善逸 悲しい。 鬼滅の刃『我妻善逸』のプロフィール流出事件!頼むよ~!│もうあきらめないブログ

鬼滅の刃善逸の過去に衝撃!師匠や兄弟子との絆が泣ける!

善逸 悲しい

「炭治郎…俺…守ったよ…お前が…これ…命より大事なものだって…言ってたから……」 3巻25話 …善逸。 なんだお前。 」 「一つのことを極めろ」 4巻34話 「でもさぁ できなかったことできるようになるの嬉しいよね 炭治郎は俺をずっと励ましてくれたよ いいお兄ちゃんだねぇ禰豆子ちゃん」 6巻51話 「どんな強そうな人だって苦しいことや悲しいことがあるんだよな だけどず————っと蹲ってたって仕方ないから 傷ついた心を叩いて叩いて立ち上がる」 8巻67話 「獪岳 鬼になったお前を 俺はもう兄弟子とは思わない」 17巻143話 「俺がカスならアンタはクズだ 壱ノ型しか使えない俺と壱ノ型だけ使えないアンタ 後継に恵まれなかった爺ちゃんが気の毒でならねぇよ」 17巻144話 「どんな時もアンタからは不満の音がしてた 心の中の幸せを入れる箱に穴が開いてるんだ どんどん幸せが零れていく その穴に早く気づいて塞がなきゃ 満たされることはない」 17巻145話 「俺はもうすぐ死ぬ!! 次の仕事でだ!! 俺はなもの凄く弱いんだぜ 舐めるなよ」 3巻20話 【 】 炭治郎足とアバラ治ってなかったんかワレェ!! ただ、炭治郎が善逸に言いかけた言葉が気になる お前は…駄目だ!!という半端無いダメ出しみたいになってて草 鼓の鬼、強そうだけど炭治郎には目もくれないのは何故? — カンタリス@愛犬ベルちゃん cantharis00 「何折ってんだよ 骨折るんじゃないよ骨 折れてる炭治郎じゃ俺を守りきれないぜ ししし死んでしまうぞ」 「ヒャッ どうすんだ どうすんだ 死ぬよこれ 死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ ヒィ——————ッ」 「骨折してるなんて酷い あんまりだぞ 死んだよ俺!! 九分九厘死んだ」 3巻21話 「合図合図合図合図をしてくれよ 話しかけるなら 急にこないでくれよ 心臓が口からまろび出る所だった」 「もしそうなっていたらまさしくお前は人殺しだったぞ!! わかるか!? 」 3巻22話 「お前のような奴は粛清だよ即粛清!! 」 3巻27話 「夢であってくれたなら 俺頑張るから 起きた時禰豆子ちゃんの膝枕だったりしたらもうすごい頑張る」 「畑を耕します 一反でも二反でも耕して見せる!! 」 4巻32話 「でもさァ 俺だって精一杯頑張ってるよ!! なのに最期 髪ずる抜けで化け物になんの!? 嘘でしょ!? 嘘すぎじゃない!? 名言がいくつも生まれた。 — まめさん kuroimame3 「俺に聞いて何か答えが出ると思っているならお前は愚かだぜ」 6巻49話 「見返してやるあの男…!! アタイ絶対吉原一の花魁になる!! 」 9巻72話 「どうしたの禰豆子ちゃん喋ってるじゃない! 俺のため? 俺のためかな? 俺のために頑張ったんだね! とても嬉しいよ俺たちついに結婚かな!? 」 15巻128話 「月明かりの下の禰豆子ちゃんも素敵だったけど太陽の下の禰豆子ちゃんもたまらなく素敵だよ素晴らしいよ! 結婚したら毎日寿司とうなぎ食べさせてあげるから安心して嫁いでおいで!! 」 15巻128話 「あ…あったけぇ!! 岩ってこんなにあったけぇんだ…!! お袋の腕の中に抱かれているようだ……」 16巻134話 「バカかお前はコンニチハ頭大丈夫デスカ!! 」 16巻134話 善逸の名言・迷言まとめ 善逸の名言・迷言をまとめてみましたが、やはり迷言の方が多かったですね。 本当はもっとセリフがあったのですが、今回は厳選ということで印象に強く残るものを中心にまとめていきました! アニメは6巻ぐらいの部分しか放送されていないので、それ以降のセリフにまた声が吹き込まれるのはとても楽しみですね 笑.

