サマーナイトフェスティバル プロ予想。 サマーナイトフェスティバル

2020年7月12日 19時24分 サマーナイトフェスティバル エンジョイニュース記事詳細| 当たる競輪(けいりん・KEIRIN)予想はエンジョイ|日刊プロスポーツ新聞社

サマーナイトフェスティバル プロ予想

進撃続ける脇本雄 宮杯では6カ月のブランクを感じさせない走りで完全優勝を飾った脇本雄太が不動の本命だ。 宮杯の初日は雨でスリップしたこともあり、巻き返しに時間がかかったが、残り3日間は逃げ切り3連発の圧勝劇。 打鐘から1周半の仕掛けなら、今の脇本には負ける要素が見当たらない。 今回もS班の村上博幸に村上義弘、宮杯決勝でも連係した稲川翔、稲垣裕之ら近畿の援軍は豊富。 脇本の存在は頼もしいが、村上博らにとってはどうやって脇本をとらえるかがビッグ制覇の鍵となる。 宮杯決勝では脇本の逃げに巻き返し不発の8着に敗れた新田祐大だが、地元で同じ失敗は許されない。 スピードなら脇本と互角以上の勝負はできる。 脇本の1周タイムを考えれば位置を取っての仕掛けは必須だ。 そこで心強いのが1番車、佐藤慎太郎の存在だ。 狙った位置からレースを組み立てられるのは圧倒的に有利。 好位から仕掛けて、今度こそ脇本を飲み込むか。 1月当所記念を制した山崎芳仁に和田圭や大槻寛徳。 自力では菅田壱道や新山響平もいる。 北日本勢が1車でも長いラインを作れるかどうかも、勝負の明暗を分けそう。 脇本、新田不在の競輪界を席巻していたのは松浦悠士、清水裕友の中国コンビだ。 グランプリこそまくり不発に終わったが、昨年11月の競輪祭から2月全日本選抜、3月ウィナーズカップと、ビッグレースをこの2人で立て続けに制している。 宮杯決勝では松浦がホームから巻き返して脇本に迫ったが3着まで。 今回はしっかりと清水も勝ち上がって、脇本、新田と勝負したい。 地区内あっせんならともかく、ビッグレースでは中国、四国がライン。 原田研太朗、岩津裕介らで総力を結集して序盤の流れを引き戻したい。 高い個の能力を持つ平原康多、郡司浩平の存在も忘れてはならない。 平原は5月宇都宮記念の落車があったが、全プロ記念、宮杯と走るたびに調子を戻している印象だ。 宮杯決勝で脇本の強さを肌で感じた平原が、ここまでにどう対策を練ってくるのかにも注目が集まる。 関東勢には吉澤純平、吉田拓矢に鈴木竜士と若手機動型が多い。 平原にとっては前を任せる機動型が豊富だし、差し脚好調な諸橋愛にとっても条件は同じだ。 5月があっせん停止だった郡司は、復帰戦となった宮杯で2勝を挙げた。 この1カ月は後半戦に向けた貴重な準備期間になったはずだし、宮杯を1走したことでレースでの感覚もつかめたはず。 昨年大会準優勝の渡邉雄太に、キメ脚鋭い和田健太郎も優勝争いに加わる力がある。 今年早くも記念3Vと浅井康太は完全復活を遂げた。 中部勢は他地区に比べて参加メンバーは少数だが、深谷知広に吉田敏洋、柴崎淳と実力者はそろっている。 深谷が持ち前のパワーを発揮なら、少数でも侮れない勢力となる。 九州勢では中川誠一郎、山田英明が意地の一発を見せる。 女王児玉碧が威厳を示す 悲願だった東京五輪代表の座をつかみ取って小林優香が帰って来た。 激しさを増す児玉碧衣との同門対決が今シリーズも最大の焦点となりそう。 本命には児玉を推す。 昨年3回あった両者の対戦は児玉が2回先着。 2年連続のグランプリ女王に輝いた児玉の脚力を素直に評価すべきだろう。 開催中止が続いてモチベーションの維持にも苦労する時期もありながら常勝を義務付けられている児玉にとって、ガールズ総選挙で4年連続1位に輝いたのは何よりもの励み。 ガールズの連勝記録更新も懸かるだけに、しっかり仕上げて大一番に臨む。 小林優の動向を見ながら異次元ダッシュで一気攻撃を決めてくる。 一方の小林優も児玉の後塵を拝し続けている気はない。 6月松山MNで半年ぶりに実戦を走って完全優勝していてレース勘の不安もない。 五輪開催が一年延びて走ることが叶った一戦。 W杯メダリストらしく、好機に仕掛けてスピードに乗ってしまえば、児玉をも一蹴できる。 第2グループは、昨年覇者の石井貴子、石井寛子、梅川風子、高木真備らで横一線だが、最も勢いを感じるのは高木だ。 開催休止明けの5月広島、6月大宮、川崎を怒涛の3連続完全V。 休止期間中のトレーニングの成果が出て、広島予選2ではまくって自己ベストの11秒5の上がりタイムを叩き出した。 今のデキなら児玉、小林優とも好勝負可能。 思い切って仕掛けられれば面白い。 レース巧者の石井寛、石井貴はまずは位置取り重視の組立てだろう。 流れに乗って好位確保から差し、まくりの勝負でこれまで何度もビッグを勝っている。 3月のガールズケイリンコレクションを除き、今年の33走を26勝、2着6回、3着1回の梅川の戦績も凄まじい。 そろそろトップが一堂に会するビッグでも頂点に立つ時だ。 さらに、近況良好な佐藤水菜、長澤彩、柳原真緒に、完全復活を遂げた加瀬加奈子の動向にも注目。 奥井迪、尾崎睦、鈴木美教、小林莉子らの底力ももちろん侮れない。

