パチンコ屋 店員。 【不謹慎】パチンコ屋女性店員「アンジャッシュ渡部の不倫相手、私です。」

パチンコ屋で働いている時に女性店員と関係を持ちまくった結果軽い女が多いことが分かった

パチンコ屋 店員

大人の憩いの遊び場、パチンコホール。 楽しむ分には素晴らしい施設ですが、働いてみるとこれが非常に大変!元店員である筆者が、その裏側を大公開します! 時給が高いワケ パチンコ屋さんの時給って高いと思いませんか?もちろんお店によっても変わりますが、最低でも1000円から、多くて2000円の所も!ですからよくお客さんからも 「俺たちの養分を吸っていい暮らししてるんだろ?」 (今日の飲み会カラオケだって言ってたなぁ…何歌おうかなぁ…)ニコニコ 「負け分が高い給料に変換されるんだよなぁ?その分サービスしろよ!」 ニコニコ(あ~今日のお昼ごはんは何かなぁ…休憩いつ回ってくるのかなぁ…) とまぁ、店員はこの手のクレームを「全く」聞いていないので、言っても無駄です。 あしからず。 話はそれましたが、高い時給のワケ…この職業、一応「肉体労働」に区分されるんですね。 また、退職者の8割が何らかの病気にかかって退職を余儀なくされる…というパターンでして。 ・ヘルニア発症 ・急激な視力低下 ・突発性難聴 ・胃けいれん、繰り返される胃かいよう ・うつ、パニック障害 これらの症状が多かったですね。 むやみに高時給なワケではありません。 その裏には「体も精神もズタズタになる覚悟があればどうぞ」という暗示も込められているというワケです。 意外なことに、多かったのが「トイレトラブル」。 クレームの4割ほどを占めていましたね。 ある日のこと、私はホールで巡回していたら、掃除のおばちゃんがもの凄い勢いと形相でこちらへ向かってきます。 ダイイングメッセージならぬトイレットメッセージです。 汚物を床にまき散らしたり、壁に擦り付けたりとかは実際良くある話なんです。 これを片付けるのはあなたの憎いパチンコ屋さんの店長さんじゃありません。 店員でもありません。 一番罪の無い掃除のおばちゃんですので、トイレを汚すという行為はお止めください。 見ていて本当にかわいそうになります…。 ウンを素手で持ったのか…? 鉛筆みたいにして書いたのか…? どうやってなすりつけたのか…? トイレにまで監視カメラはありません。 末代まで語り継がれた究極のネタです。 トイレットペーパーを備品庫からごっそり持っていくお客さん(女性の年輩の人に多かった)も。 逆でペーパーをトイレに大量に突っ込んで詰まらせちゃう人も(年輩の男性に多かった)いました。 八つ当たりのやりすぎクレーム・イタズラは処罰対象になっちゃいます! 酷いいたずらの場合、各監視カメラの映像を元に「この人かもしれない」というのを割り出します。 顔写真をプリントアウトして、系列店がある場合地域全店にファックスで流して警戒態勢を取ります!最終的には店長が独断と偏見で「Go」サインを出した場合、器物破損で警察に届け出ることも少なくありません。 負けて悔しいのはわかります。 ストレス発散で八つ当たりしたいのもわかります。 けど、一時の感情に任せた行動があなたの今後を左右するかもしれません。 パチンコで人生おかしくなるとか避けたいですよね?ですから、行きすぎなイタズラは控えましょうね!…いや、止めてください、あなたのためにも! 風俗ではありません!懲りないお客の犯罪まがいのセクハラ行為 良くあったトラブルが「お客さんからセクハラされましたぁ!」というもの。 コーヒーガールに多かったです。 女性店員は気が強そうな子が多いですからね。 などなど…。 負けてイライラが溜まってるんでしょうかね?私は「後ろから抱き着かれて耳をふ~とされる」「終業を狙って待ち伏せされる」を経験したことあります。 「この人なんやねん」という無表情で見つめ返したらバツが悪そうに逃げていきましたが、盗撮されたこともありました。 えぇ、スカートの中を。 待合室に連れていかれ、その先にはポリスマン…。 痴漢と一緒ですね。 いくら「それでも俺はやっていない!」と言おうが覆せませんので、セクハラ行為はお気を付けください。 「キャバ嬢みたいなもんだろ?コーヒーガール(女店員)なんて」というお客さんもいます。 いやいや、普通の接客業ですから。 お水のお仕事じゃありません!必要以上のスキンシップはセクハラ現行犯で捕まっちゃうかもしれませんよ~?お気を付けを! ちょっとした出来心…でも人生終わっちゃいますよ。 よくあったトラブルが「ICカード盗難」。 これはれっきとした犯罪です。 問答無用で通報モノ。 そして必ず見つかります。 絶対に逃げれません。 パチンコ屋には至る所に監視カメラが存在しています。 そして事務所にある機械が台の入金履歴などをすべて把握しています。 たまに「ICカードを台に忘れた!」「ドル箱が足りない!」といった報告がありますが、一人が監視カメラ確認、一人が台履歴などを確認。 早ければ犯人特定まで5分です。 もちろん、話があった時点で精算機はストップされていますので精算することは出来ません。 カードには識別番号がありますので、どの台で使われているのか一発でわかります。 酷い時は一日に数件もの盗難が発生していました。 警察もびっくりしたことでしょうに…。 捕まった人は顔写真を取られ、事務所の掲示板に掲載されます。 捕まった2割の人が素直にすみません、8割の人がゴネますが良いことは一つもありません。 社員の判断で書類送検されて人生終了です!素直に謝って返金に応じれば厳重注意・出入り禁止で済みます。 ほんの出来心でも犯罪です!その日うまく逃げ切られても、証拠のVTRを押さえられていれば後日悪質盗難とみなされて警察に捕まることもありますので、お金や金品類などは落ちていたらすぐに店員に報告すること!これが一番です。

