ワールド トリガー 194。 【ワールドトリガー】遠征の選抜試験って何するの?|考察

ワールドトリガー194・195話/22巻ネタバレ!勝つのは二宮隊か三雲隊か

ワールド トリガー 194

それを二宮がステロイドで反撃。 遊真が引いたところで、二宮はメテオラを使って隠れ場所を潰していく。 逆サイドからは、三雲が攻撃を仕掛ける。 このねらいは、二宮に振るアタックをさせないための牽制。 しかし、二宮の攻撃が三雲に向いてしまえば、三雲は簡単に落とされてしまう。 解説はそう考えるが、そこにこそ三雲のねらいがあるようだ。 二宮隊も、三雲の作戦を警戒してか、深追いをしてこない。 なぜなら、二宮隊はまだ雨取の位置を掴めていないから。 今の戦況は、雨取の攻撃を一発しのげば二宮隊がかなり有利になる。 ただそれには、三雲に動かされたというかたちではなく、万全の状態でという条件が付く。 三雲の考えた作戦の欠点は、二宮隊を攻めるのが遊真とヒュースではないこと。 二宮は、三雲のことを気にせず遊真に照準を合わせる。 そして、二宮のフルアタックにより、遊真は大ダメージを受ける。 二宮は、雨取が人を撃つことができないのであれば、この試合は自分たちの勝ちだと言う。 遊真は、二宮を倒すのは三雲だと返す。 ここで三雲がスラスターを発動。 すかさず遊真がスコーピオンを投げる。 二宮隊がそれを防いだ瞬間、今度は雨取の狙撃が二宮を襲う。 しかし、その攻撃は犬飼によって防がれた。 二宮は、雨取に向かってメテオラを発動。 雨取はうまくガードし、何とか無傷だ。 二宮は、居場所が分かった雨取に犬飼と辻を差し向ける。 これで玉駒は、三雲が狙っていた「二宮と2対1」の状況に持ち込んだ。 そして、三雲が雨取に人を撃たせる覚悟がなかった。 などの意見が出る。 三雲は、犬飼と辻、どちらでもいいから動きを止めろと、雨取に指示を出す。 これで二宮と2対1。 と思ったその時、辻が引き返し三雲を狙う。 だがここで、狙いすましたかのように雨取の狙撃が辻に命中。 あまりの破壊力に、辻は即ベイルアウト。 二宮が辻に気をとられた隙を狙い、三雲が攻撃。 しかし、それを難なくかわす二宮。 そして二宮は、遊真に向けてフルアタックを放とうとする。 この瞬間、三雲は、勝ったと言う。 なんと、先ほどかわしたはずの三雲の攻撃が、二宮を追尾して命中。 三雲が先ほど放った弾は、普通の攻撃かと思われたが、実はハウンドだった。 実は三雲は、今までハウンドの存在を隠すためにハウンドの追尾性能を切った弾を放っていたのだった。 そして、とどめは遊真の攻撃。 二宮はベイルアウト。 続いて雨取が、犬飼にやられベイルアウト。 犬飼は、このまま続けても今シーズンの最終順位は変わらないがどうするか? と二宮に訊く。 二宮は、犬飼に撤退を指示。 犬飼が自発的にベイルアウトしたところで試合は終了。 Bランク戦第8ラウンド、上位・夜の部は、玉駒第二の勝利で終わった。 