マカフィー。 マカフィーを完全削除(アンインストール)する方法

2020 年 1 月の Microsoft の延長サポート終了後の 、Windows 7 および Windows Server 2008/2008 R2 における McAfee の製品サポート

マカフィー

このサポート情報は製品管理チームより提供されています。 詳しくはこちらを参照してください:• Windows 7:• 延長サポート オプションを利用することで 2023 年 12 月 31 日までのサポートが利用できます。 McAfee Active Response MAR• McAfee Agent MA• McAfee Application and Change Control MACC• McAfee Endpoint Security ENS• McAfee Data Loss Prevention Endpoint DLP Endpoint 1• McAfee Drive Encryption DE 1• McAfee ePolicy Orchestrator ePO• McAfee File and Removable Media Protection FRP 1• McAfee Host Intrusion Prevention Host IPS• McAfee Management of Native Encryption MNE 1• McAfee MVISION Endpoint Detection and Response MVISION EDR• McAfee VirusScan Enterprise VSE 2 1. DE 、 DLP Endpoint 、 FRP および MNE は、 Windows 7 でのみサポートされます。 ただし、サポートを続けることが技術・商業的に合理的であると判断され、また依存関係の問題が発生しない場合に限り、 McAfee によるサポートは続けられる予定です。 例えば、 McAfee 製品が必要な修正を Microsoft に依頼し、 Microsoft がそれに応じない場合、 McAfee は製品のサポートを続けることができません。 2021 年 12 月 31 日以降の延長サポートの購入方法 : 2022 年 1 月以降、上記の製品サポートを継続するには、すべてのお客様が延長サポート SKU を購入する必要があります。 このオプションのさらなる詳細は、 McAfee アカウント マネージャーにお問い合わせください。 McAfee は、この告知でサポート ポリシーの条件をいつでも変更する権利を持ちます。 McAfee は変更が起こる前に、合理的な期間内に重大な変更を通知するよう努めます。 この記事が更新されたときにメール通知を受け取るには、ページの右側にある [ 購読 ] をクリックします。 購読するにはログオンをする必要があります。 よくある質問 FAQ 何が告知されていますか? McAfee がこの計画を発表するのはなぜですか? 2023 年 12 月 31 日まで、一部の製品で延長サポートが利用できます。 この告知に含まれる製品は何ですか? DE 1 、 DLP Endpoint 1 、 ENS 、 ePO 、 FRP 1 、 Host IPS 、 MA 、 MACC 、 MAR 、 MNE 1 、 MVISION EDR および VSE は、この告知の一部に含まれています。 サーバーのバリエーションとして含まれるものは、 ENS-Server 、 MACC-Server 、 Host IPS-Server および VSE-Server です。 他のすべての製品のサポートは、この告知とは別に行われます。 1 DE 、 DLP Endpoint 、 FRP および MNE は、 Windows 7 でのみサポートされます。 どの SKU が影響を受けますか? この告知から影響を受ける SKU はありません。 現在販売されているすべての SKU は、 McAfee アカウント マネージャーから別の支持がない限り、引き続き販売されます。 既存のライセンスはどうなりますか? すべての既存のライセンスは、この告知による影響はありません。 すべての延長サポート オプションは、既存のライセンスに加えて提供されます。 サポートはどのように処理されますか? McAfee は、 2021 年 12 月 31 日まで、上記の各製品を完全にサポートします。 McAfee は、 2023 年 12 月 31 日まで延長サポートを提供します。 例えば、 McAfee 製品が必要な修正を Microsoft に依頼し、 Microsoft がそれに応じない場合、 McAfee はそのオペレーティング システムで製品のサポートを続けることができません。 この告知は Microsoft の EOL 発表とどのように一致しますか? 少なくとも 2023 年まで延長サポート オプションを利用できます。 延長サポートを受けるにはどうすればよいですか? 延長サポートを受けるには、 McAfee アカウント マネージャーにお問い合わせください。 さらに質問がある場合は、誰に連絡すればよいですか? その他の質問がある場合は、 McAfee アカウント マネージャーにお問い合わせください。 このサポートの価格はどのようになりますか? 既存のライセンスの価格に変更はありません。 また、 2021 年 12 月 31 日まで延長サポート料金は追加されません。 2021 年 12 月 31 日以降のサポートの延長オプションの価格については、 McAfee アカウント マネージャーにお問い合わせください。 McAfee にとって、技術・商業的に実行可能であり、また外部からの依存関係の問題が発生しない場合に限り、 McAfee によるサポートは続けられます。 例えば、 McAfee 製品が必要な修正を Microsoft に依頼し、 Microsoft がそれに応じない場合、 McAfee はそのオペレーティング システムで製品のサポートを続けることができません。 2021 年 10 月の Microsoft 延長サポート終了後の Windows 7 POSReady に対する McAfee 製品サポートの詳細については、 を参照してください。 McAfee Enterprise Endpoint 製品の Windows Server 2003 SP2 サポートの詳細については、 を参照してください。 2014 年 4 月の Microsoft 延長サポート終了後の Windows XP SP3 のサポートについては、 を参照してください。 この告知に含まれている製品でサポートされているプラットフォーム、環境およびオペレーティング システムについては次の表を参照してください。 製品 KB 記事 DE DLP Endpoint ENS ePO FRP Host IPS MA MACC MAR MNE MVISION EDR VSE 製品ライフサイクルの詳細については、 の McAfee Product and Technology Support Lifecycle ページを参照してください。 mcafee. pdf のコーポレート製品 EOL ポリシーを参照してください。 定義 :• EOL 期間 — マカフィーが製品の販売終了を発表した日から、マカフィーがその製品を正式にサポートする最後の日までの期間のことです。 一般に、 EOL 期間が発表された後に拡張が行われることはありません。 製品サポート終了日 — マカフィーの標準サポート提供条件に基づいて製品がサポートされる最終日。

