新 必殺 仕事 人 パチンコ 新台。 新・必殺仕置人

PAぱちんこ 新・必殺仕置人 TURBO GORAKU Version 新台 パチンコ

新 必殺 仕事 人 パチンコ 新台

新筐体「激震」には3画面液晶や重低音スピーカーに加え、「激震剣」、「真剣ギミック」、「満月ビジョン」など様々な役モノが搭載されている。 1分の1のミドルタイプ。 「SUPER小当りRUSH」を搭載した確変ループタイプで、確変突入率、継続率ともに60%。 ラウンド振り分けは最大1470個獲得の15R大当りと突確のみ。 通常大当り後はすべて時短100回がつく。 確変時は演出モードを「仕事人編」、「激闘編」から選択可能。 確変中は小当りによって「斬アタッカー」が解放され、次回大当りまで出玉が増加。 「仕事人編」では「斬」図柄揃い、「激闘編」では中央に「斬」図柄停止で小当りとなる。 確変中は保留変化や連続予告、「豪剣フラッシュ」などの出現でチャンスとなり、演出発生時の変動で大当りすれば確変継続となる。 偶数図柄揃い時は時短100回「チャンスタイム」に移行。 通常時の「おとつ」捕獲は出玉無しの確変大当りとなっている。 実写リーチではどの「仕事人」が選択されても「激震予告」発動で期待度が大幅に上昇。 「仕置人リーチ」は信頼度50%以上となっている。 その他、「満月ビジョン」発生で突入する「一撃必殺リーチ」は当選すれば確変に突入。 「連続出陣リーチ」では「中村主水」出陣で大当り。 高期待度のリーチに発展する「出陣」ギミックや「激震剣」を使用する「大激震スラッシュ」などが搭載されている。 [2017年5月16日・日刊遊技情報] その他スペック 関連リンク Copyright c 松竹・ABC c KYORAKU SANGYO.

