ぼく たち は 勉強 が できない 146。 【ぼくたちは勉強ができない 146話感想】ガチのマジでヒロイン決定へwwwwww

ぼくたちは勉強ができない16巻を完全無料で読める?zip・rar・漫画村の代役発見!?

ぼく たち は 勉強 が できない 146

「できない」が「できる」ようになる物語 「ぼくたちは勉強ができない」という作品は 「それぞれの夢の実現」というのが大きな柱となっています。 それぞれの「夢」を抱くヒロインたちは,「夢」を成し遂げるには様々な難点がある。 そんな難点を乗り越えるために,成幸先生の指導の下,努力をつみ重ねて「夢の実現」に辿りついていったわけです。 ゲームで勝てるように人の心理を理解できるようになりたい,と願っていた理珠は人の心が理解できるようになりつつ,学びたかった心理学の道に進むことができた。 天文学を志していた文乃は,反対していた父の理解を得て天文学の道に進むことができた。 医者を志していたあすみは,肝心の理科が苦手という弱点を乗り越えて,浪人生でありながら医学部に合格できた。 目指すような教師像になれなかった真冬は,成幸との関わりを通じて教師としての目標を取り戻して再び生徒に寄り添う教師として歩み始めた。 これらの彼女らの 「できない」は成幸との関わり合いを通じて彼女ら自身が成し遂げた, 「できる」ようになったことです。 ぼく勉という物語はこの部分に関して一貫して物語の縦軸は通っていました。 では 武元うるかの「できない」はなにか。 以前から指摘している通り,大学で水泳をするために必要とされた「英語」という課題は彼女の夢ではありません。 そもそも水泳は彼女にとっての「できない」ことでもない。 うるかにとって水泳は既に「できていること」であり,今後もその才能を伸ばしてさらなる高みを目指していくものである。 じゃあ,うるかにとって「できない」ことは何なのかというと 「成幸の一番になる」ことだったわけですよね。 それが彼女の夢であり,目標である。 言うならば 「恋の成就」ということができる。 かなり初期のころからうるかは成幸に対する恋心を隠さず,時に思いを漏らし,一度はその好意が伝わってしまったにも関わらず自ら否定する。 告白未遂,挨拶キス,バレンタインデー,すべての恋愛的な気持ちはその場では「キャンセル」されて成幸には伝わらなかった。 うるかにとって恋する気持ちは成幸に対して伝わらない 「できないこと」だったのです。 それがこの長編の冒頭ではっきりと「告白」した。 彼女がずっとできなかった 「本当の気持ち」を伝えることが 「できた」。 成幸との恋の関わり合いの中で何度も葛藤し,挫折してきたプロセスは,ついにうるかをして「好き」と伝えることを実現させたわけです。 これまでの ヒロインズの長編では彼女らの夢に対する「障壁」をいかにクリアするかという流れで作られてきました。 その中で成幸は補助的な役割を果たし,主体的にはヒロインが自ら成し遂げて勝ち取ってきた。 その意味では,このシリーズが始まった段階で 「うるかのできないこと(夢)= 成幸の一番になる(恋の成就)」であり,シリーズを通じてそれが実現する流れになることは明白だったわけですね...。 「ぼくたちは勉強ができない」とは 一応ぼく勉は 「ラブコメ」という括りで扱われてきたと思いますし,読者はそのつもりで読んできたと思います。 このエピソード中においても理珠と文乃とうるかがお互いの気持ちに気づき,「勝負はこれから」的な側面もあったかと思います。 しかし,こうしてうるかが告白し,成幸は己の気持ちに気づく形でその成就は既に実現目前である。 