税 抜き 計算 方法。 税抜き価格の計算式と計算ツール

エクセルで「消費税と税込/税抜き価格」を求める計算式【Excel関数】

税 抜き 計算 方法

住民税とは? 計算の仕方や納付方法などを徹底解説 住民税とは、 市町村民税・道府県民税の総称で、1月1日時点に住んでいる住所地に納付する税金です。 地域社会の費用をできるだけ多くの住民に分担してもらう、という性格を持っている税金です。 なお、東京都の場合、市町村民税は23区では特別区民税となり、道府県民税は都民税となっています。 個人だけでなく、会社などの法人も地方公共団体の一員として行政サービスを受けているという考えにより、 住民税には個人に課す「個人住民税」と法人に課す「法人住民税」があります。 この記事では個人住民税について解説していきます。 【住民税額がわかる! 住民税決定通知書についての税理士・田中さんの解説動画も御覧ください】• 住民税の「所得割」と「均等割」住民税が非課税になる人も 個人住民税にはいくつか種類があり、通常は次の所得割と均等割の2つを合算して納めます。 (1)所得割 :前年の所得金額に応じて課税される 所得に応じて負担する税額。 税金を負担できる力に応じて払ってもらうという考え方。 所得割は、給与や商店経営による売上げ、アパート賃貸料などの前年1年間の個人の所得に応じて課されます。 (2) 均等割とは、所得が多いか少ないかにかかわらず負担する均等の税額のことです。 2014(平成26)年度より500円引き上げられ、標準税率は市区町村税が3500円、都道府県税が1500円。 前年の所得が一定金額以下の人などは住民税が非課税となるケースもある なお、や生活保護を受けている人、前年の所得が一定金額以下の人などはもありますので、あわせてチェックしておきましょう。 たとえば、住民税の所得割・均等割ともに非課税となるものの規定の中に• 障害者・未成年者・寡婦又は寡夫で、前年中の合計所得金額が125万円以下の方 ということがあるのですが、この寡婦または寡夫の規定は未婚のシングルマザー(あるいはシングルファーザー)も含まれるので、たとえば、(婚姻関係の有無に関係なく)母ひとり子ひとりという状況のシングルマザーが住民税の所得割・均等割双方が非課税になるパートの年収は204万4000円以下ということになっています。 【関連記事をチェック!】 2. 住民税は1月1日現在の住所地が課税する 住民税は、1月1日現在の住所地で、前年の1月1日から12月31日までの1年間の所得に対して課税されます。 そのため、1月2日以降に他の市町村に転居した場合でも、1月1日現在で居住していた市町村に全て納付しなければいけません(この場合、その年度の住民税は転居先の市町村から課税されることはありません)。 令和元年8月20日に、A県B市からC県D市に引っ越した例で考えてみましょう。 前年の年間の所得を基準に翌年の6月から翌々年の5月まで、あるいは翌年の6月・8月・10月、翌々年の1月(後述も参照)に課税がなされるため、所得税においては「年分」、住民税においては「年度」という使いわけがなされるのです。 【関連記事をチェック!】 3. 所得割は前年の所得に応じて課税される 所得割は住民税の大部分を占め、前年の1月から12月までの1年間の所得を基準に計算されます。 