スクールオブロック やましげ校長。 新校長、新教頭に注目、スクールオブロックが変わる。

SCHOOL OF LOCK!

スクールオブロック やましげ校長

番組名の「ロック」のスペルは、コンセプトに沿い、 ()の「 LOCK」である。 メインパーソナリティを「校長」・「教頭」、「」担当の・、またゲストを「**先生」、番組スタッフを「職員」、及び「**先生」と呼んでいる。 を「生徒」と呼んでいる。 番組のメインターゲットはからである。 しかし、小学生や20代以上のリスナーが逆電に登場したり、掲示板の書き込み、メールが紹介されたりすることもある。 番組の各コーナーのことを「授業」と呼んでいる。 ゲストが出演することを「来校」と表現する。 22:00の時報の後、番組開始の合図として、ギターで録音されたチャイム音が流れる。 演奏しているのは喜多建介()。 番組冒頭と終盤では「黒板」が登場し、当日ののテーマや、その日話したいこと等がチョークで書き込まれる。 基本的には校長が使用するが、場合によって教頭、またはゲストが使用することもある。 番組開始時• 号令の最後が「叫べー!」なのは、「自分の言いたい事、誰にも言えない事をまず叫んで伝えてほしい。 番組終了時• 金曜日は「 また来週!」、年内最後の放送の時は「 また来年!」になる。 掲示板 [ ] 公式ウェブサイトおよびには「掲示板」がある。 生徒がその日の授業テーマについてや、授業テーマに関わらず日常で感じたことを自由に書き込み(投稿)できる場所である。 書き込まれた内容に対して別の生徒が「レス(返信)」やスタンプを送ることで生徒同士の交流ができるなど、いわゆる学校の「教室」の役割を果たしている。 掲示板には、生放送授業で使用される「学校掲示板」、用の「学校運営戦略会議室」、各ARTIST LOCKS! 、各専用の掲示板などが存在する。 掲示板への書き込みは、通称「掲示板登録」と呼ばれる利用登録が必要となる。 なお、登録時に設定するラジオネームは、後で変更することができないので注意が必要である。 稼働時間(掲示板が更新される時間)は、月曜から金曜 15時00分から番組終了時までである。 ただし、書き込み自体は24時間いつでも可能で、稼働時間外に書き込まれた内容は、次の稼働時にまとめて掲載される。 基本的に、掲示板への書き込みを元に授業進行やが行われるが、内容を他の生徒に見られたくない場合や、(ガラケー)しか持っていない等、掲示板に書き込める環境がない場合は、公式ウェブサイトからのメール、及びでの投稿も可能である。 書き込み内容はすべて「チームKGB」と呼ばれる職員が確認している。 確認作業のため、稼働時間中であっても掲載までに時間がかかることや、掲載されないこともある。 また、「桜田門の掟 」と呼ばれる掲示板のルールがあり、これを破った場合は「退学処分」(書き込み禁止)となることがある。 掲示板システムの変遷 2012年3月26日の放送で、掲示板システムが整理されることが発表された。 開校当初から増え続けた部活動の事業仕分けが行われ、統廃合の対象になった部活動の掲示板(詳細はを参照)、およびLOCKSの企画を兼ねたLINES掲示板が、同年3月30日をもって廃止された。 この件について「これからは学校掲示板に書き込みをして欲しい」と呼びかけていた。 2012年4月2日より、向け掲示板書き込み用アプリが配信開始された。 2015年8月10日に掲示板システムがリニューアルされた。 「タグ機能」や「スタンプ」といった機能が追加され、掲示板によっては写真投稿も可能になった。 このリニューアルに伴い、掲示板書き込み用アプリがアップデートされた。 なお、閲覧・書き込み共にフィーチャー・フォンは非対応となり、・スマートフォンのみの対応となった。 また、リニューアル以前の書き込みを閲覧することはできなくなった。 2019年9月30日より、稼働開始時間が12時00分から15時00分に変更された。 逆電 [ ] 生放送授業、ARTIST LOCKS! 、学校運営戦略会議、応援部等のすべての授業で、生徒への「逆電」が行われる。 「逆電」とは、掲示板へ書き込んだ生徒が電話出演し、校長、教頭、またはアーティスト講師等と直接話すこと。 電話番号を登録したうえで掲示板に書き込むと、出演依頼が来る場合がある。 特に生放送授業では、「逆電」を中心に授業が展開される。 その日の授業テーマについて、学校掲示板に書き込んだ生徒へ電話で話を聞いていく。 授業テーマのなかでも「掲示板逆電」はスタンダード授業であり、「開校以来、最も大切にしている授業」である。 中学2年生、または高校2年生の生徒が、生放送授業での「逆電」に出演した場合、教頭が逆電冒頭で言葉をかけ、生徒が返答する流れが定着している。 初代のやしろ教頭から続いており、かける言葉は教頭により異なる。 その経緯や歴代教頭の言葉は、を参照のこと。 放送後記 [ ] 公式ウェブサイトの生放送授業、学校運営戦略会議、応援部、各ARTIST LOCKS! のページには、放送後に「放送後記」として、放送内容の文字起こし(出演者の発言、逆電の内容等)が掲載される。 生放送授業の文字起こしは、以前は翌日中に掲載されていた。 しかし、公式ウェブサイトがリニューアルした2019年9月30日 - 2020年3月30日放送分は、文字起こしの代わりに職員による授業の概要文が掲載された。 2020年3月31日放送分は、とーやま校長の退任日ということもあり、翌日に文字起こしが掲載された。 2020年4月1日放送分より、翌日に職員による授業の概要文が掲載され、のタイムフリー取得期間(放送後1週間)の終了後、文字起こしが掲載されることになった。 また、金曜日の放送後には生放送授業の1週間のまとめが掲載される。 受賞歴 [ ]• 2006年8月16日放送分が、主催による「第3回」でラジオ番組部門グランプリ受賞。 2008年3月4日放送分が、「第56回日本民間放送連盟賞」エンターテイメント番組優秀賞。 2009年に「第47回」入賞。 2012年1月9日放送分が、「第49回ギャラクシー賞」ラジオ部門選奨受賞。 2016年2月17日放送分が、「第53回ギャラクシー賞」ラジオ部門選奨受賞。 (かつてでは、受賞した上記2006年、2008年の放送と、2006年2月21日分「不登校リスナーの生きる音」が所蔵されており、無料で聴取できた。 ) 授業時間(放送時間) [ ] 毎週月曜日 - 金曜日 22:00 - 23:55• 月 - 木曜日は生放送。 金曜日はとして収録放送。 タイムテーブル 2020年4月 - [ ] 時間 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 22:00 生放送授業 (ギターチャイム/校長の黒板/号令/授業テーマ発表など) 学校運営戦略会議 22:15 SCHOOL OF LOCK! 応援部 22:20頃 生放送授業 22:30 アレキサンドLOCKS! 学校運営戦略会議 22:55 豆柴LOCKS! ローカル枠 23:00 生放送授業 LiSA LOCKS! 23:08頃 Perfume LOCKS! ミセスLOCKS! 松田LOCKS! Eve LOCKS! ヒゲダンLOCKS! 23:25頃 生放送授業 (黒板/エンディング/号令を含む) 23:27 - サカナLOCKS! 23:55 放送終了 金曜日(「SCHOOL OF LOCK! FRIDAY」)• 22:00 - 22:55(2005年10月7日 - 2007年3月30日)• 22:00 - 22:55、23:30 - 23:55 (2007年4月6日 - 2010年9月24日)• 22:00 - 22:55(2010年10月1日 - 2016年6月24日)• 22:00 - 22:55、23:30 - 23:55(「」) 2016年7月1日 - 9月30日• 22:00 - 22:55(2016年10月7日 - 2019年3月29日)• 22:00 - 22:55、23:00 - 23:55(「」)(2019年4月5日 - 12月27日)• 22:00 - 23:55 (2020年1月3日 - 現在) 土曜日• 22:00 - 22:30(「」) 2014年10月4日 - 2015年3月21日• 22:00 - 22:30(「」)(2015年4月11日 - 9月26日 日曜日• 23:30 - 23:55(「」)(2006年10月1日 - 2007年3月25日)• 23:30 - 23:55(「SCHOOL OF LOCK! SUNDAY 長渕LOCKS! 'ROAD TO FUJI'」) 2015年4月5日 - 6月28日 月曜日• 24:00 - 25:00頃(「未確認LOCKS! 」、にて生放送)(2016年4月25日 - 8月22日) メインパーソナリティ 校長、教頭 [ ] さかた校長• 本名は。 お笑いコンビのツッコミ。 2020年4月1日着任。 SCHOOL OF LOCK! 3代目校長。 2代目顧問。 逆電の挨拶は「校長のさかたです!」、CM明けの挨拶は「TOKYO FMから全国38局をネットしてお届け! 」、そして歴代校長を引き継ぎ「未来の鍵を握るレディオ SCHOOL OF LOCK! 」と言う。 2020年3月5日、生放送授業にて就任を発表。 この日、こもり教頭とともに生放送教室に来校。 校長就任前に、一度ゲストとして生放送教室に来校したことがある。 のコラム「Yroom」の5週目、「さかた校長 音楽を語る」を執筆している。 2020年6月10日、生放送授業にて、一般女性(ラジオネーム「うどん」と呼ばれている)との交際を発表。 当日、「うどん」はシークレットゲストとして電話で登場した。 