江戸 時代 花魁。 歴史上、有名な花魁たち(高尾太夫、勝山、小紫太夫、榊原高尾)

花魁が生きた時代~遊女の一生が50枚のカラー写真で蘇る~

江戸 時代 花魁

2008年 wiki c 花魁 おいらん とは、 吉原遊郭の遊女の中でも位の高い者のことを指す言葉である。 吉原とは江戸時代、幕府によって公認されていた遊郭の一つで、当初は江戸日本橋 現在の日本橋人形町 にあったものの、火災によって浅草寺の裏に移転し、明治時代初期まで隆盛を誇る歓楽街だった。 そんな吉原遊郭で働く遊女たちの多くは、という形で働かされており、生家の家系の貧窮などにより吉原へと売られて来る者がほとんどだったが、その中で 花魁になれるものはほんの一握りだった。 子供の頃から廓内で姉女郎たちに従事し、きちんとした教育を受け、教養や芸事、書など、美貌だけではなく、様々な英才教育を受けた。 その選ばれし子供たちの中でも、実際に花魁になれたのは わずか数人であると言われている。 この記事では、名だたる花魁たちの中でも、 特に有名な花魁たちについて紹介したいと思う。 『 高尾』というのは、最高級の花魁に襲名される源氏名の一つで、この 2代目高尾太夫の後にも、何人かの遊女に名前が受け継がれている。 この2代目高尾太夫は、鳥取藩士の 島田重三郎と恋に落ちていたが、その美貌ゆえ、当時の仙台藩主であった だてつなむね に見初められ、身請けされることになった。 高尾の恋人はただのしがない藩士なので、彼女を遊郭から出すほどの財力を持ち合わせていない。 伊達綱宗は、高尾太夫の体重分の金と、多くの衣装を身請け金にした。 これは現代の価値で言うと 5億円ほどの金額だと言われている。 しかし、高尾太夫の想いは変わらず、身請けされた後も恋人に操を立て、なんと半年間も伊達綱宗には指一本触れさせなかったそうだ。 怒った伊達綱宗は、高尾を部屋に幽閉し、拷問をすると脅したが、彼女はまったく屈しなかったという。 言い伝えでは、自分の意のままにならない高尾太夫に怒り、伊達綱宗は物見のため大川 隅田川 を下っていた舟の上で、高尾を逆さづりにすると、無残にも斬り殺してしまったと言われている。 いくら相手が金を積もうとも、花魁が相手を気に入らなければ、共に床入りすることはできないのである。 お金では人の心は買えない、ということをよく表しているエピソードかもしれない。 勝山が考案したと言われている。 勝山のファッションは江戸の庶民だけではなく、武家の女性の間にも大流行だったようで、大坂の浮世絵草子作家であったは、自身の随筆の中で、勝山太夫の人気について触れている。 真実の愛を選んだ 小紫太夫 小紫太夫は和歌の名手として有名な花魁で、平安時代の和歌の名手であったにちなみ、 小紫と呼ばれていたのだとか。 花魁として人気の絶頂にあった小紫であるが、実は、という藩士と恋仲になっていた。 しかし、小紫は江戸一番の遊女であり、身請けどころか、一夜を共にするのでさえ、貧乏な藩士である権現には難しいことだった。 小紫に会いたさに、権現は強盗や辻斬りを繰り返して金策していたが、ついには捕まって処刑されてしまった。 それを知って小紫は深く傷ついたが、そんな彼女のもとへ身請け話がやってくる。 権現以外の男性と添い遂げることなど考えられない小紫は、身請けの当日、権現の墓の前で自害をしたという。 遊女と客、という許されざる身分の者同士が恋をしたことで、悲劇の結末が待ち受けていたのである。 大名の側室になった 榊原高尾 榊原高尾 高尾という名前は6代目 は、花魁の中で唯一、 大名の側室になった女性である。 正室を亡くし気落ちしていた姫路藩・藩主のが、気晴らしに出かけた吉原にて、この高尾にひとめぼれしたと言われている。 政岑は、民を想って施政を行う名君であり、また自ら倹約につとめていた。 そんな名君を支えたとされる高尾は、 榊原太夫と呼ばれ、貞淑で賢いと評判の女性であったようだ。 政岑はわずか36歳という若さで亡くなってしまうが、榊原太夫はその後も、江戸にある下屋敷で暮らし、 68歳でこの世を去ったという。 病気で早くに死んでしまったり、身請け後も不幸な人生を送る遊女が多い中で、彼女の一生はまれにみる幸福なものであったと言えよう。 最後に この記事では、歴史上有名な花魁について調べてみた。 花魁は、その美しさだけではなく、教養が深く、そして江戸っ子としての情や、きっぷの良さも持ち合わせている女性たちである。 そんな彼女らの生きざまは、言い伝えだけではなく、歌舞伎や人形浄瑠璃など、多くの作品にも残されている。 制限された状況や人生の中で、自分に誇り高く生きた花魁たちの、はかなくも美しい生きざまを感じていただければ幸いである。 カテゴリー• 103• 347• 346• 1,408• 149• 806• 588• 169• 100• 176• 142• 134• 106• 558•

次の

花魁のしきたりについて All about the rules of Oiran.

