緑内障 最新 治療。 日本眼科学会:目の病気 緑内障

緑内障の初期症状と最新の治療法とは?

緑内障 最新 治療

緑内障の治療方法の1つとして手術があります。 緑内障手術とは平たく言えば、 流れが悪くなった房水の循環を物理的に良くする方法。 手術することによって、緑内障の悪化を防ぐことができます。 緑内障の治療の最初は、 点眼薬や内服薬を処方して眼圧のコントロールを行います。 しかし薬だけでは房水流れに改善が見られない場合、 虹彩に穴を開けるレーザー治療で房水の流れを良くします。 それでも改善が見られない場合、 緑内障がかなり進行している場合、 または隅角が急速に閉じる発作が起きる 急性緑内障の場合になって初めて手術に踏み切ります。 手術は緑内障治療の最終段階と言えます。 緑内障の診断で早期発見していれば、 すぐに手術ということは稀です。 ですので完治させたいから早期の緑内障でも 手術を受けたい、と思っていてもそうはいきません。 結果から言ってしまえば、 緑内障の手術をしても、緑内障が完全に治る訳ではありません。 そもそも緑内障の症状は視神経の ダメージや負担によって、 視界が悪くなったり狭くなったりするものです。 一度傷ついた視神経を元に戻す医療技術は、 現在のところ確立されておりません。 緑内障の手術は、緑内障の進行を止めるだけで、 緑内障を完治する訳ではないのです。 緑内障の手術をしても 、房水の循環経路に再び問題が起きて 再手術というケースも少なくありません。 そうなると、緑内障の治療、手術は 意味がないのでは?と考える人もいるでしょう。 しかし緑内障は進行が進めば、 視野や視界の大半が失われ、 最悪の場合失明してしまう危険性がある恐ろしい病気です。 現在、日本人の失明原因の 第一位が緑内障によるものなのです。 また40歳以上の20人に1人が緑内障にかかっているとも言われ、 例え今、目の状態は健康でも 今後も緑内障とまったく無縁とは言えないでしょう。 逆に言えば、早期発見して専門医にかかり、 適切な指導を受けていれば失明することはまずありません。 定期的な点眼または内服薬と眼科の受診が必要で、 ずっと付き合って行かなければならない病気ではありますが、 失明を防ぐためには怠りないように処置して行きたいものです。 スポンサーリンク 緑内障治療最新技術 緑内障の手術は、例えると排水管の工事です。 排水管とは房水の排出器官の線維柱帯のことで、 詰まりを取り除いたり、線維柱帯に変わる新たな排水経路を作り、 房水の循環を正常に戻します。 線維柱帯を切除あるいは切開する手術は、 房水の排出をより効率的にさせ、 眼圧の上昇を抑制します。 しかし手術痕に雑菌が入り、 合併症を起こすリスクや、 線維柱帯が再び目詰りを起こして 再手術となる確率も決して低くはありません。 そこで近年になり、人口の管とプレートを眼球に取り付け、 新たな房水の排出路を作る 「 チューブシャント手術 インプラント挿入術 」が注目されています。 チューブシャント手術は2009年から欧米で始まり、 日本では2012年から保険適応内の治療法として採用されました。 さらに具体的に説明すると、 シリコン製のインプラント バルベルト は チューブの他にプレートがあり、 プレートを眼球周囲に固定し、 被膜の中に通したチューブから流れた房水をプレートに排出させます。 もう1つのインプラント、 ステンレス製の「エクスプレス」は、 プレートを持たず、目の周辺組織に新たなトンネルと作る方法です。 目に細い管を入れる、と聞くと誰もが躊躇してしまいます。 もちろん外見上何も変化は見られません。 さらに眼圧降下も安定し、 手術痕の出血や合併症も従来の手術にくらべてリスクは低いので、 新たな手術法として日本国内でも確立されつつあります。 国内でのチューブシャント手術の導入はまだ浅く 執刀実績のある専門医が少ないのも現状です。 多くの専門が、今後インプラント手術実績を積んで、 多くの緑内障患者の光明となる時代が望まれています。 スポンサーリンク 検査方法も進歩している 緑内障は一にも二にも検査、早期発見が重要です。 緑内障の検査方法も進歩しており、 より精密に視神経や眼圧の様子を知ることができるようになりました。 特に日本人に多い緑内障の正常眼圧緑内障を 発見するには、眼底の視神経の検査が必要です。 最近では 眼底検査に光干渉断層計 OCT を導入する 医療機関が増え、視神経乳頭の形状や、 網膜神経線維の厚さを調べることが可能に。 視神経の損傷が30%以上の場合、 視野欠損が自覚できると言われていますが、 OCTは視神経の損傷が30%未満でも 緑内障の危険性を感知することができます。 検査方法も数分で終了し、 他の緑内障検査と併せてより確実に 早期発見が可能になりました。 スポンサーリンク.

