カーテン カビ とり。 カーテンのカビを取る方法【がんばらない掃除術】| Pacoma パコマ | 暮らしの冒険Webマガジン

レースカーテンの黒カビ取り!落とし方や洗濯方法に予防法は?

カーテン カビ とり

Contents• カーテンの黒カビを落とす一番効果がある方法 カーテンについたカビを早期発見時には、• 熱いお湯でもみ洗い• 色柄ものOKの漂白剤をつけて、歯ブラシで叩くようにこする この2つの方法で落とすことが出来るのです。 ただし、時間がたってしまったカビはこの方法では落としきれません。 カビを見つけても、毎日忙しいとカーテンの汚れ落としにまでなかなか手が回らず、気が付くとカーテンの裾が黒カビだらけ・・・ こうなってしまった場合は、お風呂用のカビキラーで落とすのが一番効果的です カビキラーでカビを落とすのはレースの色柄に気をつけろ ただし、この方法は 色柄のあるカーテンには使えません 白~オフホワイトなど、漂白剤で色が抜けてしまっても良いものと、お洗濯可能表示になっているのもに限られます 折柄や色刺繍などのレースのカーテンには使えない方法ですから注意が必要です オフホワイトや生地の種類によって場合、漂白剤を使った場所だけ変に白くなってしまったり生地の質感が変わってしまう恐れがあります。 まずは目立たない場所で試して可能かどうかを判断してください。 面積が広い部分でいきなり挑戦して、色が抜けたり生地を傷めたすると、かなり後悔しますよ。 カビ落としに必要なものと洗濯方法 レースのカーテンのカビ落としに必要なものと洗濯の方法です。 お風呂用カビキラーが飛び散ると、着ている衣類の色も落ちてしまいます。 お風呂用カビキラー• ゴム手袋• マスク• 洗濯洗剤• ゴム手袋・マスクを装着、できたらメガネの装着もしましょう。 ここまで準備をしたらお手入れの開始です。 レースのカーテンに再びカビをつけないためにすること せっかくカーテンがキレイになっても、またカビがついてしまっては、主婦としてはかなりショックなのです。 ある程度の努力でカビは防ぐことが出来ますので、しっかりと対策はしておきましょう。 一番大事なのは窓の結露を防止すること! 結露を防止するために、結露吸収シートや結露防止スプレーを使うと毎日の手間が少なくなります カーテンをカビ防止することも効果があります。 我が家では冷蔵庫の掃除に使うエタノールをカーテンのカビ防止にも使います カビ防止スプレーの作り方 材料• 消毒用エタノール• スプレーボトル 消毒用エタノールと水を8:2でスプレーボトルに作ります。 カーテンにスプレーして乾かします。 この方法でカビを予防するのには、効果があってもシミの原因になる可能性もあります。 これも、かならず目立たない場所で試してから使ってください。 カビキラーが使えない場合、熱いお湯や酸素系漂白剤で菌を殺すことが出来ますが、黒い斑点は取れません。 最近では色柄ものや素敵な刺繍のレースのカーテンも増えてきています。 このタイプのカーテンは黒カビが発生する前にしっかりと対策をしておかないと取れなくなります。 主婦としては手間がかかりますが、カビが発生してから後悔しないようにしないといけませんね.

