泰葉 の ブログ。 泰葉

[B! 芸能] 告発|泰葉オフィシャルブログ「Yasuha Style」Powered by Ameba

泰葉 の ブログ

本日の小朝師匠のブログが素晴らしくておもわずヤスと比べてしまいました 夢見る親子 2020年06月26日 金 おはよう 昨日は夏川りみさんから大ヒット曲の裏話を伺いました 夏川さんは小学校2年生の時から1日2時間、民謡の歌い手だったお父さんの歌唱指導を受けていたそうです 親子の目標はただひとつ、紅白歌合戦に出演すること コンクールに最年少で優勝した夏川さんはスカウトされてプロデビューするものの鳴かず飛ばず 沖縄へ戻りお姉さんのスナックで働きながら店で唄っているうちに再デビューのチャンスを手に入れます ある日、BEGINさんの涙そうそうを聴いた夏川さんは、どうしてもこの歌を唄わせて欲しいと直談判をして許可をもらい、その結果大ヒットとなるわけです この曲で念願の紅白出場を果たした娘に、お父さんはお前は親孝行な娘だと大喜びしたそうですが 紅白の当日、娘の晴れ姿を観ようとお父さんはこっそりNHKホールの客席へ そんなことは知らない娘は、唄っている最中になんと4000人の観客の中からお父さんの姿を見つけて驚いたそうです 長年の夢が叶った親子ですが、涙そうそうはカバー曲なので、今度はオリジナル曲で紅白に出場してみたいと熱く語る夏川さん 挫折をしてお姉さんのスナックで唄いながらも歌手の道を諦めなかった歌姫ですから、いつかそれが実現することでしょう 親子の夢は、まだまだ続きます それでも小朝師匠はぎりぎり泰葉が暴発しないように、上手くガス抜きしてたんでしょうね。 ところが泰葉の著書「開運離婚」では ある日香葉子が泰葉に 「小朝師匠の名前を出すと、泰葉が不自然な態度を取る、自分らしく生きろ」と指摘、 折しも某演出家から仕事の話が舞い込み、 すっかり万能感に満ちた泰葉が、 自分の力を過信しての離婚独立。 香葉子はそれを「小朝師匠にも泰葉に仕事を与えた責任がある」かの様な発言と、泰葉を 「かわいそうなくらい師匠に尽くしていた」と擁護した。 師匠はきっと香葉子に対しても、根岸家にも 大変失望したと思います。 離婚以来、泰葉の件で、根岸家が苦しんでいるのは、泰葉と根岸家に関しては自業自得だと思います。 ヤス「どうやら隠し子がいました!パパにです」 《周りには、自分中心、身勝手。 人の痛みも分からず、自己の幸せしか願わず。 俗に言う「かまってちゃん」な人もおります。 泰葉はアメブロを自分の解釈で良いように 他人への誹謗中傷、名誉毀損で炎上商法し、また詐欺行為を行っている。 それを咎めると、今度は法改定を曲解して、 アンチの個人情報を開示すると脅す。 自分の誹謗中傷、名誉毀損、詐欺行為には 一切の謝罪、説明もしない。 アメブロも泰葉が意図的にブログを悪用している事を知りながら、まさかの放置。 再三、泰葉のアメブロ読者からの規約違反などの指摘をどう受け取っているか、 泰葉に警告などしているか知らないけど、 泰葉は来月の法改定をアンチへの報復に使う アンチの個人情報開示など とブログで明言しています。 もし、泰葉が法改定を悪用し、アメブロ側がこれまでと同じようにキチンと処置 今回はブログ削除では済まされない をしなければ、断固サイバー警察などに抗議致します。

次の

泰葉告発内容(ブログ)が異常!手にハサミの画像!大丈夫か?

