ナンバーズセブン。 ナンバーズ(遊戯王ZEXAL)とは (ナンバーズとは) [単語記事]

ナンバーズ4 次回数字の無料予想

ナンバーズセブン

0 8. 0 -4. 0 1 12. 0 11. 0 2 4. 0 5. 0 -1. 0 3 16. 0 13. 0 4 6. 0 7. 0 -1. 0 5 10. 0 10. 0 6 12. 0 10. 0 7 16. 0 10. 0 8 12. 0 14. 0 -2. 0 9 8. 0 12. 0 -4. 0 15. 0 -1. 0 1 8. 0 7. 0 2 8. 0 8. 0 3 14. 0 14. 0 4 6. 0 5. 0 5 10. 0 10. 0 6 12. 0 11. 0 7 6. 0 12. 0 -6. 0 8 10. 0 10. 0 9 12. 0 8. 0 9. 0 1 6. 0 6. 0 2 14. 0 14. 0 3 14. 0 13. 0 4 12. 0 14. 0 -2. 0 5 6. 0 6. 0 6 8. 0 6. 0 7 12. 0 11. 0 8 10. 0 11. 0 -1. 0 9 8. 0 10. 0 -2. 0 【参考データ】直近20回 出目表 ケタ毎に当せん番号を"H"で表した直近20回分の出目表です。

次の

ナンバーズ4予想屋

ナンバーズセブン

0 8. 0 -4. 0 1 12. 0 11. 0 2 4. 0 5. 0 -1. 0 3 16. 0 13. 0 4 6. 0 7. 0 -1. 0 5 10. 0 10. 0 6 12. 0 10. 0 7 16. 0 10. 0 8 12. 0 14. 0 -2. 0 9 8. 0 12. 0 -4. 0 15. 0 -1. 0 1 8. 0 7. 0 2 8. 0 8. 0 3 14. 0 14. 0 4 6. 0 5. 0 5 10. 0 10. 0 6 12. 0 11. 0 7 6. 0 12. 0 -6. 0 8 10. 0 10. 0 9 12. 0 8. 0 9. 0 1 6. 0 6. 0 2 14. 0 14. 0 3 14. 0 13. 0 4 12. 0 14. 0 -2. 0 5 6. 0 6. 0 6 8. 0 6. 0 7 12. 0 11. 0 8 10. 0 11. 0 -1. 0 9 8. 0 10. 0 -2. 0 【参考データ】直近20回 出目表 ケタ毎に当せん番号を"H"で表した直近20回分の出目表です。

