シフト作成 エクセル テンプレート。 無料でシフト管理?エクセルで作成する方法からシステムまでご紹介!|ITトレンド

エクセル関数でシフト表を自動作成する方法|無料テンプレートダウンロード可能

シフト作成 エクセル テンプレート

見やすくきれいなパターン登録型シフト表 勤務パターンがA勤、B勤とか早番、遅番のように固定のシフト時間パターンが決まっている職場向けのシフト表です。 1カ月分を表示するシフト表です。 勤務パターンの区分名称は自由に設定でき、18種類の勤務パターンを作成できます。 18種類も勤務パターンがあれば十分ですね。 個人別に1カ月の出勤日数合計と、総勤務時間が表示されていますので、シフト作成時にそれらを参照しながら、勤務日数や総労働時間を調整可能です。 勤務パターンでシフト表を作成する際に、出勤日数計算や総勤務時間計算をしてくれるテンプレートは少ないので、なかなか便利で秀逸なテンプレートだと思います。 それぞれの従業員のシフトへ日別にメモ欄が用意されていたり、10人用、20人用、30人用と3サイズのテンプレートを用意しているところなど、細かな気遣いがうれしいです。 シフト表の使い方 勤怠の締め日に合わせて開始日を設定できるとは恐れ入りました。 html そのほかのシフト表テンプレート• 2020年6月17日• 2020年6月9日• 2020年6月2日• 2020年5月23日• 2020年5月2日• 2020年4月11日• 2018年12月29日• 2018年12月18日• 2018年2月24日• 2018年2月22日• 2018年2月20日• 2018年2月19日• 2018年2月17日• 2016年1月30日• 2015年4月11日• 2015年4月6日• 2014年9月6日• 2014年9月6日• 2014年7月26日• 2014年7月26日• 2014年7月26日• 2014年7月26日• 2014年7月26日• 2014年7月26日• 2014年7月26日• 2014年7月26日• 2014年7月24日• 2014年7月21日.

