ソイ プロテイン ホエイ プロテイン。 ソイプロテインかホエイプロテインか。併用はやめておいた方がいい!

ソイプロテイン・ランキング!(マイプロテイン)

ソイ プロテイン ホエイ プロテイン

ソイプロテインかホエイプロテインか。 併用はやめておいた方がいい! こんにちは。 今回は「ホエイプロテインとソイプロテインはどっちがいいの?」という声にお応えすべく、それぞれの 「 目的別のおすすめ」 について書きました。 簡単に解説すると、 筋肉を大きくしたいならホエイプロテイン、身体を細くしたいならソイプロテインを摂取するのが理想です。 過剰摂取になって身体を壊してしまう可能性があります・・・。 それでは詳しく見ていきましょう。 ホエイプロテインとは あなたも良く知っている世間一般のプロテインはこの ホエイプロテインのことを指します。 私もこのホエイプロテインを摂取しています。 こちらは 原料が牛乳でできていて、 動物性のたんぱく質を成分としていることと、アミノ酸が含まれていることが特徴です。 なので、 ホエイプロテインは筋肉を大きく成長させたい人に向いています。 また、身体が吸収しやすい製品になっているので、筋トレ後素早く摂取することで効率良くエネルギー補給をすることが可能です。 ホエイプロテインを多く含む食事は? ホエイプロテインのような 動物性のたんぱく質を多く含む食材はその名の通り「動物」から摂取することが出来ます。 鶏肉や豚、牛肉• 鮭やマグロ• チーズなどの乳製品 が代表的な食品となります。 なによりも吸収が早く、筋肉を作るアミノ酸等の成分もしっかり入っていますからね。 私は、少しでも早く体内でエネルギーに変える為に、仕上げの種目を始める前から少しずつ飲み始めます。 ソイプロテインとは ホエイプロテインは原料が牛乳なのに対して、ソイプロテインは 原料が大豆、すなわち 動物性のたんぱく質と違って 植物性のたんぱく質となります。 なので、食物繊維が多く含まれています。 生理不順などのホルモントラブルを解消すると言われています ソイプロテインの代用食材は? 動物性とは打って変わってこちらは植物性です。 代表的なものは・・・• 納豆などの大豆製品• アーモンド• ほうれん草、ブロッコリーなどの野菜 実は野菜にもたんぱく質が含まれています。 ブロッコリーはトレーニングされている方の間で一番人気の野菜ですね。 先ほど書いた通りに吸収が遅いので、腹持ちが良いです。 朝ごはんの代用として摂取したり、間食として摂取するのもいいでしょう。 逆に筋肉を大きくしたい方に対して、ホエイプロテインよりも効果が少ないでしょう。 もちろん、たんぱく質を摂取していることに変わりはないのですが、トレーニング後にすぐエネルギーとして回復に役立てないこと・アミノ酸の含有率が少ないことなどからおススメできません。 いつ摂取すればいいの? 大事なのはタイミング。 何事もそうですね! 薬同様、これらにも効果が高まるタイミングがあります。 ホエイプロテインのタイミング 特徴を思い出してみて下さい。 吸収が早いことでしたね。 なので必ず トレーニング直後に飲んでください。 私のようにトレーニングの終わる少し前、筋肉に傷をつけ始めてから少しずつ摂取する方法もありだと思いますよ。 ソイプロテイン 間食として15時頃に摂取するのがいいでしょう。 15時頃に摂取することで一度下がっていた血糖値を上げます。 そうすることによって、 夕飯を食べたときに急に血糖値が上がらず、夕飯によって太るという事態を避けられます。 これには、腹持ちがいいことも関係していますね。 中には朝食の代わりとして摂取している方もいらっしゃいます。 ホエイとソイの併用はやめておいた方がいい じゃぁ筋トレ後はホエイプロテイン、間食でソイプロテインを摂取すればよくない? もちろん理論上はそれが理想なのですが、我々人間にはいくら言い栄養をたくさん摂取できても、それを処理するの能力に限界があるので、併用は避けるべきでしょう。 ホエイは筋肉大きくしたい方向け• ソイは痩せたい方向け• どちらも摂取するタイミングが大事 今回上げた2つの物はそれぞれ原料が違います。 なので、ホエイプロテインだと大丈夫なんだけど、ソイプロテインだとお腹を壊すという方もいらっしゃいます。 (逆もしかり) それぞれ試してみて、ご自身の身体に合う方を飲むようにしましょう。 ソイプロテインを飲んでいて、筋肉痛がなかなか取れないと悩んでいた方がホエイプロテインに変えたところ、 筋肉痛の期間が短くなったとの報告も受けています。 ホエイプロテインを飲んでいる方が、食事の量を抑えることが出来ずに体重が増えていくという悩みをお持ちの時に、ソイプロテインをおススメすると、腹持ちが良くなったので食事を抑えることが出来た!という声も。 いずれの方も実際に試してみてわかったことです。 それぞれの特徴をしっかりとつかみ、あなたにとって最高のものを摂取してください。 以上「ソイプロテインかホエイプロテインか。 併用はやめておいた方がいい! 」でした。 最後までありがとうございました。

