プロテイン 痩せた。 プロテインダイエットは痩せない!効果なし?

痩せている人、太りたい人にプロテインをオススメする理由|ぱっぽー堂

プロテイン 痩せた

プロテインを1ヶ月飲んでみて感じたこと、得られた効果は? 多くのモデルや有名人が愛用しているプロテイン。 食事ダイエットガイドの私も前々からプロテインには興味があったので、実際に飲んで効果が得られるのかどうかを調べてみることにしました。 この記事では、実際の体験からプロテインの有用性を検証し、プロテインの正しい活用方法について紹介していきます。 プロテインの選び方と、栄養評価は? まず、私が選んだプロテインは、「ウイダー ウエイトダウンプロテイン」のフルーツミックス味です。 プロテインを飲むのは初めてだったので、どんなものが良いのか下調べしたり、お店でパッケージや栄養成分を見たりしながら決めました。 プロテインには多くの種類があるのですが、「減量」や「ダイエット用」とはっきりと明記されているものは多くはなく、各メーカー1種類ずつくらいでした。 「減量」や「ダイエット用」と書かれたものの中から、次で述べる栄養バランスや、味わいの口コミ評価・評判の良いものを選びました。 ウイダーウエイトダウンプロテイン まずは、成分表から見ていきましょう。 ウイダー ウエイトダウンプロテイン フルーツミックス味の1食分15gあたりの主な栄養成分は、エネルギー55kcal、たんぱく質7. 5g、脂質0. 5~1. 0g、炭水化物4. 5g、カルシウム600mg、鉄2. 6mg、カルニチン100mg、ヒスチジン225mgです。 この他にビタミン類もしっかりと入っています。 カルニチンは、脂肪の代謝に必須であることからダイエットにも効果があるとして人気の成分です。 ヒスチジンは体内に入るとヒスタミンという成分に変化し、食欲の抑制に関わる効果が期待されています。 パッと見て多いなと感じた成分は、たんぱく質とカルシウムです。 カルシウムにおいては30~40代の男女の推奨量650mgに対し、1食分15g で600mg含まれているということでほぼ1日分まかなえてしまうことになります。 プロテインはさまざまな栄養素が幅広く含まれているので、バランスが良いといえば良いですし、ダイエットに必要なポイントもしっかりおさえられています。 プロテインの味の評価、モチベーションや気持ちの変化 気になる味については、結局は個人の好みになってしまいますが、私には「割とおいしく飲める」レベルでした。 初めの2週間くらいは、朝は食事の用意と並行するのが大変だから、おやつ代わりに…というようにして、積極的に飲むことを楽しんでいました。 ただ、だんだんと味に飽きてきてしまって、同じ味を1ヶ月間、飲み続けるというだけでも私には大変なことでした。 ダイエットには食事と運動が大切とはいわれますが、やはりメンタル面も重要だと感じます。 モチベーションを維持していくのはとても難しいことです。 ダイエットは長期間続けなければ意味がないということを実感しました。 気になる体の変化は? プロテインは太る・痩せる? 飲み始めの頃はやる気も十分だったので、プロテインと同時に軽い筋トレもしていました。 その成果なのか、腹筋は少し引き締まったような実感はあります。 しかし、これが筋トレの効果なのか、プロテインの効果なのかは不明です。 たんぱく質には肌や髪の美容効果も期待されていますが、実際には美容面での変化は感じていません。 肌には生まれ変わりのサイクルがありますので、短期間では効果は実感できないのかもしれません。 マイペースではありますが、プロテインを1ヶ月間飲んでみて感じたことは、たった1杯飲むだけなのに、意外と負担が大きいということです。 プロテインが本当に好きな人なら続けられるのかもしれませんが、思い付きで始めても効果が得られる期間、飲み続けるのは難しいということがわかりました。 プロテインダイエットを成功させるためには? プロテインを飲むだけではダメ? プロテインダイエットは、カロリーを減らしながらでもたんぱく質をしっかり摂ることができるので、「きれい痩せ」を叶えられるといわれています。 たんぱく質は体の組織の構成成分なので、理論上では筋肉量を増やしやすくして脂肪が燃えやすい体づくりが実現できるというわけです。 