は残っているけれども,恋愛的な意味での問. 1は既に結論が出ている。 読者というメタ視点においてはもはや 恋の勝敗は決しているわけです。 の答えは出た うるかちゃんファンにとっては歓喜の出来事であっても,他のヒロインを推してきたファンにとっては「告白する... 機会さえないのか...? 」的な焦燥感があるかもしれません。 僕も前々回の感想を書いたときにはその処理をどうするつもりなのか懸念していましたし。 でもこうやって「ぼくたちは勉強ができない」という物語は, 「それぞれの夢の実現」「できないができるようになる物語」,そういう青春活劇であって 「ラブコメではない」と見做してみればそれほど意外なことではないのかもしれません。 「恋」というものを「できない」に据えていたヒロインは武元うるかだけだった。 できないができるようになる文脈の物語であるならば, 恋に関する事項は武元うるかの恋愛成就だけ描けばいい。 そして成幸にとっても 「恋」とは「できない」ものだった。 寄せられた気持ちに気づきながらも気が付かないふりをし,自分が抱いていた「愛おしいという気持ち」も押し殺してきた。 そんな成幸が「うるかを愛おしいと感じる気持ちを認めることが」できた,これも 「できないができるようになった」ことです。 実はこれ,うるかと成幸の両方の「できない」だったわけですね。 そりゃそうだ。 恋とは双方向性のものである。 であるからこそ,蚊帳の外のヒロインの恋について,深く掘り下げる必要もない。 リアルに考えてみれば恋愛なんてそんなものじゃないですか。 好きな男の子に誰かが告白し,成就する。 伝えられなかった他の思いはどうなるのかと言うと,それぞれが自分で失恋を咀嚼して昇華していくだけです。 わざわざ振られるための告白イベントなんてやらない。 「恋は先着順」というごくごく当たり前の事象を鑑みれば,武元うるかの恋が実った暁には,あえて他のヒロインの恋の告白シーンなど描く必要もない。 ぼく勉はラブコメという体裁は取っていたけれどもあくまでそれは物語のサブテーマです。 メインテーマである「できないができるようになる」「夢の実現」という物語視点から見れば,やはりぼく勉はラブコメではなく,それぞれの夢の自己達成を描く, 青春活劇だったんでしょうね。 そして問2. の解答は 武元うるかにとって 一番の幸せとは。 残された難問はこれだけです。 うるかにとって直近の「やらなければならないこと」は水泳である。 やがてオリンピックや国際大会でその名を轟かせるような,そんな栄光が期待される選手ですから,そこに「恋」というファクターは邪魔にならないのか。 しかしまあ,これも 答えが出ているんだよなあ... 答えは出ている うるかにとって「水泳でトップを取ること」も夢であり幸せである。 そして「成幸の一番になること」も夢であり幸せである。 これらは両立することです。 成幸の葛藤に対して,周囲が後押しする流れが来るのでしょうが, 理珠と文乃がそれぞれ成幸の気持ちを察して後押しする流れですかね...。 そこで理珠は失恋を通じて「人の気持ちを知ること」を学び,文乃は失恋を通じて「恋の師匠」としての務めを果たしつつ自らの行き場のない気持ちを咀嚼する。 それぞれのファンは少し寂しい気持ちになるかもしれませんが,それもぼく勉という 「青春活劇」の一つのシーンとして残るのかもしれません。 「現実逃避」のご案内 Google検索で記事が出なくなったら、検索語に「現実逃避」を付け足すと見つかりやすいです。 もっと簡単なのはブックマーク登録。

