ポニーテール はげる。 ポニーテールのゆるふわ可愛いアレンジ|ロング・ミディアム・ボブ…長さ別に紹介!

毎日髪を結ぶのは頭皮に悪影響?

ポニーテール はげる

1.分け目がはげる原因 分け目がはげてしまうのには、主に3つの原因が考えられます。 それぞれ、詳しくお話しします。 1-1.分け目への負担 分け目は、髪が分かれている部分なので、頭皮に負担がかかりやすいことが影響していると考えられています。 いつも同じ分け目にしているほど、その影響は顕著です。 髪の重みや、髪を結ぶことで頭皮が引っ張られたりすることで、頭皮に負担がかかります。 特に、髪が長い人ほど髪の重みは増えるので、頭皮への負担も大きくなりが増えて、はげが気になる状態がより進行してしまうことが考えられます。 1-2.頭皮への負担 頭皮への負担は、はげの原因となることがあります。 頭皮へ負担となるものは、 ・ ・誤った ・頻繁なカラーや などが挙げられます。 これらは頭皮の状態や、ヘアサイクルなどに、影響を及ぼすことがあると言われています。 頭頂部などの分け目は無防備に紫外線にさらされやすいので、注意が必要です。 誤ったヘアケアや頻繁なカラーやパーマは、分け目に限らず、頭皮の負担となるので、抜け毛や・はげの原因になることが考えられます。 1-3.生活習慣の乱れ 生活習慣の乱れは、分け目から始まるはげ・薄毛をはじめとした、あらゆるはげ・薄毛の原因のひとつになると考えられています。 生活習慣の乱れにより、髪の成長に必要な栄養が不足したり、血行が悪くなって頭皮の状態が乱れたりすることがあるからです。 そして、抜け毛や髪の毛が細さなどに影響を及ぼすことがあると言われています。 2.分け目はげの予感?!早めに始める対策方法 少しでも分け目が気になってきたら、対策は早めに始めるのがおすすめです。 放っておくと、薄毛・抜け毛がどんどん進行してしまうことがあるからです。 そこで、分け目はげの予感がしたら早めに始めたい、薄毛・抜け毛の対策方法をご紹介します。 2-1.分け目を変える いつも同じ分け目にならないよう、マメに分け目を変えるのがおすすめです。 分け目を変えることで、紫外線や頭皮への負担が同じ部分に集中するのを防ぐこともできます。 ここでは、分け目をきれいに仕上げる方法をご紹介します。 生えグセや髪の流れなどで、いつも同じところで分かれてしまうという方も、参考にご覧ください。 髪をぬらした状態のほうが、クセをとって自由にスタイリングしやすいからです。 髪を洗ってドライヤーで乾かす際に行ってもよいでしょう。 右寄りに分けているなら左寄りの場所から、真ん中で分けているなら、真ん中以外の場所から始めます。 この時、根本が生乾きになることがないよう、十分に乾かしましょう。 2-2.紫外線を防ぐ 分け目をマメに変えることで、1カ所に紫外線が当たるのをある程度防ぐことが期待できます。 ただし、紫外線による頭皮の影響は大きいので、分け目を変えるだけでなく、日頃から紫外線を防ぐように心がけましょう。 紫外線は、季節や天気にかかわらず降り注いでいますので、油断せずに対策することが大切です。 外出される際は、帽子やなどで、紫外線を防ぎましょう。 2-3.バランスの良い食事を心がける 栄養のバランスが整った食事をとるように心がけてください。 食事からの栄養は、体だけでなく、健康な髪の成長にも必要です。 油っこい食べ物を食べすぎたり、極端なダイエットなどで栄養が不足することがないように心がけましょう。 2-4.質のよい睡眠をとる 睡眠中は成長ホルモンが活発になると言われていて、健康な髪の成長にもかかわっているとされています。 睡眠は、長さだけでなく質も重要と言われています。 睡眠の質をよくするために、寝る前にスマートフォンやパソコンを見るのを控えたり、寝室を快適な環境にしておくなどの工夫をするとよいでしょう。 2-5.ストレスをためない ストレスによって血行が悪くなると、髪の成長に必要な栄養が頭皮に行き渡りにくくなることがあると言われています。 ストレスがたまらないよう、定期的にリフレッシュする時間を取るように心がけてください。 2-6.シャンプーの方法を見直す 普段のシャンプーの方法が、頭皮へ負担となっていることがあります。 つい頭皮によくないことをやってしまっていないかどうか、シャンプーの方法を改めて確認してみてください。 洗い過ぎると頭皮に必要なまで洗い流してしまう可能性があります。 髪につやを与えたい女性におすすめの頭皮用 薬用育毛。 すこやかな頭皮環境を保ち、抜け毛を防ぎます。 洗面台や化粧台に飾っておいてもオシャレな、スタイリッシュなデザインもうれしいですね。 保湿成分パウダルコエキス・黒米エキスなど配合。 冷感と温感の心地よい刺激を楽しみながらマッサージできます。 4.分け目はげ対策 専門のクリニックに相談する セルフケアや対策グッズを使うのとあわせて、毛髪専門のクリニックに相談してみるという手もあります。 毛髪専門のクリニックでは、薄毛のことを専門的に学んだ医師がいます。 クリニックによって受けられる施術が異なることもあります。 薬による発毛治療や外科手術による植毛など、いろいろあるのです。 クリニックの中には、初回のカウンセリングが無料のところもあるので、一人で悩んでいるよりは、一度医師に相談をしてみてもよいかもしれませんね。 5.まとめ 分け目のはげは、一度気になりだすと、人の目まで気になってしまいますよね。 そのまま放っておくと、抜け毛が進行して、はげの気になる部分が広がってしまうこともあるかもしれません。 まずは今回ご紹介した薄毛・抜け毛対策を、早めに取り入れていくことをおすすめします。 分け目はげの状態が深刻な場合は、一人で悩まず、専門クリニックで医師に相談することも検討してみてくださいね。