このことからも、プロテインは確かに効率の良いダイエットをサポートしてくれるものだとはいえますが、あくまで次の条件が前提です。 同時に運動を行う 筋肉はたんぱく質を摂取するだけでは増えません。 トレーニングによって組織を一度破壊して、修復するときに筋肉を大きく成長させます。 この修復のときにたんぱく質が必要とされるため、しっかりと補給する必要があります。 食生活を改善する プロテインを飲んでいれば、それだけで自然と痩せていくということはあり得ません。 ダイエット用のプロテインにも、「朝食時のたんぱく質補給」や「間食に」との記載があり、無理な置き換えは推奨していないことがほとんどです。 食生活を見直し、暴飲暴食は避けるという基本の形は他のダイエット法とも共通しています。 一定の期間飲み続ける 健康食品全般にいえることですが、ある程度の期間続けなければ意味がありません。 今回は1ヶ月続けてみましたが、最低でも3ヶ月は続けてみないと、実際の効果はわからないかもしれません。 間食にとる場合は100kcalを目安に 間食には空腹を満たすだけではなく、ストレス解消やリラックス、コミュニケーションといったいろいろな役割があります。 ダイエット中の間食の目安は100kcalですので、間食にプロテインをとり入れてもまだ50kcalほど余裕があります。 「間食は絶対にプロテインだけ」と決めてしまうとストレスからモチベーションの低下にも繋がりますので、適度に他のおやつもとり入れて楽しむようにしましょう。 肥満体型の方は食事のトータルカロリーを意識して 体重が標準体重よりも上の場合は、現在の摂取カロリーよりもカロリーを抑えなければ減量は難しいかもしれません。 プロテインをプラスするだけではカロリーが高くなってしまい、結局は痩せられないので、プロテインの摂取と同時に食事全体のカロリーにも見直しましょう。 1日に必要なエネルギー量は、身長から標準体重を求め、活動係数をかけることで簡単に算出することができます。 例えば、身長160cmの女性であれば、1. 3kgが標準体重となり、活動レベルが標準の場合はこの数字に30~35kcalを掛けます。 この結果得られる1689~1971kcalというのが1日の摂取カロリーの目安です(座っていることが多い場合は20~25、運動習慣がある人は35以上と、活動の強度に合わせて活動係数は異なります)。 プロテインを摂取する効果的なタイミングは? たんぱく質は他の食品からも摂取可能 プロテインダイエットは、その名の通り、高たんぱく質をしっかり摂ることによってダイエットに役立てる方法です。 今回私が使用したプロテインの1食分に含まれるたんぱく質は7. 5gでした。 この量を他の食品に当てはめてみると、下記のようになります。 卵 Lサイズ1個分• 鶏むね肉 35g• ささみ 30g• 豚モモ肉 35g• 納豆 1パック• 5gは肉や魚で補おうとすると50g以下です。 それほど多い量ではないのですが、このちょっとの量でも「毎日摂り続ける」ということがなかなか難しいのです。 また、食品単体での栄養バランスを見ると、バランスが良いといえるものは少なく、プロテインの栄養価には及びません。 肉からたんぱく質を摂ろうとすると同時に脂質も多く摂ることになり、ダイエットには逆効果になる場合もあります。 以上のことから、プロテインを飲むことと、高たんぱく質の食事を摂ることを比較するとメリットも見えてきます。 プロテインのメリット• 手軽にたんぱく質の補給ができる• たんぱく質以外の栄養素(ビタミンやミネラル)も一緒に摂取できる• 肉や魚に比べて、脂質の含有量が少ない プロテインのデメリット• 食事のほかにプロテインを飲み続けるのが面倒• 味に飽きやすく、モチベーション維持が難しい• 固形の食事に比べて満足感がない プロテインは噛むことができないので、固形の食事と比較するとやはり満足感は劣ってしまいます。 「プロテインのダイエット効果。 高たんぱく質で痩せる?」は以上です。 特に気に留めておいてほしいのが、プロテインは飲んだだけで筋肉が付くわけではないということ。 運動と食事管理が必要であるという点は、基本的なダイエットと変わらないのです。 食事の管理が思うようにできない人、効率良く痩せたいという人は、プロテインを使ってみるといつもよりもスムーズにダイエットが進むかもしれませんよ。