次の

ぼくたちは勉強ができない「漫画コミック単行本17巻」のネタバレ&発売日と無料読み放題

ぼく たち は 勉強 が できない 146

143話のネタバレ 完全に風邪を引いた成幸は布団で寝込んでおり、看病をしていたあすみはここまで溜めていた疲労が一気に来たのだと推測していたのである。 そして彼女は明日になっても熱が引かなかったら病院に連れて行くと、明日水族館に行きたかったら早く治すように言うと成幸に対して膝枕をするのである。 そこへ真冬が大量の桃缶が入っていて今にも破れそうになっているビニール袋を持って入って来たのだが、ビニール袋が破れた衝撃でバランスを崩してしまい、成幸をお尻で押しつぶしてしまったのだ。 そこへ文乃、うるか、理珠がやって来て、成幸が汗だくなのに気付いた理珠は成幸の汗を拭こうと服を脱がすが、文乃とうるかが割り込んできて誰が拭くか勝負となってしまうのである。 そんなこんなで汗を拭いてもらった成幸は休んでいるとうるかがやって来て、遊んできてもいいんだぞという成幸の言葉におせっかい焼かせてと返したのである。 中学時代のうるかもそんなことを言っていたなと思いながら成幸は眠りにつき、その間に看病をする人はうるかから文乃に入れ替わっていたのだ。 偶然成幸のマスクが外れた時、成幸とキスができるかもと思った文乃は内心ドキドキしたのである。 そして理珠とうるかに申し訳ないと思いながらも、自身の意志と関係なく彼にキスしようとしていたのだが、その様子を2人に見られてしまったのだ。 143話の感想(ネタバレ含む) 「ぼくたちは勉強ができない」143話を読んだ感想(ネタバレ含む)1 旅行中に成雪の体調不良でヒロインが部屋に揃い踏みな展開。 気持ちを伝えたうるか、気持ちに目覚めたりず、気持ちを否定する文乃に加えて意識するもののいまいち素直でない小美浪と人気投票はトップな先生。 行動としてはうるかが一番なものの留学を控えていることや本人がやや諦めムードなところもありさして有利には見えない。 りずは行動こそ一直線だが男女を連想させると言うより単に気を許していて懐いているとも取れる為最終的に恋人になるとれるかはやや疑問。 そこに行くと文乃は友人との関係と言うハードルが無ければ一番意識もしておりなんやかんやとトラブルによる発展もあったのでヒロインの座を得てもおかしくないように思える。 今週の行動により友人二人の反応とそれに伴う自身の気持ちへの向き合い方で物語が大きく決まるのではないかと思われる。 それを理珠とうるかに見られてしまった。 なんと理珠までもが成幸にくちびるをかさねようとしだしたのである! 実は理珠もずっとそうしたいのを今までガマンしていたのだという。 ここで改めて、うるかもこの前成幸に告白したのだと、いっせいに大発表会の様相を呈してきた。 うるかは文乃と理珠と手を重ねた。 同じ人を好きになったもの同士、うるかは文乃と理珠と改めて友情を確かめあうのだった。 その様子を立ち聞きしてしまった真冬先生とあすみ先輩。 夜、真冬先生の妹の美春が成幸を訪ねてきた。 美春はうるかと同じくアスリートである。 成幸にはアスリートに恋愛感情は邪魔なものか問いただした。 成幸はすっかり回復したようで、みんなで水族館に来ていた。 うるか、文乃、理珠、あすみ先輩はそれぞれ、成幸を引っ張りあっていた。 真冬先生はそれを遠くから物憂げな表情で見つめている。 144話の感想(ネタバレ含む) 「ぼくたちは勉強ができない」144話を読んだ感想(ネタバレ含む)1 今週の文乃さんがあまりにも切なさに溢れていてしんどさが半端ないってことですよ。 文乃さんにとって「手を握る」という行為は成幸くんとの繋がりを象徴する大切なものだったというのに。 その手を重ねながら彼が発した言葉がうるかだったなんて、そんなのあまりにも切なくて苦しすぎるではありませんか。 たとえ恋が実らなくても成幸くんに恋をした思い出が彼女にとって大切な記憶として残り続けて欲しいし、成幸くんにもその想いがきちんと伝わって欲しいんです。 そうでなくては報われない。 次週は舞台が「水族館」ということでうるかメインのお話になりそうな気もしますが、それぞれの想いにきちんと焦点を当てながらお話を進めてくれたら嬉しいなと。 そんな期待を込めつつ、一週間後を楽しみに待ちたいと思います。 144話の考察(ネタバレ含む) 文乃の成幸への恋心が理珠達にばれてしまう回でした。 うるかと理珠の気持ちを知っているだけにこれまで成幸への恋心を押し殺していた文乃。 ですが、ついに我慢できなくなり成幸にキスをしかけてしまう。 そこを理珠とうるかに目撃されてしまいます。 友情が壊れてしまうと怯える文乃でしたが、理珠もうるかも決して彼女を怒ったりしませんでした。 お互いの成幸への気持ちを改めて認めあい、これからは心のままに動いていくことになりました。 