次の

次回数字の無料予想

ナンバーズセブン

(No. ()については「」の項を参照。 これまでに登場したの表は。 概要 の序盤、のが皇の鍵でをあけたことがきっかけで現れた。 は枚(では99枚という発言もあるが、これは「」がントされていないと思われる)存在し、それらを全て集めることで、の前に現れたの、の記憶が戻るとされる。 ただし、形態の()や(え)などが登場しているため、単純な総数はにならないが、前者はあくまで枚の本来のの変化形態(としてはして存在しているが)、はに由来しない(本来の枚に含まれない)ため、枚集めると記憶が戻るという設定自体は崩れていない。 所持者の多くはにされ、や野望といった心の闇(?)が増幅される。 であり、と行動を共にするや、のなどの例外も存在するが、の中盤以降はその「例外」に当たる者が所有者のほとんどを占めてしまったため、この設定は形骸化してしまった感はある。 この、「心の闇が増幅される」は実際にを所持(で言えば「元々の持ち」になる)していなくとも、のを一時的に得るだけでも同じようになる。 実例は徳之助など。 たとえば、「」の存在、「」の存在、か昔の戦いで散らばった枚のなどは独自の設定。 基本事項、No. の所有について• 名に「No. 」()が含まれるである。 所有者同士のにおいては、原則として勝者は敗者のを吸収する(奪う)。 はだけを吸収していたが、やは魂ごと奪っていた。 一方で版のなど、以物でも魂抜きでだけを奪うことはできる。 はを吸収できない。 その理由はにく、自分がいないからという。 と・の設定からすると、のの一部たるNo. の存在がなければ吸収できないというのは筋が通る。 ただし、No. を手にしたためか、「ド3」によれば、でない全てのは最終的にの手に渡っている。 はほぼ全て自身の体のどこかに自身の数字の刻印を持つ。 1桁の数字の場合、名では6,7,8となっているが、刻印などの演出では06,07,08と表記される。 ・・全てにおいて、原則としての数字はされる。 例外は0のーを持つのみ(「」と。 でも「」と読むのが一般的なためか)。 の所有者にも所有しているの数字の刻印が現れる。 ただし、上記で特殊な事例としてあげたやなどには見られないため、によって心の闇が増幅された場合にのみ現れると考えられる。 を所持していても、に入れなければ奪われない模様(戦の)。 は、最初にられた設定が正しいなら、戦(1回)の最中に飛び散ったことになるが、では「」の逸話やのの存在など、がそれ以前に存在していたかのような描写もある。 後述するが、はか昔(遅くとものまで)に枚が飛び散っていたとされるため、古くからがあった理由についてはこれで説明はつく。 の能力• 基本的に全てのは共通して以外のとのでは破壊されない効果を持っている。 ただし、あくまで効果に過ぎないので、効果そのものを効にすれば以外でも破壊可。 ではこの共通効果はされている。 心の闇の増幅とは別に、、、、持ちに何らかのを与えるものもある。 また、もある。 所持していたがなくなった場合、心の闇の増幅はなくなる。 は召喚直前には球状などの形態(資料ではル形態と呼称)だが、召喚される時に展開され、形態(と同じ)になる。 ただし、変形の存在しないものもあるほか、登場回数の多いものではされることも多い。 の姿やは、所有者のもつによって決定する。 ただし、トなどで所有者が変わったとしても、基本的にその姿やが変わることはなく、最初のもので固定される(No. は初登場時とそれ以降で姿が変わっていたが、所有者のかは不明)。 しかし、では一度はっきりと名やが確定したがに戻る描写がある(再びしたものは違うーになっている)。 この設定は、数々のの描写から、い段階で推測することはできたものの、版においてにられるまで明示されることはなかった。 所有者がを持たない場合は、何の形も取らないのとして存在し続けるらしい(に言わせれば「していない」状態)。 版でのの場合、彼自身のに反応して召喚のときに姿やが現れる。 は、か昔のとの戦いによって、のが枚のになってばらまかれたものだという。 だが、総数が枚であるとも明言されているため、残りの枚は別のでばらまかれたものということになる(これが第1話の戦時か)。 には・のが刻まれているという。 ただし、前後のから上述の枚にのみそれがあるとも考えられる。 上述の枚のうち7枚にのが封印されている。 そして、それらは選ばれし地上の、たちに預けられた。 この7枚こそが、のちに遺跡の(の)と呼ばれるものである。 は自らをさせるために、7枚の遺跡のを持つ者へのを持つ自らの呪いを与え、彼()らの記憶を竄した。 これが・と呼ばれるより大きいーを持つであり、これを渡された7人がのちにとなる者たちである。 遺跡ので・を倒すことで、の竄される前の記憶を取り戻すことができる。 