開業医 借金。 開業医の年収事情

やっぱり開業医は儲かる?まあ、普通は儲かっていると思われていますけどねえ・・・。|五本木クリニック院長ブログ

開業医 借金

新型コロナウイルスの影響は、開業医の方の経営状態にも重大な悪影響をもたらし、直接的にはコロナと関係のない医療機関であっても、受診を控える患者が増えたことにより、来院者数が大幅に減少したケースが多く見られます。 こうしたケースでは、従業員の雇用の維持を含めて、固定費の支払いが重くのしかかっていることでしょう。 コロナ禍で売り上げが落ち込んでしまった場合には、国の助成金制度や、政府系金融機関などからの融資を利用することができます。 この記事では、開業医の方も利用できるコロナ関連の助成金・融資について紹介します。 <雇用調整助成金> 雇用調整助成金は、休業に伴って売り上げが減少した事業主が、従業員の雇用を維持することを支援するための助成金制度です。 休業期間中に従業員に対して支払った給料や休業手当の金額について、国から助成を受けることができます。 新型コロナウイルスの影響拡大を受けて、従来からあった雇用調整助成金の制度が大幅に拡充されました。 2020年6月12日付の発表では、特に中小企業に対する助成内容が大きく拡大されています。 具体的な内容は以下のとおりです。 該当する開業医の方は、漏れなく申請を行ってください。 <日本政策金融公庫の特別貸付> 助成金だけでは経営維持が厳しいという場合には、まとまった運転資金を得られる特別融資の活用も検討しましょう。 日本政策金融公庫では、通常の融資枠とは別枠で、6,000万円を上限として特別貸付を提供しています。 この特別貸付には、当初3年間に限り優遇金利が適用され、かなり低利子で運転資金を借り入れることができます。 また、売り上げが一定以上減少するなどの要件を満たす事業主には利子補給が行われ、当初3年間は実質的に無利子での借り入れが可能となっています。 まとまった運転資金を得る必要がある開業医の方は、利用を検討してみてください。 <商工中金の特別貸付> 商工中金(商工組合中央金庫)でも、日本政策金融公庫とほぼ同じ条件で特別貸付を行っています。 商工中金による特別貸付のメリットとしては、貸出限度額としてかなり大きな金額が認められていることが挙げられます(中小企業の場合、貸出額の累計20億円以内、残高3億円以内)。 日本政策金融公庫による貸付だけでは運転資金が不足するという場合には、商工中金の特別貸付も併せて利用することをおすすめします。 まとめ これまで紹介した各助成金や融資は、目的や金額規模がそれぞれ異なります。 雇用調整助成金・持続化給付金については、要件を満たす場合には無条件で行われる現金給付ですので、要件を満たしている場合には必ず申請しましょう。 一方で、医療機関の売り上げは規模が大きいことも多く、助成金の金額規模では賄いきれないケースも多く想定されます。 そのような場合には、日本政策金融公庫や商工中金の特別貸付は、通常時では考えにくいほどの好条件で提供されていますので、助成金との併用を検討されることをお勧めします。 借金を負担することにマイナスイメージを持つ方もいらっしゃると思いますが、まとまった運転資金を得られることは、コロナの影響を度外視しても、医療機関の経営上プラスといえます。 今回ご紹介した、助成金や特別融資を活用して、100年に一度とも言われる困難を乗り越えていただければ幸いです。

