よい 子 ブックス 炎上。 Sukebei Pantsu

給食再開も「食べられない子」が急増 長期休暇明けは大きな緊張感

よい 子 ブックス 炎上

だが、翌年、「(民進党議員を)排除いたします」発言が批判を浴びてしまい一気に人気もダウン。 今年になって新型コロナウイルスへの対策が功を奏し、再び注目を浴びているが、来月に迫った2度目の東京都知事選の結果はいかに……。 「ポイントはたれ目でふっくらとした鼻頭、薄い唇、首元のシワ、おでこの光り具合です」 そう語るのは、いま、最も当たる、と言われる占い師、ラブちゃんことLove Me Do。 最新著書『1秒で分かる! 人相術』(光文社)でも、有名人の顔相を今までにないユニークな角度から鑑定し話題を呼んでいる彼が、小池百合子知事の顔相を見定める! 「たれ目の人は、目上の人の意見に従っているときは仕事などがうまくいきますが、自発的にガンガン物事を進めてしまうと問題が起こる可能性があります。 なるべく、上からの指示どおりに動いたほうがいい相です。 ただ、人間関係を表す鼻の付け根が低いので、周りの人の意見に振り回されたりする傾向もあります。 先述の「排除いたします」発言など、ときにその物言いがバッシングされることもある小池都知事だが……。 「唇が薄いと伝えたいことが相手に上手く伝わらないことが多くなります。 小池さんが『こうしたい』と思ったことも都民には響かずに、『小池ファースト』なんて言われてしまうのではないでしょうか。 また、耳が顔に張り付いている人は、周りの人の意見を聞かないことがあります。 側近の人、周りで支えてくれている人の話を聞くようにするとより良い環境づくりができると思います」 最近目立つ、首のシワからは、ある兆候が見えるのだという。 「あごがしっかりしているので、安定した地位、居場所を作っていける人ですが、首にくっきりとしたシワが何本かみえます。 首のシワは何か問題が起こる兆候だったり、自分が思うようなタイミングで物事を進めることができなくなることを表します。 「運が入ってくるおでこの真ん中に少し凹みがあって、そこが白く光ってみえます。 運の流れ道にスポットライトが当たっているようなので、このまま光っていれば理想の結果を迎えられるのかもしれません」 【PROFILE】 Love Me Do(ラブちゃん) 占い師、風水師、占星術家。 東洋、西洋の占術に精通し、『有吉ジャポン』(TBS系)、『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)などテレビ・ラジオ出演多数。 最新著書『1秒で分かる! 人相術』が光文社より発売中。

次の

[190708][よい子ブックス] ミカとサディの大冒険 [RJ243942]

