ヘッドホン d。 by dr. dre!

Beatsのヘッドホンおすすめ人気モデル4選。愛用する有名人も多数

ヘッドホン d

ビーツのヘッドホンの特徴 By: Beatsは2006年にジミー・アイオヴォン氏が設立した音響機器メーカー。 彼はヒップポップ界で大きな成功を収めたドクター・ドレやエミネム、レディー・ガガを輩出したレコード会社の社長であることでも知られています。 Beatsのヘッドホンにはそんな音楽を知り尽くした彼だからこそ監修できる魅力が多く取り込まれているのが特徴です。 特徴的なのは重低音重視の音質。 Beatsのヘッドホンは低音域がよく響くように設計されているため、ヒップポップやロックで迫力のあるサウンドを楽しめます。 一方で、高音域が軽視されているわけではなく、低音域から高音域までクリアなサウンドが聴けるので、クラブミュージックやテクノポップなどの電子音楽にもおすすめです。 加えて、アップル製品との親和性が高いのも特徴。 2014年のアップル買収以降に発売されたW1チップ搭載モデルは、iPhoneやiPadなどと簡単にワイヤレス接続ができ、機器の切り替えもスムーズにできます。 また、Beatsのヘッドホンはデザイン性が高いことも魅力。 「b」の特徴的なロゴマークやシンプルなデザイン、豊富なカラーバリエーションなどが人気の理由です。 ビーツのヘッドホンの選び方 接続方式で選ぶ By: Beatsヘッドホンの接続方式には有線と無線の2種類があります。 有線モデルはスマホや音楽プレーヤーと常時ケーブルで接続しているのでケーブルを管理する煩わしさはあるものの、遅延や音飛びがなく、高い音質で音楽を聴けるのが特徴です。 一方、ワイヤレスモデルはスマホや音楽プレーヤーとBluetooth通信を介して接続します。 コードレスで軽快に音楽が聞けるので便利です。 Bluetoothの進化によって音質や遅延も以前よりかなり改善されています。 なお、Beatsでは無線モデルのヘッドホンにもケーブルが付属するので、バッテリーを節約したいときや音質にこだわりたいときは有線ヘッドホンとしても使用可能です。 装着タイプで選ぶ By: Beatsヘッドホンの装着タイプにはオンイヤー型とオーバーイヤー(アラウンドイヤー)型の2種類があります。 オンイヤー型は耳に乗せるような形で装着するため、耳を覆う部分のパーツが不要な分、ヘッドホンとしては比較的小型で軽量なのが特徴。 しかし、頭への固定はバンド部の圧力だけで行うので、長時間使用していると締め付けで耳が痛くなるので注意が必要です。 一方、オーバーイヤー型は耳全体を覆うような形で装着するので、装着時の安定性が高く、音の響きも豊かなのが特徴。 しかし、耳を覆う分のパーツが必要となるため、オンイヤー型と比べて大きく重くなってしまうという弱点もあります。 装着感や音質を重視したい方におすすめです。 急速充電機能の有無で選ぶ By: Beatsヘッドホンのワイヤレスモデルは最低でも10時間以上の連続使用が可能なので、一日中使用していてもバッテリーが切れてしまうことはほとんどありません。 また、急速充電機能の「Fast Fuel」を搭載したモデルであれば、5分程度の充電でも約3時間の再生が可能です。 そのため、充電し忘れた際に慌てる必要もなくなります。 急速充電は最新モデルのみに搭載されている機能ですが、ヘッドホンを頻繁に使う方には特に便利な機能です。 リスニング機能で選ぶ By: 音楽体験をさらに充実できる多彩な機能が搭載されているのもBeatsヘッドホンの魅力。 ノイズキャンセリング機能の「ANC(アダプティブノイズキャンセリング)」に対応したモデルであればノイズを遮断できるので、周囲の環境音が騒がしい状況でも気にせず音楽に没頭できます。 また、「リアルタイムオーディオキャリブレーション」も人気の機能。 再生する音楽のタイプに応じてヘッドホンがサウンド出力を自動調整して最適化してくれます。 細かなチューニングには対応していませんが、最適なサウンド体験を手軽に楽しみたい方におすすめです。 