次の

緑内障の名医(日本の名医リスト一覧)-評判の良い眼科専門医

緑内障 最新 治療

日本緑内障学会に所属している• 緑内障手術の実績が高い• 緑内障の早期発見の診断に優れている• OCT 光干渉断層計)などの検査機器が備わっている• スタッフとの連携が良く取れている• 「技術も人柄も信頼できる先生」と思える 緑内障とは一生の付き合いです。 だから 先生のパーソナリティも大切です。 大きい病院と個人病院、どちらがいいの? どちらにも 一長一短があります。 住んでいる場所や状況に合わせてどちらに行くかを検討しましょう。 専門医が開業した個人医院 名医の先生に直接、見てもらえる可能性が高いです。 複数の医師がいるところもありますが、仕事のほとんどが診療にさかれているため、モチベーションが高く、 親身になってくれるといえます。• 専門医がいる大きな病院(総合病院、大学病院) 直接お目当ての先生に見てもらえる可能性は低そうです。 ただ専門医の指導のもと 高度な医療機器やサポート体制はしっかりしています。 北海道 病院名 北海道大学病院 医師名 緑内障外来診療教授 陳 進輝 住所 北海道札幌市北区北14条西5丁目 電話 代表011-716-1161 予約専用011-706-7733(平日9:00~16:00) 診療日 月・水・金 初診8:30~10:30 完全予約制 緑内障外来は水曜日午後 紹介状・予約 どちらも必要 特徴 陳先生は日本緑内障学会評議員。 手術件数は年間250件以上と多く、難治性への対応も可能。 研究にも余念がなく、睡眠時無呼吸症候群との関連についても進められています。 病院名 札幌医科大学附属病院 医師名 眼科長 大黒浩教授 住所 北海道札幌市南1錠西16丁目291 電話 代表011-611-2111 診療日 月~金 初診8:45~11:00 緑内障外来は水曜日 紹介状・予約 紹介状必要。 再診は予約。 特徴 大黒教授をチーフに緑内障専門外来で多くの患者に対応。 道内に3台しかない超音波生体顕微鏡を用いた検査で早期発見に努めています。 東北 病院名 秋田大学医学附属病院 医師名 眼科長 吉富健志教授 住所 秋田県秋田市広面字蓮沼44-2 電話 代表018-834-1111 診療日 月・水・金 8:30~10:30 (火・木は手術のみ) 紹介状・予約 どちらも必要 特徴 緑内障治療に力を入れている病院。 吉富先生は緑内障治療の権威。 緑内障手術にインプラントを取り入れた第1人者。 日本緑内障学会理事。 県内外から患者さんが多数紹介されてきます。 病院名 東北大学病院 医師名 眼科長 中澤徹主任教授 住所 宮城県仙台市青葉区星陵町1-1 電話 代表022-717-7000 診療日 月~金 受付8:30~11:00 診療8:30~17:15 緑内障外来は火曜日 紹介状・予約 どちらも必要(初回は紹介元からの予約制) 特徴 中澤先生は日本緑内障学会理事。 正常眼圧緑内障での眼血流を測定する最新機器を有し、手術も東北の大学病院で唯一のトラベクトームを行うなど最先端を行っています。 関東 病院名 四谷しらと眼科 医師名 白土城照(しらとしろあき)院長 住所 東京都新宿区四谷1-1-2 四谷見附ビル3F 電話 03-3355-4281 診療日 月・火・木・金(水は手術) 9:30~11:30、 14:30~16:30 紹介状・予約 どちらも必要 特徴 白戸先生は緑内障のセルフチェックを考案したことでも有名な緑内障治療の権威。 日本緑内障学会評議員。 月平均1500人の患者の98%が緑内障という評判の緑内障専門病院です。 