次の

ダイエットでプロテインを飲むときに絶対に知っておきたい6つの知識

プロテイン 痩せた

選び方のポイント 市販されているプロテインのほとんどは、食事から摂取するのに比べて効率よくタンパク質を摂取することができるように調整されています。 そのため、基本的にはどのプロテインを選んでもよいのですが、「たくさんあってどれを選んでいいのか分からない…」という人は、次のような点から選んでみてはいかがでしょうか? 毎日飲み続けられるか 長く飲み続ける上で重要になるのは、味と価格です。 気に入った味のものや飽きない味のものを選び、1日あたりの値段と相談して、無理なく続けられるものを選びましょう。 目的にあわせて プロテインは、ダイエット、筋トレ、体力づくり、美容など様々な用途に合わせて活用することができます。 目的に合わせたプロテインの種類を選ぶことで、さらに効果を期待することができるでしょう。 タンパク質に加え、食事で不足しがちな栄養素が配合されている商品もあるので、トレーニングやダイエットで食事制限をしている方にもおすすめです。 プロテインの種類 プロテインには、動物性のホエイプロテインやカゼインプロテイン、植物性のソイプロテインなどの種類があります。 それぞれに特徴があるので用途によって選ぶ楽しみがあります。 詳しくはこちら 他の配合栄養素 タンパク質のほかにも、さまざまなビタミンやミネラルが配合されていますので、抗酸化ビタミンの代表であるビタミンCや代謝を助けるビタミンB群、日本人が不足しがちなカルシウム、女性が不足しがちな鉄分などの含有量に着目するのもよいですね。 詳しくはこちら 女性に嬉しいプロテインの効果とは プロテインは、英語でタンパク質という意味です。 筋肉や内臓をはじめ、ホルモンや酵素などのもとになる重要な成分です。 市販されているプロテインは、乳製品や大豆などタンパク質を多く含んだ原材料から余分な糖質や脂質を取り除き、必要なビタミンやミネラルを添加した加工食品です。 上手に活用することができれば、健康や美容のための栄養管理をずいぶん楽にすることができます。 美容効果 私たちの体は筋肉や内臓だけでなく、肌や髪、爪に至るまでほとんどの部分がタンパク質でできています。 ダイエットのために無理な食事制限をすると、タンパク質が不足してしまう危険があります。 タンパク質が不足すると筋肉量が減少し、基礎代謝も低下してしまい、ダイエットにも逆効果となります。 タンパク質には、肌や髪、爪の状態を良くしたり、免疫力を高める働きもあるため、健康で若々しくいるためには必要量をしっかり摂らなければなりません。 プロテインを上手に活用して、健康的に若さや美しさを保つようにしましょう。 ダイエット効果 ご飯やパンなどに多く含まれる糖質と比較して、タンパク質は消化吸収がゆっくり進むので、腹持ちがよく少量でも満足感を得ることができます。 さらに、食事を摂取したときに消費されるエネルギーはタンパク質を摂取した場合のほうが糖質や脂質より高くなるため、効率よくエネルギーを消費することができます。 筋肉を成長させるには、筋トレや運動前後に栄養を補給することも重要です。 特に、筋肉の分解を抑え、疲労を和らげてくれる効果のあるBCAAを多く含むホエイプロテインを筋トレ前に摂取するのがおすすめです。 効果的に摂取するためには プロテインの効果を最大限に引き出すためには摂取するタイミングも重要です。 タイミングによって筋肉を増強、回復したり、腹もちをよくして食事量を減らすなどプロテインには様々な効果があります。 目的に合った最適なタイミングで摂取してみましょう。 筋力・筋量アップ:運動後30分以内• ウエイトアップ:食後・補食• ダイエット・食事バランス改善:食事前後・就寝前 より詳しく知りたい方はこちらから。 気を付けるべきポイント 上手く利用すれば健康や美容のためになるプロテインですが、摂り過ぎれば内臓に負担をかけてしまい、吸収されなかった過剰なタンパク質が小腸で悪玉菌のエサとなり腸内環境を悪化させる危険性もあります。 特に、腎臓に疾患がある場合は医師の指示に従い、タンパク質を制限しなければならない場合もありますので注意が必要です。 詳しくはこちら 美しい体を目指してプロテインを摂り入れましょう タンパク質は私たちの体にとって重要な栄養素であり、バランスよく摂取することが求められています。 しかし、忙しい現代社会のなかでは、通常の食事からだけでは適切に摂取することが困難です。 健康のため、美容のため、ダイエットのため、プロテインを日々の食生活に取り入れることで、手軽に健康的で美しい体を目指しましょう。 おすすめ商品.