泰葉 の ブログ

スポンサーリンク 泰葉の頭おかしい奇行まとめ!病気で障害者の理由?マスターさん激怒! 小朝との離婚騒動での頭おかしい奇行 泰葉さんは春風亭小朝さんとの離婚の際に、 「金髪豚野郎」という名言を残し、離婚会見を晴れやかに行っていました。 (画像引用元:) 2007年11月に自らのプロデューサーとしての活動発展を理由に離婚した泰葉さん。 そこで行われた離婚会見では、結婚等の祝い事で使う金屏風を会見場に立て、しきたりに反すると同時に芸能界でも前例のないパフォーマンス・演出により話題となりました。 当初は「社長業と主婦業の両立が出来ない」「夫の小朝との関係が家族愛ではなく師弟愛だった」という理由で「円満離婚」を強調していました。 しかし、その時から精神的に不安定のせいか、離婚会見での話は支離滅裂、小朝さんに対して「金髪豚野郎」とののしる脅迫メールを数百通も送ったり、慰謝料は1億5千万円で、「安い」と不平を漏らしています。 脅迫メールにいたっては、母・海老名香葉子さんが騒動についての謝罪文を発表し、その後に会見を開き、「(今後は)小朝に一切メールをしない」などと一方的に終結を宣言していました。 ところがこの「金髪豚野郎」が迷言となり、泰葉さんはバラエティ番組でもネタとして話題になっていました。 裁判沙汰を起こされて脅迫と頭おかしい奇行? 泰葉さんは 事務所を共同で設立した脚本家の田渕久美子さんと仲違いをして、裁判を起こしてました。 離婚騒動が終わり、2007年に脚本家の田渕久美子さんと、芸能事務所「アイアン・キャンドル」を共同設立して新たな門出を迎えようとした泰葉さん。 しかし、芸能事務所アイアン・キャンドルが、京都の呉服店から着物など約2000万円の支払いを求める裁判を起こされたのです。 田渕久美子さんは「篤姫」制作発表で着るための和服を京都の呉服屋に発注しました。 ところが、商品を受け取る段階で、泰葉さんと田渕さんが商品の受け取りと代金の支払いを拒否したのです。 そのため呉服屋が2007年末に裁判を起こしてしまったのです。 それだけでなく、訴えによる話し合いでは泰葉さんから脅迫めいた口汚い言葉で攻撃されていたらしく、和解が進まず長引いているとのことです。 プロレスラー参戦で頭おかしい奇行? 2008年にその末に開催される「ハッスル・マニア2008」の電撃会見を行い、なぜか プロレスラーとなった泰葉さん。 なんでも、歌を歌いたければリング上で戦い勝つことを条件としてされたため、強制的にプロレスラーとなったようです。 (画像引用元:) もともとシンガーソングライターだった泰葉さんなので歌手としては問題ないですが、わざわざ歌うためのパフォーマンスとしてプロレス参戦とは迷走に思われてもしょうがないですね。 ブログで春風亭小朝を告発して因縁再熱! 裁判沙汰やプロレスラー参戦と迷走ぶりが見える泰葉さんですが、今度は 再度春風亭小朝さんについてブログで過激に告発していました。 これが事実ならまたしても大騒動なのですが、なぜ今更になって突然告発したのか、その突拍子もなさにまたしても離婚会見当時のように周囲を驚かせていました。 小朝と和田アキ子を訴えるで頭おかしい奇行? 今度は 春風亭小朝さんだけでなく、和田アキ子さんも訴えると会見にて告発したのです。 「それはそれは苦しい苦しい戦いでした。 自分にフタをしていた。 自分の傷をさらけ出すことがどれだけ苦しいことか、よくわかりました」 「今回、 提訴するのはおふたりです。 春風亭小朝さま、そして和田アキ子さまです」 会見では春風亭小朝さんのDVについて語り、そのため春風亭小朝さんを訴えると語りました。 「まず、度重なる暴力です。 いちばんキツかったのは、亡くなった三木助師匠と仲よくなったのを嫉妬されて、布団でぐるぐる巻きにされて2階から突き落とされました」 「(小朝が)『三匹が斬る』というドラマで、木刀を持って殺陣の練習を始めた時は、(運転中の)私の後頭部を叩き、(私が)『殴ってもいいから、車を止めてからにしてくれ』とお願いしましたが、ダメだの一言。 混雑している六本木の交差点で木刀で殴られた時は本当に大変でした。 また、高速道路でそれが始まった時は、本当に命が危ないと思いました」 「逆さ吊りにされ、『そんなにお腹が空いているならこれを食べろ』と言われて、吊るされたまま食パンを喉につめこまれ、息が止まりました。 