具体的には、課税所得金額に道府県民税または市町村民税の税率を掛け、それから税額控除して税額が決定します。 そしてこの前年の所得についてのデータをもとに、住民税の課税額が計算されるのです。 【住民税が高すぎると思ったら、こういう理由かも?動画でチェック】 4. 住民税の計算方法とは?税率は一律10% 通常、納付する住民税は、「均等割」と「所得割」を合算したものです。 それぞれの税率と標準税額は原則、以下の通りです。 所得割 市町村民税6%+道府県民税4%=合計10%• 均等割 市町村民税3000円+道府県民税1000円=合計4000円 なお、均等割は平成26(2014)年度から令和5(2023)年度まで10年間、500円ずつ計1000円アップしています(復興特別所得税、詳しくは後述)。 【関連記事をチェック!】 5. 住民税を納める方法は2種類 住民税を納める方法は、サラリーマンとそうでない人とで異なります。 具体的には、です。 そして、事業主がとりまとめて住民税を納付します。 通常、毎年6月に、市町村・特別区から納税義務者に税額通知書(納付書)が送付され、この納付書により市区町村役場や金融機関などの窓口で支払います。 納期は6月・8月・10月・1月などの年4期となっていますが、支払い月は各市区町村によって異なります。 住民税は金融商品にも課税される 個人住民税には、「所得割」「均等割」のほか、金融商品に関連する「利子割」「配当割」「株式等譲渡所得割」という種類の住民税があります。 住民税の利子割とは 「利子割」とは、預貯金の利子や特定公社債等の利子・収益分配金(以下、預貯金の利子等という)に課税されるものです。 この住民税50円が利子割です。 住民税の配当割、株式等譲渡所得割とは 「配当割」と「株式等譲渡所得割」は、どちらも上場株式等の取引に関係するものです。 前者は一定の上場株式等の配当に課税され、後者は上場株式等の譲渡所得に課税されます。 現在、上場株式等の取引を行うと、配当をもらう場合も売買して儲けが生じる場合も、所得税15%・住民税5%が課されることになっています。 このケースでいう住民税1万5000円が配当割です。 また、70万円で取得した株を100万円で売却できたとします(便宜上、株式譲渡費用は考慮しません)。 このケースでいう住民税1万5000円が株式等譲渡所得割です。 また、平成27年以前は一定の公社債取引については非課税であったものが、平成28年より課税扱いとされる一方で、特に特定公社債の利子所得・譲渡所得については上場株式等との損益通算が可能となっています。 なお現在では、所得税と住民税の天引きをしてくれ、確定申告不要とする口座があります。 源泉徴収選択口座といいますが、こちらの口座内で取引すると利子割・配当割・株式譲渡所得割とも住民税の徴収税率が同じですので同様の処理となります。 住民税の均等割にも復興増税が 個人住民税においては、東日本大震災の復興財源確保を目的として、平成23年12月2日に復興財源確保法が公布され、すでに増税期間に入っています。 所得割・利子割・配当割・株式等譲渡所得割には影響はありません。 1%を乗じた税率分が増税されています(復興特別所得税)。 増税期間は平成25(2013)年から令和19(2037)年までです。 【編集部より住民税関連・オススメ動画】 【住民税についての関連記事】.

