ハウスクリーニング 経営。 ハウスクリーニングの料金相場は?安くする方法・業者選びの3ポイント

ハウスクリーニングの開業には何が必要?費用や資格などくわしく解説

ハウスクリーニング 経営

クリーニング店には、大きく2種類あります。 1つ目は、お客様から衣服を預かり、自店でクリーニングをするお店。 (一般店) 2つ目は、お客様から衣服を預かり、提携工場でクリーニングして、お客様にお返しするお店。 (取次店) 最近では「宅配型クリーニング」という業態が普及してきていますが、その多くは1つ目の一般店が運営しています。 店舗を持たない分、地代家賃・人件費などを安く抑えられるため、お客様は安い料金で利用することができたり、郵送やコンビニなどでクリーニングを出したり受取ったりすることができる、という面白い業態です。 開業するならどちら? 新規でクリーニング店を開業しようとする場合は、ほとんどの場合は2つ目の「取次店」と言われる洗たく物の受取及び引渡しのみを行うクリーニング店(所)を開業することになるでしょう。 取次店を開業するするには、ご自身でクリーニング工場を開拓・提携して取次店を始める、というケースとクリーニングのフランチャイズチェーンに加盟して、取次店を始める、というケースのどちらかになります。 やはり多いのは、クリーニングチェーンに加盟して開業する、という後者でしょう。 では、どのクリーニングフランチャイズチェーンに加盟するのが一番良いか、ということになりますが、新規開業の場合には、やはり知名度が高く、本部の開業後サポートがしっかりしているところを選ぶほうが無難と言えます。 開業資金(加盟金)が安いからと言って、本部の体制がしっかりとしていないチェーンに入ってしまうと、販促(集客)をしっかりしてくれない、経営のアドバイスをほとんどしてもらえない、などの問題が多く起こりがちです。 「なんとなく」ではなく「しっかりと」した準備が必要 お客様がクリーニング店を選ぶ時に重要視するのは、店舗の立地(自宅からの距離)、クリーニングの料金、仕上がり品質、店員の対応、などですが、実は「クレーム産業」と呼ばれているクリーニング店の運営においては、店員の対応力・接客力が継続的に収益を上げ続けられるかどうか、のポイントとなります。 「定年退職後には、のんびりとクリーニング屋でもやって、お小遣いを稼いで年金の足しにするか」という甘い気持ちで開業してしまうと、お客様のクレーム対応で心と時間が奪われてしまい、とても苦労します。 開業前には、チェーンに入る入らないにかかわらず、しっかりと事前に業界知識やクレームが多く発生する事例などを勉強しておき、お客様の不満足度合いを高めないように気を付けましょう。 クリーニング業界は1992年に8,170億円の市場規模ピークを迎えてから、年々市場が縮小し続けてしまっています。 もちろん背景には全自動洗濯機の普及・柔軟剤などの進化・形状記憶カッターシャツの販売増などがありますが、いずれにしても、「クリーニング屋を開いていればお客様が来てくれる時代」は終わった、と言えます。 2011年にはホームクリーニング総需要額は3892億円まで落ち込み、1992年から約半減。 年間あたり 7,734円。 (日本クリーニング新聞より) ただ、ご安心ください。 このご時世でも、しっかりと利益を出し続けているクリーニング店はたくさんありますし、クリーニング店の開業においては、他の業種で開業するよりも、以下のようなメリットがあります。

次の

クリーニング店開業のポイント|クリーニング店経営のヒント|カシオ計算機

ハウスクリーニング 経営

ハウスクリーニング業者はたくさんあるけどどこが良いの?• ハウスクリーニング費用の目安は?• 安いハウスクリーニングは問題ある?• 大手のフランチャイズ店と個人経営のお店はどっちがいい?• 失敗しないおすすめハウスクリーニング業者が知りたい! ここでは、 迷わないハウスクリーニングサービスの選び方やおすすめ業者5社を中心に依頼時のポイントなども解説しています。 またハウスクリーニングの作業の流れや家事代行サービスとの違いなども紹介しています。 ハウスクリーニングとは?お願いできること ハウスクリーニングは掃除が専門の業者が行うサービスのこと。 いわば掃除のプロですね。 