よい 子 ブックス 炎上

筆者は子どもの偏食や小食に悩む保護者の相談に乗ったり、園や学校など向けに指導についての研修を行ったりしています。 保護者からは、子どもの食についてのさまざまな相談が届きますが、特に最近は、ようやく園や学校での給食が再開されたことで、「給食が食べられない」という相談が急増しています。 久々の給食再開で子どもが食べられない場合、保護者はどのように対応するとよいか解説します。 長期休暇明けは大きな緊張感 先日、「小学3年生の息子が朝から、給食が不安で泣いたり、吐き気や息苦しさから、1人で学校に行けなかったりする日があります」という相談が届きました。 この子の場合、「食べることで気持ち悪くなるのが怖い」という「嘔吐(おうと)恐怖」が原因のようです。 しかも、その心理状況を担任の先生になかなか理解してもらえず、食べられないと「また残している」と責められ、給食への不安がさらに大きくなっているようでした。 このようなことは、決して珍しいことではありません。 今のような「長期の休み明け」のタイミングは、子どもにとって緊張感が大きく、食べられないことが多いのです。 具体的には、新年度のスタートや新学期のスタート、ゴールデンウイークなどの長期休み明けすぐ、または、今回のような久々の給食時には、特に多くなります。 しかも、特に今は、新型コロナの影響によって、給食の様式が変化しているところも多いです。 具体的には、クラスメートと席の間隔を空けたり、無駄なおしゃべりを控えるようにしたり、接触回数を減らすために「量が多ければ最初に減らしてもいい」というルールをやめたりする動きがあります。 文部科学省が発行している『食に関する指導の手引き』の中では、何度も「給食時間は児童生徒が友達や担任などと和やかで楽しく会食する時間です」と書かれています。 「食事の量、食べる速度、嗜好(しこう)などについて個別に把握し、指導の必要がある場合は、少しずつ根気よく改善に向けた対応や指導が大切」としており、「給食を残さず食べられることが大切です」などとは書かれていません。 しかし、現在は、より「食べることだけに集中する」ような形へと変化している学校が多そうです。 「緊急時だから仕方がない」ということも、もちろんありますが、それにより「食べられるようになること」への大きなプレッシャーが掛からないよう、先生は注意が必要です。 では、子どもが休み明けで給食が食べられなくなった場合、保護者はどのように対処すればよいのでしょうか。 具体的には、子どもの不安をしっかり受け止めて「不安なんだね」としっかりと話を聞くようにしましょう。 そして、無理な指導が行われないよう、担任の先生や学校に対して、事前に「(今のようなタイミングでは特に)給食をなかなか食べられないことが多いが、時間がたてば安心して食べられるようになる」と事前にお伝えしておくことも大切になります。 筆者がおすすめしているのが「わが子の食の説明書」を作って担任の先生にお渡しすることです。 このような内容をプリント1枚にまとめて、先生にお渡しすることをおすすめしています。 そうすると、先生も「この子にはこう声を掛けたらよいのか、こう対応をしたらよいのか」と理解することができ、指導に対する迷いが軽減されることになります。 先生からは保護者に、家庭の食事についてなかなか聞きづらいので、保護者からこのような形で働きかけるとスムーズです。 子どもの食が進むよう、協力しながら一緒に取り組んでいきたいという姿勢を見せることがベストなのです。 特に今の時期は、子どもが給食を食べられないからといって、無理をさせないことを大切にしてほしいと思います。 外部サイト.

