ウィンストン キャスター。 ウィンストン キャスター ホワイトを実際に使って検証レビュー!口コミや評判は本当?

キャスターホワイトワン・100sの味や香りについて

ウィンストン キャスター

タバコのウィンストンにはどんな種類がある? キャスター、キャビンはウィンストン? ウィンストンの種類別の特徴は? タバコのウィンストンについて、こちらの記事をご覧いただきありがとうございます。 コンビニのオーナーとしてお店を経営しております、サイト管理人の木須と申します。 この記事では、ウィンストンについて ・ウィンストンの種類は26種類と幅広く展開 ・ウィンストンキャスターホワイトシリーズ ・ウィンストンキャビンレッドシリーズ ・ウィンストンフィルター ・ウィンストンコンパクトシリーズ ・ウィンストンミニシリーズ ・ウィンストンメンソール 以上の内容でご紹介しています。 種類が多くなっているウィンストンの全体像が分かりやすいように 大きく5つに分けて、シリーズ別に全銘柄の特徴や価格などを紹介していきます。 多岐にわたるウィンストンブランドの把握にも役立ちますので コンビニバイトを始めてタバコを覚えるのに苦労しているという方も是非ご覧ください! ウィンストンの種類は26種類と幅広く展開 主流銘柄ではなかったウィンストン ウィンストンというタバコは、世界中で広く販売されている銘柄ですが 日本での立ち位置としては、 主流の銘柄ではありませんでした。 ちなみに日本でウィンストンは、1957年から販売されています。 キャスター・キャビンもウィンストン やはり日本たばこでは、 メビウス・セブンスターが最も人気のある銘柄ですが それに次ぐくらいの人気で 【キャスター】【キャビン】というタバコがあります。 この主流銘柄と言える二つのタバコが、 2015年にウィンストンブランドに統合されました。 現在は、それぞれ ウィンストンキャスターホワイト ウィンストンキャビンレッド というシリーズ名で販売されています。 これ以降、ウィンストンは主流なタバコ銘柄となっています。 キャスター・キャビンというそれぞれ個性のあるシリーズを統合していることもあり 幅広い種類を展開しているのがウィンストンの特徴です。 ウィンストンは5つのシリーズに分けられる 現在販売されているウィンストンは、大きく分けると 5つのシリーズに分けられます。 それと1アイテム、 ウィンストンフィルターという元来のウィンストンを含めて 全26種類が現在のウィンストンシリーズです。 では、それぞれのシリーズを見ていきます。 ウィンストンキャスターホワイトシリーズ ウィンストンの中で一番売れているキャスター キャスターという元々人気があった銘柄なだけあり ウィンストンの中でも一番売れているのが ウィンストンキャスターホワイトシリーズです。 ウィンストンキャスターホワイトの特徴 価格 450円(税込) 入数 20本入 キャスターは スイート系と位置付けられていて バニラの甘い香りがその最大の特徴です。 タールは 5mg、3mg、1mgの3種類。 5mg、3mgは ボックスと ソフトパッケージの2種類。 1mgは ショート か ロングかの2種類から選ぶことができます。 キャスターについては、更に詳しい紹介ページも用意しています。 ウィンストンの中でもキャスターについて、より詳しく知りたい方は も是非ご覧ください。 ウィンストンキャスターホワイト銘柄一覧• ウィンストンキャスターホワイト5• ウィンストンキャスターホワイト5ボックス• ウィンストンキャスターホワイト3• ウィンストンキャスターホワイト3ボックス• ウィンストンキャスターホワイト1ボックス• ウィンストンキャスターホワイト1ロング ウィンストンキャビンレッドシリーズ キャスターと人気を二分するキャビン キャビンは、キャスターと同じく、 元々人気のある独立した銘柄でした。 キャスターよりも古くから販売されていて ビター系というキャスターとは異なる個性で支持を集めてきました。 ウィンストンキャビンレッドの特徴 価格 450円(税込) 入数 20本入 スイート系のキャスターに対して、 ビター系とされるキャビンは 香ばしさ、苦みという喫味が特徴です。 タールは 8mg、5mg、2mg、1mgの4種類。 この中で、 2mgというタールはタバコ全体の中でも珍しいですね。 8mgには ショートと ロングの2種類があります。 また、1mgは ロングのみの展開です。 ウィンストンキャビンレッド銘柄一覧• ウィンストンキャビンレッド8• ウィンストンキャビンレッド8ロング• ウィンストンキャビンレッド5• ウィンストンキャビンレッド2• ウィンストンキャビンレッド1ロング ウィンストンフィルター 元来のウィンストン 上記で触れていますが、 ウィンストンブランドは近年 他のブランドを統合したり 新商品を発売したりして 展開を広げています。 この中で、この ウィンストンフィルターが 所謂普通の 【ウィンストン】として通ってきたタバコです。 