次の

CR 必殺仕事人5 豪剣 パチンコ ボーダー スペック 解析 保留 信頼度 予告 演出 潜伏 まとめ

新 必殺 仕事 人 パチンコ 新台

確変「斬RUSH」中は SUPER小当りRUSHが発動し、同社の人気機種「ぱちんこ GANZ」のように出玉を増やしながら次の大当りを待つことが出来る。 本機の魅力はスペックだけに留まらない。 新枠に取り付けられた 3画面液晶 「Feel Vision」や 音圧を効かせた 「リアルスピーカー」、仕事人の世界観を存分に引き出す規格外のギミック群が従来のパチンコの常識を覆す。 「豪剣フラッシュ」などの伝統の演出はそのままに新たな仕事人が今、出陣する。 7 3. 5円 18. 3 3. 3円 18. 8 3. 0円 19. 5 2. 5円 21. 斬RUSH 確変 中 本機に搭載されている「小当りRUSH」は斬RUSH中のみに発動する。 こぼしポイントの少ない優秀なアタッカーのため、回転数を重ねるほど出玉を上乗せすることができる。 開放 1開放1セット チャンスタイム 時短 中 スルー通過から電チュー到達までの時間が長く、開放間の時間が短いため狙い打つのは困難。 一般入賞口の入賞率が電サポ中の増減数に大きく影響する。 減りが目立つようならリーチ中は打ち出しを止め、無駄玉を減らそう。 更に奥からトランペットギミックが飛び出せば!? 真豪剣ギミック 真剣から放たれる光が数々のチャンスを呼び込む。 シリーズお馴染み 「豪剣フラッシュ」発生で期待度大幅アップだ! 大X斬り 今作の「X斬り」は盤面を飛び出すシリーズ最大のスケールにパワーアップ! 必殺ロゴギミック 盤面の上下部から出現する「必」「殺」のロゴギミックは、様々な演出と連動し変幻自在な動きを見せる。 満月ビジョン 満月の色で期待度を示唆。 リーチ発展前演出や保留変化と連動して作動する。 激震剣 リーチ終盤など勝負を決する重要な場面で主に作動する。 飛び出すだけじゃなく演出や期待度によって更なる変化を起こす!? 斬アタッカー 「斬RUSH」中の小当り当選時に開放するアタッカー。 演出 期待度 通常時リーチ 豪剣フラッシュ 約45. 文銭< 血のり文銭< 分銀< 小判< ゼブラ柄千両箱の順に期待度アップ! 銭の枚数は連続予告に対応している。 保留内の変動内容に注目しよう。 期待度 約7. 様々な演出に派生する、きっかけ予告だ。 期待度 約8. 涙ゾーン 期待度 合算 約32. アタッカー高速開放後に 確変「斬RUSH」に突入する。 停止タイミングは様々あり、下記以外にもリーチ進行中に発生の可能性がある。 背景の色で期待度を示唆しており、 赤ならチャンスアップとなる。 ゾーン中は実写カットインの有無と依頼料の種類に注目しよう。 進行中は連続予告の発生に、ハズレ後は おとつ出現に期待が持てる。 秀<勇次<主水の順に期待度アップ! リーチ 期待度 秀 約7. 5 トータル期待度 約35. 進行中は続々と仕事人が出陣し、主水まで出陣できれば大当りが濃厚となる。 秀<勇次<鉄<主水の順に期待度アップ! 主水の期待度が最も高いが、どの仕事人も 激震予告を伴うことで期待度が飛躍的にアップする。 リーチ 期待度 秀 約32. 激震主水リーチは発展時点で大チャンスとなるので大いに期待しよう。 一撃必殺リーチと同様に、どの仕事人も 激震予告を伴うことで期待度が飛躍的にアップする。 出玉なし確変 通常時は おとつ捕縛演出を経由し、「斬RUSH」中は専用の演出が発生する。 いずれの場合でも 「斬RUSH」突入 継続 濃厚だ。 偶数図柄揃い 2・4・6図柄揃いの大当りで、15R大当り消化後に 「チャンスタイム」 時短100回 に移行する。 演出は 「仕事人編」と「激闘編」の異なる2つのモードを任意で選択可能となっている。 全て覚えて実戦に備えよう。 演出 保留変化 奇数テンパイ「1. 7」 1. 消化中は 奇数図柄揃いで「斬アタッカー」が開放 小当り当選 する。 ファイナルチャンス 図柄揃い後に発生する確変昇格演出。 尚、ファイナルチャンスで昇格に失敗しても、大当り終了画面で昇格するパターンも存在する。 演出 確変昇格 期待度 図柄送りパターン (上から下へ) 約70. 以下の演出で大当りすると確変継続となる。 演出 演出内容 期待度 頼み人SU SU1 約83. 消化中は中図柄に 斬図柄停止で「斬アタッカー」が開放 小当り当選 する。 ファイナルチャンス 図柄揃い後に発生する確変昇格演出。 尚、ファイナルチャンスで昇格に失敗しても、大当り終了画面で昇格するパターンも存在する。 演出 演出内容 確変昇格 期待度 ファイナルチャンス 図柄送りパターン (上から下へ) 約56. 以下の演出で大当りすると確変継続となる。 予告 予告内容 期待度 典膳SU SU3 約94. 約90. ガンバレ! 大当り濃厚 仕事人全画面予告 政 約85. 演出は通常時と同等のものが発生する。 [Bisty(ビスティ)] 2020年7月6日(月)導入開始• [Spiky(スパイキー)]• [BELLCO(ベルコ)] 2020年5月18日(月)導入開始• [PIONEER(パイオニア)]• [ACROSS(アクロス)]• [Carmina(カルミナ)] 2020年5月11日(月)導入開始• [D-light(ディ・ライト)]• [YAMASA(山佐)] 2020年5月7日(木)導入開始• [SanThree(サンスリー)] 2020年4月20日(月)導入開始• [ACROSS(アクロス)]• [Daito(大都技研)] 2020年4月6日(月)導入開始• [SANYO(三洋物産)]• [NET(ネット)] 2020年3月23日(月)導入開始• [Enterrise(エンターライズ)] 2020年3月16日(月)導入開始• [BALTEC(バルテック)]• [OKAZAKI(岡崎産業)]• [Sammy(サミー)] 2020年3月2日(月)導入開始• [BELLCO(ベルコ)]• [newgin(ニューギン)]• [newgin(ニューギン)] 2020年7月20日(月)導入開始• [Daiichi(大一商会)]• [TAKEYA(竹屋)]• [TAKEYA(竹屋)]• [SANKYO(三共)]• [SANKYO(三共)]• [newgin(ニューギン)]• [MARUHON(マルホン工業)] 2020年6月15日(月)導入開始• [NISHIJIN(西陣)] 2020年6月1日(月)導入開始• [SANYO(三洋物産)]• [SANYO(三洋物産)] 2020年5月18日(月)導入開始• [SANKYO(三共)] 2020年5月11日(月)導入開始• [newgin(ニューギン)]• [TAKAO(高尾)]• [Daiichi(大一商会)]• [JFJ(ジェイエフジェイ)] 2020年5月7日(木)導入開始• [SANYO(三洋物産)]• [NISHIJIN(西陣)]• [NISHIJIN(西陣)] 2020年4月20日(月)導入開始• [SANKYO(三共)].

次の

ぱちんこ 必殺仕事人Ⅴ

新 必殺 仕事 人 パチンコ 新台

2400個出玉搭載!! 「斬RUSH」もパワーアップ!! 「豪剣」の名にふさわしく、右打ち中の大当りの50%は出玉2400個を誇り、さらに前作よりも進化したSUPER小当りRUSH「斬RUSH」との相乗効果により、1回の大当りで大きな出玉獲得の可能性を秘めた、まさに豪快な必殺スペックを実現しています。 スペックだけでなく、新演出も搭載し、さらなる高みへ。 多彩かつ斬新な演出が、仕事人の活躍を盛り上げていきます。 新たに生まれ変わった「豪剣」でも、仕事だぜ!! なお、激震予告との複合はないため激震主水リーチでは非発生となる。 「激闘」は文字通り激闘編のリーチへ発展濃厚「突」なら突然確変が濃厚となる。 また、「0」もしくは 豪剣F後に追加タイマーが発生することもあり、豪剣F後の発生は激震予告か共闘リーチが濃厚となる。 信頼度 潜入リーチ中 真剣 約30. 「真剣」と比べて「潜入リーチ中」と「頼み人演出中」、トータル信頼度がややダウンとなっているが、それ以外の発生タイミングの数値に変更はない。 保留変化や連続演出が起点となり、豪剣フラッシュが発動すれば鬼に金棒だ。 なお、仕事人編では激震予告が鉄板となるのに対し、激闘編ではハズレもある点に注意したい。 激震予告や豪剣フラッシュなど基本的な要素は前作と同様で、鉄板演出の巨大激震剣が新たに搭載されている。 なお、今作では偶数図柄で進行した場合でも、リーチ中にボタンを押して奇数図柄に変わる逆転パターンも追加された。 激闘実写リーチの政と竜は転落の可能性があるピンチパターンだ。

次の