次の

工場勤務をすると「はげる!?」帽子必須の職場とストレスの悩み|福岡の期間工ちゃんブログ

ポニーテール はげる

1.分け目がはげる原因 分け目がはげてしまうのには、主に3つの原因が考えられます。 それぞれ、詳しくお話しします。 1-1.分け目への負担 分け目は、髪が分かれている部分なので、頭皮に負担がかかりやすいことが影響していると考えられています。 いつも同じ分け目にしているほど、その影響は顕著です。 髪の重みや、髪を結ぶことで頭皮が引っ張られたりすることで、頭皮に負担がかかります。 特に、髪が長い人ほど髪の重みは増えるので、頭皮への負担も大きくなりが増えて、はげが気になる状態がより進行してしまうことが考えられます。 1-2.頭皮への負担 頭皮への負担は、はげの原因となることがあります。 頭皮へ負担となるものは、 ・ ・誤った ・頻繁なカラーや などが挙げられます。 これらは頭皮の状態や、ヘアサイクルなどに、影響を及ぼすことがあると言われています。 頭頂部などの分け目は無防備に紫外線にさらされやすいので、注意が必要です。 誤ったヘアケアや頻繁なカラーやパーマは、分け目に限らず、頭皮の負担となるので、抜け毛や・はげの原因になることが考えられます。 1-3.生活習慣の乱れ 生活習慣の乱れは、分け目から始まるはげ・薄毛をはじめとした、あらゆるはげ・薄毛の原因のひとつになると考えられています。 生活習慣の乱れにより、髪の成長に必要な栄養が不足したり、血行が悪くなって頭皮の状態が乱れたりすることがあるからです。 そして、抜け毛や髪の毛が細さなどに影響を及ぼすことがあると言われています。 2.分け目はげの予感?!早めに始める対策方法 少しでも分け目が気になってきたら、対策は早めに始めるのがおすすめです。 放っておくと、薄毛・抜け毛がどんどん進行してしまうことがあるからです。 そこで、分け目はげの予感がしたら早めに始めたい、薄毛・抜け毛の対策方法をご紹介します。 2-1.分け目を変える いつも同じ分け目にならないよう、マメに分け目を変えるのがおすすめです。 分け目を変えることで、紫外線や頭皮への負担が同じ部分に集中するのを防ぐこともできます。 ここでは、分け目をきれいに仕上げる方法をご紹介します。 生えグセや髪の流れなどで、いつも同じところで分かれてしまうという方も、参考にご覧ください。 髪をぬらした状態のほうが、クセをとって自由にスタイリングしやすいからです。 髪を洗ってドライヤーで乾かす際に行ってもよいでしょう。 右寄りに分けているなら左寄りの場所から、真ん中で分けているなら、真ん中以外の場所から始めます。 この時、根本が生乾きになることがないよう、十分に乾かしましょう。 2-2.紫外線を防ぐ 分け目をマメに変えることで、1カ所に紫外線が当たるのをある程度防ぐことが期待できます。 ただし、紫外線による頭皮の影響は大きいので、分け目を変えるだけでなく、日頃から紫外線を防ぐように心がけましょう。 紫外線は、季節や天気にかかわらず降り注いでいますので、油断せずに対策することが大切です。 外出される際は、帽子やなどで、紫外線を防ぎましょう。 2-3.バランスの良い食事を心がける 栄養のバランスが整った食事をとるように心がけてください。 食事からの栄養は、体だけでなく、健康な髪の成長にも必要です。 油っこい食べ物を食べすぎたり、極端なダイエットなどで栄養が不足することがないように心がけましょう。 2-4.質のよい睡眠をとる 睡眠中は成長ホルモンが活発になると言われていて、健康な髪の成長にもかかわっているとされています。 睡眠は、長さだけでなく質も重要と言われています。 睡眠の質をよくするために、寝る前にスマートフォンやパソコンを見るのを控えたり、寝室を快適な環境にしておくなどの工夫をするとよいでしょう。 2-5.ストレスをためない ストレスによって血行が悪くなると、髪の成長に必要な栄養が頭皮に行き渡りにくくなることがあると言われています。 ストレスがたまらないよう、定期的にリフレッシュする時間を取るように心がけてください。 2-6.シャンプーの方法を見直す 普段のシャンプーの方法が、頭皮へ負担となっていることがあります。 つい頭皮によくないことをやってしまっていないかどうか、シャンプーの方法を改めて確認してみてください。 洗い過ぎると頭皮に必要なまで洗い流してしまう可能性があります。 髪につやを与えたい女性におすすめの頭皮用 薬用育毛。 すこやかな頭皮環境を保ち、抜け毛を防ぎます。 洗面台や化粧台に飾っておいてもオシャレな、スタイリッシュなデザインもうれしいですね。 保湿成分パウダルコエキス・黒米エキスなど配合。 冷感と温感の心地よい刺激を楽しみながらマッサージできます。 4.分け目はげ対策 専門のクリニックに相談する セルフケアや対策グッズを使うのとあわせて、毛髪専門のクリニックに相談してみるという手もあります。 毛髪専門のクリニックでは、薄毛のことを専門的に学んだ医師がいます。 クリニックによって受けられる施術が異なることもあります。 薬による発毛治療や外科手術による植毛など、いろいろあるのです。 クリニックの中には、初回のカウンセリングが無料のところもあるので、一人で悩んでいるよりは、一度医師に相談をしてみてもよいかもしれませんね。 5.まとめ 分け目のはげは、一度気になりだすと、人の目まで気になってしまいますよね。 そのまま放っておくと、抜け毛が進行して、はげの気になる部分が広がってしまうこともあるかもしれません。 まずは今回ご紹介した薄毛・抜け毛対策を、早めに取り入れていくことをおすすめします。 分け目はげの状態が深刻な場合は、一人で悩まず、専門クリニックで医師に相談することも検討してみてくださいね。

