納豆屋 詐欺。 令和納豆:没収相次ぐ?1万円の「納豆定食生涯無料パスポート」適正価格は何円?

【悲報】納豆定食屋さん、クラウドファンディング常習犯だった

納豆屋 詐欺

クラウドファンディングのお返しとして納豆ご飯専門店が配布した定食の「生涯無料パスポート」が、店舗利用時に一方的に没収されたとする口コミがインターネット上で拡散している。 説明を求める声があがったことを受け、店舗側は2020年5月23日、ツイッター上で釈明。 無料パスについて「今までと変わらず通常通りご利用いただくことが可能です」というが、問題の口コミの内容については「事実確認は引き続き行っておりますので、順次ご報告させていただきます」としており、29日昼までに詳細は明かされていない。 1万円の支援で600円のメニューが「生涯無料」 納豆ご飯専門店「令和納豆」は納豆バイオテックベンチャー「納豆」(本社・水戸市)が2019年7月に水戸市でオープン。 全国各地の納豆とさまざまなトッピングを楽しめるユニークな飲食店だ。 同社は開店前の19年4月、クラウドファンディング(CF)サイト「FAAVO(ファーボ)」でCFを募った。 同年6月に目標300万円の4倍となる1200万円超が集まり、寄付は終了した。 寄付のリターン(お返し)の1つとして用意されていたのが「納豆ご飯セット一生涯無料パスポート」。 「本プロジェクト一押しのリターンです」とプッシュしており、1万円(税込)の寄付で令和納豆の「納豆ご飯セット 梅コース」が、文字通り「一生涯無料で楽しめる永久会員パスポート」となっている。 梅コースは600円(税別)なので、17回利用すれば元が取れる計算になる。 本人のみ有効、1日1回限り、譲渡禁止といった条件がある。 この無料パスの定員は当初100人だったが、人気を受けて19年5月に1000人分追加。 FAAVOで閲覧できる記録によればこちらも999人が寄付しており、先の100人と合わせて1099人が無料パスを手にしたことになる。 なお支援者の総数が1228人であるため、無料パスを求めて寄付した支援者はかなりの割合にのぼる。 ところが20年5月、Googleマップに投稿された1件の口コミがネットで注目された。 「1万円のクラウドファウンディングで納豆定食が一生涯無料になる永久会員パスポートの所持者でした」と明記したうえで、「ある日、唐突に店員から『本日からパスポートは使用できない』と、一方的にパスを取り上げられました」としている。 この口コミによると、没収の理由は「規約違反」で、「毎回、無料の納豆定食しか頼んでいない」「メールでのアンケートの回答が不誠実だった」の2点から「規約にある『当店と会員の信頼関係が損なわれたと認めた場合』に該当する」と判断された。 それまで15回無料パスを利用していたという。 「『1万円で納豆定食が一生涯無料!』と甘いことを謳って金を集めておきながら、信頼関係がなくなったと一方的にパスを取り合げる。 こんな詐欺まがいの店に怒りを感じています」と憤っている。 「今までと変わらず通常通りご利用いただくことが可能」 口コミは5月22日ごろからツイッターで拡散。 「レビューが事実なら不誠実極まりない」「令和納豆、当時は羨ましいなって思ったんだけど、これはヒドい」として店舗側に説明を求める声があがった。 また22〜23日未明ごろにかけ、令和納豆公式ツイッターが一時「非公開」状態となり、疑問の声がいっそうあがることになった。 ただ27日までに、この口コミは閲覧できなくなっている。 返信がないため28日に再度質問状を送ったが、29日15時までに返信はない。 23日から繰り返し納豆社に電話をかけていたところ、29日に出た担当者は、取材依頼について「代表しか分からない。 代表は外出している」とだけ話した。 回答があれば追って伝える。 56 前スレ.