次の

カーテンカビの落とし方。カビ取りは重曹で洗濯する方法が簡単

カーテン カビ とり

レースカーテンのカビは確実に落とせるの? きれいに落ちるかはカビの程度や放置期間による! そもそも 黒カビは、膨大な種類のカビの中でも 頑固で生命力が強く、毒性もあるのが特徴。 アレルギーや喘息の引き金になる可能性も、十分にあります。 さらに強力なカビは、いったん発生してしまうと落とすのに一苦労。 汚れものの洗濯物と同じように洗濯機で洗っても、きれいに落ちることはありませんよね。 特に、長期間放置してしまったカビは菌糸が根深く繁殖してしまい、なかなかきれいに落とすことができなくなってしまいます。 なので、レースカーテンのカビを見つけたら一刻も早くカビ除去用の落とし方で、対処しましょう。 洗濯で縮むレースカーテンの素材もある! カビをきれいにしようと思ったのに、洗濯したら縮んでしまって使えなくなってしまった・・・ なんてことにはなりたくありませんよね。 レースカーテンの素材の種類によっては 縮んでしまうこともあるので、要注意です。 基本的には、以下の素材は上から順に縮みやすくなります。 カビキラーは「 塩素系漂白剤」と言ってとても強力なパワーがあるので、 どうしても落としたいレースカーテンの頑固なカビ汚れにこそおすすめです。 ただし、漂白効果が強い分、色落ちや変色などの原因に。 使用するのは、白いレースカーテンだけにしてくださいね。 ここからは、カビキーラーを使ったレースカーテンの落とし方を紹介いたします。 まずは、レースカーテンを外します。 レースカーテンについているフックも邪魔になってしまうので、外しておきましょう。 レースカーテンのカビの落とし方ステップ2:カビキラーを吹きかける レースカーテンのカビの落とし方ステップ2は、「 カビキラーを吹きかける」です。 カビキラーをレースカーテンに吹きかける際は、 お風呂場など必ず換気ができる場所で行ってください。 そうしないと、 喉や頭が痛くなったり、一時的に味覚がわからなくなってしまったりするので十分に気を付けてくださいね。 レースカーテンのカビの落とし方ステップ3:5分~15分置いて洗い流す レースカーテンのカビの落とし方ステップ3は、「 5分~15分置いて洗い流す」です。 5分程度置けばだいたいのカビは落ちていることが、ほとんど。 部分的に残ってしまったカビについては、 もみ洗いしましょう。 カビキラーの成分も強いので、置きすぎるとレースカーテン自体が傷んでしまう可能性もあるので注意が必要です。 カビキラーを洗い流す際は、 ぬるま湯でよくすすいでくださいね。 もみ洗いやすすぎ洗いをする際は、手が荒れてしまう可能性があるので、ゴム手袋を付けてから行いましょう。 レースカーテンのカビの落とし方ステップ4:1回~2回洗濯する レースカーテンのカビの落とし方ステップ4は、「 1回~2回洗濯する」です。 仕上げに洗濯すれば、完了です。 どうしても塩素の匂いが強いので気になる人は、2回ほど洗濯してみてください。 レースカーテンはほつれたり傷みやすかったりするので、 洗濯ネットにしっかり入れて洗いましょう。 レースカーテンのカビの落とし方ステップ5:自然乾燥させる レースカーテンのカビの落とし方ステップ5は、「 自然乾燥させる」です。 基本的には、素材によって天日干しか陰干しをして、 自然に乾かしてください。 ドライヤーや乾燥機にかけてしまうと、高確率で縮んでしまいます。 天気が悪かったりして、どうしても早めに乾かしたいという場合は、扇風機やドライヤーの冷風などを使ってみてください。 オキシクリーンは、「 酸素系漂白剤」と言って、カビキラーなどの「 塩素系漂白剤」に比べると強力ではありません。 ペットやお子さんがいるご家庭でも、比較的安心して使うことができますよ。 とはいえ何年も放置してしまったレースカーテンのカビ汚れでなければ、 きれいに落とすことができるので漂白効果も問題ありませんよ。 ここからはオキシクリーンを使ったカビ落としの方法をご紹介いたします。 まずは、レースカーテンを外します。 きれいに折りたたむことで、オキシクリーンをむらなく浸透させ、落とし残しがないかのチェックも簡単になりますよ。 レースカーテンのカビの落とし方ステップ2:オキシクリーンをお湯に溶かす レースカーテンのカビの落とし方ステップ2は、「 オキシクリーンをお湯に溶かす」です。 洗面器などにお湯を入れて、オキシクリーンを溶かします。 レースカーテンのカビの落とし方ステップ3:漬け置きをする レースカーテンのカビの落とし方ステップ3は、「 漬け置きをする」です。 オキシクリーンを溶かしいれたお湯に、レースカーテンを入れます。 カビ汚れの程度によって、 1時間~6時間くらい漬け置きしてください。 レースカーテンのカビの落とし方ステップ4:すすぎ洗いをする レースカーテンのカビの落とし方ステップ4は、「 すすぎ洗いをする」です。 カビが落ちたら、よくすすぎ洗いをしてください。 匂い等が気になるようでしたら、すすいだ後、 洗濯ネットに入れて通常通り洗濯してください。 レースカーテンのカビの落とし方ステップ5:自然乾燥させる レースカーテンのカビの落とし方ステップ5は、「 自然乾燥させる」です。 前項同様、素材によって天日干しか陰干しをして、 基本的には自然に乾かしてくださいね。 ハイターは、「 塩素系漂白剤」の分類に。 なので、漂白効果は高く、レースカーテンのカビも消えやすいですよ。 漬け置きするので、頑固で 広範囲のカビにもおすすめ。 ただ、柄物や色物のレースカーテンには、使わないでくださいね。 ここからは、ハイターを使ったレースカーテンの落とし方を紹介いたします。 まずは、レースカーテンを外します。 きれいに折りたたむことで、ハイターをむらなく浸透させ、落とし残しがないかのチェックも簡単になりますよ。 レースカーテンのカビの落とし方ステップ2:ハイターを水に溶かす レースカーテンのカビの落とし方ステップ2は、「 ハイターを水に溶かす」です。 この時、ハイターが手に付くと荒れてしまうので、ゴム手袋を着用してくださいね。 ハイターは水の入った洗面器などに、溶かし入れましょう。 レースカーテンのカビの落とし方ステップ3:漬け置きをする レースカーテンのカビの落とし方ステップ3は、「 漬け置きをする」です。 カビの付いたレースカーテンを、ハイターを溶かしいれた水に漬け置きます。 だいたい 5分から20分ほど、漬け置きしてください。 カビ汚れがひどいからと言って、長時間漬け置きしてしまうとレースカーテンの生地が傷んでしまうので、きちんと様子を見ながらにしてくださいね。 カビが落ちたら、ぬるま湯でしっかりとすすぎましょう。 レースカーテンのカビの落とし方ステップ4:必要があれば洗濯する レースカーテンのカビの落とし方ステップ4は、「 必要があれば洗濯する」です。 塩素系漂白剤なので、匂いが気になるという人は洗濯ネットに入れて洗濯ネットに入れて洗濯しましょう。 特に気にならないという人は、しっかりとすすぐことができればOKです。 レースカーテンのカビの落とし方ステップ5:自然乾燥させる レースカーテンのカビの落とし方ステップ5は、「 自然乾燥させる」です。 こちらも、前項同様です。 素材によって天日干しか陰干しをして、 基本的には自然に乾かしてくださいね。