江戸 時代 花魁

「花魁」は子供の頃から既に選ばれていた? 華やかで艶やかな美貌と、高い教養を持ち合わせた、のの最高級の遊女・花魁。 現代でも「花魁変身」が大人気ですが、当時も浮世絵になったり、最新のファッションの発信元になるなど、みんなの憧れの存在でした。 そんな花魁には、吉原ヘ売られてきた女性の誰もがなれたわけではありません。 実は「花魁候補」は、子供の頃から既に選ばれていたのです。 「花魁候補」になれる禿の条件とは? 10歳くらいまでに吉原に売られてきた少女たちは「禿 かむろ 」として花魁の身の回りの世話をしながら、吉原でのしきたりや廓言葉 いわゆる「ありんす言葉」 を身につけます。 その中で、容姿などから楼主やおかみが将来の花魁候補と見込んだ禿は「引き込み禿」となり、芸事や教養などの英才教育を受けるようになりました。 花魁と新造/画像出典:Wikipedia 引き込み禿は15歳前後になると、花魁見習いの「振袖新造」となり、花魁について接客などのノウハウを学ぶようになります。 花魁の客が被った時には「名代」といって、花魁の代わりに客の相手 ただし客は振袖新造に手を出してはいけない をすることもありました。 そして振袖新造が17歳になると、晴れて正式な遊女として客を取るようになり、その後は「昼三」「付廻し」などと呼ばれる高級遊女へとステップアップしていきました。 高級遊女になるための第一歩は、まずは引き込み禿となることだったのです。 花魁になれない禿はどうなるの? 当然と言えば当然ですが、禿の中には「花魁候補」に選ばれない子もいました。 その場合、彼女たちはどうなるのでしょうか? 「引き込み禿」に選ばれなかった禿や、10歳を過ぎてから吉原へ来たなどの理由で遊女としての十分な教育を受けられなかった遊女は、15歳になると「留袖新造」となりました。 振袖新造と留袖新造の違いには ・服装 振袖新造は振袖、留袖新造は留め袖を着ていた ・振袖新造は17歳までは客を取らないが、留袖新造は15歳になると客を取らされる ・留袖新造は高級遊女には上がれなかった などがありました。 振袖新造より早くから客を取ってはいたものの、まだひとり立ちはできず、姉女郎である花魁についていました。 ここまで見ると、最高級の花魁になれるかどうかは原則として吉原に売られてきた年齢と、楼主に将来性を見込まれるかどうかにかかっているように思えます。 しかし勝山のように、湯女 私娼 から逮捕されて吉原に身柄を引き渡された後に最高位の太夫にまで上り詰めた例もあります。

次の

江戸時代の吉原の花魁と一晩っておいくらだったんでしょうか?...