次の

『無借金クリニック開業の教科書』① 【50~60代の例】 〜非常勤勤務も併用しよう!編〜|森田 洋之|note

開業医 借金

35歳歯科医師です。 借金をして開業するか、このまま勤務医で定年まで過ごすか悩んでおります。 収入は年1500万程いただいており、そこそこ満足しておりますが、せっかく歯科医師になったため、理想の歯科医院を開業したい思いもあります。 新規開業のためもちろん借入はしますが、定年なく働けること、やりたい歯科医療が提供できること、働き方も自分で決められることは魅力に思います。 歯科が過剰とはよく言われますが、地方には歯科が不足している地域も少なくなく、そこはあまり重要視しておりません。 また開業後の収入に関しても、節税ができることを考えても世間が言うほど悪くないように思います。 開業するなら早ければ早いほど良いと思いながら35になってしまいました。 40までには決意し、実行したいと考えつつも、多少の不安迷いもあるのは事実です。 開業してよかったこと、後悔したこと、歯科だけでなく医科の場合でも構いません。 教えていただけると幸いです。 歯科の勤務医で年収1500万円もらっているというのは、随分稼いでいますね。 きっと、腕が良い歯科医師なんでしょう。 歯科診療も好きで前向きな感じがします。 開業して自分の考える診療をできたら充実すると思います。 40歳での開業でも遅くないですよ。 でも、30代のうちに開業できたら楽だと思います。 開業して良いのは、拘束感が無いことです。 私は勤務医時代、勤務が嫌でしたが、開業したら拘束感が無くストレスが無くなりました。 また、経済的に豊かになりました。 年収が随分増えました。 そして、いろんな出費を経費扱いできるので「財布が2つ」になります。 大変なのは、まず資金繰りです。 世間で言うより上手く運営している歯科医院が多いのは事実ですが、上手くいかない医院も、やはりあります。 「勤務時代は不満が生じ、経営者となると不安が生じる」という言葉もありますように、不安がいつもあります。 病気になると診療報酬が無い上に、給与は払い続けなければなりません。 事務仕事は多くなります。 経理・確定申告は税理士にお願いするとしても、仕訳は理解できた方が良いです。 また、貸借対照表・損益計算書から経営状況を把握できる必要があります。 スタッフの社会保険、労災・雇用保険、年末調整、退職時に渡す離職票など、することは沢山あります。 スタッフ間の人間関係の問題も頭が痛いです。 知り合いが30代前半で歯科の開業をしました。 開業した地域はいわゆる僻地で、後継ぎ不足で歯科がほとんどない地域でした。 当初は不安がありながらも今ではスタッフ20名近く雇うほどになったといいます。 しかも周りから感謝される。 こんな職業はほとんどありません。 後悔したこと?ないと言ってます。 どこかの記事ゃ回答者がワーキングプアとか言ってますが、 それは主に都市部の話であって田舎では歯科不足が深刻な場所さえあります。 収入も悪くありません。 一部の偏見的な報道に惑わされないで下さい。 都市部ならばテナント料、人件費が高いのは当たり前のことであり、ユニットが少なければ収入が得にくいのは至極当然のことです。 長くなりましたが理想の歯科医院の開業頑張って下さい。 勤務医だと使いたい材料、新しい機器などが使えないのがデメリットです。 メリットはスタッフとは仲良くでき経営者を悪人に仕上げられます。 開業すると新しい機器、材料は好きなだけ買えます。 セミナーも経費で。 デメリットはスタッフとの衝突です。 勤務医の時には気にならなかった細かいことが気になります。 仕事出来ないのに給料、ボーナスを平気であげるように言ってくる人、患者のクレーム、特にグーグルなどの口コミサイトで悪口言われたり。 スタッフへの悪口も自分の病院の評価になります。 開業医は死ぬ気でやってますがスタッフはあくまで腰掛けですから意識が全く違います。 下手すれば朝一番誰よりも朝早く出勤して帰りも一番最後。 治療してスタッフマネージメント、経営、 雑務など勤務医の仕事の3倍にもなります。 しかし、給料は勤務医より少ない。 もしサラリー1500万が65歳程度まで続けられる保障があるのなら、勤務医を続けた方が絶対的に有利です。 前々回の医療経済実態調査では歯科診療所の損益差額は1180万、前回の調査では1230万です。 サンプル抽出バイアスがあるので、平均損益差額が約1200万と判断して、それに掛かる税金社会保障料は、給与所得控除がない分サラリーマンよりも税金が高く、450万ほど掛かります。 その後、サラリーマンでは保障されている年金を100万ほど積立て、修繕費用、再設備投資を100万積み立てると、手取りの残りは550万になります。 新規開業医はここから借入金を返済する必要があります。 借金3000万を20年で借りたとするのなら、金利を考えずとも年間150万の返済が必要です。 そうなれば手取りは340万しかありません。 大変苦しい生活になります。 特措法の節税があるとは言っても、歯科は皮膚科やメンタルクリニックとは違い、経費率が高いので、節税効果はそれほど多くはありません。 統計からすれば、特措の利用よりも実質経費のほうが有利なくらいですので、手取りを増やす効果としては100万程度が一杯でしょう。 更に最頻値で考えれば、歯科クリニックで最も多い損益差額層は年収1000万以下です。 現実は上記試算よりも、より厳しい事になります。 現在の給与が歯科医にしてはかなり高いほうの層に入りますので、基本的には滅茶苦茶高い開業リスクを負うべき合理性はありません。 青い鳥は求めないほうが良いでしょう。