は・を回収できない(2回の)。 おそらく・自体が由来のではないためで、「ド3」でも・のみは最後までの手に渡っていないことになっている。 のは手の甲に紋章があり、そのによって心の闇の増幅や、の回収を防ぐことができる。 これは(特に)から譲り受けたであると思われる。 後にVのによって紋章のを封じ込めたブも作られた。 く、が所持する「皇の鍵」の中にはがあり、はそののを解くために必要なものらしい。 このは「」を鍵として起動し、やのの下へ行くことができる様子。 しかし、必ずの意思でに動かせるものではない。 のを解くとどうなるかは最後まで明かされなかったが、でのの設定を考えると「・のを示す」だろうか。 の代表者であるは、NO(ズ)という・を使用している。 上はとの関連はないが、の際の演出はと類似する。 は、e・を倒すためにに送りこまれたに対し、e・がその記憶を散り散りにすることで生まれたもの。 の話数ントにも用いられている(版は「」)。 から、中では話数表示がくなったが、上ではしての話数ントが用いられている。 初期のころは、に「No. 」を定するは存在しなかったが、「」で初めてとしてく、は「・ウォール」、「・・ブースト」、「・」など、純なが登場している。 その一方で、「No. 」以外のを定するも僅かながら登場している。 また、コレズパックの一部や一般パックのなどでのも登場している。 は出身のであるのが特徴。 に登場したをまとめた「ド」が3冊出版されている。 版のみを取り扱っており、版のみ登場のは掲載されていない。 また、「ド3」では、例外的にではない「」を取り上げている。 ()終了までにで登場したは27体(さらにが2体)。 ただし設定上、この時点ではを枚回収している。 に登場したのは(登場済みを除いて)19体(さらに・が7体、C. が1体とが26体、偽りのが5体ある)。 ただし設定上は枚全部そろったとされている。 に登場したのは、と共通するものを除けば24体(さらに・が3体ある。 また、と共通するものは10体登場している)。 こちらもやはり最終的には枚そろったとされている。 名は小のoを用いるのが正式だが、版の一部では誤りなのか、大で表記されていることもあった。 NO(ズ)としないようにしたい。 版では複数形の「」(Nu)ではなく、単数形のNuerになっている。 それぞれが固有なーを持ってはいるが、現状上でー自体が格の違いなど、特別な意味をもったことはない(の数字にこだわったはいるが、単に本人の好みであった)。 やにのあるーをに充てているだけなのだろうか。 では「同じ『No. 』の数字を持つ」という定がある、ではの数字を合計して別のを出すが登場するなど、の上で数字が意味を持つことはある。 詳細はそれぞれのーの先を参照。 (下の表の数字にを当てると、先で扱われている・の名前が出てきます。 ) が各のの色になっており、数字をするとこの記事内の各項又は各記事へ飛ぶ。 1- 1-,00,No. 偽りの 05 06 07 000 000 00 00 00 00 00 参考:出身作品内訳 ・双方に登場しているもの(10,,20,など)については全て側に含めている。 数字の 太字は未。 また、05は「ド3」では未出扱いだが、名は明かされていることから、ここでは出身として取り扱う。 は出身だが出身として取り扱う。 5 亡朧竜デス・キマイラ・ドラゴン• 刻印の位置(No. 側):• ・種族・:闇・・5• 2 :Xを持ったこのは相手全てに1回ずつ攻撃できる。 このがを行ったフェ終了時に以下の効果から1つを選択して発動できる。 自分のの1体を対として発動できる。 そのをこのの下に重ねてXとする。 相手のの1枚を対として発動できる。 そのを相手のの一番上に置く。 備考:で詳細判明 版「」の上で初めて存在が確認された。 では5が、「」の効果で直接されたため、前であるこのは登場せず、効果や攻守はおろか姿すら不明となっていた。 「ド3」の「『No. 』」(未のを紹介する)では、No. 5は名が不明のとして取り扱われており、少なくとも「ド3」の(編集部)としてはこのは存在しない扱いらしい。 ただ、上記のとおり名は中に出ているので、はこのの存在を設定している。 、突如として化し、その全貌がになる。 先述の通りで名前しか出ていない半であり、「」と同類の存在。 登場時期が終了から3年後(後からも3年後の登場)であるため、その性は後より高くなっており、 1 の効果で上昇した攻撃で 2 の全体攻撃、攻撃終了後更なる強化か相手の山札を操作しドロー、とその制圧はかなり高い。 ひとたびこのに制圧されれば、切り返しは非常に難しくなるだろう。 ひそかに、の字は前後で変わっている。 古くは「」と「」のころからこのような違いがあった。 