次の

【ラブちゃん顔相チェック】小池百合子 炎上招く薄い唇

よい 子 ブックス 炎上

バイリンガールちかさん、炎上の件。 バイリンガールちかさん。 今、youtubeで絶賛炎上中です。 昔ファンだった私個人的な感想から言いますと、今回の事態は、非常に残念。 いちファンだった身(正直、意思のないお子さんのお顔を平気でさらし始めたり英語レッスンが少なくなってきたころからはなんとなく遠ざかっていました)としてはこの騒動、単なる「炎上」で片づけられないものかな、そして、一応今思うところがあるなら発信しておいたほうが良いんじゃないかな、と思い久しぶりに筆をとった次第です。 そこで今回の騒動の時系列をまとめながら、自分として何が炎上の原因となっているのか?そして、なぜ、これから私は金輪際彼女の動画を見たくないと思うのか?(同時にそう思った人がどれほど多いか)考えたいと思います。 なお、私は彼女の直近の二件の動画、低評価を押させていただき、かつ登録も解除しております。 きっかけはこの動画 2020年4月4日に投稿されたこの動画。 彼女ちかファミリーは実は結婚・出産後、「3か月ごとに国を変えて世界中で暮らす」という目標を立て、一時期はオーストラリアのメルボルンに、次にマレーシアに移住(観光ビザとのことですが)されているのです。 これは本人がこれまでに動画でも何度か、説明しています。 日本中、いや世界中にコロナウイルスが蔓延する前から、彼女はマレーシアに移住していました。 この動画が投稿されたのが2019年の11月末。 まだこのころはだれも、世界中がこんな混乱に巻き込まれることになるとは想像もしていませんでしたね。 彼女はいつも通り、旅レポのような動画を上げており、人気のあるyoutuberですし、海外生活をのぞき見したいファンも多く、移住生活自体は何ら批判されるべき行動ではないでしょう。 個人の自由です。 コロナが社会問題になりイベント規制など始まりかけた2月末、日本に帰国 そんな中時を得て、2020年1月に入り、日本でも感染が広まり始めたコロナウイルス。 2月に入り、感染はより一層広まり、テレビを見れば毎日コロナの話題、国内のイベントも自粛ムードが高まっていたころ。 そんなとき、彼女は移住中のはずのマレーシアを離れ、日本へ移住します。 以下動画でも発表してますが、要約すると「夫(おさるさん)の弟の結婚式が日本で2月末であるため、いったん日本に帰国するが、マレーシアでの生活が整ってきたので、日本に帰国した後はまたマレーシアに戻りたい。 」とのこと。 この動画が投稿されているのは、2020年2月28日。 2月末頃になると日本でも、海外でもコロナが本格的に蔓延していた時期であり、かつ各国が水際対策に失敗し始めていたころでもあり、国内ではイベント自粛など自粛モード(他社へ病原菌をうつさないための行動)が高まりつつあったころ。 「居心地がよく環境もいい」とのことでいったん出たはずのマレーシアに再度入国 3月に入り、企業の中にはコロナ対策でリモートワークに移行する会社も増え、またオフラインでのイベントは自粛などで中止・延期されることが増え始めたころ。 このころなんとちかファミリーは、以下動画にて、「3か月滞在して日本に一時帰国するのもいいかも!」と述べています。 彼女がさす「一時帰国」とは、2月末のタイミング、つまりおさるさんの弟の結婚式のために日本に帰国したタイミングのことで、それ以降はしばらく、住み慣れた、居心地のよいマレーシアで過ごす予定だったのでしょう。 その後、日本に帰国 ところが。 彼女は以下動画により、コロナウイルスによる不安定な情勢のもと日本に帰国することに決めたことを発表。 そう、これが今回の炎上そして物議をかもした動画であり、おそらく彼女のyoutuber生活史上最大の低評価がつけられた動画がこちらです。 時系列をまとめると 2月末(コロナウイルス蔓延しはじめ、自粛モードが高まる) ちかファミリー:家族そろって日本へ一時帰国(少なくともこの時は、一時帰国のつもりだった) 3月 (コロナウイルスの感染者数も指数関数的に増え始め、自粛モードがさらに高まり、イベント延期・中止も増加した時期) ちかファミリー:彼女いわく「子育てするのにとても居心地がよく環境のよい」マレーシアに再度移住。 同時期投稿されている動画では「3か月滞在して一時帰国して、また滞在する生活がいい、3か月は短すぎる」と述べている。 おそらくこの時点でも、今多くの人が「少しでも感染が増えないよう」行動を制限することが多くなっているなか「日本に一時帰国して再度出国って、行動制限していなさすぎて、子を持つ母としても自分勝手すぎじゃ?」