次の

【2chまとめ】令和納豆が詐欺!?パスポートを店員に没収されたとの口コミも・・

納豆屋 詐欺

会社名 株式会社 納豆 住所 茨城県水戸市河和田3-2296-39 TEL 029-253-1882 代表 宮下 裕任 納豆男子 設立 2018年7月10日 業務内容• 生鮮食品、保存食品、加工食品の販売• 経営コンサルティング業務• これらに付帯関連する一切の業務 企業名が納豆への思いを強烈に感じさせられますね。 クラウドファンディングに挑戦 終了 「納豆スタンド 令和納豆」が夏に水戸にオープンしました。 世界で初の取り組みで納豆バイオテックベンチャー企業「株式会社納豆」が、運営する未来のある挑戦です。 クラウドファンディングでの目標金額は300万円という事でどのようなコースがあったのか?を紹介したいと思います? 支援コース 納豆ご飯セット一生涯無料パスポート 金額 10,000円(税込) 限定 100個 内容 納豆スタン 令和納豆での食事(梅コース)が毎日通ってもOK!(一日一食)一生涯食べられます。 一生涯無料って凄いですね。 全ての商品が完売終了となりました。 目標としていた300万は達成して,集まったクラウドファンディング合計金額は1200万越えで目標値の415%という素晴らしい結果になったようです。 どの権利もお得ですね? 特に目玉は一生涯無料で納豆ご飯が堪能出来るというのは驚きました。 XKsq2yHbU7E. クラウドファンディングで権利のある方々も満足されているのではないでしょうか? メニュー紹介 主にメニューは 4種類の中から納豆ご飯セットを堪能できます。 全国各地から10種類の納豆を地元茨城のトッピング具材10種類から選ぶ事ができます。 ではメニューを見ていきましょう。 コースと納豆の量 トッピング数 値段 梅 1種類100g 2種類 600円 竹 3種類150g 3種類 1,000円 松 5種類150g 5種類 1,400円 極松 10種類300g 10種類 2,000円 値段は全て(税別)でご飯,味噌汁,漬物,お茶のセットが全て付きます。 トッピング種類は?• しらす• おくら• トマト• 玉ねぎ• ニラキムチ• ふりかけ などがあるようです。 トッピングにより納豆の旨味を更に引き上げてくれますよね?いろいろなアレンジをしてみたいですね。 また、ディナーは日本料理人監修の元,納豆料理と茨城の地酒が楽しめるお店です。 納豆の発祥の地「水戸」で納豆を堪能出来るスポットがこれからオープンするという事で地元出身の私にとってはとても楽しみです。 健康を考え食するという事は大事な事ではないでしょうか? アクセスや営業時間や口コミは? 続いてはアクセスや営業時間についてです。 やはり,水戸に来た際にはアクセスは抜群の場所にオープン予定が決まっています。 是非水戸に来た際は夏以降食事をしてみてはどうでしょうか? アクセス 場所は水戸の梅香という場所になります。 アーバンビジネスホテルの2階が「納豆スタンド 令和納豆」の店舗です。 水戸の風景を楽しみながらお腹を空かせて納豆専門店へ是非行きましょう。 店名:納豆スタンド 令和納豆 住所:茨城県水戸市梅香1丁目2番5号 TEL: 営業時間:6:30〜23:00 席数:カウンター6席、テーブル18席 最大30席 店舗外観 引用元 FAAVO 店舗内装 引用元 FAAVO 店舗レイアウト 引用元 FAAVO 店舗内装はとてもお洒落で日本を感じさせる内装になっていますね。 やはりカウンターがあるのは一人でもサクッと納豆ご飯を堪能できるとてもいい空間になりそうですね? これは一人でも毎日行きたいですね? 口コミは? 今日も令和納豆。 個人的にイチオシトッピングの、温泉卵とトマト。 出てきた納豆は三種類、静岡県伊東市まるさ食品の「海の賜物」、青森県青森市かくた武田の「青森納豆」、群馬県前橋市まるだいの「おいしいひきわり納豆」。 どれも食感が違っておいしかったが、タレをかける前に素の納豆を食べたなかったのは不覚。 今後テレビでの取材があったようで放送されるのが楽しみですね? 個人的にはアボガドのトッピングを食べてみたいと思いました。

次の

令和納豆:没収相次ぐ?1万円の「納豆定食生涯無料パスポート」適正価格は何円?