次の

消費税の計算方法を簡単にわかりやすく解説【8%と10%に対応】

税 抜き 計算 方法

自分が払っている消費税、把握していますか? こんにちは、表題のとおりの内容です。 税やお金のリテラシーが低いといわれるわたしたち日本人の弱点を克服しようと思い、8月から試験的に始めていることがあります。 自分が払った消費税を計算することです。 たかが8%だし、数字としても中途半端で計算しにくいからと、あまり気に留めず、取られるがままに払っていた消費税。 しかしお金について考え直す良いキッカケがあってから、日々無条件に払い続けている消費税に疑問の眼を向ける流れとなりました。 何を買っても消費税。 楽しみのために、旅行に行っても消費税。 生きるために、食材を買っても消費税。 学ぶために、本を買っても消費税。 本を買い 読書をすることはかなりの確率で「投資」なわけではありますが、それはそれ。 本を作って売るという一連の流れが商売となっている以上、本の購入行為は自分的には投資であっても、お国からすると「消費」ということになります。 よって消費税です。 これはしかたないですね。 気にし始めたら、 自販機で買う清涼飲料水や缶コーヒーたちももれなく消費税が潜んでいるんだなという当たりまえの事実とご対面するはこびとなりました。 雑談が長くなりすぎて、まだまだ止まらない感じですので、ここらへんであきらめて表題の結論を書きます。 とりあえず税込価格に出逢ったら、• まず8をかけます。 末広がりなハチで。 そして108で割ります。 煩悩の数で割ってください。 1円以下の端数はバッサリ切り捨ててください。 煩悩がない人はいないと思いますので、どうぞ遠慮なく108で割ってください。 この方法で、キッチリきれいにまとまった税込価格に潜んだ、 わたしたちが実際に払っている消費税たちがこんにちはします。 不思議ですよね。 「どうしてこれで消費税が出るの?」とは聞かないでください、わたしも分かっておりません。 知り合いの税理士さんから直接教わった知識なだけ、なのです。 重要なのはその理屈ではありません、実際に払っている消費税です。 気づかない(ように工作されている、または無教育をほどこされている)うちに払っている消費税の正確な把握が、わたしたちに「税金を払っている」という意識を与えるひとつのキッカケとなります。 税込価格から消費税を割り出した一例 気になったのを数個、チェックしてみました。 なんとなく書いたこれら4つのお買い物を合算すると、 99,135円のお買い物をしたとき、7,929円の消費税をついでに払っていたことが判明しました。 7,929円といえば 一人暮らししていたときの1か月の電気代より高いです、わたしの場合ですが。 分かっていたことなのに、なんとなく理解していたことなのに、いざ計算するとなんだか損をした気分になるから不思議です。 (とはいえ、そういう気持ちにさせることこそが、消費税を計算する意義です) お金を使いすぎちゃって困る人が周りにいらっしゃる場合は、一度このページを見せて「実はこんなに余分に、本体価格以上のものを払ってるんだよあなた!」と言ってみるのも、いいかもしれないですね。 みなさん、一緒にガンガン計算していきましょう。 何か買うたびに、契約するたびに、クレジットカードを切るたびに、クセのようにスマホの電卓で式を打ち込んでみましょう。 一覧にしておくと、のちのち「こんなに消費税を払っていたのか」と少々残念な気持ちになるはずです。 わたしはまだトライしはじめたばかりですが、そんな未来は簡単に見当がつきます。 ただそれを、実際の数値で実感したいのです。 vintraw.