ハウスクリーニングは、日常的な掃除をする家事代行とは違い 特定箇所の完璧な仕上がりを求める方におすすめです。 ハウスクリーニングは家や部屋全体のお掃除から• 洗面所、脱衣所• 各部屋の床や壁・階段・廊下• ベランダ・バルコニー• 窓・サッシ部分 などの掃除メニューを提供しています。 引越し前後をはじめ、大掃除や定期的なクリーニングの際に利用されています。 後悔しないハウスクリーニングサービスの選び方 ハウスクリーニング業者はこの後紹介するおすすめ5社以外にも数多く存在しています。 選ぶ際には以下8項目は確認しておきたいですね。 各クリーニング費用の目安• 大手なのか個人なのか• ハウスクリーニングの内容• オプションに注目• 損害保険に加入しているか• スタッフのスキルや女性スタッフ希望OKか• 作業の時間帯• キャンセルについて 1つずつ詳しく解説していきます。 ハウスクリーニング費用の目安(出張費や駐車代含む) ハウスクリーニングの費用は、作業費用に加え、出張費や駐車代なども別途必要な場合があります。 まずは空室時のハウスクリーニング費用の目安を料金表にまとめたのでご覧ください。 間取り 料金の目安 1R・1K 15,000~30,000円 1DK・1LDK 30,000~40,000円 2DK・2LDK 30,000~70,000円 3DK・3LDK 50,000~85,000円 4DK・4LDK 70,000~100,000円 5DK以上の間取りや広さ 要見積もり 空室時のハウスクリーニングは、何もない状態のため、養生が不要、時間帯も自由と作業しやすい環境となっています。 居住中の場合は、養生や作業時間など負担が増えるため、上記費用より2~5割増しになることを頭に入れておきましょう。 また一戸建ての場合、マンションに比べ、廊下やトイレが複数、などのケースがあるため、その分費用が割り増しになることが多いです。 エアコン掃除や浴室、キッチンなど、部分別のハウスクリーニング費用の目安もご紹介しておきます。 エアコン(1台) 約12,000円 浴室 14,000円~17,000円 トイレ 8,000円~10,000円 換気扇・レンジフード 7,000~14,000円 洗面所・脱衣所 8,000円~9,000円 キッチン 15,000円~25,000円 床(ワックスがけ込み) 8,400円~15,000円(6畳) 以上が複数のハウスクリーニング業者の料金をリサーチして割り出した部分別の費用の目安となりますが、最終的な値段は必ず公式サイトや電話で確認するようにしてくださいね。 出張費や駐車代などはハウスクリーニング業者により、作業費用に含まれるところと含まれないところがあるので、こちらも事前に確認が必要です。 ほとんどのケースで駐車代は別途必要になることが多いため、近隣のパーキング料金を調べておきましょう。 ハウスクリーニング費用をもっと詳しく知りたい方は「」の記事をご覧ください。 安すぎるハウスクリーニング業者は注意 ハウスクリーニング業者を選ぶ際、やたらと安い費用での訴求(チラシやHPなどの広告)を見かけた場合は注意が必要です。 よくよくみると 「〇〇円~」と記載されていることが多く、見積もり時や汚れ具合などにより料金が加算され、最終的に支払う費用が高額になることもしばしばあります。 もしも安い値段のハウスクリーニング業者に依頼するときは、 問い合わせ時や作業前に、どんな場合に費用が加算されるのか、など料金体制を明確にしておきましょう。 万が一、あいまいな返答をするハウスクリーニング業者であれば、やめておくのが賢明です。 また安いハウスクリーニング業者の場合、掃除のクオリティにも気をつけたいところ。 低価格だから必ずしも酷い仕上がり…というわけではありませんが、中には研修後間もないアルバイトスタッフ任せだったり、スピード重視で丁寧さが感じられない、、なんてことも。 事前に作業の流れやビフォーアフター事例などを確認しておきましょう。 大手と個人のメリット・デメリット ハウスクリーニングを依頼する際は、ダスキンやカジタク、おそうじ本舗などの大手企業(フランチャイズ含む)か地元の業者や個人などか、どちらを選べばいいか迷いますよね。 結論からいうと、よほど値段やサービスなどに魅力がない限りは、大手ハウスクリーニング会社に依頼がいいです。 理由をふまえ、大手と個人のメリット、デメリットなどを紹介します。 