アンファー 社長 在 日。 角谷建耀知

アンファー株式会社のプレスリリース(最新配信日:2020年6月1日 12時00分)|プレスリリース配信・掲載のPR TIMES

アンファー 社長 在 日

経歴・人物 [ ] (現在の山南町)出身。 和田小学校、、で学ぶ。 (昭和51年)理科一類に入学する。 その後で国際関係論を学ぶ。 (56年)4月 を卒業して、に入省した。 (昭和57年)英語研修(行政学修士課程修了)。 (平成8年)12月 国際機関日本(1月より)• (平成11年)3月 外務省軍備管理軍縮課兵器関連物資等不拡散• (平成12年)6月 海外広報• (平成13年)8月 ・防衛庁課長• (平成15年)8月 政務担当(7月より)。 2005年(平成17年)7月 経済担当公使• (平成20年)8月 兼• (平成22年)8月 (担当)• (平成24年)9月 駐箚• (平成25年)12月• (平成28年)11月8日 駐箚特命全権大使• (令和元年)10月15日 駐箚特命全権大使 同期 [ ]• (14年国家安全保障局次長兼務・12年内閣官房副長官補)• (19年台北事務所長・17年大使)• (15年大使)• (19年大使・17年人権人道担当大使)• (17年大使・14年大使)• (17年大使)• (17年駐大使・15年大使)• (19年大使・16年大使)• (18年国際貿易・経済担当大使・15年大使)• (19年・17年大使)• (19年大使・15年大使)• (19年大使)• (19年大使・14-17年代表部大使)• (17年大使)• (15年大使)• (17年大使)• (20年大使・17年大使)• (14年会長・11年大使)• (犠牲者 、03年殉職のため大使の称号付与)• (15年事務局長)• (15年駐大使・12年総領事)• (19年総領事)• 脚注 [ ]• 2012年9月16日. 2014年4月20日閲覧。 NIKKEI. NET 2012年9月11日. 2014年4月19日閲覧。 2014年4月19日閲覧。 時事通信2019年10月15日08時48分• 葬儀では山田が同期を代表して弔辞を読んでいる。 2003年12月6日. 2014年3月26日閲覧。 (日本語) 外部リンク [ ]• (英語)(在シドニー日本国総領事館ホームページ)• (日本語)(ホームページ) この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の

日比賢一郎

アンファー 社長 在 日

人物 [ ] 1961年、兵庫県(現・)に生まれる。 幼いころに両親が離婚し、祖母に育てられる。 小学4年の時、と診断される。 大路小学校、春日中学校を経て、1977年、福知山商業高校(現・)入学。 その後へ進学するが、神奈川県へ引越す前にが判明し、手術の後遺症で右半分の視野を失う。 大学を中退後 [ ]、1998年4月23日、大阪府に株式会社わかさ生活を設立。 2009年から2010年5月まで、学校法人「成美学苑」理事長。 2011年には、愛の光基金管理会名誉顧問に就任する。 野球好きであり、母校である福知山成美高校の理事長を務めていた2009年に自ら近畿地方初 となる女子硬式野球部を創設 、監督には元女子硬式野球全日本チーム代表の長野恵利子 を監督に迎えている。 2010年4月にはを創設した。 また、『紫々丸』のペンネームで、「女の子だって甲子園!!」をテーマにしたWEBコミック『』の原作を執筆している。 自社商品の原材料の産地である関係で、北欧への関心が高く、とりわけ北欧の初等教育には強い関心を寄せている。 受賞 [ ]• 2004年9月 被災地へカイロ72万袋と義援金による支援活動を実施し、2006年にを受章• 2013年11月 継続的な社会貢献活動により受賞• 2014年4月 高品質な商品開発により受賞 ラジオ [ ]• 角谷建耀知の人生は蒔いた種の通りに実を結ぶ(2015年1月 - 12月、、ラジオ日本、KBS京都ラジオ、CRKラジオ関西)• 角谷建耀知の出来ることから始めよう!(2015年10月 - 2016年3月 、、)• 角谷建耀知 夢、約束の聖地(2017年4月 - 2017年9月、、、、)• 女の子だって甲子園!〜夢、約束の聖地(スタジアム)〜(2018年6月 - 、紫々丸名義、KBS京都ラジオ、ラジオ日本、東海ラジオ、CRKラジオ関西) 連載 [ ]• 角谷建耀知コラム「人生は蒔いた種の通りに実を結ぶ」(、、、、、) 著書 [ ]• 『ヒカリノトビラ』、2006年1月。 『角谷建耀知 人生は蒔いた種のとおりに実を結ぶ』、2009年7月。 『角谷建耀知の病は気から』、2009年7月。 『女子プロ野球クライシス:創設者、10年目の告白』現代書林、2020年2月。 脚注 [ ] []• 2015年12月08日 朝刊 京都府・2地方• ducare デュケレ Vol. 8 日本経済新聞出版社 2011年6月17日発行 特別付録内「ducare KANSAI」トップインタビュー『夢を育み夢を共有する社会づくりこそ急務』• プレスリリース , わかさ生活, 2013年11月5日 , 2016年2月5日閲覧。 2016年2月16日. 2016年2月16日閲覧。 プレスリリース , , 2015年9月28日 , 2016年2月16日閲覧。 プレスリリース , , 2017年3月30日 , 2018年9月12日閲覧。 2018年9月12日閲覧。 参考文献 [ ].