次の

【徹底比較】ピープロテインとソイプロテインの違いは?│FitPiper

ソイ プロテイン ホエイ プロテイン

ここ数年のアスリートの進化の立役者ともいえるスポーツサプリメントの筆頭、プロテイン。 プロテインと言ってもその種類は様々で、それぞれ異なる特徴を持っている。 ここでは日本のサプリメント市場でよく見かけるプロテインについて、それぞれの特徴を解説する。 日本でプロテインと言えば、大抵はホエイプロテインの事を指すと言っても過言ではない。 このホエイプロテインだが、牛乳から所謂プロテイン パウダー にする製造方法の違いにより、大きく2つの種類に分けることが出来る。 WPC(Whey Protein Concentrate) 最も市場に多く出回っているホエイプロテインはWPC(Whey Protein Concentrate)だろう。 日本語にすると「濃縮ホエイタンパク」となる。 まず牛乳を「カゼイン」と「カード」に分離させる。 詳しくは後述するが、カゼインは牛乳に含まれるタンパク質の一種であり、消化吸収がゆっくりであるという特徴がある。 一方カードとは、凝乳すなわちヨーグルトのことを指す。 カードを酵素処理して水を抜いていくとチーズができるのだが、その抜かれた水にホエイが含まれている。 ヨーグルトのふたを開けると、ヨーグルトの上に上澄み液を見た人も多いだろう。 それこそがホエイである。 この上澄み液から水分を抜き、精製したものがWPCとなる。 WPI(Whey Protein Isolate) WPCには乳糖や乳脂、灰分などが含まれるが、それらを取り除いてタンパク含有量をさらに高めたものがWPI(Whey Protein Isolate)である。 日本語にすると「分離ホエイタンパク」。 WPIのタンパク含有量は100gあたり90g以上にまで高まる。 また精製度が高い分、WPCよりも消化吸収速度は早くなる。 フィルター膜処理の方はタンパク質を低温で処理できるとメリットがあり、熱による変性の心配が少ない。 一方、余計なものを除去して純粋なタンパク質だけを取り出すという点では、イオン交換樹脂処理の方が優れている。 その為、タンパク含有率の高さを求める場合には、イオン交換樹脂処理が勝っているといえる。 ホエイプロテインについて更に詳しく知りたい方は、下記リンクを参照して頂きたい。 ホエイプロテインとは反対に吸収が遅く、またBCAAの含有量もホエイと比較すると若干少ないことが知られている。 しかし、カゼインの特徴であるこの吸収の遅さはアスリートにとってはある種メリットももたらす。 吸収が遅いことでカゼインは長時間にわたりアミノ酸を供給することができるため、長時間観察するとホエイよりも筋タンパク質合成効果が高いことが報告されている 1。 そのため、就寝前にカゼインプロテインの摂取が推奨されることがある。 ・ソイプロテイン ソイプロテインとはその名の通り大豆たんぱく質の事であり、先に挙げたホエイやカゼインとは異なり植物性のたんぱく質である。 ソイプロテインの特徴としては、グルタミンやアルギニンといったアミノ酸が豊富に含まれていること、さらには脂質の含有率が低いことが挙げられる。 また、日本人はカゼインやホエイプロテインに含まれる乳糖を上手く消化吸収できない乳糖不耐症が多いが、ソイプロテインは乳糖を含まない為に乳由来のプロテインが苦手な人でも使用できるというメリットがある。 このように、一口にプロテインと言っても種類は様々である。 今回紹介したプロテイン以外にも、最近ではピー エンドウ豆 、卵白もしくは全卵、ビーフ、ライス 発芽玄米 、さらにはコオロギプロテインなども市場に出回り始めている。 それぞれの用途に合わせ、自分の身体に合った最適なプロテインを選んでいただきたい。 体たんぱく質の構成要素として働く一方で、筋タンパク質合成を刺激する因子としての働きも持つ。