「サカナLOCKS! 」でのサカナクション山口の促しにより、「 - LOCKS! 」開始前の言葉「今夜もお手柔らかにクション(とーやま校長考案)」を一時的に引き継いだ。 しかし数週間後に山口から「さかた校長のオリジナルでやってほしい」と提案された。 現在さまざまな言葉を考案中。 こもり教頭• 本名は。 2020年4月1日着任。 SCHOOL OF LOCK! 4代目教頭。 5代目顧問。 逆電の挨拶は「教頭のこもりです!」、CM明けの挨拶は、歴代教頭と同じく「LOCKのスペルはL・O・C・K」と言う。 2020年3月5日、生放送授業にて就任を発表。 この日、さかた校長とともに生放送教室に来校。 教頭就任前に、ゲストとして3回生放送教室に来校したことがある。 中2または高2の生徒が逆電に登場した際、こもり教頭:「中2高2は、当たって! 」といったやりとりを行う。 生放送教室の時間帯に他の番組などに出演しなければならない際、「全国教頭審議会に参加する」として、いわゆるなどへの出演を遠回しに表現している。 2020年7月6日、「全国教頭審議会 2020 summer 」に参加したため、23時台冒頭より出席した。 2020年7月13日、「全国教頭審議会 2020 summer 2nd 」に参加したため、23時台冒頭より出席した。 歴代メインパーソナリティ [ ] 期間 校長 教頭 2005. 3 2010. 1 2010. 5 2012. 29 2012. 2 2014. 2 2014. 6 2019. 26 2019. 30 2020. 31 なし 2020. 1 現在 歴代メインパーソナリティの出演• 2015年10月6日、開校10周年を記念し、やましげ校長、とーやま校長、やしろ教頭、よしだ教頭、あしざわ教頭がそろって生放送教室に集まった。 2020年3月、とーやま校長の退任を前に、歴代教頭が日替わりで登場。 2019年9月末以来、5ヶ月ぶりのパーソナリティ2人体制となった。 (3月2日:あしざわ教頭 、3月3日:よしだ教頭 、3月4日:やしろ教頭 ) 校長 やましげ校長• 本名は。 本職は。 在任期間は2005年10月3日 - 2010年4月1日。 SCHOOL OF LOCK! 初代校長。 逆電の挨拶は「校長のやましげです!」、CM明けの挨拶は「TOKYO FMをキーステーションに38局をブリリンっ!とお届け中」と言うことが多かった。 また「未来の鍵を握るレディオ SCHOOL OF LOCK! 」も多用し、後者はとーやま校長へ引き継がれた。 やしろ教頭によると、放送中、3日に1回は生徒に気付かれないように泣いていたとのこと。 「涙目の熱血校長」というキャッチコピーがついているのもここに由来。 2006年3月下旬程から、「サイトを…チェッキンガム宮殿!!」と言ったあと、の「」を流されることが多くなった。 金曜日の放送の中では、「〜はサイトの中でも…はっぴょインガム宮殿!」ということもあった。 「チェッキンガム宮殿!!」の後にを歌うことがあった。 長く続くこともあれば、強制的に終了させられることもあった。 本家「バッキンガム宮殿!!」と叫ぶと、の「」が流れることが判明した。 やしろ教頭は「けっこうなじんでる」と発言した。 2007年10月前後、やましげ校長がのネタ「そんなの関係ねぇ!」を披露し、流行した。 で生徒へのその答えとしてこのネタをしていた。 なお、小島よしお本人とは一切関係ない。 2008年2月26日放送分で「もうやらない」と宣言した。 しかし、その後もたまにやったことがあり、オリジナルのネタだと発言したこともあった。 他の出演者に対し、独特の愛称を考案することが多かった。 のことを「まきんぽ」といい続けてきていた。 それ故、一時期の「堀北真希」の項目に掲載されたり、やの、、に言われたりと流行を派した。 また、のことを「カトちゃんミ」とも呼んでいたが、その後すぐ『これはWikipediaには載せないで欲しい』とも発言していた。 同時期には、を「キムちゃんカ」、のことを「フラちゃんプ」とも呼んでいた。 この他、以降新加入した「GIRLS LOCKS! 」メンバーに対しての愛称考案が恒例になっていたが、その多くは異色なためにやしろ教頭に突っ込まれていた。 SOLを知らない人に聴いてもらうため、職員のすっちゃんが街頭で声をかけ、やましげ校長とやしろ教頭のあだ名をつけてもらったことがあった。 そのときのあだ名は「普通の人」。 2009年9月7日 - 11日は「おっちょこちょい休暇」として欠席し、このうち7日はラジオネーム「コボちゃん」として、から参加した。 2010年3月18日の放送にて、校長退任を発表。 2010年4月1日をもって4年半務めた校長職を退任した。 退任後は「独りでへ帰った」。 しかし、やしろ教頭やとーやま校長は「土の中にいる」など、死んでいるように扱うこともあった。 とーやま校長• 本名は。 お笑いトリオ・のボケ。 在任期間は2010年4月5日 - 2020年3月31日。 SCHOOL OF LOCK! 2代目校長。 歴代メインパーソナリティのなかで、最も在任年数が長い。 初代顧問。 及び4代目顧問。 逆電の挨拶は「校長のとーやまです! 」、CM明けの挨拶は、やましげ校長のを引き継ぎ「未来の鍵を握るレディオ SCHOOL OF LOCK! 」と言う。 非常に生徒思いで、生徒との逆電中には感極まって泣いてしまうことがある。 2011年8月29日の生放送授業にて 一般女性(やしろ教頭は「おこりーん」と呼んでいた。 )に告白、成功した。 1年2ヶ月の交際を経て、破局。 各ARTIST LOCKS! やGIRLS LOCKS! で定番ネタを作っていた。 以下、数例をとりあげる。 「Perfume LOCKS! 」では、自身がファンであることから、LOCKS開始前に彼らの楽曲に合わせて即興で歌うなどテンションが非常に高い傾向にあった。 また、LOCKS内で、とーやま校長の「口(くち)イントロ」が研究された(とーやま校長がPerfumeの楽曲を自身の声だけで表現し、メンバーに楽曲を当ててもらうもの)。 「アレキサンドLOCKS! 」では「磯部先生ー!」とメンバーの磯部を呼んだのち、アドリブで問いかけをしていた。 「ミセスLOCKS! 」では、メンバーのSEに合わせて遊んでいた。 「サカナLOCKS! 」では、山口の挨拶(ネタ)であった「チャオ!」と、山口が流行らせようとしていた言葉「つって!」を合わせ「チャオつって!」という言葉を作った。 また、「サカナLOCKS! 」がSOLで一番厳しい授業と謳われていることから、LOCKS! 開始時には「今夜も御手柔らかにクション!」と言っていた。 後者は、一時的にさかた校長に引き継がれた。 「Eve LOCKS! 」では、EveのSEに合わせて戯れていた。 また、同時間帯の前任であるサカナクション山口の言葉「つって!」を継承し、「Eveつって!」という言葉を作った。 「LiSA LOCKS! 」では、LiSAが授業を「ばいちー!」と締めていることから、その後に「きゃっちー!受け取るちー!」と反応していた。 「受け取るちー!」はさかた校長、こもり教頭に引き継がれている。 「のGIRLS LOCKS! 」では、の「会いたかった」のサビを歌ったのち、最後の「YES! 」のところを地声で「Dear J! 」と変えて歌った。 「のGIRLS LOCKS! 」では、髙橋のことを「姫」や「ひかる姫」と呼んでいた。 それに合わせ、自身のことを「爺」と表現した。 「のGIRLS LOCKS! 」、「のGIRLS LOCKS! 」では、自身がファンであることから、LOCKS開始前に、楽曲に合わせて大声で替え歌を歌う等、テンションが非常に高い傾向にあった。 また、乃木坂46、欅坂46の運営に向けて、ライブのDVD販売(「円盤化」)を頼むくだりもあった。 このコラムは、さかた校長へ引き継がれている。 2015年1月20日 - 23日、2018年1月18日 - 19日、2019年9月9日は欠席している。 また、あしざわ教頭就任直後の2014年10月13日は放送終了直前に参加。 裏番組である『』()のパーソナリティ・と親交があり、相互にゲスト出演した。 2019年9月30日、着任10年を迎える2020年3月末をもって校長職を退くことを発表した。 また、退任までの半年間、一人で生放送授業を担当することも発表した。 教頭 やしろ教頭• 本名は家城啓之。 元のボケ。 現在は「」名義で活動。 在任期間は2005年10月3日 - 2012年3月29日。 SCHOOL OF LOCK! 初代教頭。 初代応援部顧問。 逆電の挨拶は、「教頭のやしろだ!」。 しかし稀に「教頭のやしろです!」、またごく稀に「 のやしろです」とボケる挨拶もあった。 CM明けの挨拶は、「LOCKのスペルはL・O・C・K」と言い、水曜日にはさらに「こんばんは、そしてもう1回。 こんばんは! 教頭のやしろです。 」と、2回目のこんばんはを強調して言っていた。 前者はよしだ教頭へ引き継がれた。 やましげ校長、とーやま校長と同様、自称10代のカリスマである。 は「謎の天才バカ教頭」(彼の昔のに由来)。 逆電に出た生徒が中学2年生、高校2年生だった場合、「中2(高2)はいいぞ!」と言う。 その所以は「1年生は入学したてで分からないことも多く肩身が狭いし、3年生は受験などで遊ぶ暇がないから、2年生が最高だ」という持論からである。 教頭自身は生徒に対して思ったことを言っていただけだが、それが定着化し、「『中2(高2)はいいぞ!』と言われることが望み」という生徒が現れた。 退任直前には、それを言われたい生徒のための掲示板逆電が行われた。 