納豆屋 詐欺

ちょうど1年前、茨城県の納豆ご飯専門店「令和納豆」がクラウドファンディングを通して1000万円以上の資金調達に成功した。 その立役者は、何といっても1万円以上の支援で配布された「納豆定食生涯無料パスポート」にあるだろう。 しかし先月から、「無料パスが没収された」という旨の苦情がSNS上で炎上し、店舗側がその対応に追われている状況だ。 確かに、クラウドファンディングに際して、令和納豆側は「無料パスで経営が傾くことはない」という趣旨の投稿をしていた事情もある。 しかし、コストとリターンのバランスを考えると、無料パスは「見えている地雷」であり、避けるべき案件であることが明白であった案件であると筆者は考える。 そこで、今回は無料パスにおけるコストとリターンの適性バランスを分析し、その適性価格はいくらだったのかを検討していきたい。 HYIPとは、「High Yield Investment Program」という詐欺のひとつだ。 無料パス取得に必要な支援額は1万円だ。 そして、この無料パスを使えば500円の納豆定食を1日1食、生涯無料で食べられる。 ただし、納豆定食は「複利」ではなく、同額のリターンを継続的に得られる「単利」となる。 これがお金の貸し借りの話であれば、そのような話に応じる者はいないだろう。 「1万円貸してくれたら来年から毎年20万円振り込む」という言葉を信じてお金をだまし取られた場合、大抵は「そんな言い分を信じる方が愚かだ」と言われるはずだ。 ただし、令和納豆が詐欺行為を働いたかといえば、それはまた別の話になる。 事業を開始してから冷静に再考した結果、 「1万円で1099人に納豆定食を生涯提供し続けることはそもそも難しい」と気づいたのかもしれない。 無料パスによる経営破綻を避けたいがために、一部の顧客から無料パスを没収したことが今回のトラブルにつながってしまった可能性がある。 それでは、リターンを継続的に得られる性質のクラウドファンディングにおいて、安全なリターンの目安はどのように見極めるべきだろうか。 次に、パス保有者が平均して何日に1回利用するかを想定すべきであった。 最後に、パス保有者の平均利用年数を想定すべきだ。 具体的な数値を仮定しつつ当てはめてみよう。 平均して、無料パスが「7日に1回」利用されると仮定すると、顧客が年間に享受する納豆定食の累計は2万6071円相当となる。 最後に平均利用年数を「30年」と仮定する。 その結果、「納豆定食生涯無料パスポート」の適正価格は48万6030円となる。 パラメーターとなる数字の置き方にもよるが、ある程度保守的に見積もっても無料パスは数十万円を下らないだろう。 そんなパスポートを1万円で提供している時点で、やはり「没収」抜きで持続可能な制度にすることは不可能だったといっても過言ではない。 納豆スタンド「令和納豆」の納豆ご飯セット 梅コース が一生涯無料で楽しめる永久会員パスポート。 クラウドファンディング限定の会員パスポートとなりますので、今だけのプレゼントです。 ・ご本人様のみ有効。 ・1日1回限り。 ・譲渡禁止。 私たちは、いつでも、みなさんのご来店をお待ちしています。 スタッフ一同、毎日、みなさんの素敵な笑顔に会えることを思い浮かべながら、お店でお料理の仕込みをします。 ご来店いただいた際は、元気な挨拶と、満面の笑顔でお迎えし、最高のおもてなしをお約束致します。 お一人でも、大切な人と一緒にでも、納豆ご飯を食べに来てください。 あったかいご飯、ほっかほかのお味噌汁、新鮮なトッピング、そして、食べ応えのあるおいしい納豆を、皆さんにご提供致します。 当店は納豆ご飯専門店ですが、いろんな人の想いや時代のカルチャーが交差する場所でもあります。 心がほころび、頬が微笑む、ひとときを、お過ごしいただけます。

次の