食パンっていうのは、水がないと吐き出してもカサカサが喉から取れない」 「みその配合が気に入らないと熱いみそ汁をかけられたり、『おれを誰だと思ってるんだ』と言って包丁を振り回され、10針か12針を縫ったこともあります」 そして、和田さんに関しては「明らかに営業妨害です」と主張し、訴える意向を示しました。 和田アキ子さんからはラジオ番組などで「どうしたの」等と否定するような言葉を発言、テレビ局であいさつした際も、「なんであんた、そんな肌出した洋服着てるの」とスタッフらの前で言われたことが営業妨害だったとのことです。 そんな会見を開きましたが、 なぜか会見最後には用意されたグランドピアノを弾きながら『スマイル』を歌い上げるという奇行に走ります。 急にまたしても告発するのもそうですが、なぜ最後に歌を披露するのか常人には分かりません… 元マネージャーに脅迫で頭おかしい奇行? 泰葉さんはCD作成に尽力した元マネージャーに自ら起こした金銭トラブルで脅迫を行って書類送検されました。 きっかけは2017年8月に 同年9月に発売を予定していたCD制作が頓挫したことが原因でした。 「レコーディングが終わりリリースするときになり、泰葉の会社に残金が8000円しかなかったのです。 そして、まさかのイラン人を使っての脅迫ですが、もしかして婚約解消したあのイラン人なのでしょうか? そのため、Aさんは翌日に警察署に相談して、2017年8月18日に泰葉さんは警察署に呼ばれて犯行を認めました。 泰葉さんは犯行を認めたため、 Aさんは泰葉さんに対する思いもあり、被害届は提出せずに指導だけにしてもらいました。 (画像引用元:) その後、メールでやりとりをし、今年3月末までに私への未払い金約300万円を返済することを約束したのでした。 ところが、 事件を反省するどころか、まったく誠意のある対応をしないで返済せず、被害届を提出することにしたのでした。 実際に2017年12月17日にブログで自己破産宣言の対応が酷いと報道されていました。 「その日の午前中に《お借りした金銭は返済不可能です ありがとうございました》と一方的にメールが送られてきたんです。 支払期限はとうに過ぎていたのですが、それがまさかこんなメール1通ですまそうなんて……。 本当に頭にきていますよ」(レコーディングに参加した音楽関係者) 「CD制作費だけでなく、クレジットカードや事務所の家賃、外車のリース代などが滞っています。 一部には実母である海老名香葉子さんへ返済を求めるような動きもあるようですよ」(芸能プロ関係者) その後、一応Aさんは泰葉の実家である海老名家へも連絡を入れましたが、絶縁状態ということで知らん顔。 これも泰葉さんはから絶縁したのでしょうがないですが、 海老名家からも見放されて被害届を出されて警察は捜査に入ったのでした。 最終的には2018年9月28日に脅迫の疑いで神奈川県警藤沢署から書類送検されていたことが判明しました。 イラン人と婚約して解消、その後復縁と頭おかしい奇行? 泰葉さんはイラン人のメィヒディ・カーゼンプールさんと突然婚約し、突然婚約を解消、その後に復縁と頭おかしい奇行をします。 (画像引用元:) 2017年9月20日に都内でイラン人の会社経営者のメィヒディ・カーゼンプールさんと婚約会見を開きました。 メィヒディ・カーゼンプールさんとはネットで知り合い、実際に会うのは僅かですが、メールでのやり取りで婚約に発展しました。 「2019年12月31日をもって、芸能界、芸能活動、音楽活動すべて引退します。 彼の血筋を残したいというのが希望で、たくさんの子供を育てたい」 それだけでなく、芸能界を引退するとまで発言したのです。 ところが、2018年4月に新曲「深愛のmy tholoy」のジャケット写真をメィヒディ・カーゼンプールがイチャモンをつけたことが原因で婚約を解消したようです。 ただ一つのことが原因でした。 私の新曲「深愛のmytholoy」のジャケットのイメージ写真を(彼に)見せたところ、「僕はこの写真は気に入らない。 変えてくれと」言われてしまったんです。 私としては久しぶりの新曲、本当に納得できる、自分でもやったと思える作品が作れたものですから、当然喜んでもらえて、ビジュアルも私は納得していましたし、彼も喜んでくれると思っていました。 