ウィンストンフィルターの特徴 価格 450円(税込) 入数 20本入 それほど人気の高いアイテムではありませんが、古くからある銘柄で コアなファンが多い印象のタバコです。 メープル系の香りが特徴で、タールは 12mgと高めです。 ただ、人気があまりないということで コンビニでは置いてない店が多いのが現状です。 ウィンストンフィルターが置かれていないコンビニでも、発注することはできます。 つまり、 各店舗の判断で品揃えしてないというだけです。 コンビニで置いてない銘柄は 交渉して置いてもらうことも可能です。 その方法について、詳しくはでご紹介しています。 ウィンストンフィルターを いつものコンビニで買いたいという方は是非ご覧ください。 ウィンストンコンパクトシリーズ 19本入で箱単価を抑えたウィンストンコンパクト ウィンストンコンパクトは その名の通りレギュラーのタバコと比べて 少し小さめのタバコです。 入数は 19本入と1本少なくなっていて その分 価格を410円(税込)に抑えてあります。 19本入のタバコで比較 一箱当たりの値段を抑えるため、19本入というタバコが発売されてきました。 そのようなタバコとして ウィンストンコンパクト以外では ラークスマートプラスシリーズがあります。 ウィンストンコンパクト 410円 ラークスマートプラス 390円 価格比較すると ラークの方が20円安いですね。 ウィンストンコンパクトの特徴 価格 410円(税込) 入数 19本 スイート系キャスター、ビター系キャビンに対して ウィンストンコンパクトは ストレート系とされています。 雑味のないストレートなタバコが特徴です。 メンソールの方は、パープルの印象の通りの ベリー系フレーバーとなっています。 パープルは 5mg、1mgの2種類です。 ウィンストンコンパクトメンソールパープル5• ウィンストンコンパクトメンソールパープル1 ウィンストンミニシリーズ 長さが短い手のひらサイズのウィンストンミニ ウィンストンミニシリーズは、コンパクトよりも更に 小さいサイズのタバコです。 入数は 20本入ですが、 長さが短いタイプで 価格は コンパクトよりも更に10円安い 400円(税込)です。 ウィンストンミニの特徴 価格 400円(税込) 入数 20本 ウィンストンミニはシリーズ内に ビター・ストレート・スイート 3種類を揃えてあることも特徴です。 タールは ビターレッドが 12mg。 スイートホワイトが 1mg。 ビターレッド、スイートホワイト共に ビター系のキャビン、スイート系のキャスターとは若干印象が違う喫味のようです。 ウィンストンミニ銘柄一覧• ウィンストンミニビターレッド12• ウィンストンミニスイートホワイト1 ウィンストンメンソール ウィンストンのメンソールは2種類のシリーズ ウィンストンの メンソールには イナズマメンソールと スパークリングメンソールの 2種類があります。 ウィンストンコンパクトのメンソールパープルもメンソールですが このページではコンパクトシリーズとして紹介し レギュラーサイズのメンソールは イナズマと スパークリングの2種類 という分け方をしています。 タールはどちらも 8mg、5mg、1mgで 1mgのみロング という展開で、これは多くのメンソールタバコのラインナップと同じです。 ウィンストンイナズマメンソールの特徴 価格 450円(税込) 入数 20本 イナズマメンソールの特徴は 超 強メンソールと銘打たれた メンソールの刺激の強さにあります。 メンソールの強さをストレートに表現したのが イナズマというネーミングだそうです。 ウィンストンスパークリングメンソールの特徴 価格 450円(税込) 入数 20本 メロンのフレーバーのメンソールというのが特徴です。 ベリー系フレーバーが多い中で、 メロンというのは他にないですね。 また、 スパークリングの名の通り、 炭酸飲料的なシュワッと感があり フレーバーと相まって、 メロンソーダのような喫味になっています。 ウィンストンイナズマメンソール銘柄一覧• ウィンストンイナズマメンソール8• ウィンストンイナズマメンソール5• ウィンストンイナズマメンソール1ロング ウィンストンスパークリングメンソール銘柄一覧• ウィンストンスパークリングメンソール8• ウィンストンスパークリングメンソール5• ウィンストンスパークリングメンソール1ロング 以上、 ウィンストン全26銘柄をご紹介してきました。 コンビニのタバコについては、以下のコンテンツもご紹介しています。 当サイトでは、コンビニのATMについても以下のコンテンツもご紹介しています。 当サイトでは、コンビニの新商品についても以下のコンテンツもご紹介しています。 当サイトでは、コンビニの切手についても以下のコンテンツをご紹介しています。 少しでも興味のある内容があれば、是非ご覧ください!.

次の

ウィンストン キャスター ホワイトを実際に使って検証レビュー!口コミや評判は本当?

