米寿メッセージ。 【まとめ】88歳・米寿祝いの常識!知っておきたいNGプレゼントと喜ばれるプレゼント|介護のお仕事研究所

名前詩「長寿祝い専用」(Sサイズ)ギフト 手書き風文字(フォント) 古希祝、喜寿祝、米寿祝、長寿祝いに人気 名前入り プレゼント 名前メッセージポエム ネーム ポエム 名前 ポエム

米寿メッセージ

米寿では、お祝い会などを開いてお祝いするのが一般的です。 家で祝う場合もどこかレストランなどの飲食店で行う場合もあります。 孫や親戚などが一堂に会して行われる場合が多いでしょう。 この時、皆で食事を楽しみながらお祝いのギフトを手渡すのが慣例となっています。 その時に贈ると良いのが88歳の米寿を祝うお祝いのメッセージとなります。 お母さんも今年は88歳で米寿だね。 」です。 お母さんのこれまでの長い人生の歴史に心を重ねながら伝えましょう。 これに続けて、「今まで私達子供や孫のために本当にありがとう。 これからもよろしくね。 」などと重ねると嬉しいメッセージとなります。 やはり感謝の言葉というのは心を打ちますね。 」です。 やはり相手の更なる長寿を願う言葉というのはお年寄りの方のお祝いの言葉としては定番です。 日本は世界一の長寿国と言われていますが、長生きというのはやはり周りからの励ましや支援の言葉なしではできるものではありませんよね。 ぜひ大切なお母さんに伝えてみてください。 」です。 これは、特に同居をして未だ家族のお世話をしてくれているお母さんに伝えると良いメッセージです。 元気なお年寄りのお母さんでは、88歳になっても現役で料理をしている!という方も少なくないでしょう。 ぜひそれに対して感謝する言葉を伝えてあげましょう。 本人の日々の支えにもなるはずです。 特に男性の場合、今まで家族のために色んな人生の山や谷を越えてきた方が多いと思います。 そんなお父さんの今までの人生の道のりにも想いを込めてこのメッセージを伝えてみましょう。 その後、「これからもお父さんらしく、楽しい人生を謳歌してね!」と伝えると良いでしょう。 」です。 88歳ともなると、すでに定年退職を終えている方がほとんどです。 仕事をしていた頃からは少し時間が経っている頃かもしれませんが、子供としてはその当時のお父さんの頑張りというのは忘れられないものなはずです。 ぜひまたこの機会にお父さんの当時の頑張りを称えるメッセージを伝えましょう。 これからも自分の趣味をしっかり楽しんでね。 」です。 父親として、自分の子供に「自慢の父親」と言われるほど嬉しいことはありません。 それを伝えた上で、死ぬまで趣味で自分の人生を楽しんで欲しい、という気持ちをしっかり伝えましょう。 ここまで、88歳のお祝いである米寿について、またそのメッセージ文例をいくつかご紹介してきました。 下記関連記事では、還暦のお祝いメッセージをご紹介しています。 