となる可能性があるといわれています。 *協会けんぽHP参照 この財政赤字が継続してしまうと健康保険制度の運営が苦しくなってしまいますので、その対策として公的医療保険制度の内容を薄くしていくという可能性は考えられます。 よって、これからは、医療費負担への備えを自分自身で行っていく必要があるのかもしれません。 ・3割負担:健康保険証を病院の窓口で出すと3割負担(現役世帯)になり、なおかつ高額療養費制度により、1か月の医療費自己負担に上限があるので医療費の自己負担が高額にはなりません。 ・高額療養費制度:公的医療保険では70歳未満の現役世帯は3割負担となります。 ただ医療費が高額になってくると負担が大きくなってくるため1か月の自己負担の上限が定められています。 一定額を超えた場合に払い戻しが受けられる制度を「高額療養費制度」といいます。 高額療養費の払い戻しに関して、補足で説明させて頂きます。 (以下に記載のデータは年収約370~約770万円の方の場合、かつ、平成29年8月から平成30年7月診療分までの場合です。 ) 例えば、 1ヶ月間に同一医療機関に支払った医療費総額が500,000円 3割負担で150,000円)だった場合に受けられる払い戻し額は、67,570円になります。 そのため、治療費が500,000円かかるものが、実質の負担額は82,430円で受けられるようになります。 参考までに計算式も書いておきます。 そのため、何か病気をしたとしても現在の貯蓄で医療費を支払えるなら必要ないと言えるでしょう。 月々の保険料が安くても長い間支払っていくと高額になります。 医療保険に支払った金額に対してそれだけの保障が受けられるのか疑問なので保険料で支払う分を貯蓄したほうが得な場合もあるでしょう。 掛けた保険料の180万円以上に給付金をもらえるのかどうかを考えてしまいますよね。 保険料を貯金していれば180万円の貯金ができたことになりますから、保障内容と保険料を加味して判断しましょう。 医療保険は実費負担ではなく契約に該当したものが支払われる形になりますので医療費が全額補償されるわけではありません。 結論: 医療保険が必要か不要かは『貯金があるか、ないか』で決まる。 医療保険の基本保障は、『入院保障』と『手術保障』で、2週間くらいの入院と手術であれば、給付金は20~40万円受け取れます。 ここで、貯金がない方には「20~40万円も給金がもらえるの!?」と思ってもらえるでしょうし、貯金のある方には「それしかもらえないんだ。 」と思われてしまうでしょう。 つまり、医療保険が必要か不要かは『貯金があるか、ないか』でほぼ決まります。 医療保険に限らず、保険は貯蓄を上回る損失に対して備えるものですので、貯金があまりできていない30代の方には是非医療保険に加入しいただきたいと思っています。 一方で、300万円以上貯蓄があり、当面その貯蓄を取り崩す予定がない30代の方であれば、医療保険には加入しなくても構いません。 むしろ賢明な選択です。 しかし、将来の健康保険制度のことを考えて、現在と将来の医療費負担への備えとして医療保険に加入するという考え方もありますので、本人の考え方次第で医療保険が必要かどうかは決まります。 また、医療保険の必要性とは関係ありませんが、医療保険の加入率をご紹介します。 以下の表をご覧ください。 【疾病入院給付金の支払われる生命保険加入率】 (参照元:生命保険文化センター「」) このように民間の生命保険会社や郵便局、JA 農協 、生協・全労済で取り扱っている生命保険 個人年金保険や生命共済を含む のうち、疾病入院給付金が支払われる生命保険の加入率は、平成28年では72. 時系列でみると生命保険の加入率は、平成16年以降増加傾向にあります。 医療保険が本当に必要かどうかとは関係なく、医療保険は必要だと考えている人は過半数以上いるようです。 それでは、ここからは30代で医療保険に加入するメリット・デメリットをご紹介していきますので、ご自身に医療保険が必要かどうか確認してみてください。 30代で加入するメリット・デメリット メリット1)払込保険料合計額が安い 具体例で検証していきます。 35歳男性• これからもわかるように、若いうちに加入した方が、同じ保障を長い期間持てるにもかかわらず、払込保険料の合計額は少なくなります。 メリット2)健康なときに加入することができる 医療保険は一般的に、告知で加入できるところがほとんどです。 ただし、絶対に加入できるわけではありません。 大きな傷病歴がある場合や精神疾患になってしまった場合などは医療保険に加入できないということもあります。 歳を重ねるにつれて病気になりやすくなりますので、若いうちの方が医療保険に加入しやすいといえます。 また、告知書扱いで加入の診査がされることが多いのですが、健康診断書を提出する告知(健康診断書扱い)であえて診査を行うことによって、告知書よりも基準が緩和されて加入しやすくなる場合があります。 