モバイルルーター ソフトバンク。 ソフトバンクのモバイルWi

プロが教えるソフトバンクのモバイルルーターをおすすめしない全理由

モバイルルーター ソフトバンク

モバイルルーターとは モバイルルーター(モバイルWi-Fiルーター)は、気軽に持ち歩いて使えるサイズの通信機器のことです。 「ルーター(Router)」はインターネットに接続するために使う通信機器。 また「モバイル(mobile)」は英語で「携帯する」の意味を持っています。 モバイルルーターを指し示す言葉としては「モバイルWi-Fiルーター」「」「Pocket WiFi(ポケットWiFi)」など、いくつか種類があります。 ただしこれらは微妙に意味が異なります。 「モバイルルーター」と「モバイルWi-Fiルーター」はモバイルルーターという 製品ジャンルを示す言葉。 同じ意味で使われます。 一方「WiMAX」「Pocket WiFi」はUQコミュニケーションズやY! mobile(ワイモバイル)が提供するモバイルルーターの製品・サービスの名称です。 モバイルルーターというジャンルの中に「WiMAX」や「Pocket WiFi」といった名前の製品・サービスが存在している、ということですね。 「WiMAX」と「Pocket WiFi」の違いについては、以下の記事で詳しく解説しています。 モバイルルーターの使い方 モバイルルーターがあれば、PCやスマホ、タブレット、ゲーム機など、Wi-Fi機能に対応する製品を モバイルルーター経由でインターネットに接続できます。 最近ではカフェやコンビニなど公共の場でも無料で利用できるWi-Fiスポットが増えています。 ただしこれらはWi-Fiスポットを提供している施設内にいないと使えません。 一方モバイルルーターであれば、 自分で自由に持ち歩き、好きな場所で使えます。 今いる場所がモバイルルーターのサービス提供エリア内であれば、場所も時間帯も選ばず、いつでもインターネットが楽しめるというわけです。 モバイルルーターサービスの中には「毎月使えるデータ通信量が無制限」のものも。 こういったサービスを選べば、スマホとセットで使うことにより、YouTubeをはじめとするネット動画も見放題でストレスなく楽しめます。 光回線やADSLなど自宅の固定回線代わりとして使う、なんて方法も考えられますね。 モバイルルーターの種類 モバイルルーターにはいくつか種類があります。 特徴ごとに分けると、大きく以下4つになりますよ。 ・WiMAX(UQコミュニケーションズ) ・Pocket WiFi(Y! mobile) ・SIMフリーモバイルルーター ・キャリア提供のモバイルルーター WiMAX WiMAX(ワイマックス)は UQコミュニケーションズが本家として提供するモバイルルーターサービスです。 「 通信速度が速い」「 毎月使えるデータ通信量が無制限」と使い勝手がよいことが魅力。 またこの内容で月額料金も比較的安く使えるため、利用する人も多い、人気のサービスです。 WiMAXにはUQコミュニケーションズが展開するUQ WiMAXの他にも、UQコミュニケーションズから設備を借りてサービスを提供する事業者(格安SIM事業者のようなもの)が多く存在。 契約する事業者や料金プランによっては次のような特典を提供しているケースも見られます。 ・数万円の初期費用が無料になる ・毎月支払う月額料金が安い ・契約後に数万円の現金キャッシュバックがある またauスマホ/auケータイを使っている場合は「auスマートバリューmine」というセット割引が利用可能。 毎月auに支払う料金から契約している料金プランに応じた割引が受けられます。 Pocket WiFi Pocket WiFi(ポケットワイファイ)はSoftBankのサブブランドである Y! mobile(ワイモバイル)が提供するモバイルルーターサービスです。 