八 月 の シンデレラ ナイン 作画。 【海外の反応】八月のシンデレラナイン 12話(終) 素晴らしいフィナーレ

【ハチナイ】リセマラ当たりキャラランキング!(6/12)【八月のシンデレラナイン】|ゲームエイト

八 月 の シンデレラ ナイン 作画

【名シーン】ジャンプ史上最高の『敵同士の対決』ってなんだと思う?• 【厳選】デスノートのコラ画像、今思えばめちゃくちゃクオリティ高かったよな• ワンピースの「斬撃」とかいう薄皮一枚削るだけの無能技wwwwww• 強さ議論厨「悟空が最強で~」「一方通行が~」「いやワンパンマンが~」ワイ「はぁ・・・」• ジャンプで打ち切られた作者さん、とんでもないことを告白する・・・・・• 【画像】 矢吹健太朗先生、復帰したジャンプで神業を披露してしまうwwwwww• 【名言】昔のルフィって船長の貫禄メチャクチャあったよな。。。 【ワンピース】• 『ワンパンマン』と同じ筋トレメニューを実践した結果wwwwwwwwww• 【ハンターハンター】ネテロVS王の名バトルを再現した15万円フィギュアのクオリティwwwwww• アベンジャーズの最強ラスボス・サノスさん、クソ雑魚だった事が判明・・・・ 関連記事.

次の

ハチナイ作画崩壊まとめ!八月のシンデレラナイン作画ミスで野球知らない?

