麻 婆 豆腐 冷凍 保存。 【手作廚房】麻婆豆腐 作法/食譜/料理 @ 小璇媽的料理廚房 :: 痞客邦 ::

永久保存版!本場の四川で食べる麻婆豆腐の作り方

麻 婆 豆腐 冷凍 保存

スポンサーリンク マーボー豆腐(麻婆豆腐)の賞味期限・消費期限 マーボー豆腐(麻婆豆腐)の消費期限:1日~2日間 — 買ってきた麻婆豆腐は、「お惣菜」の扱いとなります。 調理から概ね5日以内に寿命を迎えるので、「消費期限」が表示されています。 調理日のみの1日としている物もありますし、調理日と翌日で2日としているところがあるようです。 麻婆豆腐によってはたくさんの香辛料や調味料が使われているので、日持ちする様な気がする方もおられます。 ところが、味と日持ちは別の話です。 ご注意ください。 マーボー豆腐(麻婆豆腐)の常温保存 マーボー豆腐(麻婆豆腐)は常温保存には適しません。 — 麻婆豆腐は「お惣菜」の扱いです。 常温保存では半日程度しか日持ちしません。 お店によっては常温で保管しています。 この場合、消費期限を見ると半日程度になっています。 マーボー豆腐(麻婆豆腐)の冷蔵保存 マーボー豆腐(麻婆豆腐)は冷蔵保存可能です。 — 麻婆豆腐は基本的に冷蔵保存です。 お皿によそったものは、ラップをして冷蔵庫に入れます。 鍋の物はふたをして冷蔵庫に入れるか、タッパーに移して密閉して保存します。 食べる際は、電子レンジで十分加熱するか、コンロで十分加熱してから食べる様にしましょう。 マーボー豆腐(麻婆豆腐)の冷凍保存 マーボー豆腐(麻婆豆腐)は冷凍保存可能です。 — 麻婆豆腐は冷凍可能ですが、欠点があります。 それは、冷凍時に豆腐の水分が凍ってしまい、解凍するとその水分が抜けてしまうのです。 スカスカな感じの豆腐になってしまい、なめらかな舌触りは失われます。 冷凍しても、1か月くらいを目安に食べきるようにしましょう。 冷凍して販売されている麻婆豆腐もありますが、あれは、調理後、業務用冷凍庫で急速冷凍しています。 そのため、解凍後は食感が変わりにくいのです。 マーボー豆腐(麻婆豆腐)について 麻婆豆腐(まーぼーどうふ)は、元々、中華料理(四川料理)の1つです。 豚の挽肉と赤唐辛子、花椒(かしょう、ホアジャオ、山椒の一種)、豆板醤(トウバンジャン)、トウチ(豆豉)などを炒めて、鶏がらスープを入れて豆腐を煮た料理です。 山椒は、「辛味」のほかに、「しびれ味」があり、なかなか日本の味覚にはない味で、体験すると病みつきになってしまいます。 麻婆豆腐の豆腐が崩れないコツ 麻婆豆腐の豆腐が崩れないコツがあります。 いきなり豆腐を鍋に入れるのではなく、下茹ですると崩れにくいです。 また、 豆腐を入れた時にぐつぐつと煮立てていると豆腐が崩れやすくなります。 中火くらいにして豆腐を入れることで、豆腐が崩れにくくなるのです。 簡単に麻婆豆腐を作りたい場合は、メジャーな麻婆豆腐の元を使うと簡単です。 豆板醤や山椒を足すなどして、味に手を加えるとオリジナリティが上がります。 麻婆豆腐の素の賞味期限は、メーカー、商品によって異なるみたいですが、1年間、2年間のものがあるようです。 こちらは1年間みたいです。 まとめ マーボー豆腐(麻婆豆腐)の消費期限:1日~2日間【冷蔵保存】.