次の

カーテンのカビは洗濯機で簡単きれい!早めの対処でレースも真っ白に|YOURMYSTAR STYLE by ユアマイスター

カーテン カビ とり

カビを除去したいのであれば、まずはカビが生える原因を知っておきましょう。 また、家の中でカビが生えやすい場所についても解説します。 カビが繁殖する3つの条件 カビとは、キノコのような子実体を形成しない、 菌糸だけで形成される菌類で、コロニーと呼ばれる集団を作ります。 カビが活発に繁殖するためには、次の3つの条件が必要です。 湿度80%の湿度• 汚れやホコリ、食品などの栄養 家の中でカビが生えやすい場所は? カビが繁殖しやすいのは、次の条件にあう場所です。 結露がよくできるところ• 空気がたまりやすいところ 家の中を見回して、カビがはえやすい場所のカビを重点的にチェックする習慣をつけましょう。 カビができやすいのはこんなトコロ!• 浴室や洗面所、台所のシンクなどの水まわり• 収納や押し入れの壁• 北側の部屋 春先にしっかりカビを除去しましょう カビというと梅雨の時期になって慌てて対策し始める人が多いのですが、カビの除去は 春先から始めましょう。 冬から春にかけて空気は乾燥しますが、家の中は暖房のために結露ができやすく、あちこちで小さなカビができてしまいます。 その後暖かくなり、梅雨に入って温度と湿度の条件が整うとカビが一気に繁殖を始めてしまうので、春先に小さなカビを見逃さず、除去しておくことが大切です。 できてしまったカビを除去する方法と除菌のポイント 小さなカビに気が付いたら、大きなコロニーになる前にカビを徹底的に除去しましょう!カビは常に空気中に漂っていますので、カビの除去は、• 汚れを落とす• 殺菌する の両方をしなくては効果があがりません。 室内のカビを除去する際は換気から始めましょう 収納や押し入れに入れた衣類や布団にカビがついてしまったら、換気をしながら軽く洋服用ブラシをかけて胞子を落とし、タオルにエタノールを含ませて叩くように拭き取ってカビを除去しましょう。 カビが落ちたら天日干しをして、しっかり乾燥させておけば再繁殖が防げます。 収納や押し入れは風通しが悪いので、内部に物を詰めすぎないように注意して、少しだけ扉を開けておくことを習慣にしてカビを防ぎましょう。 家の中にカビを作らないためにはどうすればいいの? 暖かく気密性の高い住宅はカビにとっても住みやすく、放っておけば一年中家の中でカビが繁殖してしまいます。 家の中にカビを作らないために一番よいのは、家の中の風通しをよくして家の中を乾かすことです。 カビは空気中の水蒸気を使って繁殖するのではなく、物体の表面についた水分を使います。 風通しをよくしておくことで表面の水分を乾かせば、かなりのカビをなくすことができますよ。 カビを防ぐ風通しのよい家の整え方• 換気扇だけに頼らず、一日3~4回は窓を開けて換気をしましょう• 家具と壁のあいだを5㎝程度開けて風通しをよくしましょう• 帰宅後は10分間窓を開けて換気を習慣づけましょう• 結露を作らないために、暖房の設定温度は控えめにしましょう カビを除去するとともに、カビを発生させない環境を作りましょう カビは、結露や空気がたまりやすい場所に発生しやすいです。 暖かくなってくる季節になると、カビの繁殖力もどんどん増してきてしまいます。 一度家中を見渡して、 カビの除去を徹底的に行いましょう。 また、カビを発生させない環境を作ることも大切です。 部屋の換気をまめに行い、空気を循環させることを忘れないでくださいね。

次の