サービスはソフトバンクの回線を使って提供しており「 しっかりした通信速度」が特徴。 対応機種は限られるものの、毎月使えるデータ通信量が無制限になる有料オプションも用意されています。 またSoftBankで自宅の固定回線(光回線)や電気を契約していると、「おうち割」と呼ばれるセット割引も利用可能。 毎月Y! mobileに支払う料金が割引されます。 キャリア提供のモバイルルーター 携帯電話の3大キャリアであるNTTドコモ、SoftBank、KDDI(au)も、それぞれのネットワークを使ってモバイルルーターサービスを提供しています。 機種別の詳細な対応・非対応を除けば、SoftBankのモバイルルーターとY! mobileのPocket WiFiで利用できるサービスエリア、またKDDI(au)のモバイルルーターとUQコミュニケーションズのWiMAXで利用できるサービスエリアは同じです。 毎月支払う月額料金はやや高め。 しかし使っていて困った際に身近な店舗(キャリアショップ)に駆け込んで対応してもらえることは、キャリア提供のモバイルルーターを使うことの大きな魅力です。 SIMフリーモバイルルーター スマートフォンと同じく、モバイルルーターも SIMフリー製品が販売されています。 自分の好きな回線事業者を選び、その回線事業者を通じて提供されるSIMカードを差して使えます。 基本は格安SIMとセットで使うことが多いですね。 モバイルルーターを購入するために初期費用はやや高くつくものの、 格安SIMで使えば毎月支払う月額料金は安価に。 毎月の通信量がめちゃくちゃ多い場合を除けば、初期費用と毎月のランニングコストの総額をもっとも安くできる可能性が高いのは、SIMフリーモバイルルーターと格安SIMの組み合わせです。 また格安SIMのほとんどでは、音声通話機能のない「データ通信専用プラン」には長期間の契約期間を設定していません。 好きなタイミングで解約でき、解約金なども発生しないこともSIMフリーモバイルルーターを選ぶメリットです。 モバイルルーターの選び方 モバイルルーターを選ぶ際に意識したいポイントをピックアップしてみました。 ・契約期間(年単位の契約?解約金は設定されている?) ・毎月のランニングコスト(月額いくらから使える?) ・通信量(毎月どのくらい通信できる?) ・通信速度と速度制限(通信速度に体感でストレスは感じない?速度制限は設けられている?) ・サービスエリア(使いたい場所できちんと繋がる?) モバイルルーターを選ぶ際には、最低でも上記5つのポイントは意識してみましょう。 実際に自分がモバイルルーターを使う場面を想像。 それぞれどういった内容であれば使いやすそうか。 「 ここだけは譲れない」というポイントはないか。 こんなことを考えてみると、より自分に合ったモバイルルーターが見つけやすくなります。 まとめ モバイルルーターの概要と使い方、種類、選ぶ際に意識したいことを紹介しました。 最後にあらためてポイントを整理しておきます。 ココがポイント! ・モバイルルーターは携帯して使える通信機器 ・モバイルルーターを使うとWi-Fi対応製品をインターネットに接続できる ・モバイルルーターサービスを提供する事業者にも種類がある ・モバイルルーターを選ぶ際は「契約期間」「料金」「通信量」「通信速度」「通信エリア」を気にしよう モバイルルーターというものを学んだ上で「一度モバイルルーターを使ってみたい」という気持ちになった場合には、UQコミュニケーションズが提供している、無料のWiMAXお試しサービス「 Try WiMAX」を活用してみるのもオススメです。 どのように使える存在なのか、自分で試してみると、より理解が深まることは間違いありませんよ。