次の

歯科関係者の方へ質問です。 歯科医院開業か勤務医を続けるか。 夫(41歳)が現在一人で分院長を勤めている歯科医院があります。 給料は歩合、総支給で55~65万 手取りが45~55万位です。

開業医 借金

ご主人が開業準備を始められたとのこと。 歯科開業に比べれば、まだまだ有利な医科でいらっしゃるので、私の話は不要かもしれませんが、ひと言だけ。 ホントウに大変です。 開業準備段階から、開業にかけての2年程、毎日2時3時まで明日の準備に追われるという殺人的スケジュールを泣きながらこなしました。 もちろん主婦ですので、家事と子供の世話付きです。 実母にもかなり助けてもらいました。 そんな状態で主人とケンカしても、スタッフらにはそんな様子見せられませんし、なんともない顔して働く働く働く。 出入り業者さんとの大事な打ち合わせから、誰がするか分からない雑用まで一手に引き受け働く働く働く。 以前小町で見かけた意見ですが「開業医の奥さんなんて、ちょっとした相撲部屋のおかみさんみたいなもの」という書き込みに、大変共感しました。 開業でより絆を深める夫婦。 開業で大きな溝が出来る夫婦。 いろいろ耳にしますが、できれば前者でありたいと今も日々奮闘中です。 ユーザーID: 8139215622• 医療経営の世界については素人なのでよくわからないのだけれど、 自己資本がなくても何とかなるものなのでしょうか? 医療機器メーカーや医薬品メーカーに出資もしくは融資させるという方策が日常的に行われているのかどうかわからないのですが、一般社会での感覚から言うと、自己資本も出せない青二才が開業できるほど生易しくはないと思いますよ。 儲かっているイメージの強い歯科医院の開業医でさえ、少子化の影響で経営が厳しくなってきているようで、平均所得に均すと一般サラリーマンと大して違わないようですから、金融機関からの融資も従来よりも厳しくなっていると思いますね。 そのようなことを考えると、旦那さんが開業を準備しているのであれば、それなりの資産を隠し持っているのではないかと思いますよ。 もし十分な資本を用意できないのであれば、計画自体に無理があるわけですけど、いくらなんでもその程度の段階はクリアしているのではないかと思います。 トピ主さんも頭ごなしに反対しようとせず、経営計画を聞いてみてはどうですか? 経営計画を紙に書けないようであれば、大した段階ではないですし、本気ではないかもしれません。 ユーザーID: 3589460926• ふたつのローンを同時に組む 30歳代で親の医院を継いだ、継承開業医です。 新規開業はなかなか厳しいですよ。 「それなりに流行る事」を考えるなら、それなりに流行っている高齢開業医の医院を継承するという方法がありますが、人事的に面倒な事が多いです。 全くの新規開業はよほど医師不足の地域・科でない限りは厳しいと思います。 調べれば調べる程、新規開業は厳しい事を分かると思いますので、好きなように情報収集させてあげれば良いと思います。 それと、変な「医療コンサルタント」みたいなのに引っかからないように注意してあげてください。 科や地域、開業形態にもよると思いますので、そこらへんを詳しく書いていただければ、もう少し詳細なアドバイスも出来ると思います。 ただ、正直な気持ちとしては、旦那さんの夢を支えてあげて欲しいとは思いますが。 ユーザーID: 4466323995• 頑張って 「がんばれ! 猫山先生」という漫画は、もうお読みになったでしょうか? 私がかかっている産婦人科の先生がお描きになった漫画です。 主人公の猫山先生が開業予定としている場所は、知っている人なら「実際の様子そのまんま描き過ぎで、大丈夫?」