大手のメリット・デメリット ハウスクリーニングを大手企業に依頼するメリットは、• 作業の質が確か• 接客がていねい• カスタマーサポートがある• 万が一の保証 など、 安定したサービスを受けられます。 デメリットとしては• 融通が利かない• 日程調整に時間がかかる など、カスタマーサポートと実施に作業にあたるスタッフが分かれる場合が多いため、 細かい調整や融通が利かないことも。 また人気業者の場合は繁忙期になると予約がとりづらいこともあります。 個人のメリット・デメリット 地元の業者や個人にハウスクリーニングをお願いするメリットは、• 費用が安い• 融通が利きやすい などが挙げられます。 予約を受ける人、作業にあたる人が同じで、 要望が通りやすく、作業時にちょっとしたお願いも聞いてもらえることもあります。 デメリットとしては• 接客、対応が悪い• 作業内容がひどい• 保証がない など ルーズな面を感じることも。 地元の業者や個人にハウスクリーニングを依頼する際は、口コミを十分に調べた上でお願いするようにしましょう。 ハウスクリーニング内容を確認 ハウスクリーニング業者の作業内容は、各社それほど大きく変わることはありません。 しかし 清掃後のトラブル防止のためにも、どこまでが作業内容に含まれるのかを事前にしっかり確認しておきましょう。 また中にはオプション級のサービスが標準サービスとして組み込まれている場合もあります。 例えば、ならエアコンの抗菌コートや浴室のエプロン掃除、コンロの魚焼きグリル掃除など、他社がオプション扱いしているものを標準サービスとしています。 オプションに注目 エアコンや水回りの清掃などの場所以外にも、自分ではできない掃除をハウスクリーニングでお願いしたいこともありますよね。 そこで、オプションにも注目してみましょう。 ハウスクリーニング業者により違いがありますが、大まかなオプション内容をまとめてみました。 一戸建ての外壁• 天井・屋根裏・ロフト• 光取り窓の清掃• フローリングのワックスがけ• クロス(壁紙)張り替え• 畳表替え• 浴室のカビ防止コーティング• クリーニングで出たごみの処分 ただし些細な掃除もお願いすると、オプションとして加算されて割高になってしまうことも。 どこまでが基本料金なのかを確認し、標準サービスとオプションサービスの組み合わせた費用などを比較して選ぶことが大切です。 損害保険の有無を確認 万が一、清掃の際に家のものを壊されたり傷つけられたときのために、ハウスクリーニング業者が損害保険に加入しているかを確認しておきましょう。 ほとんどのハウスクリーニング業者が損害保険に加入していますが、 料金が安い業者は未加入であることがあるため注意が必要です。 損害保険の加入が確認できたら、どこまで賠償してくれるのか聞いておきましょう。 家のものを傷つけられたり壊されると、資産価値が下がってしまうため、損害保険の有無や賠償の範囲を確認しておくことは大切です。 スタッフのスキルや女性スタッフを希望できるか ハウスクリーニングは、他人を家にあげるわけですから、信頼できる人間かどうか、しっかり作業してくれそうな人間かどうかも業者選びのポイントになります。 女性の依頼者が安心できるよう、女性スタッフの派遣にも対応している業者もあります。 ホームページで写真を見たり、どんなスキルや実績があるのかも確認しておくと良いでしょう。 ホームページに記載がなかったり、聞いても曖昧な答えしか返ってこない場合は、アルバイトや派遣スタッフに頼っている場合もあります。 こうした場合、ハウスクリーニングの仕上がりに不満が出る可能性が高いので、リスクを避けるためにもスタッフについて事前に確認しておくことは大切です。 夜間や早朝などの時間帯にお願いできるか 夜勤がメインのお仕事の場合など日中のハウスクリーニング依頼が難しい、という方には、夜間や早朝など時間外作業の対応可否も確認しておきましょう。 通常は10~18時(遅くとも20時)などがほとんどですが、中には 応相談で時間外作業に対応しているハウスクリーニング業者もあります。 時間外作業の場合、通常の費用より高くなるため、こちらもあわせて確認したいところですね。 ただし、エアコンやレンジフードなどのクリーニングによっては、 専用機材を使用し多少の騒音が出るため注意が必要です。 