次の

【公式】DMM モバイルWi

モバイルルーター ソフトバンク

モバイルルーターとは? モバイルルーターとは、簡単に説明すると 「持ち運びができる無線タイプのインターネット」のことです。 パソコンやタブレット、スマホを使って、外出先でも仕事や動画視聴などを行いたい人向けのサービスとして一般的なものになっています。 モバイルルーターという呼び名以外にも、ポケットWi-Fiと呼ばれることもあります。 しかしポケットWi-Fiは、 もともとワイモバイル(Y! mobile)が取り扱っているモバイルルーターの商標です。 モバイルルーターとポケットWi-Fiの違いや名前の由来については、関連記事で詳しく解説しています。 モバイルルーターの回線と機種は別のことを指す モバイルルーターを利用するためには、回線と機種が必要です。 回線と機種は混合しやすいのですが、それぞれ別のことを指します。 モバイルルーターの回線や機種、料金などを表にまとめました。 回線:ソフトバンク、au、ドコモ• 機種:iPhone、Xperia、Google Pixcelなど といったように、モバイルルーターでも回線と機種が分かれます。 回線によって提供しているサービス内容や機種も異なるので、使い方に応じて選ぶのがおすすめです。 それぞれの回線について解説していきます。 WiMAXとは WiMAXは、モバイルルーターの中でも知名度が高いサービスです。 実際のサービスはどうなっているのでしょうか。 今回は、WiMAXの中でも コスパが良くてオススメのBroadWiMAXを例に詳しく解説していきます。 WiMAXの特徴 WiMAXの特徴をまとめると、以下のようになります。 モバイル回線としては非常に通信速度が速い• 通信制限がない(実質はあるが条件が緩い)• 2Gpbsです。 光回線の一般的な最大速度が1Gbpsであるため、 非常に通信速度が速いです。 また、WiMAXの通信制限がかかる条件は、3日間で10GBを超えて使用した場合になります。 1GBの使用容量の目安は、HD動画で約1時間程度。 毎日4時間以上動画を視聴した場合、3日間で10GBを超えて規制が掛かってしまう計算に。 ヘビーにネットを利用しない限り通信制限の条件は緩いと言えます。 さらに、auスマホとセットで割引されるスマートバリューの適用が可能となるため、auユーザーはお得に利用できます。 WiMAXについては、関連記事で詳しく解説していますので、ぜひご一読を。 WiMAXのルーターの種類 UQ WiMAXを始め、様々なプロバイダがWiMAXを提供しています。 当サイトでオススメしているBroadWiMAXのルーターは、下記の2種類があります。 データ通信が使い放題・速度制限もなしで定額料金• マルチキャリア対応。 常に強い電波を掴むのでほぼ圏外にならない• 海外でも面倒な設定なしでそのまま使える どんなときもWiFiの料金は データ放題プランのみで、月額3,480円、通信制限なしと非常にわかりやすいプランです。 また、クラウドWiFiという新たな仕組みを使っています。 クラウドWiFiは、複数の通信会社の電波を使うことができる仕組みです。 どんなときもWiFiでは、 大手3社(docomo・au・ソフトバンク)のLTE回線が利用できます。 そのため、 どんなときもWiFiの回線のエリアは幅広く、非常に安定しています。 さらに、どんなときもWiFiは 海外へそのまま持って行って、現地のWiFiを利用することが可能です。 わざわざ現地でモバイルルーターをレンタルする必要もないため、手間を省けます。 どんなときもWiFiのメリットやデメリットについては、関連記事で詳しく解説していますので、ぜひご一読を。 どんなときもWiFiのルーターの種類 どんなときもWiFiで利用できるルーターは、 「D1」というルーターです。 主な特徴 下り最大 150Mbps 上り最大 50Mbps 連続通信時間 12時間(3,500mAh) 同時接続台数 5台 サイズ W127 x H65. 7 x W14. また、 バッテリーが大容量で最大12時間の長時間使用が可能です。 もし外出先で電源スポットが見つからない場合でも、長時間利用できます。 ソフトバンクのポケットWi-Fiとは 大手通信キャリアのソフトバンクもポケットWi-Fiのサービスを提供しています。 ソフトバンクのポケットWi-Fiのプランは、 「ウルトラギガモンスター+forデータ」を利用します。 料金プランやルーターの種類について詳しく解説していきます。 SoftBank ポケットWi-Fiの特徴 SoftBankのポケットWi-Fiのサービスで基本的に利用する 「ウルトラギガモンスター+ forデータ」は、50GBまで使えるプランです。 容量としては大きく見えますが、通信無制限のサービスもあるので、なんとも言えないのが正直なところ。 さらに、ポケットWi-Fiで利用する場合、 スマホの「ウルトラギガモンスター」プランとは違って、動画・SNS放題の対象外となるため注意が必要です。 また、料金も他のポケットWi-Fiサービスと比較すると、非常に高額。 ワイモバイルのポケットWi-Fiとは ワイモバイルでも、ポケットWi-Fiのサービスが出ています。 ワイモバイルは、 通常のプランであれば月間の通信料が7GBか5GBのどちらかを選ぶ形になりますが、 追加オプションで通信容量無制限にすることが可能です。 また、タブレットやパソコンとセットで割引されるプランもあります。 ワイモバイルの詳細について解説していきます。 ワイモバイル ポケットWi-Fiの特徴 ワイモバイルの契約プランは、• ポケットWi-Fiプラン2 7GB• ポケットWi-Fiプラン2ライト 5GB の2種類です。 それぞれの概要を表にしました。 通信制限がかかった場合、500MBごとに500円の追加料金を支払うことで、通常の速度に戻ることもできます。 ポケットWi-Fiプラン2 7GB のプランだけですが、 アドバンスオプション(月額684円)追加で通信制限がかからず高速通信が利用可能です。 また、どちらのプランも契約期間は3年で、途中解約する場合は解約金がかかるので、注意しておきましょう。 ワイモバイルでは他にも、 タブレットやパソコンとセットで割引される「バリューセット」もありますので、詳細を知りたい方は関連記事で詳しく解説していますので、ぜひご一読を。 ワイモバイル ポケットWi-Fiのルーターの種類 ワイモバイルのポケットWi-Fiのルーターは、下記の種類があります。 Pocket WiFi 803ZT• Pocket WiFi 801HW• Pocket WiFi 701UC• Pocket WiFi 601ZT• Pocket WiFi 603HW• Pocket WiFi 502HW• Pocket WiFi 506HW その中でも「Pocket WiFi 803ZT」は、最速下998Mbpsと高速通信が可能で、最大12時間も充電が持つ大容量バッテリーです。 「どれを選べばいいかわからない」と悩まれている方は、公式サイトで特徴から選ぶことができるので、自分にあった機種を見つけてください。 まとめ:モバイルルーターはWiMAXとどんなときもWi-Fiの二強 今回の記事をまとめます。