30代で健康に不安があるという方は、是非健康診断扱いを活用してみてください。 デメリット1)医療保険を全く使わなかった場合は、結果的に損したことになってしまう。 保険とは相互扶助の考え方で成り立っているものなので仕方がないのですが、一般的には支払った保険料は、保険金の給付がある方に保険金として支払われています。 病気もケガもせずにずっと健康であった場合は損した気分になってしまうかもしれません。 デメリット2)保険の保障内容が将来役に立たなくなってしまう。 これには2つの原因が予測されます。 医療の発展が加速して、入院・手術をほとんどしない状況になってしまう。 物価上昇が続き、給付金の価値が低くなってしまう。 医療は日々進歩しているので、将来入院や手術をしないで病気やケガが治せるようになった場合は、医療保険の内容が時代遅れになってしまう可能性があります。 また、物価上昇が続き、例えば入院費用の自己負担が数百万円になってしまった場合は、入院給付金で受け取れる数十万円では医療費の一部しか賄うことができなくなってしまいます。 ここまでで、30代で医療保険に加入するメリット・デメリットをご紹介しました。 メリットとデメリットをしっかりと確認した上で、医療保険を検討してみてください。 「30代」におすすめする医療保険3パターン 30代におすすめする医療保険は、基本的に20代の方におすすめするものと変わりませんが、やはり20代よりも保険料負担は少し重くなります。 現役時代もしっかり保障されますし、老後は保険料の負担なく保障を持つことができます。 現役でなにもなかったとしても、老後の医療負担への備えにもなります。 また、借入などをしている可能性も高いですし、スタートアップのときは自分自身が動けないと売上が立たないことが多いです。 また、将来のことよりも今の事業を成功させることに全力投球していると思われます。 このような方は、若いうちは安価な保険料で大きな保障の持てる定期医療保険をおすすめします。 事業が軌道に乗って安定するまではなにがあるかわからないので安価な保険料で手厚い保障を持ち、事業が軌道に乗ってある程度安定してから再度プランの変更をするケースが多いような印象です。 また、物価上昇を心配されている方などは、定期医療保険をおすすめします。 若いうちは保険料が安いので、貯金ができるまで定期医療保険で備え、貯金ができたらやめてしまうこともできます。 また、定期医療保険は、医療の現状に合った内容で現在の物価と年齢に応じた医療保険にプランを変えていくことが可能です。 1つ(A)は、還付金受取時にそこまで支払った保険料から入院給付金として受け取った金額を差し引いて還付金として受け取ることができる医療保険です。 ケース1)60歳の時点で、公的医療制度の保障が財政悪化により、薄い内容になっていた場合 終身医療Aの還付金受取時に還付金を受け取ります。 そして、公的医療保険が手薄になっているので、このAの終身医療保険を引き続き継続します。 継続するときは、還付金で払えるだけ前納で支払ってしまってもいいですし、現金でお金を準備しておいて、病気のときはその現金を取り崩していくという手法を取ります。 ケース2)60歳の時点で、公的医療制度の保障が現在と変わらないくらい手厚い内容であった場合 終身医療保険Aの還付金を受け取り、医療費負担のために現金で貯めておきます。 同時に、終身医療保険Aを解約してしまいます。 公的医療制度が手厚い内容であれば医療保険を掛け続けることにメリットはあまりないので、Aを解約して老後の限られた資金の中から保険料を捻出しないようにする方法を選びます。 よって、60歳以降の医療保険は、Bの払込が完了した医療保険のみとなります。 公的医療制度の動向により、保険契約の活用の仕方を選択できることで、柔軟な備え方ができるのが、2種類の医療保険を組み合わせて加入するメリットです。 また、女性は30代からがんのリスクが高まるので、女性特有の病気やがんに対する保障などを検討してもいいかもしれません。 まとめ 医療保険が必要か必要でないかは医療保険のメリット・デメリットから考えて、自分にとって必要がどうかを見極める必要があります。 どんな人でも絶対にこれだという答えはありません。 医療保険はその方の家計の状況と将来の公的医療制度に対する考え方で加入するかしないか、どのようなプランにするのかが決まります。 また、30代の方も20代と同じくまだまだ若いので、基本的には20代も30代もおすすめのプランは変わりません。 ただし、30代の方は20代の方に比べて保険料も高くなりますし、健康面で保険に加入できない可能性も増しますので、早めにお近くのファイナンシャルプランナーにご相談されることをおすすめします。 インターネットで長い期間調べて悩むよりも、複数のファイナンシャルプランナーの話を実際に聞くほうが、適切な情報を早く得らるはずです。

次の

おすすめの終身医療保険の会社は?性別や年代別にランキングで比較!