くわしくは「」のページをご覧ください。 キャンセルはいつまでなら無料? ハウスクリーニングの依頼をキャンセルする場合、業者によってはキャンセル費用が発生します。 このページで紹介している5社の場合 おそうじ本舗…3日前 おそうじ革命…7日前 カジタク…2日前 ベアーズ…1日前 ダスキン…2日前 作業予定日より上記期間前であれば無料でキャンセルができます。 【2020年版】ハウスクリーニング業者おすすめ5社 さらここからは、オリコンの2019年ハウスクリーニングランキングの情報元に、最新の顧客満足度が高かったハウスクリーニングおすすめ業者5社を紹介していきます。 以下5社の中から選べば後悔しないハウスクリーニングが可能です。 おそうじ本舗 1番おすすめ! おそうじ本舗は、リーズナブルな費用で質の高いお掃除が魅力のハウスクリーニング会社。 業界トップの店舗数を誇り、 繁忙期でも予約が取りやすいです。 さらにメニュー数も豊富で、エアコンや水回りなどの人気クリーニング以外にも、家・部屋まるごとのクリーニング(在宅、引越し前後含む)、壁紙染色やお墓の掃除などにも対応しています。 急ぎで清掃して欲しいという場合、特急便という3,000円のオプションを加えることで3日以内にサービスを提供してくれるので大変便利です。 見積もりはLINEで対象箇所の写真を送るだけでOK! こんな方におすすめ• 繁忙期だけど今すぐ予約とりたい!• とにかく綺麗にしてほしい!• 清掃前の写真撮っとけばよかったなって後悔するくらい綺麗になった。 アルバイトや派遣スタッフではなく、一から自社の教育を受けたスタッフのみが派遣されます。 エコな洗剤を使用して清掃するため、小さなお子さんがいるご家庭でも安心。 さらには、子育て支援割というプランがあり、対象のサービスがいつでも何度でも10%割引になるため、子育て世帯におすすめのハウスクリーニング業者です。 こんな方におすすめ• 安いハウスクリーニング業者にお願いしたい!• ベアーズ、ダスキン、おそうじ本舗、おそうじ革命を比較してるんだけど、ベアーズはお高め、おそうじ革命は割安だけどしっかりしていて口コミがいいんだよなぁ〜。 — Minniechan00 Minniechan00 口コミも良く、料金もリーズナブルで初めて利用したけれど大正解だった。 エアコンがとてもキレイになり、もし何か異常があれば連絡してくださいと名刺もいただいたのでアフターケアもばっちり。 カジタク カジタクは、イオンが運営するハウスクリーニング業者です。 カジタクの魅力は、見積もりがなく(追加料金がない)、一律料金でハウスクリーニングを提供しているところ。 どんなに汚れていても、例えばキッチンクリーニングであれば12,000円で行ってくれます。 さらに、仕上がり満足保証といって、もし汚れが落ちていなくて満足できなかった場合、お客様センターに連絡をすると無料で清掃のやり直しをしてもらうことが可能。 こんな方におすすめ• 見積もりが面倒くさい• スタッフの対応も良く、仕上がりにも満足している。 浴室の天井など手が届かなくて諦めていた汚れをキレイにしてもらえた。 浴槽も自分でやるより断然キレイで、さすがプロ!という仕上がり。 決して安い金額ではないけれど、エアコンなど細かいところまでピカピカにしてもらえて満足している。 しょっちゅうは無理だけど、年末など年に1度はお願いしたいと考えている。 ベアーズ ベアーズは、家事代行とハウスクリーニングのサービスを提供している業者です。 1回のみの利用ができるスポットプランや、定期サービスのリセットプロプランがあります。 定期サービスのリセットプロプランなら、1年の清掃スケジュールを組んで定期的に掃除してくれるので、いつもキレイな家を保つことができますよ。 また、当日12時までに依頼した場合、即日対応してくれるサービスもあるため、急な来客で急いで掃除しなければならないという方におすすめのハウスクリーニング業者です。 リセットプロプランの月1回3時間利用の場合、月額20,940円で組んだスケジュールの清掃をプロのテクニックで行ってくれますよ。 こんな方におすすめ• 丁寧な接客をお願いしたい• 今日は、エアコンのお掃除をハウスクリーニングのベアーズさんにお願いしました。 布を扱うので繊維が奥までビッシリ。 