24 竜血鬼ドラギュラス• 所有者:-• 刻印の位置(No. 側):左胸• ・種族・:闇・幻・6• 効果: 1 :1に1度、こののXを1つ取り除き、 から特殊召喚された表側表示1体を対として発動できる。 そのを裏側守備表示にする。 この効果は相手でも発動できる。 2 :表側表示のこのが相手の効果でから離れた場合に発動できる。 このを裏側守備表示で特殊召喚する。 3 :このがした場合に発動する。 の1枚を選んでへ送る。 備考: の。 から特殊召喚された用の「の書」と、相手の効果で除去されると自己再生する効果、時に1枚除去する効果を持つ。 1 は対が限定されたの書。 3 の効果発動のため、あえて自身に使うのも手。 2 は、破壊だろうが除外だろうが、相手の効果でから離れても何度でも帰ってくる効果。 ただし裏守備で。 裏側表示だとこの生効果は発動しないが、「召喚制限-猛進する」があれば生の度にするため、この弱点をできる。 なお、ンスされた場合は発動しない。 3 は対を取らず、種類を問わない送り効果。 半端な耐性では耐えられない。 Xでありながら、自己再生で何度でも発動が狙え、先述の「召喚制限-猛進する」があれば生後ただちに発動できる。 ただしこの効果は強制効果で、かつ自分のすらも選ぶ事ができる。 最悪の場合、この自身を葬る事に……。 29 マネキンキャット• 所有者:-• 刻印(No. 側):左の• ・種族・:・・2• 効果:この名の 2 の効果は1に1度しか使用できない。 1 ;1に1度、こののXを1つ取り除き、相手のの1体を対として発動できる。 そのを相手に特殊召喚する。 2 :このが既にに存在する状態で、相手にが特殊召喚された場合、相手の表側表示1体を対として発動できる。 そのと種族またはが同じ1体を自分の手札・・から選んで特殊召喚する。 備考: 1 は相手からの特殊召喚。 に使っても意味なので、 2 の効果とのがとなる。 2 は相手の特殊召喚をに、同じ種族かのを出す。 手札・・のいずれからも出せ、大の特殊召喚も狙えるが、出せる種族・は相手にするため、相手が狙った種族・のを使っていなければならず、不安定である。 こちらから相手に特殊召喚しても構わないため、や「・リ」などで相手にを渡す手もある。 対にするのはとなる特殊召喚で出たでなくとも良いので、相手に狙った種族・のがすでにいれば、 1 の効果でなを出すだけで効果を使える。 名はマネ、、が由来と思われ、ものをとり、との付いたが描かれている。 41 泥睡魔獣バグースカ• 所有者:-• 刻印の位置(No. 側):胴体• ・種族・:地・・4• 効果:こののは、自分スタンフェ毎にこののXを1つ取り除く。 取り除けない場合、このを破壊する。 1 :攻撃表示のこのは相手の効果の対にならず、相手の効果では破壊されない。 2 :このがに守備表示で存在する限り、の表側表示は守備表示になり、の守備表示が発動した効果は効化される。 備考: の。 攻撃表示ならば対を取る効果と効果破壊への耐性、守備表示ならばのを強制的に守備表示にして発動した効果を効にする効果を持つが、代償としてスタンフェにを取り除けなければ破壊される。 攻撃表示ならば効果への耐性を得られるが、攻撃が低いので破壊されやすい。 守備表示ならばの表側表示のの攻撃と効果を封じる。 強だが、・や上守備表示にできないには。 、、、バク、カといくつもの言葉が掛け合わされた面い名。 ではバクのが瓶やらしきがいくつも転がる中で寝ている。 45 滅亡の予言者 クランブル・ロゴス• 所有者:-• 刻印の位置(No. 側):右胸• ・種族・:地・・2• 効果: 1 :1に1度、こののXを1つ取り除き、 この以外のの表側表示の1枚を対として発動できる。 このが表側表示で存在する間、対の表側表示のの効果は効化される。 2 :このの 1 の効果の対としているがに表側表示で存在する限り、 お互いに対の及び同名の効果を発動できない。 備考: の。 のの効果を効にし、その及び同名の効果の発動を禁止する効果を持つ。 2最高の攻撃を持ち、その効果で相手を封印すればの割に戦える。 ただ 1 は相手に発動できない起動効果であり、単体で相手をげるほど強くはない。 自分のに使うという手もある。 例えばPのに使えば、ス変動の効果を消しつつ、相手は同じを発動できなくなる。 や汎用Pなら有効だが……該当するPが現にいないのは内緒。 ちなみに、 このでが行える。 効果・は全く関係なく、そのと数が鍵。 2と3体で、最終的に スとをとした・と ス2体をとした・を展開すると、・が00に化ける。 51 怪腕のフィニッシュ・ホールド• 所有者:-• 刻印の位置(No. 側):右拳• ・種族・:地・岩石・3• 効果: 1 :このはでは破壊されない。 