青森 県 コロナ 感染 者 数。 岩手県

県内の最新感染動向

青森 県 コロナ 感染 者 数

移動平均線を表示 データソースは厚生労働省による都道府県発表の転記。 土日祝日は検査をしていても厚生労働省に報告が行われず検査数「0」となる場合がある。 その際は休日分の検査数が判明すれば過去データを修正し、そうでなければ直近の平日に休日分も含めて検査数が加算される。 6月17日以降の東京都は医療機関における保険適用での検査人数も含む。 6月18日以降の兵庫県、6月21日以降の静岡県は民間検査機関での検査も含む。 その他の定義や注意事項は「全国の状況」のグラフ注釈やを参照。 武漢からの政府チャーター便帰国者、空港検疫、および神奈川県に停泊したクルーズ船の乗客・乗員は除く。 長崎県に停泊したクルーズ船は全国の状況には含むが長崎県のデータには含まない。 移動平均は後方7日移動平均値。 5月8日以降は都道府県の発表ベース、それ以前は厚生労働省が把握した個票を積み上げたもの。 データに更新がなかった場合は前日の数値を使用。 基準変更によって前日との継続性がない日は新規増減を0と見なし、グラフの色を変えている。 「検査陽性者」は原則として「入院治療等を要する者」「退院・療養解除」「死亡者」の合計と一致するが、確認中が含まれるため一致しない場合もある。 厚生労働省が訂正を発表したケース、発表がなくても誤記を訂正したと思われるケースは遡及修正した。 データソース:都道府県別の数字も含めて原則としてより。 ただし東京都のみから遡及修正することがある。 チャート描画:。 マップ描画:。 アイコン:。 更新履歴・ソースコード: よくあるご質問 Q. 年齢別グラフの死亡者・重症者がなくなっているのはなぜですか? A. 年齢別グラフの数字は全国版の数字(都道府県発表を厚生労働省が集計したもの)と異なり、厚生労働省での確認作業(突合作業)が完了したものがベースとなっています。 そのため従来から死亡者・重症者数の把握に遅れが見られていました。 従来は注記にこの旨を記載していましたが、都道府県発表の数字と混同されるケースが多かったため、現在は非表示としています。 途中で大きく累計値が増減しているのはなぜですか? A. データソースが変わったためです。 5月7日までは、都道府県から感染症法第12条に基づいて報告された感染状況を厚生労働省が精査した上で公式発表としていました。 5月8日からは都道府県が独自に発表した数字を積み上げる形で公式発表としています。 この基準変更によって前日との継続性がない日は新規増減を0と見なし、グラフの色を変えています。 また、検査陽性者数、死亡者数、退院者数、PCR検査人数に関してはこの他にも途中で集計範囲が変わったため同様の処理をしています。 具体的な変更内容や日付はグラフの注記をご覧ください。 PCR検査数などが日によって大きく変動しているのはなぜですか? A. 実際に数字が変動しているケースと、報告の遅れが原因であるケースがあります。 後者の場合だと、休日は都道府県や厚生労働省への報告が行われず数字が少なめに出る傾向があります。 休日分は後から訂正される場合と、直近の平日にまとめて報告される場合があります。 こうした曜日による変動要因をならすためにグラフには移動平均(後方7日間=その日を含む直近7日間の平均)を表示できるようにしています。 マイナスになるはずのない項目がマイナスになっていますが? A. 過去分のデータに訂正があった場合に起こります。 厚生労働省からは原則として最新分の累計数字のみが発表されるため、過去の数字に訂正が判明した場合、遡っての修正ではなく最新日のみ修正が行われます。 実効再生産数とは何ですか? A. 「1人の感染者が平均して何人に感染させるか」を示す指標です。 この数字が高いほど感染が急速に拡大していることを意味し、逆に1未満の期間が続けば「感染が収束しつつある」といえます。 平均世代時間は5日、報告間隔は7日と仮定しています。 リアルタイム性を重視して流行動態を把握するため、報告日ベースによる簡易的な計算式を用いています。 精密な計算ではないこと、報告の遅れに影響を受けること、陽性者が少ない都道府県では数人の差で大きく実効再生産数が変動する場合があることにご注意ください。 北海道大学大学院医学研究院・西浦博教授のモデルと監修を基にしています。 計算式の詳細はをご覧ください。 ただし、たとえば直近7日間の新規陽性者が1人でも1万人でも同じ「実効再生産数1」となる場合があります。 現在の感染状況を把握するには、陽性者数など他の指標もあわせてご確認ください。 重症の定義は何ですか? A. 発表数字が厚生労働省ベースだった5月7日以前は人工呼吸器装着または集中治療室(ICU)を重症と表記していました。 それ以降は都道府県の発表ベースであるため定義が異なる場合があります。 データが他社の報道と異なるのは何故ですか? A. 個別のケースによりますが、データソースの違い(厚生労働省か都道府県発表か)、集計締め切り時間の違い、または集計範囲の違い(クルーズ船や空港検疫を含めるか)などが考えられます。 データソースにはどうやってアクセスできますか? A. たとえば5月20日発表のデータはこちらを参照しています。 データやソースコードを自分のSNSやブログで使ってもよいですか? A. 商用・非商用を問わずご自由にお使いください。 著作権表示は「東洋経済オンライン」または「TOYO KEIZAI ONLINE」とします。 その他の具体的な基準はMITライセンスに準拠します。

