ガードレール トゲ 正体。 突破ファイル/ガードレールにトゲ!正体や原因を調査7月11日|ママスケッチ

新年あけましておめでとうございます。 本年も、宜しくお願い致します。 仕事始めの本日、1月6日は別宮大山祇神社で 新年の御祈祷を受けて始まりました。

ガードレール トゲ 正体

案外、そう言われると普通ですね。 なんかミステリー的なことを想像してしまう のですが、様々な検証のうえ、国交省の調査結果で解決しました。 それでは、 ここから事件の経緯や実際の調査報告書などを見ていきましょう。 ・国交省が調査、解決したアノ問題だった! まず初めに、 国交省の調査報告書が現在でも見れるので載せておきます。 報告書名は「 防護柵への付着金属片調査委員会」となっています。 ・事故の経緯 事故の経緯としては、2005年に秋田県で自転車に乗った中学生が帰宅途中に ガードレールについていた金属片に接触し、けがをしたことのようです。 そして、それについて全国で調査したところ数万個の金属片(トゲ)が見つかっ たとのこと。 引用元:家が建つまでの記録を残したくなった ~家が建ったので時々日記~ 引用元:家が建つまでの記録を残したくなった ~家が建ったので時々日記~ ・ 国交省による調査、そして解決 中学生の事故を発端にて、2005年の6月に調査委員会が計3回開かれ、 現地調査、室内実験、自動車実験の後、前述したように、ガードレール の金属片(謎のトゲ)は 「自動車の鉄板やそれらから剥ぎ取られたもの」 として解決したようです。 ちなみにガードレールについては、日本では1958年に神奈川県に設置されたのが 始まりだそうです。 あと少し気になったのですが、この事故の影響かどうかは分 からないのですが、ガードレール自体はあまり見なくなったような印象がありま す。 その代わりに、私の家の近所ではガードパイプ(金属板の代わりにパイプを つけたもの)が多いです。 また地域によっては、ガードケーブル(ワイヤーロー プを張ったもの)を用いているところも、除雪作業がある場所では多いようで す。 7月11日の番組で放送されるようなので、楽しみにしたいと 思います。 <関連記事> ・ ・ ・.

次の

ガードレールの謎の突起物(トゲ)で怪我人続出【THE突破ファイル】

ガードレール トゲ 正体

Fig. 1 ミノムシの多い道路脇のガードレール(山梨県・笹子峠近く) 東京農大から東京都立大(現・首都大学東京)の大学院に進学した私は、所属する研究室の新歓採集会で山梨県の山麓へ向かった。 2003年の5月頃のことである。 当時の私は、ミノガ科のオオミノガ、ドクガ科のアカモンドクガとシャクガ科のフチグロトゲエダシャクだけを研究対象としていた。 目的地に到着後、ラボメンバーがそれぞれ自分の専門とする対象の昆虫を探し始める一方、この時の私は、現場到着後、特に目指す特定の昆虫もなく暇を持て余してい た。 暇つぶしにクルマを寄せていたガードレールを見ると、一匹の正体不明の小さなミノムシを見つけた。 ウエストポーチからサンプル瓶とピンセットを出し、さらに周囲を散策すると、ガードレールのポールや壁面に数メートル間隔で数匹の蓑が固着していた。 しかも1種だけではない。 その日は2時間弱の散策で殻ミノを含めると100個体近くの蓑を採集した。 研究室に持ち帰り、その日の内に仕分けをし、観察・飼育をしてみた。 今思うとこの山梨県での採集が、後にミノガ研究のきっかけとなるミノムシとの出会いだった。 Fig. 2 ガードレールに付いているミノムシ(京都府・貴船神社近く) 何故ミノムシがこれ程多くガードレール近辺に固着しているのか。 それは、餌を食べなくなった老熟幼虫が、餌場の地表面から離れて蛹化場所を探す際にガードレールのポールを登って来てその壁面にたどり着いて蓑を固着し、そこで蛹になるためである。 採集のタイミングが合えば、採った蓑のうちの大半から、ミノムシの成虫であるミノガが羽化する。 ミノガの成虫は、他の蛾類のように夜間採集の際に、ライトトラップでの効率よい採集が困難で、これまで幼虫の飼育以外では成虫を手に入れるのは簡単ではなかった。 ガードレール採集法は、ミノムシの蛹化時期に合わせて採集調査をすれば、これまで採集が困難だった老熟蓑や蛹化蓑を容易に採集できる最適な採集法と言える。 日本産ミノガ科は、未記載種を含めて約40種ほど知られているが、およそ半数の20種近くが、ガードレール採集法で採集することができる。 さらに、究極のガードレール採集テクニックは、目的の採集地の下見である。 Google マップの検索地図を航空写真モードに切り替えて、さらに3Dモードで画像を見ることで、道路脇のガードレールミノムシ採集の立派な下見になる。 これをやっておくと時間を節約でき、限られた日程の採集調査を有効に実施できる。

