シャドバ 進化 デッキ。 【シャドバ】進化ロイヤルで15連勝のデッキレシピ!進化ロイヤルもアディショナルの「白銀の閃き・エミリア」「流麗なる槍術士」で着実に強化されている?!デッキコードあり!

【シャドバQ&A】進化ロイヤル対策デッキ[No265274]【シャドウバース】

シャドバ 進化 デッキ

<役割>• スペルブースト&手札補充• クラークは相手の顔面を削る要員• ペインレスサムライを討ち取る 「知恵の光」・「マジミサ」・「クラーク」の3枚はスペルブーストを稼ぎながら手札を補充してくれるカードとして採用しています。 なかなか判断が分かれる知恵の光を発動するタイミングについては、個人的に1ターン目からで問題ないと感じています。 というのも、このデッキはコストが余るプレイングは基本的に起きないので 知恵の光を1ターン目にうってしまい、引いたカードを確認して相手のターン中にその先のプランを考えるのがいいと思います。 式神ウィッチは1ターンにプレイするカードが非常に多いため、相手のターン中に考えれることは考えておきたいのが主な理由です。 また、進化ロイヤルの「 ペインレスサムライ」をマジックミサイル1枚で除去できます。 大流行中のデッキに対して明確な役割を持てるので、 マリガンキープしていきたいところですね。 ユニオンバースト10;相手のフォロワー1体に7ダメージ。 相手のリーダーに2ダメージ。 <役割>• 進化してスペルブースト• 式神カードへと場をつなぐ(ドローや盤面処理) 「キョウカ」と「カオスウィザード」は中盤の動きを支えてくれる重要なカードで、 どちらも進化時にスペルブーストできる点がポイントです。 キョウカに関しては、ユニオンバーストは意識せずにプレイして問題なく、 クオンのコストを下げれるタイミングであればどんどん使用していきましょう。 ファンファーレでもスペルブーストを稼げる上に、進化しても稼げるというかなり強力なカードです。 カオスウィザードに関しては、 手札を増やしながらスペルブーストができるところに特長があります。 マリガンではクオンの次に優先度が高く、いかにコストを下げてお得に召喚できるかでその後の展開が大きく変わってくるでしょう。 もし手札に2枚以上カオスウィザードがあるのであれば 先攻4ターン目(まだ進化がきれない)に置いてしまってもいいと思います! ウィズダム・コアを組み合わせよう! カード 効果 ウィズダム・コア 【アミュレット】 自分のターン中、自分のフォロワーが進化したとい、知恵の光2枚を手札に加え、自分のPPを2回復して、このアミュレットは消滅する。 ファンファーレ:エンハンス7;自分のEPを1回復。 「ウィズダム・コア」は味方フォロワーが進化したときに 知恵の光を2枚補充できるだけでなく、 2PP(知恵の光2枚分のコスト)を回復します。 そのため、 スペルブーストを2回稼ぐことができ、手札も減りません。 キョウカとカオスウィザードと組み合わせて積極的に使っていきましょう! カオスウィザード進化&ウィズダム・コアで手札があふれることがありますが、あまり気にしなくても大丈夫です!そうそうクオンがピンポイントで燃えることはありません。 炎の握撃 相手のフォロワー1体を破壊する。 スペルブースト:コスト-1 「鬼呼びの導師」および 「炎の握撃」は相手の盤面を処理するのに向いているカードです。 現環境の最良のライバルである、妖怪ネクロのレジェンドカード 「セレス」に対しては、炎の握撃で処理していく以外には厳しいので、ネクロ相手には使いどころを見誤らないようにしましょう。 鬼呼びの導師は4点突進フォロワーとして運用できるだけでなく、 クオンと組み合わせることでも威力を発揮します。 なかなかテクニカルなカードですが、ピンチのときに必ず助けてくれるカードです! 式神の使役とも組み合わせれる! カード 効果 式神の使役 式神・形代1体を出す。 自分のデッキが20枚以下なら、式神・形代ではなく式神・暴鬼1体を出す。 鬼呼びの導師と式神の使役を組み合わせることで、 盤面処理&スペルブースト稼ぎを実行できます。 また、「式神の使役」はクオンと合わせて使用することでもできるカードです。 ファンファーレ 式神・形代1体を出す。 環境初期の頃は、弱いとまで評価されていた「クラシカルソーサーラー」。 今じゃ欠かせない存在となりました! <採用が急上昇した理由>• 妖怪ネクロのアグロプランを抑圧• 除去できない「リオード」(潜伏ロイヤル)への対策 妖怪ネクロが対式神ウィッチの際に、5コストアクセラレートでギンセツを繰り出してくる戦法が流行ってきました。 そこで、クラシカルソーサラーの守護付与能力で、 妖怪ネクロのアグロプランをとらせなくしたのです。 また、式神ウィッチは潜伏フォロワーに対して直接的に触ることができません。 そこで守護で リオードの攻撃を防げるクラシカルソーサラーが抜擢されました。 自由枠 自由枠についての詳細解説記事を投稿しました。 消滅させたカードと同名のカード1枚をデッキに加える。 マナリアの魔弾1枚とマナリアの防陣1枚を手札に加える。 式神ウィッチの最後の1枚(自由枠)としておすすめなのが「マナリアの叡智」です。 <役割>• 1枚で3回スペルブースト• 防陣:4枚目の守護枠• 魔弾:敵リーダーへの1点が大きい 叡智・防陣・魔弾で 3回スペルブーストを進められる。 手札が減らないのもいいですね。 防陣は 貴重な守護フォロワーです! クラシカルソーサラーが引き込めないときに頼りにしましょう。 とはいえ、このデッキはクオンが終盤まで引けていないと相当厳しいです。 基本的に これらのカードはクオンで削り切れなかったライフを削る役割として運用していきます。 ユニオンバースト10:ランダムな相手フォロワー1体と相手のリーダーに1ダメージ。 これを5回行う。 クオンなしでは、魔剣士や狂信者ではリーサルまでもっていけないパターンに見舞われることと思います。 そのため、本デッキでは キャルをピン挿しすることで、ワンチャンスのリーサルを狙っていく構成です。