スポンサーリンク 『ワールドトリガー』の最新話が載っているジャンプSQを今すぐ無料で読む ワールドトリガー【最新194・195話】 のネタバレはどうでしたか? ここまで読んでいただいた方の中には• 「文章だけでは分かりにくい」• 「登場人物の動きや表情も気になる」 と、思った方もいるのではないでしょうか? 「このネタバレの内容をできれば漫画で読みたい! 」 そんな方におすすめしたいのが U-NEXTという動画配信サービスです。 あなたにU-NEXTをおすすめする理由とは? この漫画を読みたいと思った方にU-NEXTをおすすめする理由は次の4つです。 31日間無料でサービスを利用できる! 登録時に 600円分のポイントがもらえる! 動画や雑誌の見放題サービスもあり! 無料期間内の解約でも違約金などは一切なし! 無料トライアルに登録するだけで600円分のポイントがもらえるので、すぐに 「ジャンプSQ最新号」or好きな単行本を1冊だけ無料で読むことができます。 無料で楽しむには注意することもあります。 600ポイント以上の作品を購入・視聴しない• 無料期間内に解約の手続きをする これさえ気をつければ、どんなに楽しんでも料金を請求されることはありませんので、U-NEXTを利用したことがない方はぜひこの機会にお試ししてみてください。 ついに2位確定です。 雨取にわざと人を殺さないように狙撃させ、居場所を教える。 それを犬飼と辻に仕向けると見せかけて、辻は三雲を襲う。 辻が三雲に向かうところで、雨取が辻を狙撃。 さらに、三雲のことを相手にしていなかった二宮をハウンドで攻撃。 三雲の考えた作戦はこんなところでしょうか? 二宮隊は、雨取と三雲のことを警戒しながらも、結局のところ甘く見ていたのだと思います。 三雲はそれをうまく利用して、「雨取には人が撃てない」「三雲は攻撃には向かない」ということを思いこませることで、二宮隊にできるわずかな隙を狙ったんじゃないかと思います。 この最終結果を見て、他の隊の人たちはどう思うのでしょうか? 少なくとも、三雲の評価が上がったことは間違いないと思います! まとめ ということで、 この記事では、2020年4月4日に発売の『ジャンプスクエア2020年5月号』で掲載された ワールドトリガー【最新194・195話】のネタバレと感想を紹介しました。 今回のお話を簡単にまとめると、• 辻は、雨取の狙撃によりベイルアウト。 二宮は、遊真と三雲の攻撃でベイルアウト。 雨取は、犬飼の攻撃によりベイルアウト。 犬飼は自発的にベイルアウト。 Bランク戦第8ラウンド、上位・夜の部は、玉駒第二の勝利で終わった。 という内容でした。 今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かり、より楽しむことができます。 この記事の内容を漫画で読んでみたい! と思った方には、わざわざ書店に行く必要もなく、購入したら今すぐに読める電子書籍がおすすめです! こちらの記事では、好きな漫画の最新話や単行本をお得に読むことができるサービスを紹介しているので、よろしければご覧ください!