次の

麻婆ナスを冷凍しようと思うのですが。

麻 婆 豆腐 冷凍 保存

常温保存は? 常温保存は豆板醤が入っているとはいえ、 どの季節であっても基本的にはしない方が良いでしょう。 どうしても冷蔵庫に入れれないなどの理由がある場合は、 鍋に入れた状態で数時間おきに定期的に火を通すことで 細菌は死滅しますので、ある程度は保つことができますが、 少々手間かと思います。 保存期間(賞味期限)の目安は? 季節によってことなりますが、 数時間~半日。 冬場寒い場所に置いたとしても 1日程度を目安にした方が良いでしょう。 冷蔵保存は? 作り立ての時よりは多少味は落ちますが、 冷蔵保存は可能です。 お皿にラップをして保存でも構いませんが、 できれば、 タッパーなどの密閉できる容器に移して 保存された方が良いでしょう。 また、食べる際は中まで火が通る様に加熱してから 召し上がってください。 保存期間(賞味期限)の目安は? 賞味期限は、 1~2日程度を見ておくと 良いかと思います。 ただし、保存することで豆腐から 水が出てきて水っぽくなったりしますので、 作る際にできるだけ豆腐の水分を除いてから 作られると若干違ってきます。 冷凍保存は? 麻婆豆腐を冷凍してしまうと、 豆腐にスが入ったような状態になってしまい、 まるで違うものになってしまいます。 どういった感じかというと、 高野豆腐のような スポンジのような食感に変わってしまいます。 この食感が嫌いでなければ、そのまま冷凍保存されても いいのですが、食感が変わるのが嫌という場合は、 豆腐を全部取り除いてから冷凍されるか、 保存される前にある程度豆腐をくしゃくしゃと潰してから 冷凍保存されると、豆腐の食感がさほど気にならなくなります。 保存方法としては、粗熱を取って 豆腐を潰してから、もしくは豆腐を取り除いてから タッパーもしくはフリーザーバッグに移して 空気を抜いて冷凍庫へ入れてください。 なお、取り除いた豆腐は日持ちしませんので、 すぐに食べることをお勧めします。 保存される場合は、冷蔵保存で1日程度を目安に。 解凍は? 耐熱性の容器などで保存された場合は 電子レンジで加熱すると良いでしょう。 もしくは、食べる前日あたりに冷蔵庫に 移して自然解凍を行い、鍋にかけて加熱。 その時に新しい豆腐を入れたり、調整を 行うと良いかと思います。 保存期間(賞味期限)の目安は? 1か月を目安に食べた方が良いでしょう。 それ以上保存することも可能ですが、 冷凍焼けして風味が相当劣化してしまいますので、 できるだけ早めに食べた方が良いでしょう。 酸っぱいにおい・味がする• 変にねばねばしていて糸を引く• カビが生えている• 異臭がする このようになっている場合は、食べない方が良いでしょう。 また、長期間常温保存や冷蔵保存していたようなものも 見た目に変化がなくてもちょっと怖いので やめておいた方が良いかと思います。 まとめ 麻婆豆腐は、 基本的には食べきる方が良いのですが、 残った場合は、冷蔵保存して1~2日以内には 食べましょう。 冷凍は、豆腐を除いたり食感が変わらないように 潰してしまうと良いのですが、 やはり味は落ちてしまいますので、 できれば冷凍保存はされない方が良いかと思います。 どうしてもしばらく食べないという場合以外は 冷凍保存は避けて下さい。

次の

麻婆豆腐のレシピ/最小限の材料で美味しく!:白ごはん.com

麻 婆 豆腐 冷凍 保存

日本では四川料理、いや中華料理の代名詞にもなっている麻婆豆腐。 実は発祥の地、四川省成都では庶民的な家庭料理の一つです。 そして、中火にし、豚挽肉を炒める。 ぱらぱらになるようにお玉で押しつけるべし。 油が透明になってきたら、酒を入れて、甜麺醤を入れて混ぜる。 最後に醤油を絡ませて完成。 豆腐は最初に縦に均等に切り、それを横に置き重ね、真っ二つに切る。 それを最後縦にさいの目切ればok。 大目の油 大さじ3 をしいて、弱火にし、【調味料】+ネギ、ニンニクを炒める。 油が真っ赤になり、香りがしてきたら、中火にして、そぼろを投入してからめる。 お湯約60mlをフライパンに入れて、沸騰するまで強火で煮る。 2~3分煮て、味を確かめる 足りなかったら味を調整。 その後、豆腐を投入し、お玉の後ろを使い、スープに絡ませる。 それから3分ぐらい煮て、ラー油を鍋肌に回しいれて香りを出す。 最後に少々の水溶き片栗粉を入れて、完成。

次の