次の

【シャドバ】進化ロイヤルで19連勝のデッキレシピ!進化ロイヤルではクラス特性の指揮官と兵士のシナジーが重要になってくる?!デッキコードあり!

シャドバ 進化 デッキ

アルティメットコロシアムの新カードは、「」「」「」「」「」の5種類が採用されています。 「」は、 除去、盤面強化、フィニッシャーなど様々な役割を持てるパワーカードです。 フィニッシャーとしては、「」で疾走付与するコンボが強力ですね。 進化ロイヤルは、進化回数を稼ぐことによりユニオンバーストが早く下がることがメリットの一つで、「」「」を強く使いやすくなります。 「」は、2コスト2/2の兵士で使いやすく、無料進化や2回攻撃(進化後)の能力を持っています。 終盤まで進化権を温存しておくと、「」進化からの「」で、 疾走14点のコンボがあるので、フィニッシャーにもなるフォロワーです。 場に指揮官フォロワーが残っていると、進化権がなくても上記のコンボが実現します。 「」は 評価が分かれているフォロワーですが、交戦時のダメージが0になるので、相手の手札によっては非常に処理が難しく、「」などへの対策カードにもなりますね。 エンハンスを持つフォロワーもいますが、デッキが全体的に低コストに寄っているので、「」がドローソースとして重要で、「」のためにフォロワーの破壊数を稼ぐためのカードとしても有用です。 2コストの枠は色々なカードが試されているようですが、「月の刃・リオード」「」の優先度は多くのデッキで高くなっているようです。 自動進化や無料進化で進化権を温存しやすいので、進化時効果を持つフォロワーを多めに入れて、進化権を強く使いたいという思惑もあるでしょう。 (1ターンに1体しか進化できない制限はある) <進化後> このフォロワーは、1ターンに2回攻撃できる。 【ファンファーレ】エンハンス 5;進化する。 <進化後> 疾走 このフォロワーが場にいる限り、自分のリーダーは「能力によって受けるダメージは0になる(攻撃によるダメージはそのまま)」を持つ。 【交戦時】ターン終了まで、このフォロワーへのダメージは0になる。

次の

【シャドバ】新カード「猫の奇術師」「フューチャービジョン」など7枚のウィッチの新カード情報!新弾では秘術ウィッチが大幅に強化されている?!