この中学2年生、高校2年生の生徒に声をかける流れは、現在のこもり教頭まで引き継がれている。 を「お釈迦様」、を「榮倉様」と崇拝。 またASIAN KUNG-FU GENERATION以降、水曜日のARTIST LOCKS! 講師に就任したアーティスト達を「お釈迦様っ子クラブ」と名づけ、木村カエラを「阿修羅組」、を「座禅組」、flumpoolを「曼荼羅隊」と位置づけていた。 制作局(キー局)であるTOKYO FMのことを『FM(あるいはキャプテン)マザーシップ』と呼び、放送中に何の前触れもなく『マザーシーップ!』と叫ぶことがあった。 やましげ校長が言っていた「チェッキンガム宮殿」を、希に言い出したことがあった。 その際流れる曲は毎回「You Give Love A Bad Name」ではなかった。 例として、・・・・が紹介された。 この授業は、やしろ教頭退任後も不定期で行われている。 オープニングでFAX番号を言う時、「**を書いて送ると採用率アップ!」や「(その日の授業テーマに関して)何もないという人は**を書いて送って来い!」と言うことが多かった。 や、やのモノマネも披露した。 挨拶時、やしろ教頭の声がしっかり出ている場合、やましげ校長はほめるが、出ていない場合、「教頭、声・・・。 」などと指摘された。 SOLを知らない人に聴いてもらうため、職員のすっちゃんが街頭で声をかけ、その中で2人の写真を見せてやましげ校長とやしろ教頭のあだ名をつけてもらったことがあった。 そのときのあだ名は、「気持ち悪い」、「ピクルス」。 2012年3月1日、同年3月29日の放送をもって教頭退任を発表。 退任後は、それまでの出演者が皆「月に帰った」と言っていたのに対し、「らしく海へ帰った」。 同時に卒業、退任した「GIRLS LOCKS! 」の、、板野友美、新垣結衣を連れて行くと言っていた。 2019年4月から同年12月まで「」の"教授"(パーソナリティ)を務めた。 教頭チルドレン• 通称教チル。 「裏SOL! 」のやしろ教頭バージョンで集めた。 18歳以下の教チルあわせ50人が活動。 増員のため、校長、教頭へメールで応募をしていた。 その派生として、「一生チルドレン」(通称かずチル。 同様に誠司チルドレンも存在する。 )、「林さんチルドレン(林チルドレン)」(通称林チル。 年越し企画「THE CHOOSE DAY」をにて公開生放送したさいに、「」を配っていた人や、ごく数名の生徒が築き上げた?林さんの大ファンを募った集団。 )が存在した。 教頭チルドレンとやしろ教頭が繋がれる「教チルフォン」があった。 2006年、遅めのプレゼントとして、教チルメンバーにシークレットアドレスとシークレット携帯番号をメールで送った。 携帯は教頭が自腹で購入し、教頭と直接メール、電話ができた。 日中、放送中は電話が出来ないが、「」中はメールの返事が来た。 教チルフォンでもバトル・モバイアルは参加可能。 よしだ教頭• 本名は。 のツッコミ。 在任期間は2012年4月2日 - 2014年10月2日。 SCHOOL OF LOCK! 2代目教頭。 2代目応援部顧問。 逆電の挨拶は「教頭のよしだです!」、CM明けの挨拶は、やしろ教頭と同じく「LOCKのスペルはL・O・C・K」と言うのがお決まりであった。 とーやま校長と同じく自称10代のカリスマである。 「スーパークールウルトラクレバー」と称されていた。 やしろ教頭在任時に定着していた「高2(中2)はいいぞ!」は言わないと宣言したが、高2や中2の生徒からの逆電のときに「後任(高2ん)のよしだです!」や「チューニング(中2ング)はしっかりな!」等、派生と思われる言葉は言っていた。 2012年6月9日の生放送授業から、学校掲示板に書き込まれた自慢話が読まれると、「うるせぇ!」、「だまれ!」などと斬り捨てるようになった。 2012年6月26日には、この切り捨て発言などを受け「大吾のドS祭り」が行われた。 2012年11月21日の放送で"だまれ内閣"が解散したため、「だまれ!」が使えなくなった。 生徒からの提案により「もっと楽しくしてやるよ。 」と言うようになった。 2013年7月22日に入籍。 生放送授業で「座禅組」などの言葉を作り、彼女がいなさそうな「雰囲気」があった。 しかし、7月25日の放送によって彼女がいて、結婚をしていたという事実が発覚したため、生徒やとーやま校長から「結婚詐欺師」と呼ばれるようになった。 オープニングで「 起立 礼」と言うべきところを、順番を間違えて「 礼 起立」と言ってしまったこともあった。 2014年9月15日、同年10月2日の放送を最後に教頭を退任することを発表した。 退任理由は「未来の鍵を見つけた」ため。 退任後は、「代々木に帰った」。 また、「奇抜なおじさん」になった。 あしざわ教頭• 本名は。 コントグループ・のツッコミ。 イラスト「フテネコ」、「ロックちゃん」の作者でもある。 在任期間は2014年10月6日 - 2019年9月26日。 SCHOOL OF LOCK! 3代目教頭。 3代目応援部顧問。 逆電の挨拶は「教頭のあしざわです!」、CM明けの挨拶は、歴代教頭と同じく「LOCKのスペルはL・O・C・K」と言う。 中2または高2の生徒が逆電に登場した際には「中2高2はフリーダム!!」と言う。 言われた生徒が「フリーダム!!」と返すのもお決まりである。 2015年7月10日の学校運営戦略会議にて、生徒からのカキコミにあった「出汁(だし)」を「でじる」と読んだのをきっかけに、2級を受験。 「応援LOCKS! 」で自ら発表した。 2016年2月と6月、2回の挑戦を経て合格した。 2016年5月31日の生放送授業にて結婚を発表。 この日は妻のも来校した。 2019年7月8日の生放送授業で、同年9月26日をもって退任することが発表された。 退任後は、「猫になった」。 生放送授業 [ ]• 月曜から木曜の22:00 - 22:53、23:00 - 23:08頃、23:25 - 23:53、生放送教室 から生放送。 稀にJFN系列局から生放送されることもある。 放送当日にその地域でイベント開催する場合など。 パーソナリティは、さかた校長、こもり教頭。 その日の授業テーマに沿って進める。 授業テーマは、当日に公式ウェブサイト、および授業冒頭で発表される。 授業テーマは、スタンダード授業とされる「掲示板逆電」(フリーテーマ)から、学校関係、友達、恋愛関係、さらに企業スポンサーやゲストにまつわる企画など幅広い。 授業テーマについて学校掲示板に書き込んだ生徒へ逆電し、話を聞いていく。 ゲストとともに授業を進めることがある。 ARTIST LOCKS! [ ] アーティストが授業を行う。 放送時間は曜日やアーティストごとに異なる。 2020年4月現在は、下記のとおり。 月曜 - 木曜• 22:55頃から2分間• 「豆柴LOCKS! の時間帯のみ別番組を放送。 特記なきものは自社制作番組。 放送局 番組名 『Date fm Information』 『Menicon Music Contact』 『』 『K-BREAK』(月曜・火曜・木曜) 『石田隼と本田礼生の以心伝心! 』(水曜) 『〜music essay〜いつだって、どこだって…with you』 『DU Know? 』 『POWER WAVE』 『ブランミューソング』 『インフォミュージック』• 23:08頃から17分間• 「ミセスLOCKS! 「Eve LOCKS! 」(木曜)• 23:13頃から17分間• 「ヒゲダンLOCKS! 」 水曜• 22:30から15 - 20分間• 「アレキサンドLOCKS! 23:00から25分間• 「LiSA LOCKS! 23:27から25分間• season1 2014年5月28日 - 2014年8月13日。 スマホLOCKS! でも配信。 season2 2014年12月3日 - 2015年2月25日。 スマホLOCKS! でも配信。 season3 2015年6月4日 - 2015年8月27日。 スマホLOCKS! でも配信。 season4 2015年11月5日 - 2016年1月14日。 あしざわ教頭によるフテネコ教材と隔週更新。 season5 2016年6月6日 - 2016年8月29日。 毎週月曜日に更新。 season6 2016年11月7日 - 2017年1月23日。 あしざわ教頭によるフテネコ教材と隔週更新。 season7 2017年6月6日 - 2017年8月22日。 毎回、ミュージシャンのゲストも登場。 「Jクイズ王決定戦」を同時開催。 season8 2017年11月21日 - 2018年1月30日。 毎回、ミュージシャンのゲストも登場。 season9 2018年4月 - 2019年3月。 水曜23:08頃 - 23:10頃に放送。 season10 2019年4月 - 2020年3月。 水曜23:08頃 - 23:10頃に放送。 過去に放送された授業 [ ] GIRLS LOCKS! 放送開始 - 2020年3月26日まで放送。 週替わりで10代から20代の若手女優が「女子クラス」の生徒として登場。 月曜 - 木曜の22:20頃から10分間の放送。 奇跡の誕生日• 放送開始 - 2006年10月末放送。 書籍化もされた。 ナレーターは2006年6月29日までが担当。 数ダンス• 2006年11月 - 2007年9月27日放送。 時間になると、『』に使われたカウントダウン(5,4,3,2,1というもの)のが使用され、その後に同番組のバックミュージックとともにナレーターによる説明が行われる。 最後は「北の国から」の主題歌のダンスミュージックアレンジで締めくくられる。 超特急! エコデン〜ミドリトマモル〜• 2007年10月1日 - 2008年3月27日放送。 