勉強という大きな目標を成就した彼女達。 これからは「恋の成就」というもうひとつの目標へ大きく舵をきっていくことでしょう。 一方成幸はうるかにどう返事をするか悩んでおりました。 アスリートにとって恋は邪魔という美春の言葉を受け、今の自分がうるかにたいして何ができるのかを真剣に考える成幸。 成幸が出す答えとは。 また次は誰が成幸に告白するのか。 明日はついに卒業式だし、自分も来週中学卒業だから寂しい気持ちはわかると妹の水希に励まされ、気分転換に散歩に出かける。 散歩中に小林と大森に遭遇し、浮かない顔をしているのを見抜かれた上、告白でもされたかと図星を突かれる。 本気で悩んでいるなら話くらいは聞くと優しい声をかけられるが、こればかりは自分が考えて答えを出さなきゃいけないと真面目に答え、2人も納得しその場は別れることになる。 雨が降り出す中、父親の墓参りに出向き、無事大学に合格したこと、家族も元気でやっていることを報告する。 そして自分が告白されたことも話し始め、うまくまとまらない自分の気持ちを整理するため昔のことを見つめ直してみようと思うと告げる。 場面は中学1年生の春、父親が亡くなったばかりの頃、成幸はひたすら勉強していたが成績が上がらずにいた。 妹の水希は父のことで憔悴し学校を休みがちになり、それを見た成幸は自分がしっかりしなければと思いつめていた。 そんな折、雨の降るバス停でうるかと遭遇する。 その頃はまだ顔見知り程度で、水泳の天才であるうるかのことは別世界の人間だと思っていた。 バスの中でも勉強する成幸だったが、心底疲れ切っており降りるはずのバス停でも降りる気力をなくし、終点の海まで行ってしまう。 倒れそうな顔をしていた成幸を心配し、そこにうるかも同じように終点までやってきていた。 海を前にはしゃぐうるかだったが、成幸はとてもそんな気分にはなれない。 うるかはそんな成幸を見て、どうやったら笑うのかと問いかける。 「妹がいつか学校を好きになってくれたら」と成幸が告げると、じゃあそうしに行こうとうるかは提案するのだった。 そう、アニメ版のぼくたちは勉強ができないの最終回はうるかとのハッピーエンドを想起させる終わり方だったのです。 これは原作のファンの人たちを非常に驚かせました。 知っての通り、このぼくたちは勉強ができないというマンガは、すべてのヒロインの中で学校の教師である真冬先生がダントツで人気があることで有名です。 しかし、うるかもまた決して人気のないキャラクターではありません。 やはり、一話に登場していないキャラクターとエンディングをむかえる作品がそうそうたくさんないということがファンを驚愕させた一員でしょう。 水希を一目見て可愛いとはしゃぐうるかだが、水希は敵意剥き出し。 それを気にもせずうるかは「明日お姉ちゃんと学校行かない?」と提案する。 拒否する水希だったが、うるかが連れて行ったのは水希の小学校ではなく、成幸とうるかの通う中学校だった。 中学校のプールで泳ぐうるかは、ヘコんだ時は体を動かすに限ると言う。 水希は水着に着替えたものの、プールに入ることを最初は拒否するが、うるかのスタイルの良さとそれにドギマギする成幸を見て逆上。 ビート板を使いながらも全力で泳ぎ、うるかからは筋の良さを褒められるのだった。 それでもうるかの泳ぎにはまったく敵わず、闘志に火がついた水希は、それから毎日うるかに勝つためプールに通うことに。 そんなある日、成幸と一緒に帰路につく水希は、タオルを忘れていることに気がつく。 それを取りに行くのに付き合った成幸は、日が暮れても独りプールで練習に励むうるかを見つける。 水希曰く、「世の中にはスッゴイ選手がいーっぱいいるから人の3倍や4倍頑張んなきゃ勝てない」と、毎日遅くまで残って練習しているとのこと。 成幸は、「俺は要領が悪いから人の2倍や3倍は頑張らなきゃ」と追い込んでいた自分のことを思い出す。 そして水希は、うるかのように自分も夢中になれる何かがほしいと言うのだった。 水希がそれから学校に行くようになったと聞き、泣いて喜ぶうるか。 うるかが県大会で優勝したと報じる新聞記事を横目に、「俺ももうちょっとだけ頑張ってみようかな…」と呟く。 笑顔でうるかにお礼を言い、うるかは成幸がついに笑顔を見せたことに驚くのだった。 そして現在、父親の墓の前にたたずみ続けている成幸。 「俺にとって武元うるかはずっと憧れの存在で いつも元気をくれる太陽みたいなやつで…」と語るが、その時父親の姿をそこに見る。 大事なことはそういう「言葉」の手前にあるもの。 別に好きな人がいると聞いた時、キスされた時、バレンタインチョコを渡された時、告白された時、愛おしいとは思わなかったのか?と問いかけられる。 そこでようやく、成幸は自身に課した1つ目の問いに対する答えを出すが、2つ目の問いについての葛藤を続けるのだった。 