次の

【鬼滅の刃】「我妻善逸」の強さ・魅力まとめ|兄弟子との過去について

善逸 悲しい

その本名は漫画本編では伏せられていましたが、小説版で正式に明らかになりました! 善逸のじいちゃんの名前は、 桑島慈悟郎(くわじまじごろう)です。 例えば元水柱の鱗滝左近次は 水の呼吸の使い手ですが、名前には「 滝」が使われています。 元炎柱の煉獄槇寿郎の流派は 炎の呼吸で、「 煉獄」はカトリック教で「 火で浄化される清めの場」を意味します。 どちらも流派と密接に関係する名前が付けられていることがお分かりいただけるかと思います。 一方、善逸のじいちゃん「桑島慈悟郎(くわじまじごろう)」に関してはこの法則は当てはまらないようです。 桑島慈悟郎は「元鳴柱」。 善逸を剣士として育てた師匠なので、当然善逸と同じ「 雷の呼吸」の使い手です。 しかし、「桑島慈悟郎」の名前の中には雷を直接連想させるような漢字は入っていないようです。 その代わり、「 慈」(慈しむ=可愛がり大切にする)や「 悟」(悟る=表面に表れていない本質を見抜く)という字があてられています。 そして、その最期はかなり壮絶だったとか。。 戦国武将がよく行っていた日本独自の風習として知られており、海外でも「ハラキリ」と呼ばれるほど有名になっています。 自分のお腹を刀で突き刺してからグッと切り裂く…想像しただけで恐ろしいですよね。。 しかも、善逸のじいちゃんの最期は、ただの「切腹」ではありません。 「 介錯なしの切腹」です。 介錯とは、切腹する人がお腹に刀を突き刺すタイミングで、その首を斬って楽に死ねるように手助けすることです。 人の体は案外しぶとく、お腹を切っただけでは中々死ぬことができず、その痛みに悶絶しながら暫くの間苦しむことになります。 その苦痛を和らげるため、切腹する人のそばに付き沿うのが介錯人の重要な役割なのです。 介錯人無しの切腹を選んだ善逸のじいちゃんは、とても苦しみながら死に至ったことでしょう。。 (泣) じいちゃんが切腹した理由は? 元鳴柱としても、雷の呼吸の育手としても、周囲から慕われ尊敬されていたじいちゃんですが、介錯なしの切腹という悲しい最期を遂げたのは一体なぜなのでしょうか。 その一番の理由は、 責任を取るためだったとのことです。 じいちゃんには、善逸以外に「獪岳(かいがく)」という継子(つぐこ)がいました。 善逸にとっては獪岳は兄弟子のような存在で、陰ながら慕っていた様子も描かれています。 その獪岳は、鬼の討伐を目指す剣士でありながら、十二鬼月に襲われた際に命乞いをし、 鬼となってしまったのです。 自分が手塩に掛けて育てた継子が鬼になってしまったという報告は、じいちゃんにとって非常に辛いものだったことでしょう。 雷の呼吸の門下から鬼を出してしまったことに対し、 死んでお詫びをする というのが、じいちゃんなりの責任の取り方だったといえます。 そして、ただ切腹をするのではなく、介錯なしという最も苦しむ方法で自分に罰を与えたのです。 鬼滅の刃、善逸が怒っていた理由がついに明かされました。 雷の呼吸の継ぎ手が鬼になったことで、爺ちゃんが責任を取って切腹していたなんて… しかも介錯もなし。 鱗滝さんの「腹を切ってお詫び」という言葉、鬼滅隊の覚悟がどれほど重いものなのか、今さらながらに思い知らされます。 善逸はじいちゃんの死をどうやって知った? 善逸がじいちゃんの死の報告を受けたのは、チュン太郎からの 手紙だったと推察されます。 チュン太郎とは、善逸の鎹鴉(かすがいがらす)のことですが、実際は何故か雀(すずめ)です。 焦った様子のチュン太郎から届けられたものに対し、「え、なに?