でも「僕は気に入らない、チェンジ」と言われまして、私は本当にショックでした。 まず、彼とは婚約しておりましたが、まだ夫でもない、音楽のスタッフでもありません。 そこまで意見を言うのはまだ早いのではないか。 私の考えが古いかもしれませんが、そこはビジネスですから大変ショックで、その文字を見た瞬間に何かがガラガラッと崩れる音がしました。 しかし、婚約解消からわずか1か月後の2018年5月18日には、復縁したことを発表したのです。 「私泰葉はメヒディ カーゼンプールさんと よく話し合い 気持ちを確かめ合い 愛を確認し 復縁することになりました」 「やはり愛を信じ、貫きたいと思います」 そんな何度もすぐに心変わる泰葉さんに頭おかしい奇行と言われていたのでした。 クラウドファンディングの金を私的に使って頭おかしい奇行? 泰葉さんは クラウドファンディングで手に入れたお金を、私的に使う詐欺まがいな行為をしていました。 泰葉さんはネット上のクラウドファンディングで300万円を目標に出資者を募るものの、約17万円しか集まりませんでした。 (画像引用元:) そんな、集まった約17万円ですがCDは届かない、お金も返ってこないので、出資者から詐欺ではないかという声が上がっているのです。 泰葉さんは自己破産し、頼みの援助予定だった婚約者のイラン人とも解消となり、確かにお金がないので怪しいです。 そして、泰葉さんに取材した所、 「お返ししたいのですが、お金がないので何日までに返すとは言えません。 ( 出資金は)申し訳ないのですが、食べるお金もなかったのでありがたく使わせていただきました」 と、 出資金を目的外で使ったことをあっさりと認めています。 つまり、 出資金を私的に使い込んだ詐欺なので、これも被害届を出されれば逮捕される可能性があるのです。 頭おかしい奇行の原因は双極性障害? 泰葉さんは離婚会見当時から精神的に不安定となり、2016年には鬱を繰り返す「双極性障害」と診断されていました。 双極性障害には「活動的になる」「一日中憂鬱な状態になる」2つの症状があり、 精神障害で最も自殺企画が多い疾患とのことです。 (画像引用元:) そのため、今まで他の人から見て、活動的で元気そうで奇行が目立ったのは、活動的な「双極性障害」の症状に当てはまり、精神的にかなり不安定で危険な状態だったのでしょう。 マスターさんが怒りのツイート! そんな泰葉さんの頭おかしい奇行に、ツイッターにて「マスターさん」という方が発信し証拠として残す為のツイートが話題になっています。 マスターさんのツイートを見ると本当に泰葉さんのことだけが書かれており、訴えているのでした。 スポンサーリンク 泰葉 プロフィール (画像引用元:) 出生名 海老名 泰葉 生誕 1961年1月17日 出身地 東京都台東区 ジャンル J-POP 職業 シンガーソングライター、タレント、プロデューサー 担当楽器 歌 活動期間 1981~ 落語家の林家で育ち、幼少のころからクラシックを学んでいた泰葉さんは、1981年に「フライディ・チャイナタウン」でシンガーソングライターとしてデビューします。 その後は春風亭小朝と婚約しましたが、2007年に異例の離婚会見を開き、「金髪豚野郎」と迷言を残して奇行が目立っていきました。 それから芸能事務所「アイアン・キャンドル」を共同設立したが裁判沙汰になったり。 2008年にその末に開催される「ハッスル・マニア2008」の電撃会見を行いてプロレスラーにも挑戦しています。 そして再度春風亭小朝さんについてブログで過激に告発し、その後は和田アキさんも告発してタレント活動を終了して歌手に専念すると宣言しました。 2017年9月20日にはイラン人会社経営者のメィヒディ・カーゼンプールさんとの婚約を発表しましたが、2018年4月23日に婚約を解消したことが発覚しました。 また、2018年2月19日に公式ブログにて自己破産したことを公表していました。 泰葉の頭おかしい奇行がヤバイ!病気で障害者?マスターさん激怒! 泰葉さんの頭おかしい奇行は、春風亭小朝さんとの離婚から始まり、確かに奇行と言われかねない行為ばかりをしているように見えます… しかも書類送検されており、クラウドファンディングでの詐欺まがいは逮捕されないか心配です。 果たして泰葉さんは今後も頭おかしいといわれる奇行をしてしまうのか、時々注目しましょう! せばな~.