シャドバ 進化 デッキ

<役割>• スペルブースト&手札補充• クラークは相手の顔面を削る要員• ペインレスサムライを討ち取る 「知恵の光」・「マジミサ」・「クラーク」の3枚はスペルブーストを稼ぎながら手札を補充してくれるカードとして採用しています。 なかなか判断が分かれる知恵の光を発動するタイミングについては、個人的に1ターン目からで問題ないと感じています。 というのも、このデッキはコストが余るプレイングは基本的に起きないので 知恵の光を1ターン目にうってしまい、引いたカードを確認して相手のターン中にその先のプランを考えるのがいいと思います。 式神ウィッチは1ターンにプレイするカードが非常に多いため、相手のターン中に考えれることは考えておきたいのが主な理由です。 また、進化ロイヤルの「 ペインレスサムライ」をマジックミサイル1枚で除去できます。 大流行中のデッキに対して明確な役割を持てるので、 マリガンキープしていきたいところですね。 ユニオンバースト10;相手のフォロワー1体に7ダメージ。 相手のリーダーに2ダメージ。 <役割>• 進化してスペルブースト• 式神カードへと場をつなぐ(ドローや盤面処理) 「キョウカ」と「カオスウィザード」は中盤の動きを支えてくれる重要なカードで、 どちらも進化時にスペルブーストできる点がポイントです。 キョウカに関しては、ユニオンバーストは意識せずにプレイして問題なく、 クオンのコストを下げれるタイミングであればどんどん使用していきましょう。 ファンファーレでもスペルブーストを稼げる上に、進化しても稼げるというかなり強力なカードです。 カオスウィザードに関しては、 手札を増やしながらスペルブーストができるところに特長があります。 マリガンではクオンの次に優先度が高く、いかにコストを下げてお得に召喚できるかでその後の展開が大きく変わってくるでしょう。 もし手札に2枚以上カオスウィザードがあるのであれば 先攻4ターン目(まだ進化がきれない)に置いてしまってもいいと思います! ウィズダム・コアを組み合わせよう! カード 効果 ウィズダム・コア 【アミュレット】 自分のターン中、自分のフォロワーが進化したとい、知恵の光2枚を手札に加え、自分のPPを2回復して、このアミュレットは消滅する。 ファンファーレ:エンハンス7;自分のEPを1回復。 「ウィズダム・コア」は味方フォロワーが進化したときに 知恵の光を2枚補充できるだけでなく、 2PP(知恵の光2枚分のコスト)を回復します。 そのため、 スペルブーストを2回稼ぐことができ、手札も減りません。 キョウカとカオスウィザードと組み合わせて積極的に使っていきましょう! カオスウィザード進化&ウィズダム・コアで手札があふれることがありますが、あまり気にしなくても大丈夫です!そうそうクオンがピンポイントで燃えることはありません。 炎の握撃 相手のフォロワー1体を破壊する。 スペルブースト:コスト-1 「鬼呼びの導師」および 「炎の握撃」は相手の盤面を処理するのに向いているカードです。 現環境の最良のライバルである、妖怪ネクロのレジェンドカード 「セレス」に対しては、炎の握撃で処理していく以外には厳しいので、ネクロ相手には使いどころを見誤らないようにしましょう。 鬼呼びの導師は4点突進フォロワーとして運用できるだけでなく、 クオンと組み合わせることでも威力を発揮します。 なかなかテクニカルなカードですが、ピンチのときに必ず助けてくれるカードです! 式神の使役とも組み合わせれる! カード 効果 式神の使役 式神・形代1体を出す。 自分のデッキが20枚以下なら、式神・形代ではなく式神・暴鬼1体を出す。 鬼呼びの導師と式神の使役を組み合わせることで、 盤面処理&スペルブースト稼ぎを実行できます。 また、「式神の使役」はクオンと合わせて使用することでもできるカードです。 ファンファーレ 式神・形代1体を出す。 環境初期の頃は、弱いとまで評価されていた「クラシカルソーサーラー」。 今じゃ欠かせない存在となりました! <採用が急上昇した理由>• 妖怪ネクロのアグロプランを抑圧• 除去できない「リオード」(潜伏ロイヤル)への対策 妖怪ネクロが対式神ウィッチの際に、5コストアクセラレートでギンセツを繰り出してくる戦法が流行ってきました。 そこで、クラシカルソーサラーの守護付与能力で、 妖怪ネクロのアグロプランをとらせなくしたのです。 また、式神ウィッチは潜伏フォロワーに対して直接的に触ることができません。 そこで守護で リオードの攻撃を防げるクラシカルソーサラーが抜擢されました。 自由枠 自由枠についての詳細解説記事を投稿しました。 消滅させたカードと同名のカード1枚をデッキに加える。 マナリアの魔弾1枚とマナリアの防陣1枚を手札に加える。 式神ウィッチの最後の1枚(自由枠)としておすすめなのが「マナリアの叡智」です。 <役割>• 1枚で3回スペルブースト• 防陣:4枚目の守護枠• 魔弾:敵リーダーへの1点が大きい 叡智・防陣・魔弾で 3回スペルブーストを進められる。 手札が減らないのもいいですね。 防陣は 貴重な守護フォロワーです! クラシカルソーサラーが引き込めないときに頼りにしましょう。 とはいえ、このデッキはクオンが終盤まで引けていないと相当厳しいです。 基本的に これらのカードはクオンで削り切れなかったライフを削る役割として運用していきます。 ユニオンバースト10:ランダムな相手フォロワー1体と相手のリーダーに1ダメージ。 これを5回行う。 クオンなしでは、魔剣士や狂信者ではリーサルまでもっていけないパターンに見舞われることと思います。 そのため、本デッキでは キャルをピン挿しすることで、ワンチャンスのリーサルを狙っていく構成です。

次の