ロマサガrs 周回 術。 【ロマサガRS】SSジョーが強い!現状のステータス紹介!知力100!知力補正101%!

『ロマサガRS』高難易度クエストに一度は挫折した筆者が送る、抑えておきたい育成方法─まずは戦闘力22,000以上を目指そう

ロマサガrs 周回 術

腕力・器用さ・精神が50%上昇する。 狙われやすさが大幅に上昇する。 狙われやすさが低下する。 狙われやすさが低下する。 器用さ・知力が25%上昇するが、素早さが25低下する。 狙われやすさが大幅に低下する。 器用さ・知力が25%上昇するが、素早さが25低下する。 狙われやすさが大幅に低下する。 高難易度オート攻略を目指す上で最強に汎用性の高いパーティがこちら。 Romancingボス戦や螺旋回廊、裏道場までなんでもオートでクリアできる可能性が非常に高い。 鍵となるスタイルはどれも人権級や準人権級のスタイルだな。 難しいと言われている場所でもこれで大体安定する。 初心者から中級者は限られた陣形の中で編成を組まなければいけない。 なので昔の戦法とはいえ普通に機能する戦法。 パーティメンバーもあえて昔のスタイルをチョイスしている。 メイン攻略においてマヒはマジで便利だぞ。 戦闘力が低い時は俺もめちゃくちゃお世話になった。 敵に対して幅広く対応できる。 コンセプトは「敵を選ばないでオートで攻略」。 もちろん手動でも全然問題ないが、オートでも戦えると攻略していくのが楽チンに。 ちょっと編成難易度が高いよな。 全体型で使える強いアタッカーは限定スタイルばっかり。 腕力が25%上昇する。 狙われやすさが上昇する。 腕力が25%上昇する。 狙われやすさが上昇する。 狙われやすさが低下する。 狙われやすさが低下する。 体力・素早さが25%低下する。 狙われやすさが低下する。 斬属性の火力を出すことをコンセプトにしている。 もちろん単体火力が欲しいのか全体火力が欲しいのかによって編成キャラは変える必要がある。 ただこのメンバーなら斬有利の場所で基本的に困ることはないだろう。 回復いらずなら後ろにビューネイを配置したいな!あとは短期決戦ならグレイとかゲンとかシルバーを。 周回ならマドレーンやエレンやヘクターをって感じ。 打属性で染めつつ単体ボスを相手にする編成がコンセプト。 火力・デバフ・回復においてバランスよく編成しているので隙があまりないと言える。 打属性をバランスよく採用したい場合に使える。 狙われやすさが大幅に低下する。 狙われやすさが少し上昇する。 狙われやすさが少し上昇する。 狙われやすさが少し上昇する。 狙われやすさが少し上昇する。 体術アタッカーでひたすら「サブミッション」を連発する編成。 ラピストでもう1枚体術アタッカーを増やすかは相手次第といったところ。 こっちは容赦無くぶん殴る編成だな。 相手によっては素早さデバフを重ねがけさせることで攻撃が全く当たらなくなる無敵艦隊が出来上がる時も。 狙われやすさが上昇する。 狙われやすさが低下する。 突火力重視の編成。 強い突アタッカー=限定スタイルって感じだけど、最近は恒常でもディアナとかナイトハルト、ローラの登場でマシになってきた。 陽属性が弱点の場所を高速で周回するやや昔の編成。 場所は限られているが、めちゃくちゃ早く周回できる。 ブルーはコウメイで代用可能。 狙われやすさが少し上昇する。 狙われやすさが少し上昇する。 狙われやすさが低下する。 狙われやすさが低下する。 不安ならもう1枠を全体攻撃型のキャラで埋めればOK。 ここでHP上げたり育成進めてないキャラをガンガン育てたりできるぞ。 狙われやすさが少し上昇する。 狙われやすさが少し上昇する。 狙われやすさが低下する。 狙われやすさが低下する。 BP8で威力SSの斬攻撃を使えるカタリナとビューネイを採用。 デバフよりも火力で駆け抜けるのがコンセプト。 この編成はを参考にさせていただいています これはすごい。 素晴らしい。 狙われやすさが大幅に上昇する。 狙われやすさが低下する。 狙われやすさが低下する。 狙われやすさが大幅に低下する。 狙われやすさが大幅に低下する。 格上のボス相手に有効な「パリイ」編成。 今でも時々高難易度で使われている。 パリイ使いは基本的にSSアルベルトだな。 石化で敵全体を無力化する編成。 石化はマヒと比べて重ねがけ出来ないが、付与ターン数が長いという特徴がある。 さらに言うと敵によっては石化や混乱といったマイナーな状態異常しか通用しない種族も存在する。 これは螺旋回廊の上層でその特徴が顕著に現れる。 螺旋回廊攻略パーティと言っても差し支えないレベルだ。 石化付与は5ターン継続。 だから手動プレイなら石化付与したあと、通常攻撃を利用してBPを再び溜めから突破することで次のラウンドでも石化付与を狙える。 つまり壊れ。 狙われやすさが少し上昇する。 狙われやすさが少し上昇する。 狙われやすさが低下する。 毎日2回の財宝10層をオートで楽に消化したい人向け。 全体ファスト攻撃を利用してラウンド1〜2をサクッと突破する。 後列のキャラは素早さマイナスの恩恵を受けてラウンド1で連携しづらいのが強み。 ここにラウンド2での全体ファスト攻撃要員を配置するといいね。 ただガラハドは例えラウンド1動いてもラウンド2で変わらず「冬の嵐」を使えるのが最強。 道中のカイザーアントをアザミだけで突破する編成。