手紙…?」と不安そうな善逸。 そして、渡された手紙を読んだ後の善逸の様子から、ただならぬ雰囲気を感じましたよね。 手紙を渡された直後の善逸のセリフがすごいささりました。 つら — つくも🍟マチルダ🍟デレマス垢🍟 tukumo0501karen この手紙の中で善逸は「じいちゃんが切腹死したこと」、そして、「その理由は兄弟子の獪岳が鬼化したから」であると知ったのでしょう。 いつも情けないことばかり言っている善逸が、こんなに厳しい表情をするなんて。 絶望のどん底に突き落とされた善逸は、この後一体どんな行動を取るのでしょうか…? じいちゃんの切腹に対する世間の反応は? 善逸のじいちゃんの壮絶なる死に対し、ファンの皆さんからは悲しみや絶望の声が多数上がっていました。 ここでは、その一部をご紹介したいと思います。 弟子が鬼になったら師匠は切腹しなければならないなんて…悲惨すぎる。 じいちゃんのせいじゃないのに!• えっ、じいちゃんやっぱり死んじゃってたんだ…。 悲しい…。 鬼の妹と旅してる炭治郎なんて論外じゃん。 お腹って神経が集中してるから、突き刺したらかなり痛いらしいよ。 じいちゃんはかなり苦しんで亡くなったんだな。 あの時代だから仕方ないのかな、とは思うけど、マジでしんどい。 獪岳はどんな気持ちなんだろう。 絶対許せないんですけど。 それでも善逸が「じいちゃん」と親しみを込めて呼んでいたのは、強い信頼関係で結ばれていた証拠でしょう。 善逸とじいちゃんの絆を象徴するような名言を、ここではご紹介したいと思います。 「 お前は儂(わし)の誇りじゃ」 これは、第146話「誇り」で登場した台詞です。 瀕死の状態で意識を失った善逸の夢の中で、善逸はじいちゃんとの再会を果たします。 彼岸花の咲く三途の川で、獪岳が鬼になったのは自分のせいだと嘆く善逸。 そんな善逸に対して、じいちゃんが放ったのがこの言葉「善逸、お前は儂(わし)の誇りじゃ」。 目に涙をいっぱいに浮かべたじいちゃんの表情と、まるで本当の祖父のような温かい答えに、涙腺が崩壊した方も多かったのではないでしょうか。 じいちゃんは善逸に、「お前は何もわるくない、このまま自分の思う道を進んでほしい」という思いを伝えたかったのかもしれません。 善逸やじいちゃんの無念がわかるからこそ、涙無しには読めない回でした。 その他の名言は? じいちゃんの最も代表的な名言は「お前は儂の誇りじゃ」ですが、他にも善逸の回想シーンで心に響く言葉を残しています。 十二鬼月の一人「累(るい)」が支配する那田蜘蛛山で、炭治郎や伊之介とはぐれた善逸は「鬼の蜘蛛(累の兄)」と戦うことになります。 何度も一つの技を出そうとする善逸は、遂に鬼に「一つの型しかできない剣士」であることを見抜かれてしまいます。 そこで思い出したのが、じいちゃんからのこの言葉。 「いいんだ、善逸。 お前はそれでいい。 一つできれば万々歳だ。 一つのことしかできないなら、それを極め抜け。 」 「 泣いていい、逃げていい、ただ諦めるな。 誰よりも強靭な刃になれ!」 全部で六つある雷の呼吸のうち、善逸が習得できたのは「壱の型」だけ。 普通だったら落ちこぼれの烙印を押されてしまうこと間違いなしですが、じいちゃんは「一つの型を極めぬけば、お前はそれでいいんだ」と優しい言葉をかけます。 善逸のことを決して見捨てなかったじいちゃんのこの名言が、今も善逸の心の拠り所となり、彼の強さの原動力になっていたんですね。 善逸のじいちゃんの名前は、その愛情深い内面にぴったりな「桑島慈悟郎(くわじまじごろう)」でした。 とても悲しいことに、最期は切腹で死んだというのは間違いないようですね。。