次の

パチンコ屋の女性店員さんに質問です。話は長くなるのですが通うようになって一...

パチンコ屋 店員

えっ!?設定教えてくれるの?? って思った方、すいません。 教えない(笑) 多分みんな教えないことがわかっているから聞かないんですよね。 でも設定を教えることはできないけど ヒントを教える人はぼくも含めけっこういると思う。 設定を入れるのには理由がある。 全台設定1でフル稼働してくれれば、そもそも設定なんて入れる必要ないのだ。 でも設定が全く入っていなければお客さんはボッタ店と認定し設定を入れている他のお店に流れてしまう。 設定を入れるのはお客さんに期待してもらい粘ってもらったり、再来店してもらうためだ。 店舗はせっかく設定を入れたのだから気付いてほしいと思っている。 特に朝一ちょっとはまって捨てられたしまった設定6とかが夕方まで空き台になってたりすると悲しい。 イベント日に遅番で出社してホールを覗くとそういうことがけっこうある。 その時、ぼくはデータランプの色を変えてみたりドル箱をいっぱい置いてみたりとなんとか打ってもらえるような施策をするのだが中々気付いてもらえない。 そんな時にお客さんから声掛けられたら設定を教えることはできないけど 今日はパチンコだったら海、慶次。 スロットだったら番長3なんかはかなり オススメになっているんで空き台管理をしっかりしましょう。 みたいな感じです。 オススメ機種がわかるだけでもかなり有利に立ち回れますよね。 話かけやすい雰囲気を作ろう。 店員さんと話すのが嫌という人はしょうがない。 例 ・メダルを流す際などおしぼりを受け取らない。 ・店員さんと目をあわさない。 などが挙げられる。 おしぼりを受け取らない人はけっこういる。 ぼくもいらない派だ。 しかし断り方が目もあわさず手のジェスチャーだけだとなんとなく話かけづらい。 本来、 メダル流し対応時などは絶好の話かけポイントなのだ。 自分から話しかけてみよう。 まず自分から話しかけることで話かけても大丈夫な人なんだと思ってもらおう。 例 ・今日はまどマギがすごい出てますよね。 ・今日はお客さん多いですね。 など店内の状況について話しておけば問題ないだろう。 メダル流し時や朝の並び時 バタバタしてない時 などは話かけやすいと思う。 やり過ぎは注意。 あまりにも話かけ過ぎるのもウザいので気を付けよう。 特に女性スタッフに話かけ過ぎると役職者にクレームがいって要注意客として認識されることはよくある。 話かけなくても挨拶をしてくれたら軽く会釈をするとかスタッフが忙しそうな時にさりげなく道を譲ってくれるなどの行動で好印象を与えることもできる。 スタッフと仲良くできた方が有益な情報もゲットできる可能性があるし、楽しく打つこともできると思うので普段あまり店員さんと話さないという方はぜひ試してみてください。 今回は以上になります。 最後までご覧いただきありがとうございました。

次の

パチンコ店で働く正社員の給与と待遇!