と思うくらい現実に近いので、その他の部分も現状に近いのかなと想像しています。 旦那様がどの程度本気で情報収集していらっしゃるか分かりませんが、 電柱の看板にも莫大な金がかかってるとか、今まではボーナスを貰っていたけどこれからは出す側になるとか、「なるほどー」と気づかされる場面がありました。 開業コンサルタントに半ば騙されて開業に向かう猫山先生… 旦那様も「先生のために働かせていただきたい!」なんてコンサルタントにまんまと乗せられていませんか? 医師と薬剤師だと、経営方面は弱いと思うので、まず反対のトピ主さんが勉強をはじめてもいいかもしれませんね。 そのうえで、論理的に科学的に考えて開業が無理だという説明なら、旦那様も納得すると思います。 でも、一度、失敗して勉強するつもりで開業しても、30代ならやり直せるので、チャレンジしてみてもいいかもしれませんね。 ユーザーID: 7187411156• 医院の開業は難しいといいますが 一例としてご参考にしてください。 40代前半の内科開業医です。 開業の意思が全くなかった時、数千万円の借金をして2世帯住宅を建てました。 その後、諸般の事情から開業を決意。 まだ借金はほとんど残っているし、当然自己資金なんてほとんど0です。 それでも、3つの銀行(自宅のローンを組んでいた大手都市銀行と、地元の地方銀行2行)が一億超の融資を引き受ける、と言ってくれました。 担保は、自宅を2番抵当にいれてとのこと。 融資担当者曰く、「(土地などの)担保はなくても、事業計画がしっかりとしていれば、信頼を担保にできます」 結局、一番条件の良かった地元地銀から融資を受け、4年前に開業しました。 妻は元の勤務先の看護師でしたが、開業後退職し、今は子育て(開業後、2人子供ができました)と病院の会計担当をしてもらっています。 天の利、地の利、人の利を得て、現在本業は大きなトラブルもなく順調にいっています。 収入は、勤務医時代の3倍ほどですが、もちろんそこから借金を返済しているので、まだまだ気を抜くわけにはいきません。 続く ユーザーID: 0002361768• 知り合いの医師が一人で開業しています。 自己資金があったからこそですが。 設備等すべて自己が管理ですから、そうとう大変そうです。 支払いには働きずめで疲れが蓄積して効率が落ちると言ってます。 疲労がない程度だと月のローン、リース代に追いかけられるそうです。 勉強会にもいかないと日進月歩の世界なのでそれにも行かないと。 結構大変そうです。 もう一人は海外で開業してますが、仲間を何人もつのってビルを1つ借り切っていろいろな科を1つの建てやでやっているそうです。 日本とは少しシステムも違うのでこれは参考までに。 とにかく自己資金がものをいうと思います。 借り入れが多いとすごい大変なのが商売です。 スタッフと煩わしいのなら患者さんとはもっとすごいとは思います。 よく話合われて、失敗例をなるべく沢山集めてリスク管理意識をしっかりもてたらいいですね。 自分だって感染症にかかりますので、その間は無収入にも匹敵しますから。 これが一番のリスクでしょう。 出入りの人が持ってきますから。 ユーザーID: 8749822995• 医院の開業は難しいといいますが2 ここ数年、周りに開業医が増えています。 その中で、自分の近くの新規開業医、同じ医局の同僚など見まわすと、開業に失敗したのは、1人だけです。 彼は自分で開業したのではなく、いわゆる雇われ院長の立場で開業医になったわけでしたが、雇用していた方(確か歯科医)が放漫経営のためつぶれたため、と聞いています。 一般の起業に比べ、融資面では医師はまだまだ優遇されています。 