分解して奥の奥まで掃除し、除菌もしていただきました。 さすがプロ!エアコンの効きが全然違う! 皆様を、フレッシュな空気でお迎えいたします。 キッチンは綺麗さに震えた。 お風呂はサイドが外れるの知らなくてその中が衝撃映像状態だったけど、こちらもぴっかぴかに。 対応すごい良かったし、自分できる掃除方法も教えてくれたしよかった。 顧客対応にも定評があり、有名な会社なので安心感があるため、はじめてハウスクリーニングを依頼するという方におすすめです。 独自の洗剤や機器を使用し、汚水は中和処理してから破棄するため、環境にもやさしいクリーニングをしてくれるというのも魅力的です。 こんな方におすすめ• 網戸外して水洗いは終わり、いまは窓掃除してくれています。 窓枠にたまった土埃まで掃除してくれて、二階の窓がすっきりしたところ! ハウスクリーニングの依頼から作業までの流れ ハウスクリーニングを依頼から作業完了までは• 問い合わせ、見積もりを予約• 現状確認、見積もり提示、日程決め• 作業当日(作業前に内容の確認)• 終了(終わったら仕上がり確認、支払い) が大まかな流れです。 問い合わせをすると、見積もりの日時決め、見積もりがない業者の場合は作業日の日時を行います。 日時が決まったら、スタッフの方が作業しやすいよう細々したものを片付けておきましょう。 キッチンであれば調味料や洗剤など、浴室であればシャンプーなどのボトルを片付けておくと、片付けの時間の分、作業に充ててもらうことができますね。 当日は、作業後に必ず立ち合いで仕上がりを確認しましょう。 掃除のポイントなど教えてもらえることもありますよ。 確認が終わったら完了です。 ハウスクリーニングと家事代行の違いは? ハウスクリーニングと家事代行サービスの違いについて、疑問に思った方も多いと思います。 ハウスクリーニングは掃除のプロ。 専用の洗剤や機材を使用して完璧に掃除してくれます。 家事代行は、あくまでも依頼主に代わって、依頼主の家にある道具や洗剤を使って掃除上手な主婦が家事を代行するというもの。 完璧な仕上がりを求めたいなら、断然ハウスクリーニングがおすすめです。 (関連記事:) まとめ:お掃除別に探すなら おすすめのハウスクリーニング業者と選び方のポイントをお届けしました。 家事代行は念入りに掃除してくれますが、完璧な仕上がりを求めるならハウスクリーニングに依頼することをおすすめします。 エアコンや換気扇、お風呂など、「ここだけ!」クリーニングを依頼したいという場合に参考にしてください。

次の

ハウスクリーニングの料金相場は?安くする方法・業者選びの3ポイント

ハウスクリーニング 経営

ハウスクリーニングで開業・独立するには? ハウスクリーニングを開業するにあたり、特別な 資格や許可は必要としません。 必要に応じて税務署への 開業届を提出しますが、誰でも新規参入は可能であり自由に開業をすることができます。 ですが許可や届出が不要な反面、 参入障壁も低く競合会社が多いのもハウスクリーニング業の特徴です。 低資本で始められるビジネスという事もあり、清掃業者だけでなく、一般の主婦でさえ副業的にハウスクリーニング業をこなしている人もいます。 またハウスクリーニング自体の需要が変動しやすい事から、 賃貸管理やビル管理業者が兼業としてハウスクリーニング業を行っているケースもあります。 今後は本格的な 高齢化が見込まれる事から、ハウスクリーニングの需要が一定数見込まれるものの、個人でハウスクリーニングとして起業していく為には、綿密な事業プランが必要と言えます。 ハウスクリーニングの開業資金はいくら? ハウスクリーニングの開業資金はいくらくらい必要なのでしょうか。 よくフランチャイズの開業資金として300~400万円といった広告を見かける事もありますが、個人で開業をした場合には開業資金をかなり抑える事も可能です。 車両や事務所費を除けば、清掃道具・洗剤だけであれば 10~20万円もあれば開業は可能です。 もちろん車両を購入するのであれば中古でも数十万円かかりますし、事務所を借りるのであれば保証金など賃料の10か月分程度は見込んでおく必要がありますが、ハウスクリーニングの開業に必ずしもそれらが 必須という訳ではありません。 ホームセンターやインターネットでも洗剤は購入することが出来ますし、一部の用品を除きクリーニング業者でなければ購入できないという事もないでしょう。 