次の

髪を縛ると頭痛い!結ぶと頭皮が傷む・はげるのは本当?ポニーテール頭痛とは

ポニーテール はげる

可愛いけど子供っぽくならない大人のポニーテールアレンジをご紹介。 巻き方一つでグッとこなれ感が出たり、ストレートでもくるりんぱや3つ編みを組み合わせて上級者風に、テンションまで上がる高めポニーなど。 短めボブさんからミディアム、ロングまで長さに合わせたスタイルも。 【目次】 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 可愛いポニーテールアレンジ 秋冬にもぴったりなほっこりポニー \SIDE/ \How to/ 【STEP1】 ・ポニーテールをつくる。 ・アイロンで緩く全体を巻いた後、手グシでふんわりと空気を含ませながらまとめ、耳の上の高さで低めのポニーテールにする。 【STEP2】 ・トップにボリュームを出す。 ・トップの毛に、手のひらを差し入れてそのままぐっと握って、手を抜き出す。 ・トップに立ち上がりをつけてボリュームを出す。 【STEP3】 ・仕上げ。 長めのゴムを輪っかに結んでヘアバンドとしてつけ、トップの立ち上がりをキープ。 ・顔周りのサイドの髪を少し引き出し、完成。 くるりんぱで作るもこもこポニーテール バックを器用に編み込んだみたいな上級者見えアレンジ! \動画でやり方をCHECK/ \How to/ 【STEP1】 ・前髪を上げたら、両端の毛束を少し引き出す。 ・ちょこっと前髪を残した方が、正面から見たときにおしゃれっぽく。 【STEP2】 ・UPにした前髪をゴムでひとつに結ぶ。 ・ゴムを少し下にずらして輪っかを作り、毛先をその中に入れ込む。 【STEP3】 ・くるりんぱした毛束をふたつに分ける。 ・ゴムを押し上げるような感覚で左右にギュッと引っ張る。 【STEP4】 ・結び目に毛束をぐるっと巻きつけゴムを隠し、ピンで固定。 ・ピンは外から見えないようになるべく奥に挿し込んで。 【STEP5】 ・次は耳上の髪をまとめて2段目のくるりんぱをし、同じくゴムは隠す。 ・毛束を適度に引き出してラフさを出して。 【STEP6】 ・残った髪をひとまとめにしてくるりんぱ。 ・ゴムを内側に入れ込むように毛束を左右にギュ~ッと引っ張れば完成。 大人かわいい上品ポニーテール トップの毛のボリューム感が 外国人風のおしゃれ感。 \How to/ 【STEP1】 ・少しずつ前髪の毛束を取り、手グシで逆毛を立ててボリュームを出す。 ・クレイ系のベタつかないワックスをつけておくと形づきやすい。 【STEP2】 ・1で出したトップのボリュームをつぶさないように気をつけながら、髪全体を手グシで集める。 ・高い位置でバナナクリップで留める。 【STEP3】 ・クリップを片手で押さえ、トップをつまみ出して膨らみを調節。 毛先も柔らかく散らす。 パーティーにもぴったり軽やかダウンポニーテール 結び目を1回転するだけの簡単 ツイストで技ありの色っぽさ \How to/ 【STEP1】 ・空気を含ませながら手グシでざっくりととかして、すべての髪を緩めにひとつにまとめる。 ・襟足から5㎝下の所でゴムで軽く結ぶ。 【STEP2】 ・右手で結び目の上に隙間を作り、外側から毛束をくぐらせて下に向かって引っ張る。 ・両サイドが軽く1回ねじれた状態になる。 【STEP3】 ・ゴムの結び目より上にバレッタで留め、ゴムは抜き取る。 ・トップや後頭部をつまみ出したり毛先を裂いて散らして、ニュアンスを出す。 ロープ編みを使った大人かわいいポニーテール \ヘアスタイルのポイント/ ・ヘア&メイクの仕事の日はロープ編みポニーでひねりをプラス。 ・アクティブに働く日は、動いてもくずれず、邪魔にならないヘアスタイルがマスト。 ・サイドにひねりを加えたポニーは見た目にも差がつき、おしゃれのアクセントにも! \How to/ 【STEP1】 ・両サイドの髪を残し、残りの髪をひとつ結びに。 ・結ぶ高さは耳くらいが好バランス。 ・後頭部の髪を引き出しふんわりと立体的なフォルムに調整して。 【STEP2】 ・両サイドに残した髪をロープ編みに。 ・髪をふた束に分け、左右交互にねじるように編んでいくだけなので、3つ編みよりも簡単! ・毛先はゴムで留めて。 【STEP3】 ・【STEP2】で作ったロープ編みの毛束は所々毛を引き出してほぐし、ラフなニュアンスに。 【STEP4】 ・【STEP1】で作ったポニーのゴムの結び目を隠すように、左右両方からロープ編みの毛束をくるくる巻きつけて。 ・毛先は見えなくなるよう、ピンで留めて。 【ポイント】 ・顔周りをすっきり見せつつ、女っぷりはキープしながら、スタイルアップ効果も。 ・両サイドからロープ編みをプラスすれば、シンプルすぎずこだわりあるスタイルが完成! 簡単なポニーテールアレンジのやり方 簡単にできるワンランク上のポニーテール ふわっと丸みのあるフォルムとしなやかさが可愛らしい。 「柔らかくて、エアリーな感じがフェミニンに見せるコツ。 だから、べースの巻きは大事だと思います。 ・バレッタで気の利いた感じに。 \How to/ 【STEP1】 ・耳周りの髪を残して結ぶ。 全体をミックス巻きにしておく。 ・耳周りの髪は残しておき、低めの位置でひとつ結びに。 【STEP2】 ・残した髪をねじり編み。 ・残しておいた髪を2束にわけ、交互に重ねてねじり編みに。 ・後ろ向きに編んでいくのがコツ。 【STEP3】 ・結び目に巻きつける。 ・編んだ毛束を指で部分的にくずしたら、結び目に巻きつけてピン留めに。 ・逆サイドも同様に。 大人のこなれポニーテールでちょっぴりモードに \FRONT/ \SIDE/ \How to/ 【STEP1】 ・全体をヘアアイロンでゆる巻きにし、手グシでざっくりまとめ高めに結ぶ。 ・サイドはピタッと。 【STEP2】 ・結んだ毛束から細く毛束を取る。 ・結び目にクルクルと巻きつけてピンで留め、ゴムを隠す。 【STEP3】 ・結び目がずれないように手で押さえる。 ・トップの毛を引き出してやや盛りを作る。 手ぐしで簡単大人のラフポニー \BACK/ \How to/ 【STEP1】 ・髪は手ぐしでまとめる。 耳の高さくらいの位置で、手ぐしで髪をひとまとめに。 ・全体的に緩く巻いておくと、よりこなれ度がアップ。 【STEP2】 ・トップ部分にラフな味つけを。 ・髪を飾りゴムで結んだ後、トップ部分の毛束を所々つまみ上げ、立体感&ラフ感を出して。 どこから見ても美人なシンプルポニーテール \ヘアスタイルのポイント/ ・小ワザの効いたシンプルさが大人可愛らしく見せる秘訣。 ・全体のシルエットをバランス良く見せることにこだわっています。 ツヤも女性らしさのポイント。 ・トップはふわっと、サイドはタイトな楕円シルエットで、簡単ひとつ結びアレンジが小粋な印象に! \BACK/ \How to/ 【STEP1】 ・フロントをセンターで分け、全体をひとつ結びに。 ・トップの髪を指で引き出し、ふんわりと。 【STEP2】 ・サイドはタイトにピン留め。 縦の高さを出したら、横はタイトに。 ・サイドの表面の髪をねじりながら押さえ、ピン留め。 【STEP3】 ・生え際のくせを出す。 ・うぶ毛のような生え際のくせを生かすため、指にワックスをつけて毛束をこするようにする。 耳を隠して、ラフ感を出して。 \How to/ 【STEP1】 ・トップの髪にざくっと手ぐしを差し入れ、ドライヤーで前から熱風を当てる。 ・トップの根元に自然な立ち上がりがつけばOK。 【STEP2】 ・前髪を9:1に分け、毛先を片手で押さえる。 ・分け目から毛先に向かってドライヤーを当てて、サイドパートをくせづける。 【STEP3】 ・サイドパートに前髪を後れ毛として多目に残し、それ以外の髪と手ぐしでひとつに集める。 ・サイドは両耳に髪をかぶせて。 【STEP4】 ・襟足から3cm下くらいの位置で結び、ローポニーテールにする。 ・結び目はきゅっと、バックとサイドはふわっとが理想の形です。 【STEP5】 ・結んだ中から細い毛束を引き出し、結び目に巻きつけピンで固定。 ・後頭部の結び目の上を引き出し全体のバランスを整え完成。 ポニーテールの巻き方 ポニーテールがもっと可愛くなる巻き方のポイント NG!そのままの後れ毛。 OK!巻いた後れ毛。 【ポイント1】後れ毛は必ず巻いてスタイリング剤をつけること! 「後れ毛は必ず巻いてスプレーを。 OK!耳を隠す。 【ポイント2】髪をまとめるときは、耳の上部を隠すこと! 「髪をまとめるときは、耳の上半分を隠すと優しげな印象に。 全部出ていると、明るく強い雰囲気になります」(有村さん) 「1度髪を全部耳にかけてから、表面の髪だけを引き出して隠すと、乱れにくいですよ」(津田さん) NG!毛先は逃す。 OK!毛先まで巻く。 【ポイント3】毛先まできちんと巻くこと! 「毛先までしっかり巻き込んだ、大きめのカールにすると、ふんわりしたツヤが出て甘く見えます。 逆に、毛先を逃した細かなカールは、ラフでクールなイメージ」(辻元さん) NG!ペタンコ。 OK!ふんわり。 【ポイント3】分け目を曖昧にして、ふんわり感を出すこと! 「くっきり直線的な分け目にすると、トップや顔周りがペタンとして寂しげな感じ。 分け目をジグザグにすると、根元が立ち上がるので地肌が隠れてふんわりし、たちまち可愛らしいムードになります」(有村さん) ランダム巻きで定番ポニーテールが一気にこなれる \ヘアスタイルのポイント/ ・こなれ感たっぷりのくずしひとつ結びは、大人フェミニンな印象。 くずしたアレンジで抜け感が生まれ、着こなしがよりシックに見えると「いいね」の嵐! ・髪をバラけさせる。 一気に巻くとカールがまとまってしまうため、少なめの毛束でランダムに巻く。 巻いた後にしっかりほぐすことも大事。 ・スタイリング剤はハードスプレーのみ!「キープ力は高いのに、白い粉が出なくて使いやすい」というスプレーを愛用。 ベースから仕上げまでできるスグレもの。 ・結ぶ前にくずしておく。 髪を集めながら部分的に髪を引き出してくずし、結ぶ前にある程度形を作っておく。 結んでからくずすより、こなれた感じに。 \How to/ 【STEP1】 ・32㎜のアイロンで、リバースとフォワードのミックス巻きに。 表面は少ない毛束でランダムに巻く。 ・髪の内側から空気を入れてカールをほぐしながら、ハードスプレーを吹きつける。 ・分け目を曖昧にボカすと、たちまちこなれた雰囲気に。 髪を横分けにして、根元にスプレーを。 ・分け目が曖昧になり、根元がキープされてトップに高さが出るためフォルムが決まりやすくなる。 【STEP2】 ・まとめるときに髪を引き出す。 ・髪を後ろにまとめる。 まとめるときにサイドと襟足はタイトに、後頭部はふんわりさせてから結ぶ。 【STEP3】 ・毛束をギュッと引っ張る。 ゴムで結んだ毛束を左右に分けて、ギュッと引っ張る。 ・結び目が緩みにくくなり、形がキープできる。 【STEP4】 ・後頭部の丸みを調整。 