ボート レース ネット 投票。 ボートレース住之江 Official Site

ボートレース住之江 Official Site

ボート レース ネット 投票

インターネット経由で舟券を購入することができる• 365日いつでも購入可能• サービスに対応している銀行口座が必要• テレボート用口座と即時入出金が可能• いつでも入出金が可能• 会員専用サイトでオッズ、直前情報を確認できる ネット経由で365日いつでも舟券を購入することができる ネット投票会員はその名の通り、インターネット経由で舟券を購入することができるサービスです。 パソコンや携帯電話、スマートフォンなどインターネットに接続ができる機器から365日いつでも投票することができます。 ネット投票会員になるには サービスに対応している銀行のネット口座が必要になりますが、ネット口座さえあれば簡単な申込だけで即利用可能になります。 ネット投票会員は 、 、 、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、福岡銀行、広島銀行、スルガ銀行、au の口座を持っていれば登録できるサービスで、保有している口座を使ってテレボート口座という舟券購入用の口座と入出金して、舟券を購入することになります。 三菱UFJ銀行• 三井住友銀行• りそな銀行• 埼玉りそな銀行• 福岡銀行• 広島銀行• スルガ銀行• au テレボート用口座と即時入出金が可能 対応銀行の口座さえ持っていれば即日利用可能な点が特徴で、後に出てくる電話投票会員のように専用の口座を開設する必要がありません。 テレボートの口座と銀行のネット口座感の入出金は即時で反映しますので、払戻金を即日引き出すことができます。 また銀行の入出金には制限がなく、レース当日でもコンビニのATMなどから入金をして舟券を購入することができます。 ネット銀行であればコンビニATMの入出金は無料なところがほとんどですので、無駄な手数料を支払うことなく入出金をすることができます。 会員専用サイトでオッズ、直前情報を確認できる またネット投票会員になると、会員専用の情報サイトを利用することができ、 オッズや 直前情報などレースの予想に役立つ情報をチェックすることができます。 投票内容・結果を確認することもできるので、自分の収支管理もすることができます。 電話投票会員と比べると、サービスの利便性はネット投票会員の方が上ですので、どうしても電話投票会員が良いという人以外はネット投票会員として登録するのが良いでしょう。 上述した通り、ネット投票会員になるにはサービスに対応している銀行口座を開設する必要があります。 そのため、サービス対応銀行の口座を持っていない人はまず対応銀行の口座を開設しましょう。 すでに対応している銀行の口座を持っている人は以下のページから会員申込をすることができます。 (非対応銀行:りそな銀行、埼玉りそな銀行、au ) サービスの申込自体は 15分程度で完了し、完了次第すぐに利用することができますので、その日のうちに舟券の購入まですることができます。 電話投票会員のサービスの特徴• プッシュホンから舟券を購入することができる• インターネットからも舟券を購入することができる• 舟券を購入するには専用銀行口座の開設が必要• 専用銀行口座はレースの前日からレース終了まで入出金ができない プッシュホンから舟券を購入することができる 一方、電話投票会員はプッシュホンから舟券を購入することができるサービスです。 電話投票会員という名前ですが、インターネット経由で舟券を購入することもでき、投票はインターネット経由と電話の両方で注文が可能になっています。 舟券を購入するには専用銀行口座の開設が必要 専用の銀行口座が必要になり、電話投票会員になる際には、テレボート指定の18の銀行の中から舟券購入用の専用口座を開設します。 テレボート指定の銀行は都市銀行、地方銀行がメインですので、ネット銀行では専用口座を開設することはできず、 ネット銀行では電話投票会員になることはできません。 また専用口座の 口座開設には1~3か月かかります。 専用口座を開設しないといけないのは面倒ですが、専用口座であることで入出金が把握しやすくなり資金管理が簡単になるというメリットもあります。 レースの前日からレース終了まで入出金ができない もう1点注意点として、専用銀行口座はレースの前日には口座がロックされ入出金ができなくなります。 そのため舟券を購入するには購入資金の 入金を前日までにしておく必要があります。 払戻金を出金できるのもレースの翌営業日からになります。 このように電話投票会員には口座や入出金に制限があり、ちょうど中央競馬における即PATとA-PATとの違いと同じで、よほど電話で注文がしたいという方以外はネット投票会員になった方がよいでしょう。 ネット投票会員 電話投票会員 対応銀行 ・住信SBIネット銀行・楽天銀行・ジャパンネット銀行・三菱UFJ銀行・三井住友銀行・りそな銀行・埼玉りそな銀行・福岡銀行・広島銀行・スルガ銀行・auじぶん銀行 投票方法 ・PC・スマートフォン・携帯電話 ・電話・PC・スマートフォン・携帯電話 申込から利用までの期間 即日 1カ月半~3カ月程度 入金 当日の入出金が可能 投票日直前の銀行営業日まで 出金 当日の入出金が可能 翌銀行営業日以降 ネット会員になる際に必要になる銀行口座はネット銀行の口座を作っておくと、 入出金の手数料がお得なのでおすすめです。 競艇用の口座を作っておくと収支管理が楽になり、競馬や競輪などのネット投票にも使えて便利なので、ネット投票に対応しているネット銀行はどれか作っておくと便利です。 特に 住信SBIネット銀行、 楽天銀行、 ジャパンネット銀行の3銀行は競艇以外にも、競馬やオートレースなどの公営競技への投票をネットから行うことができます。 別の記事で紹介していますので参考にしてください。

