月 星座 おとめ 座。 月星座×太陽星座であなたの体質がわかる!陰と陽の調和でココロのテーマ・カラダのテーマを読み解く〜前半Ver.〜

月星座と身体の関係|月に合わせた健康的な過ごし方

月 星座 おとめ 座

太陽が通る道を黄道と呼んでいて、太陽の力がそれぞれの星座にどんな影響を与えているのか、チェックしていきます。 太陽星座で分かるのは、人生の一大テーマ。 「今の仕事を続けていっても良いの?」「恋愛や結婚はいつ頃出来るの?」など人生の大きな節目をチェックしていきます。 太陽星座を見ていくと、自分がどこに向かってどこに進もうとしているのか、その方向性に気付ける場合があります。 それぞれの星座の良い所を見つけて、さらに長所を伸ばしていくのが太陽星座の考え方。 太陽星座のロジックを分かるようになると、自分の得意分野に気付けるようになり、仕事も恋愛も前向きな発想ができるようになります。 ムーンパワーが各星座に与える影響を、チェックしていきます。 うさぎが餅を付いていたり、女性が編み物をしていたり、その見方は国によって様々。 想像力をかき立ててくれる月は「その人の裏の素顔」を表しています。 生まれ持っている性質や本来あるべき姿・心の奥にある欲望を教えてくれるので、月星座を知ると「本当の自分に出会える」ようになります。 一生懸命仕事を頑張っているのに、幸せな気持ちを感じられない。 恋人がいるのに、どこか心が不安定なまま。 このような揺らぎやすい気持ちにヒントを与えてくれるのが、月星座です。 隠された課題に気付けるようになると、自分が何の為に生まれたのか分かるようになります。 12の星座で表される、太陽星座と月星座。 とてもよく似ているので、どちらがどう違うのか迷ってしまう場合もあります。 昔からの格言に例えるなら、まさに建前と本音が当てはまります。 一般的には建前は嘘・本音は本当の気持ちと言われていますが、必ずしも現実の世界ではそうとは言い切れません。 本音ばかりを追求していては角が立つ場合もあるし、建前ばかりに拘っていては「自分の感情」に蓋をしなくてはならなくなってしまうからです。 仕事も恋愛も、自分のこだわりばかり押し付けていては上手く回っていかなくなる場合もあります。 表向きの顔でもある太陽星座、裏向きの顔でもある月星座、どちらもバランス良く知っているからこそ万事スムーズに流れていくのです。 「最近何もかも調子が悪い」と思ったら、両方の占いを取り入れてみるのもおすすめです。 太陽星座は「自分が何日に生まれたのか」生年月日を元に調べていきます。 例えば6月1日生まれの人の場合は、5月後半から6月後半を区切りにしている双子座になります。 ・牡羊座(3月21日~4月19日) ・牡牛座(4月20日~5月20日) ・双子座(5月21日~6月21日) ・蟹座(6月22日~7月22日) ・獅子座(7月23日~8月22日) ・乙女座(8月23日~9月22日) ・天秤座(9月23日~10月23日) ・蠍座(10月24日~11月21日) ・射手座(11月22日~12月21日) ・山羊座(12月22日~1月19日) ・水瓶座(1月20日~2月18日) ・魚座(2月19日~3月20日) 12の太陽星座はそれぞれ、4つのエレメントに分類されます。 活動的な火は牡羊座・獅子座・射手座、安定志向の地は牡牛座・乙女座・山羊座、インテリ型の風は双子座・天秤座・水瓶座、流れる感性が美しいのは水の蟹座・蠍座・魚座になります。 誕生日で区切られている12の太陽星座ですが、その年によって区切りの日付が変わっていく事もあります。 