年賀状 やめる とき の 挨拶。 年賀状をやめる時の伝え方と文例を紹介!今年or来年からやめたい!

年賀状を来年から出さない、終わりにしたい時の対応法!やめる挨拶や文例も!

年賀状 やめる とき の 挨拶

ただ 自然消滅となるまでに相手に心配をかけないよう一筆いれたいとも話します。 短くもすっきりと親の気持ちが伝わる文章を検索していますが、そういった見出しに出会えないで困っています。 教えて下さいよろしくお願いします。 この方の親御さんはとても丁寧な方なんだと思いました。 本当は年賀状を出したいけれど、だんだんと体力的な面などでキツくなってきたという事ですよね。 おじいちゃんおばあちゃんの中には筆を持つ手が震えてしまい上手く文字が書けない・老眼で書くのが大変という方も大勢いるようです。 そうなると年賀状作成は大変な作業になってきます。 と言うことで・・・(前置きが長くなりました。 この方には既に私なりの文面をお伝えしております。 ) 今回は 年賀状をやめる為の文例をご紹介します!! スポンサーリンク 年賀状をやめたい!文例6つ紹介します!! 年賀状をやめる方法としては 自然消滅か 自分から相手に辞退のメッセージを伝えるかの2パターンあると思います。 自分からは送らない。 また相手から年賀状が届いても送り返さい。 を徹底すれば次第に自然消滅にはなっていくとは思いますが、それはやっぱりなんだかなぁ…。 というのとそれが原因で関係性悪くなったら嫌ですからね。 という事で、 自分から相手に辞退のメッセージを伝えるといいかなと思います。 高齢で年賀状作成が大変になってきた時の文例• 年齢が原因ではないけれど年賀状をやめたい文例 という順番で文例をお伝えしますね。 高齢で年賀状作成が大変になってきた時の文例4つ! ここまで年賀状をやめる時の例文を見ていきましたが、ポイントとしては・・・ 「どなた様にも」「皆様へ」など 誰に対しても同じように年賀状は出さないようにします!という文面にすると差しさわりがなくいいです。 これを書くことで「なるほどね。 私が子供の頃(もう20年以上前・・・。 新年と言えば年賀状でした!!家族で集まって何枚届いた!!とかわーわー言っていました。 当時はみんな家の電話!携帯電話もスマホもなかった時代。

次の

年賀状の文例

年賀状 やめる とき の 挨拶

年賀状をやめるタイミング もしあなたが年賀状を出すことに意味を感じなくなったのならそれが一番のやめるタイミングです。 確かに新年の挨拶として、年賀状は、日本の文化として根付いてきました。 しかし、時代や文化は変化していくものでもあります。 近年では、SNSなどインターネットでの情報のやりとりが一般的になってきており、ペーパーレスとなり環境資源にも優しい方法が確立されています。 ・紙を使う意味があるのか? ・他の媒体で新年の挨拶ができるのに! ・費用も手間も時間も奪われる ・時代にマッチしていない などなど 年賀状に対して出す意味を感じなくなったり大きな手間に感じているのなら、それが一番の辞め時です! スポンサーリンク 年賀をやめるときの挨拶文 年賀をやめると決めたら、遅くとも12月初旬には相手に届くように挨拶文を書きましょう。 挨拶文を書くときのポイントは以下の5つです。 年賀をやめる意思をはっきり書く• 全ての人に対してやめると書く• 今後も変わらずお付き合いしたいと書く• やめる理由をさりげなく伝える• メールアドレスなど他のツールでの連絡方法を添える 例文 お久しぶりです。 寒さが厳しい季節になってまいりました。 皆様、お元気でお過ごしでしょうか。 誠に恐縮ではありますが 時代の移り変わり もあり 今後は どちら様にも来年より年賀状での 年始のご挨拶を控えさせて頂く事に致しました。 何卒御了承下さいますよう よろしくお願い申し上げます。 例文では以下の文言にしています。 年賀をやめる意思をはっきり書く 『年始のご挨拶を控えさせて頂くことにしました。 全ての人に対してやめると書く 『どちら様にも・・・』• 今後も変わらずお付き合いしたいと書く 『今後とも変わらぬお付き合いをさせて頂けると幸いです。 やめる理由をさりげなく伝える 『時代の移り変わりもあり・・・』• 大きく3つの分類に分けて考えてみたいと思います。 頻繁に会う友人や会社の同僚• 昔お世話になった友人や先輩、後輩• 親族関係 頻繁に会う友人や会社の同僚 普段から仲のいい友達や毎日顔をあわせる会社の同僚なら、挨拶文まで必要ないかもしれません。 直接、対面で自分の気持ちを伝えるのがいいでしょう。 また、対面する機会がなければ挨拶文をメールで送ることで理解してもらえるかもしれません。 気持ちを正直に伝えると そちらから言ってくれて良かったよ! これからはメールにしようねっ! という感じで逆に、感謝されることもあるかもしれません。 昔お世話になった友人や先輩、後輩 昔お世話になった友人など、めったに会うことがない友人に対しては、挨拶文を送るといいでしょう。 12月初旬には相手に届くように送ることで、こちらの意思をきちんと伝えることができます。 親族関係 親族関係は、自分だけの問題と1人で考えるのではなく、自分の気持ちを素直に親族に相談してみるのがいいでしょう。 特に毎年、家族や子供の写真を年賀状で送っているなら、こちらからの年賀状を楽しみにしてくれている人も多数います。 また年賀状文化の重要性を感じている人がいるかもしれません。 これらの親族に対して、いきなり『年賀状やめます』と挨拶文を送るよりは、相談できる親族に自分の考えを伝えて相談してみるといいでしょう。 そのほうが信頼関係が保たれると思います。 ひょっとしたら、大反発をくらうかもしれませんし、あっさり賛成してくれるかもしれません。 それは、相談してみないとわかりません。 こちらが素直な気持ちを伝えると反対意見をもっていたとしても、失礼にはあたらず信頼関係は保たれると信じています! 最後に さて、いかがだったでしょうか? 年に1度、挨拶をする。 年賀状は素晴らしい文化だと思います。 しかし もっと良い形に変わってもいいのでは? それが今なのでは! と感じています。 時代の移り変わりとともに年賀状だけでなく、全てものは変化します。 次の世代にスマートな形でバトンタッチできるように、新たな挨拶の方法や文化を私たちで創造してもよい時かもしれませんね。 年賀状を辞めるタイミングは人それぞれです! もしあなたが年賀を辞めるタイミングを迷っているのなら、その一助になれば幸いです。 それでは、世帯主でした!.