江戸 時代 花魁

花魁道中とは? 花魁道中の絵です。 見物客が大勢いるのがわかります。 トップの花魁ならではのしきたりの一つに 花魁道中があります。 これは一体どのようなものだったのでしょうか。 花魁道中の意味について 花魁道中とは、美しく着飾った花魁が揚屋や引手茶屋まで馴染み客を迎えに行くことです。 これが行えたのは、トップクラスの遊女である花魁と、その下の階級の格子(こうし)だけでした。 揚屋とは江戸時代に、客が置屋から太夫や花魁などの高級遊女を呼んで遊んだ店のこと。 お茶屋より格が上でした。 常連客は遊郭にやってくると、最初に揚屋に上がりお気に入りの花魁を指名します。 そして花魁が来るまで、酒を飲みながら芸者や幇間(ほうかん、太鼓持ち)の芸を楽しみました。 指名を受けた花魁は、美しく飾り立てて揚屋まで歩き、客を連れて自分の妓楼(ぎろう)に戻ります。 この様子を旅に見立てたことから、「道中」と呼ばれるようになりました。 花魁道中に込められた想い 花魁道中の際は、まだ幼い見習いの禿(かむろ)や、遊女の妹分にあたる新造(しんぞ)、雑務などをこなす男性従業員の下男(げなん)らが花魁の脇を固めます。 馴染み客を迎えにいくだけでもこのようなしきたりがあるのですから、花魁も大変だったことでしょう。 しかしこれは、花魁にとって威厳を保つために必要なものだったと考えられます。 当時、花魁と馴染みの仲で居続けるには大変な金額がかかりました。 花魁の揚代のほかにも、芸者や幇間、その他全スタッフに対する祝儀や酒代など、一晩に40両かかることもあったそうです。 1両は現代の金額に換算すると約7万5千~13万円なので、たった一晩で約300万~520万円を支払うことになります。 馴染み客は大金を支払うことで自分の力を誇示し、花魁自身もそれを周囲にアピールできたといえるでしょう。 どうしたら花魁になれるのか? きらびやかな花魁ですが、誰でもその立場になれるわけではありませんでした。 遊女が花魁になるには、さまざまなステップがあったのです。 禿から振袖新造になるのが一般的 遊女から花魁になる場合、禿から振袖新造に、振袖新造から花魁になるという道のりを辿るのが一般的でした。 禿は10歳前後の少女で、花魁の身の回りの雑用をこなしながら遊郭でのルールを学びます。 彼女たちは、姉貴分に当たる遊女によって教育されました。 15~16歳になると、見込みのある禿は遊女見習いの振袖新造になります。 花魁の代理として客に呼ばれても基本的には床入りはしませんが、中には隠れて客を取る人もいたようです。 振袖新造になった少女は、花魁への道が約束されたも同然でした。 17歳で正式な遊女になると、その後は花魁へとランクが上がっていきます。 花魁の中にも大きく「呼出し」「昼三」「付廻し」といった3つのランクがありますが、容姿や教養のグレードによって振り分けられていたようです。 花魁になるには教養が必要だった! さまざまな階級がある遊女の世界ですが、花魁になるためには美貌だけではなく教養も必要でした。 特に読み書きや書道は男性に手紙を書く上でも必要で、「遊女はいつも手紙を書いている」と言われるほどだったとか。 気の利いた内容を書けるだけでなく、字も綺麗だったようです。 また、幼少期から琴・三味線・歌・茶道などの芸事も叩きこまれており、古典や囲碁といった知性が感じられる教養も兼ね備えていました。 これだけ多彩であれば、どんな客ともうまく会話ができたことでしょう。 花魁に夢中になる男性は、美しさだけではなく知的な部分にも惚れていたのかもしれません。 関連記事: 遊女たちとしきたりについて 明治時代の花魁の様子。 左は遣り手で、右は禿です。 遊郭では大勢の人間が働いており、独自のしきたりがありました。 どんなものがあったのか、その一部をご紹介します。 習得に3年かかる八文字で歩く 花魁道中の際、花魁が見せる歩き方として「八文字」があります。 これは黒塗りの三枚歯の高下駄を履いて特徴的な足運びをするもので、マスターするまでに3年かかるといわれています。 古くは京都の道中で使われた「内八文字」が始まりで、これは内側から足を踏み出すため、動きが小さく、おしとやかな印象を与えました。 しかし時代が移り変わると、女性らしい「内八文字」から派手さが感じられる「外八文字」へと変化していきます。 「外八文字」は、明暦元年(1655)頃の有名な遊女・勝山が作りだしたもので、外側に大きく足を踏み出してから八の字に置くものです。 遊女は歩き方一つとっても、いろいろなルールがあったのですね。 花魁は遊女たちの面倒を見ていた! ? 上客をつなぎ留め一晩で大金を稼ぐ花魁ですが、彼女らが裕福かといえばそうとはいえなかったようです。 花魁は多くの禿や新造を従えるため、自分の座敷を維持するのに多額の費用が必要でした。 いわば収入も支出も多い状態だったのです。 他の遊女たちの費用も負担していたと考えると、並大抵の稼ぎではやっていけなかったのかもしれません。 遊女は若さが武器となる商売のため、20代を過ぎるとほとんど需要がなくなります。 しかしレベルの高い花魁は、客に身請けされ遊郭を卒業することもありました。 これには莫大な金額が必要で、多くの場合は大名や豪商の後妻・妾などになります。 花魁としてはこれが一番幸せなゴールだったようです。 身請けされて幸福になれば、みんなの面倒を見ていた苦労も報われるというものでしょう。 艶やかな世界の裏には 一握りの遊女に許された花魁道中。 それは、艶やかに着飾って客を魅了していた花魁の特権でした。 しかし、花魁として活躍した女性全員が、身請けされ幸せをつかめたとは限りません。 そう考えると、花魁の美しさは儚さと隣り合わせといえそうですね。 遊郭では梅毒にかかる遊女もおり、そのような場合は死を待つしかなかったようです。 江戸吉原のような艶やかな世界は、日本の文化として現代にも語り継がれています。 しかしその裏には、遊女たちのさまざまな苦労があったのです。 <関連記事>.

次の