ビーツのヘッドホンおすすめモデル|ワイヤレス ビーツ Beats Solo Pro ノイズキャンセリング機能が搭載された、オンイヤー型のヘッドホンです。 周囲の雑音を遮断する「ピュアアダプティブノイズキャンセリングテクノロジー」を採用しているので、臨場感あふれるサウンドを好きな場所で楽しめます。 iOSデバイスと接続した際、音声アシスタントのSiriによって、ハンズフリーコントロールができることも特徴。 さらに、さまざまなデバイスの音声機能を「b」ボタンで操作できるので、スタイリッシュに音楽を楽しめます。 また、「リアルタイムオーディオキャリブレーション機能」を使用することによって、より理想的な音質に近づけることが可能です。 人間工学に基づいたスタイリッシュなデザインで、長時間使用していても快適な着け心地が感じらます。 最長で22時間の再生ができ、ノイズキャンセリングと外部音の取り込みをオフにした場合、最長40時間の再生が可能です。 ヘッドホンの開閉によって自動的に電源をオン・オフできる手軽さも魅力のひとつです。 電波強度が高い「Class1 Bluetooth」に対応したオーバーイヤー型ワイヤレスヘッドホン。 スマートフォンやデジタルオーディオプレイヤーなどとの距離が離れていても、安定した再生ができます。 「Fast Fuel機能」を搭載しており、10分程度の充電で約3時間にわたって音楽を再生できるのも魅力のひとつ。 すばやく充電したい際に便利です。 また、Appleデバイスとのスムーズな接続を実現する「Apple W1チップ」を採用。 端末を近づけるだけで簡単にペアリングでき、デバイスの切り替えも簡単に行えます。 さらに、外部の騒音を遮断する「ピュアアダプティブノイズキャンセリング機能」を搭載しているのもポイント。 ノイズキャンセリング使用時で最長22時間、OFFにした状態で、最大40時間駆動できます。 「リアルタイムオーディオキャリブレーション機能」で、再生する曲にあわせて最適なサウンド調節を行えるのもポイント。 「サンドデューン」や「レジスタンス・ブラックレッド」などといった豊富なカラーバリエーションで、おしゃれにクリアなサウンドを楽しみたい方におすすめです。 クリアで迫力ある高音質が楽しめる、オンイヤー型ワイヤレスヘッドホン。 繊細なチューニングが施されていることにより、コンパクトながらパワフルなサウンドを実現します。 「Apple W1チップ」の搭載によって、省電力化を実現。 最大で40時間駆動でき、プレイリスト再生中に途中で途切れるといったストレスを軽減します。 5分の充電で約3時間の音楽再生が可能な「Fast Fuel機能」にも対応しているうえ、多機能のオンイヤーコントロールで、通話への応答や音楽の操作、Siriの起動ができるのもポイントです。 快適なフィット感のクッション付きのイヤーカップは、毎日着用しても負担にならない設計。 外音の遮断にも役立っているうえ、折り畳んで付属のキャリングケースに収納できるので、スタイリッシュに外出したい方におすすめです。 充実した機能を搭載していながらリーズナブルな価格で購入できる、人気のヘッドホンです。 精巧にチューニングされたサウンドが魅力のオンイヤー型有線ヘッドホンです。 幅広い音域とクリアなサウンドで、バランスのよい細やかな原音の再生を実現します。 安価に購入できるので、初めてビーツのヘッドホンを購入する方に最適です。 ケーブルには、「RemotoTalkケーブル」を採用。 マイク内蔵のコントローラーが搭載されているので、iOSデバイスで音楽の再生をする際のサウンドコントロールや通話の応答などの操作に便利です。 本体フレームには、ステンレススチールを採用しており、頑丈なうえに軽量なのも魅力。 ヘッドバンドには耳の高さにあわせて上下に調整可能なスライダーも搭載されており、使用中の負担を抑えた設計になっています。 さらに付属のキャリングポーチは折り畳み可能なので、使わないときはコンパクトに収納できるのもポイント。 バッテリー残量を気にせずヘッドホンを使用したい方や、面倒な設定を避けたい方にもおすすめです。

次の

by dr. dre!