次の

泰葉のアンチもうんざり?1日に何度もブログ更新する理由

泰葉 の ブログ

この にはなが不足しています。 の提供に協力をお願いします。 存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的にあるいは有害となるものは すぐに除去する必要があります。 血液型A型。 の次女。 の元妻。 本名: 海老名 泰葉(えびな やすは)。 結婚引退中は、夫小朝の事務所「春々堂」の社長だった。 来歴・人物 [ ] 父はの。 母はの。 伯父は職人の(母・香葉子の兄)、祖父に、実姉に、実弟にと、義兄に、義妹に、甥にがいる。 幼少の頃からを学ぶ。 、、卒業。 音大進学の失敗を機にクラシックから転向し、ジャズやポピュラー歌手を志す。 に、(現:)より『』でシンガーソングライターとしてデビュー。 また、アーティストへの楽曲提供も行い、『夏のRELIFE』()、『YES、IT'S MY HEART』()『目黒の実家に帰ります』(五十嵐祐子)などを残した。 タレントとしては『』(系)初代アシスタント司会を務めるなどした。 その後、と婚約し、4月に小朝の援助を受けて音楽学部に入学、同年6月に結婚した。 しかし、 寝坊癖が直らず音大の出席が困難となり、わずか3ヶ月ほどで中退することになる。 [ ]自身は芸能界を引退し、小朝の事務所「春々堂」の社長として小朝のマネージメントを務め始めた。 引退で当然のように表舞台から姿を消したが、2004年のこぶ平の襲名記念披露パーティーの企画に携わるなど落語界で裏方的な活動をこなしており、時々テレビに映ることはあった。 11月12日にの宴会場で小朝と離婚という形でを開き、久々に公の前に姿を見せることになった。 慰謝料は1億5千万円で、泰葉は「安い」と不平を漏らしている。 これを機にアイアン・キャンドルを立ち上げるなど芸能界へ本格復帰(エピソードで後述)し、上に公式ブログを開設した。 に夫婦生活や離婚の経緯などを綴った著書『開運離婚』を出版。 父・三平の半生を描いたドキュメンタリー映画を製作するとあったが既に2010年時点で進展が無くなっている。 2008年にで行われるハッスル・マニア2008の電撃会見を行い、プロレスのリングに於いてが360度観客に囲まれて歌を歌ったように、プロレスのリングで歌を歌う「 ファイティング・オペラ」として参戦することを公言した。 しかしそこに、ハッスルの支配者が現れ、歌を歌いたければリング上で戦い勝つことを条件として課せられ、強制的にプロレスラーとなってしまった。 試合は12月30日に行われ、大晦日のゴールデンタイムに放映され、『』とも戦うこととなった。 2009年には自作新曲で歌手再デビューを果たし、でのショーやCDのに幾つか出演する傍ら、ら『つばさアーティスト』の一員としてライブ「つばさ祭」にも出演した。 しかし、2010年4月に予定していたミュージックラウンジでのライブ出演が中止となり、所属マネージメント会社をファイズマンへ移籍。 同年8月のへの登壇を以て歌手活動を休止し充電期間に入る。 休業期間中もブログの更新は続けていた。 2011年5月8日に実弟の2代目三平、義妹に当たる、母(香葉子)と共にの被災地である岩手県を慰問。 また、同年10月に催された三平と国分の結婚に出席し、マスコミ取材では「弟やったぜ! 」「来年アーティスト活動を(再開)しますので」と発言していた が進展はなく、2013年7月にねぎし事務所への再所属と歌手活動再開を発表。 ライブ活動とディナーショーの開催。 2016年6月6日、ねぎし事務所を退社し、個人事務所「泰葉エンターテイメント」を設立。 同社社長就任を発表。 2017年9月20日、イラン人会社経営者のメィヒディ・カーゼンプールとの婚約を発表。 (2018年4月23日に婚約解消を報告 2018年2月19日、公式ブログにて自己破産したことを公表する。 2018年9月18日、元マネジャーの男性宅前に、包丁や犬のふん、脅迫状を入れたポリ袋を置き脅したとして、に容疑で書類送検された。 同年12月19日、横浜区検察庁検に脅迫罪で略式起訴され、同日、横浜簡易裁判所より罰金10万円の略式命令を受けた。 同時に泰葉は芸能界から引退した。 その後は小朝が所属する事務所の社長を務め、主に小朝のマネージメント活動を行っていたが、時折テレビに出演し、小朝や弟のいっ平と共演する機会もあった。 2007年、自らのプロデューサーとしての活動発展を理由に離婚し、翌日にメディア発表を行い、小朝、実弟2人の同席や金屏風をバックにした異例づくめの離婚会見を行った。 