2 :このがを行ったステップ終了時に、こののXを1つ取り除いて発動できる。 このにを1つ置く(最大3つまで)。 3 :このがを行ったフェ終了時、このにが3つ置かれている場合に発動できる。 相手のを全て破壊する。 備考: の。 1 の破壊耐性と、 2 での度にを貯め、 3 で相手を一掃する効果を持つ。 中々のを持ちながら、 1 の効果は破壊耐性のため、「」などを使われても破壊はされないため、にはめっぽう強い。 永続効果の為「」に突破されないのは非常に心強い(その場合はの効果は発動できないが)。 2 の効果は、を行ったステップ終了時にXをに変換する効果。 を3つ貯める事で 3 の全体破壊効果に繋げることができるが、こちらから攻撃するだけでは少々時間がかかる。 破壊耐性を活かし、攻撃を強制する事で素くを貯める事ができる。 ただし守備は0のため、守備表示にされた上で貫通効果を持つに殴られると大きな痛手を負うことになる。 59 背反の料理人• 所有者:-• 刻印の位置(No. 側):• ・種族・:炎・・4• 効果: 1 :自分のがこののみの場合、このは他のの効果を受けない。 2 :1に1度、こののXを1つ取り除いて発動できる。 この以外の自分のを全て破壊する。 この効果は相手でも発動できる。 備考: の。 自分の場に自身以外いない場合に他のの効果を受けなくなる効果と、自分を窮地に追い込んでを上げる効果を持つ。 高で相手の効果を受けないと書くと強そうに見えなくもないが、上昇はの数のみで、その倍率も低い。 さらにへ送られる必要があるため、やを破壊してもが上昇しない。 破壊されることで効果を発揮すると組み合わせることで大きな効果が期待でき、特に炎には破壊された時に価を発揮する「」が存在するため、それらのとして活躍が見込める。 相手は除外やへのンスで対処しようとするので、相手の効果にしてこのを使うことでそれらを潜り抜けて効果を使用することができる。 も破壊でき、破壊された時の効果は発動できるため、「解放のドネ」の効果起動、スのり直できる。 奪取・装備にする等で相手を巻き込むのも良いだろう。 ちなみに、最高は0(「の4体+&で装備・永続になった5枚」の計9枚を破壊し)。 なお、 2 の効果は誘発即時効果。 自分のにする事で、発動したを破壊し「自分のがこののみ」の状態にできる。 また、相手の効果にして 1 の効果をにする事もできる。 相手ならと組み合わせることも可な他、なところでは、やりくりターボでも利用できる。 ちなみに、守備200の炎であるため、「炎の」で特殊召喚が可。 同名または同のNo. をに要するNo. が存在するため、それらの召喚補助もできる。 68 摩天牢サンダルフォン• 所有者:-• 刻印の位置(No. 側):中央の• ・種族・:闇・岩石・8• 2 :1に1度、こののXを1つ取り除いて発動できる。 相手終了時まで、このは効果では破壊されず、お互いにのを特殊召喚できない。 備考: の。 の数に応じた自己強化と、を引き換えにして効果破壊耐性とからの生封じを得る効果を持つ。 自己強化を持つが、攻撃は8としてはかなり低いため、アタッには守備はそこそこ高いので、 2 の効果当てで守備表示で出すのがとなる。 2 の効果でからの生を封じられる。 に強くするに対しては大きなを発揮できる。 破壊耐性も持つが、「士」などには突破されてしまうので注意が必要。 71 リバリアン・シャーク• 所有者:-• 刻印の位置(No. 側):左の• ・種族・:・・3• 効果: 1 :1に1度、「No. リ・」以外の自分のの「No. 」X1体を対として発動できる。 そのを特殊召喚し、こののX1つをそのの下に重ねてXとする。 2 :このがへ送られた場合に発動できる。 から「」1枚を選んでの一番上に置く。 備考: からNo. を生してを与える効果と、へ送られたときにをの一番上に置く効果を持つ。 からNo. を生できる。 も与えられるので効果も利用可。 生したほうにを補充できるので「」のをえるのにも使える。 へ送られるとをにおける。 通常のドローをしなければ発動できない「」と特に相性が良い効果。 攻守は「」の攻守をしたものになっており(ついでにの数字も逆)、効果と攻守以外のはそちらと一致している。 見たはの紋章に似ており、 2 の効果はと相性が良い。 名前にも「」のが含まれている。 や版の「」を 1 の効果で生できる。 78 ナンバーズ・アーカイブ• 所有者:-• 刻印の位置(No. 側):状の書庫(側)• ・種族・:・・1• 効果: 1 :1に1度、こののXを1つ取り除いて発動できる。 自分ののを相手はに1枚選ぶ。 それが「No. 1」~「No. 99」のいずれかの「No. 