献血 ルーム ゲート タワー 26。 【献血ルームゲートタワー26の魅力発信 Part4】 4月20日13:00 JRゲートタワー26階に登場する「献血ルームゲートタワー26」! Facebookでは複数回に分けて、「献血ルームゲートタワー26」の魅力を発信していきます。 《献血ルーム ゲートタワー26の魅力Part4》 献血ルームゲートタワー26では、献血にご協力いただいた方へ、ドーナツとプレミアムコーヒーをご用意しています。 コーヒーとドーナツを楽しみながら、地上124mからの景色を眺め、ほっと一息つきませんか? 新しい店がたくさん開店した名古屋駅。買い物に出かける方も多いのではないでしょうか。買い物の合間、「少し座って休みたいなぁ」と思っても、どこの飲食店も大行列…。そんな時は、ぜひ献血ルームゲートタワー26にお越しください。休憩しながら、患者さんの命を救うことができます。 全血献血の場合、受付から献血終了まで約40分!買い物の小休憩に丁度よい長さです。 (※献血ルームの混雑具合により、待ち時間が発生する場合がございます。ご容赦ください。) ぜひ、お買い物の合間に、献血ルームゲートタワー26へお越しください。皆様のお越しをお待ちしています。 【献血ルームゲートタワー26概要】 (献血受付時間) 400mL・200mL献血 11:00~18:45 成分献血 11:00~18:00 ※土曜日の成分献血は17:00まで (住所) 名古屋市中村区名駅一丁目1番3号 JRゲートタワー26階 (開所日) 平成29年4月20日(木)13:00~献血受付スタート!

アルゼンチンタンゴと献血そして地ビール:大人の休日倶楽部(旅行献血)日程表

献血 ルーム ゲート タワー 26

献血ルーム タワーズ20【愛知県】 新幹線降りたらすぐ献血みたいなノリで行ける近さでアクセス抜群です。 15階でオフィス棟のエレベータに乗り換えて20階まで行くと『献血ルーム タワーズ20』があります。 ベッド数28もあるのでチョースムーズ 献血ルームはなかなかの広さです。 ベッド数は28もあって有楽町と同規模って看護師さんが言ってました。 平日ということもあって受付、問診、検査、献血はとてもスムーズ。 話によると土日はこれだけの広さがあっても、1時間待ちになる事もよくあるらしく、その解消のために近くに別の献血ルームができるとのことです。 それにしても問診の先生が若い女医さんで珍しかったです。 おばちゃんとかおじいさんが多いんですよね。 今回は左腕で採血 前回、前々回と右腕の真ん中の血管で採血してたんですが今回は久しぶりに左腕!! やっぱり左腕に針を刺されると痛いです。 どちらの腕でも針を刺しているので、痛いは痛いのですが右腕のほうが痛みが少ないかな。 それでも検査する看護師さんがどちらの腕で献血するのが良いのか見極めて選んでいるのでそれに従うまでなんですけとね。 久しぶりの血漿 久しぶりに血漿の採血だったので時間が短くて楽でした。 献血には全血と言われている、いわゆる抜き取った血液を全て提供するものと、成分献血と言い抜き取った血液から必要な成分だけを提供してその他の成分(主に赤血球)を返してもらうものがあります。 成分献血は戻す時間が必要で、尚且つ一度に大量に抜き取るわけにもいかないので、抜いて戻す工程を繰り返します。 ボクの場合、血小板だと4サイクルで血漿だと3サイクルなんですが、1サイクルだいたい15分なので血漿の場合は45分くらいで終わります。 献血ルーム タワーズ20は献血中に飲み物OKでした。 最近はこのパターンの献血ルームが多いですね。 献血中はわりと喉が渇くので飲み物を飲みながら献血できるとすごく快適です。 献血といえばドリンクが飲み放題だったり、お菓子が食べ放題だったりしますが愛知県らしく松永製菓の「しるこサンド」があった 笑 最後に いよいよ次は70回目の献血です。 70回目は記念品がもらえるのですが、過去にも10回目、30回目、50回目にもらっています。 ガラスの盃がもらえるですが、いまいち使い道がなくて全て手元には残っていませんね。 いっそうのこと商品券なんかにしてもらえると有効に使えるんですけどね。 『献血ルーム タワーズ20』は仙台のAER20同様に地上20階の眺めの良い献血ルームでなおかつ駅近。 出張ついでにサクッと献血しやすい献血ルームですね。