色紙に書いても素敵なものや、パーティーの挨拶などで使えるものもあります。 ぜひこちらも参考にしてみてください。 」です。 孫らしく、祖父母の健康を願うメッセージとなっています。 これなら、色紙などの狭いスペースに書いても長くなりすぎないので便利です。 シンプルではありますが、相手の心に残るメッセージだと言えます。 ぜひ自分の祖父母向けに活用してみてください。 」です。 これは、事情があって祖父母に会いに行けない時などに使えるものです。 ギフトを贈る際に添える家族で作った色紙や、電話での挨拶の会話などで活用することができます。 何らかの事情でお祝いが一緒にできないこともあるかと思いますが、このような文例でしっかりメッセージを伝えましょう。 これは、特に幼い孫から伝えるとかわいいメッセージとなります。 特にいつも楽しそうに孫とも遊んでくれるおじいちゃん・おばちゃんにはぴったりですよね。 相手が末永く元気なことと自分との関係を伝える良い例文と言えるでしょう。 」です。 これは、色紙や手紙などの挨拶の文面でも使用できます。 特に家族以外の人の米寿というのはそれを急に耳にしたりということが多いと思います。 そんな時は、この例文のように短い言葉でシンプルに相手に伝える言葉が選べると良いですね。 」です。 これも色紙内の文章、手紙の挨拶文としても使用できるものです。 この「つつがなく」とは「何も問題なく、スムーズに」という意味を表す言葉です。 結婚式のお祝いの挨拶などでも耳にしたことがある方もいるかもしれません。 これからも私達にそのパワーをおすそ分けしてくださいね。 」です。 これも、色紙や手紙の挨拶文として使用することができます。 特に88歳とは思えない元気なお知り合いに使用すると喜ばれるでしょう。 薄っぺらい言葉というのは、相手にも伝わってしまいます。 相手への日頃お世話になっている気持ちなど自分が伝えたい気持ちをしっかり込めた言葉を考えて贈りましょう。 基本的に相手の幸せを願うポジティブな文面にしましょう。 お祝いの席なのでネガティブな言葉などは避けます。 なるべく書くメッセージは綺麗な字で書きましょう。 綺麗な字の方が相手も読みやすいですし、自分の丁寧さも伝わります。 米寿のお祝いにふさわしいメッセージや言葉を相手に贈って喜ばせよう! 当記事では、米寿について、また相手別に米寿のお祝いメッセージをご紹介してきました。 家族以外のみならず、手紙の挨拶文などでも使用できる家族以外の人宛ての物もご紹介してきました。 ぜひあなたも当記事内容を参考にし、米寿のお祝いにふさわしいメッセージや言葉を相手に贈って喜んで貰えると良いですね。 下記関連記事では、相手別の結婚式のメッセージ文例をご紹介しています。 結婚式当日の挨拶に活用できるものもあります。 結婚式の席でも相手の幸せを祝福したい!という方は、こちらの記事もぜひチェックしてみてください。 ご活用いただけると思います。