翌朝、卒業式当日の武元家。 大雨の影響で午後の飛行機が全部欠航になり、うるかは午前の便に乗らなければむこうの大会に間に合わないという報せを受ける。 卒業式はどうするのか、うるかは動揺するのだった。 146話の感想(ネタバレ含む) 「ぼくたちは勉強ができない」146話を読んだ感想(ネタバレ含む)1 うるかへの返事をする為にうるかとの出会いから回想していく成幸。 父を亡くし自分がしっかりしなくてはと思う反面、上手く行かない学業に家庭内の悩み。 そこに踏み込んできたクラスメートであったうるか。 妹との距離感をあっという間に縮め、自分自身で解決法を導き出させ、且つ意図していないとは言え自身の姿を見せた事で奮起させたうるかに対して成幸は憧れの念があったと自問した。 そこに現れる父の姿。 恐らく父が居たならこう諭してくれるであろうと言う成幸の幻想と思われるが欲しい言葉を投げかけてくれる。 「できない気持ち」を理解出来るのは「できなかった』ものだけだと言うのはこの作品の当初からのテーマだった。 それが勉学だけに止まらず恋愛にも通じるのはとても一貫性があって楽しめる。 そして自分がうるかの夢に邪魔になるか否かという局面でうるかは急遽飛行機に乗らなくてはならない状況に。 成幸がこの状況を把握して行動を起こすのが恐らく来週号。 その次にはうるかとの関係性がハッキリすると予想されるので結末を注視したい。 本日はあいにくの土砂降りの雨のようである。 それはいいとして、問題なのはうるかの方であった。 この大雨で、うるかが海外に発つ飛行機が前倒しになってしまったらしい。 よってうるかは卒業式に参加できないのである。 うるかも空港で名残惜しそうにしていた。 それは成幸もめずらしくそうであった。 うるかの告白に返事はいらないとうるかが言っていた。 成幸もうるかの夢を村長して、このまま黙ってうるかを見送ることにしていたのだった。 そんなときに理珠が積極的なアプローチをしてきた。 なにかと思ってたじろぐ成幸。 理珠は成幸の考えはお見通しだったようだ。 うるかの告白に返事をする、それを決めるにはほかの誰でもない成幸さん自身だと。 理珠はそういって成幸のもとをさった。 それをはからずとしてきいていた文乃も成幸にハッパをかけてきた。 文乃も理珠もいままでで十分なしあわせを成幸に受け取ってきたのである。 文乃も理珠も成幸の決めたことを応援する、そう決めたのだった。 成幸は空港に走り出した。 校長先生の長い話がタラタラとつづいていた。 そこに成幸の姿はなかった。 成幸はどしゃぶりの雨の中、はしっていた。 うるかがアメリカにたつ前に空港で会っておきたかったからだ。 空港への乗り継ぎの一ノ瀬駅にたどりついた成幸。 大雨の影響で全線運転をみあわせていたのである。 この雨なら飛行機もそうそう飛ばないと思うのだが、成幸はタクシーを呼ぶことを選んだ。 振り返るとそこに真冬先生がいた。 真冬先生は成幸が無断で卒業式をぬけだしたため、探しに来たのであった。 しかし、よく探せたねと思うがマンガですからね。 事情を察した真冬先生は成幸をのせて制限速度目一杯で、空港までクルマではしりだした。 真冬先生は成幸が自分の過去と向き合うということをおしえてくれたのだといいだした。 今度は成幸自身がしあわせになる番だと真冬先生はいっている。 そこに渋滞のトラブルが発生する。 電車がとまっているのだからとうぜんそうなってくるだろう。 成幸はどしゃぶりの雨の中、空港まではしりだした。 空港まであと10キロはある。 足がもつれて倒れた先にあすみ先輩のふくらみがあった。 真冬先生があすみに連絡をしていたのだ。 スクーターに成幸をのせるあすみ。 彼を送り届けるためにヒロインたちが協力する展開が良かったですね。 うるか以外の四人のヒロインが図らずも成幸への想いに決着をつけるような形になっていました。 このまま成幸をめぐる恋の争奪戦はうるかの勝利で幕を下ろすのかが、最大の見どころだと思います。 うるかへの想いを成幸が告げてハッピーエンドになるのもいいですが、できればそれぞれのヒロインがもう一度成幸への想いを確認して告白するような展開もあり得るのではないでしょうか。 違った性格のヒロインたちがこの作品の最も魅力あるポイントだと思うので、ぜひそれぞれの告白が聞いてみたいと思います。 鈍感な成幸がそれぞれのヒロインに慕われていると知った時の反応も見てみたいので、そんな展開もあるのではないかと考察します。 あの答辞は先ほどその場で書いた原稿なのかなと思うと、今の文乃の気持ちや感情がしっかり乗っている内容なのかなと思います。 成幸に自分の気持ちを言葉にして伝えられなかった文乃。 ここで言葉にしたことによって気持ちに整理がつくといいなと思います。 ですが「ぼくたちは勉強ができない」の電子版コミック単行本を完全無料で読む方法は存在します。