次の

壁穴口便器痴女の正体が、クラスの清純委員長であることに僕らはみんな気づいてる

ガードレール トゲ 正体

Contents• 2005年ガードレールのとげで事故が! 2005年に秋田県で自転車に乗った中学生がガードレールから飛び出している金属片のとげが刺さったという事故があり、なぜガードレールにそのような危ないトゲが飛び出しているのかということで調査をしたところ、全国的にガードレールから何らかの形で金属破片やトゲが飛び出しているところが3万件も見つかったという事態で、当時はなぜこんなにもガードレールからトゲが!と、当時世間を騒がせたことがありました。 THE突破ファイルではこのトゲの正体を突き止めます! ガードレールのトゲとはこんな感じです。 このようにガードレールの継ぎ目のところに挟まった形でトゲがでているのです。 そりゃ自転車でガードレールに沿うように走っていれば当然刺さったりぶつかったりしてしまいます。。 これが全国3万か所あるってかなり危険ですよね。。 これも継ぎ目のところに刺さったような形でトゲがでています。 危ない!! それで、なぜこんな危険なとげが全国的にあるのかということで、当時一気に話題になりました。 ニュースや情報番組のコメンテーターたちの中では、「悪質ないたずらではないか」、「全国的な愉快犯だ!」「路上駐車させないためにだれかがやった!」などいろいろな憶測が飛び交いました。。 スポンサーリンク ガードレールトゲの原因は一体何なのか! この現象はマスコミなども大きく取り上げて、原因や犯人を突き止めようと騒がれましたが、もちろん行政も調査に乗り出しました。 そのなかで、このとげはほとんどがガードレールの継ぎ目に挟まった状態で突き出しています。 それでは、継ぎ目の中に金属片を差していかなくてはならないですよね。 しかし、ガードレールは鉄板です。 この強固にボルトで締められた鉄板の隙間にどうやって金属片を突き刺しましょうか? そうとうな力や工具が必要になります。 そして、このボルトを緩めることは特殊な工具がいりますし、それこそ人間の手ではそのようなことが出来るほどゆるいものではないのです。 そしてそんな力技を使ってまで、人を傷つけようと骨をおる人間がいるのだろうか? では一体これはなぜこんなところに突き刺さっているのかと、なかなかなミステリーに発展していきました。 それで、調査委員会が現地調査、室内実験、自動車実験、そして金属破片の物質成分分析調査などをおこなった結果、 「自動車の鉄板やそれらから剥ぎ取られたもの」 という結論に至りました。 これは作為ではなく、おそらくはドアの前端やホイールハウスの後ろ側がガードレールの継ぎ目やボルトに対して薄く接触し、板金が引きちぎられたのではないかということです。 これは実際に実験もしてこのようにガードレールに挟まる形で同じ状態になったということなんです。 その証明とゲストの波留の「神」発言は次ページ!.

次の