次の

【ロマサガRS】最強パーティはこれ!大手に騙されないクエスト別の最強パーティを紹介

ロマサガrs 周回 術

【記事の補足】 各クエスト毎の素ステ上限値の数値は、 SSカタリナの旧上限値を基準に平均値を算出して記載しています。 能力上限の大体の目安として参考にしてください。 【前提】遠征「ジャングル奥地」でも到達可能 パーティ戦闘力30,000は遠征「ジャングル奥地」で遠征を繰り返しても到達できる育成ラインです。 チケットが余っているならスタメンキャラにガンガン使用し、次の のステップに進みましょう。 遠征「ジャングル奥地」解放条件の VH7-2-5のクリアがまだの場合は、下記に記載の戦闘力30,000が目指せるクエストを周回して育成し、VH7攻略を目指しましょう。 メインVH4-1-5. こちらは"VH4-1-5と比べて" スタミナ消費が少ない代わりに 副産物がないので一長一短です。 メインH6-1-5. ハードのため スタミナ消費が軽く、しっかりと育成されたSSコウメイやSSブルーがいれば他は誰でもいいので パーティの自由度が高いのも魅力です。 出現する敵こそ多いものの1体辺りのHPが少なく、 全体攻撃でまとめて処理できるため周回しやすいです。 ソフィアやゆきだるまなど棍棒で術を使用するキャラの強化に重要な要素になるので、能力上げと並行して属性厳選できるのが魅力です。 メインVH9-1-4. 所持しているキャラによっては VH7、8よりも周回しやすい場合もあります。 生存率をあげるためにも、副防具は 斬耐性を意識しましょう。 ラウンド1ではHPが低めのレブナントが5体出現するため、 全体攻撃持ちがおすすめです。 メインVH10-1-2. 編成の自由度も高い VH10-1-2は10話のベリーハード中でも難易度が低めでオートでも周回しやすいです。 メインVH10-1-3. メインVH11-1-2. 編成の自由度も高い VH11-1-2は11話のベリーハード中でも敵の出現数が少なく、オートでも周回しやすいです。 打アタッカーを育成しながら、打武器も厳選できるのが大きなメリットです。 メインVH11-2-3. 難易度は11-2-1より高めなので、小剣の厳選が終わったら11-2-1に戻るか、 12話周回に進むのがおすすめです。 メインVH12-2-2. 敵の攻撃もほぼ斬攻撃になっているため、ベースで斬耐性が高い 斬アタッカー主体で安定周回が可能です。 敵のHPが少ない代わりに出現数が多いので、 全体攻撃や 範囲攻撃キャラを編成して まとめて処理しましょう。 VH12-2-2では水杖と土杖がドロップするため、能力上げと同時に杖の能力厳選が可能です。 メインVH12-2-5. 出現数が少ないので、比較的周回も簡単で安定します。 敵が 縦一列攻撃を使用するので、体術キャラを編成する場合でも ラピットストリームは避けましょう。 VH12-2-5では光杖と闇杖がドロップするため、能力上げと同時に杖の能力厳選が可能です。 メインVH外伝-2-1. 強い攻撃がほぼ無いため、周回も簡単で安定します。 開幕で全体攻撃ができると、 シュラークをまとめて処理できるので、周回速度アップに繋がります。 メインVH外伝-2-4. メインVH13-2-2. また、1、3ラウンドの敵は陰弱点でもあるため、新ルージュも輝きます。 それぞれの引率役などは下記ページにてまとめていますので、参考にしてみてください。 HPに関しては表記の数字より伸びる可能性がありますが、「ここまではそれなりに上がりやすいよ」 というラインまでの数値で記載しています。 能力上限の大体の目安として参考にしてください。 この期間は対象キャラを育成するチャンスなのでスタミナ回復剤を効率良く使うようにしましょう。 素ステの上限値について 「素ステ」とはスタイル補正・装備補正等を除いた キャラの純粋なステータスのことです。 素ステはキャラ毎に上限値が決められており、中には同じキャラでもスタイル事に上限値が異なる例もあります。 1例としてSとAで器用さの育成傾向が違うクローディアの場合、Sの器用さは旧上限値 51に対し、Aは旧上限値 54まで伸びます。 このように、キャラを限界まで育成するには育成傾向の違う スタイルを切り替えて能力上げを行う必要があります。 HPは周回数、能力値はより高難度を周回 HPは他の能力値に比べて上昇幅が大きいため、比較的低めの難易度のクエスト周回でも上がりやすいです。 逆に能力値は、最大値に近づくに連れて、より高難度のクエストでない限り上がらなくなってきます。 そのため、HPだけ上げたいのであれば少し難易度を落として 周回数を稼ぎ、能力値を上げたい場合はさらに上の難易度での周回に切り替えるのがおすすめです。 ベリーハードで武器集めと合わせて周回 ベリーハードでドロップするS武器には能力付き武器があるため、能力の厳選も兼ねることでパーティを一気に強化することができます。 周回するクエストを厳選したい武器種がドロップするクエストから選ぶのもありです。 そもそも能力上げとは? 能力上げとは"キャラ"の"基本能力値"を上げること 「能力上げ」とはクエストをクリアした時に成長するキャラクターの 基本能力値を上昇させることです。 スタイルのレベル上げなどとは別にキャラクターを強化することができるため、より高難度のクエストを攻略する上で非常に重要なポイントです。