医療 保険 おすすめ 30 代 女性

50代に人気のおすすめ医療保険ランキング!男性・女性別でご紹介 50代になると、現役並みにバリバリ仕事を続けていく為に肉体的な不安を抱える方も多いかと思います。 今日まで駆け足で生きてきた人生の中で蓄積したストレス・回復力の低下から来る病気や若いころには無かった身体機能の衰えによるケガなど、気力だけではどうしてもカバーできない不測の事態がどうしても心配になりますよね。 もちろん50代ともなれば、そのような不測の事態に対し、以前から医療保険にご加入し備えをされている方も多くいらっしゃるとは思います。 しかし、 医療保険は時代に合わせて日々進化しており、数年前にはなかった保障がついている保険が次から次へと登場しています。 そのため、医療保険の見直しを行うことで現在ご加入している保険よりも 内容の充実した保険に、より お手ごろな保険料で加入できる可能性があります。 このページでは、今後もエネルギッシュに時代を生き抜く50代の方の安心を担う、おすすめの医療保険をご紹介したいと思います。 メリット1:費用が掛かる先進医療を安心して受けられる 目覚ましい進歩を遂げる医療分野で 最先端の治療を安心して受けることができることは、新商品に乗り換える最大のメリットです。 医療保険に付けることのできる先進医療特約は、そのお手ごろな掛け金と充実の保障で特約の必須アイテムであると言えます。 がんや消化器疾患などに用いる先進医療の技術料は軒並み7桁単位と高額で健康保険でカバーできないものが多いので、遺伝による発病の可能性を考える方にとっては大きなメリットになるでしょう。 メリット2:毎月の保険料負担を考え直せる また、生活環境の変化や契約時から年数を経たことで補償内容を見直したり、必要性が薄い部分を減額したりして医療保険料の負担を軽くすることも見直しの大きなメリットと言えます。 備えの部分にかかる負担を軽くすることで、より生活に余裕をもたらし浮いたお金を有意義に使い、豊かな暮らしをすることもできるでしょう。 平均負担金額はいくら? 入院時の平均自己負担金額はいくら? 参考:公益財団法人生命保険文化センター 生命保険文化センターの調べによると、入院時の自己負担金額は平均で 22万7千円となっています。 9%まで上っており、その分布帯の合計が全体の過半数を占めることから内容によってはこの範囲での負担を想定する必要があるようです。 50代が支払う保険料の平均金額 50代の方が支払う保険料について、当サイトでアンケート調査を行いました。 結果としては、50代男性の平均月額保険料が4,702円、女性が3,925円という結果になりました。 加入前は必ず保険のプロに相談する 今回は50代の方向けにおすすめの医療保険と、加入する際のポイントについて紹介しました。 「ここで加入する医療保険を決めてしまいたい」という気持ちになられているかもしれませんが、加入前には必ず 「保険のプロ」にご相談することをおすすめします。 一見すると良さそうな医療保険も、実は現在の条件を考えると別の医療保険の方がお得だというケースはよくあります。 見直しの場合も新規加入の場合もまずは保険のプロに相談をしてから加入する医療保険を決めましょう。 当サイトでは、 無料で保険のプロに相談できる医療保険コンシェルジュサービスを提供しています。 医療保険の加入・見直しの前には必ず保険のプロの意見を聞くことをおすすめします。 おすすめ記事•

次の

50代に人気のおすすめ医療保険ランキング!男性・女性別でご紹介

医療 保険 おすすめ 30 代 女性

20代のときは若いから医療保険なんて加入しなくてもいいじゃないかと思っていた方も、30代になると段々と医療保険くらい加入しておかないとまずいのかな?と思うようになる方は多いようです。 しかし、医療保険にはどのような種類があるのか、自分にはどのようなタイプの医療保険が良いのか、もっと言えば医療保険に加入する必要があるのか。 よくわからなくて考えるのも嫌になってしまうときがありますよね。 本日は、医療保険に加入すべきか悩んでいる30代の方に、 「30代は医療保険が必要なのか?そして、もし加入するとしたらどのような医療保険がオススメなのか」をお伝えいたしますので、是非今後の保険の考え方の参考にしてみてください。 