環境問題に携わる人物を1名紹介、その人物の功績を紹介。 Perfume LOCKS! 2008年3月31日放送開始。 同年11月27日までは22:55 - の5分枠で放送。 2008年12月4日より枠へ移動。 この節のが望まれています。 主に: 内容• 2008年12月1日 - 2009年3月31日放送。 受ける英語塾• 2009年4月1日 - 2010年4月1日放送。 メジャーでもウッカリ忘れがちな熟語をポピュラーな例文で覚えよう! という授業。 ナレーターはなにやら怪しげな男性講師()と女性アシスタント(茂木は「ナターシャ」と呼ぶ)。 2010年7月9日よりインターネットテレビの『ウーカルTV』に移籍配信していた ゆらいゆらい帝国• 2010年4月5日 - 2011年3月30日放送。 さまざまな由来を紹介する授業。 ナレーターは「絶対! 受ける英語塾」に引き続き、茂木淳一扮する「茂木博士」が担当。 5・7・合格塾• 2012年3月までは月 - 木曜、2012年4月6日 - 2012年9月28日までは金曜日に放送。 ナレーターは「ゆらいゆらい帝国」に引き続き、茂木淳一扮する「茂木先生」が担当。 2012年4月6日からは金曜日の同時間に変更。 一部の放送局はネットされていなかった。 TOKYO FMではエンディングBGMが流れている間に「」を放送。 恋する歴she• 2012年4月2日 - 2013年3月28日放送。 ナレーターは「5・7・合格塾」に引き続き、茂木淳一が担当。 彼女役は。 茂木が恋をする相手は歴史上の人物と付き合ったことがあり、やなどの偉人と付き合ったことがある設定。 2012年6月 - 8月は北信越地区のみ、毎週水曜日と木曜日に『 』(JFN北信越地区ブロックネット番組)を放送したため休止した。 EIGOの架け橋• 2013年4月1日 - 2014年3月31日放送。 恋する歴sheに続き、茂木淳一、豊嶋真千子が担当。 カコモンクエスト• 2014年4月1日 - 2015年3月31日放送。 EIGOの架け橋に続いて、茂木淳一、豊嶋真千子が担当。 ゲンキンな歴史• 2015年4月1日 - 同年12月31日放送。 カコモンクエストに続いて、茂木淳一、豊嶋真千子が担当。 カコモンクエスト2伝説の呪文• 2016年1月1日 - 同年3月31日放送。 カコモンを倒していく。 おもてなせ!ENGLISH• 2016年4月4日 - 2017年3月30日放送。 出演:茂木淳一(「茂木」役)、豊嶋真千子(「ジェニファー」役)。 SCHOOL OF LOCK! 放送部• 2017年4月3日 - 2018年12月27日放送。 とーやま校長とあしざわ教頭が、生徒から送られてきた音声データ(または掲示板カキコミ)を紹介する。 採用された生徒には特製缶バッジが贈られた。 きみのこえがききたい。 2019年1月7日 - 同年12月26日放送。 とSCHOOL OF LOCK! がタッグを組んだプロジェクト。 毎週新作エピソードが公開される。 そのエピソード内に登場する役(毎週2人)の「声」を生徒から募集。 応募にはのアプリが使用された。 職員がそのエピソードにあった「声」を選び、ラジオドラマとして放送。 きみのネタがよみたい。 2019年12月26日に放送開始を発表され、同月30日 - 2020年3月31日放送。 講師は、職員のジャーゲジョージ。 この授業では、自身がハガキ職人だったことから「ジャーゲ名人」と呼ばれた。 毎週月曜日にお題とジャーゲ名人による回答例が発表される。 生徒は、ジャーゲ名人の回答例よりも面白い回答をする。 回答にはTwitter(ハッシュタグは「 キミネタ」)が使用された。 その日紹介した中で、とーやま校長が選んだ最も面白かった回答が勝ち残る。 トーナメント方式で、翌日新しいネタと戦う。 木曜日に選ばれた投稿が、その週のチャンピオンとなる。 2020年3月23日 - 同月31日まで、過去のチャンピオンによるグランドチャンピオン大会が行われた。 23時00分 - 約5分枠の授業 月曜 - 木曜に放送。 バトル・モバイアル・シリーズ• バトル・モバイアル• バトル・モバイアル II セカンド• バトル・モバイアル III サード• バトル・モバイアル IV フォース バトル・モバイアル• 放送開始 - 2006年9月28日放送。 通称「バトモバ」。 毎回、やましげ校長が学習問題を出題。 問題の一部が虫食いになっており、生徒は、問題文全文と欠けている部分 答案 をので正確に打ち込んだ上で送信する。 最も速く正解を送った生徒 「猛者」 には奨学金 賞金 1万円が贈られる。 ある期間ではのも贈られた。 問題内容は放送までわからないが、前回の放送や公式サイトで「予習範囲」が発表されるので、問題に出そうな内容を事前に調べることができる。 参加は携帯電話からのみであり、からは参加できない。 また、参加する場合は事前にラジオネームや住所等を専用フォームに入力して送信の準備をしておく必要がある。 猛者の発表はが担当。 タイトル「バトール・モバイアール!」と言うときにエコーエフェクトがかかり、収まった後には「……ありがとうございます」と返すのがお約束であった。 応用として、元カリスマセールスマンの林さんが授業内で紹介した、電子辞書のセイコーインスツルを使った「ヒアリングモバイアル」もあった。 2006年9月28日まで、やしろ教頭が問題を復唱する時に流れる曲は、の「ガルバナイズ」という曲であった。 「待ち受けトリノオリンピックトリノリポート」「待ち受けフリートーク」「着ワッショイ学園ワッショイ組 再放送」という番外編もあった。 過去最速の猛者タイムは3秒 2007年11月21日。 また、過去最長の猛者タイムは6分47秒 2006年5月29日。 猛者タイムが長くなったのは問題が難しい場合や、逆に問題が簡単すぎて出題終了と同時に一斉に大量の解答メールが届き、受信側で処理に時間がかかる場合等。 後者のケースをやましげ校長とやしろ教頭は「ひっかかってなかなか落ちてこない」と表現している。 2回:「猛者」、3回:「猛者イヤ人」、4回:「スーパー猛者イヤ人」、5回:「スーパー猛者イヤ人・2」、6回:「スーパー猛者イヤ人・3」…と各回ごとに呼び方が変わる。 終了時、最も優勝数が多い生徒は「スーパー猛者イヤ人・2」 5回 であった。 また、わざと変な解答を送ってくる生徒のことを「今夜のならず者」と呼称している。 またその内の最優秀作品のみサイトに掲載される。 バトル・モバイアル II(セカンド• 2006年10月2日 - 2007年10月31日放送。 内容は前回とほとんど同じ。 ただし問題を生徒から募集した ラッキーチャイムが鳴ると出題、キンキンチャイムもあり。 下2桁69番目の到着者に幸運を呼ぶラッキーお守りステッカーを、問題が採用された生徒に「クリアするファイル」がプレゼントされる。 2006年12月11日は、バトモバ2ndと漫画が合体した「マンガモバイアル2nd」を行った。 やしろ教頭はたまに、授業冒頭で1回と、ルール説明後に1回「 それがこの バチョ〜ルモバイアルセカンドォ〜! 」と叫び、エコーなどの音効をかけた後に「ありがとうございます! 」と言うのがお決まりであった。 また、やましげ校長は稀に、次のバトル・モバイアルの予習範囲を言い終わると、銃声のが鳴り、 校長が 撃たれるふりをすることがあった。 この後に言うやましげ校長のボケのレベルが日を追うごとに低下しているとして、2008年11月7日の学校運営戦略会議にて「やましげ校長の締めの一言裁判」が行われた。 結果は有罪。 やましげ校長は不服として控訴中であったが、申し立てる前に退任した。 「教チルフォン」でもバトモバができた。 1位になった生徒にはクリアするファイルがプレゼントされる。 バトル・モバイアル III サード• 2007年11月1日 - 2008年10月3日の放送• 前回のII セカンド とほとんど同じ内容。 今回のIII サード は、今日の予習範囲に基づいて、バトモバワードが3択言われる。 3択のうち、1つが今日の問題の正解となる単語となる。 後は前回と同様に携帯電話のメールで正確に打ち込んで送信し解答する。 「ラッキーロック 69 」の制度が無くなっている。 問題までの振りは前記同様。 一時期 2月ごろ 、エコーの予算がなくなり、やしろ教頭のタイトルコールにエコーがかからなくなった。 2008年8月25日 - 9月4日の2週間、「YOUNG FLAG軍資金スペシャル バトモバSP」として、1位から3位までの3人に1万円を進呈。 さらに、問題がYOUNG FLAG出演アーティストの関連問題が出題された。 やしろ教頭のタイトルコールも「バチョル〜モバイアル〜サード〜! ヤンフラ軍資金スペシャル〜! 」と叫んでいた。 バトル・モバイアル IV フォース• 2008年10月6日 - 2009年12月3日放送。 バトル・モバイアルIIIの続編。 3択機能と生徒からの学習問題が廃止された。 その代行システムとして、FORCE フォース の機能がついた。 この機能が発揮されると予習範囲と即答は必要なく、予習範囲とまったく関係のない問題が出題される。 その場合、答えのみを送るだけでよい。 また、フォースの猛者を「FOCER フォサ 」と呼ぶ。 同じく代行として、ラッキーフォースというシステムも導入された。 下2桁が44の生徒には、当時の新クリアするファイルがプレゼントされた。 猛者には奨学金1万円がもらえる。 2009年2月、定額給付金の支給のため、徹底的なコスト削減が行われた。 やしろ教頭のタイトルコールのエコーがかからなくなった。 そのため、やましげ校長がエコーの役割をするか、エコーなしとなった。 