次の

『ぼくたちは勉強ができない』|集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト

ぼく たち は 勉強 が できない 146

Sponsored Links 前回は 成幸に告白したうるか・・・ 成幸は思い悩んで知恵熱で風邪をひいてしまう。 その看病をしていた文乃もまた成幸に気持ちがあることが発覚し、 真冬やあすみも含めて自分の想いに正面から向き合うことに・・・ 前回詳しくは をご覧ください! 以下、 ネタバレが始まります。 無料で漫画を読む方法も紹介しています。 ご確認ください! >>>>>> 次話ネタバレ更新 では、早速行ってみましょう! ぼくたちは勉強ができない ぼく勉 146話最新話のネタバレ、あらすじ 卒業旅行から帰った成幸・・・だが・・・ 日々をぼーっとして過ごしていた。 成幸自身はぼーっとしているわけではないのだが・・・周りからそう思われてしまう・・それほどまでに 成幸の脳裏をしめる問題。 それは・・・うるかに告白されたこと。 弟妹が成幸に乗っかっても全く意に返さない程 成幸の意識は自分の内面に向いていて・・・ 周囲から見れば本当にぼーっとして見えてしまう。 そんな兄に妹の水希は・・・ それは兄がもうすぐ卒業式だからだと思い込んでいた・・・ 卒業式はもう明日に迫っている。 その事実を妹の水希に告げられた成幸は・・・ 居てもたってもいられず、家から出て一人で散歩に行くことに・・ 卒業式・・・それはつまり・・・そのあとすぐにうるかは・・・ 成幸の頭を占める問題・・・ 悩ませる。 決して嫌なわけではない・・・でも・・・答えが出ない。 そんな成幸が歩いていると・・・ 馴染みの友人大森と小林に遭遇。 二人とも志望校に一応受かり、 すっかり卒業までの予備の高校生期間を満喫していた。 しかし、成幸が浮かない顔をしているのを見て 大森は・・・ 告られでもしたか? 冗談交じりに言ったその言葉に成幸は黙り込んでしまう・・・ 小林はすぐにうるかの事だと思い浮かぶが・・・ 鈍い大森はそんなことはつゆ知らず・・・ 相談に乗ろうとするが・・・ 成幸は大森の好意にお礼を言いつつ、それは自分で解決するべき問題であり 死ぬほど考えて自分で答えを出すべき事だから・・と大森の話を聞くぞ?という申し出を断る。 決意の表情の成幸・・・ その成幸の表情を見た大森と小林は満足そうにうなずいて・・・.

次の