可愛い女の子 イラスト ふわふわ 描き方。 かわいい 女の子 髪型 イラスト

女の子の可愛い目の描き方!イラスト上達テクニックも伝授!

可愛い女の子 イラスト ふわふわ 描き方

女の子の顔の描き方の基本 まずは女の子の顔の描き方の基本についてみてみましょう。 もし描きなれている方は、コツの章まで読み飛ばしてくださいね。 下の図を見てください。 この図からわかる通り、基本的に、顔の描き方の流れは次のようになります。 丸と十字を描き、顔全体のアタリをとる。 十字のタテの線を下に伸ばし、あごの輪郭をかく。 十字の線を基準に目や眉毛、鼻などの位置を決める。 髪などを追加し、形を整える。 コツは、アタリに引きずられすぎないこと! あくまでも顔をどのあたりに描くかの目安なので、最終的に形が整うように描いていきましょう。 さあ、基本的な描き方が分かったので、続いてかわいく描くためのコツを紹介します。

次の

キャラクターの個性を演出する髪の描き方講座

可愛い女の子 イラスト ふわふわ 描き方

今回は髪の毛をかわいらしくみせるポイントです。 まず、髪の毛の描き方ですが、大体、下の3つに分かれるかと思いマス。 次に、かわいい髪を描くコツですが、 毛の流れに動きをつけるといいです。 (線の数を多く描くときは髪の毛の流れに沿うように増やそう) また、髪の毛の線の数を少なく描くとアニメっぽい感じに見えます。 今回は初心者の方向けに添削形式で髪の毛を描くポイントをお話しします。 上の絵を修正する形で髪の毛を描く時のポイントについて説明したいと思います。 このかたまり(房)について、考えたいとおもいます。 髪の毛の房は1つのパーツとして考えるとわかりやすいです。 髪の毛の房が頭をおおっている意識を持ちましょう。 描き始めのうちは、つい線ばかりを気にしがちですが「立体を描いている」という気持ちは忘れないでください。 パプリカの下側をアタリに描いてみます。 右の絵は赤い線を全く描いていませんので、平面的な印象が強まります。 ちょっとしたコツですが、 光のあたっている部分には、線をあまり描かず、影(暗くなっている)ところにだけ線を意識して描きこむと、キレイに見えることが多いです。 それをきれいに描くコツは、その髪型の形を理解して髪の毛の生えている方向(流れ)にそって描いていくことです。 描き始めの時はこういった部分に気を付けて描いてみてください。 NEW 2019. 9up 当サイトにて「簡単!イラストマーカーの使い方」100均マーカーとコピックの塗り方のコツ、をアップしました。 いま話題のダイソーのイラストマーカーを使った簡単なキャラ絵を描くコツです。 からどうぞ。 インストラクター・プロフィール 丘田ぽんち:イラストレーター 複数のマンガ系専門校にてキャラクターの描き方を担当してます。 今回はピンポイントでキャラクターの描き方(女の子バージョン)などが載ってます。 キャラクターのつくり方(男の子バージョン)男の子らしいしぐさのコツなどが載ってます。 この本はディズニーイラストのHow to Drawブックです。 独特の動きやしぐさ、デフォルメなどのディズニーアニメの表現をていねいにわかりやすく解説しています。

次の

かわいい 女の子 髪型 イラスト

可愛い女の子 イラスト ふわふわ 描き方

女の子の可愛い目の描き方2:ハイライトを入れる ハイライトを入れると可愛らしく見せることができます。 女の子の目はハイライトを入れてキラキラとさせた方が可愛い感じになるのでおすすめです。 目は球体になっているので、丸っこさをハイライトによって表現することができます。 入れすぎると大げさになりますが、女の子の目を可愛く描きたいなら丸っこく少しハイライトを入れた方がいいでしょう。 女の子の可愛い目の描き方3:奥行きを与える なんとなくわかるでしょうか。 目玉の端をたるませる感じで描くと、奥行きを表現することができます。 横顔などの時はよくわかりますが、正面顔の時に女の子の目の奥行きを表現するのを忘れてしまいがちなので、注意です。 目の端を輪郭に合わせて並行させると、目がちゃんと くぼんでいるように見えます。 奥行きを表現すると一気に説得力が増すので、女の子の可愛い目を描くには必須のポイントです。 女の子の可愛い目の描き方4:目尻を下げて描く 女の子の可愛い目の描き方の4つ目は、 目尻を下げて描くことです。 目尻を下げると少女っぽく可愛い感じに描くことができます。 幼さを表現したい時に用いるといいでしょう。 下げ方によっては目つきが悪くなりますが、丸みを感じるとように描くと、可愛い目を描くことができます。 女の子の可愛い目の描き方5:まつげ まつげもつけ方によっては可愛い女の子の目を表現することができます。 まつげは目尻に一個づつつけるのが基本。 途中にも一個か二個描いたりしてもいいですね。 あまり描きすぎるとけばけばした感じになります。 長く描きすぎてもけばけばした感じになるので注意が必要です。 まつげは全然なくても可愛い女の子を描くことができます。 キャラわけするときに使うテクニックとして覚えておくといいでしょう。 目尻のまつげを長く伸ばすと大人っぽいお姉さん系の目になるし、上向きにまつげを描くとキリッとした感じになります。 研究していろいろ試してみてくださいね。 女の子の可愛い目の描き方6:発光 女の子の可愛い目の描き方に必要なのはやはり発光させることです。 クリスタやsaiを使用しているなら、ブラシやスプレーを使って目の下を発光させましょう。 やり方はこちら。 カラーチャートの下の方から好きな濃いめの色を選んできます。 色は正直なんでもいいです。 髪の毛の色や服の色など、全体のバランスを考えて選ぶといいです。 ベースの色は濃いめの色を選んでください。 右下から選ぶと原色に近い色になるので、何色かはっきりと表現できます。 反対に左下から選ぶと灰色がかった感じになります。 好きなものを選ぶといいでしょう。 アニメ塗りなどの場合はあんまり輪郭をぼやけさせない方がいいですね。 薄い鉛筆や水彩ブラシなどで軽くぼやけさせるといいです。 パソコンの画面右下に用紙を並べているレイヤーがありますが、その上に「普通」と書かれたところがあるので、そちらをクリック。 すると一覧に「覆い焼き 発光 」というメニューがあるので、そちらをクリックします。 そうしたら上のイラストのように、目の下あたりにブラシでぼんやりと丸を描けば発光しているようになります。 覆い焼き発光はベースの色に対して、明るい色を選ばないと発光しないので、ベースの色から上の方にポインターをずらして、うすい明るい色を選ぶといいでしょう。 まとめ いかがでしたか?女の子の可愛い目の描き方にはいろんなテクニックありました。 教科書を買って参考にしてもいいですが、いろんなイラストを見て真似して見るのが一番簡単で安上がりです。 キャラクターによってどんな目の描き方、塗り方をしているのか研究して見てくださいね!.

次の