次の

ソフトバンクのモバイルルーターの特徴を紹介!どんな人に向いている?

モバイルルーター ソフトバンク

こんにちは!モバイルWi-Fi運営事務局です。 当ページでは、ソフトバンク Softbank のモバイルWi-Fiの契約を検討している方に向けて、本当におすすめなのかどうかを徹底調査しました。 ソフトバンクのモバイルWi-Fiの基本情報をお伝えした上で、以下のポイントを他社と比較しました。 通信速度• データ容量• 料金 通信エリアに関しては、抜群のソフトバンクですが、上記のポイントを比較すると、誰にでもおすすめできるわけではないということがわかりました。 当ページでは、そんなソフトバンクのモバイルWi-Fiについてどんな方におすすめなのかという点を解説。 また、ソフトバンクiがおすすめでないという方にも、当サイトがおすすめするモバイルWi-Fiをご紹介しています。 最後までお読み頂くことで、あなたにぴったりのモバイルWi-Fiを見つけることができます! まずは、契約プランやルーターなど、ソフトバンクのモバイルWi-Fiの基本情報から確認していきましょう! 目次• ソフトバンクのモバイルWi-Fiの契約プラン・料金・ルーターについて まずは、ソフトバンクのモバイルWi-Fiに関して、月額いくら使えるのか、月間のデータ容量はどれくらいなのか等の基本情報から確認していきましょう。 ソフトバンクの契約プラン、料金は? まずは、ソフトバンクのモバイルWi-Fiの契約プランを見ていきます。 2種類あるソフトバンクの契約プランは以下の通りです。 一方、WiFiルータープランは、スマホのデータ容量をモバイルWi-Fiと分け合うプランなので、新しくデータ容量が増えるわけではありません。 データ容量は増えないにも関わらず、ルーターとデータをシェアするだけで毎月1,900円かかるという点には注意が必要です。 モバイルWi-Fiルーターは3種類! 次に、ソフトバンクのモバイルWi-Fiルーターをご紹介します。 2019年7月まで、ソフトバンクで契約可能なモバイルWi-Fiルーターは1種類のみでした。 しかし、2019年7月26日に新発売したルーター802ZTで2種類となりました。 また、モバイルWi-Fiルーターではではありませんが、ソフトバンクにはホームルーターのSoftbank Airもあるので、あわせてご紹介します。 6mm 109. 2019年7月26日に発売した最新モバイルWi-FiルーターPocket WiFi 802ZTでは、 通信速度が格段にアップしました。 また、自宅のホームルーターであるSoftbank Airに関しても、通信速度は高速。 SoftbankAirは、本体をコンセントに挿すだけですぐ使えるWi-Fiで、データ容量も無制限で毎月定額料金です。 モバイルWi-Fiを持ち運ぶ予定はないという方には、自宅専用のホームルーターSoftbank Airもおすすめ。 それでは、ここまでご紹介したソフトバンクのモバイルWi-Fは他社と比較すると、どれほどのスペックなのか。 次はソフトバンクと他のモバイルWi-Fi各社を比較していきます。 他社と速度・データ容量・料金を比較 ソフトバンクのモバイルWi-Fiルーターは他社と比較するとどれほどのスペックなのでしょうか。 モバイルWi-Fiサービスを提供するドコモ docomo 、WiMAX ワイマックス 、ワイモバイル Y! mobile 、そして新しくサービスを開始したどんなときもWiFiを比較します。 比較ポイントは以下の3点です。 それぞれ見ていきましょう。 最新モバイルWi-Fiルーターの通信速度• 月間データ容量、速度制限• モバイルWi-Fiの利用料金 最新モバイルWi-Fiルーターの通信速度を比較 まずはモバイルWi-Fi各社の通信速度を比較します。 比較の前に、通信速度を測る指標について下記でご説明しているので、ご存知ない方は参考にして下さい。 比較の前に! モバイルWi-Fiには以下の2種類の速度があります。 ・下り速度・・・データをダウンロードする速度。 動画視聴やメール受信などの速度 ・上り速度・・・データをアップロードする速度。 メールの送信やブログやSNSに写真をアップする速度 主に、最大速度と言った場合は、下り速度を指す場合がほとんど。 