次の

【いわき平】サマーナイトフェスティバル(GII)著名人予想|オッズパーク競輪

サマーナイトフェスティバル プロ予想

サマーナイトフェスティバルは、 2005年から新設された競輪のG2競争。 G2開催で唯一のナイターシリーズであり、 ガールズケイリンフェスティバルも同時に開催されます。 レース名にあるよう、夏季の夜を舞台にしていて、 北日本地区(3会場) :函館競輪場・青森競輪場・いわき平競輪場 関東地区(5会場) :宇都宮競輪場・前橋競輪場・西武園競輪場・弥彦競輪場・京王閣競輪場 南関東地区(5会場) :松戸競輪場・川崎競輪場・平塚競輪場・伊東温泉競輪場・静岡競輪場 中部地区(4会場) :四日市競輪場・松阪競輪場・大垣競輪場・豊橋競輪場 近畿地区(1会場) :奈良競輪場 中四国地区(3会場) :玉野競輪場・松山競輪場・高知競輪場 九州地区(5会場) :小倉競輪・久留米競輪・武雄競輪・佐世保競輪・別府競輪 といった、計26会場持ち回りの、 3日制レースです。 また本来であればG3(記念競輪)以上のグレードレースの開催は原則として 1会場につき年間1節の取り決めがありますが、サマーナイトフェスティバルは3日制なので、 記念競輪と同年度に開催できます。 グレードレースはもちろん。 F1についても優勝回数上位者しか選出されていないことから、 競輪界上半期のグランプリと呼ばれることも。 場内はライトアップされお祭り雰囲気を醸し出す。 真夏の夢の祭典、 夜王と女王の決定戦は、 スリリングで熱狂的に盛り上がることでしょう! 本当に強い優勝者のみが集まるG2サマーナイトフェスティバルのレース情報を解説していきたいと思います。 特別競輪・記念競輪・S級シリーズの優勝者が一堂に集結します。 毎年若干の変更・修正はありますが、正選手81名、補欠選手5名が、選抜されます。 基準1. S級S班在籍者• 基準2. 選手選考対象期間において2ヶ月以上JCFトラック種目強化指定(A)に所属した者(開催時S1)• 基準3. GI優勝者• 基準4. GII優勝者(ヤンググランプリ含む)• 基準5. GIII優勝者• 基準6. FI優勝者 基準2のJCFトラック種目強化指定とは? JCFとは 公益財団法人 日本自転車競技連盟JAPAN CYCLING FEDERATIONの通称で 日本自転車競技会を総括している団体です。 JCF管轄にあるトラックレースでの 男子エリート強化指定選手「A」に属している選手のことを指します。 G2サマーナイトフェスティバルの賞金は?開催種目と一緒に紹介! サマーナイトフェスティバル着順別賞金一覧 初日開催 着 予選 8レース開催 初日特選 1レース開催 1 29万8000円 45万2000円 2 24万8000円 34万7000円 3 20万7000円 29万円 4 18万8000円 26万3000円 5 17万9000円 25万1000円 6 17万円 23万9000円 7 16万2000円 22万8000円 8 15万4000円 21万7000円 9 14万7000円 20万7000円 GP優勝者・G1優勝者・G2優勝者の順に9名を選定。 9名に満たない場合は平均競争得点上位者から選出。 失格がなければ出場者全員が準決勝の出場が決定している。 優勝賞金は 特別競輪には見劣りするものの、 なかなかビッグレースを走れないメンバーも参戦するとあって、獲得賞金ランキングの変動を起こしやすい大会です。 