次の

Excelで作る「シフト表・勤務表」無料テンプレート

シフト作成 エクセル テンプレート

2019年4月現在、無料版は 累計約3万回ダウンロード、有料版及びカスタマイズ版も50を超える事業所でご利用いただいております。 ありがとうございます。 Excelで簡単便利に月間のシフト表・勤務表を作るための無料テンプレートです。 人数22名以下、シフト数15以下の勤務表ならカスタマイズ無しですぐに使えます。 レイアウトを大幅に変更したVersion2. 00を公開しました。 また、従業員数と勤務パターン数を40まで増やし、人件費や労働時間も集計機能などを実装した、有料版のシフト表をリリースしました。 シフト表のカスタマイズも行っており、シフト表作成の効率化だけでなく、残業指示・残業許可申請といった勤怠管理も含めた業務効率化に成功しております。 ぜひ、シフト表作成の効率化をご検討いただければと思います。 シフト表を作る事で、時間別・日付別の人数集計もできます。 また時間帯別の人数集計も把握できます。 配置にバラつきがないか?休日に多く配置できているか?といった確認が簡単にできます。 このテンプレートは無料でお使い頂けますが、貴社向けにカスタマイズして欲しい。 操作方法を詳しく教えて欲しいといったサポートは有償での対応になります。 以下のようなカスタマイズ事例があり、製造業はもちろん、レジャー施設、介護施設、保育園、ホテル・ウェディング施設などで導入いただいております。 勤怠管理(残業計算)と連携できるようにして欲しい。 行事予定などを複数行入れられるようデザインを変更して欲しい。 基本勤務パターンで一括作成できるようにして欲しい。 (100名まで)• 時間帯チャートを部署ごとにわけて表示できるようにして欲しい• 時間帯チャートでの表示順を始業時刻順にして欲しい。 時間帯チャートを15分単位にして欲しい。 24時間営業に対応して欲しい。 1日2回勤務の場合も時間帯シートでチャート表示して欲しい。 社員名と時給単価を設定し、シフトを組む段階で人件費が把握できるようにして欲しい。 人数やシフト名(勤務パターン)を増やして欲しい。 休憩時間は違う色でチャート表示して欲しい。 手当の計算に使いたいので、特定のシフトの回数(夜勤とか)を集計して欲しい。 個人毎にプリントアウトできるようにして欲しい。 カスタマイズ事例を動画で見る!! 当テンプレートを使って、シフト表を作る方法を簡単に解説します。 特に難しくはないと思いますが、サンプルシートを参考にして色々いじってみるとわかりやすいと思います。 このテンプレートは、5つのシートで構成しています。 初めてお使いになる場合は、シフトの設定を行って下さい。 シフト名と時間、従業員氏名を設定しておきます シフト名シートをクリックし、シフト名、始業時間、終業時間、労働時間、休憩時間を入力して下さい。 時間は時間別のチャートに必要なので、必ず半角で24時間形式(例17:00)で入力して下さい。 休憩時間は特に集計していないので無くても構いません。 あくまでシフトを組んだときに、ざっくり労働時間や人件費を把握するための時間管理です。 厳密な勤怠管理ではありませんのでご承知おきください。 また、 従業員の氏名は、「シフト作成」シートに入力して下さい。 これで準備は完了です。 開始年月日を指定します シフト表を作る前に、まず開始日の設定をします。 この指定でカレンダー部分を作る事ができます。 年、月、開始日を数字だけ入力して下さい。 2016年9月1日から9月30日までの勤務表を作る場合、年に2016、月に9、開始日に1と数字だけ入力して下さい。 勤怠締日にあわせて作る事もできます。 例えば、15日締めの場合は、開始日を16と入力してもらうと、16日から翌月15日までの勤務表を作る事ができます。 シフト表はシフト名をリストから選択するだけ 基本的にシフト作成シートより、シフト名をリストから選択するだけで作成できます。 シフト名の上のセルには、ちょっとしたコメントを入力できるようになっています。 ちょっと早く来て欲しい、この日は本社で会議がある、といったコメントを入力すると便利です。 従業員の増減がある場合は、シフト作成前に変更して下さい。 勤務表を印刷します シフト入力シートを印刷して壁に貼る。 といった使い方を想定しています。 ページ設定を確認して印刷して下さい。 ページ設定の調整を行いたい場合は、以下のページを参考にしてみて下さい。 集計表の作り方.

次の

シフト表エクセルテンプレート

シフト作成 エクセル テンプレート

操作手順 基準パターン決め まず、それぞれの勤務時間帯にパターンを割り振ります。 例えば、早番(8時〜13時)はA、普通番(10時〜15時)はB、遅番(12時〜17時)はC、と決めます。 これにより、それぞれの勤務時間帯に何回勤務したかを自動計算させることができます。 リストで入力の効率化 シフト表内に、勤務時間帯のパターンを入力します。 セルに直接入力せずに一覧から選べるようにする機能「ドロップダウンリスト」を使用しましょう。 まず、ドロップダウンリストをつけたいセルを範囲選択します。 [ データ- データの入力規則]からダイアログボックスを開きます。 [ 設定- 入力値の種類] を[ リスト]にします。 [ ドロップダウンリストから選択する]にチェックが入っていることを確認し、[元の値]の空欄にカンマで区切りながら項目を入力します。 [OK] をクリック後、セルにリストが設定されたか確認をしましょう。 COUNTIFを用いた集計 勤務時間帯パターンの合計を出すには[COUNTIF] 関数を使用します。 [数式]- [ 関数の挿入] より、「COUNTIF」を選択。 検索範囲のセルをドラッグして[ 範囲] の指定をします。 計算対象となる文字列を入力したら[OK] をクリックします。 勤務合計時間 最後に、勤務パターンの合計と勤務時間を掛け算・足し算で計算します。 [ 条件付き書式] を利用すれば、規定の合計勤務時間をオーバーした時も色づけして確認できます。

次の