次の

県内の最新感染動向

青森 県 コロナ 感染 者 数

ページ番号1027496 更新日 令和2年6月26日 更新履歴• 令和2年6月26日 を更新しました。 令和2年6月25日 を更新しました。 令和2年6月24日 を更新しました。 令和2年6月19日 、及びにを掲載しました。 令和2年6月8日 、、、を掲載しました。 県民の皆様へのお知らせ• Information on the Coronavirus• 各種イベント等の開催状況 各種イベント等の開催、または、中止の情報は、以下のリンク先をご覧ください。 事業者の皆様へのお知らせ• 知事から県民の皆様へのメッセージ 知事メッセージ• 岩手県にお住いの皆さまへのお願い 外出する際のお願い• 6月19日から、全ての都道府県との移動の自粛が解除されました。 マスクの着用や人との間隔の確保をお願いします。 帰ったら、手洗い・消毒・うがいなどの徹底をお願いします。 夏場は、屋外でマスクを外すなど、熱中症に注意願います。 施設(店舗等)・職場における感染対策の徹底• 施設(店舗等)には、「入場者の制限や誘導」「手洗いの徹底や手指の消毒設備の設置」等の取組をお願いします。 職場においては、在宅勤務(テレワーク)、時差出勤等、人との接触を低減する取組をお願いします。 思いやりのある行動と落ち着きを持った対応のお願い• 医療関係者をはじめ、県民生活に不可欠なサービスの提供に従事している皆さまに、感謝と思いやりの気持ちをもって対応を心がけていただくようお願いします。 県外からいらっしゃる方々に対し、落ち着きを持った対応を心がけていただくようお願いします。 【参考】 岩手県においでになる皆さまへのお願い 海外からお越しになる皆様へ 自宅等指定された場所で2週間待機していただくなど、 検疫の要請に従うようお願いします。 岩手県内で里帰り出産を希望される方へ• 【参考】東北6県の状況 5月8日以降、1か月以上にわたり新規感染者が確認されていませんでしたが、6月中旬に宮城県と福島県で報告がありました。 東北地方における感染者の確認状況(6月19日24時現在、単位:人) 県名 5月22日(金曜) 時点 5月29日(金曜) 時点 6月5日(金曜) 時点 6月12日(金曜) 時点 6月19日(金曜) 時点 27 27(0) 27(0) 27(0) 27(0) 岩手県 0 0(0) 0(0) 0(0) 0(0) 88 88(0) 88(0) 88(0) 89(1) 16 16(0) 16(0) 16(0) 16(0) 69 69(0) 69(0) 69(0) 69(0) 81 81(0) 81(0) 81(0) 82(1) 合計 281 281(0) 281(0) 281(0) 283(2)• ( )内は、新たに確認された感染者の人数です。 検疫所、米軍基地内での感染者は除いています。 各県の最新の感染状況は、ご覧になりたい県名をクリックすると確認できます。 遺伝子検査(PCR検査)等・相談状況 遺伝子検査(PCR検査)等実施件数 令和2年5月14日よりコールセンターを設置したことに伴い、区分を「コールセンター」と「各保健所等(県庁医療政策室・盛岡市保健所を含む)」に変更しました。 【帰国者・接触者相談センター】受付件数 区分 2月8日~ 6月18日 6月19日 6月20日 6月21日 6月22日 6月23日 6月24日 累計 コールセンター 1,160 20 21 19 25 22 29 1,296 各保健所等 (県庁医療政策室・盛岡市保健所を含む) 8,223 11 5 7 27 8 17 8,298 合計 9,383 31 26 26 52 30 46 9,594 主に「症状がある方からの受診等に関する相談」を計上 【一般相談】受付件数 区分 2月8日~ 6月18日 6月19日 6月20日 6月21日 6月22日 6月23日 6月24日 累計 コールセンター 661 9 2 5 9 10 6 702 各保健所等 (県庁医療政策室・盛岡市保健所を含む) 5,779 10 1 0 3 5 8 5,806 合計 6,440 19 3 5 12 15 14 6,508 「新型コロナウイルス感染症に関する疑問や心配事がある方からの一般相談」を計上 (注意)集計数に変更が生じる場合がありますので、ご了承ください。 新型コロナウイルス感染症に関する相談窓口 次の症状がある方は「帰国者・接触者相談センター」にご相談ください• 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合• 重症化しやすい方(注意)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合 (注意)高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方• 上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合 (症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。 症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。 解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。 帰国者・接触者相談センター(コールセンター)• 電話での相談を通じ、疑い例に該当する方を「帰国者・接触者外来」に受診させるよう調整を行うため、コールセンターを設置しています。 なお、聴覚に障害のある方をはじめ電話での御相談が難しい方に向けてファクスでも受付をしていますので、ご利用ください。 受付時間: 9時~21時(土日・祝日を含む) 電話: 0120-565653(フリーダイヤル) ファクス: 03-3595-2756 LINE公式アカウント「岩手県-新型コロナ対策パーソナルサポート」 令和2年4月30日、LINE公式アカウント「岩手県-新型コロナ対策パーソナルサポート」を開設しました。 新型コロナウイルス感染症対策本部 本部員会議• 岩手県新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針• 新型コロナウイルス感染症に関する県の対策• 岩手県新型コロナウイルス感染症医療体制検討委員会• 新型コロナウイルス感染症対策への寄附• 関連リンク• 添付ファイル 県が作成したポスターなどです。 ご自由にお使いください。 新型コロナウイルス感染症に関する岩手県からのお知らせを掲載したリーフレットを県内で配布しています。 新型コロナウイルス感染症に関する岩手県のお知らせを、6月13日(土曜日)の釜石新聞、14日(日曜日)の岩手日報、岩手日日新聞、東海新報に掲載しています。 新型コロナウイルス感染症に関する岩手県のお知らせを、5月10日(日曜日)の岩手日報に掲載しています。 新型コロナウイルス感染症に関する岩手県のお知らせを、5月2日(土曜日)の岩手日報、岩手日日新聞、東海新報、釜石新聞に掲載しています。 新型コロナウイルス感染症に関する岩手県からのお知らせを掲載したリーフレットを県内で配布しています。