ほぼフォルムはでき上がっているので、最後は後頭部の丸みを調整。 ・バランスを見て髪を引き出す。 【STEP5】 ・・ゴムを隠す。 毛穴を巻きつけて。 ・ピンで留める。 【STEP6】 ・後頭部の膨らみとのバランスをとるために、結んだ毛束の根元も高さが出るようにスプレーでキープ。 ・毛先にもボリュームを出しつつ、毛束を裂くようにして空気を入れる。 スプレーを吹きつけて完成。 うねり巻きがポイントのドーナツくるりんぱポニー \ヘアスタイルのポイント/ ・ミニくるりんぱを3つつなげてドーナツみたいに見せるアレンジ。 根元から毛先まで波巻きでしっかりうねりをつけるのがゆるふわ感の秘訣! ・波巻きでうねりをつける。 ストレートアイロンを使って、内と外のCカールを重ねていく波巻きがベース。 髪全体にうねりがつき、ゆるふわ感が出る。 ・正面から見たときに、ひし形になるように髪を引き出す。 トップと耳の上の髪を重点的に引き出して、正面から見たときにひし形のシルエットになるように意識する。 ・後れ毛を束っぽくする。 後れ毛がバラッとしていると、くずれたようにだらしなく見えるので、スタイリング剤をつけて束っぽくまとめるのがコツ。 \How to/ 【STEP1】 ・ストレートアイロンで、根元からCカールをつなげるように巻いていく。 内、外と交互に毛先まで巻く。 ・きっちりした分け目は浮いてしまうので、指先を使ってジグザグの分け目に。 根元をふわっとさせる。 ・ツヤの出るジェルミルクを手に広げて、表面の髪を握るようにくしゃっとつける。 【STEP2】 ・手ぐしで空気を入れてから、顔周りに後れ毛を残してひとつに結ぶ。 ・トップ、サイド、結び目付近、襟足の髪を少しだけ引き出す。 ・髪を10本ずつくらいつまんで、向こう側の空間が見えるよう1cm程引き出す。 【STEP3】 ・毛先もしっかりうねりをつけたいから、ここで再度波巻きに。 ・ボリューム感と立体感がさらに加わる。 【STEP4】 ・ミニくるりんぱを3つ作る。 ・くるりんぱツールを使い、少ない毛束を取って結び目にミニくるりんぱを3つ作る。 【STEP5】 ・くるりんぱをくずす。 3つのくるりんぱが一体化するように、毛束を広げるようにしながらくずす。 ・これでドーナツ形に! 【STEP5】 ・後れ毛に束感をプラス。 残しておいた後れ毛も波巻きに。 ・指にミルクを少しつけて髪をつまみつつ、左右に裂くようにくずす。 【STEP6】 ・浮き毛をスプレーでキープ。 ・引き出した浮き毛や、毛束をつまみながら空間をあけて、ハードスプレーでキープする。 大人ポニーはベース巻きが大事 \ヘアスタイルのポイント/ ・ビンテージ風花柄ワンピにはふわふわローポニーでニュアンスをつけてムーディに。 ・髪はあえてひとつ結びでシンプルに。 ・その分たっぷり空気感をもたせてムーディな印象に仕上げれば、ビンテージ風の柄にもマッチします。 \How to/ 【STEP1】 ・細めに毛束を取って外側にねじり、コテで挟んで外巻きに。 ・ニュアンスをつけるだけなので、キレイに仕上げなくてOK。 多少巻いていない毛束があっても大丈夫! 【STEP2】 ・せっかくのアレンジも、トップがペタっとしていると完成度が急降下。 ・ふわっとボリュームを出すために、ガイド部分の毛束を細かく取り、写真のようにひと巻きして! 【STEP3】 ・顔周りの後れ毛を分量多めに分け取ったら、全体を低めの位置でまとめてゴムで結ぶ。 【STEP4】 ・全体の毛束を引き出し、表面が波打つようなニュアンスをつける。 ・特に後頭部付近を大胆に引き出しボリュームを出すと、結び目がキュッとタイトに見えてメリハリUP。 【STEP5】 ・端1/4くらいの毛束を取って2本に分けたら、それを毛先までねじる。 ・後でくずすので、きつめにねじっておくのがコツ。 【STEP6】 ・毛束の先端を持ちながら、ねじった部分を所々細かく引き出す。 ・ざっくりとでもOKですが、写真のように繊細に引き出すと、またひと味違う女らしい仕上がりに。 【STEP7】 ・毛束をゴムに巻きつけてピンで固定する。 ・【STEP6】で繊細に毛束を引き出したことで、ゴムに巻きつけたときにフラワー状の立体感が出て、バックスタイルがより女性らしく。 アイロンで巻いたくせ毛風外人ポニーテール 自然体の美しさが引き立つふわ揺れポニー。 \SIDE/ \BACK/ \How to/ 【STEP1】 ・ストレートアイロンで前髪をまっすぐに。 ・前髪を3つにブロッキングし、根元から毛先に向かってストレートアイロンを当てて伸ばす。 ・うねりやすい人は、ハードスプレーを薄くつけて。 【STEP2】 ・全体的に巻いた後、ポニーテールを作る。 ・ほかは32㎜のヘアアイロンを使い、内巻きと外巻きを混ぜてカールをつける。 ・トップの表面に逆毛を少し立てた後、手ぐしでポニーテールにする。 【STEP3】 ・ サイドの後れ毛にワックスをつける。 ・固めのワックスを指先に少量なじませ、サイドの後れ毛をつまむようにつける。 ・この一手間で後れ毛に重みが出て、縮れ&パサつきにくくなる。 トップの毛束を平らに取って持ち上げる。 ・毛束の裏側の中間から根元に向かってコームを数回通して逆毛を立てる。 【STEP2】 ・結ぶ前にトップの毛束を指でつまんで引き出す。 ・髪全体を手ぐしでまとめたら結ぶ前に、トップの毛束を細めにつまんでそっと引き出す。 ・程よいラフさと空気感がアップ。 【STEP3】 ・低い位置でまとめてゴムで結ぶ。 ・トップがつぶれないように注意しながら、まとめた毛束を低い位置で結ぶ。 