はじめに 30代では、20代よりも疾病のリスクが高まる時期です。 よって、20代で医療保険に加入するよりも保険料は高くなりますし、病気になってしまってからでは医療保険に加入するのは非常に難しいです。 以下は年齢別の主な死亡原因をまとめた表です。 厚生労働省の「」のデータを参照しています。 【主な死亡原因(男性)】 【主な死亡原因(女性)】 この表からわかるように、年齢が高くなるに従い自殺や不慮の事故でなく、悪性新生物や心疾患・脳血管疾患といった疾病による死亡が多くなっています。 特に女性は、乳がん・子宮がん・卵巣がんなどの女性が罹患しやすいがんにかかるリスクが30代で上がるため、30代では死亡原因の1位です。 このデータからわかるように、30代からは疾病のリスクが高まるため、医療費への備えは真剣に考えたほうがよいでしょう。 特に女性は、30代は女性特有の病気になりやすくなる時期ですので、これからお伝えする30代の医療保険についての情報を得てほしいと思います。 医療保険は30代で必要か 30代で医療保険が必要な人と不要な人の違い 結論からお伝えすると私が考える医療保険が必要な人と不要な人の例は以下のようになります。 医療保険が必要な人• 現在貯蓄があまりできていない人• 小さなお子様がいる人• 入院したときのことが不安な人• 自営業の人 医療保険が不要な人• 貯蓄が十分ある人• 払込保険料よりも高い額の給付を受け取りたいと思っている人• 会社の福利厚生により保障が十分な人 ここからは上記の医療保険が必要な理由と不要な理由をそれぞれ解説していきます。 下記に、病気別の平均入院日数を挙げてみます。 (治療法・差額ベッド代の有無によって金額は変わってきます。 月々積立をしてお金を貯めても入院したらそこから支払わなければいけません。 医療保険に加入をすることで貯蓄を守ることができます。 家族に迷惑も掛けないで済む。 入院をしたとき病気がいつ治るかわからない。 それによって治療費がどれくらい掛かるかわからない。 病気が長引くと仕事ができなくなるのではないかと不安になるなど多くの不安が生まれます。 そこで医療保険から給付金が支払われると全額医療費を補うことができなかったとしても精神的には楽になります。 また、30代の方の親は60代になり定年退職も迎えている場合が多いとは思います。 結婚して、配偶者も子供もいる方も多いでしょう。 入院をしたときに家族に迷惑を掛けなくて済むという意識は気持ちを楽にさせるはずですし、周りの人も「保険はちゃんと入っているのよね?」ということもあると思いますので、データや分析では判断できないメリットを実際に入院などをすると感じることがあるかもしれません。 そうした場合に現在のように窓口自己負担3割、高額療養費制度など公的医療保険制度が今のまま続いていくでしょうか?30代では、平均余命は50年以上あるでしょうから、制度がこれからどんどん変わっていく可能性は十分にあります。 協会けんぽの財政は、現状のままでは平成28年度には収支が1,900億円の赤字に、平成30年度には、赤字が5,300億円にまで拡大し、積立金も使い果たして1,700億円の累積赤字となる可能性があるといわれています。 *協会けんぽHP参照 この財政赤字が継続してしまうと健康保険制度の運営が苦しくなってしまいますので、その対策として公的医療保険制度の内容を薄くしていくという可能性は考えられます。 よって、これからは、医療費負担への備えを自分自身で行っていく必要があるのかもしれません。 ・3割負担:健康保険証を病院の窓口で出すと3割負担(現役世帯)になり、なおかつ高額療養費制度により、1か月の医療費自己負担に上限があるので医療費の自己負担が高額にはなりません。 ・高額療養費制度:公的医療保険では70歳未満の現役世帯は3割負担となります。 ただ医療費が高額になってくると負担が大きくなってくるため1か月の自己負担の上限が定められています。 一定額を超えた場合に払い戻しが受けられる制度を「高額療養費制度」といいます。 高額療養費の払い戻しに関して、補足で説明させて頂きます。 (以下に記載のデータは年収約370~約770万円の方の場合、かつ、平成29年8月から平成30年7月診療分までの場合です。 ) 例えば、 1ヶ月間に同一医療機関に支払った医療費総額が500,000円 3割負担で150,000円)だった場合に受けられる払い戻し額は、67,570円になります。 