」だった場合、 自分のこのの上に重ねて扱いとしてから特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したはフェに除外される。 この効果の発動後、終了時まで自分はを特殊召喚できない。 この効果は相手でも発動できる。 備考: の。 自身をに、なをする効果を持つ。 ただし、「」と・は範囲外。 の枚数分の性を有しているが、召喚条件の厳しいでも実質12体でできてしまう。 フェに除外されるとはいえ、生制限を満たしているので帰還が可。 ただし2枚以降のこのが・自体の効果で登場してしまうと、「特殊召喚できない」制約に引っかかってしまい新たに登場したが腐ってしまう。 性を減らす工夫として、中にを減らすという手もある。 を連発する・ザの効果を使うなどの方法でを削り、当てののみにれば良い。 ……それはそれでピーな構築になるが。 89 電脳獣ディアブロシス• 所有者:-• 刻印の位置(No. 側):(?)の右側• ・種族・:闇・・7• 効果:この名の 3 の効果は1に1度しか使用できない。 1 :1に1度、こののXを1つ取り除いて発動できる。 相手のを確認し、その内の1枚を選んで裏側表示で除外する。 2 :このがでを破壊したフェ終了時、相手のの1枚を対として発動できる。 そのを裏側表示で除外する。 3 :相手のが裏側表示で除外された場合に発動できる。 裏側表示で除外されている相手のの数だけ、相手のの上からを裏側表示で除外する。 備考: の。 裏側表示で除外する3つの効果を持つ。 1 はからの除外。 相手のから好きなを除外できる。 複数投入されているには効果が薄いが、制限をはじめ、1枚しか投入されていないものには大きな効果を発揮する。 2 は破壊を条件とした相手の除外。 利用を阻できるが、を介する必要があり、安定性には欠ける。 攻撃自体は高いので、破壊を狙うのは難しくないだろう。 3 は相手のからの除外。 枚数は相手の裏側表示で除外された数を参照する。 1 や 2 での除外はもちろん、相手が「」で大量のを除外してきた場合は強な破壊をできる。 FNo. 0 未来龍王ホープ• 所有者:-• 刻印の位置(No. 側):し 胸部の皇の鍵の円部?• ・種族・:・・0 効果により1扱い• :「No. 効果:上、こののは1として扱い、この名は「皇」としても扱う。 このは自分の「」の上に重ねてする事もできる。 1 :このは・効果では破壊されない。 2 :1に1度、相手がの効果を発動した時、こののXを1つ取り除いて発動できる。 その発動を効にする。 この効果でのの効果の発動を効にした場合、さらにそのを得る。 備考: で新たに登場した。 収録商品である「Y BOX」にはと関りが深い登場人物1人のが合わさったが多数存在し、このもの「」との「No. 99 皇・」が合わさったような姿と効果を持っている。 1 の破壊耐性は皇の効果を模したもの。 あちらとは違い効果破壊も防ぐがは0にならないので注意。 2 は効果を効にする効果。 皇と異なり自身が対でない効果も防ぐことができ、さらにのの効果を効にした場合は皇のようにを奪うことができる。 奪取の時間制限は全くないので、このが存在するだけで相手に効果の発動を鈍らせることが可。 が皇の条件より1体増えているぶん正規召喚は難しいが、その皇に重ねて召喚することが可。 同召喚条件に「」が存在し、あちらは攻撃的、こちらは守備的な効果なので状況によって使い分けよう。 偽りのナンバーズ のが作ったの。 恐らくは「の記憶」ではないのだろう。 2種類存在し、1つはを経由しての刺客(闇界の四)へと渡されたものである。 1~No. 4までの4枚(がこの4枚について「ではない」とはっきり発言している)。 所有者に根をり、ズ・・の負荷を数倍にするを持っている。 対応するーの本物はいずれもが所持しており、のちに登場した。 各の詳細はを参照。 もう1つは、が「」のを利用して作ったもので、の手によって界へとばらまかれた。 で直接確認できたのは「」1枚のみで、これを見る限りは既存のに似たような形らしい。 また、「偽り」とは呼ばれないが、・もが作ったもので、本来のの記憶とは関係。 関連動画 関連静画 関連商品 関連コミュニティ 関連項目• - 「」の。 6自体はの前作を題材としているため、本来はの設定とは関係ないが、の中にが登場する。 外部リンク の中でも特にに関するが掲載されているもの。 ただ、登場した全てが掲載されているというわけでもない。 (を含む、で登場した・が掲載されている。 そのの、、攻守、と簡単な説明が載っている)• (で登場した及びはこちらに掲載されている)• (後にされ、その回で登場したをたちが振り返る。 がで登場した回にはそのNo. が採り上げられることもある。 で採り上げるは大抵画像が開されるため、効果やをじっくり見ることができる).

次の