みたいな意見をもった方々のコメントも多くあったようですが、彼女たちが、2月末微妙な時期に日本に一時帰国をしたとはいえ、当面マレーシアでしばらく過ごす、という前提であれば仕方ない、とみる側面が多かったのもあるのでしょう。 (実際に某SNSでは、この時期投稿された動画に対して「帰国は今じゃない」「再入国・出国している行動理解できない」といった批判的コメントも多数あり、そしてそれらが見事に現時点では削除されている、との報告が多数上がっています。 」 ただ。 今回問題となった動画が上がった4月4日、つまり日本では偉大なコメディアン志村けんさんもなくなり、感染者も爆発的に増加している状況で、「いつ緊急事態宣言が出されるか」といった戦々恐々とするさなかのこの日に、彼女は「やっぱり、これから家族のために日本にもどります」といったことを発表します。 客観的にみて、この彼女の決断、一人のインフルエンサーとして、youtuberとして、あまりに身勝手な判断・行動だなという思いを禁じえません。 この動画についたコメントの数々です。 「どっちが安全か」が本音ですね。 日本が安全だと思ったんですね。 少しはマシというか。 ノマド生活のリスクは取らずにヤバくなったら泣きつくような自分勝手さを感じました。 子供がいてもフラフラしてる時から「行き当たりばったり」隔離すればいいでしょうというような無責任さ。 もうそういう目でしか見れません。 初めてコメントします。 みんな我慢して外出を控えてストレスを抱えて、感染に怯えながら生活しています。 ちかさんの今回の動画で思ったのは、自分達が感染者になる事は全く考えていないと言う印象を受けました。 貴方達、しかも小さい子供がいる親とは思えないほど行動が自由すぎて考え方に失望しました。 世の中、大変な時にヘラヘラ笑ってイベント告知してる場合でしょうか?影響力のある立場のあなたは、もっと動画で伝えることがあるのでは???今回の動画であなたの本質が見えた気がしました。 残念です。 日本が今どういう状況なのかを考えて。 振る舞いや発言にもっと気をつけるべきでしょ。 みんながっかりしていますよ。 私は看護師です。 医療崩壊だなんだと騒がれている今、国民はとてもナーバスになっています。 緊急事態宣言が出てことの重大さに気付いた人も沢山います。 あなたみたいな考え方をしている人がいる限りコロナ収束は難しいんじゃないかな。 どうかみなさんの厳しいコメントを真摯に受け止めてください。 彼女の炎上において、自分自身で火に油を注いだアンサー動画 上記動画に低評価や批判コメントが多数つき、彼女も危険を察知したのでしょう。 いちインフルエンサーとして、「これは自分の立場、考えを主張しておくべき」との判断も当然されたのでしょう。 一週間もせず、彼女は以下の動画を上げます。 鎮火のつもりのアンサー動画がなぜここまで炎上したか、批判されたのかを冷静に分析してみる このアンサー動画、実はこちらも批判的コメントや低評価が今も続々とあふれております。 本人としては鎮火のつもりで、涙をながしながら(動画の中で、涙を流されております)上げた動画、これで収まるとも思っていたのかもしれませんが、皮肉なことに「彼女の人間性が露呈した」などといった辛辣な批判までもが生み出される形となったのです。 私自身、冷静に分析してみて、彼女のこのアンサー動画、騒動を収める人間として「あまりやらないほうがいい」ことを複数、やってしまっているかと思います。 ではどこがいけなかったのか。 そして、この動画をみて「もうファンをやってられない」「これからもファンでいたい」と思う方々はどのような行動をとればいいのか、について整理してみました。 なお、最初に申し上げておきますが、とにかく帰国を決めたんなら、もうできることとしては一国民として、帰国後なるべくコロナウイルス蔓延につながらぬような行動を心がけてほしい。 一方、一youtuberとして彼女が「誰にも影響を与える立場になく、自己責任のもと、自由に生きていきたい」といった姿勢ならば、特に金輪際、彼女はこれからも姿勢を正したりする必要はないと思います。 公人として当然、傷つくことも多くあり、彼女が彼女の器なりの活動をするにおいては、特になんら姿勢を変える必要はない、と思ったうえでの意見です。 被害者意識:自分が傷ついていることを何よりアピールしている姿勢 冒頭から、まず自分が被害者である、コメントを受けて傷ついているといった姿勢を示していること。 騒動や炎上を起こした際、渦中にある人がとるにはあまりふさわしくありません。 以下動画でのちかさんコメント 「私たちは先日、マレーシアから日本へ帰国するという発表をして、多くのコメントをいただいております。 