そのため、治療費が500,000円かかるものが、実質の負担額は82,430円で受けられるようになります。 参考までに計算式も書いておきます。 そのため、何か病気をしたとしても現在の貯蓄で医療費を支払えるなら必要ないと言えるでしょう。 月々の保険料が安くても長い間支払っていくと高額になります。 医療保険に支払った金額に対してそれだけの保障が受けられるのか疑問なので保険料で支払う分を貯蓄したほうが得な場合もあるでしょう。 掛けた保険料の180万円以上に給付金をもらえるのかどうかを考えてしまいますよね。 保険料を貯金していれば180万円の貯金ができたことになりますから、保障内容と保険料を加味して判断しましょう。 医療保険は実費負担ではなく契約に該当したものが支払われる形になりますので医療費が全額補償されるわけではありません。 結論: 医療保険が必要か不要かは『貯金があるか、ないか』で決まる。 医療保険の基本保障は、『入院保障』と『手術保障』で、2週間くらいの入院と手術であれば、給付金は20~40万円受け取れます。 ここで、貯金がない方には「20~40万円も給金がもらえるの!?」と思ってもらえるでしょうし、貯金のある方には「それしかもらえないんだ。 」と思われてしまうでしょう。 つまり、医療保険が必要か不要かは『貯金があるか、ないか』でほぼ決まります。 医療保険に限らず、保険は貯蓄を上回る損失に対して備えるものですので、貯金があまりできていない30代の方には是非医療保険に加入しいただきたいと思っています。 一方で、300万円以上貯蓄があり、当面その貯蓄を取り崩す予定がない30代の方であれば、医療保険には加入しなくても構いません。 むしろ賢明な選択です。 しかし、将来の健康保険制度のことを考えて、現在と将来の医療費負担への備えとして医療保険に加入するという考え方もありますので、本人の考え方次第で医療保険が必要かどうかは決まります。 また、医療保険の必要性とは関係ありませんが、医療保険の加入率をご紹介します。 以下の表をご覧ください。 【疾病入院給付金の支払われる生命保険加入率】 (参照元:生命保険文化センター「」) このように民間の生命保険会社や郵便局、JA 農協 、生協・全労済で取り扱っている生命保険 個人年金保険や生命共済を含む のうち、疾病入院給付金が支払われる生命保険の加入率は、平成28年では72. 時系列でみると生命保険の加入率は、平成16年以降増加傾向にあります。 医療保険が本当に必要かどうかとは関係なく、医療保険は必要だと考えている人は過半数以上いるようです。 それでは、ここからは30代で医療保険に加入するメリット・デメリットをご紹介していきますので、ご自身に医療保険が必要かどうか確認してみてください。 30代で加入するメリット・デメリット メリット1)払込保険料合計額が安い 具体例で検証していきます。 35歳男性• これからもわかるように、若いうちに加入した方が、同じ保障を長い期間持てるにもかかわらず、払込保険料の合計額は少なくなります。 メリット2)健康なときに加入することができる 医療保険は一般的に、告知で加入できるところがほとんどです。 ただし、絶対に加入できるわけではありません。 大きな傷病歴がある場合や精神疾患になってしまった場合などは医療保険に加入できないということもあります。 歳を重ねるにつれて病気になりやすくなりますので、若いうちの方が医療保険に加入しやすいといえます。 また、告知書扱いで加入の診査がされることが多いのですが、健康診断書を提出する告知(健康診断書扱い)であえて診査を行うことによって、告知書よりも基準が緩和されて加入しやすくなる場合があります。 30代で健康に不安があるという方は、是非健康診断扱いを活用してみてください。 デメリット1)医療保険を全く使わなかった場合は、結果的に損したことになってしまう。 保険とは相互扶助の考え方で成り立っているものなので仕方がないのですが、一般的には支払った保険料は、保険金の給付がある方に保険金として支払われています。 病気もケガもせずにずっと健康であった場合は損した気分になってしまうかもしれません。 デメリット2)保険の保障内容が将来役に立たなくなってしまう。 これには2つの原因が予測されます。 