次の

ワールドトリガー194、195話のネタバレと感想!駆け引き|漫画ウォッチ

ワールド トリガー 194

待ち構える二宮隊に玉狛が仕掛けますが、うまく対処されて遊真がダメージを受け、千佳の鉛弾狙撃も防がれてしまいます。 位置のバレた千佳に犬飼・辻が向かい、修が狙っていた二宮との2対1の形、修・遊真対二宮の局面が生まれました。 以下、「(2020年5月号)」のネタバレを含みます。 読み応えがあり過ぎて何から触れればいいかわからないくらい盛りだくさんでした。 千佳の殻を破った狙撃。 これまでコツコツと積み上げてきた伏線を一気に回収した感じです。 この大事な場面で21ページの2話掲載で、しっかりと決着まで持っていってくれたことにも感謝です。 最高のを得られました。 トドメを刺したのは遊真でしたが、二宮に大ダメージを与えたのは修! やったぜ!! 修の作戦が見事に的中し、千佳の狙撃も決まって完全勝利 修の隠し玉は追尾弾(ハウンド)でした。 それまでは追尾性能を切った直進の弾丸で、通常弾(ア)と思わせていました。 なるほど、そのための前号の詳しい蔵内のハウンド講義でしたか。 まったく気付きませんでした。 これまで散々トリオンに余裕がないから新しいトリガーは入れられない、構成は変えられないと言われてきたのでワイヤーに工夫するくらいが精一杯かなとも思っていましたが、ハウンドだったとは。 しかもトリオン量が低過ぎて、通常弾と見分けがつかなかったというそのくだりまで含めて予想外でした。 てっきり千佳の超速ライトニングでさくっとやっつけてしまうのかと思っていましたが、はそんなに軽くなくて逆に嬉しいです。 最初に鉛弾を撃って油断させておいてからの、千佳の素ので辻を粉砕。 てるてる考案の物理的ガードで、瓦を盾にキメ顔していた辻がシールドと瓦を一撃で粉砕されて吹っ飛ぶシーンは、ちょっとユーモラスでした。 幽霊相手にお札が効かなかった人みたいな。 千佳が窓越しに狙撃しているシーンは、よく見ると銃身が窓枠(粉々になったガラス)より前に出ているようにも見えて、窓を突き破ってから撃ったのかな?とも思いますが、窓の割れ方が弾で撃って割れた時のそれだったので、内側から窓ガラスごと撃ったのが正解かと。 今までの千佳の自分の殻を破る、という意味も重ねてのガラス粉砕でしょうか。 それにしても、二宮隊も観客も全員「千佳は人を撃てない」と思わせておいての弾は、これまで丁寧に積み上げてきた千佳のストーリーを完結させて、次のステージに進めるための重要な場面でした。 感動します。 戦略的にも、最初のチャンスで鉛弾を使わなかったらガードに入った犬飼を落とせていたかもしれませんが、その後、警戒した二宮が辻と組んで防御を固めてしまえば、そのまま時間切れになって2点取れなかった可能性もあります。 その意味でも修の戦略には意味がありましたが、疑問なのは修の指示が「鉛弾で身を守れ」。 辻を撃ったのは千佳の独断だったのか、最初から修の仕込みだったのか微妙なところです。 自分のタイミングで撃っていいという話だったので修の指示とも言えますし、ヒュースが「・・ここだ」と言っていますので、もしかしたらヒュースの声が引き金になったとも考えられます。 もしくはそんなのに関係なく、千佳が成長してスナイパーとしての役割を全うしたのかもしれません。 感想回で触れられるでしょうか。 いずれにせよ、修は辻が引き返して来て自分を狙っていたのに気付いてなかったのか、わかっていて無視したのか、二宮に集中していました。 結果的に辻を綺麗に誘き出す形になりましたが、天然だったのか計算された釣りだったのか・・。 辻の奇襲からの、千佳の狙撃で辻が背後で盛大に吹っ飛ぶという出来事にもピクリとも反応せずに二宮だけを狙い続けていた修は大物です。 二宮は出水いわく「駆け引きには駆け引きで捻じ伏せる」ために犬飼・辻を千佳の元へ向かわせたように見せて、辻を反転させて修を狙わせましたが、辻が撃破されたことで修が一枚上手をいったということでしょうか。 弓場撃破シーンの逆をいった感じです。 観客たちも冒頭で最初の鉛弾が勿体なかったとか、千佳に撃たせる覚悟が足りなかったとか散々言っていましたが、度肝を抜かれたんじゃないでしょうか。 辻撃破の瞬間を狙いすましていた修が動き、両手にアを構えている二宮に(このタイミングなら防御はできない!)とすかさず動いて攻撃を仕掛けます。 