ウィンストン キャスター

キャスター( CASTER)は、から発売されているの銘柄の一つである。 JTの主力製品の五本の指に入る。 最初の発売は旧時代ので、現行の専売公社時代から発売されているブランドの中では最も新しい(専売公社時代最後の新ブランド のは1984年10月発売 -2003年まで販売 の)。 当時のCMはが出演。 「オレ、この味好きだよ」の台詞が入る。 なお、キャスターの名称はから取られた。 、ゴールドシルクを除く全品種がブランドに移行し(同時にワン・ボックスのキングサイズは廃止)、一般販売品においてキャスター単独のブランドとして販売されるのはゴールドシルクのみとなっていたが、国内では2016年11月に廃止。 海外では2019年12月現在、や免税店などで売られている。 特徴 [ ] 産最高級を使用している(フロンティアはチョコレート香料を使用)。 後に姉妹品として、マイルド、スーパーマイルド、ワンなどが発売された。 2003年にキャスター・スーパーマイルドが広島県限定で Casterの頭文字Cを強調したデザインで発売された。 その後の夏季に既存のキャスター5銘柄(同時にスーパーマイルドも一部デザインを変更してアンダーに黄色のラインが加わり2004年9月より全国発売)のパッケージの一新がなされたが、マイルドとスーパーマイルドのボックスパッケージは一新されず旧来のものを使用していた。 中旬頃に、「 よりキャスターらしい味わいに」をキャッチフレーズに、味、香りを従来よりもさらにふくよかに、バニラを生かした味わいとなる。 2007年12月には、全銘柄統一の新パッケージに変更され、旧来のロゴとエンブレムが全銘柄で復活している。 2010年4月上旬より、香料バランスを改善し、を導入している。 キャスター・マイルドが最も人気があり 、「キャスマイ」と略されることもある。 2010年の価格改定により、これまで価格に差のあったソフトパックとボックスパックの値段が統一された(2010年10月末まではボックスが10円割高)。 の影響で、キャスター、キャスター・ワン、キャスター・メンソール・ボックスの販売終了が発表された (オリジナルは免税店限定でボックスパッケージの「キャスター・クラシック・ボックス」にリニューアルした上で販売継続している)。 2012年8月上旬頃よりデザインが変更され、左上にデザインされたエンブレムが大きくなるとともに、ゆったりとした大人のひとときをイメージさせる音楽をモチーフとした新たな愛称を設定している。 また、「・ライト・ボックス」をキャスターブランドに統合し、「キャスター・フロンティア・ワン・ボックス」にリニューアルした(こちらのみ、D-specは未導入であり、フィルターも一般的なチャコールフィルター(他製品はシート状のチャコールフィルターを束ねたデュアルチャコールフィルター)となっている)。 なおウィンストンブランドへの移行時に「エフアール・ワン」と改名している。 台湾においては、2019年12月現在でもキャスターブランドのまま販売されている。 2016年に日本における最終デザインでに変更され、2018年にに変更され、2019年より台湾独自の新商品として、スリムサイズ・紅茶フレーバーボール内蔵・22本入りで他のキャスターと同価格の「キャスター・テンポ」が発売されている。 また、海外においても他のブランドに統合されている事例があり、では「ウィンストン・キャスター・ブレンド」として販売されているほか、では「・キャスター」、では「・キャスター」として販売され、ミャンマーではとが併売されている。 製品一覧 [ ] 現行販売製品 [ ] Winstonブランドに移行したため、国内ではキャスターとしてはなし。 今後の販売予定もなし。 海外では一部の国の免税店などで販売継続。 ブランド名変更製品 [ ] 製品名 発売年月日 価格 本数 タール ニコチン 販売地域 備考 キャスター・ベヴェル 1990年9月1日 250円 20本 8mg 0. 7mg 全国 1995年9月以降、ブランドのベヴェル・ライトに移行して販売。 キャスター・クラシック・ボックス 2012年8月頃 2600円 (10パック) 200本 7mg 0. 6mg 免税店限定 かつては「キャスター・ボックス」として一般向けにも販売していた 2016年春頃に「ウィンストン・XS・キャスター・7・ボックス」へ変更 キャスター・マイルド 1988年10月1日 420円 20本 5mg 0. 4mg 全国 愛称:SYMPHONIC 「ウィンストン・XS・キャスター・5」へ変更 キャスター・マイルド・ボックス 1992年10月1日 420円 20本 5mg 0. 4mg 全国 愛称:SYMPHONIC 「ウィンストン・XS・キャスター・5・ボックス」へ変更 キャスター・スーパーマイルド 2003年9月1日 420円 20本 3mg 0. 3mg 全国 愛称:HARMONIC 「ウィンストン・XS・キャスター・3」へ変更 キャスター・スーパーマイルド・ボックス 1995年12月1日 420円 20本 3mg 0. 3mg 全国 愛称:HARMONIC 「ウィンストン・XS・キャスター・3・ボックス」へ変更 キャスター・ワン・100's・ボックス 1996年12月2日 420円 20本 1mg 0. 1mg 全国 愛称:MELODIC 「ウィンストン・XS・キャスター・ワン・100's・ボックス」へ変更 キャスター・フロンティア・ワン・ボックス 1993年2月1日 420円 20本 1mg 0. 1mg 全国 2012年8月に、ブランドのフロンティア・ライト・ボックスから移行。 発売年月日はフロンティアからの通算。 「ウィンストン・XS・キャスター・エフアール・ワン・ボックス」へ変更 販売終了製品 [ ] 製品名 発売年月日 廃止年月 価格 本数 タール ニコチン 販売地域 備考 キャスター 1982年7月1日 2011年5月 (免税店では2012年7月頃) 410円 20本 7mg 0. 6mg 全国 キャスター・ボックス 1995年1月5日 2003年10月 280円 20本 8mg 0. 7mg 全国 免税店では「キャスター・クラシック・ボックス」として販売再開 キャスター・スペシャル 1984年4月1日 1992年7月 240円 20本 8mg 0. 8mg 全国 当時ロングサイズだったキャスターのキングサイズ版として発売(ブレンドは若干異なる)。 後のキングサイズ化に伴い廃止。 キャスター・スペシャル・ボックス 1988年1月1日 1994年10月 240円 20本 8mg 0. 7mg 全国 当時ロングサイズだったキャスターのキングサイズ版として発売(ブレンドは若干異なる)。 後のキングサイズ化に伴い廃止。 キャスター・マイルド・ピュア・ボックス 1997年10月1日 2002年6月 270円 20本 6mg 0. 5mg 全国 D-spec化以前の煙の少ない商品 キャスター・ワン 2000年12月1日 2011年5月 410円 20本 1mg 0. 1mg 全国 ソフトパック キャスター・メンソール・ボックス 2004年7月1日 2011年5月 410円 20本 3mg 0. 3mg 全国 当初は「キャスター・クールバニラ・メンソール・ボックス」 キャスター・ベヴェル・メンソール 1992年6月2日 1995年9月 250円 20本 8mg 0. 7mg 全国 1995年9月以降、ブランドのベヴェル・ライト・メンソールに移行して販売(~2003年6月まで)。 キャスター・ワン・ボックス 1999年1月11日 2015年8月 420円 20本 1mg 0. 1mg 全国 愛称:MELODIC キャスター・ゴールドシルク・6・ボックス 2014年12月上旬 2016年11月 440円 20本 6mg 0. 6mg 全国 極細刻み製法でまろやかさを際立たせたプレミアム商品 台湾で販売されている商品(2019年12月現在) [ ] 製品名 価格 本数 タール ニコチン 備考 キャスター・クラシック・ボックス 140元 20本 7mg 0. 6mg 2012年のデザイン変更までソフトパックで販売 キャスター・シンフォニック・ボックス 140元 20本 5mg 0. 1mg ワンに相当 キャスター・テンポ・ボックス 140元 22本 4mg 0. 3mg スリムサイズ・紅茶フレーバーボール内蔵 脚注 [ ].