病院名 東京逓信病院 医師名 眼科部長 松元俊 住所 東京都千代田区富士見2-14-23 電話 代表03-5214-7111 予約専用03-5214-7381(平日の9:00~17:00。 予約希望の3か月前から前日の17時まで) 診療日 月~金 8:30~11:00、 12:30~16:00 松元先生は月曜日午前午後、 木曜日午前 紹介状・予約 どちらも必要 特徴 院長補佐兼眼科長の松元先生は緑内障の名医。 都内はもとより全国から紹介状を持った患者さんがやってきます。 火曜日午前 紹介状・予約 紹介状必要。 初診時の予約は必要ないが待つ覚悟を。 特徴 新家先生は緑内障の権威として世界的に有名。 東大病院から就任し関東中央病院の病院長でもあります。 日本緑内障学会特任理事。 日大板橋病院眼科長から就任。 2016年7月から緑内障専門治療を開始させました。 病院名 吉川眼科クリニック 医師名 吉川啓司院長 住所 東京都町田市中町1-3-1 小田桐ビル2F 電話 042-739-0781 診療日 月・火・水・金 9:00~12:00 3:00~5:00 土 9:00~12:00 紹介状・予約 紹介状は特に必要なし。 予約制ではないが予約をしても待つ。 特徴 緑内障専門医の吉川先生がひとりでやっているが、出張で不在時は奥さまの代診になることも。 病院名 東邦大学医療センター 大橋病院 医師名 眼科長 富田 剛司(とみたごうじ)教授 住所 東京都目黒区大橋 2-17-6 電話 代表03-3468-1251 診療日 月~金 8:30~11:30, 13;30~15:30 土 8:30~11:30 緑内障外来は水曜日・金曜日 紹介状・予約 どちらも必要 特徴 富田先生は緑内障治療の世界的レベルの名医。 日本緑内障学会理事・評議員。 緑内障ガイドライン作成委員。 眼圧の細かな変動もチェックするため土日を利用した1泊入院検査もあります。 病院名 西鎌倉谷野眼科医院 医師名 谷野富彦 院長 住所 神奈川県鎌倉市西鎌倉1-2-20 電話 0467-32-6009 診療日 月~金 9:30~11:30, 14:00~17:30 土9:30~11:30(第3水曜午後は院長不在のため代診) 紹介状・予約 必要なし。 受付順に診察。 順番表に必ず名前を書くこと。 月・火の午後、水の午前午後は比較的空いている。 特徴 谷野先生は夕刊文春やプレジデントなどにも紹介された緑内障の名医。 病院名 たかせ眼科 医師名 高瀬正彌(たかせまさひろ) 院長 住所 東京都目黒区中根1-6-6 都立大渡辺ビル3F 電話 03-5729-0887 問い合わせ・予約 03-5729-0532 診療日 月・火・水・金・土 9:45~12:30, 14:45~18:30 院長は月・金 土曜午後は交代制 紹介状・予約 紹介状必要なし。 混んでいるので電話で予約を。 特徴 日本緑内障学会名誉会員の高瀬院長は東大病院出身の緑内障専門医。 最新の検査機器を備え的確な診断に定評。 多くの患者から信頼が寄せられている名医。 (なおネットではもう一件、府中市のたかせ眼科があるが別。 「たかせ眼科 中根」「たかせ眼科 目黒」で検索を。 完全予約制。 特徴 井上院長は緑内障専門医。 日本緑内障学会評議員。 130年の歴史を誇る、眼の総合病院。 施設・スタッフが充実。 有名なのでとにかく混んでいる。 中部 病院名 岐阜大学医学部付属病院 医師名 眼科長 山本哲也 教授 住所 岐阜県岐阜市柳戸1-1 電話 代表058-230-6000 予約専用058-230-6123、058-230-6124(平日8:30~17:00) 診療日 月・火・木・金8;30~11:00(水は手術のみ 緑内障外来は木曜日・金曜日 紹介状・予約 どちらも必要 特徴 山本先生は日本緑内障学会理事長。 