理由は、開業に失敗しても、勤務医に戻ればなんとか借金返済が可能だからだと思われます。 銀行以外にも医師会や医師協同組合など、融資を引き受けてくれる機関がたくさん存在します。 確かに都市部での開業は、競争が激しく損益分岐点に到達するまでにかなり時間がかかる、もしくは撤退を余儀なくされるという話を聞きますが、まだまだ地方では、医師の少ない土地はたくさんあります。 場所さえ慎重に選べば、十分成功が見込めると思います。 私も開業を迷っているとき、既に開業して成功していた、高校時代の同級生に「お前なら絶対成功する、頑張れ」と後押しされて開業を決意しました。 ぜひ奥さんもご主人を奮い立たせてあげてください。 ユーザーID: 0002361768• ビル開業とか この時代に開業なんて、親が沢山援助してくれるとかでもなく、貯金や土地があるわけでもないのならやめた方がいいと思いますよ。 やろうと思ってる地域とご主人が何科なのかにもよりますが。 今どきの病院で儲かってるところなんて、本当に少ないですよ。 色々と昔とは変わってますから。 開業医が美味しい時代はとっくに終わってます。 地域に奉仕する気持ちが強く、勤務医の時とは違う苦労を背負う覚悟があるのでしたら開業もいいと思います。 トピ主さんは調剤に入るんですか?調剤も開業するんでしょうか?院内処方? どちらにしてもトピ主さんも大変だと思います。 また、帳簿のどうしても見せたくない部分は奥さんがやる事が多いので(会計士も雇うとは思いますが)、やる事一杯ありますよ。 頑張ってください。 としか言いようがありません。 気の利いた言葉が出なくてすみません。 ユーザーID: 6656762933• うちも準備中です たぶん、ご主人の同期が続々と開業される年代になりますから、それに刺激 されたのでしょう。 科によって、また、テナントか新築か、都市部か、、と色々と条件によって 開業資金の高低差があります。 普通に考えれば、給与を貰える立場になって少なくとも10年以上、最低1000万円 多ければ、2〜3000万円の貯蓄があってもおかしくないです。 勤務医であろうと開業医であろうと、今の金銭感覚ではダメです。 もし今子供が生まれても、お二人が60歳以上まで扶養することになります。 教育費もそれ相当必要です。 車、旅行、株、それら全てを止めろとは言いませんが、今後5年間で最低1000万円の 貯蓄をする生活をしてください。 ユーザーID: 2983612331• ありがとうございます 仕事柄、いろいろな開業医の先生方と接しています。 概ね言えるのは、 ・成功しているのは常に穏やかで丁寧な先生。 人脈があって新しい情報を取り入れるようにしているので、わからないことを聞いても的確に教えてくれる。 ・逆に経営が厳しいのは気分ムラが激しく、落ち込みやすい先生。 ひとりよがりの傾向があり、知識が一昔前で止まっていることが多い。 ・ビル開業される方はお坊ちゃま気質な先生が多い。 気楽に開業できる分、患者さんが居着かない傾向も? 開業医は自営業ですので、どれだけリピーターを増やせるのかが成功の鍵になるのだと思います。 ご主人は検診センターを検討されているようですが、初期投資がすごくかかるわりにリピーターの確保が難しいかも。 また病理所見に自信がなければ、うっかり見落として裁判に…ってことにもなりかねず、リスキーな選択に感じます。 私がもし勤務医で子供嫌いでないなら、内科小児科を標榜して小児医療費無料の地域で開業します。 代替わりなどで小児医療が手薄な地区で開業すれば患者さんは必ずいますし、親子三代診ればその分利益にもなります。 ユーザーID: 8684048445.

次の