次の

ウィンストン (たばこ)

ウィンストン キャスター

小泉光臣・日本たばこ産業(JT)社長。 その理由は、JTグループの海外事業戦略にある。 同グループは1999年のRJRインターナショナルや、2007年のギャラハーをはじめとした数々のM&Aにより、ウィンストンや「キャメル」「LD」などといったグローバルでメジャーなブランドを手に入れた。 それより、同グループは「15年間にわたり年平均2桁という業界最速の利益成長を継続することができた」(小泉光臣・JT社長)という。 この成長を支えたのが、欧州やロシア周辺地域でのビジネスの成功である。 これらの地域で一定のシェアを獲得できたことがJTグループの成長を牽引した。 だが、いつまでも成長が続くわけではない。 一定のシェアを獲得したということは、欧州やロシア周辺地域でのビジネスが一服したとも考えられる。 そこでJTグループが次のターゲットに定めたのが、同社のシェアが低いアジア地域である。 実際、2014年にはカンボジアやインドネシア、マレーシアをはじめとするアジア15地域に、グローバルナンバー2ブランドのウィンストンを投入し、それらの地域でのJT製品の販売数量を対前年比12%増加させることに成功している。 もともとウィンストンは西洋人向けに作られた製品であり、アジア人の嗜好にマッチしているとは言いがたい。 日本国内でのウィンストンの人気がそれほど高くないことを考えれば、それもうなずける。 そこでJTは奇襲攻撃に出た。 日本市場で人気ブランドであるキャビンとキャスターをウィンストンに統合するというのだ。

次の