勤務 間 インターバル 助成 金。 勤務間インターバル制度を導入して助成金を取得しましょう!

勤務間インターバル制度とは 問題点や助成金詳細を解説

勤務 間 インターバル 助成 金

勤務間インターバル制度の概要 勤務間インターバル制度とは、勤務終了時間から次の勤務開始時間までの間に、一定の連続的な休息時間を確保するというものです。 一定の休息時間は、9時間以上が望ましいとされています。 たとえば企業が勤務間インターバルを11時間に設定したとしましょう。 従業員が23時まで勤務をした場合、翌日の勤務は10時以降でなくては開始することができません。 そうすることで、慢性的な長時間労働と残業による従業員の睡眠不足や、家に帰れない状態などを防止することができ、健康状態の改善やクオリティオブライフの向上にも効果があるとされています。 また企業にとっても、勤務間インターバル制度の導入によって、社員を大切にするという自社の姿勢を従業員や外部へアピールできるというメリットがあります。 関連記事: ・ ・ 時間外労働改善助成金について 勤務間インターバル制度を導入すると、厚生労働省から「時間外労働改善助成金」を受けることができます。 交付申請の締め切りは、平成30年12月3日となっています。 概要 この助成金は、中小企業・小規模事業主における過重労働防止や長時間労働防止のために、労働時間の設定の改善を推進することを目的としています。 全5コースがあり、勤務間インターバル制度を導入した事業主には、その実施に要した費用の一部が助成されます。 たとえば、就業規則に「~時以降の残業および~時以前の始業を禁止する」という旨が記載されていれば勤務間インターバル制度を導入しているとみなされます。 しかし、「~時以降の残業を禁止する」とだけ規定されているものなどは休息時間が確保されていないとされ、勤務間インターバル制度を導入しているとはみなされません。 支給対象 次の3点を満たす事業主が支給対象となります。 の適用事業主であること• 次のいずれかに当てはまる事業主であること 1. 小売業:資本または出資額が5,000万円以下で常時雇用する労働者が50人以下 2. サービス業:資本または出資額が5,000万円以下で常時雇用する労働者が100人以下 3. 卸売業:資本または出資額が1億円以下で常時雇用する労働者が100人以下 4. その他の業種:資本または出資額が3億円以下で常時雇用する労働者が300人以下• 次のいずれかに当てはまる事業場を持つ事業主であること 1. 勤務間インターバルを導入していない事業場 2. 9時間未満の休息時間の勤務間インターバルしか導入していない事業場 3. 9時間以上の休息時間の勤務間インターバルを導入しているが、対象となる労働者が当該事業場の労働者の半数以下である事業場 支給の対象となる取り組み 時間外労働改善助成金は、勤務間インターバル制度の導入に要する諸費用を助成してくれます。 具体的には、以下のような取り組みが支給の対象となります。 労務管理担当者に対する研修• 外部専門家によるコンサルティング• 就業規則・労使協定等の作成および変更• 労務管理用ソフトウェア・機器の導入• 用通信機器の導入 そのほかにもいくつかの取り組みが対象となります。 ここで具体例を1つ紹介すると、KDDI株式会社では勤怠管理システムの改修を行い、適切な休息時間が確保できていない従業員には警告メールが送られる仕組みにしました。 このようなシステムの開発や導入に要する費用にも、この助成金を充てることができます。 支給にあたって目標としなくてはいけないこと 前項に挙げた取り組みを行うにあたり、以下の3つのいずれかを目標として取り組むことが時間外労働改善助成金支給の条件とされています。 勤務間インターバルを導入していない事業場で、労働者の半数以上を対象とした9時間以上の休息時間を設ける勤務間インターバルについて、就業規則等において定めること• すでに9時間以上の休息時間の勤務間インターバルを導入しているが、対象者が労働者の半数未満である場合に、対象者を半数以上に拡大することを就業規則等において定めること• すでに9時間未満の休息時間の勤務間インターバルを導入している事業場で、労働者の半数以上を対象にして、休息時間を2時間以上延長して9時間以上とすることを就業規則等において定めること 支給額 支給額は、基本的には対象となる取り組みに要した経費の合計額の4分の3になります。 条件が揃うと5分の4の支給を受けることもできます。 ただし、以下のように勤務間インターバルの休息時間に応じた上限額が設定されており、上限を超えた場合は上限額の支給となります。 休息時間が9時間以上11時間未満 前項の1つ目を目標とした取り組みがある場合は40万円 前項の1つ目を目標とした取り組みはないが、2つ目、3つ目のいずれかを目標とした取り組みがある場合は20万円• 休息時間が11時間以上 前項の1つ目を目標とした取り組みがある場合は50万円 前項の1つ目を目標とした取り組みはないが、2つ目、3つ目のいずれかを目標とした取り組みがある場合は25万円 時間外労働改善助成金を受ける流れ• 交付申請書の提出 まずは、で「時間外労働改善助成金交付申請書」のフォーマットをダウンロードし、必要項目を記載した上で、管轄のに提出します。 先述のように、交付申請の期限が平成30年12月3日(必着)であることに注意しましょう。 事業の実施 交付申請書の審査を通過したら、勤務間インターバル制度に関する取り組みを行います。 支給申請 取り組みが終了したら、支給申請書を提出します。 期限は、取り組み終了後1ヶ月以内、もしくは平成31年2月15日(必着)のいずれか早い日となっています。 助成金の受け取り 支給申請の審査にも通れば、助成金を受け取ることができます。 関連記事: ・・ ・ まとめ 今回は、勤務間インターバル制度について解説してきました。 この制度を設けることで生産性の向上が期待されるので、企業にとってもメリットは大きいでしょう。 助成金があるこの機会に、ぜひ勤務間インターバル制度の導入を検討してみてください。