ほつれ具合がアンニュイでかわいいポニー ほつれ落ちそうな程緩〜い毛流れが3つ編みを都会的に。 \SIDE/ \BACK/ \How to/ 【STEP1】 ・耳が隠れるよう襟足でまとめて3つ編みにする。 ・まずは、トップの毛束の裏側に逆毛を立て、ふんわりさせて。 ・耳が隠れるように襟足で束ねてから、タイトな3つ編みにし、毛先をゴムで結ぶ。 【STEP2】 ・全方位から細めの毛束を引き出し程よくくずす。 ・3つ編みから細めの毛束をつまみ出し、緩いニュアンスをプラス。 ・3つ編みの表面だけでなく、裏側やサイドからも毛束をつまみ出すのがポイント。 【STEP3】 ・サイドから毛束をつまみ出し後れ毛を作る。 ・耳を隠した毛流れからも細めの毛束をつまみ出し、後れ毛を作る。 ・指先にワックスを薄くつけて後れ毛へなじませ、しっとりとした動きをつけて。 くるりんぱでストンとしたあか抜けポニー \ヘアスタイルのポイント/ ・正面から見ると味気ないローポニーは、ほんの少しサイドに寄せるのがポイント。 ・くるりんぱ後、全体をくずしながら透け感のある「ぼんやり」フォルムに仕上げれば、一気にあか抜け! ・顔にシアーにかかる前髪で透け感アップ。 結び目周りのくずし感たっぷりに! \SIDE/ \BACK/ \How to/ 【STEP1】 ・サイドに寄せて緩めに結ぶ。 前髪を薄く残したら、全体をやや右寄りに結ぶ。 ・くるりんぱしやすいように、ゴムをやや下げる。 【STEP2】 ・ゴムの上に穴をあけ、毛束を上から通してくるりんぱ。 ・毛束を左右に引っ張りながら、ゴムを押し上げる。 【STEP3】 ・ゴム付近がタイトになりすぎないよう、毛束を細かく引き出してくずす。 ・顔周りも引き出し透け感をプラス。 くるりんぱでひとくせストレートポニーテール \BACK/ \SIDE/ \How to/ 【STEP1】 ・髪を上下ふたつに分けてまず下を結ぶ。 ・上下に2等分した上の髪をクリップなどでよけて、下の髪を高めの位置にゴムでひとつ結びに。 ・ゴムを締めるように結び目下の毛を広げ、1の毛束にかぶせて。 オールバックでお仕事モードなポニーテール \ヘアスタイルのポイント/ ・男は女性の知性を感じるヘアスタイルが好 きです。 でも、ただのひとつ結びはおばさ んぽくなるし、オールバックでびしっとキメ すぎだと近寄りがたい。 ・仕事の邪魔になら ないようにまとめて結んでいるけれど、前髪 はポンパ風でふわっと。 清潔感があって知的、 かつ優しそうな女子を嫌いな男はいません。 \BACK/ \SIDE/ \How to/ 【STEP1】 ・前髪に逆毛を立てます。 ・前髪の毛束を持ち上げ根元の裏側を上下にとかして膨らませ、前髪が小さいポンパドール風になるように。 こんな感じ! 【STEP2】 ・逆毛は残したまま、手ぐしでざっくりと全体の毛を集めてゴムでひとつに結びます。 ・上から結び目が隠れるようにクリップを留めます。 【STEP3】 ・左手で結び目を押さえ、右手でトップと結び目の上の毛を引き出す。 ・ポンパ風前髪からつながる後頭部の立体感で頭の形の良さを演出。 【STEP4】 ・片方の手で結び目を押さえながらもう片方の手でサイドの髪に手ぐしを通す。 ・ざっくり感を出しながら自然な後れ毛を出します。 ポニーテールアレンジは高めがおしゃれ しっぽみたいなふわっとハイポニー \ヘアスタイルのポイント/ ・基本はポニーテール。 高めの位置でひとつにまとめ、シュシュを通します。 ・毛束を広げてピンで固定。 ふわっとしたカールの動きを生かしながら、ボリューム感を出します。 ・後れ毛があっても、パーマのニュアンスでだらしない印象にはなりません。 ポニーテールは高めの位置がおしゃれ。 ひとつにまとめた毛束は広げて、ピンで毛先を留めます。 ・下をたるませ、トップの丸みもたっぷり出しながら、タイトな結び目でメリハリを! ・下をあえてたるませルーズにまとめ、はらりと落ちたようなナチュラル後れ毛。 \BACK/ \How to/ 【STEP1】 ・後れ毛を残してまとめる。 ・耳後ろの髪を後れ毛用に細く分け取る。 ・下をたるませながら全体をまとめ、後頭部の位置で結ぶ。 【STEP2】 ・トップの毛束を引き出す。 ・結び目を手で押さえながら、トップの毛束を細く引き出す。 ・ハチが張り気味な人は、やや高めに引き出して。 【STEP3】 ・ゴムに毛束を巻きつける。 ・ポニーテールから毛束を1本取り、ゴムに巻きつける。 ・最後はゴムの下でピンを挿して固定。 ニットファッションにもぴったりポニーテール 「起き抜けのまとめ髪」みたいな無防備さを演出。 \SIDE/ \BACK/ \How to/ 【STEP1】 ・オールバックになるよう手ぐしで高い位置にひとまとめる。 ・少しだけ前髪を引き出します。 【STEP2】 ・髪を手でまとめた状態で、トップの毛束を細かく引き出す。 ・立体的なシルエットを作っていきます。 【STEP3】 ・高すぎる位置で結んでしまうと、ポニーの長さが短くなりボリュームを出しづらくなる。 【STEP4】 ・ゴムは毛束でキレイに隠して。 ・毛束はポニーの下から取って結び目に1周させ、下でこっそりピン留めしましょう。 【STEP5】 ・ポニーに弾むようなリズムをつけるには逆毛が必要! ・クマの手で下から上へざくっとたっぷり逆毛を立てて。 逆毛で立体感をつけた無造作ポニーテール \ヘアスタイルのポイント/ ・シンプルアレンジの代表、ポニー。 ・地味シル エットになりがちなので、こんなに?と思う くらいの大胆な逆毛で、あえての手ぐし感全 開に。 ・今にもくずれそうな曖昧さがポイント。 \BACK/ \SIDE/ \How to/ 【STEP1】 ・ばさっと巻いてから、ブラシで表面に逆毛を立てる。 ・まとめるとある程度落ち着くので、この時点ではやや大げさに立ててもOK。 【STEP2】 ・後頭部の高めの位置でしっかり結ぶ。 ・毛束を上下ふたつに分けたら縦方向に引っ張り、トップに高さをつける。 【STEP3】 ・ポニーの部分に手ぐしで逆毛を立て、ボリューム感たっぷりに。 少女っぽさも残した程よい高めポニーテール \ヘアスタイルのポイント/ ・ハイポジションのポニーテールでといっ ても、高くしすぎず、後頭部の上方くらい で、女らしさと大人っぽさが保てる位置に キープしましょう。 ・全体を巻いた柔らかそ うな毛の質感と揺れる毛先、はらりとかか る前髪、潔く上げたうなじに、男子はグッ と来ること間違いなし! \SIDE/ \BACK/ \How to/ 【STEP1】 ・ヘアアイロンで前髪とサイドを1回転リバース巻きのくせ毛風にして、束ねるときは多めに残して後れ毛に。 ・全体は毛先だけ内巻きに。 【STEP2】 ・多めに後れ毛を残しながら、手ぐしで全体の髪の毛を高い位置に集めて、ゴムで結びます。 【STEP3】 ・結んだ毛束から細く毛束を取り、結び目のゴムが見えないように巻きつけて隠し、ピンで留めます。 ・ピンもなるべく隠して留めて。 【STEP4】 ・片手で結び目を押さえながら、もう片方の手でトップとサイドの髪を引っ張り出してニュアンスをつけます。 ・前髪を散らして、完成。 ・センターで分けてからこめかみと耳後ろの毛束を残し、後ろの低い位置でひとつ結びに。 ・残しておいた毛束に再度スタイリング剤をつけて完成。 ハーフアップを使った2段階ポニーテール \ヘアスタイルのポイント/ ・パーツ別にさりげなく押さえ込めば、おしゃれ&くずれない! ・手が込んで見えるけれど、ハーフアップにねじりテクを組み合わせ、毛先を結んだだけ。 ・パーツ別に押さえているから、もちがいいのも特徴。 爽やかで女性らしく、雨の日デートにもぴったり。 \SIDE/ \BACK/ \動画でやり方をCHECK/ \How to/ 1. こめかみから毛束をとってゴムでまとめてハーフアップにした後、耳上の毛束をそれぞれねじり、結び目付近でアメピンを挿して留める。 マジェステをつけて結び目とアメピンを隠したら、全体をゴムで1本に結ぶ。 仕上げに、トップを指で軽くつまんでほぐして。 キュートなターバンポニーテール 日差しに映える、とびっきりのキュートヘア。 \BACK/ \How to/ 1. 左サイドで髪をゴムでひとつ結びにしてターバンをオン。 結び目にターバンのリボンを結んでゴムを隠して。 毛先にはワックスをつけてバランスよく散らす。 アクティブなちょこんとポニーテール \SIDE/ \BACK/ \How to/ 【STEP1】 ・手グシを深くまで入れてまとめる。 ・シンプルなひとつ結びは、空気感が勝負の分かれ目。 ・手グシを深めに入れながら、全体を片側にまとめます。 【STEP2】 ・ゴムでタイトに結んで完成! ・手グシで作った空気感をつぶさないようにしながら、ゴムで結びます。 ・飾りゴムで結び目を隠して完成。 \ヘアスタイルのポイント/ ・こめかみの毛束はまとめずに残すことで、ひとつ結びにリラックス感が生まれます。 ・表情も柔らかくなり、親近感が急上昇! 短めボブのふんわりポニーテール \How to/ 【STEP1】 ・全体を手ぐしでひとまとめにした後、手で押さえる。 ・トップの毛束を軽くつまみ出してふんわりさせる。 【STEP2】 ・ややサイドにずらした低めの位置で、バナナクリップを縦に使って留める。 ・アシメトリーなバランスがおしゃれ。 【STEP3】 ・手を熊手の形にしてトップの髪をくしゃっとつかみ、空気感をプラス。 ・リラックス感が出て、こなれた雰囲気に。 ・耳より前の毛と、耳後ろを細く残して、残りの毛をすべて低めの位置でひとつに結んでおきます。 【STEP2】 ・顔周りの毛をねじって後ろへ。 ・耳より前の毛は、フェースラインの部分をほんのすこし残し、残りを内向きにねじりながら後ろへ持っていきます。 【STEP3】 ・両サイドのねじりを仮留めしてひとつに結ぶ。 ・2のねじりを両サイドに作ったら、1度クリップなどで仮留め。 ・後ろの毛束と合わせて結びます。 【STEP4】 ・表面の毛を引き出して、ラフな印象に。 ・ゴムが隠れるよう、結び目の付近も引き出します。 【STEP2】 ・サイドで結んでウィッグシュシュをオン。 ・土台の毛先は丸めず残したまま、その上からウィッグシュシュを2周巻きつけます。 【STEP3】 ・地毛となじませるように毛先を伸ばします。 ・シュシュをつけたら、内側の地毛となじませるように毛束をほぐします。 ・毛先のカールを伸ばすようにすると、ストレート感とツヤ感が出て上品に。 子供っぽくないふんわりポニーテール そのままだと子供っぽくなりがちなポニーテールも3分以内で! \How to/ 【STEP1】 ・ヘアアイロンで巻いてくせ毛風ベースを作る。 ・直毛のままでは手ぐしのざっくり感が出にくいので、32mmのヘアアイロンで全体的に巻き、緩い動きをつける。 ・巻いた後は薄くワックスをもみ込み、カールを程よくくず。 巻いた後は必ず散らして。 【STEP2】 ・ヘアアクセを使いゴールデンポイントでポニーテールに。 ・あご先と耳の上を結ぶ延長線上がゴールデンポイント。 ・ここにポニーテールを作ると、横顔の立体感が強調され華やかさがアップ! ・手ぐしでまとめて飾りつきゴムで結んだ後、表面の毛束を指でつまんで軽く引き出し、よりラフに味つけ。 