次の

マカフィーはどうして評判が悪いのですか?

マカフィー

1.マカフィーの特徴って? 基本のウィルス対策に加えてMcAfee(マカフィー)の特徴は、様々なニーズに合わせたラインナップの幅広さ、セキュリティソフトの中では唯一の生体認証に対応しています。 1-1.製品ラインナップが豊富 個人ユーザー向けの製品はなんと5種類もあります。 それぞれ自分の使い方に合った製品が選べるような気はしますが、個人的にはもうちょっと少なめにしてくれた方がいいように思います。 製品 機能の特徴 マカフィーリブセーフ マカフィーの中で最上位のセキュリティ機能。 セキュリティの状況が一目でわかるようにしたアプリを利用することができ、生体認証技術を利用したクラウドのストレージが利用できるパーソナルロッカーを利用することができる。 マカフィートータルプロテクション インターネットセキュリティより、さらに高度なセキュリティー機能として、パソコン上にパスワードで保護されたフォルダーを作成し、重要な文書や画像などのファイルを暗号化する機能がつけられている。 マカフィーインターネットセキュリティ アンチウィルスプラスの機能に加え、迷惑メール対策や保護者機能、顔認証などを活用するパスワード管理の機能が使える。 マカフィーアンチウィルスプラス パソコンだけでなくスマートフォンやタブレットなど、台数無制限で基本的なセキュリティ機能。 マカフィーアンチウィルス パソコン1台だけを保護するための基本的なセキュリティ機能。 1-2.デバイスの利用台数が無制限 マカフィーアンチウィルスプラス以上の製品であれば、使っているパソコンやタブレット・スマホなど 台数は無制限で守ることができるので、家族全員のデバイスにセキュリティ対策をしたいときに重宝しますよ。 1-3.生体認証でパスワード管理もできる SNSやショッピングサイト、Webサービスを使う度に増えていくユーザーIDとパスワード。 リブセーフなら5人までの顔情報を登録することもできます。 1-3.危険なサイトへのアクセスをブロック 他のセキュリティソフトにもある機能ですが、これから見に行こうとしているWebサイトが危険であれば、警告を表示してくれます。 1-4.次世代のマルウェアにも対応 すべての製品に共通する強みとして、「次世代マルウェア対策エンジン」というスキャンエンジンがあります。 従来のウィルス対策ソフトでは、ユーザーのデバイスにウィルスが侵入した時は、ウィルスが定着したファイルをスキャンし、クラウドでブロックするのみでしたが、 素早くスキャン処理をすることで、バッテリーの消費が抑えられ、パソコンの動作が重くなることがないままブロック、さらに様々なデバイスに感染する度に形を変えるマルチウェアにも対応することができる「リアルプロテクト」で、安心安全にパソコンを保護することができます。 1-5.リブセーフなら専用のサポート窓口 マカフィーのカスタマーサポートは、電話でもチャットでも、さらにはwebフォームからのお問い合わせからでも受けることが可能で、年中無休というところがありがたいところです。 電話やチャットでのサポートは午前9時から午後9時までの12時間となっています。 さらに、最上位に位置するリブセーフであれば、リブセーフユーザーの為の専用窓口と、セキュリティーアドバイザーが製品以外のセキュリティに関しても相談に乗ってくれるというサービスがついていますよ。 2.料金プランを教えて マカフィーの料金は3年版と1年版があり、他のセキュリティソフトにもれず3年版を買う方がお得です。 また、こちらのVectorでは「マカフィーリブセーフ 3年版」が 超特価3,900円 で買えるようですよ。 2016年版ですが、自動で2017年版にアップグレードできるからお得です。 その一方で、危険サイトを判別・警告を出す「ウェブアドバイザー」機能の動作が重くいまいちという口コミ。