キャリア ソフトバンク ドコモ ワイモバイル WiMAX どんな ときも WiFi 下り最大速度 988 Mbps 1288 Mbps 972 Mbps 1237 Mbps 150 Mbps 上り最大速度 37. 5 Mbps 131. 3 Mbps 37. 5 Mbps 75Mbps 50Mbps ソフトバンクとモバイルWi-Fi各社の通信速度の比較です。 下り、上り共に最速となるのは、ドコモ。 また、 ドコモ・WiMAXどちらのモバイルWi-Fiも、最大速度は1ギガを超え、光回線並みの高速通信となりました! 肝心のソフトバンクのモバイルWi-Fiに関しては、最速とまではいかないものの、インターネットをする分には充分過ぎるほどの速度。 実際に、インターネットをする際に必要となる速度は以下の通りです。 インターネットに必要な速度の目安 LINE・メール 128Kbps~1Mbps ホームページ閲覧 1Mbps Youtube 通常画質 1Mbps Youtube 高画質 2Mbps Youtube 超高画質 3. 5Mbps オンラインゲーム 5Mbps 各社ごとに最大速度に差はあるものの、インターネットに必要な速度を見てみると、 どのモバイルWi-Fiも普段インターネットを利用する分には満足な速度と言えます。 また、ソフトバンクは、大手キャリアということもあり 通信エリアもトップクラス。 山奥でない限りは、接続で困るということもまずないでしょう。 そのため、 ソフトバンクのモバイルWi-Fiは、通信エリアが不安という方も不便なく高速通信ができるのでおすすめです。 ただし、気を付けたいのは、速度制限になってしまった場合。 エリアは問題なかったとしても、低速になってしまった場合に不便を感じる可能性はあります。 皆様の中にも、スマホなどで規定のデータ容量以上を使ってしまい、速度制限になってしまった経験があるという方もいらっしゃるはず。 そんなモバイルWi-Fiのデータ容量、そして速度制限について、ソフトバンクと他社を比較しながら、次項で見ていきましょう。 月間データ容量を比較 ここからは、ソフトバンクと他モバイルWi-Fi各社の大容量プランを契約した場合の、データ容量、そして速度制限時の速度や制限内容を比較していきます。 まずは、以下の比較表をご覧ください! キャリア ソフト バンク ドコモ ワイモバイル WiMAX どんなときも WiFi 月間 データ容量 7GB 最大 30GB 無制限 無制限 無制限 その他 の制限 — — 3日 10GB 3日 10GB 著しく占有する程使った場合 速度制限時の速度 128 Kbps 128 Kbps 1Mbps 1Mbps 384 Kbps 制限の期間 月末まで 月末まで 翌日18時から1時までの約7時間 翌日18時から1時までの約8時間 未記載 いかがでしょうか。 月間データ容量、速度制限時の速度や期間に関しては、モバイルWi-Fi各社で大きく異なります。 ソフトバンクに関しては、大容量プランでも月間データ容量が7GBまでとちょっと物足りない印象。 また、低速時の速度が128Kbps、制限の期間も月末までとスマホで速度制限にかかるのと同じ内容です。 一方、 WiMAX、ワイモバイルiは非常に緩い制限となっています。 その制限内容は、3日で10GBという制限のみ。 月間データ容量の制限はありません。 もちろん、WiMAXもワイモバイルも3日10GB以上のデータ容量を使ってしまっても、心配はいりません。 低速時の速度は1Mbpsと、先ほどお伝えした通りYoutubeの通常画質の視聴はできるほどの速度。 スマホや、各社のモバイルWi-Fiで速度制限になってしまった場合の速度である、128Kbpsの7倍以上の速度で通信が可能です!また、制限の期間も翌日の18時から7、8時間ですぐ解消されるので安心です。 そして、WiMAX、ワイモバイルのモバイルWi-Fiのさらに上をいくのが、どんなときもWiFiです。 どんなときもWiFiは、ソフトバンクの電波も使うことができ、さらに 完全無制限。 3日10GBなどという制限もありません。 