ヘッドホン d

秋月のD級アンプキットでヘッドホンアンプを作る さて、D級増幅のヘッドホンアンプを自作します。 母体となるキットはこちら。 普通のアンプはアナログの音声信号をそのままトランジスタなどで増幅するのに対し、D級アンプは 一定の電圧のオンオフや、パルス幅の違いだけで音声信号を再現します。 出力回路がアナログ的な電圧の変化を扱わないので、FETによるスイッチングだけで構成でき 低電圧動作や高効率といったメリットがあります。 …っと、これ以上の細かい話は他におまかせで。 D級アンプでは回路方式が従来のアンプと違うために、音質の特徴も異なることが予想されます。 回路上で扱う信号がアナログアンプのそれとは全く異なるため、個々のパーツが音へと与える影響も 当然違ってくることでしょう。 例えばコンデンサひとつをとっても扱う信号がパルスなので、オーディオ用 コンデンサの使用が適しているかと考えると大きな疑問が残ります。 このためD級アンプを作るにあたっては従来のアナログアンプの常識を捨てて取り組む必要がありそうです。 また、アナログアンプが苦手としていた特性がD級アンプなら容易に達成できてしまうかもしれない… こんな期待ができることも、D級アンプの大きな魅力といえるでしょう。 スピーカだときちんと再生するのにある程度のスペースが必要ですし、 違う場所はもちろん、同じ部屋であっても毎回同じ音場を再現するのって不可能に近いし ちっちゃいスピーカではどうしても低音は出ないし、サラウンドなら個数が必要だし、 一般家庭では大きい音を鳴らすと周りに迷惑が…。 しかしヘッドホンならいつでもどこでも同じ状態が再現できるんですよ。 しかも誰にも迷惑がかからない。 それに人間の耳は2つしかないんだから、耳というセンサーの直近で音を発生させるわけですからこれはもう どう考えても理想なわけですよ。 っと、そんな薀蓄はどうでもいいので本題を。 なんでD級増幅でヘッドホンアンプを作ることになったかといいますと、 そもそもちゃんと鳴るヘッドホンアンプを作るってのはなかなか難しいんですよ。 そういえば昔、秋月でNJM2073を使ったヘッドホンアンプキットがありましたけど、全然ダメでした。 まあ、ちょっと鳴らすくらいならいいのかもしれないけど、ある程度ちゃんとしたヘッドホンを使うと、出力は足りないわ 音は歪むわ、挙句の果てには無信号時の残留ノイズがうるさいくらいに聞こえる。 ってな訳で、とりあえず音が出るだけ なのでハイファイ用途には使えませんでした。 あとはオペアンプ単体、もしくはそれにバッファを載せる方式もありますがこれらの方式だとこれはこれで電源電圧や 消費電流、出力インピーダンスや電流制限抵抗による無駄な電力消費とか、んまあ色々あるわけです。 そんなところ、ちょうど秋月電子から出力1Wと、これまたヘッドホンアンプに丁度いい1チップのキットが発売されたという。 そんなとこから始まったわけですよ。 シリコンオーディオやPCオーディオの普及で、ヘッドホンが活躍する機会がどんどん増えてきました。 近年のオーディオ事情は、大きなスピーカを揃えることより、高級なヘッドホンでじっくり聴くのが主流。 それでは、ガンガン使えるヘッドホンアンプを一台つくっちゃいましょう。 その理由の一つはD級アンプはFETスイッチングなので、ローインピーダンス、低電圧駆動を得意とします。 さて、ここでD級アンプキットの出力信号についてざっと解説していきます。 上記の波形は無信号時の各出力端子とGND間を計測した波形です。 無信号なのに対GND間、すなわちコモンモードで信号が出ています。 一般的なアナログアンプのBTL出力と、このD級アンプのBTLとは全く別物と考えてください。 シンプルなBTLアンプは二つの端子から単純に位相が逆の音声信号が出ているだけですが、 D級アンプの場合は大きなコモンモード成分を含みます。 