次の

働き方改革推進支援助成金(勤務間インターバル導入コース)(厚生労働省 締切:R2.11.30)

勤務 間 インターバル 助成 金

「勤務間インターバル」とは、勤務終了後、次の勤務までに一定時間以上の「休息時間」を設けることで、働く方の生活時間や睡眠時間を確保し、健康保持や過重労働の防止を図るもので、2019年4月から、制度の導入が努力義務化されました。 このコースでは、勤務間インターバルの導入に取り組む中小企業事業主の皆さまを支援します。 是非ご活用ください。 (1)労働者災害補償保険の適用事業主であること• (2)次のアからウのいずれかに該当する事業場を有する事業主であること• ア 勤務間インターバルを導入していない事業場• イ 既に休息時間数が9時間以上の勤務間インターバルを導入している事業場であって、対象となる労働者が当該事業場に所属する労働者の半数以下である事業場• ウ 既に休息時間数が9時間未満の勤務間インターバルを導入している事業場• (3)全ての対象事業場において、交付申請時点及び支給申請時点で、36協定が締結・届出されていること。 (4)全ての対象事業場において、交付申請時点で、年5日の年次有給休暇の取得に向けて就業規則等を整備していること。 支給対象となる取組 いずれか1つ以上実施してください。 1労務管理担当者に対する研修• 2労働者に対する研修、周知・啓発• 3外部専門家(社会保険労務士、中小企業診断士など) によるコンサルティング• 4就業規則・労使協定等の作成・変更• 5人材確保に向けた取組• 6労務管理用ソフトウェアの導入・更新• 7労務管理用機器の導入・更新• 8デジタル式運行記録計(デジタコ)の導入・更新• 9テレワーク用通信機器の導入・更新• 10労働能率の増進に資する設備・機器等の導入・更新 (小売業のPOS装置、自動車修理業の自動車リフト、運送業の洗車機など)• 成果目標の設定 支給対象となる取組は、以下の「成果目標」の達成を目指して実施してください。 事業主が事業実施計画において指定したすべての事業場において、休息時間数が「9時間以上11時間未満」または「11時間以上」の勤務間インターバルを導入すること。 具体的には、事業主が事業実施計画において指定した各事業場において、以下のいずれかに取り組んでください。 ア 新規導入• 勤務間インターバルを導入していない事業場において、事業場に所属する労働者の半数を超える労働者を対象とする、休息時間数が9時間以上の勤務間インターバルに関する規定を労働協約または就業規則に定めること• イ 適用範囲の拡大• 既に休息時間数が9時間以上の勤務間インターバルを導入している事業場であって、対象となる労働者が当該事業場に所属する労働者の半数以下であるものについて、対象となる労働者の範囲を拡大し、当該事業場に所属する労働者の半数を超える労働者を対象とすることを労働協約または就業規則に規定すること• ウ 時間延長• 既に休息時間数が9時間未満の勤務間インターバルを導入している事業場において、当該事業場に所属する労働者の半数を超える労働者を対象として、当該休息時間数を2時間以上延長して休息時間数を9時間以上とすることを労働協約または就業規則に規定すること• 上記の成果目標に加えて、対象事業場で指定する労働者の時間当たりの賃金額の引上げを3%以上行うことを成果目標に加えることができます。 支給額 取組の実施に要した経費の一部を、成果目標の達成状況に応じて支給します。 賃金額の引上げを成果目標に加えた場合の加算額は、指定した労働者の賃金引上げ数の合計に応じて、次の表のとおり、上記上限額に加算する。 なお、引き上げ人数は30人を上限とする。 引き上げ人数 1~3人 4~6人 7~10人 11人~30人 3%以上引き上げ 15万円 30万円 50万円 1人当たり5万円 (上限150万円) 5%以上引き上げ 24万円 48万円 80万円 1人当たり8万円 (上限240万円).