次の

役立つ米寿のお祝いの言葉を贈る方法と文例

米寿メッセージ

目 次• 米寿とは 米寿の読み方は? まず最初にご紹介するのは米寿の読み方についてです。 米寿の読み方は米(こめ)に寿(ことぶき)と書いて 「べいじゅ」と読みます。 米は穀物の一種で米穀(べいこく)と呼ばれることもありますよね。 このような米という漢字は長寿の一つ「米寿」でも「べい」と読みます。 米寿の年齢はいくつ? 次は米寿のお祝いの年齢はいくつなのかについてご紹介したいと思います。 なんとなく読み方などは分かる人も多いのですが、長寿のお祝いでは似ている名前も多いことから年齢が混ざってしまいわからなくなってしまう人が多いです。 この長寿の年齢は由来や意味を知っていると覚えやすいのですが、米寿の年齢は 「88歳」です。 ゾロ目でもあるので、似ている77歳の喜寿と合わせて覚えていただけたらと思います。 米寿の由来や意味とは? 次は米寿の由来や意味についてご紹介したいと思います。 長寿のお祝いは昔からの日本の文化でも存在し、中国からこの風習は伝わったとされています。 奈良時代の頃から続いているとも言われているのですが、それぞれ長寿のお祝いにも意味や由来が存在します。 特に長寿のお祝いは由来と合わせて年齢が覚えやすいので由来さえ覚えておけば年齢もわかりやすいです。 米寿の由来・意味はさきほどご紹介した年齢「88歳」が大きく関係しています。 というのも、88は漢字に直すと八十八ですよね。 八の字を反対にして組み合わせると米寿の「米」という字に似ていると思います。 このようなことから「米」という漢字を崩したのが由来となっています。 米寿の花は何が良い? 米寿の意味や由来についてご紹介しましたが、次は米寿のお祝いの際におすすめの花についてご紹介したいと思います。 長寿のお祝いにはそれぞれおすすめの花が存在します。 おめでたいことから長寿のお祝いでは花束を贈る人も多いのですが、米寿のお祝いでは次のような花がおすすめです。 どちらも花言葉からもわかるように、相手の幸せを祈るような花言葉なので、相手にこれからも幸せになってほしいという気持ちを込めて花束にして贈るのもおすすめです。 さらに、保存がしやすいようにプリザーブドフラワーの花束で渡すと管理もしやすい上に長持ちしやすいです。 米寿の色は何色? 次は米寿の色についてご紹介したいと思います。 こちらも実はご存じない方も多いのですが、長寿のお祝いではそれぞれイメージカラーが存在します。 特に有名なのが還暦の赤色が有名です。 後述でもご紹介しますが、還暦の際には赤いちゃんちゃんこを羽織ることが多いですよね。 このような長寿のお祝いではそれぞれにイメージカラーがあります。 米寿のお祝いでは花のところでもご紹介していたことからおわかりいただけるように黄色がイメージカラーになっています。 正確には 金茶色が米寿のお祝いのイメージカラーになっているのですが、なかなか金茶色のものは少ないと思います。 そのため、金茶色ですが、黄色で代用してお祝いすることが多いです。 米寿のちゃんちゃんこは着るの? ちゃんちゃんこと言えば、先程も触れたように還暦の際に羽織ることが多いですよね。 これは還暦が暦が還るという意味で、赤ちゃんの頃に羽織る赤い産着を赤いちゃんちゃんこという形で着ます。 しかし、還暦では赤いちゃんちゃんこを羽織るイメージが強いのですが、他の長寿のお祝いではどのようにするのかご存じない方も多いです。 米寿の場合は金茶色のちゃんちゃんこを羽織ってお祝いする人が多いです。 もちろん他の長寿のお祝いでもちゃんちゃんこを羽織ることが多いのですが、これは最近平均寿命が伸び、長寿のお祝いをする機会が多くなったためと言われています。 そのため、米寿のお祝いをしようと考えている場合はぜひ金茶色のちゃんちゃんこを用意してお祝いしていただけたらと思います。 米寿のお祝いの仕方はどうしたらいい? 次は米寿のお祝いの仕方についてご紹介します。 米寿のお祝いの仕方は比較的おとなし目でのお祝いが好ましいです。 もちろん大勢で米寿のお祝いをしてもいいのですが、米寿とはご紹介したようにお祝いする相手が「88歳」を迎えます。 日本の平均寿命は今は83歳と言われているのですが、米寿ではかなりご高齢の年齢ですよね。 そのため、あまり大勢で押しかけてお祝いしても体に障る場合があります。 このことからもわかるように、できれば控えめな誕生日パーティーのようなお祝いを身内・家族で行い、それ以外のときは日にちなどをずらして訪れてお祝いしていただくというような流れがおすすめです。 米寿のメッセージ・お祝いの言葉は? 