ハウスクリーニングの独立・開業で大切なことは、 用途に応じた洗剤の使い方・用具の使い方といった専門知識をしっかりと持つことです。 高額な洗剤を購入するよりも、選ぶ洗剤とその使い方を熟知している事が先決となります。 ハウスクリーニング業の利益はほぼ 技術料です。 プロとしてその技術を売っていく訳ですから、まずはクリーニングの専門知識を学ぶようにしましょう。 ハウスクリーニング開業の資格は? 先ほども少し取りあげたように、ハウスクリーニング開業にあたり特別な資格は必要ありません。 ですがハウスクリーニング系の資格を取得しておく事により、そこから 知識を得られる事もありますし、顧客獲得時に 信用に繋がることもあるかもしれません。 ハウスクリーニング系では 以下のような資格が挙げられます。 ハウスクリーニング技能士• ハウスクリーニングアドバイザー• クリーニングインストラクター• 掃除検定• ハウスクリーニング士 最初から洗剤や掃除用具の使い方を熟知していれば良いですが、全くの未経験から知識や技術を学ぶことが難しいという人もいるかと思います。 そのような人であれば資格取得から入るというのも一つの方法です。 また資格を取得しておく事で 転職時に有利になったり、 人に指導できる機会もあるかもしれません。 ですが繰り返しになりますがハウスクリーニング開業には 資格は必須ではありません。 資格を取得しなくても入社できる会社はたくさんありますし、ネット等でも基本的な情報であれば入手できます。 ハウスクリーニングの独立開業において、自分にとって資格取得が必要かどうかじっくりと検討するようにしましょう。 ハウスクリーニングで開業届けは必要? ハウスクリーニングで開業をする場合、 開業届けは必要になるのでしょうか。 どのような業種においても、開業時に開業届を提出する人は多くいます。 開業届を提出するという事は、税務署に 「個人事業の開廃業届出書」を提出するという事です。 開業届を提出することにより、 青色申告ができるようになったり、 屋号の銀行口座が持てる等のメリットが生まれます。 ですがこの開業届を未提出であっても、 罰則が定められている訳ではありません。 実際に提出しない人も中にはいます。 自分で開業届を提出したい方は、開業をしてから一か月以内には提出をするようにしましょう。 ハウスクリーニング開業に必要な道具は? ハウスクリーニング開業に 必要な道具にはどのようなものがあるでしょうか。 一例を挙げてみます。 掃除用具 電気掃除機・作業用エプロン・モップ・はたき・ほうき・ちり取り・たわし・雑巾・歯ブラシ・金属ブラシ・スポンジ・パッド・スクレイパー・バケツ・延長コード・コードリール・カミソリ刃・ドライバー・スクイジー・ゴム手袋・ハンドスプレー・クッキングペーパー・サンドペーパー・その他 洗剤 中性洗剤・弱アルカリ性洗剤・アルカリ性洗剤・漂白剤・クレンザー・溶剤・ペーパー類・金属磨き材・その他 上記は一例ですが、必ずしも 全てを揃える必要はありません。 ホームセンター等で揃えられる道具も多いですし、それこそちょっとした消耗品類であれば100円均一で購入できるものもあります。 ハウスクリーニングの独立開業で必要なコストは、主にこれらの道具・洗剤や車両維持費・ガソリン代が中心となります。 そのためこれらのかかる経費以外はほぼ利益となり、ハウスクリーニングがいかに 利益率の高いビジネスかが分かります。 ですがこれらの道具や洗剤は高額であれば良いという訳ではなく、その 用途に合わせた使い方が肝心です。 未経験者であれば信頼のおける会社に入社する等、一定期間 修行をしてから開業を検討するのが良いでしょう。 スポンサーリンク ハウスクリーニング開業時の年収は? ハウスクリーニングで独立・開業をした際、その年収はいくらくらいになるのでしょうか。 一概には言えませんが、開業時の年収は 200万円にも届かない人が殆どかと思います。 200万円と聞くと少なすぎると感じる人もいるかもしれませんが、現実として 開業時からハウスクリーニング業で大きな売上を築くことは中々困難です。 顧客を開拓していき軌道に乗っていったとしても、個人のハウスクリーニング業であればその 平均年収は300~400万円といった所でしょう。 