医療の発展が加速して、入院・手術をほとんどしない状況になってしまう。 物価上昇が続き、給付金の価値が低くなってしまう。 医療は日々進歩しているので、将来入院や手術をしないで病気やケガが治せるようになった場合は、医療保険の内容が時代遅れになってしまう可能性があります。 また、物価上昇が続き、例えば入院費用の自己負担が数百万円になってしまった場合は、入院給付金で受け取れる数十万円では医療費の一部しか賄うことができなくなってしまいます。 ここまでで、30代で医療保険に加入するメリット・デメリットをご紹介しました。 メリットとデメリットをしっかりと確認した上で、医療保険を検討してみてください。 「30代」におすすめする医療保険3パターン 30代におすすめする医療保険は、基本的に20代の方におすすめするものと変わりませんが、やはり20代よりも保険料負担は少し重くなります。 現役時代もしっかり保障されますし、老後は保険料の負担なく保障を持つことができます。 現役でなにもなかったとしても、老後の医療負担への備えにもなります。 また、借入などをしている可能性も高いですし、スタートアップのときは自分自身が動けないと売上が立たないことが多いです。 また、将来のことよりも今の事業を成功させることに全力投球していると思われます。 このような方は、若いうちは安価な保険料で大きな保障の持てる定期医療保険をおすすめします。 事業が軌道に乗って安定するまではなにがあるかわからないので安価な保険料で手厚い保障を持ち、事業が軌道に乗ってある程度安定してから再度プランの変更をするケースが多いような印象です。 また、物価上昇を心配されている方などは、定期医療保険をおすすめします。 若いうちは保険料が安いので、貯金ができるまで定期医療保険で備え、貯金ができたらやめてしまうこともできます。 また、定期医療保険は、医療の現状に合った内容で現在の物価と年齢に応じた医療保険にプランを変えていくことが可能です。 1つ(A)は、還付金受取時にそこまで支払った保険料から入院給付金として受け取った金額を差し引いて還付金として受け取ることができる医療保険です。 ケース1)60歳の時点で、公的医療制度の保障が財政悪化により、薄い内容になっていた場合 終身医療Aの還付金受取時に還付金を受け取ります。 そして、公的医療保険が手薄になっているので、このAの終身医療保険を引き続き継続します。 継続するときは、還付金で払えるだけ前納で支払ってしまってもいいですし、現金でお金を準備しておいて、病気のときはその現金を取り崩していくという手法を取ります。 ケース2)60歳の時点で、公的医療制度の保障が現在と変わらないくらい手厚い内容であった場合 終身医療保険Aの還付金を受け取り、医療費負担のために現金で貯めておきます。 同時に、終身医療保険Aを解約してしまいます。 公的医療制度が手厚い内容であれば医療保険を掛け続けることにメリットはあまりないので、Aを解約して老後の限られた資金の中から保険料を捻出しないようにする方法を選びます。 よって、60歳以降の医療保険は、Bの払込が完了した医療保険のみとなります。 公的医療制度の動向により、保険契約の活用の仕方を選択できることで、柔軟な備え方ができるのが、2種類の医療保険を組み合わせて加入するメリットです。 また、女性は30代からがんのリスクが高まるので、女性特有の病気やがんに対する保障などを検討してもいいかもしれません。 まとめ 医療保険が必要か必要でないかは医療保険のメリット・デメリットから考えて、自分にとって必要がどうかを見極める必要があります。 どんな人でも絶対にこれだという答えはありません。 医療保険はその方の家計の状況と将来の公的医療制度に対する考え方で加入するかしないか、どのようなプランにするのかが決まります。 また、30代の方も20代と同じくまだまだ若いので、基本的には20代も30代もおすすめのプランは変わりません。 ただし、30代の方は20代の方に比べて保険料も高くなりますし、健康面で保険に加入できない可能性も増しますので、早めにお近くのファイナンシャルプランナーにご相談されることをおすすめします。 インターネットで長い期間調べて悩むよりも、複数のファイナンシャルプランナーの話を実際に聞くほうが、適切な情報を早く得らるはずです。

次の