多くのコメント欄をご覧になっている方はご存じかもしれませんが、私たちが今帰国することに対して、批判的な意見や否定的な意見が多く寄せられている状態です。 私たちも正直、いろんな意見をいただくということはわかってはいても、 色んな言葉づかいだったり、コメントに、傷つけられたり、ショックを受けている状況です。 」 冒頭から何より「自分が傷ついている」といったアピールにもっていっている点、「自分の立場が一番」といった姿勢が垣間見られると思います。 もちろん傷ついたでしょう、心無い言葉遣いで批判する人も中にはいたはず。 ですが、批判コメントの多くは、乱暴な言葉遣いなどで書かれているのではなく、医療関係者や海外移住経験者なども含め冷静な調子で、かつファンであっても今回の行動はどうかと思う、といったスタンスで書かれているものがほとんど。 ファンである方は特に、「ファンだからこそ、その行動は間違っているよ、と伝えたい」そんな、親切心からコメントしている人も多いと思うんです。 批判コメントに対しては「一部の偏った意見」と切り捨て、応援のコメントをくれた方のみに感謝を述べた 今回彼女がアンサー動画で大炎上している要因の多くはここではないでしょうか。 公人であるからといって、乱暴な言葉を全部受け入れろとは思いません。 私も彼女を好きではなくなりましたが、だからといって乱暴なコメントなどをしていいとは思いません。 ですが、チヤホヤされることが多い有名人だからこそ、間違ったときは冷静に、自分のことを思って行動を正す、相手のことを思って正すコメントに対しても真摯に、上述のポイントともつながりますが、彼女は「本当に自分を思ってくれるファンであるかどうか」という視点ではなく、「自分の言葉、行動に対して否定的な意見をせず賛同・応援してくれる人であるかどうか」といった視点で、感謝の意を述べる対象を切り分けてしまっているのです。 以下動画から 「帰国の発表については言葉足らずだった部分もあって、心配な思いをさせたり、不安な思いをさせたりしてしまったかと思います。 そんな中でも、あたたかいメッセージをくださったみなさん、言葉足らずだった部分をフォローしてくださったみなさん、こういう理由で日本に帰国するからいいんだよといってくださったみなさん、本当にありがとうございます。 」 「コメント欄ではないですが、インスタのDMであったり、直接メッセージをくれた方々もたくさんいました。 みなさん本当にありがとうございました。 」 「 今回いただいた批判的コメントや否定的な意見の数々は一部のはかなり偏った意見。 コメント欄にある以上に、多くの賛同的な意見をもらっている」としています。 本来、なんでも肯定的な意見をする人だけがファンではないはずです。 ファンであっても、ファンだからこそ、「そんな行動とらないでほしい」と願って、苦しいながらも批判コメントを残している人もおおいのではないでしょうか。 今回コメント欄が現時点(2020年4月8日時点)では8300件以上ものコメントがついており、現時点では擁護コメントより批判的コメントのほうが目立ちます。 (批判コメントは、一定時間後削除されている、という報告が多くあがっているようですが・・真偽はわかりません。 ) そして、批判的なコメントにたいしては、偏った意見として切り捨てる冷たさ。 これで逆に傷つけられたファンは多いんではないでしょうか。 不服そうな表情、語気 動画をみてもらえればわかりますが、いつもにこにこ明るいちかさん、この動画では終始、むくれたような、少し納得のいかないような表情。 語気も荒い部分もあり、終始口をすぼめるような表情を見せています。 おそらく、本心としては、自身の責任の範囲内でとった行動に対してここまで批判されることには納得いっていないし、それに対して謝罪するなんてことも納得いってないのではないかな?と個人的に感じるようなムードです。 移住の意味がわかっているのか。 移住という言葉を都合よく使っているyoutuber 平常時であれば日本語が使える病院もいっぱいあるし問題ないが、病院自体が今マレーシアも危機的な状況。 だからこそ、日本にいることが自分たちにとっては一番いいと判断した、とのことですが、そもそも海外へ移住する、ということは、本来の意味であれば仕事などで長期的に滞在することであり、それにともない色んなリスクを背負うことになるもの。 当然、病気にかかることもあるはずです。 海外に駐在していて小さな子供を持つ方もたくさんいるでしょう、そんな方々は、「いつ子供が病気にかかるかわからない」「いつけがをするかもわからない」そんなことを頭に置きながらも、どうすれば、現地で家族を守って住めるかを考えているかを考え悩みながらも生活してる人が多いはずです。 