なお、FORCEの時はエコーが健在していた。 また、レジ音やファイルの飛ぶ音などのSEもなくなった。 また、拳銃の音が空砲SEに変更となったが、2月8日から1日おきで銃の音に戻った。 ひっつ先生が担当していた枠を、タキンチャイがやることになった。 2月8日から1日おきでひっつに戻った。 2009年4月のスペシャルウィークでは特別に「ガッキー・モバイアルIV」となりが出題を担当。 この時期は猛者には奨学金1万円とDVD「」 新垣結衣が出演していた作品 だった。 このとき、初めてやましげ校長以外の人がFORCEに飲み込まれた。 また、2009年5月と2009年8月には、ひっつ先生も飲み込まれた。 2009年7月21日 - 23日まで、奨学金残高不足になる事態に陥ったため休止となった。 2009年12月3日付で終了したが、2011年9月のスペシャルウィークで特別に復活。 この週のGIRLS LOCKS! はが担当だったため、特別に「バトル・モバイアル・トモ」に変更された。 2009年12月14日より開始。 挑戦者の発表は引き続きひっつ先生が担当。 語源は用語の「」。 バトル・モバイアルとは異なり、生徒は事前に給付金の使い道をエントリーボードに書き込む。 その中から無作為にはじき出された生徒が電話でクイズに参加する。 正解すると1万円がもらえるが、不正解だと翌日にキャリーオーバー(無制限)される。 5秒以内に解答しないとをしているものとみなされ失格。 もらった給付金は、エントリーボードに書いた使い道どおりに活用し、アフターレポートを提出しなければならない。 しかし、2010年11月8日の放送で一部の生徒が報告をしていないことが発覚。 その後放送での呼びかけにより、1名を除く全員が提出した。 残りの1名は放送内で連絡がつかなかったが、その生徒は、すでにアフターレポートが提出されていることが、他の生徒の書き込みにより発覚。 とーやま校長とやしろ教頭が放送内で謝罪した。 その翌日の生放送授業では、「グッズ&リリース」が開催された。 クイズに答え正解すると、とーやま校長、やしろ教頭、職員の私物品から、生徒がほしいものに近い品がプレゼントされた。 ちなみに疑われた生徒はクイズを間違え、何も貰えなかった。 とーやま校長とやしろ教頭は、「あいつはクイズなしでプレゼントするべきだったんじゃないか?」と述べていた。 2011年3月14日からはの影響で休止。 休止期間中 HOPE LINES! 放送中も含む)、毎日の賞金1万円分が生徒からの東日本大震災の義援金として、JFNヒューマンコンシャス基金に送られた。 ~終わらない歌を歌おう。 2011年5月2日 - 同年9月29日放送。 東日本大震災のための復興支援の動き、また、被災地で頑張っている生徒たち、支援活動を行っている生徒たちを紹介。 2011年10月3日 - 2016年3月31日放送。 参加エントリー1名につき1円を積み立て、ヒューマンコンシャス基金に送る。 エントリー人数は1週間毎に集計され、木曜日にその週のエントリー人数と寄付金額を発表。 生徒は事前に給付金の使い道をエントリーボードに書き込む。 その中からウルトラサーバーに選び出されたチャレンジャーが電話でクイズに参加する。 正解すると1万円がもらえるが、不正解だと翌日にキャリーオーバー(無期限)される。 キャリーオーバーの最高金額は、2013年7月2日 - 7月25日の16万円。 だが、ここでも正解者は12万円の支給を希望した生徒1人のみとなってしまい、残りの4万円は全額義援金として寄付された。 2016年3月31日の最終回では、3万円のキャリーオーバーが発生していたが、参加した生徒がクイズに正解できなかったため、3万円は全額東日本大震災への義援金として寄付された。 BATTLE QUIZ SCHOOL 4ORCE フォース)• 2016年3月22日に放送開始を発表、同年4月4日 - 2019年9月26日放送。 参加時点で10代の、4人1組でのエントリーが必須になる。 当初は、「学校の友達4人1組で参加」が条件だったが、生徒からの要望により、「友達4人1組で参加(4人が同じ学校でなくて良い)」のノースクールコースが新設された。 月曜から木曜まで、毎日1人ずつ登場、制限時間2分間で最大10問のクイズに挑戦する。 特別編成等でいずれかの曜日の放送が休止になった場合は金曜日にも実施された(を参照)。 1問正解につき1,000円獲得。 4人全問正解で最大4万円獲得できる。 パーフェクトを達成し、4万円を獲得したのはだけである。 パスは何回でもでき、その使い方が鍵となる。 全182 復活時を合わせて185 校が参加した。 レギュラー放送の最後の挑戦校は、茨城県のであった。 終了理由として、「あしざわ教頭のポケットマネーで成り立っていたため、退任されたことに伴っておしまいになってしまいました!」と説明された。 2020年6月8日にスペシャル授業ウィークの歴代人気授業4DAYSの一つとして一夜限りで復活した。 生放送授業で行われ、、、の3校が挑戦した。 デカビタC presents 最後のでっかい約束• 2020年3月16日 - 同年3月31日の放送。 生徒が大人になってから、とーやま校長と再会するまでに叶える大きな約束を、とーやま校長と行う。 本授業は、がサポート。 この授業の逆電に出た生徒にデカビタC ダブルスーパーチャージ1ケースが贈られた。 23時8分からの授業 ARTIST LOCKS! 放送前、23:08より2 -3分間放送。 今すぐおしえてあげLOOK! 2016年 - 2017年にかけて放送。 毎週水曜日に放送。 バイト部• 2016年6月 - 2017年2月、毎週月曜日に放送。 ひとり暮らしQ&Y• 2017年1月 - 2月、毎週水曜日に放送。 生徒からの新生活にまつわる質問によしこ先生が答えていく。 2019年4月 - 2019年9月、毎週木曜日に放送。 高校生の就職にまつわる授業。 SCHOOL OF LOCK! FRIDAY [ ]• 金曜の22:00 - 23:55に放送。 22時台は下記授業とアレキサンドLOCKS! を放送。 23時台は、LiSA LOCKS! とサカナLOCKS! を放送。 学校運営戦略会議• 金曜日22:00 - 22:15、アレキサンドLOCKS! 終了後 - 22:55 に放送。 パーソナリティは、さかた校長、こもり教頭。 SCHOOL OF LOCK! の職員室 から放送されているが、稀に生放送教室から放送する場合もある。 その週の生放送授業の振り返りや、にあった気になる書き込みを紹介する。 場合によっては生徒へ逆電を行う。 学校運営戦略会議の掲示板から提案された内容も発表。 そこから、新たな企画や部活が誕生することもある。 毎月第1金曜日 に、その前の月に送られたFAXのなかから「FAXヒーローズ月間」が選ばれる。 SCHOOL OF LOCK! 応援部• 金曜日22:15 - 22:30に放送。 2017年7月7日、「応援LOCKS! 」の意思を引き継ぎ放送開始。 パーソナリティは、こもり顧問、さかた校長。 応援部掲示板にカキコミをした生徒へ逆電を行う。 4 - 9月は、部活動に励む生徒への応援、10月 - 翌年3月までは、受験生への応援がテーマとなる。 受験シーズンには、応援部とコラボレーションしたがプレゼントされている。 この節のが望まれています。 ( 2020年5月) 22時00分 - 22時15分枠 金10• 生徒からの投稿を題材にしたラジオドラマを放送。 「金10」の由来は、 金曜日の夜 10時に放送するからである。 2014年度• 2014年12月12日 - 2015年3月20日、『SCHOOL OF LOCK! 恋愛部presents!「君恋物語 ~届け~」』を放送。 2016年度• 2016年5月13日 - 2016年10月28日『 presents 青春サポーターズ』を放送。 青春サポーターズソング• 2017年4月14日 - 9月29日、学校運営戦略会議内にて22:09 - 22:15に放送。 生徒の支えになった曲を、留守番電話、またはメールで募集、毎週1曲オンエアしていた。 スカパー! 校内放送 ラッパーズ• 2018年4月6日 - 2019年3月29日放送。 特別講師は、。 とーやま校長、あしざわ教頭とともに進行。 と提携。 22時15分 - 枠 鈴木杏のGIRLS LOCKS! FRIDAY• 2005年10月7日 - 2006年3月31日、22:15 - 22:55に放送。 パーソナリティは、。 詳細は「」を参照 校則LOCKS! 2006年4月7日 - 6月30日、22:15 - 22:30に放送。 GIRLS LOCKS! FRIDAYに替わって放送開始。 キーワードは"ほどほどの鍵カッコ"。 やましげ校長とやしろ教頭が「SOLの生徒手帳を作る」ところから始まったプロジェクト。 生徒手帳に必要な、校則を作るための授業。 応援LOCKS! 2006年7月7日 - 2017年6月30日、22:15 - 22:30に放送。 「校則LOCKS! 」に代わって始まったの授業。 歴代教頭(やしろ教頭、よしだ教頭、あしざわ教頭)が応援部顧問として進行。 校長(放送開始 - 2010年3月末はやましげ校長、2010年4月 - 2017年6月末はとーやま校長)とともに、テーマに沿って生徒を応援する。 版「Topp a(突破)」が制作される。 2017年4月7日放送にて、同年6月をもってToppoのサポートによる同授業の終了が発表 、同年6月30日をもって、11年の歴史に幕を閉じた。 応援LOCKS! の意思を引き継ぎ、翌週からSCHOOL OF LOCK! 応援部が放送開始。 