次の

【鬼滅の刃】鳴女(なきめ)は善逸の母親?親子関係の説を考察!

善逸 悲しい

名前:我妻善逸(あがつまぜんいつ) 年齢:16歳 流派:雷の呼吸 好きなもの:禰豆子 声優:下野紘 主人公の炭治郎と同期の鬼殺隊隊士で、雷の呼吸を扱う剣士。 非常に臆病な性格で、おまけに重度の女好きというかなり困った性格となっています。 ただし、秘められている力は意外にも強く、 意識を失うことで恐怖を感じない状態になると覚醒状態となり、本来の力を発揮します〜! 善逸の意外な過去 上記だけで見ると、結構おちゃらけた感じのダメダメキャラというイメージになるかも知れませんが、 意外にも重たい過去を背負っているんです! それらを順を追ってまとめてみましたので、おさらいしていきましょう! 天涯孤独の身 まず1つ目は、 善逸には家族というものがいないということです。 善逸は詳細は不明ですが両親がおらず、 誰からも必要とされることない幼少期を過ごしていました。 誰かの力になりたいとは思っていても、誰からも求められることはない。 もし求められたとしても、それは全て嘘、そういう生活をしていたようですね。 スポンサーリンク 師匠との出会いと別れ そして2つ目は、 そんな善逸に対して唯一本気で向き合ってくれた最愛の人を失ったこと。 そもそも善逸ほどの臆病者がなぜ隊士になったかと言うと、とある人物が彼の才覚を見抜き、弟子として迎え入れたからです。 その人物こそ、 元雷柱の桑島慈悟朗だったのです。 桑島慈悟朗だけは善逸のことを認め、ダメダメな善逸に対しても決して諦めずにまっすぐ向き合って指導していました。 厳しくも愛情のある指導の日々で、善逸からは「じいちゃん」と呼ばれるなど、二人はまさに家族と同じ絆で結ばれていました。 しかし、そんな善逸にできた唯一の家族も、兄弟子の謀反によって奪われる事になります。 兄弟子の裏切り 善逸には共に修行していた兄弟子がいました。 名前は獪岳(がいがく)で、善逸と彼はそこまで仲良しではないながらも、それなりに良好な関係ではありました。 しかしある日、彼が鬼と戦い敗北したことで、鬼に命乞いをしてしまいます・・・! 結果、 獪岳は鬼となることで生き延びる事ができました。 一方で、 自分の弟子が鬼になってしまったということで、元雷柱は責任をとって切腹してしまうカタチに。 兄弟子の裏切りによって、兄弟的存在と親的存在の師匠といった家族をいっぺんに失ってしまった善逸。 普段はおちゃらけてるように見える善逸ですが、実際はこういった悲しい過去を背負っていると考えると彼の見方も大きく変わりますよね・・・。 ちなみにですが、現在の時間軸で二人が対峙するのですが、 善逸がしっかりとじいちゃんの仇を取るという形で終結! 当時はいつも見下されていた善逸ですが、 成長した強さで見事にじいちゃんの仇をとってくれました・・・! これらを一連の流れで見ると、本当に涙なしでは見れないなぁと。 善逸にこんな泣ける過去があったことが衝撃でした・・・。

次の