次の

【Excel】エクセルで税込価格と税抜価格を計算する方法【消費税10%】|白丸くん

税 抜き 計算 方法

こんにちは、kazeです。 消費税の簡単な計算方法! っていうことで、今回はこの記事を書きます。 消費税が10%になって、家計のやりくりを見直す方も多いと思います。 8%と10%の混在も面倒な部分ですが、あえて10%の良いところを言うなら、計算がしやすくなったことくらいでしょうか。 私のまわりにいる人の一部や世間の計算が苦手な人の中には、普段の買い物などの日常生活の中でパッと計算ができなくて、「どうすればいいの」っていう人がいます。 全体でいうと、そういう人の比率って意外に多いんだなあって感じることがあります。 消費税の計算ではなくて、別の簡単な計算などで感じる部分です。 幸い、私は理数系なのでそのような計算に困ることはありません。 そこで、普段はいろいろな記事を書かせてもらっていますが、私発信の「消費税の簡単な計算方法」ということで、紹介していきたいと思います。 参考にしていただける部分もあるかと思いますので、読んでみてください。 ただし、計算に自身のある人はこれに該当しないかもなので、あしからずご了承の程を。 普通は、以下のようにやっていると思います。 まず、今までの8%で例を挙げてみますね。 (このあとは、これを「お母さん方式」と呼ぶことにします)(笑) 例えば、 300円の8%なら、 「サンパニジュウシ」で24円が消費税だから324円が払う金額ね。 っていう感じですね。 24と出したときに、2. 4円じゃあ小さすぎるし、240円じゃあ大きすぎるので、24円が妥当だってすぐわかります。 ほぼみんなこうやっているはず!?です。 (笑) では算数ではどうでしょう。 もちろん、このやり方でもOKですが、こんな計算をします。 300円が元になっていて、それを「1」とすると、消費税は「0. 08」に当たるから、税込価格は合わせて「1. 08」に当たります。 「割合」のことばを使うと、300円が「もとにする量」で、税込価格が「比べる量」または「比べられる量」です。 08=324円となります。 どうでしょうか。 日常では算数のような計算は普通しないですね。 お母さん方式の方がサッと計算ができます。 では、税抜価格を 250円にしてみましょう。 ここで、この計算をサッとやる方法をご紹介します。 片方の数字は35から70に2倍していて、もう片方は16から8に半分にしています。 こうすれば、どちらも同じ答えになります。 頭の中で、2倍と半分の数字をかければ、5と8の1桁の九九計算をするだけになるので、サッと答えが出ます。 これ、日常でも結構使えますよ。 先程の消費税計算に話を戻します。 もとが250円なので、2円では小さすぎるし、200円では大きすぎるので、消費税は20円とわかるので、税込価格は、250円に20円を加えて270円となります。 (笑) つまり、 8%は面倒なことが多いわけです。 その点、10%は簡単になります。 ではその10%計算ですが、今度はお母さん方式を使う必要もなくなります。 1=30ですが、答えは もとの300の「0」を1個取るだけでよくなります。 260円とかでも26円ですし、56円でも5. 6円と 小数点をつけるだけ。 とても簡単になります。 ですので、税込価格は、260円ならそれに0を1個取った26円をたして、286円となります。 8%のときより全然簡単ですね。 36,000円の買い物をしたら、36,000+3,600=39,600円とすればいいわけです。 これからは、税込価格計算は、税抜価格がどんな場合でも簡単になります。 冒頭でお伝えした通り、その点だけ?がメリットじゃないでしょうか。 ありがたくはないですけどね。 今度は、8%の話は省略して10%の話だけです。 税抜価格が300円なら、税込価格は330円ですが、この関係を見てみます。 算数で言うと、300円を「1」とすると、330円は「1. 1」にあたることになりますが、そんなことより結論ですよね。 330円から300円を求める方法は2つあります。 1=300という算数のように求める方法です。 どうしてこうすると求められるのかを説明すると、読みたくなくなると思いますので省略します。 (笑) でも、後者の方がいいのではないでしょうか。 税込価格を11で割り、その答えを税込価格から引くと税抜価格が出る。 ただこれには、面倒なことがあります。 330円は11で割り切れるのでいいですが、11って割り切れないことの方が圧倒的に多いんです。 ちょっとやってみましょう。 計算すると45. 45…となります。 11で割ると、45. 45454545…というように「4」と「5」が永遠に続いていきます。 このように同じ数字が永遠に繰り返される小数を「循環小数」というのですが、11で割った場合、割り切れない計算の答えは必ず循環小数になるんです。 ですので、こういう場合は、 およそ45円くらいだから、500-45=455円くらいだな ってやるのがせいぜいなんですね。 これ以上は、簡単にやる方法がないんです。 これは仕方ないと思ってください。 (笑) ちなみにですが、以下の計算は間違いです。 こういう間違いをしている人って必ずいると思いますので、お伝えしておきますね。 先程の税込価格が500円の問題で、 消費税が10%だから、500の10%は50円なので、500-50=450円 とやるのは間違いです。 10%は税抜価格が元になっていますので。 もしかしてやっていませんでしたでしょうか。 そうです。 税込価格から内税を計算するには、11で割ればいいだけです。 割る11の計算は嫌ですけどしょうがないです。 最後に… 消費税増税を気に、消費税の計算についてお伝えしました。 最後に、 売り手側はどんなことを考えて商品の価格を決めているのかを紹介しておきます。 例えば、 5,000円程度の価格をつけたい場合、だいたい3つの方法があると思います。 1、税込価格を4,980円と決める 先に税込価格を5,000円をぎりぎり越えないところに決めて数値を見せます。 この場合、税抜価格が細かい数字になります。 10%の場合、税抜価格は4527円(小数点以下切り捨て)になります。 2、税抜価格を4,980円と決める 税抜価格で5,000円をぎりぎり超えない見せ方をします。 この場合、税込価格は5,478円になります。 3、税抜価格を1. 1倍して5,000円をギリギリ越えない価格に決める 1の応用形で、税込価格5,000円で税抜価格を計算すると4545. 4円なので、それを4,544円にして1. 1倍すると4998. 4円になるので、それを考えて価格表示します。 税抜価格4544円(税込価格4,998円)というように見せます。 売り手はいろいろと考えますからね。 以上、消費税計算に関する記事でした。 参考になれば幸いです。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の