米寿のお祝いのメッセージ・言葉はできれば「これからも元気でいてね」というような言葉が好ましいです。 88歳というと平均寿命を超えているので、体を崩している人も多いです。 健康な体でいることこそがやはり長生きのポイントでもあるので、健康的な体でいてもらうためにも 「体調を崩さず元気でいてほしい」という気持ちを伝えるのがおすすめです。 米寿のお祝い金額の相場は? 次は米寿のお祝いをする際の金額の相場についてご紹介したいと思います。 米寿のお祝いでプレゼントをするときにもやはり相場は存在します。 もちろん米寿のお祝いを行う相手との関係によっても金額は前後するのですが、身内・家族の場合の相場は1万円から2万円程度と言われています。 2万円以上の方もいるのですが、良くしてもらったという大切な方は2万円以上でも大丈夫です。 それ以外の親戚や上司・お友達の米寿のお祝いを行う場合は相場が1万円前後が好ましいと言われています。 米寿のお祝いのプレゼントは何がいい? 米寿のお祝いのプレゼントではお酒や時計・似顔絵などが人気が高いです。 最近では様々なサービスが豊富で、お酒や時計などにも名入れを行ってくれるサービスが多く登場しています。 もちろんお酒や時計以外にもコップやお皿にも名入れや似顔絵サービスがついているので、このようなサービスを合わせてプレゼントで贈るのもおすすめです。 米寿のお祝いのプレゼントを父には何がいい? 米寿のお祝いが自分の父親の場合に何が良いかについて次はご紹介します。 自分の父親の場合は感謝の言葉入り・似顔絵入りのポエムなどを贈ると喜んでいただきやすいです。 さらに、お酒が好きな方は名入のお酒や、感謝の言葉入りのフォトフレームなどに写真を合わせて贈るといつまでも元気な姿を見てもらうことができるので、喜んでいただきやすいです。 米寿のお祝いのプレゼントを母には何がいい? 次は自分の母親の場合についてです。 母親の場合はやはり女性ということもあり、花束が人気が高いです。 こちらも感謝の言葉入りのプリザーブドフラワーなどが人気ですが、似顔絵入りのコップ・グラスなども特に今注目を集めています。 米寿のお祝いの食事はどんなのがいい? 米寿のお祝いを行う場合はできればヘルシーで健康に良い食事にするのが好ましいです。 もちろん好きな料理を作るのも良いのですが、好きなものでも消化に良いものを選ぶのがおすすめです。 一緒に暮らさなければならないと思いながらも、なかなか自分の家族もいるので一緒に暮らすことができません。 元気な母も一人でも慣れた土地に暮らす方が気楽で良いと言っていました。 経済的にも恵まれていない私が母に高価なものを送っても、決して喜んでくれないことはわかっていました。 以前にバッグ等を贈ったりしましたが、私の経済状況を心配されることもあったのです。 そこで妻や子供たちがそれぞれ写真を添えて手書きでメッセージカードを作り、それを簡単なファイルにまとめて贈りました。 米寿と言えば昔で言えば長寿の最後のお祝い。 これから1年1年元気で暮らして欲しいと思いながらお祝いのカードを書きました。 ささやかなプレゼントなのですが、気持ちがこもっていると、とても喜んでくれました。 私ももう少し頑張って高価なプレゼントを贈っても、母に余計な心配をかけない様にしたいものです。 祖父は、大きな病気もせず、耳も聞こえるし目も見える、痴呆もない、といった健康そのもののおじいちゃんです。 自宅で祖母と二人暮しですが、さすがの祖父も近頃身動きが鈍くなり、足腰の痛みもでてきたと言いました。 普段から家の掃除をすすんでする祖父に少しでも楽になってもらいたくて、米寿のプレゼントは自動掃除機のルンバをあげました! 祖父は大喜びで、部屋中の見えないホコリをかき集めるルンバに大変感心していました。 プレゼントの他に、親戚一同が集まって、写真館で、家族写真を撮影したり、その後会食をして、とても喜んで貰えました。 サプライズでケーキを準備していて、祖母を囲み、全員で記念撮影をしました。 親族で集まることはなかなかないので、祖母もとても喜んでいました。 そのときに撮った写真は額縁に入れて、祖母の部屋に飾っています。 ちなみにプレゼントは…祖母の大好きな綾小路きみまろのトークショーのペアチケット! 母と一緒に行ったそうで、とても喜んでくれました。 母も一緒に楽しめたそうで良かったです。 「まとめ」米寿をお祝いしてさらに長生きを! 米寿についてやお祝いの仕方についてご紹介しましたがいかがだったでしょうか。 米寿は今ではお祝いすることも多いのですが、ご高齢のお祝いでもあるので、相手の健康状態を意識して日程をずらしてあげるのもぜひ念頭に入れていただけたらと思います。