次の

厚生労働省:「働き方改革推進支援助成金(勤務間インターバル導入コース)」

勤務 間 インターバル 助成 金

働き方改革推進支援助成金 申請2020 (勤務間インターバル導入コース)<厚生労働省> 勤務間インターバル導入コースの申請の手順 1.交付申請書を提出 (「交付申請書」を事業実施計画書などの必要書類(2社以上相見積もり)とともに、最寄りの労働局雇用環境・均等部(室)に提出) 2.交付決定を受ける (以下の行程は採択されるまで取り掛からないでください) 3.就業規則に勤務間インターバルの条文を追加 4.提出した計画に沿って取組を実施。 5.労使委員会を開きます。 (議事録の作成、写真を撮影し、提出が必要です) 6.事業完了後、支給申請をします。 働き方改革にネガティブなイメージをお持ちではないですか?社長! 2019年4月より施行された働き方改革関連法で、時間外労働の上限規制と年次有給休暇の確実な取得が必要となりました。 わかりやくすく言うと、残業は減らさないといけない上に、休みは増やす。 さらに、休んだ分の給与は支払わなければいけない。 それでなくても、競争の厳しい成熟市場の日本なのに経営者の負担は増えるばかりです。 もし、時間外労働の上限以上に社員が働いていた会社は、年次有給休暇の取得も考えると、間違いなく社内の総労働時間が減って、また人を雇わないといけなくなる。 そう考えるとかなり厳しいですよね。 働き方改革の真の狙いは日本の労働生産性を上げること OECD加盟諸国の就業者1人当たりの労働生産性は、2016年度の調査で35ヶ国中21位で、時間当たり労働生産性は、先進7ヶ国で最下位。 国内に目を向けると、企業規模別従業員1人当たりの労働生産性は、2015年度の実績で、大企業の非製造業1307万円と製造業1296万円に対して、中小企業の非製造業558万円と製造業549万円と、製造業・非製造業共に大企業と中小企業は2倍以上の開きがあります。 製造業においては、最新の設備の導入、非製造業に関してはソフトウェアの導入こそが、労働生産性の向上を実現する為に必要不可欠とも言われています。 働き方改革で社内をIT化して生産性を向上しましょう エクセルでの入力作業や、ウェブサイトでの調べ物など、情報収集のレポートなど、単純で反復する作業は、RPAに。 また、ウェブサイトからの見込顧客の創出やマーケティングの自動化はMA(マーケティングオートメーション)に、営業の進捗管理や休眠顧客の管理、営業管理の自動化はSFAにやらせて、社員の皆さんには、人にしか出来ない重要な業務をやってもらいましょう。 働き方改革推進支援助成金(勤務間インターバル導入コース) 働き方改革の助成金でIT化し経常利益を伸ばしましょう 昨年(2019年度)交付された、残業を削減、労働時間を短縮すると国から助成金がもらえる「時間外労働等改善助成金」。 勤務間インターバル導入コースの概要 「勤務間インターバル」とは、勤務終了後、次の勤務までに一定時間以上の「休息時間」を設けることで、働く方の生活時間や睡眠時間を確保し、健康保持や過重労働の防止を図るもので、2019年4月から、制度の導入が努力義務化されました。 