パチンコ屋 店員

パチンコ店員は、自分のホールで打つことはできる? パチンコ店の店員って、自分の働いているホールでパチンコやスロットが打てるのでしょうか? 初めにズバリ言っちゃうと、その店その店によりルールが違います。 ただ、さすがに現役で働いている店員が、自分の店でパチンコやスロットを打っていたらマズイでしょう。 恐らくどこのホールも、現役の在籍している従業員が自分のホールで打つのは 禁止していると思います。 少なくとも僕は、店員が自分の店で打つのを許可しているホールを知りません。 もちろん打つことができないのには、それなりの理由があります。 だって、店員が働いている自分の店で打っていたら、周りのお客さんはどう思いますか? そしてその店員が、たくさん玉やコインを出していたらどう思いますか? 店長から、高設定や釘の甘い台などを教えてもらっているのではないか? そのパチンコ店のサクラじゃないか? という疑惑の目で見られてしまいます。 もちろん、実際に店長が従業員に設定や釘調整の内容を教えることはありません。 でも周りのお客さんにこう思われてしまっては、お店にとってはマイナスなイメージになりますよね。 このように、周りのお客さんの目からは 「サクラ」や「不正結託」とも思われます。 なのでパチンコ店の店員が、自分の店でスロットなどを打つことを禁止しているホールがほとんどなのです。 「ほとんど」というより、「全部のホール」と言ってもいいぐらい禁止されていますよ。 そして店員が働いているそのホールだけでなく、 チェーン店(グループ店)で打つことも禁止されている場合がほとんどです。 つまりホールとして禁止しているのではなく、経営している 会社として自分の会社の店で打つことを禁止しているのです。 もし今後、パチンコ店でアルバイトをしようとしている人は、そのチェーン店すべてでパチンコ・スロットを打つことができなくなるので、この点を気をつけましょう。 スポンサーリンク 店員を辞めた後でも打つことはできないの? このように、パチンコ店に現役で在籍している店員が、その自分のホールで打つことは禁止されています。 では退職した後、つまりそのパチンコ店の仕事を辞めた後は打ってもいいのでしょうか? これは、 その店(会社)ごとにより対応が異なります。 仕事を辞めた後は、半年間はそのホールで打ってはダメ、1年はダメ、3年間はダメ・・・など、会社によってバラバラです。 恐らく入社時に説明されるか、就業規則にでも書いてあると思います。 中には、アルバイトは1年間打てないけど、社員や役職は5年間打てない、など在籍時の身分によって差を設けている会社もあります。 店員を辞めたからといってすぐに自分の店で打ってしまっては、やはり周りのお客さんに怪しい目で見られてしまいます。 「よく出る台の情報を教えてもらっているのではないか?」と。 だから「ほとぼりが冷めるまで」、その店で働いていたことが「忘れられるまで」、打つことが禁止されているのです。 僕のいたパチンコ店(会社)では、仕事を辞めてから1年間は打つことができせんでした。 まあ辞めてから1年も経てば、さすがに怪しむ人はいません。 それでも常連のお客さんは、その店で働いていた店員の顔をよく覚えているので驚きですよね。 まとめ パチンコ店で働いている店員は、自分の店でパチンコやスロットを打つことはできません。 サクラや不正結託などを、周りのお客さんから疑われてしまうからです。 また仕事を辞めた後でも、しばらくの期間はその店で打つことができません。 打てない期間は、会社ごとにそれぞれ決められています。 注意点として、店員として働いている(働いていた)ホールだけでなく、そのパチンコチェーン店すべてで打てなくなるのが一般的です。 今働いている店員の人、これから働こうとしている人は気をつけて下さいね。 (一度、会社に確認することをオススメします).

次の