また 成績上位者はG1・G2への優先出場権が与えられます。 優勝者による真のチャンピオンを決める大会!G2サマーナイトフェスティバル G2開催で唯一のナイター競走であるG2サマーナイトフェスティバル。 特別競輪・記念競輪・S級シリーズの優勝者のみが出走できるとあって、上半期のグランプリとの呼び声も高いです。 好調の選手は好調のままどう今後のレースに臨むか、不調だった選手は今後どう立て直すか、 このレースの結果次第で、先1年の選手人生が決まってしまうことも。 それゆえに、 データが蓄積されていない状態での予想はとても困難… トップレーサーが集まるレースは、誰が勝ってもおかしくない選手ばかり… 個人レベルでは判断できないことが多いのも、G2サマーナイトフェスティバルの特徴です。 ですがたった1つだけ、的中の裏技があると言ったら驚かれますか? 独自の情報元や プロの予想師による 適格な予想で、確実に的中を狙えるのが競輪予想サイトです。 ビッグレースだからこそ難しい、でも 注目度高ければそれだけ配当も高くなる! 競輪BANKがおすすめする予想サイトは 完全無料ではじめられ、実際に登録して 優良なのを確認済み。 ぜひ無料登録から、あなたの予想に活かしてみてくださいね。 おすすめ競輪予想サイト紹介 【継続した利益を徹底追求】 競輪は、八百長・忖度・デキレースが暗黙の了解。 そう言われるほど、 普通ではありえないレースがあるのは、ご存知かもしれませんね。 競輪裏街道は、 公表すれば業界が騒然するほどの太いパイプから、 本当に稼げる情報だけを集めています。 簡単に言えば、 誰でも的中を量産できる仕組みを持っているんですね。 競輪が純粋に好きな方は、競輪裏街道を使うべきではないです。 ですが 儲けを最重視しているなら、競輪裏街道ほど相応しいサイトはないと断言できるレベル。 1万円分のポイントプレゼントや、いつでも見られる無料予想から、 当たりつづける競輪生活が送れますし、 外れたときの後悔はもう二度と、感じなくなっていくでしょう。 【本気で稼ぎたい人以外はオススメできません】 競馬・競艇・競輪それぞれで、会員の資産を増やした実績ある運営が集約したのが、三競・的中の法則です。 競輪好きにとって、競馬・競艇は近からず遠からずのギャンブル…。 競輪以外の情報に妙味がない方もいらっしゃるでしょう。 正直にお伝えすると 「ただお金が欲しい」という方ならば、三競・的中の法則が理想です。 競馬:毎週1レース、競艇:毎週2レース、競輪:毎週2レースで提供される 無料情報は、厳選された的中特化の情報のみ。 競技を楽しむというより、 自分の好きなタイミングで好きに稼げるのが最大のポイント 稼げるなら競輪にこだわらない…今すぐの利益を掴み取るなら、三競・的中の法則で間違いありません。 【即日利益は想定10万円以上】 過去10年にわたるラインの精査と個人勝負の的中ロジック。 専属記者との独占契約により、正しい情報とデマを見極め、内部の思惑を知るレース厳選。 的中に必要な要素をすべて満たしているファンファーレは、毎日のように 大金を提供しています。 初回想定利益は軽く10万円を超え。 ありきたりなサイトでは不可能ですが、競輪予想を熟知しているファンファーレにとっては容易いこと。 しかも 火・水・木・金・土・日にプロ予想が無料で公開され、その質は他サイトの有料情報と遜色ないほど。 今日の無料予想を見ていたら今頃は…そんな後悔をしないように、まずは無料登録を済ませておくのがベストでしょう。