2345書き込みプロジェクト• 書き込んだ生徒の名前を「チーム2345」の一員として、とーやま校長・あしざわ顧問が応援部の放送冒頭で紹介する。 SHISHAMO LOCKS! 2018年4月6日 - 2018年9月28日、22:15 - 22:30に放送。 パーソナリティは。 詳細は「」を参照 22時30分 - 22時55分枠 学校の英雄• 2006年4月7日 - 2012年3月30日に放送。 GIRLS LOCKS! FRIDAYに替わって放送開始。 才能をまき散らしている「天才はみだし馬鹿生徒」(例・「イラストFAX職人」せせり、オルガンカラー)を発掘し、紹介する。 学校の英雄と認定される人は、学校内でかなり有名にならないといけないのだが、バトモバで「ならず者」に認定されている人は基本的にその時点で英雄に認定される。 着ボイスを募集しており、留守電スタイルで録音する。 校長、教頭に認められるとケータイサイトで配信される。 不定期に「デモリマシタ」も行われる。 スポンサーがなので、au限定の着ボイスがある。 授業名(エーユー)もauとの洒落である。 エンディングの「ビビっとランキング」は、調べの楽曲ダウンロード数ベスト3を紹介。 授業終盤(1位の発表時)、当初はやましげ校長、またはやしろ教頭のどちらによる物真似があった。 2006年2月頃からは、以下のキャラクターが登場するようになった。 しかし、2006年10月の放送は諸事情により、馬の蹄の音だけの登場であった。 やましげ校長に乗り移った「ランキング様」(皇帝キャラ。 BGM:作曲「のテーマ」)や「ランキング教授」「山崎君」• やしろ教頭扮する「マダムランキング」(中年女性。 やましげ校長を誘惑。 ランキング様の妻でもある。 )のキャラクターが登場するようになった。 カリスマ先生 林さんや、2代目カリスマセールスマン 五明くんの授業もあった。 FAXの英雄• 「今夜のFAX」で活躍した生徒が選ばれ、現在6代目まで存在する。 初代 - 3代目は校長・教頭によって直接選ばれていたが、4代目からは投票制 毎日お題が出されるFAXニューヒーロー強化月間を設け、その期間FAXを送った生徒を対象に職員によって数人の英雄候補が選ばれる。 ノミネートされた英雄候補の特設FAXギャラリーがサイトに作られ、生徒が好きな候補者に投票し票の最も多かった候補者が英雄に認定される となる。 セカオワLOCKS! 2012年4月6日 - 2019年12月27日に放送。 2020年1月3日より23時00分 - 23時27分へ枠移動。 パーソナリティは。 詳細は「」を参照 閃光エール! 2010年4月9日 - 9月24日放送。 金曜日23:30 - 23:40に放送された。 に挑戦するすべての生徒にエールを送る授業。 各審査会場で会った、夢を追いかける挑戦者を紹介していく。 部活動 [ ] 部活動掲示板の書き込みは、生放送授業、アーティストLOCKS! 等で扱われることがある。 部活動 顧問 部長 主な部員 備考 創部 応援部• やしろ顧問• よしだ顧問• あしざわ顧問• とーやま顧問• こもり顧問 歴代教頭が顧問を務めている。 毎週金曜22:15 -より「」を放送。 (2006年7月 - 2017年6月は「応援LOCKS! 」として放送。 ) 2006年7月 バンド部• コサイン先生• バンド、楽器にまつわる部活動。 サカナLOCKS! 内で掲示板の書き込みを取り上げることもある。 2006年10月2日 恋愛部 通称:ラ部• 愛川ハナ子• ラブ川Jr. ダンガリー先生 恋愛・男女関係にまつわる部活動。 2014年10月 - 2015年3月にはにてラジオドラマ「君恋物語」が放送された。 2006年10月 おしゃれ部• (2010年10月 - )• (2012年6月 - 2014年4月)• (2014年4月 - 2015年3月)• (2015年10月 - 2016年9月) ファッション関係にまつわる部活動。 2012年3月の部活動仕分けにより、モデル部はファッション部に吸収された。 2007年1月 ドライ部• とーやま顧問 2017年10月 - 2020年3月• さかた顧問 2020年4月 - SOL公式YouTubeチャンネルにてドライ部の活動動画が更新される。 半年ごとに新シーズンとなり、現在シーズン6を配信中。 詳細はを参照 2017年10月 2014年にマンガ部と図書部が統合された。 以下にまとめて記述する。 マンガ・図書部• (2014年4月 - 2015年3月)• (2015年11月 - 2017年2月)• おすすめの漫画、本の紹介(マンガ・図書部掲示板)• ポエム作成(ポエム掲示板) 2014年4月 図書部• (第2週担当 2005年10月17日 - 2009年5月17日)• (2012年5月 - 統合) 読書感想文・ポエム 2006年10月2日 - 統合 マンガ部 ユキ• やんも先生(? - 2008年3月)• ダンガリー先生(2008年4月1日 -? やましげ校長(部長代理兼顧問代理2006年11月1日まで)• とーやま校長・やしろ教頭(2010年10月7日)• (第1週担当 2005年10月 - 2006年9月)• (第4週担当 2007年4月26日 - 2009年1月29日) 写メール発表 2006年10月2日 モデル部 モデル活動 2012年3月の部活動仕分けにより、モデル部はファッション部に吸収された。 2006年10月2日• バイト部 毎週月曜23:08 - にバイト部の授業が開講される。 2016年6月 - 2017年2月 新聞部 ひっつ• (2009年3月26日 - )• (2014年4月 - 2017年3月)• (2017年4月 - 2018年3月) 毎月2週目に「SCHOOL OF LOCK! Times」を発行 2009年2月 放送部 毎週月 - 木曜22:55 - に授業が開講された。 2017年4月 写真部• (2013年11月 - 2014年3月)• (2014年4月 - 2015年9月)• (2016年12月 - 2017年3月)• (2017年5月 - 2020年3月) 写真の投稿。 2020年4月、公式ウェブサイトから「写真部」サイトが削除された。 2013年4月29日 - 料理研究部• (2017年10月 - 2020年3月) 料理にまつわる部活動。 2020年4月、公式ウェブサイトから「料理研究部」サイトが削除された。 2017年10月 その他• 期間限定で2006年4月から「Catch a Wa部(キャッチ ア ウェー部)」が創られた(2006年5月8日24時をもって解散)。 映画「」と連携している。 恋の波をつかみたい男子生徒を応援する企画。 選抜された男子生徒が参加した。 なお、キャッチ ア ウェー部は、GIRLS LOCKS! とは無関係。 2006年6月30日に女子版キャッチ ア ウェー部の「Beauteen(ビューティーン)戦隊コクレンジャー」が創られた(2006年9月12日解散)。 インターネット配信 [ ] JFN38局を中心としたラジオ番組やオリジナルコンテンツを聴くことができるサイト。 無料で視聴可能。 学校運営反省会議• 2018年4月27日開始。 毎週金曜 24:00頃更新。 終わりの職員室にて、さかた校長、こもり教頭と職員がその週の授業の反省をしたり、反省会議ならではの企画を行う。 2020年3月27日配信分までは、WIZ RADIO等の有料会員向けに配信されていたが、2020年4月3日配信分より、JFN PARKへ移動。 放課後ミセスLOCKS! 2019年12月18日開始。 隔週火曜 2020年3月までは隔週水曜 24:00頃に更新。 放課後Perfume LOCKS! 2020年2月3日開始。 隔週月曜 24:00頃に更新。 放課後豆柴LOCKS! 2020年4月9日開始。 隔週木曜 2020年5月以降 24:00頃に更新。 放課後LiSA LOCKS! 2020年4月25日開始。 隔週金曜 24:00頃に更新。 とーやま校長の放課後授業• 2019年10月1日配信。 9月30日の生放送授業終了後に収録。 とーやま校長の退任発表に関して、授業内で読めなかった書き込みが紹介された。 ドライ部!supported by• 車の良さを伝えるための。 シーズン6(2020年4月- より、さかた顧問が就任。 SOL公式YouTubeチャンネルにて、月に1回配信される。 とーやま顧問時代• シーズン1 - 5は、初代とーやま顧問による部活動。 決まり挨拶は、「うん、てんどらーいぶ!」• シーズン4までは毎週月曜日に配信されていた。 シーズン5は隔週月曜日の配信へ変更。 とーやま校長いわく、ドライ部!担当職員の腕が、編集作業によりパンクしそうだからとのこと。 シーズン5は、「とーやま校長Thank Youドライブツアー」の模様を配信(を参照)。 「」も参照 RAD LOCKS! 講師は。 2006年10月9日配信開始。 2007年4月 - 9月25日、毎週火曜日23:05 - の枠へ移動。 2009年3月4日でが休講したため、3月11日から5月27日まで期間限定で水曜日枠に移動した。 2011年1月31日から2月3日まで期間限定で「ミニ RAD LOCKS! 」があった。 2016年9月より12月までの期間限定で復活。 最後は「また必ず戻ってくる」と生徒に約束してエンディング。 「」も参照 チャットLOCKS! 講師は、。 2006年10月9日配信開始。 2008年9月28日生放送授業でやましげ校長・やしろ教頭としゃべりすぎたので決定。 2007年10月より、毎週火曜日23:05 - の枠へ移動。 2007年11月27日をもって12月から3か月限定で「」が再スタートした。 