次の

//献血の受付場所のご案内//愛知県医薬安全課

献血 ルーム ゲート タワー 26

2017年4月20日に開設された 『献血ルーム ゲートタワー26』 来月、開設1周年を迎えます。 なかなか献血可能日と 名古屋へ出向く日が一致せず、 ここでの献血ができませんでしたが、 本日、やっと その機会に恵まれました。 窓からは名古屋の景色を一望でき、 待合室にはスマホ充電用の コンセントが設置されています。 私が今までに出向いた 愛知県内の献血施設は、ここが17か所目。 そのうち現存している施設は 8か所です。 4 三の丸献血ルームとして再開設、 1993. 4〜1990. 10〜2003. 6〜2001. 10〜2006. 2〜2011. 10) 10. 8〜2017. 4) 11. 5〜現存) 12. 4〜2017. 4) 13. 4〜現存) 14. 10〜現存) 15. 10〜現存) 16. 3〜現存) 17.

次の

初めての献血体験!愛知県の名古屋駅すぐにある献血ルーム タワーズ20 に行ってきました!

献血 ルーム ゲート タワー 26

献血ルーム タワーズ20【愛知県】 新幹線降りたらすぐ献血みたいなノリで行ける近さでアクセス抜群です。 15階でオフィス棟のエレベータに乗り換えて20階まで行くと『献血ルーム タワーズ20』があります。 ベッド数28もあるのでチョースムーズ 献血ルームはなかなかの広さです。 ベッド数は28もあって有楽町と同規模って看護師さんが言ってました。 平日ということもあって受付、問診、検査、献血はとてもスムーズ。 話によると土日はこれだけの広さがあっても、1時間待ちになる事もよくあるらしく、その解消のために近くに別の献血ルームができるとのことです。 それにしても問診の先生が若い女医さんで珍しかったです。 おばちゃんとかおじいさんが多いんですよね。 今回は左腕で採血 前回、前々回と右腕の真ん中の血管で採血してたんですが今回は久しぶりに左腕!! やっぱり左腕に針を刺されると痛いです。 どちらの腕でも針を刺しているので、痛いは痛いのですが右腕のほうが痛みが少ないかな。 それでも検査する看護師さんがどちらの腕で献血するのが良いのか見極めて選んでいるのでそれに従うまでなんですけとね。 久しぶりの血漿 久しぶりに血漿の採血だったので時間が短くて楽でした。 献血には全血と言われている、いわゆる抜き取った血液を全て提供するものと、成分献血と言い抜き取った血液から必要な成分だけを提供してその他の成分(主に赤血球)を返してもらうものがあります。 成分献血は戻す時間が必要で、尚且つ一度に大量に抜き取るわけにもいかないので、抜いて戻す工程を繰り返します。 ボクの場合、血小板だと4サイクルで血漿だと3サイクルなんですが、1サイクルだいたい15分なので血漿の場合は45分くらいで終わります。 献血ルーム タワーズ20は献血中に飲み物OKでした。 最近はこのパターンの献血ルームが多いですね。 献血中はわりと喉が渇くので飲み物を飲みながら献血できるとすごく快適です。 献血といえばドリンクが飲み放題だったり、お菓子が食べ放題だったりしますが愛知県らしく松永製菓の「しるこサンド」があった 笑 最後に いよいよ次は70回目の献血です。 70回目は記念品がもらえるのですが、過去にも10回目、30回目、50回目にもらっています。 ガラスの盃がもらえるですが、いまいち使い道がなくて全て手元には残っていませんね。 いっそうのこと商品券なんかにしてもらえると有効に使えるんですけどね。 『献血ルーム タワーズ20』は仙台のAER20同様に地上20階の眺めの良い献血ルームでなおかつ駅近。 出張ついでにサクッと献血しやすい献血ルームですね。

次の