次の

年賀状【出さない方法二つ】と例文~これで解放されました~

年賀状 やめる とき の 挨拶

スポンサーリンク 年賀状をやめるときの挨拶は必要? 年賀状を書くのをやめたいときには、「今年から年賀状を書きません」と宣言をする必要はあるのか気がかりですね。 まず、年賀状のやりとりをやめることについて私の考えをお話ししますね。 私はこれまでに中学・高校・大学進学や就職などをきっかけに、年賀状のやりとりをやめた友達は十何人もいます。 ですが、年賀状を送らない挨拶をしてきた人はひとりもいなかったし、私も挨拶せず黙ってすっぱりとやめてしまいました。 そういう経緯があるので、個人的には年賀状をやめる宣言をされると、黙ってやめるよりかえって失礼だなという印象を受けてしまいます。 年賀状を書くのはめんどくさくても、これからも仲良くしていきたい人相手なら、11月ごろにメールやラインで「ごめんね、今年喪中で年賀状書けないんだ!」や「実は仕事忙しくて年賀状書けなくて……」など送るのもいいですね。 私は年賀状をやめる宣言を受けたことはありませんが、「こう言われたらたぶん普通に『へー、そうなんだ』と受け止められるだろう」と思った文章の特徴を紹介します。 まず、年賀はがきを出さないことについては「全員に年賀状を出さないことにしたんだ」という書き方をすると角が立ちません。 もし特定の個人とだけ年賀状のやりとりをやめたい場合でも「今年は仕事 子育て・家事など… が忙しく、皆さまに年賀状を書く時間がとれなくなってしまいました」と、全員に出せないことを強調しましょう。 年賀状をやめることを宣言する場合は、自分の事情でどなた様にも年賀はがきを書けなくなってしまったことを書くと、相手も「仲間はずれにされた!」と思わず冷静に受け止められるのではないでしょうか。 こんにちは、お元気ですか? 勝手ながら、都合により今年から皆さまに年賀状を書くのが難しくなってしまいました。 これまで毎年のやりとりを楽しんでいたので私も心苦しいのですが、ご理解いただけますと幸いです。 また、何か変わったことがありましたらラインで近況報告させてくださいね。 これから寒くなるので、お身体をお大事にしてください。 ここでは例文を書きましたが、個人的には年賀状を書けなくなってしまった明確な理由がなくて、めったに会うことのない知人程度の付き合いなら、何も言わずにフェードアウトするのをおすすめします。 私としては、年賀状をやめる挨拶をするのはこれからも仲良く付き合っていきたい友達にだけ送るのがいいと考えています。 年賀状を送らない宣言をする方が少数派で、多くの人が何も言わずにただ年賀はがきを送らない方法をとっているので、よほどの事情がなければさりげなくフェードアウトした方がいいですね。

次の