2008年4月8日より再び「LOCKS! 」枠にて放送開始。 「」も参照 ナイスLOCKS! のプロフィールが記録された、かつての公式ウェブサイトから2006年9月18日配信開始、2009年2月25日終了。 アシスタント(副担任)は配信2回目から配信20回目までエンジョイ村カワ(プロデューサーのも登場)。 夕日がきれいな月曜日更新。 ユニバLOCKS! 「SCHOOL OF LOCK! UNIVERSITY」限定で放送。 パーソナリティはやましげ校長とやしろ教頭。 大学生と高校3年生のみ聴取可能。 かなりコアな放送となっている。 視聴覚室 WEB LOCKS! 不定期更新(主に月曜日更新)。 オレスカLOCKS! 「 のSHOW TIME! 2006年7月24日配信開始。 2006年8月11日にメンバーの不調で中断、2006年9月11日配信再開。 2008年8月に正式終了。 2008年、海外ツアーの模様を動画で届ける「ORE TUBE」がスタート(タイトルも似ているがページデザインも初期は「」に似ていた。 ヨースケ LOCKS! 講師は。 2008年2月13日配信。 デモリマシタの英雄、ヨースケ HOMEのメジャーデビュー記念配信。 DOMINO LOCKS! パーソナリティ講師は。 2009年12月24日配信開始、2010年3月31日終了。 週1回更新。 足し算『ドミノ17』、『がちゃ禁』相談室が行われた。 スマホLOCKS! 2012年11月12日、日本における2011年以降のの普及に伴い開講(配信開始)。 SOL公式スマートフォンサイトで配信されていた。 2015年9月30日をもって全て更新終了した。 TENER LOCKS! パーソナリティは、。 2013年5月6日から23日まで18日間連続で更新されていた。 ME SO LOCKS! パーソナリティは、。 2014年5月21日、23日、26日、29日の4回更新された。 よしだLOCKS! パーソナリティは、よしだ教頭。 更新期間は2013年7月5日 - 2014年9月22日。 更新回数は全41回。 よしだ教頭の退任と共に更新を終えた。 スマホLOCKS! 特設ページ内の「SOL! 職員室」から聴くことができた。 よしだLOCKS! 内で、職員のミモザ先生が不適切な逆電の受け取り方をしたため、2014年2月6日の生放送授業 で「第1回ミモザ裁判」が開かれた。 結果は有罪で、生徒に金(きん)をプレゼントすることになった。 しかし、生徒によっては金箔または金塊がプレゼントされる事態になった。 サラバLOCKS! パーソナリティは、。 更新期間は2012年11月14日 - 2014年9月30日。 更新回数を示す番号は、「其ノ壱」のようにで書かれている。 更新回数は全仇拾参(93)回。 リトグリLOCKS! パーソナリティは、。 期間は2014年3月7日 - 2015年8月25日。 更新回数は全78回。 片平LOCKS! パーソナリティは、。 期間は2012年11月15日 - 2015年8月31日。 更新回数は全289回。 ねごとLOCKS! パーソナリティは、。 期間は2012年11月13日 - 2013年6月25日。 更新回数は全36回。 PAGE LOCKS! パーソナリティは、。 期間は2012年11月12日 - 2014年2月26日。 更新回数は全77回。 ブルエンLOCKS! パーソナリティは、。 期間は2014年12月19日 - 2015年7月29日。 更新回数は全32回。 ガリレオLOCKS! パーソナリティは、。 期間は2012年11月16日 - 2014年4月25日。 更新回数は全21回。 さよポニLOCKS! パーソナリティは、。 期間は2012年12月21日 - 2014年9月19日。 更新回数は全50回。 イベント [ ] Whistle Song(ホイッスルソング) 生徒の進級、卒業を祝うライブ。 2015年、2016年の3月下旬に開催。 からが18歳以上に引き下げられることに伴い、10代の生徒が選挙や政治の在り方を考えることを目的として企画された。 2015年12月 - 2016年3月、全国10箇所で開催。 2015年度、開校10周年プロジェクトとして、JFN系列局のある10県を訪問した企画。 訪問当日は、その県のJFN系列局から生放送された。 逆電の対象となったのは、その県またはその地域に住む生徒のみであったが、それ以外の地域の生徒には、抽選でお土産がプレゼントされた。 閃光ライオット SOLが主体となり開催していた10代限定のロックフェス。 2008年 - 2014年まで開催。 とーやま校長Thank Youドライブツアー 2019年10月 - 2020年2月に実施された特別企画。 2020年3月で退任するとーやま校長が、全国6都市を訪問。 生徒へ直接感謝を伝えに行った。 「ドライ部!」シーズン5と連動し、ツアーの様子がで公開された。 ドライ部については、を参照。 各会場で、オリジナルの「Omoiyaltyステッカー」、「ルームフレグランス」、SCHOOL OF LOCK! 特製「クリアするファイル」がプレゼントされる。 参加したい生徒は、特設サイトから事前エントリーすることとなっており、応募者多数の場合は抽選となった。 2019年10月12日開催• 2019年11月2日開催• 2019年11月30日開催• 2019年12月8日開催• 2020年2月8日開催• このリストバンドはSEKAI NO OWARIの各フェス会場、ワンマンライブの会場等で購入可能。 SCHOOL OF LOCK 未来新聞 2014年度から3月11日付で発行されている、ウェブ上の新聞。 東日本大震災に対する生徒の声を掲載している。 年賀状企画 2008年12月 - 2009年1月に初めて行われた。 以降毎年行っている。 生徒がSOL! に年賀状を送り、講師陣、職員等が気に入った年賀状に返信をする。 日替わりの授業内容から派生した授業 デモリマシタ 生徒からオリジナルの音源を募集した。 熱意のある物はオンエアされたり、HPで公開されたりした。 ジャンル・年齢・経験などは不問。 授業冒頭のあいさつ、「起立! 」もここから募集している。 水曜LOCKS劇場 「GIRLS LOCKS! FRIDAY」内の「放課後LOCKS劇場」に対抗するかたちでできた。 「ワッショイ学園ワッショイ組」が舞台の世界一つまらないラジオドラマ。 しかし、榮倉奈々が準レギュラーで出演したり、出演者を生徒からオーディションで募集した(基準は演技力よりもテンション)。 サブタイトルは毎回意味深なものだが、結末を聴いて拍子抜けすることが多い。 榮倉奈々公認のために、やましげ校長、やしろ教頭共に放送を了承し、榮倉奈々のGIRLS LOCKS! 内で水曜日に放送されていた。 水曜LOCKSクイズ 水曜LOCKS劇場に替わって突然始まった謎のクイズ授業。 その内容は「 なかやまちゃん」という謎の人物がジャガイモを口に入れて、喋った言葉を当てるという内容。 第1回目は2006年の3月15日。 バトル・モバイアルとは違って、答えを募集するようなものではない。 TENG LOCKS! 木曜のGIRLS LOCKS! の前に勝手に挿入されることがあった。 天狗柱先生が出演。 品のない内容であることが多いため、TENG LOCKS! が終了したとき学校掲示板にかなりのバッシングが書き込まれていた。 そして、卵が大量に投げられていた。 しかしジングルは他のLOCKS! と同様に作られてあった(すべてのLOCKS! 開始時ジングルはヘルツ先生製作)。 ワールドガッキーサテライト 通称WGS。 2008年2月4日から毎週のように出てくる謎の企画。 世界各国からガッキーファンがガッキーの良さを語る。 2008年は「みこし隊」の復活が決まったため、放送回数が少なかった。 インターネット連動企画 裏SOL! ケータイサイトから取得できた。 裏SOL! の内容によっては学校掲示板にかなりの書き込みが増えた。 また、教頭チルドレン(教チル)の募集は大概この場で行われた。 2006年11月23日配信の裏SOL! で校長権限でアンケートを取って、1番になった先生のメルマガが配信されることになった。 でも同様なサービスが有ったもののDX時代で終わっている。 ダ・ヴィンチ・ロード 公式ウェブサイトと「」がコラボレーションした期間限定の謎解きクイズ企画。

次の

スクール・オブ・ロック

スクールオブロック やましげ校長

スポンサーリンク 海外ドラマ「スクールオブロック」前回のあらすじ 海外ドラマ「スクールオブロック」の前回のあらすじです。 メンバーたちは早速新曲を作る。 そして、レコーディングすることに。 しかし、スタジオが手配できず… スポンサーリンク 海外ドラマ「スクールオブロック」あらすじ16話「サマーの恋敵(ライバル)」 学校のパーティーで演奏することになったメンバーたち。 正体がバレないようにやろうと考える。 そして、サマーは決意した。 思い切ってフレディに告白するのだが… スポンサーリンク 海外ドラマ「スクールオブロック」あらすじ17話「夢のデュエット」 スター発掘番組に出ようとするサマー。 トミカも誘って一緒に出ようと考えていた。 なんとか受かりたい2人。 催眠術をかけて挑戦するが… スポンサーリンク 海外ドラマ「スクールオブロック」あらすじ18話「強行!ハロウィーン」 ハロウィーンの季節がやってきた。 パーティーを学校で開きたい生徒たち。 しかし、校長は猛反対。 なんとかパーティを実現しようと、メンバーたちは模索し… スポンサーリンク 海外ドラマ「スクールオブロック」あらすじ16話~18話の感想&ネタバレ 催眠術をかけてましたけど効果あったのかな?w 校長はハロウィーンが嫌いなようです。 でも、みんなパーティーしたくてたまらない。