ヘッドホンを駆動する場合、プラグの都合からGNDを共通にする必要があります。 波形をみてわかるとおり、250KHzのクロックがモロにヘッドホンに供給されてしまいます。 次に、信号を入力した時の波形です。 -出力は立上がり部分がブレているのが観測できます。 これがD級アンプで変調がかかった状態です。 信号レベルが大きくなるほど、波形のブレる幅が大きくなります。 すなわちこれがスピーカーへと供給される電力となります。 入力信号を大きくしていくと… パルスの変動幅が大きくなっていきます。 やらなければいけないのは 1. バランスアンバランス変換 先ほど解説したようにアンプのBTL出力をヘッドホンに対応させるためGNDが共通なアンバランス仕様に変更すること。 コモンモードノイズ対策 各出力端子からは対GNDで250KHzのクロックがモロに出力されている。 これをコードに接続したらアンテナになって 電波障害を起こす可能性が大。 この3つの問題を突破できるデバイスがこれ、トランス。 変成比をとってアンプの電力をフルにヘッドホンへ供給。 アンプと負荷が電気的に絶縁されるので GNDを共通にでき、同時にコモンモードノイズも低減できる。 これ最強。 リストの中から使えそうなものを探してヒットしたのが「ST-60」。 お値段は一個1000円ほど。 秋葉原のマルツ電波で即入手できました。 ようやくこれで、まずはD級アンプにヘッドホンを接続することが可能となった。 でー、音聴いてみたんだけど、なかなか良い感じなのよ。 イメージ通りのD級の音ではあるんだけれども いままで作ったり聴いたりしてきたヘッドホンアンプから出る音とはちょっと違う雰囲気を感じたよ。 でもね、よく聴くとダメなんだ。 ・雰囲気はいいけど全体的に歪み感がある。 これはコアのサイズが足りない。 サンスイのスペック上では出力は3Wまでとなっているけれども、 経験上、もうふたまわりは大きいコアを使わないとダメ。 ・周波数レンジ 歪みの感覚と伴ってだけど、低域および高域があまり伸びてない印象がある。 これもコアのサイズや 巻線の巻き方などによるものだと思われる。 まあ、そもそもこのトランスはどちらかというとラジオとかそういったもの向けで、ハイファイ用途のものでは ないために、ここまで求めるのは違うと思う。 とりあえずトランスを使った場合の雰囲気が確認できただけで 十分な意味があったであろう。 またこの音質も逆にとらえると、このくらいのレンジの狭さや歪み具合が聴きやすい、と感じる場合もあるか もしれないと思った。 今回のD級ヘッドホンアンプ企画のために、専用のトランスを設計、製作してもらうことにしました!! トランスの製作をお願いしたのは、染谷電子さん。 音声トランスの設計製作をやっているメーカーで、1個単位から 設計をやってくれるので、既製品でラインナップが無かったり、性能的に満足できない場合にお世話になっています。 管球アンプのトランスなんかもやっているとか。 さっそく、必要なスペック、変成比や電圧レベルや周波数帯域、コアのサイズなどを伝えて設計をしてもらいます。 で、 出来上がったものがこちら。 左側が製作してもらったもので、右側がサンスイのST-60 低域での特性が出るようにコアサイズを大きくしてもらいました。 添付されていたスペック表はこちら(クリックして拡大) 周波数特性については、20Hz-20KHzはなるべくフラット、それ以上はなるべく 伝送しないようになるのがベターということで考慮していただいた結果、こんな 値となりました。 キャリア周波数250KHzで6dB落ちてますので概ね良好でしょう。 大体の目安ということで。 先ほどのサンスイトランスで気になった粗の部分が全て無くなった感じです。 しかも締まりのある低音やスッキリとした音像など、D級アンプらしい能力が 発揮されているのが感じられます。 