「ためしてガッテン」にも出た緑内障の世界的権威。 中部地方の拠点病院です。 病院名 山林眼科 医師名 山林茂樹 院長 住所 愛知県名古屋市千種区今池1-5-10 千種KIビル5F 電話 052-731-2197 診療日 月・火・木・金 9:00~13:00、16:00~18:00 土 9:00~13:00 紹介状・予約 紹介状必要なし。 初診は必ず電話で早めに予約を。 特に土曜日は2か月先まで埋まっている。 特徴 院長は日本緑内障学会元評議員の名医。 緑内障の早期発見・早期治療に努め、説明も丁寧。 評判が良く愛知県内はもとより岐阜、三重からも多数来院。 病院名 金沢大学付属病院 医師名 眼科長 杉山和久 教授 住所 石川県金沢市宝町13-1 電話 代表076-265-2000 予約センター076-265-2933 (平日9:00~16:30。 翌日予約16:00まで) 診療日 月~金 初診8:30~11:00 再診8:30~17:00 緑内障外来は初診 水曜日・金曜日午前 再診 月曜日・水曜日・金曜日午前 (火・木は手術のみ) 紹介状・予約 どちらも必要 特徴 杉山先生は緑内障の名医。 日本緑内障学会評議員。 平成15年からスタートした緑内障外来には県内外から多くの患者が訪れます。 手術件数も多く年間200件を超える北陸の拠点です。 病院名 新潟大学医歯学総合病院 医師名 眼科長 福地健郎(ふくちたけお) 教授 住所 新潟県新潟市中央区旭町通1-754 電話 代表025-223-6161 診療日 月~金 初診 8:30~11:00 再診予約なし 8:15~11:00 予約あり 7:00~17:00 緑内障外来は月曜日・水曜日 紹介状・予約 どちらも必要 特徴 福地先生は緑内障の権威。 日本緑内障学会理事・評議員。 新潟大学は緑内障の研究、診療に伝統があります。 手術件数も年間300件以上と多く、難治性の緑内障に対する治療でも実績を上げています。 関西 病院名 福島アイクリニック 医師名 桑山泰明 院長 住所 大阪府大阪市福島区福島5-6-16ラクザ大阪サウスオフィス4F 電話 代表06-6136-3001 予約専用06-6453-2001(平日9:00~13:00、15:00~17:00) 診療日 月~金 9:00~11:30、 14:00~16:00 紹介状・予約 他の医院に通院中の人は必ず紹介状を。 完全予約制。 特徴 桑山院長は日本緑内障学会理事。 眼科医なら知らない人はいない緑内障治療の第一人者。 福島アイクリニックは日本初の緑内障と白内障の専門クリニック。 手術実績多数。 全国の大学病院やクリニックから紹介されてくる患者さんで溢れています。 病院名 永田眼科 医師名 黒田信一郎 院長 松村美代 医師 住所 奈良県奈良市宝来町北山田1147 電話 0752-45-2230 診療日 月・火・水・金 8:30~10:00, 13:00~15:00 木・土 8:30~10:00 紹介状・予約 紹介状必要なし。 初診時は予約なしでいいが、再診は混雑緩和のためすべて予約制。 特徴 黒田院長は緑内障治療の権威で日本緑内障学会評議員。 松村医師も関西医科大学教授を務めた緑内障の名医。 設備も充実、総合病院に劣らない高度な医療を提供。 緑内障患者が全体の約30%以上を占めています。 病院名 前田眼科 医師名 前田秀高 院長 住所 大阪府大阪市中央区内本町1-1-1OCTビル1F 電話 06-6809-3488 診療日 月・水・金 9:30~12:30 15:30~18:30 火・木・土9:30~12:30(土は13:00まで受け付け) 紹介状・予約 特に必要なし。 