次の

プロテインダイエットで

プロテイン 痩せた

<目次>• プロテインとは プロテイン(protein)は、タンパク質のこと。 食品では、肉、魚、卵、豆・豆製品、乳製品などに特に多く含まれ、ご飯やパンなどの主食にも含まれます。 人が生きて行く上で必ず必要とされている三大栄養素(炭水化物、脂質、タンパク質)のひとつでもあり、成人女性には一日に50g、男性には60gを摂ることが推奨されている栄養素です。 1gあたり4kcalのエネルギーがあります。 プロテインダイエット&健康食品の種類 市販のプロテイン系健康食品には、大きく分けて次の二つの種類の商品があります。 ダイエットを目的とした置き換え食 タンパク質を中心にビタミンミネラルなどが添加された食品で、水などで溶いて飲むタイプのダイエット用食品。 ほとんどの場合が食事代わりに(置き換え食)利用することを推奨しています。 商品は1食分ずつ分封されているものと、大袋に入ったものがあります。 アスリートの筋力増強を目的としたもの 精製されたタンパク質粉末を、水や牛乳に溶いて飲むタイプの商品。 運動とあわせて利用します。 アスリートに対しては、体重1kgあたり2gのタンパク質(例:50kgの人には一日100g、通常成人より多め)の摂取を推奨しているケースもあります。 今回は、1のダイエットを目的とした食品について取り上げていきます。 プロテイン系置き換えダイエット食品の利用方法 プロテインダイエット 水か牛乳で粉末の商品を溶かし、飲料として飲む食品がほとんど。 飲むタイミングとしては、食事代わりの「置き換え」が多く、朝・昼・夜の食事のどこか1食を、プロテイン食品に代えてカロリーセーブするというものです。 例えば、800kcal近い外食ランチをとっていた人が、ランチを200kcal未満のプロテイン系ダイエット食品に置き換えた場合、一日約600kcalのマイナスとなり、1ヶ月続ければ2. 5kg減! という理屈になるわけですね(A社広告説明を参照)。 要するに、食品そのものにヤセ効果があるわけではなく、カロリーセーブのサポートをしてくれる存在。 その点を理解しながら上手に利用したいですね。 プロテイン系置き換えダイエットのメリット 確実なダイエットのコツは、カラダに大きな負担をかけないで緩やかに体重を落とすことにつきます。 体脂肪を1kg落とすのには7000kcalほどのマイナスを作る必要があるので、短期間に何キロも落とすことはテクニック的に不可能です。 よって、継続できる方法を選ぶのが成功のポイント。 したがって、ご自分のライフサイクルや好みにあわせて続けられるダイエット方法を選ぶのが一番良いと言えます。 置き換え用のこのような食品を利用したダイエットがあまり負担なく続けられるという方には、メリットがあると言えるでしょう。 例えば、朝や昼はなかなか思うような食事がとれない方は、こうした置き換え方式を取り入れてみるのも良いと思います。 別の使い道として、おやつが止められない、夜食を食べたい、というときのカロリーセーブにこれらの食品を使うのも手です。 プロテイン系置き換えダイエットのデメリット プロテインダイエットのデメリット どんなダイエット方法にもメリット・デメリットの両面があります。 プロテイン系ダイエットのデメリットは、次の2点が考えられます。 ・利用方法を誤るとリバウンドにつながる ・長期的(数ヶ月)継続するのが難しい可能性がある 前述の通り、ダイエットは中長期継続が必須で、短期的な減食による減量を行った場合はその後の維持が難しいと言われています。 続けるためには、精神的にもテクニック的にも、飽きない方法を考える必要があります。 普段の食生活がかなりカロリーオーバーであれば、1ヶ月徹底して続ければ2~3kgの減量も可能な場合もあるでしょう。 ですが、ダイエットの専門家の間でも、一般的には1ヶ月で体重の5%以上(60kgの場合は3kg以上)を減量すると、「急激な減量」として、身体に大きな負担がかかり、リバウンドの原因になると言われています。 したがって、プロテイン系食品での置き換えは一日1食にし、継続は1ヶ月というのが目安ではないかと考えられます。 一日3食のうち、2~3食を置き換えるなどの方法は、結果的にデメリットが大きいと考えられるので、避けたほうが良いでしょう。 また食事として考えたときには、味わいの面での飽きが来ない工夫も必要です。 タンパク質は痩せる効果がある成分? タンパク質は身体に必要な栄養素ですが、ヤセる成分なのかというと、その答えはNOです。 また、現代ではタンパク質不足の人は多くはないと見られています。 特に主食を食べずにおかずだけ食べる欧米型の食事でダイエットを試みている人は、必要量を超えて多く摂っている可能性も。 多すぎる栄養素は体脂肪として蓄えられる構造になっているので、タンパク質なら太らないというのは残念ながら誤解です。 炭水化物抜きをしておかずだけ食べる方式がNGである理由のひとつがここにあります。 成人女性に必要なタンパク質量は一日あたり50gが目安と書きましたが、一日に肉か魚を100g程度、豆・豆製品を80g程度、乳製品を250g程度と卵1個を食べ、適量のごはんやパンを食べていれば、十分に補給できます。 【食品の中のタンパク質】 たまご 1個……6. 2g 鶏むね肉 100g……22. 3g アジ(魚) 100g……20. 7g ヨーグルト 100g……3. 6g ごはん 茶碗1杯150g……3. 8g 【プロテイン系置き換え用ダイエットドリンクの、1食あたりのタンパク質の量】 A社……0~0. 5g、144~165kcal(プロテインという表記はなし) B社……20. 5g、175~178kcal C社……10. 0g、81~83kcal このようにプロテイン系置き換えダイエット食品は、上手に利用すればダイエット成功に結びつくと言えますが、そのものに痩せる成分があるわけではないことを憶えておきましょう。 しくみや利用方法を十分理解して活用しましょう! 【関連記事】•

次の