【STEP3】 ・後れ毛にワックスをなじませ落ち着いた印象に。 ・後れ毛が散らばりすぎていると、みすぼらしい印象に。 ・少量のヘアワックスをなじませた指先で後れ毛をつまみ、毛束感と重さを持たせるのが大人のワザ。 結婚式やパーティーにもOKなお呼ばれポニー \ヘアスタイルのポイント/ ・モードなローポニーは頭が小さくスタイ ルが良く見えるし、シンプルなのにワザも ある洗練されたアレンジ。 ・こんなおしゃれ なヘアスタイルの彼女と一緒だと、友達に 自慢したくなります。 ・大人っぽい斜め前髪 にも色気を感じて、ドキッ! \BACK/ \SIDE/ \How to/ 【STEP1】 ・くしの柄を使って、前髪を9:1のサイドパートに分け、トップの方に向かって分け目をつけます。 ・前髪を斜めに流しキレイにとかします。 【STEP2】 ・トップの毛束を取り、裏側の毛にくしを上下させて逆毛を立てます。 ・この逆毛が後頭部の膨らみになり頭を形良く見せます。 【STEP3】 ・襟足の生え際ギリギリの低めの位置に、全体の髪を手ぐしで集めて結び、ローポニーテールを作ります。 ・アクセつきのゴムだと便利。 【STEP4】 ・片手で結び目を押さえながらくしの柄をトップと後頭部に挿し込む。 ・毛を引き出し高さとボリュームを出します。 手よりキレイに。 ・顔周りの毛束を4~5本とる。 ・1本ずつ、26㎜のアイロンに根元から後ろに向かって1回転巻きつけ、しっかりくせづけ。 【STEP2】 ・ドライワックスをなじませて散らす。 ・手をくわの形にし、根元がつぶれないようにしながら左右に振り、巻いた毛束を散らして。 【STEP3】 ・結び目に毛束を巻きつけて完成! ・やや左側にずらした低い位置で、髪全体をまとめてゴムで結ぶ。 ・結んだ毛束から細めに毛束を取り、結び目に巻きつけてピンで固定して。 ・シンプルなひとつ結びは、前髪も上げてオールバック風にして顔周りを明るく、清潔感&信頼感を意識して。 \How to/ 【STEP1】 ・手ぐしでざっくり髪をまとめ、落ち着き感のある耳くらいの高さでひとつ結びに。 ・ゴムを隠すように毛束を巻きつけてピンで留める。 【STEP2】 ・トップからサイドの髪を所々手で引っ張り出して、立体感&こなれ感をプラス。 ・前髪も後ろに流してスプレーで固定して。 【STEP3】 ・指先にスプレーを少量とり、耳横にかかるように毛束を引き出して。 ・耳横に髪を少し残すことでよりこなれ感が出て、小顔見せ効果も。 【ポイント】 ・シンプルなひとつ結びこそ、高さやフォルムにこだわりを。 ・落ち着いた雰囲気に見せたい日は耳くらいの高さ、程よいくずし&華美になりすぎないヘアアクセでおしゃれ感を。 ボリューミーなエレガントポニーテール \SIDE/ \BACK/ \How to/ 【STEP1】 ・ふたつに分けてそれぞれの毛束を内側へねじる。 ・ワックスを全体に薄くもみ込みむ。 ・ふたつの毛束に分け、それぞれを内側へ2回転程ねじった後、襟足の位置でまとめ、ゴムで結ぶ。 【STEP2】 ・ねじり部分から毛束を引き出しこなれた印象に。 ・ふたつの毛束の中間にも指を入れ、左右から毛束を細めに引き出す。 ・結び目を押さえながらトップも引き出し、スタイルに奥行きをつけて。 【STEP3】 ・毛先に逆毛を立てて柔らかさをオン。 ・毛先から手ぐしを入れ、結び目より先の部分に逆毛を立てる。 ・仕上げにややキープ力のあるヘアスプレーをつけ、ふんわり感をキープ。 トップをポンパ風に盛ったダウンポニー \BACK/ \SIDE/ \How to/ 【STEP1】 ・手ぐしで ざっくり。 ・ざっくりと空気を含ませながらトップから手ぐしでとかし、すべての髪を後ろでひとつに集める。 ・耳の高さに合わせた位置がキレイに見える。 耳の高さでシリコンゴムで結ぶ。 ・結び目はキュッ、ほかは手ぐしの緩さを残すこと。 この結び目にひと筋毛束を巻きつけてピンで留めてゴムは隠す。 【STEP3】 ・トップの毛束を抜き出してボリュームを。 バックに最もボリュームがあると頭の形がキレイに見える。 ・カチューシャを着け完成。 ふわっとポニーで後ろ姿も美人に \ヘアスタイルのポイント/ ・ぶきっちょさんでも簡単! 根元から空気を入れてボリューム復活! ・ボリュームアップの速攻ひとつ結び。 「地肌をこすりながら空気を入れると、根元がふわっとして全体もボリュームアップして見えます。 頭を下に向けて、うなじから大胆にワシャッとするのがコツ」(津村さん) \BACK/ \How to/ 【STEP1】 ・頭を下げて髪を全部前へ下ろす。 ・うなじや耳後ろから手を入れながら地肌をこすって、根元に空気を含ませる。 【STEP2】 ・頭を戻して髪は手グシで整え、ざっくりとひとつ結びに。 ・おしゃれな飾りゴムをいつも携帯しておくと便利。 丸いフォルムが美しい小顔ポニーテール \ヘアスタイルのポイント/ ・トップと後頭部にボリュームをもたせる一方、襟足が頭に 沿うように引き締めたスタイル。 ・トップと後頭部が丸みを 帯び、視覚効果で、小顔に見えます。 頭の形もキレイに見え、 美人度アップ! ・低い位置でまとめることで、大人っぽさ も演出。 \FRONT/ \BACK/ \How to/ 【STEP1】 ・空気を含ませながら、ざっくりと低い位置でひとつにまとめる。 ・サイドの毛を指でつまんで出してから、ゴムで留める。 【STEP2】 ・結んだ毛束のサイドの毛を少量持ち、横に引っ張る。 ・結び目が頭に沿うようになり、奥行き感とボリュームが。 【STEP3】 ・結んだ毛束の毛先を散らして、無造作感を出す。

次の