来院制 特徴 院長は神戸大学、北野病院を経た緑内障専門医。 セカンドオピニオンにも積極的。 中国四国 病院名 広田眼科 医師名 広田篤 院長 住所 山口県周南市新町1-25-1 電話 代表0834-33-1313 予約専用0120-33-4641(希望日の2か月前から) 診療日 平日9:00~12:30、14:30~18:00 (木・土は16:30まで) 広田院長は火曜日午前 紹介状・予約 紹介状必要なし。 予約優先。 広田院長は予約のみ。 特徴 院長は広島大学病院医局長などを務めた緑内障の名医。 中国地方での緑内障治療の中心的存在です。 病院名 JA広島総合病院 医師名 眼科部長 二井宏紀(にいひろき) 住所 広島県廿日市市地御前1-3-3 電話 代表0829-36-3111 診療日 月~金 8:30~11:00 紹介状・予約 紹介状必要。 再診は予約制。 特徴 二井先生は緑内障専門医。 手術の実績が高く、その治療には定評があります。 病院名 白井病院 医師名 馬場哲也 副院長 住所 香川県三豊市高槻町上高瀬1339 電話 0875-72--3131 当日診察受付*0120-72-3132(平日8:30~17:30、土・祝8:30~16:30)*待ち時間緩和のため最適な時間帯を教えてくれます。 診療日 月~金 8:30~12:00 14:30~18:00、 土 8:30~12:00 14:30~17:00、 祝日 9:00~12:00 14:30~17:00 紹介状・予約 特に必要なし 特徴 馬場先生は緑内障専門医。 以前は香川大学医学部付属病院におられた方です。 四国地方で高度な緑内障治療を提供。 病院名 広島大学病院 医師名 副病院長・眼科長 木内良明 教授 住所 広島県広島市南区霞1-2-3 電話 代表082-257-5555 眼科外来受付082-257-5480(予約変更時に。 平日9:00~16:00) 診療日 月~金 初診8:30~11:00 再診8:30~11:00、13:00~15:00 緑内障外来は月・木曜日 木内教授外来は水曜日 紹介状・予約 どちらも必要 特徴 木内先生は緑内障の権威。 日本緑内障学会理事・評議員。 広島大学の緑内障手術件数は年間500件以上と全国トップクラス。 難治性対応のチューブシャント手術の実績も高く、術後管理も適切で入院期間は1週間以内がほとんどです。 眼科医なら知らない人はいない、さまざまな役職を持った緑内障の権威。 緑内障手術目的で紹介されてくる患者が多い。 病院名 新城眼科医院 医師名 風間成泰 理事長 住所 宮崎県宮崎市下北方町目後899-1 電話 0985-29-4700 診療日 月・火・水・金 8:00~11:00、 13:30~16:30 木・土 8:00~11:00 (風間先生は火・水・木・土の午前、月・金の午後) 紹介状・予約 紹介状は必要なし。 予約を。 特徴 風間先生は緑内障手術に定評のある緑内障の名医。 新城眼科医院には非常勤ドクターとして、同じく緑内障名医で日本緑内障学会名誉委員の沖波聡佐賀大学名誉教授が緑内障特殊外来に入っている。 風間先生は新城眼科医院のほかに、出田眼科医院(熊本市)での緑内障特別診、西垣眼科(名古屋市)での緑内障非常勤医師も務めている。 現段階では注目されているに過ぎない栄養素ということになるでしょう。 実際にもその検証が進められている最中です。 でも、そんなの待ってられないですよね。 早め、早めに手を打ちたい方はから手に入ります。