次の

高岡正人

アンファー 社長 在 日

慰安婦偽装続ける朝日新聞社長木村氏に在日朝鮮人「朴伊量」説!やはり工作員か? 【誤報問題】 居座り朝日新聞・木村伊量社長の素顔・・・編集局長時代に虚偽報道で更迭された朴伊量か? 朝日新聞の木村伊量(ただかず)社長が11日夜の記者会見で、とうとう謝罪に追い込まれた。 だが、自身の進退については何度聞かれても明言せず、部下の杉浦信之取締役編集担当はあっさり更迭した。 杉浦氏の後任には政治部の後輩で、「木村氏に極めて近い」(朝日記者)という西村陽一取締役が充てられた。 社長ポストに居座り続ける木村氏とはいかなる人物か。 「信頼回復のためにリーダーシップを発揮していきたい」 木村氏は会見でこう述べ、社内改革に意欲を示した。 「道筋がついた段階で速やかに進退を判断する」といい辞任は示唆したが、 それが1カ月後なのか、数年後なのか、時期については明言しなかった。 多くの政治リーダーの引き際を見てきた政治評論家の浅川博忠氏は 「往生際が悪い。 社内改革は後継者に委ねるべきだ。 木村氏が居座れば『自分の罪を隠そうとしているのでは』という疑念を持たれる」と一刀両断した。 木村氏は1953年香川県生まれ。 早大政経学部を卒業し、朝日新聞に入社した。 政治部記者として活躍し、2012年6月に並み居る上席役員をごぼう抜きして社長ポストを射止めた。 政治部時代は宏池会(現岸田派)を長く担当した。 当時を知る他社の記者は「あんまり目立たない、人当たりのいい人物だった」と振り返る。 そんな木村氏に大きな試練が訪れたのは、東京編集局長時代の2005年のこと。 長野総局の記者が、新党結成をめぐって田中康夫氏と亀井静香氏が「長野県内で会談した」 とする架空の田中氏の取材メモを作成し、同年8月21、22日付の朝刊で、虚偽の内容を報道してしまったのだ。 この件を受け、木村氏は編集局長ポストを更迭される。 これで出世街道も途絶えたかに見えたが、09年3月には編集局長に返り咲いた。 出世レースに復帰した木村氏は、以前の「人当たりのいい人物」とは別人になっていたという。 ある朝日記者は「木村氏は『イラ菅』と呼ばれた菅直人元首相のようにすぐにイライラする。 部下を怒鳴り散らすのは日常茶飯事だ」と明かす。 11日の会見でも同じ質問が繰り返されるとイライラした様子を見せた。 「経営トップとしての私の責任も免れません」 木村氏は12日付朝刊の署名記事にこう記しているが、 社内からは「木村氏が居座るなら、こんな会社にいられない」(中堅記者)との声まで上がっている。 で東京の編集局長をしていて、新党日本の捏造記事事件を起こしたのは2005年のようだ。 当時はまだ南北朝鮮に対する日本人の感情はここまで悪くはなかった。 上の朝鮮名もそれほど嫌がられはしなかったのではないか。 同じ名前である親日の しかし国内では反日の 朴正煕大統領 63〜79年まで在任 に対するわが国内の感情もそれほど悪くはなかったと思う。 「朴」の字体が他の文字と異なります。 木村伊量 略歴 1976年、早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後朝日新聞社入社 東京本社政治部記者として、首相官邸、自民党、外務省などを担当 西ドイツ長期取材 米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。 マスゴミから工作員に抜擢されるのはそれなりに切れ者だった証拠。 ワシントン特派員としてホワイトハウス、国務省、大統領選挙を担当 論説委員(政治・外交・安全保障担当) 政治部長 ゼネラルマネジャー兼東京本社編集局長 ヨーロッパ総局長 東京本社編集局長補佐 朝日新聞グローブ編集長 2010年6月、西部本社代表(役員待遇) 2011年6月、取締役(広告・企画事業担当) 2012年6月26日、朝日新聞社代表取締役社長就任 公益財団法人朝日新聞文化財団理事長、株式会社テレビ朝日取締役などを兼務 2013年度より朝日賞選考委員(委員長)を務めている。 東京本社編集局長時代の2005年、朝日新聞の新党日本に関する捏造事件の責任を取り更迭。 しかし、船橋と外岡が対立し外岡が外され計画は頓挫。 結局朝日新聞の中折りに週刊ではさむGLOBEとして創刊。 木村は初代編集長に就任した。 2012年4月27日の取締役会で、秋山耿太郎社長の後任となることが決定した。 平取締役就任から1年、常務取締役3人ら7人の上席取締役を飛び越しての社長就任で、旧帝国大学卒でない、早稲田大学出身の朝日新聞社社長は、村山事件後の美土路昌一以来45年ぶり。 