次の

インターネット安心セキュリティ|GMOとくとくBBのオプション

マカフィー

Windows10(後)にをインストールする手順を丁寧に解説 Windows10をしたら、セキュリティソフトをインストールします。 私はを使用していますので、ダウンロードしてインストールするまでの手順を丁寧に紹介します。 以前は、フリーのソフトを使ったり、を使ったりしていた時期もありましたが、ここ10年間くらい製品を使用しています。 本記事の後半では、他のセキュリティソフトとの比較(価格・機能)も書きたいと思います。 後半では、製品を選ぶ理由と、他のセキュリティソフトとの比較(価格・機能)も書きたいと思います。 のマイアカウントページからダウンロード の個人ユーザー向けサイト マイアカウントをクリック ログイン 今回はの後の再インストールなので、 マイアカウント上に表示されている中から、該当するコンピュータ名を選んで「再インストール」 使用許諾に同意チェックして、「ダウンロード」ボタンをクリック がダウンロードできた の実行 流れにそってインストールを進めます のせいで、一旦、接続が切れる インストール後の初期設定 接続用ポート開放 接続が切れてしまったので、ここからは、一旦、直接PCを操作します。 流れにそって進めていくと、・リブセーフの画面が開きます。 再び接続ができるように、の設定を変更して、用のポートを開放します。 まず、「セキュリティ」タブを開きます。 接続を利用しない場合には不要です。 「セキュリティ」タブの画面から、「」を選びます 「」の中にある、「ポートとシステム サービス」を開きます UltraVNC Serverのデフォルトのポートは「5900」なので、そのポートを開放する設定を追加します の設定変更を反映するには、一旦、「無効」にしてから、再度「有効」にする必要があります 最終的に「有効」になっている状態。 ここまでできれば、再び、別のPCからリモート接続ができるようになります ・リブセーフと、他のセキュリティソフトの比較(価格・機能) ・リブセーフについて 価格 「・リブセーフ」は、3年版と1年版の2種類が販売されています。 価格は一定ではなくて、販売サイトによっても違うし、 期に期間限定のキャンペーンをやっています。 (公式キャンペーンもあれば、やで独自にやっているキャンペーンもあります) 気になっている方は、定期的にチェックして、キャンペーンでお得な時に購入するのがよいと思います。 いずれも、期限が来ると、終了するか、更新するかを選択できます。 クレジットカードで購入する場合は、自動更新も選ぶことができます。 何といっても「インストール台数が無制限」が特徴• さらに、のPCだけでなくて、、や 、 にも対応• インストール方法の簡単さは、本記事の前半で紹介した通りです• 個人的に気に入っているのは、危険なサイトをブラウザ上でブロックしてくれる機能 「インストール台数が無制限」は、他のセキュリティソフトにはない、リブセーフだけの特徴です。 ESET• ウィルスバスター• (PCの買い替えサイクルとのタイミングもあるし、現在はPC1台だけの利用だとしても、3年後にはデスクトップとノートの2台になっていたり、家族の分で台数が増えたりするかもしれないので) また、こういうソフトは 何年かに1度の頻度で、製品ラインナップの見直しが行われたり、 機能の拡充や類似サービスの統合などがあるので、3年先にもまったく同じ機能のまま、ということは少ないと思います。 現時点では、 「台数無制限」という特徴のある、「リブセーフ」が他のソフトに比べると、 コストパフォーマンスは高い方で、自分のように 複数台のPCを自宅で利用する人には合っているのかな、と思います。

次の