次の

緑内障手術|治療と手術|医療法人社団 医新会

緑内障 最新 治療

「マウスのiPS細胞」から視神経細胞を作り出す 国立成育医療研究センターが マウスのips細胞から人の視神経細胞を作り出すことに成功しました。 眼から脳へと情報を伝達する視神経は、網膜から長く伸びているためにヒトから取り出すことができず、また作製も困難といわれてきました。 今回の成功により iPS細胞を用いた再生医療をはじめ、緑内障の実態解明や新しい治療法の開発に期待が寄せられています。 なお、国立成育医療研究センターは2015年にiPS細胞から網膜に映った光の情報を脳に伝える 「網膜神経節細胞」を作り出すことに成功しています。 緑内障の進行を抑える化合物「KUS剤」を発見 京都大学のチームは、 神経を保護する作用のある「KUS剤」という化合物に、緑内障の進行を抑えるはたらきがあることを発見しました。 KUS剤とは京都大学が独自に開発した新規化合物で、ストレス下にある細胞を 細胞死から守る働きをするそうです。 このKUS剤が眼圧上昇を抑制し、緑内障で見られる視神経乳頭の 陥凹拡大を抑えていることを発見、また 視神経の細胞死も、KUS剤によって抑えられることがわかりました。 実際に医療現場で使えるようになるのに あと5年はかかるそうですが、治療法のない急性の患者に対してだけ 年内にも使用できるよう準備が進めれています。 ポンプはシリコン製。 毎秒30マイクロリットルを送り出すうえ、房水の流通経路は現在のルートをそのまま使用するために、眼内設置における 肉体的な負担は全くないそうです。 これが完成すれば 緑内障の進行は完全に阻止され、失明の危機から解放されます。 患者側からすればまさに夢のようなシステム。 一日も早い成功が待たれるところです。 メスもレーザーも使わない最新の「パルス治療」 富田実アイクリニック銀座が、新しい治療法であるパルス治療で眼圧低下に成功しています。 緑内障の治療といえば点眼、レーザー、外科的手術しかありませんでしたが、新しい選択肢として パルス(電流)を当てる治療法を導入。 治療時間はわずか100秒と非常に短いうえ効果が長続きします。 レーザーもメスも使わないため感染症などのリスクが低く、繰り返し行えるのもメリット。 また点眼治療の必要がなくなる場合もあって、患者にとっては 大いに負担が軽減されるでしょう。 「パンケーキ」を解明することで緑内障治療に役立つ!? パンケーキと緑内障。 一見すると何の関係もなさそうですが、UCL(University Of London のによると、 「パンケーキの表面構造を理解することが 緑内障の治療につながる」んだそうです。 パンケーキの大きさは、パンケーキの直径と用いられた練り粉の量の比率によって変わります。 この比率が小さいほどパンケーキは分厚くなります。 その練り粉もまた、小麦粉と水の比率(水分含有率)によって変わります。 比率が高い、つまり 水分が多いほどパンケーキは薄くなります。 研究者たちは、水分含有率が上がるとパンケーキは色が濃くなり、表面に黒い点がたくさん現れることに気づきました。 この点々こそ練り粉から逃げ出す水蒸気の痕跡です。 緑内障患者の眼は、これとよく似ているというのです。 中に詰まった水分が外に出られず、視神経を圧迫することで緑内障を発症しています。 このため「パンケーキの練り粉からしみ出す水分のダイナミクスを分析することは、 緑内障の眼の中の水分を放出するための新しい外科的方法の開発につながる」といっています。 今後この研究がどういう実りをもたらすかはわかりませんが、着目している「水分」についてはすでに東洋医学でも語られているところです。 網膜に映像が映し出される「QDレーザ」のすごい眼鏡 網膜に直接映像を映し出すメガネ型の レーザーアイウェアが開発されました。 富士通研究所出身の社長が率いるベンチャー企業によって生み出されたのが網膜走査型レーザーアイウェア。 フレーム内側に備えらえた超小型レーザープロジェクターから レーザー光を用いて角膜や水晶体を通さず直接網 膜上に映像を投影します。 内蔵小型カメラからとらえた画像を、 肉眼で見ている風景に重ねて映し出すので、特に弱視や前眼部の疾患のかたに有効です。 緑内障で ほとんど視力を失ったかたでも、 光が通りさえすれば見えるので、大いに期待できそうです。 医療機関とも連携し合い、2018年度中には視覚障害者向けの販売が決まるようです。 眼圧を自分の家で測れる「アイケアホーム」 眼圧は 日常的に変化するもの、病院で診察を受けているときが平均値と言うわけではなありません。 特に 眼圧が上がる夜間は心配という方も多いはず。 そんな緑内障患者の悩みを解消してくれるのがアイケアフィンランド社が開発した 手持ち式の眼圧計アイケアホーム。 いつでもどこでも眼圧を測ることができます。 ただ眼科を通してしか購入できないことと、値段が高めなのが気になるところです。 現段階では注目されているに過ぎない栄養素ということになるでしょう。 実際にもその検証が進められている最中です。 でも、そんなの待ってられないですよね。 早め、早めに手を打ちたい方はから手に入ります。

次の