そしてガンガン音量を上げても音が歪むようなことはありません。 マッチングがとれているため、これで1Wの出力を得ることも可能です。 …でも、これでめでたしにならなかったんですよ。 何故なら出力段が優秀になったおかげで今度はアンプ部の粗が目立ってしましました。 それは残留ノイズです。 無信号時にアンプから出力されてしまうヒスノイズ。 これがヘッドホン から「サー」と聴こえてくるのが気になります。 まあ、別にアンプのチップの出来が悪いという訳 では無く、普通にスピーカを鳴らした場合ならまず問題になりませんし、ヘッドホンアンプでも このくらいの残留ノイズのあるものも存在するので(かつての秋月のヘッドホンアンプキットとか!) このままでも良いといえば良いのですが、ちょっと設計を変更したトランスをさらに作ってもらうこと にしました。 このような設計にした理由は、アンプから最大電力を絞りとらず、アンプの最大出力時にヘッドホン がうるさい位に鳴れば実用的に十分だろうという理由からです。 残留ノイズの少ない優秀なD級アンプICが見つかったら、最初の設計のトランスを再度試してみる予定です。 また、D級アンプでなくとも、普通のオーディオアンプのスピーカ端子にトランスをつけてヘッドホン駆動 してみるといい結果が得られそうな感じです。 まあ、このあたりはそもそも1次側もマッチングが取れている訳ではないので測定結果と 試聴した印象で決めてしまって構わないと考えます。 ちなみにトランス出力はもちろんLRそれぞれフローティングしたバランス出力ですので、 ヘッドホン端子の配線だけ変更すればバランスヘッドホンの駆動にも最適なんじゃないかと 思います。 ヘッドホンを接続した状態で出力の波形を観測してみると、とても音声波形とは思えない ものが観測できて驚きです。 これはノーマルモードで乗ってくる成分ですので、トランスだけでは 十分な値まで除去しきれません。 (データ上ではトランスで6dB、すなわち半分まで低減されることになっています) 1KHzサイン波入力時の出力波形。 正直、何も設計を考えずに入れてみただけなんですが、 周波数特性を測定すると、ちょうど20KHzを超えたあたりから減衰しはじめるので 適当ですが目的は達成できたのでこれで良しとしておきます。 なお、ヘッドホンを外した出力開放時に測定した結果でも周波数特性に大差はありません でしたので、フィルタの特性が負荷によって大きく影響されるようなことはなさそうです。 処置後の波形は 1KHzサイン波入力時の出力波形。 音声信号入力時 無事、よく見慣れた波形が観測できました。 これで特殊な部品を使用せずにバランス信号の音量調節が可能です。 なお、ゲイン設定によりICの入力インピーダンスが変わるせいか音質の変化があるようです。 この点を考えると、D級アンプで唯一の純アナログ回路な入力部分は研究の余地がありそうです。 これを入れないとインピーダンスが 高くなり、ノイズの誘導を受けやすくなります。 ちょっと無理して詰め込み過ぎました。 すみません。 見た目だけでなくノイズ等の観点からも、もう少し余裕をもって製作することをお勧めします。 相互変調 キットではICの仕様上、LRで別々のクロックが使用されており、同期させることができない。 ・残留ノイズ ノイズ発生の原因を特定したい。 ICのスペック通りのSN比が得られていないように思える。 発振段のパーツや回路パターンの変更で改善できないか調査したい。 ・ボリュームの改良 ICの音声入力段での音質変化が気になる場合がある。 ICのゲイン設定によっても音質が 違う印象を受ける。 なるべくインピーダンスを低く抑えないとノイズを拾いやすい。 これと同じものであれば新たな設計費用がかからないので、比較的安価にできるかと思われます。 興味のある方はぜひ作ってみてください。 そして感想を。