次の

清水初夜王 サマーナイトフェスティバル 【いわき平】|【西日本スポーツ】

サマーナイトフェスティバル プロ予想

2005年に川崎競輪場で第1回が開催された「G2サマーナイトフェスティバル」。 ナイターで実施される初のビッグレースとして新設され、注目を集めた。 いまでは「競輪界の夏夜の風物詩」と呼ばれるまでに定着。 優勝者は、その年の『夜王』と呼ばれる。 当初は2日間開催で、全9個レースの初日予選を行い、その1着のみが決勝に進出する勝ち上がりだった。 2015年の第11回大会から3日間のシリーズに変更となり、初日には特選選抜予選1個レース、2日目には準決勝3個レースが設けられた。 選考期間は昨年11月から今年4月までの6カ月間で、S級S班在籍選手、選考期間において2カ月以上JCFトラック種目強化指定(A)に所属した選手(開催時S1)をはじめ、期間中のグレードレース優勝者、さらにはF1優勝者も選考基準に入っている。 今年は第17回目を迎え、いわき平競輪場で開催される。 いわき平での開催は、2013年以来、2回目となる。 ガールズケイリンフェスティバルは、2014年松戸のG2サマーナイトフェスティバルから同時開催がスタートした「ガールズレーサーによる夏夜の祭典」だ。 ガールズケイリンのビッグレースの一つにも数えられる。 優勝すれば、賞金額的にもガールズグランプリ出場へ大きく前進できるので、後半戦最初の大一番ともいえる。 第1回大会は2日間の短期決戦で、2個レース14名の参戦だったが、翌年の函館開催からは3日間のシリーズとなり、21名参戦の3個レースが実施されるようになった。 選考期間は昨年11月から今年4月までの6カ月間で、男子同様に選抜方法の一つに「ガールズケイリン優勝」があるため、出場権利が与えられる21名の出場枠を巡って、毎年、選考期間内は熾烈な争いが繰り広げられる。 いわき平でのガールズケイリンフェスティバルは、今回が初開催となる。 加藤慎平の予想 11R/ガールズ決勝 思い切った予想で勝負する。 本命は石井貴子だ。 出来の良さでは連日、勝負所で鋭い動きを見せる高木真備だが、このレースを動かすのは梅川風子だろう。 実力上位の児玉碧衣、小林優香は後方からの仕掛けになる。 梅川の仕掛けをまず捕らえに掛かるのは高木だが、梅川は越えられないと読む。 それはなぜか? 梅川の番手には、石井貴子が続いていると読むからだ。 石井が高木を張り気味に追い込むことにより、児玉、小林優の捲りは大外を回らされる事になる。 直線早めに抜け出す石井から、大外追い込む小林優、児玉へ。 梅川の逃げ粘りも抑え、高木真備の捲りも一考。 12R/サマーナイト決勝 絶対的な存在、脇本雄太の脱落により一気に混沌とした決勝戦になった。 その中でも目立って動きが良いのが郡司浩平。 準決勝の逃げは圧巻だった。 しかし、絶対的とは言えない。 今回の決勝戦は、ラインの総合力の差が車券戦術の中心となろう。 本命は清水裕友。 松浦悠士との前後は自由自在と言うハイブリッドな「令和のゴールデンコンビ」。 先行も辞さずと考えているのは松浦だけなので、本命予想はいたってシンプルだ。 そして、最後方から捲る新田祐大。 その前で先捲りを打つ郡司。 中を割れる稲川翔、佐藤慎太郎で勝負する。 加藤慎平(かとう しんぺい) 2005年12月の第21回読売新聞社杯全日本選抜競輪でG1初優勝を達成。 さらに同月のKEIRINグランプリ2005を制覇し、競輪界の頂点に立った。 この時の月額獲得賞金1億3,000万円は未だ塗り替えられることがない競輪界のレコード記録。 2018年12月に現役引退後は様々な分野でマルチに活躍している。 芸能、メディア界にも多数の人脈を持つ。 林雄一の予想 11R/ガールズ決勝 1着候補は3選手(高木真備、梅川風子、児玉碧衣)。 今節の動きの良さ、配当の妙味から、高木と梅川を頭で狙ってみる。 大舞台に強く、脚もあり、位置取りも強気な石井貴子を2、3着に固定。 