次の

3

ソイ プロテイン ホエイ プロテイン

Contents• ホエイプロテインとソイプロテインの違いと効果 では、ホエイプロテインとソイプロテインの違いについて詳しく説明していきます😊 ホエイプロテインの特徴と効果 まずはホエイプロテインから! ホエイプロテインは、 牛乳を原料としています🥛 ホエイとは、ヨーグルトを食べたときにできる上澄みの液体を想像してもらえればわかりやすいと思います。 筋肉修復効果もあるので、筋肉痛の程度を抑えたりするのにも効果が期待できます💓 プロテインは摂取するタイミングもとっても大切です。 ホエイプロテインは飲んでから1時間くらいで消化&吸収されるので、トレーニングの終わり頃〜終わってからのタイミングで飲むと筋肉増強にも役立ちます。 大豆イソフラボンや大豆サポニンという栄養成分を含み、肌や髪への美容効果も期待できます💓 また、抗酸化作用も含まれているという話もあります💡 ソイプロテインは、吸収の早いホエイプロテインと違って、体内で消化に時間がかかります。 時間をかけてたんぱく質を吸収&消化するので、腹持ちもよく、このことからダイエットに向いているとも言われます。 摂取するタイミングは、ガッと吸収されるホエイプロテインと対照的にゆっくり吸収されるので、例えば寝る前など、 長時間たんぱく質を取れない時に飲むのがおすすめです。 味は水に溶けにくく粉っぽいので飲みにくいと感じる方が多いですが、価格が安く手に入れやすくなっています💰 美容効果を得たい人、腹持ちの良さを求める人、費用を抑えたい人におすすめのプロテインです😊 ダイエットにおすすめなのはソイプロテイン?? では本題の ダイエットにはどっちがいいの? ってことなのですが、一般的にはソイプロテインと言われることが多いようです。 美容効果がある、腹持ちがいいなどの理由から、ソイプロテインを飲む女性は実際多いです。 しかし、ホエイプロテインでも筋肉をつけることによって代謝が高まり、結果ダイエット効果に繋がることも十分考えられるので、一概にどちらとは言えないんじゃないかな?と個人的に思っています💡 筋肉痛・疲労回復が早くなることからも、トレーニングへの苦手意識が少なくなるなど、 また別の面からダイエットに効果があると考えられます。 一番良いのは、どちらも飲んで試してみることです。 まず最初は一つ選んで飲み続けてみて、効果を実感できたり合っていると感じたらそのままでいいですし、なんか違うなと思ったらもう一種類を飲んでみてください。 摂取するタイミングに気をつけながら、ホエイプロテインを飲んでいきます🥛💓 わたしが買ったのはこれ!👇.

次の