次の

【ロマサガRS】フォルネウスイベントの『温海沿岸3』がステータス上げと技術レベル上げに超便利【バウム周回】

ロマサガrs 周回 術

こんにちは!のりです。 前回の50秒の記事ですが、ジョーやバルテルミーがあまり成長していない方はこちらの方がおすすめです。 ジョーと海の主の娘で1ターン撃破します。 ドロップ報酬については、こちらの記事をご参照ください。 さらにブーツの試練の基本的な流れはこちらの記事をご参照ください。 ちなみに私はSSバルテルミーやSSリズを持っていないので、でよく見る「ンハンズ」や「怒竜の咆哮」を使用できません。 スポンサーリンク 目次• 45秒周回パーティ! このようなパーティで現状45秒くらいで周回できています。 再戦ボタン・戦闘・再戦ボタンまでの時間です。 【再戦ボタン~戦闘開始】5秒 【1ラウンド】10秒 ジョー: フランベソルベ、全体に 24,000 ダメージ、ファスト 【2ラウンド】10秒 聖王: ヘブンズダイヴ、単体に 21,000 ダメージ モニカ: 、単体に 21,000 ダメージ 【3ラウンド】15秒 聖王: ヘブンズダイヴ、単体に 21,000 ダメージ モニカ: 百花繚乱、単体に 12,000 ダメージ ジョー: マジック、単体に 30,000 ダメージ 【戦闘終了~再戦ボタン】5秒 キャット、は何もしていません。 4人目、5人目は誰でも大丈夫です。 おすすめはオーラムアップのアビリティ持ちキャラです。 (ちなみにオーラムアップは重複しないので複数キャラ入れる意味はありません。 ) これ以上時間を縮めるにはリズの「怒竜の咆哮」がないと厳しいかと思います。 ジョーがさらに強くなれば、3ラウンド目のモニカが必要なくなったり、「スプラッシュ」を使用してさらにタイムを縮めることができるかもしれません。 オーラムアップでオーラムがっぽり! 一気にブーツの試練「3.ブーツの試練 上級」では、 ・ 100,000オーラム、50,000オーラム、25,000オーラム が沢山ドロップします。 このオーラムには、「収益上昇」などのオーラム獲得量アップが反映されます! そのため、 SSキャットや SSのオーラムアップ 大 を編成すれば「110%アップ」となり、 ・ 110,000オーラム、55,000オーラム、27,500オーラム といった額をドロップで入手できます! オーラムアップ 特大 のSSシエロがいるそうですが、私は持っていません。 すごいですね! スポンサーリンク あとがき ということで、ブーツの試練45秒周回パーティとオーラムアップのアビリティがおすすめ!というお話でした。 ブーツの試練が始まる前は100万オーラムくらいしかありませんでしたが、現在700万オーラムあります!デイリーでメダルやチケットが貰えるので、1000万オーラムは超えそうですね! 以上、【RS】ブーツの試練45秒周回!アビリティはオーラムアップがおすすめ!でした。 norizn.

次の