次の

【2020最新】SONY(ソニー)のおすすめヘッドホン11選|ハイレゾ&Bluetoothモデル集

ヘッドホン d

By: サラウンドヘッドホンは主に大きく分けて2つの用途で使われます。 ひとつは映画鑑賞用途。 テレビ放送・DVD・ブルーレイディスクなど映画素材で採用されている「ドルビーデジタル」などのサラウンド規格に対応したモノが映画鑑賞用におすすめです。 サラウンド規格に対応するためには、光デジタル入力あるいはHDMI入力を備えていることが必須。 接続方式に関してはそのほとんどが無線タイプとなっています。 もうひとつはPCやPS4などのゲーム用途です。 FPSやRPGなど、サウンドの立体感や臨場感が重要になるゲームのプレイ用として急激に広まっています。 ゲーム用のサラウンドヘッドホンは、プレイに必要なボイスチャット用のマイクを備えている「ヘッドセット」タイプのモノがほとんどです。 チャンネル数で選ぶ By: 「バーチャルサラウンド」は、より多くの音が聴こえているように感じるかどうかをグレード分けしています。 そのグレードを示すものが「チャンネル ch 数」。 チャンネル数が多ければ多いほど立体感に富んだ音であるといえます。 現在ラインナップされているサラウンドヘッドホンでは5. 1ch・7. 1ch・9. 1chなどがありますが、7. 1chが主流です。 ヘッドホンかヘッドセットかで選ぶ By: 音を聴くヘッドホン機能に加えて、ボイスチャット用のマイクも備えているのがヘッドセットです。 ボイスチャットが必須なFPSゲームのプレイ時に使用したい場合は、ヘッドセットタイプを選ぶようにしましょう。 映画鑑賞用であればヘッドホンタイプとヘッドセットタイプのどちらも使えますが、マイク付きでは視聴時に邪魔な場合もあります。 ゲーム用と映画鑑賞用を1台で使いまわしたい場合はマイクが着脱できるモデルをチョイスしてみてください。 有線タイプと無線タイプってどっちがよい? 有線タイプの特徴 By: 有線タイプのサラウンドヘッドホンは、そのほとんどがゲームプレイを意識したヘッドセットタイプ。 そのため、ゲーム用のサラウンドヘッドホンを探している方におすすめです。 有線タイプのモデルはUSB入力の製品がほとんどですが、専用のアプリなどを介してサラウンドが楽しめる3. 5mmのステレオミニ入力のモノもあります。 用途や環境に応じて選んでみてください。 無線タイプの特徴 By: 無線タイプはケーブルの煩わしさを解消したい方におすすめ。 このタイプにはマイク付きのヘッドセットタイプとマイクが付いていないヘッドホンタイプがあり、ヘッドセットタイプは主にゲーム向けです。 FPSやRPGなどのゲームで立体感を意識したサラウンド設計がされています。 一方、純粋なヘッドホンタイプはどちらかというと映画鑑賞向けです。 トランスミッター部に光デジタルやHDMI入力を備えており、各種サラウンド規格のデコードに対応しています。 サラウンドヘッドホンおすすめモデル|有線タイプ ロジクール Logicool G ゲーミングヘッドセット G430 USB接続と3. 5mm4極接続に対応したサラウンドヘッドホン。 さまざまなプラットフォームに対応するヘッドセットです。 ゲーミングマイクとして高い評価を得ている独自の双指向性ノイズキャンセリングマイクを搭載。 スタジオ品質のクリアなボイスチャットを実現します。 さらに、 ボイスチャットとゲームの音量バランスを直感的に調節できる「USBチャットミックスダイヤル」も備えているなど、ボイスチャットの使い勝手を重視したい方におすすめです。 高級モデルに使用される高音質ドライバーの採用と相まって、バランスに優れたサウンドを楽しめます。

次の