次の

家族申請によるネット投票の利用停止について(ギャンブル障害への対応) JRA

ボート レース ネット 投票

そんなときはインターネットを使って投票すると解決します。 他にも色々なメリットがあるネット投票の仕方について解説します。 ネット投票で得られるメリット• 投票するために投票機の前まで行く必要がなくなる• 投票機操作の手間を省くことができる• 当った投票の払い込みは即口座に反映されるので次のレースに再投入できる• 投票した選手を思い出すのに使える ざっと、上記のようなメリットを得ることができます。 手間を省けるのはあたり前として自分が投票した選手が誰だったかを後で思い出すのに使えるのが素晴しいです。 このおかげで自分のお気に入り選手がわかってきて、回を重ねるごとに好きな選手が増え、もっと競艇を好きになることまちがいなしです。 ネット投票の会員になる方法(無料) にアクセスしてください。 【TELEBOAT会員募集サイト|トップ】 上記のようなページが表示されたら「会員登録はこちら」をクリックして会員登録ページに進みます。 【TELEBOAT会員募集サイト|会員登録】 こちらの「ネット銀行口座をお持ちの方」から自分が持っている口座を選択して申し込みを行ないます。 15分くらいで登録完了まで進めます。 わたしは三井住友銀行を使っています。 その場合は即お申し込み完了にならず、翌営業日にメールが来て残った手続きを行なうことになります。 完了するとログイン情報を取得できます。 ログイン情報について PCサイトへのログインに必要な情報とスマホサイトへのログインに必要な情報が異なっています。 公式サイトを見るとPCと携帯で違うみたいなことが書いてあったけど、スマホはPC扱いでいいのかなと思ってたら違いました。 レース場に行ってからログインできないと焦る前に行く前にちゃんと投票サイトにログインできるか確認したほうがよいでしょう。 インターネット投票サイト PC版サイト にアクセスしてください。 【インターネット投票会員認証画面|PC版】 上記のような画面が表示されます。 見た目が古いので動いているか心配になりましたが、たしかにこのサイトであってました。 ログイン情報を3つ入力してログインしてください。 HTMLログインとFLASHログインの2つのボタンがありますがどちらでもOKです。 スマホ版サイト にアクセスしてください。 【インターネット投票会員認証画面|スマホ版】 スマホサイトっぽい表示ですね。 こちらのログインに必要な情報はPC版と異なっているのでまちがわないように気を付ける必要があります。 スマホでも設定を変更してみるとPC版サイトを見れたのてHTMLログインでログインしてなんとか投票することができました。 ログイン後の入金と投票 【投票メニュー画面】 PC版にログインすると上記のような画面が表示されます。 入金 まずは左のメニューから入金をクリックしてネット口座から入金をします(最低入金額は1,000円のようです)。 もちろん、わたしは1,000円の入金です。 投票 画面右側のボートレース場の表示から開催場所をクリックしてください。 【通常投票入力画面】 こちらのような画面が表示されます。 最初は直近のレースと通常投票が選択されています。 投票レースを変更するときは上のレース番号から変更してください。 次に通常投票で最低限必要な選択としては勝式とその下側に表示されている番号を選択します。 初心者は単勝で一着に来ると思った番号を一つ選択するとよいでしょう。 最後に、購入金額を入力して「投票フォームに記入」ボタンを押してください。 右側に入力内容が反映されます。 ここまでやったら「投票入力完了」ボタンを押して確認ページに行きます。 【投票内容確認画面】 確認ページで投票内容を確認してまちがいがなければ購入金額を表示されているものと同じ内容で入力して投票用パスワードを入力して「投票する」ボタンを押せば投票完了です。 投票結果 レースが終って順位が確定したら自動的に払い戻しが行なわれています。 トップページの左側メニューの照会から確認できます。 以上が投票までの方法です。 投票した選手を思い出す ネット投票の会員になると簡単に投票できるだけでなく、サイトも使えるようになります。 【TELEBOATサイト】 右上のログインボタンからログインすると投票結果などを見ることができます。 投票結果を確認する サイトの投票結果タブをクリックすると下のようなページが表示されます。 【投票結果照会】 こちらから辿っていくと実際に誰が一位になったのか確認できます。 わたしはこれで的中した選手が誰だったか調べてお好み選手に登録しました。 ボートレースの上手い下手はわからないのでまずは的中した選手を自分のお気に入り選手として今後ウォッチしていけば楽しみが増えそうです。 今は単勝がメインだけどお気に入り選手が増えたら2連複にも手を出していけそうだし、もっと競艇を楽しめるような気がしてます。 お好み選手登録 サイト上部の設定タブをクリックして次のページに進んで、次にお気に入り設定をクリックすると下の画面が表示されます。 【お好み選手登録】 こちらから選手番号を入力するとお好み選手に登録できます。 今後はここに登録したお気に入り選手が活躍してくれるとうれしいですね! まとめ 投票機の手間から開放されたくてネット投票を開始したらいい事があった。 自分が誰に投票して的中したのかを調べられるようになった。 この機能のおかげでまずは選手に興味を持ってもうちょっと競艇にも興味を持っていけるような気がした。