年収として何とか食べていけるレベルの人も多く、サラリーマンの平均年収にも届かない開業者がかなりの数存在します。 またこの年収を維持するだけでも朝から晩まで働き、休みもほとんど取れないといった状態がしばらく続くかもしれません。 年収が安定しないうちはサイドビジネスとして他の仕事と並行する等、 生計を維持していく工夫も必要になります。 ハウスクリーニング起業で失敗する理由 ハウスクリーニングで起業をして大きな収入を築きたいと考える方は多くいるかと思います。 ですが残念ながら、その 多くの人が起業に失敗をし撤退していきます。 ハウスクリーニングの起業に失敗する理由として、まずその 参入障壁の低さが挙げられます。 「低資本で始められる」「資格・許可不要」「ランニングコストが多くかからない」等、誰でも簡単に取り組めそうなイメージから、 無計画に安易にハウスクリーニングで起業をする人は多いものです。 ですが現実としては、開業する事は簡単なものの、実際に売上を築くことが難しいことに起業してから始めて気付きます。 またハウスクリーニングと言うと、一般家庭に訪問してクリーニングを行い料金をもらうといった仕事をイメージする人が多いかと思います。 ですが実際には個人単位で ハウスクリーニング業だけで生計を立てる人は少なく、大手業者や関連業者が その複合業務の1つとしてハウスクリーニング業を行っているに過ぎません。 そのためもし個人でハウスクリーニング業を始めるとなると、必然的に 競合相手が大手会社になり、資本力のない個人は簡単に競争に負けてしまいます。 またハウスクリーニングと言うと大きな需要が見込めそうなイメージもありますが、個人家庭において その需要は僅かです。 例えば自分の家のキッチンが汚れているとして、一万円以上の費用がかかるハウスクリーニング業者にすぐに依頼をしようと考える人がどれくらいいるでしょうか。 恐らく多くの家庭では 自分で掃除してみようと考えたり、 ホームセンター等で見合った製品を購入して掃除しようと考える筈です。 それだけハウスクリーニング業はニッチであり、特に個人開業で仕事を拾っていく事は難しい事です。 ハウスクリーニング開業時は、軌道に乗るまでしばらくは厳しい売上数字が続くと考えていた方が良いのかもしれません。 ハウスクリーニングの集客 ハウスクリーニングを個人で開業するとしても当然に継続的な売上げが必要です。 個人でやるには経費などを差し引くと月収ベースで40~50万欲しい所ですが関東でもこれくらいの売上げを維持している一人親方は少ないもの。 1人開業で 月20~30万円の売上げがあれば成功の類と言えるでしょう。 大手の客単価が15000円前後とすると、個人でやる場合の単価が8000円としても月に25~40人の受注が必要。 1日1件と考えれば簡単そうにも見えますが、実際にはそこまで 受注に結び付かないのが現状かと思います。 開業当初は需要を掘り起こす意味でも、まずはハウスクリーニングサービスの快適さを 顧客に知ってもらう事も大切です。 どの家庭でも共通しているのは「クリーニング業者を呼ぶほどではない」という感覚からハウスクリーニング未体験の顧客が多いものです。 そのため最初は 無料や割引料金の提示・部分清掃などお試しのサービスを打ち出し、クリーニングサービス体験してもらう事が必須と言えるでしょう。 またハウスクリーニングに依頼する顧客は以前にも他業者で依頼していた経験がある人が多いので、自分に依頼してきたという事は前の業者に何か 不満が募ったケースもあります。 その不満を聞き出し、 それを満たす仕事をしてあげることは次回の仕事の受注にも繋がります。 特にお年寄りはクリーニング以外の仕事を頼んでくる事も多く、この仕事は御用聞きの一面もありハウスクリーニング業は顧客の信頼を得る事が大切です。 顧客との信頼関係が構築できれば、掃除以外の仕事を任される事もあるでしょう。 またハウスクリーニングのターゲットは単身世帯よりは、 高齢・ファミリー世帯です。 若年層はハウスクリーニングに依頼するという発想自体が頭にありません。 ファミリー世帯では共働きの人もいれば高齢の人・小さいお子さんがいる人・主婦でも掃除が嫌いな人・ハウスダスト等で清掃が難しい人・素人の清掃ではどうにもならない状態になってしまった場合等、色々なケースが想定されます。 