彼女の場合、3か月おきに国を変えた移住生活をしていますが、それはつまり「観光ビザ」でできる範囲で、海外「旅行」生活をしながら自由に暮らしていきたい、ということなのでしょう。 残念ながらそれは、移住とはいいません。 多くのファンを持つ公人としてyoutuberとして、これからも多くの人を啓蒙していきたいと思うのなら、間違った言葉を使うのはよろしくないんではないでしょうか。 もちろん、youtuberということを抜きにすれば、自由に暮らすことは個人の自由ですし、どのような選択があってもいいとは思いますが。 英語ができて「移住生活をスタートする」と言い切ったからには、そういったリスクも覚悟のうえで生活されるのかと思っていました。 日本は1000人あたり病床数が多いからでしょうか、医療レベルが高いからでしょうか。 「やっぱり病気のリスクが高いときは日本がいい」など都合のよいときだけ日本の甘い蜜をすうために帰国するなんてむしのいい考えです。 意思のないお子さんの写真や動画を平気でさらす非常識な行動、そしておさるさんの被り物 私は昨今、youtuberやインスタグラマーが、意思のない子供の写真や動画を世の中にさらしデジタルタトゥーを、悪気なくほってしまっている事象に対して非常に憤っています。 私はちかさんの動画昔はよくみていたのですが、ファンであった当初「残念ながら彼女も、良識のない公人たちと同類か。 」と思いファンをやめた経緯があります。 それにもかかわらず、立派に成人しているはずの旦那は、へんなサルの被りものをかぶり、またかぶりものをしていないときは入念にモザイクを入れるなどし、自分の顔を全くさらそうとしない。 これは夫婦ともども親として非常に卑怯だということは言わせていただきたい。 (コメントを削除されてしまったので、せめて自分のブログには残しておきます。 直近、某SNSでは彼らの、お子さんに対する非常識な扱いについての意見も増えており、自分だけではないのだと安心しておりますが・・) これは今回の炎上案件とは離れてしまうかもしれませんが、この夫婦、子供にたいして本当に愛情があるか疑問です。 無許可で全世界にデジタルタトゥーをとるなんで、どうかんがえてもお金儲けの道具と思っているようにしか見えず。 (そう思うことが多くなったので私はファンをやめました) 乱暴な理論 「これ以上私たちはこの件についてお答えすることはありません。 もし私たちの動画をみて不快に思われるなら、登録解除をいただいてかまいません。 」として締めています。 つまり、「賛同してくれる人はありがとう。 批判的なコメントをしてきた人たちはかなり偏っている。 受け入れてくれる人たちに対してなら動画を続けたい。 いやならみるな」といったところでしょうか。 これにより、多くのファンを失ったんではないでしょうか。 否定的な意見をする人の中にもファンはいたはずで、いつも動画をみて元気をもらっていた人もいて、今回の件で逆にファンとして傷ついた人も多くいるはずで、それに対しての折り合いはまったくつけず、自分にとって耳障りのいい人たちとのみかかわっていきたいということ。 不都合なコメントを削除している疑惑 某掲示板では、「バイリンガールちかの動画にコメントをしたが、削除されてしまった」「リアルタイムでコメント数を観察していると、増減している」などといった報告が多数あがっているようです。 実は私も、上記で書いたように、「お子さんの顔をさらすのはいかがかと思う」といった内容のコメントをしたことがありますが、削除されています。 幼い子供を連れまわして、有無を言わさず顔をさらして動画の再生回数に利用して、日本が大変な時に出入国を繰り返すような非常識な方には常識が通じないのでしょうか。 みたくなければいいでしょう、解除すれば ということでかなり長文になってしまいましたが、 本人が提言したようにこれからファンでいたくない人は解除すればいいと思うし、ファンでいたい人は引き続き動画をみていけばいいと思います。 ファンであっただけに、今回の件は残念な気持ちではありますが、、 もう、彼女は彼女らしく、彼女なりの器で続けていってほしいな、というところ。 よくも悪くもかなり強情で気が強く自分が一番な彼女の人間性が露呈した今回の件をもって、私はファンをやめさせていただきます。 親に指摘されている動画 なんとなく、どことなく高圧的なものを感じるな・・と思い始めていたわけですが、彼女、実はご両親からも指摘されているように、カメラの前と素は全然違うようですね。 今回の炎上動画は、ろこつに不服そうな表情を見せたり、口をすぼめてみたり、元来の気の強さが悪い方向に出てしまったのですかね。

次の