次の

Sky presents ミュージカル『スクールオブロック』

スクールオブロック やましげ校長

とても大好きな映画、何度見ても楽しめる作品だ。 ジャック・ブラックのはまり役、バンドを追われた名門小学校ニセ教師ロッカーが子供たちとバンドを結成、バンドコンテストに出場するまでを描いた物語。 減点主義へのアンチテーゼであり、多様性への賛歌でもあるが、何よりも体制に従わず自由に生きるという事がロックなのだと訴えているのかもしれない。 デューイ(ジャック・ブラック)の熱血ロック指導により、子供たちは画一的な勉強よりも大事なものに目覚めていく。 やがて劇中歌にあるようにオールAとり遅刻せずに学校に行き、家の手伝いをしても頭はいつもボンヤリ... な生活から抜け出していく。 youtube. ロックバンドのギターをクビになった冴えない自己中ロッカーが、ふとしたきっかけで小学校の先生になりすまし、そこの生徒たちにロックを教えて、いっしょにバンドコンテストに出るというお話。 ジャック・ブラックのあくの強さが際立っているが、優等生だった子供たちが、ロックという音楽を通じて生き生きしだす所とか。 偽物とわかったジャック・ブラックを、それでも先生として信頼する子供たちとか。 なんだかんだ反対してたのに、自分の子供たちのステージを見て、盛り上がってしまう保護者たちとか。 真面目なもの、お堅いもの、教育的なものに対してのほどよいカタルシスがあって。 面白くて感動して。 本当にタイトル通りの作品。 ふざけたコメディと言ってしまえばそうなんだけど、でもすばらしい作品! 米英にロックが根付く理由が分かる、なかなか完成度の高い音楽作品だ。 華やかに愛を語るオペラや荘厳に人生を奏でるクラシックでもない、抑圧された感情を解き放って、言いたい事を遠慮なくぶつける。 反抗の対象は強くて大きいモノであれば、社会、企業、大人、学校、慣習でも何でもいい。 若者でも子供でも主張を歌にして叫べるロックこそ自由の国を象徴する音楽なのだと理解できる。 ストーリーは独り善がりのギター・ボーカリストが臨時教師として紛れ込んだ坊っちゃん小学校での生徒達とのロックを通じた心の交流を描いたもので洋画「天使にラブソングを」や邦画の「スウィングガールズ」に近い。 主人公ジャック・ブラックの人を食った濃い目のロッカー教師と、それに負けない子供達の熱演と演奏、そして隠し味のマリンズ校長役のジョーン・キューザックのキュート振りが抜群に良かった。 彼女はジョン・キューザックの実姉だが、綺麗な顔立ちを生かした堅物校長にはぴったりだ。 日本の学校と大きく違うのは生徒が多様な人種で構成されている事で、アングロ、ラテン、東洋人、アイリッシュ、アフリカン等の子供達の得意を生かして編成されたバンド、それ以外の生徒もマネージャー、衣装、照明、警備等の適材適所で力を発揮していて、この辺の設定の巧さはさすがハリウッドだ。 ジャックも子供達も元々演奏技術を持っていて、演奏は吹き替え無しの生の臨場感だし、台詞は最小限に抑えた小気味良い脚本、伝統校の重厚さとロックの雑然さを対比させたカットやジャックの熱血ロック指導のカメラ長回し等も工夫されていて愉しかった。 僅か3週間の課外授業が生徒達に与えた変化は計り知れない。 知識を詰め込む前に人としての感受性や勇気等の「器」を広げる教育の大事さが良く判る。 海外では有料個人レッスンが主流だが、日本には有り難いことに誰でも参加できる部活やクラブが学校にある。 その事に改めて感謝すべきだろう。 まさかジャック・ブラックに泣かされるとは意外だったが、王道を此処まで完璧にやられては拍手しかない。 家族で楽しめる隠れた良作です。 批判する人は、まずこれ「コメディ」ということと「主役はあくまでデューイ(おっさん)」という大前提を理解してないとダメ。 スクール・オブ・ロックという言葉は子供たちの為のものではない、世界中にいるうだつの上がらないロック親父の為のものだ。 要するに、ミュージシャンくずれのオッサンの妄想を具現化した「コメディ」映画なので、その視点になれない・理解できない人は見ないほうがいい。 はっきりいって映画としては詰めは甘いわ、ツッコミどころ多いわ、今のシーンいる?みたいなの多いけど、テンポは悪くないしマジメなドラマじゃないので苦労するシーンとかも不要!とにかくすべて「ロック」という言葉でごまかしてる・ごまかされたい映画。 いちいち説明くさいことも一切ない、説教くさいこともない、ラブ&ピースだのクサイことも一切なし! シンプルで中身が無いけど爽快!・・・それもまさにROCKだと思う 主演の太っちょジャック・ブラックの代表作といっていい映画。 ジャック・ブラックの暑苦しいノリについていければあっという間の100分だけれど、 少しでも嫌悪感が勝ってしまうと、非常に辛い100分間だ。 とにかく主人公は無茶苦茶にダメな大人なのだ。 ストーリーはがんばれベアーズ的な定番ものだけど、題材がロックバンドというところが絶妙。 テンポ良く放り込まれる往年の名曲やロックトリビアに音楽ファンならソレだけで満足してしまいそうになる。 全体として主演のジャック・ブラックばかりが目立ちすぎて子どもたちを掘り下げるシーンは少ないけれど、 それぞれのキャラクターが個性的で不思議とひとりひとりの生徒に愛情を持ってしまうのは演出の妙だろう。 フィナーレには学生時代の文化祭のような平和で幸せな一体感を追体験出来る。 シャイで内気な生徒たちが太っちょ先生のペースに乗せられて、 それぞれの殻を破るシーンは子どもの成長を見守るようで微笑ましい。 そんなシーンに涙スーッと流れてしまうのはきっと歳のせいだと思う。 I absolutely love this film, it takes me right back to my childhood every time I watch it! Yeah it may be a bit cheesy at times, but in a good way. I'd highly recommend it if you're looking for a funny, laid-back family film. As for the delivery, I was very pleasantly surprised. I ordered this DVD late on a Wednesday night, choosing standard delivery and it arrived the next morning. My estimated delivery date was placed somewhere between Monday-Weds the next week, so it was a nice surprise! This is a great film for all the family. As a 20 year old I was a little sceptical about this film and that it would be another kiddie film but I was very surprised. The film is about an aging Rocker who has failed to make it who then gets kicked out of his band. Being given grief by his best friend's girl friend to start paying rent and not wasting his life away he impersonates his best friend to become a substitute teacher at the best prep school in the country. From this point it focuses around a group of "geeky" school kids who transform into a fairly good band and play an amazing set at the Battle of the Bands. This is a great film Jack Black is brilliant as the teacher; this part just seemed to be perfect for him. There are some great interactions with Joan Cusack who is cast as the school principle. The children seem to be a good bunch musicians and it will be interesting to see if any of the become major performers either acting or music in the future. I would certainly recommend it to anyone, the DVD has a few interesting documentaries which are worth a watch but by no means would I buy the DVD because of them. The film however can more than sell it on its own.

次の