八 月 の シンデレラ ナイン 作画

公開してしばらくは、音声が無い、というトラブルがありましたが、現在は修復されているようです。 女子野球部を立ち上げて、甲子園を目指す、というお話です。 以下、詳述します。 1 微妙 面白いか面白くないかと言われると。。。 微妙です。 第一話からして、野球そのものの楽しさを追及する、というよりは、野球というものを人生で初めてプレイしてみた美少女の表情、動きなどを愛でるといった内容が中心でした。 これは、例えば、グラビア鑑賞などに近いもので、外観重視という印象を強く受けました。 さらに、本アニメの原作はスマホ用ソシャゲです。 その内容は、キャラをガチャで手に入れて、経験値やお金を稼ぎ、選手を育成します。 野球ゲームなのかと思いきや、試合は全オートという、野球ゲームというよりはむしろ、可愛らしいキャラクタの育成と、彼女らとのストーリーを楽しむゲームです。 2 今後の推察 本アニメがどのように展開していくかはまだ不明ですが、ゴリゴリのスポ根アニメというよりも、キャラクタの可愛らしさを重視する作品になるのでは、と推察しました。 したがいまして、重厚なストーリーとか、奥深い考察が必要とか、そういう作品にはならないと思われ、これは。。。 楽しいのでしょうか。 3 結論 絵柄や雰囲気を重視する方には、ものすごくヒットすると思います。 しかし、私の心にはそれほど響かず、星1から2の評価という印象でした。 もっとも、登場するキャラクタたちは皆、可愛らしく描けていますし、特に、主題歌とBGMの出来がとても良かったです。 本作をお好きになる方もたくさんいらっしゃると思われ、その点を大幅に加算して、星3と致します。 以上、ご参考までに。 以下は、以前のレビューです。 ----- 私だけの環境でしょうか、効果音、BGMは聞こえますが、セリフが聞こえません。 初めは、そういう無声コント的な演出なのかと思いましたが、さすがに全編音声なしというのも珍しく、これはどういうことでしょう。 改善されましたら、レビューを更新します。 なお、根本的な解決にはなっていませんが、他社の「GAYO! 」さんでも無料公開されています。 画質はAmazonプライムの最高画質より下がりますが、会員登録等無用で、すぐに視聴できます。 と申しますか、実は私もGAYO! さんで視聴してしまいました。 私はGYAO! さんの回し者ではありません。 今はもう、完全に視聴できます。 ソーシャルゲームのアニメ化ということで、どうせエロで釣るタイプと思ってましたが、 1話時点でそのような気配はなく、主人公が女子野球部設立のための仲間集めと、 河川敷で知り合った子供と、ミニ野球のようなもので対決して終わり、 こう言っては失礼ですが、意外と真面目に作られていました。 このままスポ根物としてストーリーが進むなら、正統派のスポーツアニメとして楽しめそうです。 ただ気になったのは、キャラが多い&キャラの声質が似たり寄ったりと感じて聞き分けがつきにくかったのと、 試合シーンは3Dに頼らずに手書きの作画で頑張っていますが、 下半身は映さず、上半身だけ動かしていたシーンが多かったので、 作画面で野球をやっている迫力は期待できないかもしれません。 ここから最終話まで観た感想です。 11話と最終話以外安定して作画は悪いですが、ストーリーは青春女子野球アニメとして最高でした。 もしこれで作画も良ければ、今期覇権クラスのアニメです。 八月のシンデレラナイン。 ちょっと想像力をかき立てるタイトルです。 八月といえば甲子園。 シンデレラといえばガラスの靴。 これが物語とどう関係するのか気になるところ。 この作品はスマホアプリのゲームが元になっているらしいです。 育成系のゲームでしょうか? 見た限りではゲームらしさはないようです。 ざっと見た印象としては普通の作品。 特に奇をてらった作りにはなっていないような感じを受けます。 ただ始まり(アバン)から主題歌までの一連の流れには「おっ」と期待感を持たせる何かがありました。 特徴的なのは背景で、色調に独特の表現としての主張があります。 原色を強めに押し出すような描画を多用し、線の弱い背景画にアクセントを付けようという担当者の意思と主張を感じることができます。 マゼンダやブルー、レッドの色調の背景画が上手い具合に展開し、視覚的に飽きることを防ごうとしてくれています。 全体を通して極力簡略・省力化しているのですが、どこかで見たような気にさせるのは、少し「君の名は」の新海監督的なタッチが感じられるからでしょうか?私にはこの背景は魅力的に映ります。 本編が始まると展開にはややがっかり。 普通の(ありきたりな)物語が進んでいきます。 このあたりはゲームの内容で誤魔化せるでしょうから特に問題はないでしょう。 キャラクターの画も緻密というわけではないし動きも素晴らしいわけでもありません。 しかし止め画的な演出ではありますが個々のカット割りにはセンスを感じます。 