またハウスクリーニング業の リピート率というのは他業種と比較しても高いと言われています。 掃除は定期的に必要であり、一度そのハウスクリーニングの仕事や料金設定に満足した顧客はリピートする確率が高いです。 高齢者や主婦顧客であれば、その 口コミから受注を見込みやすいといったメリットもあります。 大手と差別化をするには? 大手サービスを見るとエアコンクリーニングやフロアクリーニング・キッチンクリーニングなどサービスが区分けされ提供されている事も多いかと思います。 しかしその殆どが技術料と人件費として成り立っており 資材コストはその内の僅かでしかありません。 大抵のハウスクリーニング業者の資材コストは売上げの10%以下。 価格競争に巻き込まれる恐れはあるものの、まだまだ低価格での提供余地はあると思いますし、大手が提示している金額よりも 割安に作業を行う事が出来る筈です。 また個人開業でハウスクリーニングを考えるのであれば 専門分野を作る事が考えられます。 例えばキッチンのクリーニング専門や風呂場専門・床面のクリーニングなどその専門性に特化して仕事を請け負うこともあります。 浴室1つを取ってもカビ汚れは素人では除去できないケースも多かったり、風呂釜のパイプは水垢や髪の毛が密着している事も多いものです。 依頼者の中には作業が困難という人の他にも時間がない・作業が面倒等の理由でクリーニングを依頼したい人もいるでしょう。 特に油汚れが取りにくいキッチンや分解が必要なエアコンなど、 素人が掃除する事が難しい専門分野に的を絞りPRしていく事が効果的です。 また一般家庭のクリーニングだけではなく オフィスのクリーニングも検討できます。 ご存じの通り現在のオフィスでは様々なOA機器を設置しておりそのクリーニング方法も様々。 機器や家具の種類により洗浄方法も異なる為、それに応じた 洗浄技術やノウハウが必要になり、OA機器やブラインド・ローパーや天井など部位に応じた洗浄が求められます。 またオフィスは主に土日祝にクリーニングを依頼する傾向がある為、ハウスクリーニング開業を副業的に考えている人でも検討できます。 ハウスクリーニングと不動産業者 ご存じの方も多い通り、ハウスクリーニング業者が多くの顧客を掴めるパートナーとして 不動産業者があります。 不動産業者は 管理物件をかなり抱えていますし、入居者が退去すると 原状回復工事が必要になります。 主にはクロスの張り替えや清掃がメインになってきますので、ここに食い込めれば収入は安定します。 賃貸市場は1~3月が繁忙期・また清掃業は 年末の11~12月が繁忙期になりますので、秋口から冬の終わりにかけて集中して営業をかけていく事になります。 しかし当然に不動産業者には既に 提携先業者がある事が普通ですので、既存の提携先よりも大きな差別化や低価格サービスを打ち出した内容で営業をかけなければなりません。 価格帯を他社より安くしたりクロス単価を引き下げる・引っ越しの一部を請け負う・アパマンだけではなくテナント清掃等も請け負う等、色々とアイデアを考える必要があります。 また不動産屋に限って言えば不動産屋は3種類あり、 FC系・大手・地場の不動産屋などがあります。 ですが大手やFCほどハウスクリーニングの依頼の単価が安く、管理物件を抱えず仲介専門の場合が多い事や、自社でハウスクリーニングのシステムが既に確立されている事も多いです。 ですから地場の不動産業者と懇意になって仕事をもらい幾つも掛け持ちする形が一番稼ぎ易いようにも思います。 個人が不動産業者とパイプを持つ事は中々難しいですが、繋がりが持てればハウスクリーニング業として 収入は安定しやすくなります。 ハウスクリーニングの開業・独立まとめ ハウスクリーニング開業について書いてみました。 ハウスクリーニング業界というのは他業種と比較するとまだまだ独立者が少ないように感じます。 もちろん簡単に稼げる業界ではなく、やはり競合が多過ぎるという点・ノウハウが周知されていない事・肉体労働であるという事が、独立希望者がイマイチ増えない理由の1つにもあると思います。 個人がこれから参入していくのはハードルも高いですが、やり方次第ではまだまだ需要は掘り起こせるかと思います。 興味がある方はまずどこかの会社に入社をし技術・ノウハウを吸収する事から検討してみるのも良いのではないでしょうか。 それでは今日はこの辺で。

次の