次の

青森県が新型コロナ感染者数を隠蔽?公表しない理由とは?

青森 県 コロナ 感染 者 数

Contents• 岩手県のコロナウイルス感染者 4月13日現在、岩手県の感染者数は0人。 全国に感染が拡大する中、岩手県だけ0人というのは疑問があります。 コロナウイルスの感染者のうち70%以上が無症状ということもあり、 感染を自覚していないだけなのかもしれません。 岩手県のPCR検査の実施数 岩手県のホームページを閲覧してみると、PCR検査の実施数が書いてありました。 4月12日で 155件の検査を実施し全て陰性だったとのこと。 それでは隣の青森県の実施数を見てみましょう。 青森は検査の実施数378件。 青森県の人口124万人と岩手県122万人には差はほとんどありません。 東京都の1390万人に比べるとどちらも10分の1程度ではありますが、人口比率からしてもコロナウイルスの感染者の割合は凄く少ないのが分かります。 岩手県のコロナウイルス対策 岩手県では感染者を一人も出さないような取り組みが行われているのかと調べてみましたが、特にありません。 (バカにしているワケではありませんw) 県内では小学校や中学校が再開しています。 ただ、医療関係者は「いつ患者が出てもおかしくない」と意識を高めているようです。 「他地域への往来は控えていただくようお願いします」。 首都圏など7都府県に緊急事態宣言が出た7日、達増拓也・岩手県知事はコメントを出した。 感染を防ごうと、それ以前から首都圏からの来県者だけでなく、首都圏に1泊した県民に対しても2週間の外出自粛を要請してきた。 引用 感染者を出さない為にロックダウンならぬロックアップ?とでも言えば良いのでしょうか? まずは 他県から岩手県へ感染者を入れないように細かな対応を行っているようです。 岩手県で感染が拡大した場合 岩手県では重症患者が出た場合の対応できる病院が盛岡市立病院などあわせて9つの病院で、ベッド数は38しかありません。 万が一流行してしまえば、すぐに対応出来なくなってしまいます。 この危機感からも「絶対に感染者を出さない」という意識が高まっているのかもしれません。 全国的に感染者を流入させないことが終息への近道 日本も海外からの入国者に対して、2週間の外出の自粛を要請しています。 この取り組みを上手く実施しているのが岩手県でしょう。 感染が拡大している今、感染が判明した地域からの流入を防ぐことが肝心です。 県境に住んでいて、隣県へ仕事で行く方もいると思いますが、感染が判明した地域は地区規模で緊急事態宣言を出して拡大させない取り組みを行うことが出来れば、結果的に経済的な損失も少なくなるのではと考えます。 岩手県.

次の