そのために気持ちよく物語が進んで行ってくれます。 でも次も見てみようとは思う作品です。 エンディングの曲が槇原敬之の「どんなときも」。 キャストさんが歌っているようですが、意外にも良かったです。 ジンときました。 追記(2話視聴後) 評価を変更。 なかなかいいです。 作品構成・脚本が共に良く入り込める作品です。 心理描写が中々いい。 今後に期待します。 それどころか、ナインがかなり可愛く描かれてるシーンもある。 「4話」 作画以外は神回です。 ラストで全力を尽くした龍は仰向けに倒れ込み太陽を見上げます。 龍の毒気は抜けていました。 降り注ぐ開放的な太陽の光、試合の結果よりも龍はもっと大事なものを手に入れたのです。 4話目は考査の試合に東雲龍が出るお話です。 龍が人生の瀬戸際に立たされてピリピリしてるのが伝わってきます。 内野ゴロでベースを駆け抜けたがアウトになってしまう。 太陽を見上げて心が折れそうになっている龍の表情、そしてギラギラと残酷に照り注ぐ日射。 青春がすべて潰されそうになる間際の重苦しい空気がもう、たまりませんでした。 (僕自身がバトミントンを捨てて真っ暗なゲーマーの道に転げ落ちたのを思い出させられる)もうだめなのかと思った時、「フレー!フレー!し・の・の・め!」龍を応援する声が!?その後はもう感動の雨、嵐。 シンデレラナインたちが勇気と希望の風を吹き起こしてくれました!龍のプレイもどんどん冴え渡ってきます。 そして、ラストは意外な結末に!? (久々にアニメで泣きました。 声優さんの演技もすばらしかった(特に翼)。 このアニメって作画さえちゃんとしていれば「鬼滅の刃」に並んでいてもおかしくないです) 「3話」 作画が荒いのが目立ってきた。 口に飲み物を含んでいると「ブッ!」てなるマジでやばい顔もある。 それを誤魔化すために画面を縮小して視聴したがそれでも粗さが抑えきれない。 こういうアニメでは女の子の見た目のかわいさが重要なので辛い。 (対策としては、逆に大画面にして顔をディスプレイに近づけると視野範囲が狭くなって作画の変な部分を認識できなくなる。 さらに、ナインたちの顔と超接近できて茜ちゃんの息遣いが聞こえてきそうで興奮度大である。 ) 3話では一気にキャラが増加されている。 運動している人を見ると何の許可もなくいきなり大声で「フレー!」って応援を始めるキャラには笑った。 そのキャラが言うには精神病とかじゃなくて純粋に頑張っている人を応援したいそうだ。 追加キャラの中では個人的に一番好感が持てた。 そして、主人公の翼と因縁がありそうな龍という女の子。 4話では翼の過去と野球への思いに迫る大事な回になりそうである。 「1話」 登場するナインはみんな魅力的なのでご視聴された方はお気に入りの女の子をみつけられたのではないでしょうか。 人の悪口言ったり嫌なことしたりする子はいません。 シンデレラナインたちはまっすぐな瞳で相手の顔を見てお話しします。 気持ちが正直でまっすぐな表れなんだと思います。 アプリのゲームだとプレイヤーは監督さんになれるみたいなのでナインたちと向き合っていっぱいお話しできるかもしれませんね。 僕はプロ野球が死ぬほど嫌いなのですが、このアニメは苦になりませんでした。 それどころか女の子が運動しているシーンは健康的で見ていて気分が良かったです。 リアルでは女子高生と会話しないので学校のシーンの彼女たちの明るい会話がよけいに楽しめました。 正直、1話目はごはんでも食べながらテキトーに視聴しよっと思ってました。 それどころか「野球部を設立する」・・・もうこういう類の何万回も視たよ。 校門前でラ〇ライブの某女みたいにごり押しの勧誘するでしょ?ハーブ決めたみたいにバラッパラッパーな元気だけが取り柄の主人公が知らない人の手とか握って「いっしょに野球!やりませんか!」とか25分間ノンストップで強引な勧誘してね。 1話切りかなと思ってました。 僕は躁鬱になる覚悟で視聴開始しました。 しかし、見事に良い意味で裏切られました。 1話目は主人公ではなく元バスケ部の夕姫ちゃんと猫耳の茜ちゃんの野球初心者の二人組の心情にかなり重きを置かれていたのです。 不安と希望が入り混じった初々しい くすぐったいけど心地いい、柔らかい鳥の羽毛でくすぐられているかのような春の高校生活の空気が見事に表現されていました。 おかげでとても視聴しやすかったです。 それに茜ちゃんが好みの女の子っていうのも大きかったです。 もちろん夕姫ちゃんも友達思いのオーラが強くて、僕の実社会で腐ったココロを終始温め続けました。 今は2話目が早く見たいです。 (お気に入りは猫耳フードの茜ちゃんです。 引っ込み思案なのですがそれでも色々がんばって生きてるのが好きです。 茜ちゃんはユニホームの時は猫耳の上から帽子をかぶってるみたいで帽子が猫耳の形に膨らんでるのでチェックしてみてください。 猫耳は絶対取らないゾっていう強い意志が感じられて面白いです).