しかし、弾丸はニノスラスター(仮名)でさくっと横移動でかわされ、王子にも(この場面で弾丸を散らして撃てるくらいの射手としての経験がきみにあれば・・)と惜しまれ、小南は頭を抱え、観客席も「あ~」という顔をしています。 そんななか、烏丸だけは勝利を確信していました。 訓練にも付き合っていましたし、隠し玉の存在も知っていたのでしょう。 「勝った」と修とタイミングを合わせて声に出しちゃってます。 師弟愛が感じられて良かったですが、二宮相手に「勝った」と言ってしまうのは、ちょっと先走り過ぎ感はありましたかね。 ここまで隠していた「アと思わせておいてのハウンド」が、ニノスラスターで右にスライドした二宮を追撃し、しっかりとほぼ全弾命中しました。 いくらトリオン量が少ないとはいえ、直撃では大ダメージを負うと蔵内も解説していましたが、その通りになりました。 ハウンドが刺さった時の観客席の驚き具合、特に出水のわくわく感も溢れ出る驚きの表情は、修を気にかけていた出水の内心が現れていて嬉しくなりました。 二宮が両手に構えていたアの大きい方は制御を失って飛んで行ったように見えましたが、撃たれたショックで狙いを外してしまったのでしょうか。 というか左腕が飛ばされたのでそのまま制御を失ったのかな。 里見は射撃は精神的なものもあると言っていたので、両方かもしれません。 いずれにせよ修の与えたダメージで態勢を崩す二宮の隙を逃さず、遊真がで近づいて足から生やしたン蹴りで胸を貫いて仕留めました。 いつかの時の借りを遊真も返せましたね。 千佳は初めて人(トリオン体)を撃った衝撃からか放心状態でした。 寄られた犬飼に「ナイスキル」と褒められて「あっはい・・ありがとうございます」と返事していましたが、タタタタと撃たれて。 やられるシーンはカットでした。 あの場面で全方位のハウンドとか撃ったら犬飼は避けられないように思いますが、遮蔽物で無理だったでしょうか。 ならば自爆的にメテオラとかもアリな気もしますが、あの距離ならばキューブを出す間にやられてしまうのかもしれません。 他には全防御で時間を稼ぐとかもあったかもしれませんが、千佳にはその余裕がなさそうでしたし、精神的にどれも考えつかなかったのかもしれませんね。 笑顔で至近距離から千佳をさせた犬飼でしたが、残っていたのが女性恐怖症の辻ならキルできたでしょうか。 犬飼は順位が確定した時点で二宮に指示を仰ぎ、自発的で玉狛の勝利。 犬飼なりに玉狛を認めて、完全勝利で花を持たせてあげようという配慮だったのか、二宮も無駄な抵抗はせずに引き際を汚さずに撤退を選択しました。 これにより玉狛の勝利となり、生存点を加えて6点の荒稼ぎ。 最終スコアは二宮隊3点、生駒隊・弓場隊がそれぞれ2点。 玉狛は2位確定です。 ラストのコマでマントを翻して定番の冷や汗を掻きつつ後ろ姿を見せる修は、やっと主人公っぽいカットになりました。 遊真は後ろで転がって喜んでいましたし、その前の実況席では小南が涙を流して両手を上げていました。 王子の静かな拍手もじーんときましたね。 最終決着までの流れが完璧過ぎて言うことありませんでした。 二宮がやられるところが見れて確かなまんぞくです! まさに文句のひとつもない最終ラウンドでした。 お見事としか言いようのない展開で、千佳の狙撃でのナイスキルに、こちらの予想を上回る修の隠し玉、修の狙い通りの試合運びからの、修が二宮にダメージを入れて二宮。 素人の浅はかな予想はまったくかすりもせず、それでいて確かな満足をお届けしてもらいました。 最初にも書きましたが、2話掲載(21ページずつ)で決着までいったのも良かったです。 修にヒュースの代わりが務まるのか?という命題にも答えが出ましたね。 もちろん、初見殺しでハメただけと言われればそれまでかもしれませんが、工夫がトリオン強者を上回って、努力が実ったのが何よりです。 ヒュースの加入で最後まで戦力を温存できたことや、千佳の覚醒、遊真の新技やサポート、修の隠し玉が全部合わさっての勝利でした。 二宮のデレが見られるでしょうか。 次は解説回となると思われます。 ンブーメランとか、修の評価とか、色々聞けそうで楽しみです。 あとは先生の体調ですね。 漫画賞の審査委員とかを引き受けているようですが、そういう仕事は先生に割り振らなくてもいいのに・・と思いますが、仕方ないのでしょうか。 アニメも決まりましたし、そろそろ単行本作業もあるでしょうし、そのうち休載があるかもしれません。 ずっと読みたいのは山々ですが、無理をして体を壊さないようにして欲しいものです。 次も楽しみにしています。

