ワイ マックス。 ワイマックスとは?〜はじめてのWiMAX!料金・エリア・評判〜

WiMAX

ワイ マックス

WiMAXの電波が途切れる理由はいくつかあるから確認してみよう! WiMAX ワイマックス の電波が途切れて困っていませんか?スマホと比べるとWiMAX ワイマックス は電波は途切れやすいという性質があります。 ですが、WiMAX ワイマックス の電波の特性を知っておくことで、電波が途切れてしまう原因と対策もわかってきます! 当記事では、WiMAX ワイマックス の電波が途切れてしまう原因と対策について、WiMAX ワイマックス の電波の特性を交えながらまとめました。 この記事を読めば、「WiMAXの電波がすぐ切れる」「家だけで電波が途切れる」などのお悩みを解決することができるかもしれません。 WiMAX ワイマックス もau 4G LTE、つまりプラチナバンドが使えるLTEオプションがありますので「電波が途切れるなぁ」といったときは活用してみましょう。 LTEオプションについての詳しい内容はこちらの記事を参考にしてみてください。 WiMAXが不安定な原因と対策方法 ここでは具体的にWiMAX ワイマックス が不安定なときの原因とその対策について解説します。 WiMAX ワイマックス の電波の特性を踏まえて確認してみてください。 まずはWiMAXのエリアを確認 まずはWiMAX ワイマックス の対応エリアかどうかを確認してみましょう。 WiMAXの対応エリア確認 UQ WiMAXの公式サイトからから確認することができます。 UQ WiMAXの公式サイトを確認すると「サービスエリアマップ」と「ピンポイントエリア判定」と2種類の確認方法がありますが、 ピンポイントエリア判定で確認をしてみてください。 ご自身がいるところが対応エリアかどうかがすぐにわかります。 判定結果など詳しい内容はこちらの記事を参考にしてみてください。 対策方法• 4GHz帯で設定している場合は5GHz帯に切り替える。 WiMAXの通信は家の中だけで途切れる WiMAX ワイマックス の通信が外では問題なく使えるのに、家では途切れやすいという場合、 多くの原因が壁や障害物によるものです。 WiMAX ワイマックス の電波は、基地局から発する電波がご自宅のWiMAXルーターに届く前に壁や木などの障害物を通ることでどんどん弱くなります。 基地局からご自宅までの距離や障害物の多さで、通信強度に差が出るわけですね。 WiMAX ワイマックス の モバイルルーターの置き場所を変えてみたり、WX05やWX04といったルーターであれば、このような 電波増強が期待できるクレードル 台座 を買ってみてもいいでしょう。 また、 パラボラアンテナを自作でサクッと作ることで電波環境が改善することも多いです。 作り方や口コミはこちらの記事を参考にしてみてください。 個人的に一番おすすめなのが、WiMAXのホームルーターを使ってみるという方法です。 ホームルーターは電源をコンセントから供給していますから、 モバイルルーターより送信出力が安定しているのが特徴です。 対策方法• WiMAXルーターを窓側に置く。 WX05やWX04はクレードルを使う。 見た目を気にしない方はパラボラアンテナ リフレクター を作る。 WiMAXのホームルーターを買ってみる。 スマホやパソコンなどの接続端末側に問題がある WiMAX ワイマックス 端末ではなく、スマホやパソコンの設定によって電波がつながりにくい場合があります。 スマホのバッテリー消費を抑える省電力モードなどは、通信速度などのパフォーマンスを抑えるので、そういった設定になっていないかを確認してみてください。 また、セキュリティソフトの容量が大きかったりするとそれだけで通信速度が低下することもあります。

次の

ワイマックス2+は2年で解約して新規に乗り換えよう!