星座と星座の境目に誕生日がある人・太陽星座の占いがぴんと来ない人は、誤った星座である可能性も。 運命の地図と呼ばれるホロスコープで「自分の太陽星座をもう一度チェックしておく」と正しい太陽星座に出会えるようになります。 ホロスコープで太陽は、「〇」に「・」が入った、特有のマークで表されます。 ホロスコープの円盤には12星座のマークが半時計周りに描いてあります。 ホロスコープのサイトで生年月日を入力した時に「太陽のマークがある場所」が太陽星座の位置になります。 ホロスコープが読めるようになると、自分の正しい太陽星座や天体の位置について深く調べられるようになります。 月星座を正しく知るためには、何年の何月何日にこの世に生を受けたのか、正しく把握しておく必要があります。 生まれた時の時間も分かると、より細かな月星座に辿り着けます。 「生まれた時の時間までは分からない」という場合は、誕生日など分かっているデータを元にその人の人生を占っていきます。 太陽星座と異なり、同じ誕生日であっても「星座が変わってくる」のが月星座の特徴です。 同じ12月1日の誕生日であっても、深夜に生まれたのか早朝に生まれたかによって、自分の星座が変わってきます。 太陽星座がざっくりした星座であるならば、月星座はよりデリケートな占星術。 「なぜ365日の数ある日の中から、わざわざその誕生日に生まれてきたのか」ルーツを探れるのが、月星座の醍醐味。 月星座について深く知ることは、自分を知ることに繋がっていきます。 最近では生年月日や生まれた時間を入力すると、簡単に月星座を算出できる計算機も生まれているので、こうした機械を利用するのも1つの手です。 太陽星座と月星座、2つの占いは相反するようで実はとても仲良しの占いです。 太陽星座が世間体の顔を表すならば、月星座は表面に表われてこない「その人の本心」を教えてくれます。 オセロに黒い面と白い面があるように、どんな人にも社会で見せる顔・プライベートで見せる顔の2つの面があるもの。 表の顔と裏の顔をチェックし、恋愛運や結婚運を相対的に調べていくのが「太陽星座と月星座の組み合わせ」です。 太陽星座と月星座を掛け合わせると、表面の顔ばかりではなく裏面の顔も分かるように。 細かく人格を調べていけるので、自分や恋人の「知らなかった素顔」に気付けるようになります。 2つを掛け合わせると、好きな人との相性がさらに分かるという事です。 恋の行方を知りたい時、結婚に結び付く恋か読みたい時、宇宙からのメッセージを届けてくれます。 表の性格と裏の性格のボーダーラインが薄くなり、いつでも何処に行っても「同じ性格」でいられるようになります。 いわゆる竹を割ったような明るい性格の持ち主が多くなり、何か問題が起きても逃げずにエネルギッシュに前に進んでいこうとします。 太陽と月のダブルのパワーが重なっていくので、良い面だけが2倍に前に伸びていくようになります。 泉が湧くように、内側から明るい力が湧きやすいタイプです。 力強さやハングリー精神が増す一方で、目の前の課題にこなす事で一杯になってしまい、自分のケアがおざなりになる問題も。 一生懸命になり過ぎて周囲との歩調が合わなくなる事もあります。 上に伸びていく時こそ、周囲への気遣いや思いやりを忘れないように心がけていくと幸せがさらに増えていきます。 健康面で何も問題がないのに疲れやすかったり、何不自由のない幸せな生活をしているのに心が晴れなかったり、つまずきを感じやすい関係になります。 外に出ると静かなのに家の中に入ると途端にお喋りになったり、職場では文句1つ言わないのに自宅に帰ると横柄な態度になったりする人もいます。 