12R/サマーナイト決勝 まさかの脇本敗退により、混戦模様の決勝だが、やはり3車そろった中国ラインが軸になるだろう。 清水裕友と松浦悠士は、どちらかが優勝出できればと思える間柄なので、仕掛けに躊躇がない。 脇本雄太が不動の本命だろう。 6月高松宮記念杯では、連日圧巻のレースで、決勝も逃げ切り完全優勝。 他を寄せ付けないハイスピードレースで、今開催も頂点に君臨するか。 近畿勢は、今回も脇本の番手を死守できるかが鍵となろう。 地元・北日本勢は結束して、他地区を迎え撃つ。 中心は高松宮記念杯の決勝でも連携した 新田祐大、 佐藤慎太郎のS班両者だろう。 ここにG1を9度制す山崎芳仁や、ビッグ初優勝を狙う 小松崎大地らが加わっていく。 輪界最強ラインの呼び声高い、 松浦悠士、 清水裕友の中国地区S班両者も当然の優勝候補だろう。 6月の久留米記念では、清水が松浦を差し切ってワンツー決着。 松浦は6月高松宮記念杯決勝で、逃げる脇本に対して果敢に仕掛けたるも、脇本の踏み直しに屈して3着。 逆転の一手を探りたい。 総合力上位の 平原康多は、サマーナイト初優勝を狙う。 オールラウンダーぶりを発揮して、5月全プロ競輪のSPR賞2着、高松宮記念杯でも優出とハイレベルの走りが続く。 関東の若手機動型が台頭すれば、さらにチャンスは膨らむ。 和田健太郎は6月高松宮記念杯で準優勝し、賞金ランキング4位に浮上。 初のグランプリ出場が狙える位置につけている。 昨年10月の寛仁親王牌から、目下5連続のビッグ優出中。 鋭いタテ脚で、郡司浩平らとともに優勝争いに加わろう。 今年は記念3Vと好調の 浅井康太、2014年松戸で当大会を優勝している深谷知広の中部勢も侮れない。 ちなみにサマーナイトを逃げ切りで制したのは、深谷のみだ。 新鋭レーサーからは 寺崎浩平に注目だ。 117期で早期卒業後の逸材は、6月向日町F1で早くもS級4度目の優勝。 今回が初のビッグレース参戦で、旋風を巻き起こす。 東京五輪・自転車トラック競技日本代表の 小林優香がスピードで圧倒する。 当大会は、過去3度優勝と実績面でも抜けた存在だ。 一昨年は決勝で失格に終わっているが、その時よりも数段ビルドアップされた走りを披露しよう。 グランプリ連覇の 児玉碧衣も、女王の貫禄ある走りを見せつける。 今年は2月小倉から18連勝中。 フェスティバルは4年連続優出中も、いまだ優勝に手が届いていないだけに、今年こその意気込み。 連覇を狙うのが千葉の 石井貴子だ。 昨年は好ポジションから捲って、児玉らを振り切り優勝。 勝負強さを発揮した。 小林優香以来となる大会連覇も十分射程圏内だ。 当地でコレクションV歴ある高木真備をはじめ、通算100Vを達成した石井寛子も優勝争い必至。 連続優勝中の佐藤水菜に、5月小倉で久々優勝の鈴木奈央、ダッシュ抜群の太田りゆ等、21名のガールズレーサーが、華麗な走りで夏夜を鮮やかに彩る。 注目選手 サマーナイトFの全15開催における1番車から9番車の入着は以下の通り。 1番車【4 0 2 9】勝率27%• 連対率27%• 3連対率40% 2番車【3 5 0 7】勝率20%• 連対率53%• 3連対率53% 3番車【2 1 5 7】勝率13%• 連対率20%• 3連対率53% 4番車【1 2 1 11】勝率7%• 連対率20%• 3連対率27% 5番車【3 1 0 11】勝率20%• 連対率27%• 3連対率27% 6番車【0 0 1 14】勝率0%• 連対率0%• 3連対率7% 7番車【1 4 2 8】勝率7%• 連対率33%• 3連対率47% 8番車【0 0 3 12】勝率0%• 連対率0%• 3連対率20% 9番車【1 2 1 11】勝率7%• 連対率20%• 3連対率27% 全15開催では、1番車が僅かの差で勝率トップ。 連対率は2番車が57%と好成績を残している。 一方で、6番車と8番車は2連対がゼロ。 特に6番車は、一昨年の松浦悠士が3着に入ったのみ。 外枠の9番車も優勝1回だけだが、その1回は2013年いわき平開催の佐藤友和だった。 バンクデータ.

次の