帯域を占有しすぎた場合に、速度制限がかかると書いてあるものの、具体的なデータ容量は規定されておらず、制限されたという口コミや評判も見つかりません。 また、どんなときもWiFiは、そのままモバイルルーターを持って海外で利用できるというのもポイントです。 モバイルWi-Fiを使って、動画視聴やゲーム、SNSを頻繁にするという方にとっては、データ容量・速度制限に関しては、ソフトバンクではなく、WiMAX、ワイモバイル、どんなときもWiFiがおすすめです。 最安値決定戦!最安モバイルWi-Fiは? 最後に、モバイルWi-Fiを契約する上で最も気にする方が多いであろう料金について見ていきます。 料金比較に関しては、モバイルWi-Fi各社の最も大容量のプランを契約した場合の料金を比較していきます。 キャリア ソフトバンク ドコモ ワイモバイル WiMAX どんな ときも WiFi 月間 データ 容量 7GB 最大 30GB 無制限 無制限 無制限 月額 料金 3,696円 8,480円 4,380円 3,392円 3,480円 1GB 当たり の料金 528円 282円 43. 8円 33. 92円 34. また、どんなときもWiFiに関しては、完全無制限となっているため、同じく月100GBで料金を算出しています。 上記が、モバイルWi-Fi各社の料金比較です。 実は、ソフトバンクのモバイルWi-Fiは、月額料金、1GBあたりの料金ともに決して安いというわけではありません。 むしろ、 1GBあたりの料金で見ると最も高いのがソフトバンクのモバイルWi-Fiなんです! 月額料金、1GBあたりの料金で最安値は、月間データ容量が無制限のWiMAXのモバイルWi-Fiです。 ただし!最安と紹介したWiMAXは、プロバイダと呼ばれる販売代理店が20社以上もあり、回線は同じにも拘わらず料金は各社で様々。 そこで、今回は当サイトおすすめの最安プロバイダ、BroadWiMAXの料金を掲載しています。 全てのWiMAXプロバイダが、最安というわけではないので注意しましょう。 ここまでのソフトバンクのモバイルWi-Fiを比較した結果をまとめます。 通信速度は劣るものの、充分高速!• 通信エリアはトップクラス!• データ容量を多く使う方にはおすすめできない!• 1GBあたりの料金が最高値 上記のまとめを基に、ソフトバンクのモバイルWi-Fiはどんな方におすすめなのか、見ていきましょう。 ソフトバンクのモバイルWi-Fiはどんな人におすすめ? ここまでは、ソフトバンクのモバイルWi-Fiについての基本情報、また他社のモバイルWi-Fiとの比較をしてまいりました。 上記情報を基に、ソフトバンクのモバイルWi-Fiはどんな方におすすめかを解説していきます。 ソフトバンクのモバイルWi-Fiがおすすめな人 こんな人はおすすめできない! ・月間データ容量は無制限が良い ・モバイルWi-Fiの料金をとにかく安く抑えたい モバイルWi-Fiの契約を検討している方であれば、上記のように思われる方も多くいらっしゃるはず。 そのような方へ、おすすめのモバイルWi-Fiをご紹介します! 月間データ容量を無制限利用したいという方は・・・ 「 ソフトバンクのモバイルWi-Fiでは少し物足りないな・・・」という方へ、最後に月間データ容量無制限かつ料金も安いWiMAXをご紹介します。 月間データ無制限ならWiMAXがおすすめ! 前述した通り、WiMAXの強みは、何と言っても 月間データ容量が無制限ということ。 さらに、ソフトバンクなど大手キャリアと比較すると、 月額で1,000円以上も安い料金で契約することができます。。 ただし、WiMAXのモバイルWi-FiならどのプロバイダでもOKというわけではありません。 WiMAXを販売するプロバイダは20社それぞれが料金や、キャンペーンを独自で設定しています。 そのため、どのプロバイダが最も安いのかを見極めることが重要。 そんな20社以上もあるプロバイダの中で 最安値でモバイルWi-Fiを契約できるのがBroadWiMAXです。 そんな、BroadWiMAXも含めたモバイルWi-Fiを徹底比較した結果は下記のボタンから確認できるので、是非ご参考にしてみて下さい。 当ページが、あなたのモバイルWi-Fi選びの一助となれば幸いです。

次の