体の中に正反対のスイッチを2つ抱えている状態になるので「凝りを解してあげること」が必要になってきます。 「私の中に2つの人格が存在している」とまずは現状を認めてあげて、それぞれの個性を認めてあげるようにしていくのです。 否定をせず今のポジションや心の中を1度客観的に見つめてあげられるようになると、抱えていた問題に気付け「次に進むためのヒント」が分かる場合もあります。 完璧主義をやめる・良い人をやめるなど、何かをやめるだけでも、つまずきが解消されるケースがあります。 思いついたら実行する血気盛んな一面があり、考えるより前に足が動いていきます。 動いて結果を出す、アクティブ型です。 相手の出方を見守っている所があり、恋愛では保守的な一面も。 遠回りしても幸運を掴める、亀さん型です。 1つの事をじっくりやるのではなく、同時に複数の事をやっていくのが得意な性格。 社交的な性格なので、広く浅く多くの知人がいます。 きちっとしているのが好きで、下品だったり乱雑だったりする環境に嫌気がさす場合も。 綺麗好きの星座です。 めげない強い性格なので、必ず勝ちを掴みます。 約束は1度取り交したら何があっても守る、律儀で真面目な性格。 芯の強さが評価されて、遅咲きながらも幸運に恵まれていきます。 失敗をするのが嫌いなので、用意周到に何でも準備しようとします。 人間関係の好き嫌いはありますが、愛に包まれた優しい性格です。 「究めること」が得意で、恋より仕事を選ぶ傾向も。 大勢よりも1人の時間を好みます。 束縛されるのが嫌いで、自由を追い求めて大空を飛ぶ小鳥のようなタイプです。 起きない悩みを数えているうちに、心が病んでしまう日も。 与えられた仕事は手抜きせず行える、とても勤勉な一面もあります。 人の痛みが分かる、思慮深い星座です。 移り気なので、周りの人を振り回す日もあります。 感性が鋭く、芸術分野で成功するタイプです。 弱い者の立場に立って考えられる、慈悲深いロマンチストです。 小さな少女のまま大人になったような、可憐で可愛い性格をしています。 遠くの世界を見るよりも、足元の生活をきっちり固めていきます。 計画的に動けるので、プランを決めてから行動に移すタイプです。 気持ちを素直にあらわすのが得意で、皆と上手くやっていけます。 おねだりするのが上手く、人の力で次のステップに進んでいきます。 年上に可愛がられる、おしゃまな性格です。 人の心に寄り添うのが上手い、聞き役のスペシャリスト。 他人を助ける事で、自分の徳を積んでいきます。 トップに立つよりもサポートの側に立つと、上手くいく性格です。 嘘を付かず人の悪口も言わないので、多くの人から信頼されます。 自分勝手な行動をしない、学級委員のようなタイプ。 良い子でいたいと願うあまりに、ストレスをため込んでしまう癖もあります。 1人でいるのが耐えられず、虚しい気持ちを埋めるために恋する日もあります。 色々な人と交流を深められる、社交家です。 生きたいように生きているので、他人の忠告が耳障りに感じる日も。 恋人同士になっても、束縛し合わない自立した関係を好みます。 プライベートゾーンに入られるのが嫌で、図々しい人に警戒心を露わにする日も。 自分の空間がないと落ち着かない、繊細な一面もあります。 甘えた環境にじっとしているのが苦手で、自分から追い込む所も。 自分に厳しく他人にも厳しい、ストイックな性格です。 他人のひと言が頭を離れず、次のステップに踏み出せない日も。 細やかでとても気が利く、どこに行っても重宝される人です。