ワイ マックス

知っておきたい!モバイルルーター ポケットWiFi のこと モバイルルーター ポケットWiFi とは 小型で持ち運べる通信端末のことを指します。 モバイルルーター ポケットWiFi を持っていればスマホやタブレット、パソコンなどをネットにつなぐことができます。 モバイルルーター ポケットWiFi では高速通信が可能なので外に持ち運んで利用したり、自宅で利用したりとさまざまな使い方が可能です。 自宅で使う場合は 工事などが必要ないのですぐに利用したい方におすすめです! WiMAX ワイマックス とは? WiMAX ワイマックス とは高速で大容量の通信ができるモバイルブロードバンドサービスです。 KDDIグループが回線を利用しており、数十社のプロバイダがWiMAX ワイマックス を提供しています。 有名な会社として UQ WiMAXなどが存在します。 安定した通信を実現している、お得に契約することが可能。 さらに、端末料金も無料だったり安く買えたりできるので全体的に安く購入・契約できます! 公式サイト: WiMAX ワイマックス とワイモバイルを比較! ここまでWiMAX ワイマックス とワイモバイルについてご紹介しました!さっそく、本題であるWiMAX ワイマックス とワイモバイルの比較をしていきたいと思います。 各項目を見ながらWiMAX ワイマックス とワイモバイルを徹底的に比較していきたいと思います!悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください! 料金編 GMOとくとくBB ギガ放題:月額3,609円 BIGLOBE WiMAX Flat ツープラス ギガ放題:月額3,695円 UQ WiMAX UQ Flat ツープラスギガ放題:月額:3,696円 ワイモバイル Pocket WiFiプラン2 7GB :月額3,696円 WiMAX ワイマックス とワイモバイルの料金を比較してみました。 WiMAX ワイマックス を提供しているプロバイダは全て 使い放題のためデータ量の上限がありません。 一方、ワイモバイルには 7GBの上限があるため料金面ではWiMAX ワイマックス がお得です。 2016年9月時点の料金です さらに、WiMAX ワイマックス を提供しているプロバイダにはキャッシュバックサービスを行っているところもあります。 こちらを利用すればもっとお得に契約できます! 公式サイト: 公式サイト: 公式サイト: 公式サイト: 端末編 UQ WiMAX Speed WiFi NEXT W04 Speed WiFi NEXT WX03 Speed WiFi HOME L01 ワイモバイル Pocket WiFi 603HW Pocket WiFi 506HW Pocket WiFi 504HW Pocket WiFi 502HW Pocket WiFi 401HW Pocket WiFi 305ZT Pocket WiFi 303HW Pocket WiFi GL10P Pocket WiFi GL09P WiMAX ワイマックス とワイモバイルの 製品を比較してみました。 WiMAX ワイマックス に関してはUQ WiMAXの製品を比較しました。 両者ともに優れたモバイルルーター ポケットWiFi を提供しており、UQ WiMAXは3製品、ワイモバイルは9製品と数は異なるものの、両社魅力的な端末を取り扱っています! 用途に合わせてモバイルルーター ポケットWiFi を選んでみてください! 公式サイト: 公式サイト: UQ WiMAXならこの端末がおすすめ! 出典:• 下り最大440Mbps対応!ストレスなく通信が楽しめる• 用途に応じて通信パフォーマンスを3段階から選択可能!• こちらの速度はサイトに記載されているものなので 条件や環境によって通信速度が変化します。 また、一見ワイモバイルの方が通信速度が速いように思えますが、下り最大速度:約612Mbpsに対応しているモバイルルーターは2017年5月の時点ではPocket WiFi 603HWのみ。 Pocket WiFi 603HW以外のモバイルルーターの下り最大速度は110Mbps~261Mbpsとそれぞれ仕様が異なるため、購入時に注意が必要です。 とはいえ、基本的に両者とも通常に使用する分には何の問題もなく 快適に使用できます! 速度制限編 WiMAX ワイマックス 月7GBまで、直近3日は10GBまで。 ワイモバイル 直近3日は10GBまで、上限はプランによる。 WiMAX ワイマックス では 基本的に月7GBまでの使用となり、直近3日で10GB以上を利用した場合、通信速度を送受信最大128kbpsに制限されるので利用量には注意しましょう。 しかし、されます。 ワイモバイルはプランによりますがデータ上限までとなります。 WiMAX ワイマックス 同様、直近3日で10GB以上を利用した場合、最大通信速度が約1Mbpsに制限されるので利用量には注意しましょう。

次の

ワイマックスとは?〜はじめてのWiMAX!料金・エリア・評判〜

ワイ マックス

ワイマックス2+の契約期間 ワイマックス2+の契約期間は、1年契約だったり、2年契約だったりします。 会社によりますが、1年契約のプランよりも、2年契約のプランの方が、支払う総額がお得になる傾向があります。 また、2年契約のところで、キャッシュバックが多く出る傾向があります。 なので、2年契約を選ぶことがお得にするため、必要なこと。 でも、この2年間の契約期間ですが、気を付けなければいけないことがあるんですよ。 それが解約時の違約金。 解約時の違約金 ワイマックス2+の解約時の違約金は、高額になりがちです。 特に、2年契約で、2年たつ前に解約しようと思ったときには、より高額な違約金を払う必要が出てきます。 また、2年以上たったとしても、契約満了月出ない場合にも、1万円程度の違約金がかかってきてしまいます。 大手のキャリアと同じような縛りがあるんです。 だからこそ、違約金のかからない契約満了月に他のワイマックス2+に乗り換える必要があるのです。 ワイマックス2+を乗り換えるメリット・デメリット ワイマックス2+を2年おきに乗り換えることによるメリットは、キャッシュバックを受けることができるので、2年間の支払総額が減らすことができます。 また、2年たつことで、新しいWiMAX接続機器で、最新のものに乗り換えることができます。 2年前と今の機器では全く快適さが異なります。 手続きで少し手間がかかりますが、より貝絵的なネット環境を手に入れることができるんです。 2年おきに新規に乗り換えるデメリットは、契約満了月を覚えておかなければいけないことです。 業者は、継続してもらうことと、違約金を払ってもらうことを目的に、満了月の期間を解約されずに経過することを望んでいます。 あなたが、しっかり覚えていて行動しない限り、損をするようになっています。 契約完了月になったら、すぐに、乗り換え手続きを始めましょう。 おすすめのワイマックス2+の会社 ワイマックス2+を選ぶうえで、基準になるのは、キャッシュバックと、料金プランです。 津伸速度は、どこのワイマックス2+の回線速度も同じくらい、そして、速度制限も、使い放題の場合には、3日間で10GBまで使うことができるので、気にする必要がありません。 もし、3日間で10GBの容量が少ないなら、光回線を使いましょう。 ということで、キャッシュバックが多くて、利用料金が少なくなる会社は次の会社になります。 お得に使っていくには、乗り換えた後も、2年間使った契約完了月に、乗り換えていく必要があります。

次の