政治部出身の社長が2代続くのは朝日新聞社史上初。 朝日は見かけ上安倍内閣と対立を偽装していますが、ずぼずぼの関係だったんですね。 木村氏が在日朝鮮人かどうかは不明ですが、工作員だった可能性は高いですね。 KCIAに関与したと言うことは、「決して日本人の情にほだされるな」と徹底した朝鮮人としての洗脳教育を受けたのでしょうか? ネット上の「朴伊量説」や捏造画像が流布しているのはCIAの「木の葉を隠すなら森の中」作戦ですね。 木村朝鮮人説のガセネタを大量に流して、真相をうやむやにする手口です。 南北朝鮮ともに米国様の属国なのに、民団と朝鮮総連、創価学会、統一協会などと複数の資金パイプを用意し、互いに牽制させ合っているのです。創価学会との不仲の顕彰会も在日。 在特会もしばき隊も在日。 共産党も社民党も在日です。 自民党は日本人がまだ多いですが、CIAに忠誠を誓った売国奴揃いです。 6月にホワイトハウスが発表した生産、取得の禁止に次ぐ措置で、禁止条約に加盟する方針も改めて示した。 ただ、時期については言及を避けた。 オバマ大統領は市民社会の活動で実現した対人地雷禁止条約(オタワ条約、161カ国加盟)を高く評価。 北朝鮮と韓国が軍事的ににらみ合い、米国が韓国の防衛義務を負うなど「特別な状況」にある朝鮮半島以外では、対人地雷を使用しないと明言した。 朝鮮半島用以外の保有分の破棄も進めると述べた。 その上で「最終的にはオタワ条約に加盟できる方法を見つける」と発言。 国際的な地雷除去活動への貢献を続ける方針も表明した。 ホワイトハウスによると、他国による対人地雷取得を支援するような活動も中止する。 米国防総省のカービー報道官は「ヘーゲル国防長官は大統領の方針を支持する」との声明を発表した。 同条約の策定を推進した国際非政府組織(NGO)地雷禁止国際キャンペーン(ICBL)はオバマ政権の措置について「地雷のない世界に向けた重要な一歩だ」と歓迎すると同時に、朝鮮半島での破棄も進めるよう強く求めた。 米国内では使用制限や破棄に対し「米兵を危険にさらす」との反対意見もあり、米下院軍事委員会のマキオン委員長(共和党)は23日、「失望」を表明した。 これは「住民登録法」施行令の改正案に伴うもので、国内に30日以上居住する目的で入国する在外国民を対象としている。 国外移住を目的として出国する国民も住民登録証を所持できるという。 施行後はおよそ11万人が住民登録を行うものとみられており、国内での生活環境の改善が見込まれている。 韓国に滞在する場合、在日韓国人はこれまで「在外国民国内居所申告証」を所持することで、携帯電話の加入や住居の契約などが可能となっていたが、生活の一部における制限は残っている状態だった。 今回の改正によって、経済活動や金融活動で制限を受けることがなくなり、社会福祉制度を活用することも可能となる。 在外国民への住民登録証発給は、2012年末に行われた大統領選挙で朴槿恵大統領が掲げていた公約のひとつ。 不利益を解消するよう求めていた在外国民の声に応じた形となった。 今回の改正について、歓迎する声も多い半面、一部の在日韓国人からは否定的な見方もある。 神戸市に住む在日2世の40代男性は「『在日は何者として生きるのか』が改めて問われている」と話す。 男性は「韓国では兵役逃れや海外に移住する国民が増えたことでなんとか国民数を維持したい。 そうした韓国内の問題に在日が巻き込まれる恐れがある」と語る。 千葉県に住む3世の30代男性も「住民登録証の必要性を全く感じない」と話している。 簡単に解るニダ。 来年1月から、国内に30日以上居住する在外国民に住民登録証の発給が可能になると明らかにした。 在日韓国人らは現在、一般の韓国人のように住民登録がないため、韓国内で社会福祉制度の対象から外れるなどの問題が提起されていた。 これを受け、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。 「住民登録証は韓国国民という証なのに、たった30日住めばいいってこと?ばかげている」 「何言ってんだ?日本に住むやつらは韓国人として認められない!」 「在外国民=裏切り者」 「税金も平等だろうね?」 「何のためにするのか意図がまったくわからない」 「世界中どこを見ても、こんなに簡単に発給する国はない」 「韓国の個性が消え、多文化国家になってしまう」 「在外国民だけじゃなくて、世界中の人に住民登録証を配って税金を集めればいい」 「在外国民とは、在日韓国人のように、外国で辛い思いをしながらも韓国国籍を守り頑張っている人たちだ。 嫌いな奴らばかりが閉塞して生活している環境。

次の