次の

【作画】アニメ「八月のシンデレラナイン」とんでもない不正が発覚してしまうwwwww

八 月 の シンデレラ ナイン 作画

2019年7月26日 夏アニメが放送開始して、新アニメの視聴に追われる毎日を過ごしています。 とくに第一話の感想記事を書くにあたって、二期などの続編ものや春アニメ継続の2クール目などの作品は後回しで視聴せざるを得ない状況でした。 で、ある程度落ち着いてきてなんとか視聴ペースを整えられるようになってきたところで、録り溜めしていた後回し作品を少しずつ見ていきました。 そう、6月中に最終回を終えることができなかった例の春アニメ、『八月のシンデレラナイン』。 全くあれほど6月中に終わらせろと言ったのに……。 といった具合により、多分二週間遅れで『八月のシンデレラナイン』の最終回を視聴しました。 まず簡単に感想を述べるとしたら、ハチナイよかったですよ。 ただ! ただ! 物申したいことがある!! ということで今回はテレビアニメ『八月のシンデレラナイン』について。 そこに集うのは、野球にはじめて触れる少女や、一度はプレーをあきらめた少女、高い壁に挑み続ける少女……。 nicovideo. nicovideo. 女の子が野球に挑戦する物語は過去にもあって、記憶に残っているタイトルですと『大正野球娘。 』とかですかね。 あの大人気軽音楽部日常アニメの後番組ということもありご覧になった方も多いと思われます。 まあ……もう十年前の話ですけどね。 十年後の現在、2019年においても美少女野球アニメ放送されたわけでして、この『八月のシンデレラナイン』もこれまでのスポーツアニメにあるような熱い青春ストーリーを描いています。 とくに『八月のシンデレラナイン』はスポーツ作品として王道的であり、女の子たちの友情や熱意の物語は非常に見応えのある内容だったと感じました。 試合展開とかもメリハリの利いた緩急があって、釘付けになるほどに引き込まれてしまいます。 ……と、夏アニメの視聴に追われていたせいか若干記憶が怪しくなっていますけど……。 いやでも、青春アニメとしてとても面白かったのは確かです。 というか素直に話が面白かったです。 また、ホモホモしいくらいに野郎どもがたくさん登場する通常のスポーツアニメとは違い、『八月のシンデレラナイン』は全員美少女で男など一人も登場しません。 ……いや、誰かの兄役としてcv木村良平が登場していたような気がしますけど、まあメインはみんな美少女です! 女の子たちが集まる作品ですから、もうみんな可愛くてしょうがないです。 キャラクターデザインは春アニメの中でも一番の可愛さだったと思います。 いえ、今年のアニメの中でもトップレベルの秀逸さだったと自分は思っています。 なんて言いますかね……やっぱ女の子がスポーツする作品ですから、みんないい具合に引き締まっていてスタイルがいいんですよね。 その部分にエロスを感じるわけですよ。 加えてセーラー服をベースにした夏制服もいいデザインしていて、さらにさらにユニフォームはセーラー服とチアの衣装を融合させたイメージでありミニスカ&スパッツは絶妙ないやらしさがあってたまらないっス! このキャラクターの素晴らしいスタイルと可憐な衣装が組み合わさったことにより、もうね、女の子たちをただ眺めていたい衝動に駆られますね。 これデザインした人天才じゃないかと思っていますよ。 あと表情が妙に色っぽいのもポイントですかね。 そんなストーリー良し! キャラクター良し! の『八月のシンデレラナイン』は、美少女青春アニメとして傑作になる…… は ず だ っ た! そう、この『八月のシンデレラナイン』には致命的な瑕疵があるのです。 それは作画です! このアニメはですね、手に汗握る野球シーンにおいて、動かないんですよ! 所謂止め絵&謎演出を多用してしまっているのです。 で、動いているシーンにおいても、動画の流れがスムーズではないというか、選手たちの動きが非常にぎこちないのです。 まるで油が切れた機械みたいな動きですよ。 私は普段アニメ作品を見るとき、作画ってそこまで重要視していないのですよ。 一番注目しているのはストーリーであって、物語としてのクオリティを求めています。 典型的なストーリー厨です。 よって自分としては、たとえ作画が崩れ気味であろうが話に集中できないレベルの崩壊ではないなら別に構わない、というスタンスであります。 では『八月のシンデレラナイン』はどうだったのかというと、話に集中できないレベルの作画だったのです。 ええ、残念ながら……。 小説投稿サイト「カクヨム」では画像を掲載する機能が実装されていないため、実際にどの程度作画が崩壊しているのか資料としてお見せすることができないのですが、「八月のシンデレラナイン 作画」とググっていただければいろいろと情報が出てきます。 主に野球シーンでの動きとかもう失笑ものですよ。 あと食べ物作画も話題にもなりましたね。 なんですかね、制作のスケジュールがアカンかったんですかね? いやー、せっかくストーリーがよくてキャラデザもいい作品だったので、もう少し余裕を持って丁寧に仕上げてくれれば今年のアニメを代表する傑作となったと思うんですけどね……。 そういう意味では、この『八月のシンデレラナイン』は非常に惜しい作品だったと言わざるを得ません。 多分以前『BEATLESS』の回でも書いたと思いますけど、『八月のシンデレラナイン』もアニメ業界の闇が招いた残念な作品と言えるでしょう。 アニメ業界に余裕が出てきたタイミングでいいので(それはいつになるのか皆目見当もつきませんけど)、『八月のシンデレラナイン』リメイクしませんか? 超作画による野球シーンがあるハチナイを是非とも視聴したいです。 そんなリメイクへの淡い期待を抱いています。 いや作画以外は素晴らしい作品ですので、まだご覧になっていない方は一度くらいは視聴してみてはいかがでしょうか。 強くオススメはしませんけど、オススメです。 ストーリーは面白いけど……とりあえず一から作り直そうか.

次の