次の

【6月の運勢】ホロッと泣ける☆話題の占い師ルーシー・グリーンの12星座占い

月 星座 おとめ 座

この記事の目次• アセンダント星座と月星座で持って生まれた体質が分かるよ 私たちの体質は、アセンダント(1ハウスのスタートラインにあたるポイント)の星座と、月の星座でみることができます。 月星座は、これまでに何度もお伝えしてきたとおり、私たちの幼少期(7歳ぐらいまで)を象徴している星座でしたね。 そして、「母親」を象徴する星座でもありました。 なので、月星座は、私たちが「母親から受け継いでいる体質」を暗示してくれているのですね。 そしてもう1つ、私たちの体質をみるときに重要になるポイントが「アセンダント」です。 アセンダントは私たちの体質や外見を教えてくれる 「アセンダント」というのは、私たちが出生図(ネイタルチャート・ホロスコープチャート)を作成したときに初めて出てくるポイントで、1ハウスのスタートラインにあたる星座のことを指しています。 アセンダントは、正確な出生時間と場所が分からないと、算出することはできません。 というのも、ハウスは、正確な出生時間と場所が分からなければ、算出できないものでした。 1ハウスのスタートラインということは、ハウスがちゃんと確定できている=正確な出生時間・場所が分かっている、ということを意味するのですね。 さて、1ハウスは「私たち自身」「私たちの個性」を表すハウスでしたね。 その1ハウスのスタートに当たる星座というのは、私たちに特に大きな影響を与えているので、特別に「アセンダント」という呼び方をしているのです。 アセンダントが意味するところはたくさんあるのですが、その中でも代表的なものに「私たちの外見の特徴」というものがあります。 アセンダントの星座で、私たちがどんな体質や骨格を持っていて、それがどんな外見となって表れているのか、というのが分かってしまうのですね: そしてそれは、無意識のうちに私たちがまとっている「雰囲気」にも通じていたりします。 私たち自身は、自分の外見的な雰囲気に無自覚である場合が多く、これは、まわりの人から認識されやすい「雰囲気」であり「外見」ということになります。 12星座別の体質をみていこう ではこれから具体的に、星座別にどのような特徴があるのかみていきましょう。 ご自分の月星座とアセンダントの星座の両方を読んでみてください。 もし、どちらもピンと来ないようであれば、太陽星座の箇所も読んでみてくださいね。 ホロスコープチャート作成は、に、ご自分の生年月日、生まれた時間(必須!)、生まれた場所を入力してみてくださいね。 月星座またはアセンダントの星座がおひつじ座 おひつじ座は、頭部、顔、目を支配しています。 頭痛や熱、炎症性の病気に注意。 切り傷ややけど、頭部の怪我や病気にも注意。 興奮、怒り、心配をなるべく避けて、適度な睡眠や休息を取るように心がけましょう。 月星座またはアセンダントの星座がおうし座 おうし座は、のど、首、肩を支配しています。 のどが弱点なので、扁桃腺のはれや風邪には特に注意。 おうし座は甲状腺も支配しているので、甲状腺の病気にも気をつけて。 美食傾向があるため、肥満や便秘にも注意。 月星座またはアセンダントの星座がふたご座 ふたご座は、腕、肺、中枢神経を支配しています。 気管支炎やインフルエンザにかかりやすいので注意。 神経の緊張から、不眠症やストレス性疾患にも気をつけて。 常に気分転換することを意識して、リラックスするように心がけましょう。 月星座またはアセンダントの星座がかに座 かに座は、消化器系と乳房を支配しています。 胃潰瘍や乳腺炎、その他消化器系の一般的な病気には注意。 心配性が病気につながりやすいので、気持ちの切り替えを意識して。 月星座またはアセンダントの星座がしし座 しし座は、心臓、背骨、肋骨を支配しています。 心臓と脊椎に関する病気には注意が必要。 基本的に体力と生命力に恵まれていますが、体力を過信しすぎないように。 熱射病や関節炎にも気をつけて。 月星座またはアセンダントの星座がおとめ座 おとめ座は、腸、腹部、神経を支配しています。 ストレスを避けて食事にも十分に気をつけること。 十二指腸潰瘍や、心因性の胃腸障害、ストレス性の便秘や下痢、胆石などに注意。 月星座またはアセンダントの星座がてんびん座 てんびん座は、腰と腎臓を支配しています。 腰痛や泌尿器系の病気に注意。 一般的に健康体質ですが、細菌の感染には気をつけて。 年齢を重ねるごとに、肥満になる傾向も。 月星座またはアセンダントの星座がさそり座 さそり座は、生殖器、泌尿器、前立腺を支配しています。 女性の場合は、子宮や卵巣などの婦人科系の病気に注意。 一般的に、疲れを知らないスタミナの持ち主ですが、過労からくる病気に気をつけて。 何ごともほどほどに。 月星座またはアセンダントの星座がいて座 いて座は、臀部(おしり)と大腿部(太もも)、肝臓を支配しています。 坐骨神経痛や痛風にかかりやすいので注意。 幼少期には、股関節の脱臼にも注意。 体質は丈夫ですが、暴飲暴食による肝機能障害には気をつけて。 月星座またはアセンダントの星座がやぎ座 やぎ座は、ひざ、骨、関節、皮膚を支配しています。 骨に関する病気にかかりやすいので注意。 消化器や歯も、弱い傾向にあるので気をつけて。 月星座またはアセンダントの星座がみずがめ座 みずがめ座は、下腿部(ふくらはぎ)、足首、循環器、血液を支配しています。 低血圧の人が多く、体質的にはあまり丈夫なほうではありません。 アキレス腱の損傷や捻挫、足のむくみなどには注意して。 月星座またはアセンダントの星座がうお座 うお座は、足首から下、リンパ腺などの内分泌系を支配しています。 疲れがたまると免疫力が低下し、肌が荒れやすくなったり感染症にかかったりしやすくなるので注意。 薬の副作用には注意が必要。 皮膚病やアレルギー疾患にも気をつけて。