次の

【ネタバレ】ワールドトリガー 194話「三雲修⑱」あらすじ、ネタバレ

ワールド トリガー 194

玉狛第2 vs 二宮隊、決着 二宮隊の狙い 米屋は二宮への狙撃が素のライトニングかアイビスなら、1人落とせていた、やはり雨取は人を撃てないのか?と言います。 しかし、三輪は指示を出していたのは三雲だ、雨取に「撃たせる」覚悟が三雲に足りなかった、と言います。 そして三雲と空閑は二宮に対して2対1の状況を作れました。 解説席の小南は三雲が二宮をちょっとでも崩せれば、その隙をついて空閑が勝つと断言します。 その時、雨取に向かっていた辻が反転して、三雲の方へ移動し始めます。 二宮隊の狙いは、雨取ではなく2対1で二宮の隙を伺っている三雲でした。 前回、三雲は二宮隊の脅威にならないと言っていた二宮に対して空閑が、つまらないウソつくね、と言っていたのは、二宮が最初から三雲狙いだったということでしょう。 狙撃の光を見た犬飼が、すぐに辻に連絡し辻は鉛弾(レッドバレッド)の狙撃を防ごうとします。 辻が狙撃された事を気にして、二宮は辻の方に注意を払いますが、その隙を狙って三雲は二宮に対して攻撃します。 解説席の王子は三雲に弾を散らして撃てるくらいの、射手としての経験があれば…、と残念に思います。 三雲が撃ったのは、通常弾ではなく追尾弾(ハウンド)でした。 トリオンの少なさを逆手にとって、通常弾から追尾弾(ハウンド)に切り替えることはしないだろうと、二宮隊に思わせていた三雲の作戦のようです。 雨取は素直に、あっはい…、ありがとうございます…、とお礼を言いますが、その後犬飼に緊急脱出(ベイルアウト)させられます。 しかし、この先試合がどう転んでも、今期の最終順位は変わらないっぽいですけど、と犬飼は二宮に最後までやるか連絡します。 試合終了となり、解説席の小南が玉狛第2の勝利に大喜びです。 倒れ込んだ状態の空閑も、勝利にガッツポーズをしています。 三雲は二宮隊の脅威にならないと二宮は言っていましたが、二宮隊はしっかり三雲狙いで辻は三雲を攻撃しようと反転します。 しかし、その狙いも読んでいたようで雨取がとうとう辻を通常弾で撃って、緊急脱出(ベイルアウト)に追い込み見事得点を獲得します。 そして三雲も、最初に追尾性能を切った追尾弾(ハウンド)で攻撃する事で、二宮に追尾弾(ハウンド)を使っている事を知られないようにして、無事二宮を攻撃し空閑がトドメをさして二宮も緊急脱出(ベイルアウト)させました。 164話で三雲が、新しいトリガーを追加した方がいいかもな…、と言っていましたが、ギリギリの構成で追尾弾(ハウンド)を入れたようですね。 何か、代わりに入れていたトリガーを抜いたのでしょうか。 コメントで指摘ありますが、通常弾(アステロイド)撃っていないから、通常弾(アステロイド)を抜いたようですね。 玉狛第2は得点4点だけなく、生存点2点も獲得していてさすがです。 得点4点の内訳は、 ・生駒隊・生駒(ヒュースが得点) ・弓場隊・帯島(空閑が得点) ・二宮隊・辻(雨取が得点) ・二宮隊・二宮(三雲と空閑の二人、三雲が追い込んで空閑でトドメ) のはずです。 間違っていたら、ごめんなさい。 次回、玉狛第2が勝利した最終戦を振り返ります。

次の