ニュース速報 5チャンネル。 【辛坊治郎】※衆院選 最新ニュース速報!! 若狭勝の負けは決まっていた!? 辛坊治郎が徹底解説!!

【辛坊治郎】※衆院選 最新ニュース速報!! 若狭勝の負けは決まっていた!? 辛坊治郎が徹底解説!!

ニュース速報 5チャンネル

youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube.

次の

【辛坊治郎】※衆院選 最新ニュース速報!! 若狭勝の負けは決まっていた!? 辛坊治郎が徹底解説!!

ニュース速報 5チャンネル

沖ノ鳥島の排他的経済水域内で、海洋調査を続ける中国に日本政府が抗議したことに対し、中国政府は「島ではなく岩だ」と主張しました。 中国外務省・華春瑩報道局長:「(海洋調査の)理由は簡単です。 とても簡単です。 国連海洋法条約に基づけば、沖ノ島礁は『岩礁』であり『島』ではないからです」 中国外務省は会見で沖ノ鳥島は「岩」だと主張し、「排他的経済水域や大陸棚を有するべきではない」としました。 さらに、中国船の調査は「公海における調査権の履行であり、日本の事前許可を必要としない」と述べました。 中国の調査船は沖ノ鳥島の排他的経済水域内で日本側の抗議にもかかわらず、同意を得ないまま活動を続けています。 濁流による堤防の決壊、家屋の浸水といった被害も出ており、多くの住民がボートやいかだに乗って避難している。 中国政府によると豪雨による死者・行方不明者は少なくとも141人に上り、7月だけでも1500万人近い人々が避難を余儀なくされている。 経済的損失も甚大だという。 400以上の河川で水位が警戒レベルを超え、一部の河川では過去最高の水位を記録。 当局によると、記録的水位が確認された期間には長江流域において1961年以降で最大の平均雨量が記録された。 ノルウェー非営利団体EATが16日、食習慣と健康、気候変動の因果関係を分析して出した報告書「より良い未来のための食習慣」によると、地球に暮らす77億人のための食料生産は気候変動を招く世界の炭素排出の4分の1を占める要因だ。 うち40%は家畜飼育、残飯、稲作、肥料使用、農地造成、山林伐採などに起因する。 報告書によると、20カ国・地域(G20)のうち1人あたりの食料消費による温室効果ガス排出量が地球の限界以内である国はインドとインドネシアだけだった。 以下略全文はソースヘ 中央日報日本語版2020. 関係者によると、枝野氏は合流後の新党名を巡り、投票など民主的手続きで決めるべきだとした国民の玉木雄一郎代表の主張に難色を示し、立民側から示した条件の変更に応じない意向を表明した。 玉木氏が求める合流前の消費税減税に関する協議も否定した。 枝野氏は会議で、党名を投票で決めるのは考えられないと指摘した。

次の

5ちゃんねる(a.bbi.com.tw、旧2ちゃんねる)掲示板

ニュース速報 5チャンネル

沖ノ鳥島の排他的経済水域内で、海洋調査を続ける中国に日本政府が抗議したことに対し、中国政府は「島ではなく岩だ」と主張しました。 中国外務省・華春瑩報道局長:「(海洋調査の)理由は簡単です。 とても簡単です。 国連海洋法条約に基づけば、沖ノ島礁は『岩礁』であり『島』ではないからです」 中国外務省は会見で沖ノ鳥島は「岩」だと主張し、「排他的経済水域や大陸棚を有するべきではない」としました。 さらに、中国船の調査は「公海における調査権の履行であり、日本の事前許可を必要としない」と述べました。 中国の調査船は沖ノ鳥島の排他的経済水域内で日本側の抗議にもかかわらず、同意を得ないまま活動を続けています。 濁流による堤防の決壊、家屋の浸水といった被害も出ており、多くの住民がボートやいかだに乗って避難している。 中国政府によると豪雨による死者・行方不明者は少なくとも141人に上り、7月だけでも1500万人近い人々が避難を余儀なくされている。 経済的損失も甚大だという。 400以上の河川で水位が警戒レベルを超え、一部の河川では過去最高の水位を記録。 当局によると、記録的水位が確認された期間には長江流域において1961年以降で最大の平均雨量が記録された。 ノルウェー非営利団体EATが16日、食習慣と健康、気候変動の因果関係を分析して出した報告書「より良い未来のための食習慣」によると、地球に暮らす77億人のための食料生産は気候変動を招く世界の炭素排出の4分の1を占める要因だ。 うち40%は家畜飼育、残飯、稲作、肥料使用、農地造成、山林伐採などに起因する。 報告書によると、20カ国・地域(G20)のうち1人あたりの食料消費による温室効果ガス排出量が地球の限界以内である国はインドとインドネシアだけだった。 以下略全文はソースヘ 中央日報日本語版2020. 関係者によると、枝野氏は合流後の新党名を巡り、投票など民主的手続きで決めるべきだとした国民の玉木雄一郎代表の主張に難色を示し、立民側から示した条件の変更に応じない意向を表明した。 玉木氏が求める合流前の消費税減税に関する協議も否定した。 枝野氏は会議で、党名を投票で決めるのは考えられないと指摘した。

次の