次の

米寿のお祝い贈り物【2020年最新版】お薦め63選

米寿メッセージ

今回、「終活ねっと」では以下の項目を中心に解説します。 米寿とは?• 米寿のお祝いに贈る言葉• 米寿のお祝いのプレゼント 米寿のお祝いをする機会のある方も多いと思います。 ぜひこの記事を最後までお読みいただき、お祝いの言葉やプレゼントの参考にしていただければと思います。 お孫さんから送られるのが一番嬉しい 八十八歳のお祝いともなれば、こどもや孫もそれなりの年齢になっているでしょう。 二十歳でこどもを持てば、八十八歳の年にはこどもは六十八歳になっています。 となれば、孫も成人していてもおかしくはありません。 高齢者にとって、自分の血を継いでいってくれる存在は、とりわけ大切なものです。 若々しく、未来に向かって生きていく孫の姿は、祖父母にとっては希望の象徴ともなります。 お祝いの言葉を贈るなら、お孫さんにも是非関わってもらいましょう。 きっと、とても嬉しいものになるはずです。 米寿のお祝いにはこんな言葉を送ろう 米寿のお祝いに、「言われたら嬉しい」と思われる言葉を考えてみましょう。 素敵な言葉でお祝いしましょう 人の想いというものは、言葉にしなくては伝わりません。 「言葉にするのは照れくさい」と思っていても、お祝いの機会ですから、是非言葉にして伝えてあげましょう。 普段はなかなか言葉にしにくいことですから、なおさらに喜びが感じられるはずです。 気持ちを伝える文例集 お祝いの気持ちを言葉にして伝えるなら、できれば、自分が考えた心からの言葉を送りたいものです。 ですが、普段言葉にしにくいことは、なかなか言語化するのが難しいものでもあります。 「八十八歳という年齢まで長生きをしてくれたことが、私にとってはとても嬉しいことです」と伝えてあげられるような言葉を選びましょう。 「おめでとう」という気持ちのほかに、「この年齢まで生きてくれてありがとう」という気持ちを込めることができたなら、言葉を送られた側はとても嬉しい気持ちになるでしょう。 お孫さんから贈るなら、カジュアルに砕けた文章でもよいでしょう。 「米寿おめでとう。 これからも、元気で長生きをしてね」 「長生きしてくれてありがとう。 いつも私を見守っていてくれる、おじいちゃん・おばあちゃんが大好きです」 すこし改まった言葉を選んだほうが良い関係の場合もあります。 「米寿を迎えられましたこと、心よりお祝い申し上げます。 これからも、お健やかに過ごされますよう、お祈りいたしております」 これらの基本的なお祝いの言葉のほかに、あなたが「この人のこういうところを好ましく思っている」という文面を加えられると、さらに心がこもります。 お祝いの言葉とともに、自分の気持ちを伝えてあげるとよいですね。 お祝いの言葉を伝えるメッセージカード 思いを言葉にすることは大切です。 声を聞かせて伝えることも、とても嬉しいプレゼントになるでしょう。 ですが、言葉はその場だけで消えてしまいます。 心には残っても、その言葉をとどめておくことはできません。 プレゼントにメッセージカードを添えるなどして、お祝いの言葉を手元に置いておけるようにしてみてはいかがでしょうか。 手先が器用な方なら、メッセージカードを自作しても良いですね。 米寿祝いのプレゼントにはこんなものを お祝いごとには、言葉だけではなくプレゼントを添える場合が多いでしょう。 米寿のお祝いにおすすめのプレゼントをご紹介します。 胡蝶蘭が定番 胡蝶蘭の花言葉には、「幸せが飛んでくる」というものがあります。 人生の節目のお祝いには、とても似つかわしいお花です。 胡蝶蘭というと、白や紫がまっさきに思い浮かぶかもしれません。 ですが、米寿のお祝いに合わせた色の胡蝶蘭もあります。 花言葉と照らし合わせて、胡蝶蘭の花を送ってみてはいかがでしょうか。 誕生日の新聞を送ってみませんか? 誕生日の新聞を贈るというのも、良い趣向です。 お祝いのときには、「生まれ年のお酒やワインを贈る」などをするかたもいるでしょう。 ですが、お酒は好みもありますし、飲めない方もいます。 お年を召した方にとっては、新聞は馴染みの深いものです。 生まれた年の新聞を送ってみると、生まれた年にあった出来事も知ることができ、話題も広がります。 お祝いの席にはピッタリの話題作りにもなるでしょう。 長寿のお祝いにオススメの商品 プレゼントは、定番にこだわる必要はありません。 贈る側が、贈られる側の気持ちを慮り、「こういったものを贈ったら喜ばれるのではないか」と考えて、心をこめることが大切です。 実用的なものなら、半纏やパジャマ、靴下などの衣服類もよいでしょう。 普段なら自分では購入しないような、ちょっとグレードの高い良いものを贈ると、ぐっとお祝いらしくなります。 好みの食べ物を贈るのも良いですね。 甘味がお好きな方なら、羊羹や練り切りなどの和菓子もおすすめです。 写真をプリントした洋菓子などもあるので、お祝いや記念の席には面白いでしょう。 お酒がお好きな方なら、お酒を贈るのも良いですね。 こちらも、ラベルにひと工夫できるものが販売されています。 米寿のお祝いまとめ カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の