次の

ボートレース|公営競技|ジャパンネット銀行

ボート レース ネット 投票

制度開始の背景と目的 JRAでは、「経営の基本方針」のひとつとして、「レースの迫力、馬の美しさ、推理の楽しみが一体となった競馬の魅力を高め、夢と感動を皆様にお届けします。 」を掲げています。 また、サラブレッドの血統で歴史を紡いでいく競馬は、長くお楽しみいただくほどその深さに触れることができます。 そこで、お客様に安心して末永くお楽しみいただくために、JRAとしての「ギャンブル障害への対応」に取り組んでおります。 万が一「ギャンブル障害」に陥った場合、本人のみならず、家族の日常生活にも影響が及びます。 特に、重篤の場合は、早期に専門の医師の診断を受け、治療を開始することが望ましいと考えられます。 JRAでは、ネット投票に関しまして、2017年10月から、会員ご本人からの申請に基づき、そのご利用を停止する制度を開始しておりますが、今般、以下のとおり、会員ご家族にも申請の範囲を広げ、そのご利用を停止する制度を開始することといたしました。 会員ご本人と同居している会員ご家族のご協力をいただくことで、より早い対応が可能になるとともに、会員ご家族の生活に対する影響も小さくできるのではないかと考えております。 JRAでは、引き続き「ギャンブル障害への対応」に積極的に取り組み、お客様に安心して中央競馬をお楽しみいただけるよう努めてまいります。 (2) 申請手順等を説明させていただいたうえで、「利用停止申請書」をPATサービスセンターよりご家族宛て郵送いたします。 (3) ご家族より「利用停止申請書」および「申請に必要な添付書類(「ギャンブル障害であることを証明する診断書」等)」を提出していただきます。 (4) JRAは、会員の利用停止について審査いたします。 (5) 審査の結果、会員の利用停止を実施する場合は、ご家族および会員へ「利用停止開始予定日」を通知し、会員より異議申立て等がなければ、「利用停止開始予定日」に利用停止いたします。 なお、「利用停止開始予定日」は通知を発した日から1ヵ月が経過した日以降の最初の中央競馬の開催日を含む「節」の初日となります。 注記:「節」とは連続する勝馬投票券発売日(通常、土曜・日曜)を合わせたものです。

次の