離婚の経緯について、仕事を続ける中で主婦業に集中できず、中途半端が嫌なため、夫婦という関係を解消しようと申し出たことを明らかにした。 TBSの取材では、落語家である小朝を尊敬するあまり、夫の小朝との関係が家族愛ではなく師弟愛であったと涙ながらに語り、落語家の妻には二度とならないと語るなど、落語家の妻として振舞うことに相当の苦労があったことを覗かせていた。 離婚後、「落語家の元妻」ということで『』のでなぜかネタにされることがあり、「金髪糞豚野郎」をもじって、「何々野郎」と罵倒する言葉を考えるというお題が出されたり、特にからは、「うるせえ泰葉(アニメのキャラクターをもじる問題が出題された際にて、のもじり) 、根岸に近づいたところで「落語家の皆さん、そろそろ根岸ですからね、泰葉が出るぞー 」、「春風亭小朝」と「海老名泰葉」で(ネットで組み合わせ)検索したら パソコンが燃えました(いわゆる、「」をネタにしたものと思われる )、「泰葉です。 海老名家の 困りもの(「エコ」を頭に付けた言葉を考える問題にて) 」などとネタにされることが多々ある。 からも、「あれが来るとロクなことがない」と合いの手を入れることがある。 からは、泰葉の目の前ではないが、「おしゃべりブタ野郎」というあだ名を付けられた。 アイアン・キャンドル [ ] 2007年に脚本家のと、芸能事務所「アイアン・キャンドル」 を共同設立し、本名で代表取締役に就任した。 2008年1月から放送された「」の脚本を担当した田渕のマネジメントと、同作品の総合プロデュースを名目に事業を行っていた。 なお、泰葉も同社マメジメント期間中にNHK『』に出演している。 しかし事務所設立前に、田渕が自身の衣装として事務所に向けて発注した着物の代金未払いが発覚し、2008年11月に事務所に対して2000万円の請求訴訟が提起された。 続いて泰葉が呉服店関係者に対して、田渕の再婚した夫の最期が近いことなどを連絡したにもかかわらず連絡に応じなかったとして、やに罵倒を発したことから、同年12月には泰葉に対して名誉毀損訴訟も提起された。 泰葉はハッスル・マニア2008の練習などで顔を出し、マスコミに対して損害賠償については和解勧告を受けており、名誉毀損については罵倒を認め、謝罪文を送付したことを明らかにしている。 その後、一連の騒動で会社解散の危機に追い込まれたが、泰葉自身の歌手活動の復活と共に、つばさエンタテンメント(つばさレコーズ)とエージェント契約を結ぶことで継続した。 その他エピソード [ ]• 泰葉の名前の由来は、父・三平の本名、泰一郎の「泰」の字と、母・香葉子の「葉」の字からとって付けられた。 、『』のに出演した際、泰葉が「お友達紹介」の際、電話番号を誤り、一般人宅に間違い電話をかけてしまった。 が冗談で「明日来てくれるかな? 」と問いかけたところ、相手が「いいとも! 」と答えたため、次の日から3日間、本コーナーの前に一般人がゲストのテレフォンショッキングが行われた。 にされたことがあり、それを本気にしていたという。 ディスコグラフィ [ ] シングル [ ] 発売日 規格 規格品番 面 タイトル 作詞 作曲 編曲 ポリドール 1981年9月21日 EP 7DX-1120 A 海老名泰葉 B 1982年3月 EP 7DX-1161 A ブルーナイト・ブルー 荒木とよひさ 海老名泰葉 井上鑑 B 突然ハプニング 1982年8月 EP 7DX-1179 A 荒木とよひさ 海老名泰葉 B 1983年4月 EP 7DX-1224 A ポール・ポーリー・ポーラ 荒木とよひさ 海老名泰葉 B 涙のブロークンハート 後藤次利 1983年10月 EP 7DX-1264 A COOL TOWN 海老名泰葉 B HOT TOWN 1984年6月25日 EP 7DX-1315 A 夏の恋・ジェラシー 海老名泰葉 海老名泰葉 井上鑑 B 夏のエピソード 竜真知子 海老名泰葉 1984年9月25日 EP 7DX-1333 A 下町スウィング B ショート・ストーリー(短編小説) 1986年9月25日 EP 7DB-0001 A Sincerely Yours 泰葉 B Don't You Know IRON CANDLES 2008年12月17日 CDS XNIC-10001 1 お陽様よほほえんで 泰葉 井上鑑 2 大聖堂 2009年12月2日 CDS XNIC-10003 1 I Believe 泰葉 2 フライディ・チャイナタウン2009 荒木とよひさ 海老名泰葉 SANPEIDO 2015年3月4日 CD SPDO-1001 1 桜舞う日は Yasuha Yasuha 井上一平 2 ひとひらひらり