このコースでは、勤務間インターバルの導入に取り組む中小企業事業主の皆さまを支援します。 是非ご活用ください。 (1)労働者災害補償保険の適用事業主であること (2)次のアからウのいずれかに該当する事業場を有する事業主であること ア 勤務間インターバルを導入していない事業場 イ 既に休息時間数が9時間以上の勤務間インターバルを導入している事業場であって、対象となる労働者が当該事業場に所属する労働者の半数以下である事業場 ウ 既に休息時間数が9時間未満の勤務間インターバルを導入している事業場 (3)全ての対象事業場において、交付申請時点及び支給申請時点で、36協定が締結・届出されていること。 (4)全ての対象事業場において、交付申請時点で、年5日の年次有給休暇の取得に向けて就業規則等を整備していること。 支給対象となる取組 いずれか1つ以上実施してください。 成果目標の設定 支給対象となる取組は、以下の「成果目標」の達成を目指して実施してください。 事業主が事業実施計画において指定したすべての事業場において、休息時間数が「9時間以上11時間未満」または「11時間以上」の勤務間インターバルを導入すること。 具体的には、事業主が事業実施計画において指定した各事業場において、以下のいずれかに取り組んでください。 ア 新規導入 勤務間インターバルを導入していない事業場において、事業場に所属する労働者の半数を超える労働者を対象とする、休息時間数が9時間以上の勤務間インターバルに関する規定を労働協約または就業規則に定めること イ 適用範囲の拡大 既に休息時間数が9時間以上の勤務間インターバルを導入している事業場であって、対象となる労働者が当該事業場に所属する労働者の半数以下であるものについて、対象となる労働者の範囲を拡大し、当該事業場に所属する労働者の半数を超える労働者を対象とすることを労働協約または就業規則に規定すること ウ 時間延長 既に休息時間数が9時間未満の勤務間インターバルを導入している事業場において、当該事業場に所属する労働者の半数を超える労働者を対象として、当該休息時間数を2時間以上延長して休息時間数を9時間以上とすることを労働協約または就業規則に規定すること 上記の成果目標に加えて、対象事業場で指定する労働者の時間当たりの賃金額の引上げを3%以上行うことを成果目標に加えることができます。 事業実施期間 事業実施期間中(交付決定の日から2021年1月29日(金)まで)に取組を実施してください。 支給額 取組の実施に要した経費の一部を、成果目標の達成状況に応じて支給します。 賃金額の引上げを成果目標に加えた場合の加算額は、指定した労働者の賃金引上げ数の合計に応じて、次の表のとおり、上記上限額に加算する。 なお、引き上げ人数は30人を上限とする。 締め切り 申請の受付は2020年11月30日(月)まで(必着)です。 (なお、支給対象事業主数は国の予算額に制約されるため、11月30日以前に受付を締め切る場合があります。 ) 引用元: 勤務間インターバル導入コースのご相談はこちら•

次の