次の

星座図鑑・おとめ座

月 星座 おとめ 座

西洋占星術において、太陽星座は社会で見せる顔。 そして月星座は心が休まるときに無意識に出るあなた自身の姿なんだ。 ㅤㅤ 太陽星座と月星座の性質が真逆の場合は月星座を本当の自分の姿だと感じることの方が多いかもしれません。 月星座に寄り添って生活すると素を出し、ありのままの自分でいられるのでストレスも感じにくくなります。 ㅤ 「多目的で読み解くことができる月星座」は西洋占星術においてかなり重宝される存在なのです。 加えて月星座は素、無意識のあなた自身を表すので周りの人にもまじめな印象を与えやすく、思っている以上に「まじめそう」だとか、「堅実な人」とよく言われるのではないでしょうか。 社会において堅実さはかなりの長所になりますので素のままで良い印象を与えられる乙女座のあなたはかなり運がいいです。 そんな乙女座ですが、もちろんただ単に堅実なだけではありません。 観察力と分析力に長けていて、とても賢い一面もあります。 そして賢くてまじめすぎるがゆえに周りの人と思考がずれやすく、変わり者と思われることも多いようです。 自由な変わり者と言われやすい水瓶座に対して乙女座は堅実な変わり者と言われやすいのです。 頭の回転が速く柔軟な対応もできる反面、まじめがゆえに少し頑固で新しいことに挑戦することをためらってしまう一面もあります。 知っていることが多く、周囲から賢い知識人という印象を持たれます。 周囲から「優しく、頼れる人」と慕われるでしょう。 話し方や行動など、しっかりと自分を持っていて、かつ知的な男性と合います。 まじめすぎて一見つまらそうに見えたとしても、たとえあなた自身のタイプではなかったとしても、結婚したときに一番しっくりくるのは実は乙女座要素の強い、まじめさが際立つような男性です。 「堅実」という要素は誰にでも備わっているものではありません。 結婚するお相手に乙女座など「地のエレメント」が全くない場合、現実的に考える、将来に備えるなどの蓄えるという思考をあまり持たないのであなたの持っている価値観と違ったり気持ちのずれが生じやすいのです。 何でも現実的に考えて必要以上に口出ししてしまう心配性のあなたと、先のことをあまり深く考えない彼との間に亀裂ができてしまいかねません。 不要な気遣いをせずにお互いが心地よくいられる存在はやはり現実的で先のことをしっかり考えている男性でしょう。 《どんなジャンルが適職なの?》.

次の