Yasuha 3 HAND in HAND~手をつなごう~ 原案:海老名香葉子 うえのけいこ うえのけいこ 泰葉エンターテイメント 2017年7月20日 デジタル配信 1 Smile 2018年4月21日 デジタル配信 1 深愛のmythology 泰葉 アルバム [ ] 発売日 レーベル 規格 規格品番 アルバム 備考 1981年11月1日 ポリドール LP 28MX-1069 TRANSIT 1986年12月21日 ポリドール CD H32P-20135 1994年11月26日 ポリドール CD POCH-1432 1982年4月25日 ポリドール LP 28MX-1092 ViVid 1982年6月11日 ポリドール LP 14MX-1120 わっ不っ思議ー。 レコードの溝が2本切ってある特殊加工レコード(A面のみ)。 同じ曲(「」)のアレンジ違い版が入っており、レコード針の落とし方でどちらかが流れる。 1983年3月25日 ポリドール LP 28MX-1128 RESERVED 1983年11月1日 ポリドール LP 14MX-1152 わっ不っ思議ー。 Part. 2 レコードの溝が逆方向に切ってある特殊加工レコード(A面のみ)。 通常のレコード盤と違い、針を内側に落として再生する。 曲の進行とともに針が外側に移動する。 ジャケットはアルバム「RESERVED」のジャケットを反転(文字が裏返し)したもの。 1984年9月5日 ポリドール LP 28MX-1187 White Key 『』テーマ曲「GOOD MORNING T. V SHOW」は本作に収録。 2006年3月1日 ユニバーサルミュージック CD UPCY-6120 2016年6月22日 ユニバーサルミュージック CD UPCY-9311 2017年9月20日 泰葉レコーズ CD YZYY-3001 後に発売中止。 [ ]• (2004年1月28日、)-「フライディ・チャイナタウン」• EP:7PL-220• アルバム『YAHHOO!! 』にて「夏のRELIFE」としてセルフカバー 出演映像作品 [ ]• ・泰葉のTHE VHD WORLD• 1986年。 制作協力:、制作・著作:。 で発表。 非売品。 著書 [ ]• 開運離婚(2008年2月、刊) 主な出演番組 [ ]• (1987年10月 - 1988年3月、初代アシスタント)• - 離婚の経緯などを説明。 」(2009年1月22日)• (2009年7月14日(1986年4月7日出演以来23年ぶり3回目))• - ナレーションを担当• (複数回ゲスト出演。 キーボードでピアノ即興演奏を披露するなどした)• - レギュラー ラジオ [ ]• ウィークエンドイングス• 1984年10月 - 1987年4月• - と共にパーソナリティを務めていた。 1985年4月~1986年3月• (2008年6月13日) 泰葉役を演じた女優 [ ]• 「」()• 」() 脚注 [ ] []• ORICON STYLE. 2016年6月6日. 2016年6月7日閲覧。 SANSPO. COM 産経デジタル. 2011年5月9日. の2011年5月12日時点におけるアーカイブ。 2018年4月23日閲覧。 eltha oricon ME. 2011年10月3日. 2018年4月23日閲覧。 ORICON STYLE oricon ME. 2017年9月20日. 2018年4月23日閲覧。 Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2018年4月23日. 2018年4月23日閲覧。 デイリースポーツ online 株式会社デイリースポーツ. 2018年2月19日. 2018年4月23日閲覧。 産経新聞 株式会社産業経済新聞社. 2018年9月28日. 2018年12月19日閲覧。 朝日新聞デジタル 株式会社朝日新聞社. 2018年12月19日. 2018年12月19日閲覧。 Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2007年11月14日. の2008年1月25日時点におけるアーカイブ。 2018年4月23日閲覧。 ちなみに「金髪糞豚野郎」のもじりで6代目円楽は歌丸のことを「ハゲタカ骨野郎」と呼んだことがある。 鋼の(溶けない蝋燭)という意味。 2013年10月23日. 2014年6月2日閲覧。 2014年3月21日号 p. 『』公式サイト 2007年4月10日. 2014年6月2日閲覧。 外部リンク [ ]• - チャンネル• yasuhastuff -.

次の